for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Kansas City Southern

KSU.N

現在値

182.08USD

変化

0.22(+0.12%)

出来高

259,875

本日のレンジ

180.86

 - 

184.92

52週レンジ

93.00

 - 

200.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
181.86
始値
180.86
出来高
259,875
3か月平均出来高
21.22
高値
184.92
安値
180.86
52週高値
200.00
52週安値
93.00
発行済株式数
93.60
時価総額
17,022.38
予想PER
--
配当利回り
0.88

次のエベント

Q4 2020 Kansas City Southern Earnings Release

適時開示

その他

Kansas City Southern Exec Says Certain Business Segments Such As Crude Remain Under Pressure - Conf Call

Kansas City Southern Expects FY 2020 EPS To Be About Flat Y-O-Y

Blackstone, GIP Make Takeover Bid For Kansas City Southern - WSJ

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Kansas City Southernとは

カンザス・シティ・サザン(Kansas City Southern)は持株会社である。【事業内容】同社は北米において国内・国際鉄道事業を行う。同社は米国中央部の主要商業・工業市場とメキシコの工業都市を接続する北・南貨物鉄道を中心として運営する。同社の子会社にはThe Kansas City Southern Railway Company (KCSR)、Kansas City Southern de Mexico, S.A. de C.V. (KCSM)を含む。KCSRは米国の中西部および南東部の10州にサービスを提供し、カンザスシティ、ミズーリ州、アラバマ州、ルイジアナ州、ミシシッピ州、テキサス州のメキシコ湾沿岸にある港間の北・南レールルートを持つ。KCSMはメキシコ鉄道システムを運営する。KCSMの鉄道ラインはタマウリパスのヌエボ・ラレドにある米国とメキシコの国境への鉄道アクセスを提供する。KCSMはまた太平洋のラサロカルデナス港への鉄道アクセスを提供する。

業種

Railroads

連絡先

427 W 12th St

KANSAS CITY, MO

64105-1403

United States

+1.816.9831360

https://www.kcsouthern.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Robert J. Druten

Independent Chairman of the Board

Patrick J. Ottensmeyer

President, Chief Executive Officer, Director

Michael W. Upchurch

Chief Financial Officer, Executive Vice President

Jeffrey M. Songer

Chief Operating Officer, Executive Vice President

Michael J. Naatz

Executive Vice President, Chief Marketing Officer

統計

2.32 mean rating - 22 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2017

2.6K

2018

2.7K

2019

2.9K

2020(E)

2.6K
EPS (USD)

2017

5.250

2018

5.970

2019

6.900

2020(E)

6.922
株価売上高倍率(過去12カ月)
30.10
株価売上高倍率(過去12カ月)
6.38
株価純資産倍率(四半期)
3.82
株価キャッシュフロー倍率
18.18
総負債/総資本(四半期)
84.51
長期負債/資本(四半期)
84.27
投資利益率(過去12カ月)
6.40
自己資本利益率(過去12カ月)
5.79

最新ニュース

最新ニュース

S&Pとダウ上昇、コロナワクチン巡る好材料で

米国株式市場はS&P総合500種が上昇して取引を終えた。新型コロナウイルス感染症ワクチン開発に関する前向きなニュースのほか、予想を大幅に上回った米小売売上高を受け買いが強まった。

NY市場サマリー(16日)S&Pとダウ上昇、ドルは週間で上昇

<為替> ドル指数が小幅安となった。ただ、週間では新型コロナウイルスの世界的な感染再拡大や米国の追加コロナ対策を巡る懸念などを背景に上昇した。

米国株下落、7月米利下げが小幅との見方で

米国株式市場は下落して取引を終えた。30─31日の米連邦公開市場委員会(FOMC)での利下げ幅が25ベーシスポイント(bp)にとどまる公算との報道を受けた。

米国株式市場はS&Pとダウ上昇、NAFTA再交渉妥結で

米国株式市場は、S&P総合500種とダウ工業株30種が上昇して取引を終えた。北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉でカナダと米国が土壇場で合意にこぎつけ、貿易問題を巡る懸念が和らいだ。ただ、主要各指数は取引時間中の高値を下回って終了した。米国とカナダ、メキシコの新たな合意「米国・メキシコ・カナダ協定(USMCA)」では、各国の自動車メーカーがメキシコで低コストで自動車を生産することがこれまでより難しくなる。米国に雇用を回帰させる狙いもある。

NY市場サマリー(1日)

<為替> ユーロ/ドルが下落。イタリアの財政赤字を巡る懸念からユーロに売りが出た。こうした中、米国とカナダが貿易交渉で妥結したことを受け、カナダドルが上昇した。

情報BOX:トランプ大統領の一般教書演説で注目される銘柄

トランプ米大統領は30日、初めての一般教書演説に臨む。テレビ中継される演説は、株式投資家を含む幅広い層が視聴する見込み。予想される演説内容から注目されるセクターや銘柄は以下の通り。

〔情報BOX〕米税制改革、企業の反応

繰延税金資産の一部の評価額を引き下げると表明。評価額引き下げ伴い、減税が施行される期間の純利益が約4000万ドル前後目減りすると算定。(22日)

米SEC、仮想通貨関連企業のクリプト売買停止 今月2700%急騰

米証券取引委員会(SEC)は19日、今月に入ってから株価が2700%を超えて上昇していたクリプト<CRCW.PK>を来年1月3日まで売買停止とすると発表した。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up