for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

KUKA AG

KU2G.DE

前日終値

39.35EUR

変化

-2.00(-4.84%)

出来高

1,112

本日のレンジ

39.20

 - 

41.25

52週レンジ

35.80

 - 

80.80

As of on the XETRA ∙ Minimum 15 minute delay

価格

前日終値
41.35
始値
41.25
出来高
1,112
3か月平均出来高
0.07
高値
41.25
安値
39.20
52週高値
80.80
52週安値
35.80
発行済株式数
39.78
時価総額
1,644.72
予想PER
48.36
配当利回り
0.73

次のエベント

Q3 2019 Kuka AG Earnings Release

適時開示

その他

Kuka AG Says Q2 Orders Received Totaling EUR 914.0 Mln

Kuka Q1 Earnings After Taxes At EUR 15.0 Mln

Kuka Wins Medical Robotics Contract From Restoration Robotics, Inc.

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

KUKA AGとは

クカ(Kuka AG)はドイツベースの機械的およびプラントエンジニアリング会社であり、ロボットを用いた製造プロセスを自動化することに焦点を当てて、またKUKA Groupの持株会社として事業を行う。【事業内容】同社のビジネスモデルはシステム部門とロボティクス部門を包含する。ロボティクス部門は自動化製造システムの構成要素である産業用ロボットを提供する。5キログラムから1300キログラム までのペイロードを持つ標準製品シリーズに基づいてカスタマイズされたソリューションを提供する。平成22年 において、同社は軽量ロボット(LWR)をカバーするロボティクス部門内 でアドバンスト・ロボティクス区分を設立した、平成23 年1月から、当該区分はKUKA Laboratoriesとして独立的に運営され、両部門のための研究開発業務を担当する。システム部門は自動化製造システムの計画・設計・構築を行う。同社が提供する幅広い製品とサービスは工場の全体の付加価値連鎖をカバーする。システム部門は主に自動車産業に対して自動システムを提供する。

業種

Misc. Capital Goods

連絡先

Zugspitzstrasse 140

+49.821.79750

https://www.kuka.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Yanmin Gu

Chairman of the Supervisory Board

Peter G. Mohnen

Chairman of the Management Board, Chief Executive Officer

Michael Leppek

Deputy Chairman of the Supervisory Board, Employee Representative

Andreas Pabst

Chief Financial Officer, Member of the Management Board

Henning Kagermann

Independent Member of the Supervisory Board

統計

2.00 mean rating - 2 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, EUR)

2016

2.9K

2017

3.5K

2018

3.2K

2019(E)

3.3K
EPS (EUR)

2016

2.900

2017

3.020

2018

1.540

2019(E)

0.855
株価売上高倍率(過去12カ月)
--
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.52
株価純資産倍率(四半期)
1.50
株価キャッシュフロー倍率
15.30
総負債/総資本(四半期)
54.71
長期負債/資本(四半期)
43.58
投資利益率(過去12カ月)
0.08
自己資本利益率(過去12カ月)
0.04

最新ニュース

焦点:顧客がライバルに、中国の「台頭」に対策急ぐドイツ

輸出企業の黄金期が過ぎ去りつつある欧州最大の経済大国ドイツでは、中国における自国の権益を確保すべく急いで対策を講じている。だが、顧客からライバルへと「転身」した中国によって自国における変革を余儀なくされている。

ドイツ、EU域外企業の出資への監督強化 安全保障上の懸念で

ドイツ政府は、欧州連合(EU)以外の企業による独企業への出資を安全保障上の観点からより厳しく監視する。独政府関係者が19日、明らかにした。重要なインフラに中国資本が入ることを阻止する狙いだ。

海外勢の一部産業買収、ドイツ経済相「阻止方針は適切」

ドイツのアルトマイヤー経済相は25日、海外勢の一部企業買収阻止に向けた政府の取り組みは適切との認識を示した。主要なハイテク、一部工業分野の保護は政府の責務と訴えた。

EU企業への投資審査厳格化、欧州議会が法案で合意へ=関係筋

欧州議会の国際貿易委員会は欧州委員会の権限を強化し、外国企業による欧州連合(EU)内企業に対する買収提案をより厳しく審査するための法案で合意に近づいている。関係筋が明らかにした。

独政府、外資規制の強化を検討 出資比率基準引き下げも選択肢

ドイツ政府は、国外企業によるドイツ企業への投資について、政府が介入できる対象を拡大する可能性がある。アルトマイヤー経済相が26日、ベルリンで記者団に対して述べた。

焦点:中国依存のドイツが味わう「ゆでガエル」の恐怖

独建設器械大手のバウアー<BSAG.DE>は、この数十年間、中国に積極投資を行った多くのドイツ企業に比べて、優位な立場にある。

〔焦点〕国内ロボット大手が「協働型」強化 買収や提携で欧州勢追い上げ

ファナックなど国内の主要ロボットメーカーが、安全柵を必要とせずに人と一緒に作業できる「協働型ロボット」を相次いで投入している。導入が容易で用途も幅広い協業型ロボの市場は2025年までに10倍以上に拡大するとの予想もある。世界市場で先行する欧州勢に対し、国内各社は買収や提携も含めた開発・販売体制の強化に動き出している。

焦点:「トランプ流」保護主義はドイツに伝染するか

中国企業による自国企業の買収が多発したことを受けて、ドイツは外資による買収を制限する政府権限を見直している。とはいえ政権内では戦略的技術が国外に流出する懸念よりも自由貿易を支持する声が強く、変更が行われるとしても限定的なものに留まるだろう。

産業用ロボットの世界出荷、今年は前年比14%増の見通し=業界団体

国際ロボット連盟(IFR)は29日、今年の世界の産業用ロボットの出荷が14%増加するとの見通しを示した。2017─19年については平均13%と予想した。家電業界や金属業界の需要が高まるとしている。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも15分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up