for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Lazard Ltd

LAZ.N

現在値

31.96USD

変化

-0.99(-3.00%)

出来高

248,293

本日のレンジ

31.38

 - 

33.53

52週レンジ

30.75

 - 

53.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
32.95
始値
33.34
出来高
248,293
3か月平均出来高
13.58
高値
33.53
安値
31.38
52週高値
53.00
52週安値
30.75
発行済株式数
112.77
時価総額
3,774.28
予想PER
7.94
配当利回り
5.98

次のエベント

Q3 2022 Lazard Ltd Earnings Release

適時開示

その他

Lazard Reports Second-Quarter And First-Half 2022 Results

Lazard Increases Quarterly Dividend To $0.50 Per Share

Lazard Reports First-Quarter 2022 Results

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Lazard Ltdとは

ラザード(Lazard Limited)は持株会社であり、財務アドバイザリー及び資産運用会社として事業を行う。【事業内容】同社はファイナンシャル・アドバイザリー事業とアセット・マネジメント事業という2つの事業セグメントを運営する。同社は世界中において企業、政府、機関、パートナーシップや個人など多様な顧客層を有する。平成24年12月31日現在、同社はヨーロッパ、北米、アジア、オーストラリア、中東および中南米に分布する27カ国にわたって42の業務都市および金融センターで事業を運営している。平成24年12月期決算期において、ファイナンシャル・アドバイザリー事業セグメントの純収益は同社の連結純収益の約55%を占めた、アセット・マネジメント事業セグメントの純収益は同社の連結純収益の約47%を占めた。

業種

Investment Services

連絡先

Clarendon House

2 Church Street

HM 11

Bermuda

+1.441.2951422

https://www.lazard.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Kenneth M. Jacobs

Chairman of the Board, Chief Executive Officer

Alexander F. Stern

President

Ashish Bhutani

Vice Chairman of the Board

Peter Richard Orszag

Chief Executive Officer of Financial Advisory

Evan L. Russo

Chief Executive Officer - Asset Management

統計

3.11 mean rating - 9 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2019

2.5K

2020

2.5K

2021

3.1K

2022(E)

2.7K
EPS (USD)

2019

3.280

2020

3.600

2021

5.040

2022(E)

3.689
株価売上高倍率(過去12カ月)
7.00
株価売上高倍率(過去12カ月)
1.21
株価純資産倍率(四半期)
4.42
株価キャッシュフロー倍率
6.51
総負債/総資本(四半期)
572.75
長期負債/資本(四半期)
316.10
投資利益率(過去12カ月)
14.18
自己資本利益率(過去12カ月)
8.22

最新ニュース

最新ニュース

中国・佳兆業の海外債権者、停滞した事業買収へ20億ドル提示=関係筋

[香港 19日 ロイター] - 資金難に陥っている中国の不動産開発会社、佳兆業集団の海外債券保有者グループが、停滞した住宅プロジェクトの買収と完成に向け最大20億ドルの提供を申し出ていることが分かった。関係筋2人が明らかにした。交渉は初期段階という。

途上国の債務問題、IMF専務理事が中国など債権国の取り組み訴え

国際通貨基金(IMF)のゲオルギエワ専務理事は13日、新興市場国や途上国が直面している債務問題が深刻化することを防ぐ責任は中国などの主要債権国にあるとの見解を示した。

スリランカ、債務再編巡りラザードが日中印と交渉開始=報道官

[13日 ロイター] - 投資銀行ラザードはスリランカの債務再編について、インド、中国、日本と協議を開始した。スリランカ政府報道官が13日明らかにした。

訂正-物言う投資家の標的企業助言業務、22年上期はゴールドマンが首位

[ボストン 23日 ロイター] - リフィニティブが23日公表したデータによると、2022年上期にアクティビスト(物言う投資家)の標的となった企業の金融アドバイザーランキングで、米ゴールドマン・サックスが首位となった。ゴールドマンは前年同期のランキングでもトップだった。

インテルとブルックフィールド、米半導体工場に最大300億ドル投資へ

[23日 ロイター] - インテル とカナダのブルックフィールド・アセットマネジメント は23日、アリゾナ州にあるインテルの最先端半導体工場に最大300億ドルを共同出資することに合意した。これにより、インテルはバランスシートに負荷をかけることなく、半導体の国内生産を拡大することが可能となる。

アングル:米ウォール街、昨年の採用ブームに沈静化の兆し

米国経済の先行き不透明感が強まり金融市場が低迷する中、昨年は採用難に見舞われたウォール街では雇用を巡る過熱が沈静化しつつある。

JPモルガン、ドイツ事業を強化 中小企業に照準

米金融大手JPモルガン・チェースは、ドイツ事業を強化する方針。ドイツ経済の屋台骨である中小企業に照準を合わせる。

米大手金融機関、離職率急上昇へ 賞与支給後に転職活発化

米大手金融機関の離職率が今後数週間で急上昇する見通しだ。新型コロナウイルス流行中の転職はリスクを伴うと考えていた金融関係者が多額の賞与を手にし、逼迫する労働市場で新たな機会を模索するとみられている。複数の採用関係者が明らかにした。

英害虫駆除大手レントキル、米ターミニクス買収 67億ドル

英国の害虫駆除大手レントキルは、米同業ターミニクス・グローバルを67億ドルで買収することに合意した。北米事業を拡大し、シロアリ駆除や住宅向けサービスの専門知識を強化する。

佳兆業集団、オフショア社債の再編作業開始 120億ドル=関係筋

関係筋によると、中国の不動産開発会社、佳兆業集団が120億ドル相当のオフショア社債について再編作業を開始した。

投資銀行ラザード、ヘッジファンドのブリゲードと買収交渉=報道

投資銀行ラザードはヘッジファンド運用会社ブリゲード・キャピタル・マネジメントの買収に向けて交渉を進めている。ブルームバーグ・ニュースが関係者の話として1日に報じた。

投資銀行ラザード、新人アナリストの給与を10万ドル超に引き上げ

投資銀行ラザードは3日、米国で財務助言を行う新人アナリストの給与を引き上げると発表した。大手米銀に匹敵する水準とする。

2020年のアクティビスト活動、新参者が30%占める=ラザード

ラザードの株主アドバイザリー部門トップ、ジム・ロスマン氏は「新型コロナウイルスにかかわらず、アクティビズムは魅力的な戦略で、アクティビストが健全で資金力があり、活動を広げる用意があることが示された」と分析した。

アクティビスト、今年上半期は日欧企業への要求強める=ラザード

投資銀行ラザードのデータによると、アクティビスト(物言う株主)型の投資家が今年上半期、欧州と日本の企業にはさらなる変化を求める一方、米国企業への要求は手控えていたことが分かった。

コラム:中国を悩ますザンビア不良債権問題、アフリカ全土でも

中国がザンビアの「債務のわな」に捕らわれている。ザンビアは、中国国営銀行のほか国際通貨危機金(IMF)などの国際機関や、国際的な民間債権者が絡む、複雑な外貨建て債務の再編を進めようとしている。交渉結果は他のアフリカ諸国にとって重要な前例になるとともに、アフリカ大陸における中国の立場を再定義する可能性がある。

欧米の金融大手、従業員のイタリアへの渡航制限 新型肺炎に警戒

イタリアで新型コロナウイルスの感染が拡大していることを受け、米ゴールドマン・サックス<GS.N>やスイスの金融大手クレディ・スイス<CSGN.S>などの世界的な金融大手が従業員のイタリアへの渡航を制限していることが、関係筋の話で明らかになった。

コラム:気候変動が企業のM&A後押しへ、問われる投資銀の才覚

「プジョー」を傘下に持つ仏PSA<PEUP.PA>と欧米自動車大手フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)<FCHA.MI>の460億ドル規模の合併は、気候変動リスクが大きな動機となった初の大型合併・買収(M&A)案件になるかもしれない。ただ、企業トップが地球温暖化による業績への影響に気付く中で、今回の案件が持つ目新しさはすぐに失われるだろう。業界で優位に立つのは、気候変動問題に敏感な投資銀行だ。

シティグループ、アジア太平洋部門CEOにピーター・バベジ氏を起用

米金融大手シティグループ<C.N>は、アジア太平洋部門の新最高経営責任者(CEO)にピーター・バベジ氏を起用した。ロイターが17日に社内文書を入手した。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up