for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

レナー・コーポレーション

LEN.N

現在値

71.20USD

変化

-2.03(-2.77%)

出来高

979,287

本日のレンジ

70.98

 - 

73.44

52週レンジ

25.44

 - 

86.69

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
73.23
始値
73.25
出来高
979,287
3か月平均出来高
58.71
高値
73.44
安値
70.98
52週高値
86.69
52週安値
25.44
発行済株式数
312.74
時価総額
23,153.88
予想PER
10.26
配当利回り
1.32

次のエベント

Q4 2020 Lennar Corp Earnings Release

適時開示

その他

Lennar Reports Q3 Earnings Per Share $2.12

Lennar Acquires 130 Acres Of Land In Henderson, NV

Lennar Sets Quarterly Cash Dividend Of $0.125 Per Share For Both Class A & Class B Common Stock

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

レナー・コーポレーションとは

レナー(Lennar Corporation)は不動産関連の金融サービス、商業用不動産、投資管理及び金融サービスを提供する。【事業内容】同社は多数の州で事業を営む住宅建設会社である。同社の事業にはホームビルディングイースト、ホームビルディングセントラル、ホームビルディングウエスト、レナールファイナンシャルサービス、リアルト、及びレナールマルチファミリーが含まれる。同社は多世帯賃貸不動産の開発業者である。住宅建設には、単身戸建住宅の建設・売却、宅地の購入・開発・販売が含まれる。同社は主に「Lennar」ブランド名で運営する。レナール金融サービス事業にはその家の買い手と他の人のための住宅ローン・ファイナンシング、肩書保険、及びクローズ・サービスが含まれる。リアルト事業は、不動産、投資管理及びファイナンス会社である。レナール・マルチファミリー事業は、米国市場における制度的多価賃貸不動産のポートフォリオの開発を行う。

業種

Construction Services

連絡先

700 NW 107th Ave Ste 400

MIAMI, FL

33172-3139

United States

+1.305.5594000

https://www.lennar.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Stuart A. Miller

Executive Chairman of the Board

Jonathan M. Jaffe

President, Director

Richard Beckwitt

Chief Executive Officer, Director

Diane J. Bessette

Chief Financial Officer, Vice President, Treasurer

Jeff J. McCall

Executive Vice President

統計

2.19 mean rating - 21 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2017

12.6K

2018

20.6K

2019

22.3K

2020(E)

22.4K
EPS (USD)

2017

3.380

2018

5.440

2019

5.740

2020(E)

7.396
株価売上高倍率(過去12カ月)
10.55
株価売上高倍率(過去12カ月)
1.02
株価純資産倍率(四半期)
1.38
株価キャッシュフロー倍率
9.87
総負債/総資本(四半期)
47.39
長期負債/資本(四半期)
41.81
投資利益率(過去12カ月)
8.46
自己資本利益率(過去12カ月)
7.65

最新ニュース

最新ニュース

米住宅着工、7月は22.6%増 コロナ禍でも急回復続く

米商務省が18日発表した7月の住宅着工件数(季節調整済み)は年率換算で前月比22.6%増の149万6000戸と、2016年10月以来の増加率となった。新型コロナウイルス禍で経済が記録的な打撃を受ける中で、住宅市場の回復が改めて示された。

米国株は上昇、終盤に失速 中東巡る懸念続く

米国株式市場は上昇して取引を終えた。トランプ米大統領の発言を受け、米・イランの対立が中東での全面的な紛争につながるとの懸念が緩和した。ただ、バグダッドでの爆発報道を受けて終盤に上値を大幅に削る展開となった。

アングル:企業決算に見る堅調な米個人消費、先行きには慎重論

米国で堅調な個人消費を示す企業決算が相次いでいる。小売り最大手のウォルマート<WMT.N>は通期予想を上方修正。一部の大手銀行や住宅メーカーの決算会見でも消費に明るい見方を示す声が出ている。

ダウ平均494ドル安 低調な経済指標で成長懸念

米国株式市場は大幅続落。主要株価3指数は軒並み1日としては約6週間ぶりの大幅な下げを記録した。最近発表された製造業や雇用関連指標が低調な内容で、米中貿易摩擦が米経済に打撃を与えている可能性を示唆した。

NY市場サマリー(27日)

<為替> ニュージーランド(NZ)ドルが対ドルで7週間ぶりの大幅安となった。NZ準備銀行(中央銀行)が次は利下げの可能性が高いと表明、世界成長鈍化に直面する中で新たにハト派色を打ち出した。

米国株式市場は下落、国債利回り低下を嫌気

米国株式市場は下落して終了した。米国債利回りが再び低下し、長短利回りの逆転が長期化していることで、米景気に対する懸念が高まっている。

米国株はS&P最高値、好決算追い風 米中通商交渉に期待

米国株式市場は上昇。S&P総合500種が過去最高値を更新し、これまでに記録した過去最長の強気相場に並んだ。米中通商協議への期待感が相場を支援したほか、好調な企業決算も追い風となった。

NY市場サマリー(26日)

<為替> ドルが全面高。貿易摩擦を巡る懸念がくすぶる中、大半の高利回り通貨で買いを巻き戻す動きが広がった。米連邦準備理事会(FRB)が利上げを継続するとの期待もドル買いを支えた。

米国株式市場は貿易巡る懸念和らぎ小反発、エネルギー・ハイテク株に買い

米国株式市場は小反発。エネルギーやハイテク、一般消費財のセクターが買われ、相場の下支えとなった。前日はエスカレートする貿易摩擦への懸念から株価は急落していた。

今週の米株市場は住宅建設株上昇に期待、利上げの影響には懸念

米株式市場では、住宅建設会社の株価が全体相場を概してアウトパフォームしているとして、一部で注目されている。ただ、米金利の上昇が見込まれる中、利益が出るまでには数カ月待たなければならないかもしれない。

アマゾン、米各地に「スマートホーム」体験できるモデルハウス開設

米アマゾン・ドット・コム<AMZN.O>は、米住宅建設大手レナー<LEN.N>と協力し、「スマートホーム」を体験できるモデルハウスを全米各地にオープンしたと発表した。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up