for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

レナー・コーポレーション

LEN.N

現在値

74.55USD

変化

-0.42(-0.56%)

出来高

853,248

本日のレンジ

73.71

 - 

76.19

52週レンジ

62.60

 - 

117.50

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
74.97
始値
74.89
出来高
853,248
3か月平均出来高
57.01
高値
76.19
安値
73.71
52週高値
117.50
52週安値
62.60
発行済株式数
291.39
時価総額
21,300.34
予想PER
4.49
配当利回り
2.00

次のエベント

Dividend For L1EN34.SA - 2.0098 BRL

適時開示

その他

Lennar Reports Third Quarter 2022 Results

Lennar Corp - On May 23, Co Amended And Restated Credit Agreement Governing Its Unsecured Revolving Credit Facility

Lennar Corp Posts Q1 EPS $1.69

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

レナー・コーポレーションとは

レナー(Lennar Corp)は住宅建設会社であり、住宅ローンや商業用ローンのオリジネーターでもある。【事業内容】権原保険と決算サービスを提供し、賃貸用多世帯住宅の開発事業を行う。事業セグメントは、住宅建設東、住宅建設セントラル、住宅建設テキサス、住宅建設西、金融サービス、多世帯住宅、レナーその他から構成される。住宅建設事業セグメントは、主に一戸建て住宅の建設・販売、宅地の購入・開発・販売を直接及び非連結子会社を通じて行う。金融サービス事業セグメントは、主に住宅ローンの融資、権原設定、住宅購入者のための契約手続きなどのサービスを提供する。多世帯住宅事業セグメントは、米国の特定の市場において、機関投資家向けの質の高い多世帯住宅賃貸物件の多様なポートフォリオを構築することに注力する。レナーその他事業セグメントは、主に技術系企業への戦略的投資を行う。

業種

Construction Services

連絡先

5505 BLUE LAGOON DRIVE

MIAMI, FL

33126

United States

+1.305.5594000

https://www.lennar.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Stuart A. Miller

Executive Chairman of the Board

Richard Beckwitt

Co-President, Co-Chief Executive Officer, Director

Jonathan M. Jaffe

Co-President, Co-Chief Executive Officer, Director

Diane J. Bessette

Chief Financial Officer, Vice President, Treasurer

Jeff J. McCall

Executive Vice President

統計

2.37 mean rating - 19 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2019

22.3K

2020

22.5K

2021

27.1K

2022(E)

33.4K
EPS (USD)

2019

5.740

2020

7.850

2021

14.270

2022(E)

16.737
株価売上高倍率(過去12カ月)
--
株価売上高倍率(過去12カ月)
--
株価純資産倍率(四半期)
0.95
株価キャッシュフロー倍率
--
総負債/総資本(四半期)
24.95
長期負債/資本(四半期)
24.95
投資利益率(過去12カ月)
--
自己資本利益率(過去12カ月)
--

最新ニュース

最新ニュース

米住宅業界、市場停滞で数千人解雇の恐れ

米国の住宅ローン貸し付け会社や借り換え提供企業、不動産業者が今後数カ月間に数千人の従業員を解雇する可能性があることが分かった。複数の業界関係筋が明らかにした。ウクライナでの戦争による経済不安や、米連邦準備理事会(FRB)による政策金利引き上げに伴う住宅ローン金利上昇で多くの米国人が住宅購入を先延ばしし、住宅市場が冷え込んできているため。

米住宅建設レナー、需要減速を警告 金利上昇で買い手遠のく

米住宅建設大手・レナーは21日、価格高騰と金利上昇で買い手が遠のきつつあるとし、住宅需要の減速を警告した。

NY市場サマリー(16日)英ポンド上昇、ナスダック大幅安 利回り低下

<為替> 英ポンドが上昇し、対ドルで一時0.8%高となった。イングランド銀行(英中央銀行)は16日、新型コロナウイルス感染拡大以降、主要中銀として初めて利上げに踏み切った。

米国株式市場=ナスダック大幅安、FRBの引き締め姿勢で成長株に売り

米国株式市場はナスダック総合が大幅安で引けた。テーパリング(量的緩和の縮小)を加速するとした前日15日の米連邦準備理事会(FRB)の発表が、投資家の資金を大型ハイテク株から景気敏感株にシフトさせた。

米住宅建設大手レナー、供給制約が当面続くと予想 株価急落

米住宅建設大手レナーは20日の決算発表で、米住宅建設市場の供給制約が当面続くとの見方を示した。同時に示した第4・四半期(9━11月)の引き渡し戸数見通しはアナリスト予想を下回り、株価は引け後の時間外取引で一時、3.4%急落した。

米住宅着工、7月は22.6%増 コロナ禍でも急回復続く

米商務省が18日発表した7月の住宅着工件数(季節調整済み)は年率換算で前月比22.6%増の149万6000戸と、2016年10月以来の増加率となった。新型コロナウイルス禍で経済が記録的な打撃を受ける中で、住宅市場の回復が改めて示された。

米国株は上昇、終盤に失速 中東巡る懸念続く

米国株式市場は上昇して取引を終えた。トランプ米大統領の発言を受け、米・イランの対立が中東での全面的な紛争につながるとの懸念が緩和した。ただ、バグダッドでの爆発報道を受けて終盤に上値を大幅に削る展開となった。

アングル:企業決算に見る堅調な米個人消費、先行きには慎重論

米国で堅調な個人消費を示す企業決算が相次いでいる。小売り最大手のウォルマート<WMT.N>は通期予想を上方修正。一部の大手銀行や住宅メーカーの決算会見でも消費に明るい見方を示す声が出ている。

ダウ平均494ドル安 低調な経済指標で成長懸念

米国株式市場は大幅続落。主要株価3指数は軒並み1日としては約6週間ぶりの大幅な下げを記録した。最近発表された製造業や雇用関連指標が低調な内容で、米中貿易摩擦が米経済に打撃を与えている可能性を示唆した。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up