for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Legal & General Group Plc

LGEN.L

現在値

282.70GBp

変化

1.70(+0.60%)

出来高

8,141,468

本日のレンジ

281.10

 - 

284.00

52週レンジ

225.49

 - 

309.90

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
281.00
始値
281.20
出来高
8,141,468
3か月平均出来高
293.87
高値
284.00
安値
281.10
52週高値
309.90
52週安値
225.49
発行済株式数
5,972.71
時価総額
16,884.85
予想PER
8.61
配当利回り
8.50

次のエベント

Dividend For LGEN.L - 5.4400 GBX

適時開示

その他

Legal & General Group Appoints Carolyn Johnson As A Non-Executive Director

Legal & General Group FY Profit After Tax Of 2,050 Mln Stg

Legal & General Group Appoints Tushar Morzaria As Co's Non-Executive Director

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Legal & General Group Plcとは

リーガル・アンド・ゼネラル・グループ(Legal & General Group PLC)は、持株会社である。【事業内容】英国(UK)米国(US)をはじめ世界各国の子会社や関連会社を通じて、リタイヤメント、投資運用、資本投資、保険等の事業領域で事業を行う。4つの事業セグメントを通じて事業を展開する。リーガル・ジェネラル退職(LGR)セグメントは、長寿保険契約、ライフタイムモーゲージ、ライフタイムケアプラン、退職金利専用モーゲージが含まれる。リーガル・ジェネラル投資管理(LGIM)セグメントは、職場貯蓄、機関投資家向け年金、分離型投資運用委託、集団投資スキーム等の商品を提供する。リーガル・ジェネラル資本(LGC)セグメントは、保険契約者に対する契約上の義務を果たすために直接必要としない株主資産を管理する。リーガル・ジェネラル保険(LGI)セグメントは、英国及び米国の個人向け保障事業、英国の団体向け保障事業、米国のユニバーサル・ライフ事業、フィンテック事業から構成される。

業種

Investment Services

連絡先

1 Coleman Street

EC2R 5AA

United Kingdom

+44.20.31243000

https://group.legalandgeneral.com/en

エグゼクティブリーダーシップ

John Kingman

Non-Executive Independent Chairman of the Board

Nigel D. Wilson

Group Chief Executive Officer, Executive Director

Jeffrey Davies

Chief Financial Officer, Executive Director

Chris Knight

Group Chief Risk Officer, Member of the Executive Committee

Geoffrey J. Timms

Group General Counsel, Company Secretary

統計

2.16 mean rating - 19 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, GBP)

2019

11.7K

2020

9.4K

2021

10.4K

2022(E)

12.2K
EPS (GBp)

2019

30.360

2020

20.980

2021

32.570

2022(E)

33.797
株価売上高倍率(過去12カ月)
8.32
株価売上高倍率(過去12カ月)
--
株価純資産倍率(四半期)
1.45
株価キャッシュフロー倍率
--
総負債/総資本(四半期)
47.10
長期負債/資本(四半期)
47.10
投資利益率(過去12カ月)
--
自己資本利益率(過去12カ月)
0.39

最新ニュース

最新ニュース

ソルベンシーII改革、最大900億ポンドが投資に=英中銀副総裁

イングランド銀行(英中央銀行)のウッズ副総裁は8日、保険会社に対する資本規制「ソルベンシーII」の見直しにより、最大900億ポンド(1080億5000万ドル)の資本が投資に回せるとの見方を示した。その一方で年金受給者や契約者を危険にさらしてはならないとくぎを刺した。

保険会社、気候変動への対応強化必要=英中銀

イングランド銀行(英中央銀行)は8日、保険会社が気候変動による事業への影響により良く対応するためデータとのギャップを埋める必要があり、保有すべき資本額についてもさらなる検討が必要との見解を示した。

クレディ・スイス、気候変動対策強化に圧力強まる 株主総会控え

金融大手クレディ・スイスは29日の年次株主総会を前に、気候変動対策の加速を求める株主提案を受けており、賛同する株主の数はここ数カ月で2倍超に増えている。

欧州市場サマリー(9日)

<ロンドン株式市場> 続伸して取引を終えた。金利上昇 や保険大手プルーデンシャルの明るい決算内容が好感されて金融株が買われ、相場をけん 引した。原油価格が値下がりしたことで、インフレや経済成長に対する懸念もやや後退し た。 FTSE350種銀行株指数、保険株指数はそれぞれ 5.37%、6.70%上昇。自動車株指数は12.00%上げた。 英国債利回りが、長期債から短期債まで全体的に上昇したことが金融株を支援。30 年債利回りは一時、2019年5月以来の高水準となり、2年債利回りは3営業日連続で 上昇した。 好調だったのはプルーデンシャルで...

ロンドン株式市場=続伸、金融株がけん引

ロンドン株式市場は続伸して取引を終えた 。金利上昇や保険大手プルーデンシャルの明るい決算内容が好感されて 金融株が買われ、相場をけん引した。原油価格が値下がりしたことで、 インフレや経済成長に対する懸念もやや後退した。 FTSE350種銀行株指数、保険株指数<.FTNMX3 03010>はそれぞれ5.37%、6.70%上昇。自動車株指数<.FTNMX4 01010>は12.00%上げた。 英国債利回りが、長期債から短期債まで全体的に上昇したことが金 融株を支援。30年債利回りは一時、2019年5月以来の高水準とな り、2年債利回りは3営業日連続...

英国内の主要銀行、20年の男女賃金格差は小幅縮小

ロイターの分析によると、英国内の主要銀行の男女賃金格差は昨年、わずかに縮小した。ただ業界専門家は、格差是正にはまだ長い道のりがあると指摘する。

欧州市場サマリー(4日)

<ロンドン株式市場> 続伸して取引を終えた。比重の 大きい金融株が買われ全体水準を押し上げた。好決算も買い材料だった。ただ投資家は、 新型コロナウイルス感染の増加や物価上昇のリスクを踏まえ慎重な姿勢を保っている。 FTSE350種生命保険株指数は1.34%上昇した。保険大手プ ルーデンシャルが1.0%高。資産運用会社リーガル&ジェネラルは2 .9%上昇。上半期利益が市場予想を上回り、通期の業績が好調となることを示唆した。 銀行大手のバークレイズも1.4%値を上げた。 住宅建設のテイラー・ウィンペイは1.9%高だった。需要が底堅さを保つと...

ロンドン株式市場=続伸、金融株買われる

(表は本文の下に表示しています。) [4日 ロイター] - ロンドン株式市場は続伸して取引を終えた 。比重の大きい金融株が買われ全体水準を押し上げた。好決算も買い材 料だった。ただ投資家は、新型コロナウイルス感染の増加や物価上昇の リスクを踏まえ慎重な姿勢を保っている。 FTSE350種生命保険株指数は1.34%上昇 した。保険大手プルーデンシャルが1.0%高。資産運用会社 リーガル&ジェネラルは2.9%上昇。上半期利益が市場予想 を上回り、通期の業績が好調となることを示唆した。銀行大手のバーク レイズも1.4%値を上げた。 住宅建設の...

英資産運用最大手、一部ファンドの投資対象からAIGなど4社除外

英資産運用最大手のリーガル・アンド・ジェネラル・インベストメント・マネジメント(LGIM)は15日、気候変動問題への対応が「不十分」だとして、米保険会社AIGなど4社を一部ファンドの投資対象から除外すると発表した。

アングル:コロナ禍の不動産投資、生命科学施設への関心高まる

英ロンドンの「ナレッジ・クォーター(知識集積地区)」と呼ばれる一角にあるフランシス・クリック研究所は、以前から投資家の注目を集める存在だった。だが、新型コロナウイルスによるパンデミック(世界的な大流行)に伴い、生命科学関連のオフィス・研究所物件に対する関心は新たなレベルへと引き上げられた。

欧州市場サマリー(12日)

ドイツのエンジニアリング・グループのシーメンスは3.2%下落。新型 コロナによる打撃からの回復について慎重な見通しを示したことが不安視された。 欧州株式市場: <ユーロ圏債券> 国債利回りが低下。欧州中央銀行(ECB)の追加金融緩和が引 き続き焦点となる中、新型コロナウイルスワクチンを巡る期待が剥落した。 ECBのラガルド総裁は11日、来月に予定する追加金融緩和では、新型コロナウイ ルス向けのパンデミック緊急購入プログラム(PEPP)や、市中銀行を対象とした長期 資金供給オペ(TLTRO)の拡大が焦点になるという見方を示した。 ドイツ10...

ロンドン株式市場=反落、軟調な英GDP受け景気回復不安高まる

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 FTSE100種 6338.94 -43.16 -0.68 6382.10 ロンドン株式市場は9営業日ぶりに反落して取引を終えた。9月の英国内総生産(G DP)が予想を下回ったことで新型コロナウイルスの危機が引き起こした景気後退(リセ ッション)からの回復を巡る懸念が高まった。 今週好調だったFTSE350種銀行株指数と原油・天然ガス株指数<. FTNMX0530>の下落が目立った。 英国立統計局(ONS)が発表した9月のGDPは前月比1.1%増だった。新型コ ロナの感染再拡大を受...

アングル:ヘッジファンドが保険株に回帰、コロナ禍で料率高騰

ヘッジファンドが相次いで保険株投資に回帰している。保険セクターは新型コロナウイルスの影響で保険料率が急上昇し、「コロナ後」を巡るセクターの見通しが改善したためだ。

欧州市場サマリー(13日)

<ロンドン株式市場> 5営業日ぶりに反落して取引を 終えた。配当落ち銘柄が売られたほか、上半期に税引き前損失を出したバス運行会社のナ ショナル・エクスプレスが大幅安となった。 配当落ちした製薬のアストラゼネカや石油大手BP、同ロイヤル・ダ ッチ・シェル、資産運用会社リーガル&ジェネラルが値を下げた。 ナショナル・エクスプレスは16.2%急落し、3月以来の大幅安となった 。向こう1年間で財務状況がさらに悪化するとの警告が嫌気された。 英国では住宅市場などの主要な部門が持ち直す兆しも見られるものの、アナリストは こうしたプラス成長は、政府の...

ロンドン株式市場=反落、配当落ち銘柄売られる

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 FTSE100種 6185.62 -94.50 -1.50 6280.12 ロンドン株式市場は5営業日ぶりに反落して取引を終えた。配当落ち銘柄が売られた ほか、上半期に税引き前損失を出したバス運行会社のナショナル・エクスプレスが大幅安 となった。 配当落ちした製薬のアストラゼネカや石油大手BP、同ロイヤル・ダ ッチ・シェル、資産運用会社リーガル&ジェネラルが値を下げた。 ナショナル・エクスプレスは16.2%急落し、3月以来の大幅安となった 。向こう1年間で財務状況がさらに悪化するとの...

英中銀、金融機関に気候変動リスクの分析要請 来年にも目標設定

イングランド銀行(英中央銀行)は、気候変動が事業に及ぼす影響の分析を実施するよう銀行や保険会社に要請した。29日公表されたガイダンスについては、来年にはターゲットが設定されるとの認識を示した。

欧州市場サマリー(8日)

また協議では、欧州中央銀行(ECB)が新型ウイルス対応として最大1兆5000 億ユーロの財政措置が必要になると主張していたことが、複数の当局者の話で明らかにな った。 ノルデアの債券ストラテジスト、ヤン・フォン・ゲリッヒ氏は、少なくとも何らかの 妥協でまとまるという期待はあったとし、「合意はなされておらず、イタリアなどには非 常に難しい状況になっている。ECBは債務が持続不可能になった場合、イタリア国債の 半分を保有する状況は望んでいない」と述べた。 イタリア10年債利回りは一時20ベーシスポイント(bp)上げ、3 月19日以来の1.748...

ロンドン株式市場=反落、保険株とテスコ売られる

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 FTSE100種 5677.73 -26.72 -0.47 5704.45 ロンドン株式市場は反落して取引を終えた。新型コロナウイルスによる死者数が伸び る中、危機が終息に向かっているとの期待が打ち砕かれた。配当停止が嫌気された保険株 と、経費増大の見通しを示した小売り大手テスコの値下がりが目立った。 2019年度の最終配当を見送ると発表した保険のヒスコックスとアヴィヴ ァ、RSA、ダイレクト・ラインは1.6%から7.9%下落し た。英国と欧州連合(EU)の規制当局は保険会社に対し...

英保険各社、新型コロナで配当見送り 英中銀は決定支持

英保険会社が8日、相次ぎ配当の中止を発表した。新型コロナウイルスの感染拡大に関連して巨額の損失リスクを指摘していたイングランド銀行(英中銀)は、決定を歓迎すると表明した。

欧州市場サマリー(6日)

終盤の取引で、独10年債利回りは2ベーシスポイント(bp)上昇の マイナス0.42%。一時、約1週間ぶりの高水準となるマイナス0.39%を付けた。 イタリア10年債利回りは4bp低下し、1.51%。株などのリスク 資産の上昇に追随した。 7日に開催されるユーロ圏財務相会合(ユーログループ)が注目される。センテノ議 長は4日付の伊紙レプブリカに掲載されたインタビュー記事で、新型コロナ感染拡大によ る経済的な落ち込みに対応する手段として、各国財務相はユーロ圏共通の「コロナ債」に 関して「オープンな議論」を行う必要があると訴えた。 ユーロ圏金融...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up