for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Deutsche Lufthansa AG

LHAG.DE

現在値

7.59EUR

変化

--(--)

本日のレンジ

--

 - 

--

52週レンジ

5.25

 - 

7.92

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
7.59
始値
--
出来高
--
3か月平均出来高
122.23
高値
--
安値
--
52週高値
7.92
52週安値
5.25
発行済株式数
1,195.49
時価総額
8,999.62
予想PER
20.44
配当利回り
--

次のエベント

Q4 2022 Deutsche Lufthansa AG Earnings Release

適時開示

その他

Lufthansa Group: Q3 Operating Profit At EUR 1.1 Bln

Deutsche Lufthansa Expects To Achieve FY 2022 Adjusted EBIT Of Over EUR 1 Bln

Worldline Chosen By Lufthansa Group As Global Payments Provider

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Deutsche Lufthansa AGとは

ルフトハンザドイツ航空(Deutsche Lufthansa AG)は、ドイツを拠点とする航空会社であり、世界中で旅客および貨物の航空輸送サービスを提供する。【事業内容】セグメントには、ネットワーク航空会社、ユーロウィングス、ロジスティクス、MRO、ケータリングが含まれる。ネットワーク航空セグメントは、ルフトハンザドイツ航空、SWISS、オーストリア航空で構成される。ユーロウィングスセグメントは、ユーロウィングス、ジャーマンウィングス、ブリュッセル航空、およびサンエクスプレスへの株式投資で構成される。ロジスティクスセグメントは、ルフトハンザカーゴグループの予定されている航空貨物活動で構成される。MROセグメントには、民間および商用航空機のメンテナンス、修理、オーバーホールサービスの提供が含まれる。ケータリングセグメントは、航空会社のケータリング サービスを提供する。北米、スカンジナビア、アジアでフライトと乗り継ぎプログラムを提供する。

業種

Airline

連絡先

Venloer Strasse 151-153

50672

Germany

+49.69.6960

https://www.lufthansagroup.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Carsten Spohr

Chairman of the Executive Board, Chief Executive Officer

Karl-Ludwig Kley

Chairman of the Supervisory Board

Christine Behle

Deputy Chairwoman of the Supervisory Board and Employee Representative

Remco J. Steenbergen

Chief Financial Officer, Member of the Executive Board

Detlef Kayser

Chief Operations Officer, Member of the Executive Board

統計

2.85 mean rating - 20 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, EUR)

2019

36.4K

2020

13.6K

2021

16.8K

2022(E)

32.4K
EPS (EUR)

2019

1.820

2020

-8.928

2021

-2.990

2022(E)

0.370
株価売上高倍率(過去12カ月)
--
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.30
株価純資産倍率(四半期)
0.99
株価キャッシュフロー倍率
3.59
総負債/総資本(四半期)
174.29
長期負債/資本(四半期)
159.66
投資利益率(過去12カ月)
0.68
自己資本利益率(過去12カ月)
0.42

最新ニュース

最新ニュース

ライアンエア、9月中間期は過去最高益 「非常に力強い」回復予想

アイルランドの格安航空大手ライアンエアが7日発表した9月中間決算は、税引き後利益が過去最高となった。中間期には重要な夏季の旅行シーズンが含まれる。

独航空ルフトハンザ、2段階の賃上げで妥結 客室乗務員1.9万人

ドイツ航空大手ルフトハンザは1日、客室乗務員の賃金を2段階で引き上げる案で労組側と妥結したと発表した。賃上げ対象は1万9000人。

ANA、「サメ肌」機体で燃費改善 全機導入で燃油費年80億円減へ

ANAホールディングス傘下の全日本空輸(ANA)は3日、機体の空気抵抗を抑えられるサメ肌状の表面を施したフィルムを使い、脱炭素化と燃費改善に向けた取り組みを行うと発表した。フィルムはニコンが技術協力した。まずは2機で試験的にフィルムを装着し、約3年かけて機体の空気抵抗低減や二酸化炭素(CO2)排出量、耐久性などを検証後、全機材への導入を目指す。

スターアライアンス加盟社、生体認証導入へ 半数が25年までに

世界的な航空連合スターアライアンスは、加盟する航空会社26社のうち約半数が2025年までに生体認証技術を活用した本人確認システムを導入する計画。

ボーイング、8月の引き渡し増加 787の納入再開

米ボーイングの8月のジェット旅客機納入は35機に増加した。787ドリームライナーの納入を15カ月ぶりに再開した。

航空運賃はコロナ前に戻らず 値上げ必要=独ルフトハンザCEO

ドイツ航空大手ルフトハンザ航空のシュポア最高経営責任者(CEO)は12日、航空運賃が新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)前の水準に戻ることはないだろうと明言した。運賃は将来的に安定、あるいは上昇するとの見通しを示した。

独ルフトハンザとパイロット労組、賃上げとスト見合わせで合意

[フランクフルト 12日 ロイター] - ドイツ航空大手ルフトハンザ航空とパイロット労組(VC)は、980ユーロ(998.23ドル)の賃上げを含む労働条件で初期的な合意にこぎ着けた。合意に基づき、労組は2023年半ばまでストライキを見合わせる。航空会社と労組の双方が12日に明らかにした。

ドイツ、商用機内のマスク着用義務を近く撤廃=保健相

ドイツのラウターバッハ保健相は6日、商用機内でのマスク着用義務を近く撤廃すると表明した。この規則は新型コロナウイルス流行に伴い導入されたが、航空大手ルフトハンザがもはや実施不可能と訴えるなどしていた。

イタリア右派の有力首相候補、選挙に勝利しても財政は安全と強調

[ローマ 25日 ロイター] - イタリア政党「イタリアの同胞」のジョルジャ・メローニ党首は9月25日に行われる総選挙を控えロイターのインタビューに応じ、自党率いる右派連合の支出計画について、欧州連合(EU)の財政規則を尊重し、国の財政に穴を開けないようにすると述べた。同党は世論調査で支持率トップに立っている。

欧州株式市場=反発、米CPIの結果に安心感

欧州株式市場は反発して取引を終えた。 7月の米消費者物価指数(CPI)の伸びが鈍化したことで一定の安心 感が広がった。 しかし、アナリストはエネルギー価格の下落が米国のインフレ緩和 に貢献したとはいえ、欧州での需給リスクは厳しい状況だと指摘した。 今夏の熱波と降雨不足のためドイツの大動脈であるライン川の水位が低 下して輸送に支障を来しており、運送費が5倍超に跳ね上がっている。 オンライン取引プラットフォームIGのシニアマーケットアナリス ト、ジョシュア・マホニー氏は「残念ながらロシア以外からのエネルギ ー調達が難しいということは、今年終盤...

欧州株式市場=反落、米インフレ指標に注目

欧州株式市場は反落して取引を終えた。投 資家は米連邦準備理事会(FRB)の利上げの動きを見極めようと今週 発表されるインフレの経済指標に注目しており、慎重姿勢を示している 。 9月の欧州中央銀行(ECB)が50ベーシスポイント(bp)、 FRBが75bpそれぞれ利上げするとの予想が高まる中、債券利回り が上昇した。 金利に敏感なSTOXX欧州600種テクノロジー株指数 が3.29%下落し、相場全体を押し下げた。景気に敏感な資源株指数 、自動車・部品株指数はそれぞれ0.53%、2.19 %安。 ICGの経済・投資調査ヘッドのニック・ブルックス...

欧州株式市場=反発、買い戻し優勢に

個別銘柄では、デンマークのビール大手カールスバーグ が1.5%上昇。ウクライナでの事業を再開し、欧州とアジアで業績が 好調なため2022年通年の増益率予想を引き上げたのが好感された。 ドイツのエネルギー技術企業、シーメンス・エナジーは 1.0%安。ロシア事業の整理に伴う2億ユーロ(2億400万ドル) が響き、22年の純損失が拡大すると述べた。 イタリアの主要株価FTSE・MIB指数0.62%高。 格付け会社ムーディーズは5日、イタリアの格付け見通しを「安定的」 から「ネガティブ」に引き下げていた。 <株式指数> 終値 前日比 % 前営業日終...

欧州市場サマリー(5日)

<ロンドン株式市場> 下落して取引を終えた。7月の米 雇用統計が好調だったのを受け、米連邦準備理事会(FRB)の利上げ加速への懸念が高 まったのが売り材料となった。 世界最大の広告代理店グループWPPは8.8%と急落。年間売上高の見通 しが、投資家の強気の予想より軟調だったのが嫌気された。 ただ、ポンド安を背景に週間ベースのFTSE100種指数は3週連続で上 昇した。 中型株で構成するFTSE250種指数は5日、0.52%下落。週間ベー スでは0.56%下げた。 ロンドン証券取引所グループ(LSEG)は5日に1.6%上昇。金融情報 会社...

欧州株式市場=3営業日ぶり反落、米大幅利上げ継続観測で

欧州株式市場は3営業日ぶりに反落して取 引を終えた。米雇用統計が市場予想を上回り、米連邦準備理事会(FR B)が9月に75ベーシスポイント(bp)の大幅利上げを続けるとの 観測が強まったのが売りを誘った。 また、経済成長見通しが悪化しているとの懸念からSTOXX欧州 600種指数は週間で0.59%下落した。 キャピタル・エコノミクスの欧州担当シニアエコノミスト、ジャッ ク・アレン・レイノルズ氏は「今週発表されたデータは、景気後退がす ぐそこに迫っているとのさらなる証拠となった」と指摘した。 今週発表されたユーロ圏の6月の小売売上高は予想...

欧州市場サマリー(4日)

<ロンドン株式市場> ほぼ横ばいで取引を終えた。イン グランド銀行(英中央銀行)が1995年以来、27年ぶりとなる50ベーシスポイント (BP)の大幅利上げを決めたことで通貨ポンドが下落したのが買い材料となった一方、 投資家は景気後退が迫っているとの懸念を強め、売り買いが交錯した。 英中銀は4日の金融政策委員会(MPC)で50BPの利上げを委員9人のうち8人 の賛成多数で決定。政策金利は1.75%と2008年終盤以来の高水準となった。 キルター・インベスターズのポートフォリオマネジャー、ポール・クレイグ氏は「英 中銀が米連邦準備理事会(...

欧州株式市場=続伸、好決算を材料視

欧州株式市場は続伸して取引を終えた。一 部企業が発表した四半期決算が好調だったのが材料視され、相場を押し 上げた。 イングランド銀行(英中央銀行)は4日、政策金利を50ベーシス ポイント(bp)引き上げて1.75%とすることを決定。景気後退を 見込みながらもインフレ高進に対処するため27年ぶりの大幅利上げに 踏み切った。欧州中央銀行(ECB)も先月、50bp引き上げており 、今後も利上げを続ける見通しを示している。 キャピタル・エコノミクスのエコノミストは投資家向けメモで「( ユーロ圏)経済が不調で金利が上昇するのに伴い、年内の欧州株式相場...

独ルフトハンザ、旅行需要回復で第2四半期は営業黒字に転換

ドイツ航空大手ルフトハンザが4日発表した第2・四半期決算は貨物輸送需要の高まりを背景に営業損益が黒字に転換した。旅客輸送事業が欧州短距離便をけん引役に成長し、通期でも営業黒字を達成すると予想した。

独ルフトハンザ操縦士労組、賃上げ要求でスト権確立

ドイツの航空大手ルフトハンザ航空に賃上げを要求している操縦士労組は7月31日、スト権確立の組合投票で97.6%の賛成を得たと発表した。組合幹部によると、必ずしもスト決行は意味しないが、建設的な措置が取られることが必要だとの会社側へのメッセージだという。

独ルフトハンザ、地上職員が賃上げ求めスト 1000便以上欠航

独ルフトハンザドイツ航空の地上職員が27日早朝から賃上げを巡るストライキに入り、1000便以上がキャンセルされた。

独政府、エネ安保法改正でウニパー救済検討 株式取得も=関係筋

ドイツ政府は、ロシアのウクライナ侵攻に伴うガス調達コスト高騰で経営難に陥っているウニパーなどのエネルギー企業の救済策を、エネルギー安全保障法に盛り込むことを検討している。最終手段として同社の株式を取得する可能性もある。関係筋が4日、ロイターに明らかにした。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up