for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Lumentum Holdings Inc

LITE.O

現在値

87.14USD

変化

0.00(0.00%)

出来高

527,387

本日のレンジ

85.50

 - 

87.65

52週レンジ

59.06

 - 

96.73

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
87.14
始値
86.22
出来高
527,387
3か月平均出来高
25.19
高値
87.65
安値
85.50
52週高値
96.73
52週安値
59.06
発行済株式数
75.46
時価総額
6,562.92
予想PER
14.04
配当利回り
--

次のエベント

Lumentum Holdings Inc at Raymond James Technology Investors Conference (Virtual)

適時開示

その他

Lumentum Announces Fiscal Q1 2021 Financial Results

Lumentum Holdings Reports Q4 Loss Per Share $0.06

Lumentum Announces Fiscal Third Quarter 2020 Financial Results

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Lumentum Holdings Incとは

ルメンタム・ホールディングス(Lumentum Holdings Inc.)はデータ通信(Datacom)、電気通信(Telecom)ネットワーキング・製造・検査・ライフサイエンス用商業レーザを含む、エンドマーケットアプリケーションの各分野で光・フォトニクス製品を提供する。【事業内容】同社は光通信(OpComms)と商業レーザ(Lasers)2つの事業を運営する。同社のOpComms製品は、テレコムとデータコムの2つの主要市場で顧客をサポート・維持するための各種のコンポーネント、モジュール、およびサブシステムを含む。Lasers製品は、製造、バイオテクノロジー、グラフィックスおよびイメージング、リモートセンシング、及び印刷回路基板の穴あけ、ウェハのシンギュレーション、太陽電池のスクライビングなど精密加工などの市場およびアプリケーションで顧客にサービスを提供する。同社の顧客は相手先ブランド名製造業者(OEM)を含む。

業種

Communications Equipment

連絡先

1001 Ridder Park Dr

SAN JOSE, CA

95131-2314

United States

+1.408.5465483

エグゼクティブリーダーシップ

Penelope A. Herscher

Independent Chairman of the Board

Alan S. Lowe

President, Chief Executive Officer, Director

Wajid Ali

Chief Financial Officer, Executive Vice President

Vincent Retort

Chief Operating Officer, Executive Vice President

Jason Reinhardt

Executive Vice President - Global Sales

統計

2.00 mean rating - 16 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2018

1.2K

2019

1.6K

2020

1.7K

2021(E)

1.8K
EPS (USD)

2018

3.820

2019

4.250

2020

5.420

2021(E)

6.153
株価売上高倍率(過去12カ月)
43.79
株価売上高倍率(過去12カ月)
3.90
株価純資産倍率(四半期)
3.61
株価キャッシュフロー倍率
19.25
総負債/総資本(四半期)
62.50
長期負債/資本(四半期)
62.48
投資利益率(過去12カ月)
5.49
自己資本利益率(過去12カ月)
4.96

最新ニュース

最新ニュース

ファーウェイ、主要サプライヤーへの発注削減との報道を否定

は6日、米政府の制裁を受けて、主要サプライヤーへのスマートフォンや通信機器向け部品の発注を削減・キャンセルしているとの報道を否定した。

情報BOX:広がる中国ファーウェイ排除、取引停止した企業一覧

との取引を原則禁じる制裁措置を打ち出したことで、半導体などハイテク業界で世界的にファーウェイとの取引を停止する動きが広がっている。

欧州市場サマリー(20日)

<ロンドン株式市場> 続落。中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)に対する米政府の制裁措置を受けて米中貿易摩擦への懸念が高まっている。軟調な決算を発表した欧州格安航空会社(LCC)大手ライアンエア<RYA.I>も相場の重しとなった。

米国株式市場は下落、ファーウェイ規制がハイテク株の重しに

との取引を原則禁じる米政府の制裁措置がハイテク株の重しとなったほか、同措置が米中貿易摩擦の激化につながるとの懸念が浮上した。

欧州株式市場=続落、ファーウェイ巡る米中対立を懸念

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日終 コード 値 STOXX欧州600種 377.46 -4.05 -1.06 381.51 FTSEユーロファースト3 1485.51 -15.45 -1.03 1500.96 00種 DJユーロSTOXX50種 3369.78 -55.86 -1.63 3425.64 週明け欧州株式市場は続落して取引を終えた。米政府が中国の通信機器大手、華為技 術(ファーウェイ) との取引を原則禁じる制裁措置をとったことで貿易摩擦の悪 化に対する懸念が再燃した。 米アルファベット傘下のグーグルがファーウェイとの...

ファーウェイ規制、米中通商協議やハイテク部門に暗雲 中国反発

への事実上の輸出規制を決定したことについて、中国側は両国の通商協議に影を落としかねないとして米国の対応を批判した。大手ハイテク企業への影響を巡っても懸念が高まり、米国市場ではファーウェイと取引する企業の株価が値下がりした。

米ルメンタムのオクラロ買収、中国当局が承認

米光学部品メーカー、ルメンタム・ホールディングスは6日、17億ドルのオクラロ買収について中国から独占禁止法(反トラスト法)に関する承認を受けたと発表した。

NY市場サマリー(19日)

<為替> ドルが約2週間ぶりの水準に下落した。前週に米連邦準備理事会(FRB)当局者から慎重な発言が相次いだことで、利上げサイクルは終わりに近づきつつあるとの観測が台頭したことが背景。主要6通貨に対するドル指数<.DXY>は一時96.120と、11月8日以来の水準に低下した。終盤の取引では0.3%低下の96.208となっている。

米株下落、アップルやインターネット関連株が大幅安

米国株式市場は下落し、ナスダックが約3%安、ダウとS&P500も1%超下げて取引を終えた。アップルやインターネット関連、その他ハイテク株が売られ、長期にわたり強気相場をけん引してきた銘柄を巡り不安が広がった。

日経平均は大幅反落、一時700円超安 上海株高支えに後場下げ渋る

東京株式市場で日経平均は大幅反落した。前日の米国株の急落を受けリスク回避姿勢が強まり、幅広く売りが先行。下げ幅は一時700円を超えた。後場に入ると、日銀によるETF(上場投信)買いの期待や上海株の上昇を手掛かりに下げ幅を縮小。先物主導で上下する荒い動きとなった。

「アップルショック」、目新しくない悪材料が嫌気された理由

世界的な株安が、再び広がった。今回のきっかけは米アップル<AAPL.O>のスマートフォン「iPhone(アイフォーン)」の販売不振に伴うハイテク部品の需要減退懸念だ。しかし、アイフォーンの売り上げ低迷は、目新しい材料というわけではない。にもかかわらず株安が広がったのは、関連企業の業績悪化が表面化し、ファンダメンタルズを重視する「裁量系投資家」が売りに転じたためと指摘されている。市場心理が悪化しており、日本株の下げが最もきつい。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、パラボリックは陰転

<15:19> 日経平均・日足は「小陰線」、パラボリックは陰転 日経平均・日足は「小陰線」。上方にマド(2万1892円29銭─2万2046円 29銭)を空けて下放れた。下ヒゲは長く、一定の押し目買い需要も示唆。ボリンジャー バンドは収縮基調にあり、日柄的な調整局面への移行も意識される。ただパラボリックは 陰転。反発時には一定の戻り売り圧力も掛かりそうだ。目先のところでは10月26日に 付けた直近安値(2万0971円93銭)どころが下値のめどとして意識されやすい。 <15:12> 新興株市場は軟調、朝方の売り一巡後は押し目買い 新興株式市場...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は軟調、朝方の売り一巡後は押し目買い

<15:12> 新興株市場は軟調、朝方の売り一巡後は押し目買い 新興株式市場は、日経ジャスダック平均と東証マザーズ指数が続落した。マザーズは 一時3.5%安となったが、朝方の売り一巡後は下げ渋った。「海外投資家の売りが止ま った後は、個人投資家の買いが入った。その個人は前引けにかけ利益確定売りを出し、後 場は日経平均レバレッジ型ETF(上場投信)などに買い向かった」(ネット系証券)と いう。 個別銘柄ではロジザード 、大泉製作所 、UTグループ が大 幅高。サンバイオ がしっかり。メイコー 、ビリングシステム が 急落した。 <14:21...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は2万1700円台、後場の戻りは一服 外部環境見極めへ

<14:21> 日経平均は2万1700円台、後場の戻りは一服 外部環境見極めへ 日経平均は安値圏。2万1700円台での値動きとなっている。上海株はプラス圏を 維持しているが、日本株の戻りは一服。外部環境を見極めたいとの心理から、様子見ムー ドが広がっている。市場では「ファンダメンタルズに対する見方が交錯している。リバウ ンドがどこまで続くのか見極めなければならないところ」(国内証券)との声が出ていた 。 <12:41> 日経平均は下げ幅やや縮小、日銀ETF買い期待 上海株プラス圏 日経平均は後場に入り下げ幅をやや縮小した。前場にTOPIX...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は下げ幅縮小、日銀ETF買い期待 上海株プラス圏

<12:41> 日経平均は下げ幅やや縮小、日銀ETF買い期待 上海株プラス圏 日経平均は後場に入り下げ幅をやや縮小した。前場にTOPIXは2%を超す下落となり、日銀による ETF(上場投信)買いへの期待が高まった。上海株は足元ではプラス圏で推移している。安倍首相とペン ス米副大統領の共同記者発表の内容が伝わっているが、「発言自体に目新しさはない」(銀行系証券)との 声が出ていた。 <11:41> 前場の日経平均は急反落、下げ幅700円超 米株大幅安で心理悪化 前場の東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比715円43銭安の2万1554円...

前場の日経平均は急反落、下げ幅700円超 米株大幅安で心理悪化

前場の東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比715円43銭安の2万1554円45銭となり、急反落した。前日の米国株が大幅安となり、リスク回避ムードが台頭。幅広く売りが出て一時2万1500円を割り込んだ。米アップル<AAPL.O>向け電子部品の受注懸念をもとに電子部品株への売りが膨らんだ。

ホットストック:村田製・TDKが連日の大幅安、アップル向け受注懸念で電子部品株に売り

村田製作所、TDKが連日の大幅安。アルプス電気、日東電工、ミネベアミツミなど電子部品株が安い。12日の米国株式市場で、米レーザーセンサーメーカーのルメンタムの株価が急落した。大口顧客から供給の大幅削減を要請されたとしている。この大口顧客は米アップルと市場ではみられており、アップル株も大幅安となった。

NY市場サマリー(12日)

<為替> ドルが対主要通貨バスケットで1年4カ月ぶりの高値を付けた。来月の米利上げ観測が広がる中、欧州の政治リスクがユーロや英ポンドを圧迫した。

米国株は大幅続落、アップルやゴールドマンが急落

米国株式市場は大幅続落し、ダウとナスダックは2%超、S&P500も2%近く下げて取引を終えた。アップル<AAPL.O>やゴールドマン・サックス<GS.N>が売り込まれ、ハイテク株や金融株を中心に下落した。

米商務省、ZTEへの販売禁止措置を解除 事業再開へ

米商務省は13日、中国通信機器大手の中興通訊(ZTE)に対する製品販売を禁止する米企業への措置を解除した。これを受け、ZTEは事業を再開できることになる。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up