for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Lloyds Banking Group PLC

LLOY.L

現在値

48.38GBp

変化

-0.67(-1.36%)

出来高

54,925,462

本日のレンジ

47.78

 - 

49.24

52週レンジ

26.84

 - 

50.56

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
49.05
始値
49.00
出来高
54,925,462
3か月平均出来高
3,142.30
高値
49.24
安値
47.78
52週高値
50.56
52週安値
26.84
発行済株式数
70,995.64
時価総額
35,071.84
予想PER
6.71
配当利回り
2.51

次のエベント

Q3 2021 Lloyds Banking Group PLC Interim Management Statement Release

適時開示

その他

CMA Sends Letter To Lloyds About Breach Of Retail Banking Order

Lloyds Says Sophie O'connor To Become Interim Chair Of Scottish Widows Group

Charlie Nunn's appointment as Lloyds Banking Group CEO begins

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Lloyds Banking Group PLCとは

ロイズ・バンキング・グループ(LLOYDS BANKING GROUP plc)は、金融サービスを提供する会社である。【事業内容】個人と商業顧客に焦点を当てた銀行と金融サービスを提供する。主な事業活動は、小売、商業および法人向けバンキング、損害保険、生命保険、年金および投資を提供することである。サービスは、「Lloyds Bank」、「Halifax」、「Bank of Scotland」、「Scottish Widows」などのブランドを通じて提供される。3つの事業セグメントを通じて運営する。リテールセグメントは、当座預金、貯蓄、住宅ローン、クレジットカード、無担保ローン、モーターファイナンス、リースソリューションなど、パーソナルバンキングとビジネスバンキングの顧客に金融サービス商品を提供する。コマーシャルバンキングセグメントは、貸付、トランザクションバンキング、運転資本管理、リスク管理、債務資本市場サービスなどの製品とサービスをクライアントに提供する。保険・資産セグメントは、保険、投資、資産管理の製品とサービスを提供する。

業種

Regional Banks

連絡先

25 Gresham Street

EC2V 7HN

United Kingdom

+44.20.76261500

https://www.lloydsbankinggroup.com

エグゼクティブリーダーシップ

Robin F. Budenberg

Non-Executive Chairman of the Board

Charlie Nunn

Group Chief Executive Officer, Executive Director

Alan P. Dickinson

Senior Non-Executive Deputy Chairman of the Board

William Leon David Chalmers

Chief Financial Officer, Executive Director

Antonio Lorenzo

Chief Executive, Scottish Widows and Group Director - Insurance

統計

2.17 mean rating - 23 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, GBP)

2018

18.6K

2019

18.1K

2020

14.4K

2021(E)

15.6K
EPS (GBp)

2018

8.100

2019

7.730

2020

2.200

2021(E)

7.348
株価売上高倍率(過去12カ月)
7.53
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.81
株価純資産倍率(四半期)
0.68
株価キャッシュフロー倍率
4.49
総負債/総資本(四半期)
186.75
長期負債/資本(四半期)
183.47
投資利益率(過去12カ月)
--
自己資本利益率(過去12カ月)
0.60

最新ニュース

最新ニュース

欧州市場サマリー(11日)

HSBC、ロイズ・バンキング・グループ、ナットウエスト・グル ープなどが2%超上昇した。 欧州株式市場: <ユーロ圏債券> ドイツ国債利回りが5月以来の高水準となった。一方、短期金融 市場では欧州中央銀行(ECB)による2022年末までの利上げを完全に織り込んだ。 域内国債利回りの上昇は英債が主導。英2年債利回りは2020年初以来 の高水準を付けた。イングランド銀行(英中央銀行)の政策当局者らがインフレ高進への 懸念を表明したことを受けた。 英債利回りは5ベーシスポイント(bp)以上上昇。スイスの10年債利回り<CH10Y T=RR>は...

欧州株式市場=上昇、鉱業株に買い

欧州株式市場は上昇して取引を終えた。 決算発表シーズンを控えているほか、インフレ懸念などを背景に序盤は 下落したものの、鉱業株が買われ、プラス圏に転じた。 鉱業株は3%上昇。3カ月ぶりの大幅な上昇となった。鉄 鉱石やコークス用炭が供給懸念から上昇したことなどが寄与した。 世界的なエネルギー危機により原油価格が上昇したことを受け、石 油株は約1%上昇。自動車株も上昇したが、旅行・レジ ャー株、公益株、小売株が下落した。 キャピタル・エコノミクスは「エネルギー価格の高騰や商品不足に より、インフレ率は従来想定よりも長期にわたり、より高水準で...

英中銀案、トレーディング停止で市場波及防ぐ計画25年までに義務化

イングランド銀行(英中央銀行)は8日、各銀行が金融危機などでトレーディング事業を停止する場合にどのように市場全体への波及を防ぎながら実施するかの計画策定の義務化を提案した。2025年1月までの策定を求める。

欧州市場サマリー(4日)

<ロンドン株式市場> 続落して取引を終えた。銀行株や 旅行関連株の下落が相場を圧迫し、エネルギー株の上昇を相殺した。 保険大手プルデンシャル、銀行大手のロイズ、金融大手HSBC<HS BA.L>が0.8─1.1%値下がりした。 一方、原油価格の値上がりを受けて石油大手のBP、英蘭系のロイヤル・ダッ チ・シェルがそれぞれ1.9%、1.5%上昇し、相場を下支えした。 英スーパーマーケットグループのモリソンズは3.7%下げ、下落率は昨年 9月以来の大きさとなった。米プライベートエクイティー(PE)のクレイトン・ドゥビ リエ&ライス(CD&R)...

ロンドン株式市場=続落、銀行や旅行株の下落が重し

週明けのロンドン株式市場は続落して取引 を終えた。銀行株や旅行関連株の下落が相場を圧迫し、エネルギー株の 上昇を相殺した。 保険大手プルデンシャル、銀行大手のロイズ、金 融大手HSBCが0.8─1.1%値下がりした。 一方、原油価格の値上がりを受けて石油大手のBP、英蘭系 のロイヤル・ダッチ・シェルがそれぞれ1.9%、1.5%上 昇し、相場を下支えした。 英スーパーマーケットグループのモリソンズは3.7%下 げ、下落率は昨年9月以来の大きさとなった。米プライベートエクイテ ィー(PE)のクレイトン・ドゥビリエ&ライス(CD&R)がモリソ...

クレディスイス臨時株主総会、リスク担当役員人事を承認

スイスの銀行大手クレディ・スイスの株主は、1日の臨時株主総会で社外のリスク専門家2人を役員に迎える人事を承認した。アントニオ・オルタオソリオ会長は、戦略見直しを予定通り年内に発表する方針を示した。

クレディスイス戦略見直し、年内にまとめる方針変わらず=会長

スイスの銀行大手クレディ・スイスのアントニオ・オルタオソリオ会長は1日、同行の戦略見直しについて、予定通り年内に発表する方針を示した。

欧州市場サマリー(29日)

<ロンドン株式市場>  反発して取引を終えた。希少疾患治療薬の分野を強化するための買収を公表した英製薬の アストラゼネカが4.2%上昇し、製薬株を押し上げた。 アストラゼネカは、最近買収したアレクシオン部門が製薬会社カエルム・バイオサイ エンスの残りの株式を買い取ると発表した。取得額は最大5億ドル相当に上る可能性があ る。 FTSE350種銀行株指数は1.66%上昇。金融大手HSBC<H SBA.L>が2.1%値上がりし、相場をけん引した。インベステック、ナットウエ スト、ロイズは0.4─2.1%上げた。 FTSE100種は中央銀行の非常...

ロンドン株式市場=反発、アストラゼネカが製薬株を押し上げ

ロンドン株式市場は反発して取引を終え た。希少疾患治療薬の分野を強化するための買収を公表した英製薬のア ストラゼネカが4.2%上昇し、製薬株を押し上げた。 アストラゼネカは、最近買収したアレクシオン部門が製薬会社カエ ルム・バイオサイエンスの残りの株式を買い取ると発表した。取得額は 最大5億ドル相当に上る可能性がある。 FTSE350種銀行株指数は1.66%上昇。金 融大手HSBCが2.1%値上がりし、相場をけん引した。イ ンベステック、ナットウエスト、ロイズは0 .4─2.1%上げた。 FTSE100種は中央銀行の非常に緩和的な金融政策姿...

JPモルガン、英国でデジタル銀行事業「チェース」開始

米金融大手JPモルガン・チェースは21日、英国で「チェース」ブランドの個人向けデジタル銀行事業を開始した。今後の世界展開につなげたい考え。

英ロンドン、今後も世界の主要金融センターに=調査

英ロイズ銀行が13日に公表した年次調査によると、英国の欧州連合(EU)離脱に伴う規制面の不確実性にもかかわらず、ロンドンは今後も世界有数の金融センターであり続けるとの見方が金融機関の間で優勢だった。

ロンドン株式市場=続落、ポンド高で3週間ぶり下落幅

ロンドン株式市場は続落して取引を終えた 。ポンド高と経済成長の鈍化に対する懸念が相場を圧迫した。 FTSE100種は下落幅は3週間ぶりの大きさとなり、 特に生活必需品株や製薬株の値下がりが目立った。 中型株で構成するFTSE250種指数は0.21%下落 。 ポンドの上昇を受けてドルで利益を上げる生活必需品株などが下が り、英日用品のユニリーバやブリティッシュ・アメリカン・タ バコ(BAT)、たばこのインペリアル・ブランズが 1.4%─1.6%値下がりした。 ジョンソン首相は今週、医療と社会福祉の財源不足の危機に対応す るために株主への配当金課税...

英ロイズ保険組合、「アイダ」関連請求の10%に関与の可能性

英ロイズ保険組合のブルース・カーネギーブラウン会長は、米ルイジアナ州などに甚大な被害をもたらしたハリケーン「アイダ」関連の保険金支払いについて、10%程度に関与している可能性があると述べた。

欧州市場サマリー(8日)

<ロンドン株式市場> ロンドン株式市場は続落して取引を終えた 。製薬や銀行株の下落が響いた。 英製薬のアストラゼネカや製薬大手グラクソ・スミスクラ イン(GSK)が売られ、FTSE350種製薬・バイオテク ノロジー株指数が下げた。 銀行株指数は1.19%下落。モルガン・スタンレ ーによる株価目標の引き下げが嫌気され、英銀大手のバークレイズ<BAR C.L>とロイズがそれぞれ、1.6%と2.0%値下がりした。 FTSE100種は今年10%上昇しているが、新型コロナウイル ス変異株「デルタ株」のまん延と、サプライチェーンの問題が経済成長 の...

ロンドン株式市場=続落、製薬や銀行株の下落響く

ロンドン株式市場は続落して取引を終えた 。製薬や銀行株の下落が響いた。 英製薬のアストラゼネカや製薬大手グラクソ・スミスクラ イン(GSK)が売られ、FTSE350種製薬・バイオテク ノロジー株指数が下げた。 銀行株指数は1.19%下落。モルガン・スタンレ ーによる株価目標の引き下げが嫌気され、英銀大手のバークレイズ<BAR C.L>とロイズがそれぞれ、1.6%と2.0%値下がりした。 FTSE100種は今年10%上昇しているが、新型コロナウイル ス変異株「デルタ株」のまん延と、サプライチェーンの問題が経済成長 の減速につながるとの懸念...

欧州市場サマリー(25日)

<ロンドン株式市場> 続伸して取引を終えた。金融と 旅行関連株が買われ全体水準を押し上げた。投資家は、世界的な新型コロナウイルス感染 の増加と経済成長の鈍化のリスクを見極めようとしている。 金融大手HSBCと英銀大手のロイズ、賭け業者のフラッター・エ ンターテイメント、英大手銀行スタンダード・チャータード(スタンチャート )、オンラインスーパー大手オカドの値上がりが目立った。 英国債利回りの上昇に伴いFTSE350種銀行株指数 は2.02%上昇した。国債利回りは3日続けて上がっている。旅行・娯楽関連株指数<. FTNMX405010>は...

ロンドン株式市場=続伸、金融と旅行株買われる

ロンドン株式市場は続伸して取引を終え た。金融と旅行関連株が買われ全体水準を押し上げた。投資家は、世界 的な新型コロナウイルス感染の増加と経済成長の鈍化のリスクを見極め ようとしている。 金融大手HSBCと英銀大手のロイズ、賭け業者 のフラッター・エンターテイメント、英大手銀行スタンダー ド・チャータード(スタンチャート)、オンラインスーパー大 手オカドの値上がりが目立った。 英国債利回りの上昇に伴いFTSE350種銀行株指 数は2.02%上昇した。国債利回りは3日続けて上が っている。旅行・娯楽関連株指数は4営業日続伸した。 廃棄物処理...

英銀ロイズ、上半期は黒字転換・復配 経済見通し改善で

英ロイズ・バンキング・グループが29日発表した上半期決算は、税引き前利益が39億ポンド(約54億ドル)となり、赤字だった前年の上半期から黒字に転換した。住宅購入の増加や、経済見通しの改善が背景にある。

英バークレイズ、中間決算は予想上回る増益 株主還元を再開

英銀大手バークレイズが28日発表した中間決算は、税引き前利益が予想を上回った。投資銀行部門の手数料収入拡大や貸倒引当金の戻し入れが寄与した。

英経済、6月は回復の勢い鈍化 接客業は好調=ロイズ銀

ロイズ銀行が公表した6月の英国の業種別景況調査によると、接客業が好調だったにもかかわらず、新型コロナウイルス危機を受けた経済全体の回復は勢いが鈍化した。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up