for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

イーライリリー・アンド・カンパニー

LLY.N

現在値

341.76USD

変化

-2.39(-0.69%)

出来高

136,871

本日のレンジ

338.63

 - 

345.26

52週レンジ

231.92

 - 

384.44

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
344.15
始値
342.70
出来高
136,871
3か月平均出来高
57.02
高値
345.26
安値
338.63
52週高値
384.44
52週安値
231.92
発行済株式数
950.18
時価総額
323,535.60
予想PER
44.38
配当利回り
1.33

次のエベント

Q4 2022 Eli Lilly and Co Earnings Release

適時開示

その他

Peptidream Announces New Research And Collaboration Agreement With Lilly

Lilly Announces 2023 Financial Guidance, Plans To Launch Up To Four New Medicines

Lilly Reports Q3 Adjusted Profit Of 6 Cents Per Share

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

イーライリリー・アンド・カンパニーとは

イーライ・リリー・アンド・カンパニー(Eli Lilly and Co)は医薬品製造事業を行う。【事業内容】ヒト用医薬品セグメントの製品を発見、開発、製造、販売する。糖尿病製品には、「Basaglar」、「Humalog」、「Humulin」、「Jardiance」、「Trajenta」および「Trulicity」が含まれる。腫瘍学製品は、「Alimta」、「Cyramza」、「Erbitux」、「Retevmo」、「Tyvyt」および「Verzenio」で構成される。免疫学製品には、「Olumiant」、「Baricitinib」および「Taltz」が含まれる。神経科学製品には、「Cymbalta」、「Emgality」および「Zyprexa」が含まれる。その他の治療法は、Bamlanivimab及びetesevimab、Bebtelovimab、Cialis及びForteoで構成される。卸売業者、薬局給付管理者、マネージド ケア組織、グループ購入組織、政府および長期ケア機関、病院、特定の小売薬局にサービスを提供する特別なビジネスグループを維持する。プエルトリコを含む米国およびその他の国の施設を通じて製品を製造および販売する。その製品は約120カ国で販売される。

業種

Biotechnology & Drugs

連絡先

Lilly Corporate Ctr

Drop Code 1094, Lilly Corporate Ctr

INDIANAPOLIS, IN

46285-0001

United States

+1.317.2762000

https://www.lilly.com/

エグゼクティブリーダーシップ

David A. Ricks

Chairman of the Board, President, Chief Executive Officer

Anat Ashkenazi

Chief Financial Officer, Senior Vice President

Diogo Rau

Senior Vice President, Chief Information and Digital Officer

Daniel M. Skovronsky

Senior Vice President, Chief Scientific and Medical Officer, President - Lilly Research Laboratories

Alonzo Weems

Senior Vice President - Enterprise Risk Management, Chief Ethics and Compliance Officer

統計

2.00 mean rating - 25 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2019

22.3K

2020

24.5K

2021

28.3K

2022(E)

28.6K
EPS (USD)

2019

6.040

2020

7.930

2021

8.160

2022(E)

7.672
株価売上高倍率(過去12カ月)
51.17
株価売上高倍率(過去12カ月)
11.07
株価純資産倍率(四半期)
32.13
株価キャッシュフロー倍率
42.42
総負債/総資本(四半期)
157.78
長期負債/資本(四半期)
140.45
投資利益率(過去12カ月)
18.28
自己資本利益率(過去12カ月)
12.62

最新ニュース

最新ニュース

米FDA、アストラゼネカのコロナ抗体薬緊急使用許可を撤回

米食品医薬品局(FDA)は、英アストラゼネカの新型コロナウイルス抗体薬「エバシェルド」の緊急使用許可を撤回した。現在米国で主流となっているオミクロン株派生型「XBB.1.5」に対する効果が期待できないためだ。

米イーライリリーのアルツハイマー薬、FDAが迅速承認を認めず

米医薬品大手イーライリリーは19日、アルツハイマー病薬「ドナネマブ」について米食品医薬品局(FDA)が迅速承認を認めなかったと発表した。通常承認のための第3相臨床試験の結果提出は引き続き今年第2・四半期を目指し、提出後速やかに通常承認を申請するとしている。

米アッヴィとイーライリリー、英の任意薬価協定から離脱

英製薬業協会は16日、医薬品会社の一定の収益率超過分を公的医療に返金することで薬価上昇を抑制する英国の任意の薬価協定から米製薬大手アッヴィとイーライリリーが離脱したと発表した。

米FDA、ロシュの新型コロナ抗体薬を承認

[21日 ロイター] - スイス製薬大手ロシュは21日、新型コロナウイルス感染症抗体薬「アクテムラ」が米食品医薬品局(FDA)に正式に承認されたと発表した。

米イーライリリー、来年新たに薬5種販売の意向 研究開発費投入へ

米医薬品大手イーライリリーは13日、来年にできれば最大5種類の新たな薬を販売したい考えを表明した。デービッド・リック最高経営責任者(CEO)は特に来年の承認を期待するアルツハイマー病薬「ドナネマブ」と肥満症薬「チルゼパチド」について、「10年がかりの収益成長の機会をもたらす」と述べ、データ提出準備に向けた研究開発費の必要を訴えた。

米イーライリリーの新型コロナ抗体薬、FDAが緊急使用承認取り下げ

米食品医薬品局(FDA)は30日、米医薬品大手イーライリリーの新型コロナウイルス感染症抗体薬「ベブテロビマブ」の緊急使用承認を取り下げたと発表した。現在、感染の主流であるオミクロン変異株の派生型「BQ.1」と「BQ.1.1」への有効性が期待できないことを理由に挙げた。

ロシュのアルツハイマー治療薬候補、臨床試験で効果認められず

スイス製薬大手ロシュは14日、アルツハイマー病治療薬候補「ガンテネルマブ」の2つの臨床試験において、症状の進行速度を遅くする効果が認められなかったと発表した。これにより、アルツハイマー薬の開発競争で米バイオジェンとエーザイが先頭に立つことになる。

NY市場サマリー(14日)ドル上げ幅縮小、株反落

<為替> ドルが円とユーロに対して上昇した。ただ、米利上げペースは鈍化すると の観測の中、ドルは上げ幅を縮小した。 FRBのウォラー理事は13日、次回政策会合で利上げペースの減速を検討する可能 性があるが、インフレ抑制に向けた取り組みが弱まったと受け止めるべきではないと発言 。 朝方の取引でドルは上昇したが、FRBのブレイナード副議長がこの日、「利上げペ ースを鈍化させることが近いうちにおそらく適切になる」と述べたことを受け、上げ幅を 縮小した。 主要6通貨に対するドル指数は一時0.93%高の107.274。その後は上 げ幅を縮小し、終盤...

米国株式市場=反落、米利上げ見通しを見極め 不動産など安い

米国株式市場は、今後の利上げ見通しを巡る米連邦準備理事会(FRB)当局者発言を消化する中、反落して取引を終えた。不動産や一般消費財銘柄が下げを主導した。

米イーライリリー、通期予想引き下げ ドル高響き今年3回目

[1日 ロイター] - 米医薬品大手イーライリリーは1日、ドル高などの影響で通期の収益が予想を下回るとの見通しを示した。下方修正は今年3回目となり、株価は2.6%安で取引を終えた。

パウエル議長会見に注目、政策見通しが鍵=今週の米株式市場

31日から始まる週の米株式市場では、米連邦準備理事会(FRB)が積極的な金融引き締めについてどのような見通しを示すかが注目される。ハイテク大手などの失望を誘う決算にもかかわらず上昇してきた米株にとって正念場となる可能性がある。

米バイオジェン、通年利益見通し引き上げ 認知症薬治験結果に自信

[25日 ロイター] - 米製薬大手・バイオジェン が25日発表した第3・四半期決算は、1株利益が市場予想を上回った。同社はまた、2022年通期の利益見通しを引き上げた。

米政府、来年にコロナワクチン・治療薬供給の民間移行を想定=高官

米政府は向こう1年で、新型コロナウイルスのワクチンと治療薬の供給を民間ベースに移行していくことを想定している。オコネル厚生次官補(準備・対応担当)が30日、ブログで明らかにした。

NY市場サマリー(4日)ドル下落・株式まちまち、雇用統計に注目

週間の米新規失業保険申請件数が市場予想を超えて増加し、労働市場の一部が軟調になっている可能性が示されたことで、ドルは下げ足を速めた。

イーライリリー、コロナ抗体薬を商業販売へ 米国内の州や病院に

[3日 ロイター] - 米医薬品大手・イーライリリーは3日、新型コロナウイルス感染症の抗体薬「ベブテロビマブ」を米国内の州や病院などの医療機関向けに商業販売すると発表した。8月15日の週から開始する。

初期オミクロン株感染・ワクチン接種でも派生型に再感染の恐れ=研究

中国での試験管試験で、新型コロナウイルスのオミクロン変異株の初期型「BA.1」に感染歴のある人が同型に向けた米ファイザーやモデルナの3回目や4回目のワクチン接種を受けても、「BA.2.12.1」や「BA.4」、「BA.5」といったその後出てきた派生型に再感染する可能性があることが示された。研究結果は17日、英科学誌ネイチャーで報告された。

ファイザーがバイオヘイブンを116億ドルで買収、新クラス偏頭痛薬の将来性に期待

米製薬大手ファイザーは10日、バイオヘイブン・ファーマシューティカルズ・ホールディングを116億ドルで買収すると発表した。バイオヘイブンが持つ新しいクラスの偏頭痛治療の将来性への期待が背景にある。

エーザイなど、米でアルツハイマー薬の迅速承認引き続き申請へ

製薬大手のエーザイや米イーライ・リリーは8日、アルツハイマー病治療の治験薬について、引き続き米当局に対し迅速承認を求める計画と明らかにした。

バイオジェンのアルツハイマー薬、米メディケアが保険適用限定

米国の高齢者向け公的医療保険「メディケア」の当局は7日、米バイオジェンのアルツハイマー病治療薬「アデュヘルム」について、保険適用を臨床試験の参加者に限定する方針を最終決定した。

バイオジェンのアルツハイマー薬、米メディケアが保険適用限定

米国の高齢者向け公的医療保険「メディケア」の当局は7日、米バイオジェンとエーザイが共同開発したアルツハイマー病治療薬「アデュヘルム」について、保険適用を臨床試験の参加者に限定する方針を最終決定した。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up