for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ロッキード・マーティン・コーポレーション

LMT.N

現在値

385.94USD

変化

1.36(+0.35%)

出来高

353,072

本日のレンジ

383.45

 - 

386.43

52週レンジ

241.20

 - 

399.96

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
384.58
始値
386.06
出来高
353,072
3か月平均出来高
23.51
高値
386.43
安値
383.45
52週高値
399.96
52週安値
241.20
発行済株式数
282.07
時価総額
108,862.60
予想PER
17.76
配当利回り
2.49

次のエベント

Q4 2019 Lockheed Martin Corp Earnings Release

適時開示

その他

Moog Announces Award Of Lockheed Martin Production Contracts For F-35 Lightning II

Lockheed Martin And TRC Reach Definitive Agreement

Lockheed Martin Awarded Air Force ICBM Contract

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ロッキード・マーティン・コーポレーションとは

ロッキード・マーチン(Lockheed Martin Corporation)は安全・航空宇宙会社である。【事業内容】同社は4つの事業を運営する。航空事業は、戦闘および空中移動機、無人航空機および関連技術を含む軍用機の研究・設計・開発・製造・統合・維持・サポート・アップグレードに従事する。ミサイルと防火事業は、空気およびミサイル防衛システム、防火システム、有人・無人の地上車両、およびエネルギー管理ソリューションを提供する。ロータリー・ミッションシステム事業は軍用・民間用のヘリコプター、回転および固定翼航空機のミッションシステムおよびセンサー、シミュレーションとトレーニングサービス、及び無人のシステムと技術などの設計・製造及びサービスとサポートを提供する。宇宙システム事業は、衛星、戦略的及び防衛的ミサイルシステム、宇宙輸送システムの研究・開発・設計・エンジニアリング・生産に従事する。

業種

Aerospace & Defense

連絡先

6801 ROCKLEDGE DR

+1.301.8976000

http://www.lockheedmartin.com

エグゼクティブリーダーシップ

Marillyn A. Hewson

Chairman of the Board, President, Chief Executive Officer

Kenneth R. Possenriede

Chief Financial Officer, Executive Vice President

Richard F. Ambrose

Executive Vice President - Space

Michele A. Evans

Executive Vice President - Aeronautics

Frank A. St. John

Executive Vice President of the Rotary and Mission Systems business segment

統計

2.14 mean rating - 22 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2016

47.2K

2017

51.0K

2018

53.8K

2019(E)

59.2K
EPS (USD)

2016

12.420

2017

6.890

2018

17.590

2019(E)

21.649
株価売上高倍率(過去12カ月)
18.47
株価売上高倍率(過去12カ月)
1.87
株価純資産倍率(四半期)
27.96
株価キャッシュフロー倍率
15.30
総負債/総資本(四半期)
348.11
長期負債/資本(四半期)
324.99
投資利益率(過去12カ月)
18.58
自己資本利益率(過去12カ月)
12.54

最新ニュース

最新ニュース

米軍、シリア北東部からの撤収を完了=エスパー国防長官

米国のエスパー国防長官は5日、米軍がシリア北東部からの撤収を完了したことを明らかにした。一部の撤収と再配置を経て、現在シリアには約600人前後が駐留しているという。ロンドン郊外で開かれた北大西洋条約機構(NATO)首脳会議に出席した後、帰国する機内でロイターのインタビューに応じた。

トランプ氏、対トルコ制裁を検討 ロシア製ミサイル購入で

トランプ米大統領は3日、トルコによるロシア製の地対空ミサイル「S400」の購入を巡って、トルコへの制裁措置を検討していると明らかにした。

トルコ大統領、NATO会議前に強気姿勢 クルド勢力のテロ組織認定迫る

トルコのエルドアン大統領は3日、北大西洋条約機構(NATO)首脳会議を前に、トルコがテロリストとみなす組織をNATOとしてテロリスト組織と認定しなければ、バルト諸国防衛計画に反対する方針を示した。

米与野党上院議員がトランプ政権にトルコ向け制裁発動要求

トルコがロシア製地対空ミサイルを導入した問題を巡り、米与野党上院議員2人が2日、トランプ政権にトルコへの制裁発動を要求する書簡を送った。

トルコ大統領「ロシア製ミサイル破棄せず」、トランプ氏に言明

トルコのエルドアン大統領は19日、トランプ米大統領と先週会談した際、ロシアから購入した地対空ミサイルシステム「S400」について、米国の要求に応じて破棄することはないと言明したと明らかにした。

ロシア製ミサイルは破棄しないと米大統領に言明=トルコ大統領

トルコのエルドアン大統領は19日、先週トランプ米大統領と会談した際、ロシアから購入した地対空ミサイルシステム「S400」について、米国の要求に応じて破棄することはないと言明したことを明らかにした。エルドアン大統領が率いる与党の公正発展党(AKP)の議員らに語った。

トランプ氏、トルコのロシア製ミサイル導入に懸念 協議は継続

トランプ米大統領とトルコのエルドアン大統領は13日、米ワシントンで首脳会談を行った。トランプ氏は共同会見で、トルコによるロシア製ミサイル防衛システム「S400」導入について、米国にとり「非常に深刻な課題」だと指摘したうえで、今後も協議を継続し、問題を解決することを望んでいると述べた。

トランプ氏、トルコのロシア製ミサイル導入に懸念 協議は継続

トランプ米大統領とトルコのエルドアン大統領は13日、米ワシントンで首脳会談を行った。トランプ氏は共同会見で、トルコによるロシア製ミサイル防衛システム「S400」導入について、米国にとり「非常に深刻な課題」だと指摘したうえで、今後も協議を継続し、問題を解決することを望んでいると述べた。

トルコ大統領、シリアに外国軍駐留なら「撤退せず」

トルコのエルドアン大統領は8日、シリア北部の国境地域に外国軍が駐留する限り、トルコも撤退しないと表明した。またクルド人武装勢力が同地域から完全に撤退するまでトルコは武装勢力への攻撃を続けると強調した。

韓国、竹島付近で墜落のヘリ発見

韓国海洋警察庁は1日、竹島(韓国名・独島)付近で31日遅く墜落した韓国消防当局のヘリコプターを水深70メートルの地点で発見したことを明らかにした。

F35調達価格、米国防総省がロッキードとの最終合意公表

米国防総省は29日、ロッキード・マーチン<LMT.N>製最新鋭ステルス戦闘機「F35」の調達価格について、同社との最終合意を公表した。同省が2022年度までの3年間に購入を計画しているF35の費用は12.7%低下する見通し。

海底資源探査、中国が一番乗りか=国際海底機構事務局長

国際海底機構(ISA)のロッジ事務局長は、海底資源の開発を可能にする国際規則が来年策定されれば、中国がトップを切って探査に乗り出す公算が大きいとの見方を示した。

トルコ、米国との「F35」巡る問題解消可能=国防相

トルコのアカル国防相は23日、最新鋭ステルス戦闘機「F35」を巡る米国との問題は解消できるとの見方を示した。

米ブルー・オリジン、月着陸船開発でロッキードなど3社と提携

米アマゾン・ドット・コム<AMZN.O>のジェフ・ベゾス最高経営責任者(CEO)は22日、同氏の宇宙開発ベンチャー「ブルー・オリジン」が月着陸船の開発でロッキード・マーチン<LMT.N>など3社と契約したと明らかにした。

米ロッキード、通期利益見通し引き上げ 第3四半期は増益

米軍事用航空機メーカー大手ロッキード・マーチン<LMT.N>は22日、第3・四半期決算(9月29日まで)を発表し、利益が9.2%伸びたことを背景に通期の利益見通しを引き上げた。最新鋭ステルス戦闘機「F35」の販売が伸びた。

韓国軍戦闘機が竹島周辺を飛行、「国軍の日」を記念

韓国の文在寅大統領は1日、国軍の日を記念する式典で、日韓が領有権を主張する竹島(韓国名・独島)周辺を韓国軍の戦闘機2機が飛行したことを明らかにした。

韓国軍戦闘機が竹島周辺を飛行、「国軍の日」を記念

韓国の文在寅大統領は1日、国軍の日を記念する式典で、日韓が領有権を主張する竹島(韓国名・独島)周辺を韓国軍の戦闘機が飛行したことを明らかにした。

イージス・アショア試験に5億ドル追加投資も、北朝鮮対応で=関係筋

複数の政府・防衛筋によると、日本政府は陸上配備型イージス・システム(イージス・アショア)の対応能力を検証するため、実弾発射実験が必要になっており、少なくとも5億ドル(約550億円)の追加投資を迫られる可能性がある。

米、サウジ防衛力強化支援へ パトリオットミサイルなど提供

米国防総省(ペンタゴン)は26日、サウジアラビアの防衛能力増強に向け、長距離地対空ミサイル「パトリオット」のほか、レーダーシステム4基、約200人の支援要員を同国に配置する計画を発表した。

ダウ142ドル安、サウジ攻撃嫌気 エネルギー株は堅調

の石油施設が攻撃を受けたことで、投資家の間で地政学的リスクや世界経済の減速に対する懸念が広がり、全般的に売りが優勢となった。一方、原油価格の急騰に伴いエネルギー株は堅調となった。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up