for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ロッキード・マーティン・コーポレーション

LMT.N

現在値

339.88USD

変化

0.21(+0.06%)

出来高

567,652

本日のレンジ

337.34

 - 

341.77

52週レンジ

266.58

 - 

442.43

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
339.67
始値
338.74
出来高
567,652
3か月平均出来高
32.39
高値
341.77
安値
337.34
52週高値
442.43
52週安値
266.58
発行済株式数
279.78
時価総額
95,092.90
予想PER
13.87
配当利回り
3.06

次のエベント

Q4 2020 Lockheed Martin Corp Earnings Release

適時開示

その他

Pentagon And Lockheed Martin Agree To $1.28 Bln F-35 Sustainment Contract

Lockheed Martin- Merger Agreement Provides That Aerojet Will Be Required To Pay Co Termination Fee Equal To $150 Million Under Certain Circumstances

Aerojet Rocketdyne Says To Be Acquired By Lockheed Martin In $5 Bln All-Cash Transaction

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ロッキード・マーティン・コーポレーションとは

ロッキード・マーチン(Lockheed Martin Corporation)は安全・航空宇宙会社である。【事業内容】同社は4つの事業を運営する。航空事業は、戦闘および空中移動機、無人航空機および関連技術を含む軍用機の研究・設計・開発・製造・統合・維持・サポート・アップグレードに従事する。ミサイルと防火事業は、空気およびミサイル防衛システム、防火システム、有人・無人の地上車両、およびエネルギー管理ソリューションを提供する。ロータリー・ミッションシステム事業は軍用・民間用のヘリコプター、回転および固定翼航空機のミッションシステムおよびセンサー、シミュレーションとトレーニングサービス、及び無人のシステムと技術などの設計・製造及びサービスとサポートを提供する。宇宙システム事業は、衛星、戦略的及び防衛的ミサイルシステム、宇宙輸送システムの研究・開発・設計・エンジニアリング・生産に従事する。

業種

Aerospace & Defense

連絡先

6801 ROCKLEDGE DR

BETHESDA, MD

20817-1803

United States

+1.301.8976000

http://www.lockheedmartin.com

エグゼクティブリーダーシップ

Marillyn A. Hewson

Executive Chairman of the Board

James D. Taiclet

President, Chief Executive Officer, Director

Kenneth R. Possenriede

Chief Financial Officer, Executive Vice President

Frank A. St. John

Chief Operating Officer

Richard F. Ambrose

Executive Vice President - Space

統計

2.17 mean rating - 23 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2017

51.0K

2018

53.8K

2019

59.8K

2020(E)

65.3K
EPS (USD)

2017

6.890

2018

17.590

2019

21.950

2020(E)

24.501
株価売上高倍率(過去12カ月)
14.52
株価売上高倍率(過去12カ月)
1.48
株価純資産倍率(四半期)
19.20
株価キャッシュフロー倍率
12.12
総負債/総資本(四半期)
255.91
長期負債/資本(四半期)
235.72
投資利益率(過去12カ月)
19.04
自己資本利益率(過去12カ月)
13.18

最新ニュース

最新ニュース

UAE、F35購入で米国との合意に署名=関係筋

アラブ首長国連邦(UAE)は、米ロッキード・マーチン製最新鋭ステルス戦闘機「F35」50機を米国から購入する合意文書に署名した。事情に詳しい関係筋が20日、ロイターに明らかにした。

米株主要指数が最高値更新、追加経済対策成立で

米国株式市場は続伸し、主要指数が最高値を更新して取引を終えた。新型コロナウイルス追加経済対策法案がトランプ大統領の署名を受けて成立したことで、景気回復への期待が高まった。

S&P下落、コロナ変異種巡る懸念で 経済対策受け下げ幅縮小

米国株式市場は、S&P総合500種が下落して取引を終えた。ただ一時の大幅な下げからは持ち直した。新型コロナウイルスの変異種を巡る懸念が重しとなる一方、米議会指導部が合意した追加経済対策に支援された。

米ロッキード、エアロジェット・ロケットダイン買収へ 44億ドル

米軍事用航空機メーカー大手ロッキード・マーチンは20日、ロケットやミサイルの推進器の製造を手掛ける米エアロジェット・ロケットダイン・ホールディングスを債務など含め44億ドルで買収することで合意したと発表した。

防衛省、F2後継機の技術支援企業に米ロッキードを選定

防衛省は18日、航空自衛隊F2戦闘機の後継を開発するに当たり、米ロッキード・マーチンから技術支援を受けると発表した。三菱重工業が主体となって機体を開発し、F35やF22などステルス機の開発実績があるロッキードはシステム統合などで協力する。

日本政府、長射程ミサイルの開発決定 イージス艦2隻も建造

政府は18日の閣議で、自衛隊の新たな装備として長射程の巡行ミサイルを開発することを決定した。相手の作戦拠点を狙う敵基地攻撃能力にも転用できるが、岸信夫防衛相は記者会見で、「南西地域の島しょ防衛のために必要な装備」と強調した。

EXCLUSIVE-米、対トルコ制裁発動へ ロシア製ミサイル購入巡り=関係筋

米国は、ロシア製地対空ミサイル「S400」の購入を巡り、トルコに制裁を科す見通しだ。米政府当局者を含む複数の関係筋が10日、ロイターに明らかにした。すでに問題を抱える両国の関係がさらに悪化するとみられる。

米下院、国防権限法案を可決 トランプ氏は拒否権発動の構え

米議会下院は8日、国防予算の大枠を定める総額7400億ドルの国防権限法案(NDAA)を335対78の圧倒的な賛成多数で可決した。トランプ大統領は拒否権を発動する意向を示している。

バイデン氏、国防予算削減に苦慮へ 雇用への影響大きく

米大統領選で勝利を確実にした民主党候補のバイデン前副大統領は、来年1月の大統領就任後、党内の進歩派から国防予算の削減を求める強い圧力に直面する見通しだ。

米国株式市場=大幅続伸、議会ねじれ継続で政策の急転換ないとの見方

米国株式市場は大幅続伸して取引を終えた。米大統領選で民主党候補のバイデン氏が勝利した場合でも、上院で共和党が過半数を維持し、企業利益を損ないかねない大規模な政策変更は阻止されるとの見方が広がった。

米国務省、UAEへのドローン売却を議会に非公式通知=関係筋

米国務省は、高性能武装ドローン(無人機)18機をアラブ首長国連邦(UAE)に売却する計画を米議会に非公式に通知した。売却額は29億ドルに上る可能性がある。複数の関係筋が明らかにした。

米国務省、台湾へのドローン売却を議会に通知=国防総省

米国防総省は3日、国務省が台湾への米国産高性能ドローン(無人機)4機の売却を議会に正式通知したと発表した。

米国務省、台湾へのドローン売却を議会に通知=国防総省

米国防総省は3日、国務省が台湾への米国産高性能ドローン(無人機)4機の売却を議会に正式通知したと発表した。

台湾への米ドローン売却計画が進展、週内に正式通知も=関係筋

台湾への米国産高性能ドローン(無人機)売却計画が米議会で主要なハードルを乗り越え、承認に向け最終段階にあることが関係者の話で2日分かった。

米国務省、UAEへのF35売却を議会に非公式通知=関係筋

米国務省は議会に対し、米ロッキード・マーチン<LMT.N>製最新鋭ステルス戦闘機「F35」のアラブ首長国連邦(UAE)への売却を承認したと通知した。売却額は100億ドルに上る可能性がある。関係筋が29日、明らかにした。

米国務省、台湾への武器売却を承認 総額18億ドル=国防総省

米国防総省は26日、国務省がボーイング製BA.N対艦ミサイル「ハープーン」を搭載した沿岸防衛システム100基の台湾への売却を承認したと明らかにした。売却額は最大23億7000万ドルに上る可能性がある。

UPDATE 1-米国務省、台湾への武器追加売却を承認 総額23.7億ドル=国防総省

米国防総省は26日、国務省がボーイング製対艦ミサイル「ハープーン」を搭載した沿岸防衛システム100基の台湾への売却を承認したと明らかにした。売却額は最大23億7000万ドルに上る可能性がある。

米国務省、台湾への武器追加売却を承認 総額23.7億ドル=国防総省

米国防総省は26日、国務省がボーイング製対艦ミサイル「ハープーン」を搭載した沿岸防衛システム100基の台湾への売却を承認したと明らかにした。売却額は最大23億7000万ドルに上る可能性がある。

中国、台湾への武器売却巡り米企業に制裁を科す方針

中国外務省の趙立堅報道官は26日、米国による台湾への武器供与を巡り、関連する米企業に制裁を科す方針を示した。

中国、台湾への武器売却巡り米企業に制裁を科す方針

中国外務省の趙立堅報道官は26日、米国による台湾への武器供与を巡り、関連する米企業に制裁を科す方針を示した。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up