for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ロッキード・マーティン・コーポレーション

LMT.N

現在値

362.00USD

変化

1.58(+0.44%)

出来高

421,053

本日のレンジ

360.71

 - 

365.93

52週レンジ

266.58

 - 

442.43

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
360.42
始値
363.53
出来高
421,053
3か月平均出来高
32.55
高値
365.93
安値
360.71
52週高値
442.43
52週安値
266.58
発行済株式数
281.87
時価総額
101,517.60
予想PER
14.97
配当利回り
2.65

次のエベント

Q2 2020 Lockheed Martin Corp Earnings Release

適時開示

その他

Lockheed Martin Sets Quarterly Dividend Of $2.40Per Share

Jim Taiclet Becomes New Lockheed Martin President And CEO

Lockheed Martin Announces Proactive Measures To Mitigate Covid-19 Impacts To F-35 Production

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ロッキード・マーティン・コーポレーションとは

ロッキード・マーチン(Lockheed Martin Corporation)は安全・航空宇宙会社である。【事業内容】同社は4つの事業を運営する。航空事業は、戦闘および空中移動機、無人航空機および関連技術を含む軍用機の研究・設計・開発・製造・統合・維持・サポート・アップグレードに従事する。ミサイルと防火事業は、空気およびミサイル防衛システム、防火システム、有人・無人の地上車両、およびエネルギー管理ソリューションを提供する。ロータリー・ミッションシステム事業は軍用・民間用のヘリコプター、回転および固定翼航空機のミッションシステムおよびセンサー、シミュレーションとトレーニングサービス、及び無人のシステムと技術などの設計・製造及びサービスとサポートを提供する。宇宙システム事業は、衛星、戦略的及び防衛的ミサイルシステム、宇宙輸送システムの研究・開発・設計・エンジニアリング・生産に従事する。

業種

Aerospace & Defense

連絡先

6801 ROCKLEDGE DR

BETHESDA, MD

20817-1803

United States

+1.301.8976000

http://www.lockheedmartin.com

エグゼクティブリーダーシップ

Marillyn A. Hewson

Executive Chairman of the Board

James D. Taiclet

President, Chief Executive Officer, Director

Kenneth R. Possenriede

Chief Financial Officer, Executive Vice President

Frank A. St. John

Chief Operating Officer

Richard F. Ambrose

Executive Vice President - Space

統計

2.14 mean rating - 22 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2017

51.0K

2018

53.8K

2019

59.8K

2020(E)

63.5K
EPS (USD)

2017

6.890

2018

17.590

2019

21.950

2020(E)

24.174
株価売上高倍率(過去12カ月)
16.43
株価売上高倍率(過去12カ月)
1.66
株価純資産倍率(四半期)
29.46
株価キャッシュフロー倍率
13.62
総負債/総資本(四半期)
368.22
長期負債/資本(四半期)
331.95
投資利益率(過去12カ月)
18.98
自己資本利益率(過去12カ月)
12.88

最新ニュース

最新ニュース

米、日本と「技術的な話し合い」継続 地上イージス計画停止で

日本での地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」の配備計画停止を巡って、米国防総省のヘルビー次官補代理(インド太平洋安全保障担当)は18日、日本と「技術的な話し合い」を行っていると明らかにした。

米上院委、7400億ドルの国防権限法案を公表 中国念頭の措置など

米上院軍事委員会は11日、2021年度の国防予算の大枠を定める総額7400億ドルの国防権限法(NDAA)案を公表した。中国との競争を念頭に置いた措置や新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)への対応などが盛り込まれた。

米政府諮問委、将来の雇用創出でデジタルインフラの重要性訴え

アップル<AAPL.O>など米大手企業のトップがメンバーの「ホワイトハウス労働力政策諮問委員会」は19日、官民が協力して、未来の雇用創出を支援する新たなデジタルインフラを構築するよう呼び掛ける見通し。関係者が明らかにした。

米ロッキード、通年売上高見通し下方修正 第1四半期は好調

米軍事用航空機メーカー大手ロッキード・マーチン<LMT.N>が21日に発表した第1・四半期(3月29日まで)決算は、最新鋭ステルス戦闘機「F35」を製造する主力の宇宙航空部門が好調だったことで、利益と売上高が予想を上回った。ただ通年業績については、新型コロナウイルス感染拡大に起因する供給網の阻害を理由に売上高見通しを下方修正した。

米がミサイル売却を提案、ロシア防衛システムの見送りが条件=トルコ

トルコのエルドアン大統領は、同国がロシアから購入したミサイル防衛システム「S400」を運用しないと約束すれば、米国製ミサイル防衛システム「パトリオット」を売却するとの提案を米政府から受けたと明らかにした。対立の火種となっていたS400の問題で米政府の態度が軟化したと分析した。

自衛隊向けF35の組み立て施設、新型ウイルス影響し1週間停止

米国防総省は4日、最新鋭ステルス戦闘機F35の日本における組み立て作業が、新型コロナウイルス感染拡大の影響で1週間停止していると明らかにした。

米国防総省ナンバー3のルード次官が辞表、「大統領が要請と理解」

米国防総省は19日、同省のナンバー3であるジョン・ルード次官(政策担当)が月末に辞任すると発表した。同省は理由を説明していない。

インドと大規模な通商協定模索、合意時期は未定=トランプ氏

トランプ米大統領は、米国とインドが大規模な通商協定の実現に取り組んでいると述べた。ただ、11月の米大統領選前に完了するかどうかは分からないとの見方を示した。

米国防総省、議会に予算転用認めるよう要請 国境の壁建設に

米国防総省は13日、議会に対し、国防予算からメキシコ国境沿いの壁建設に38億ドル強を振り向けるのを認めるよう要請した。野党・民主党は阻止に動くとみられる。

アジア航空各社は見通し引き下げへ、新型肺炎流行で航空ショー縮小

アジアの航空業界団体は10日、航空各社は新型肺炎による危機のために、成長見通しの「大幅な」引き下げに直面しているとの見方を示した。11ー16日に開催の「シンガポール・エアショー」への出展計画を縮小する企業が増えており、悲観的な見方が強まっている。

米政権、4.8兆ドルの21年度予算案提示 民主党は反発

トランプ米大統領は10日、総額4兆8000億ドル規模の2021会計年度(20年10月─21年9月)予算教書を議会に提出した。野党民主党は医療保険や社会保障に関する一般教書演説での表明が守られていないとして反発している。

米国防費、核や兵器開発費増額 トランプ政権が21年度予算で

トランプ米大統領は10日、2021会計年度(20年10月─21年9月)予算教書を議会に提出した。国防費は7405億ドルを要求し、核兵器のほか武力衝突に備えた兵器の研究・開発費の増額を盛り込んだ。

豪森林火災で消火活動中のカナダ輸送機が墜落、米国人3人死亡

大規模な森林火災に見舞われているオーストラリアで23日、消火活動に従事していたカナダの「C━130ハーキュリーズ」輸送機が墜落し、乗っていた3人全員が死亡した。当局が明らかにした。3人はいずれも米国人という。

NY市場サマリー(3日)

<為替> 安全資産への買いが強まった。米国がイラクへの空爆により、イラン革命防衛隊の司令官を殺害したこと受け、中東情勢が緊迫化し、円が3カ月ぶりの高値に上昇。一方、低調な米製造業指数を背景にドル指数は伸び悩んだ。

米国株下落、中東緊迫化や低調な米指標受け

米国株式市場は下落して取引を終えた。米国のイラク空爆により中東での緊張が高まったほか、低調だった米製造業指標を受け、経済成長鈍化への懸念が広がった。

米が制裁なら報復とトルコ大統領、ロシア製ミサイル購入めぐり

トルコのエルドアン大統領は20日、ロシア製ミサイルの購入やロシアからの天然ガスパイプラインを巡って米国がトルコに制裁を検討していることについて、報復も辞さないと述べた。

空自のF2後継機、英国が共同開発の有力候補に浮上=関係者

航空自衛隊の次期戦闘機計画を巡り、英国が共同開発の有力候補に浮上していることがわかった。自国軍向けの開発計画をすでに発表している英国が、日本と協力しようと秋波を送っており、米国以外とも安全保障面の関係を強化したい日本は関心を強めている。

米下院が国防権限法案を可決、予算規模7380億ドル

米下院は11日、7380億ドル規模の国防予算を定める国防権限法(NDAA)案を可決した。連邦政府全職員向けの育児休暇の導入やトランプ大統領が軍の最優先課題としてきた宇宙軍の創設が盛り込まれた。

トルコ外相「米国が制裁なら報復」、S400購入巡り

トルコのチャブシオール外相は11日、ロシア製ミサイル防衛システム「S400」の購入を巡り、米国がトルコに制裁を科せば、トルコが報復すると表明した。国内放送局Aハベルとのインタビューで述べた。

量子コンピューターのディーウェーブ、NECが出資・ソフト共同開発へ

カナダの量子コンピューター企業ディーウェーブシステムズは、資金調達ラウンドでNEC<6701.T>から出資を受けるほか、ソフトウエアの開発でも同社と提携する。ダン・コールス最高財務責任者(CFO)が10日、ロイターに明らかにした。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up