for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ロッキード・マーティン・コーポレーション

LMT.N

現在値

374.60USD

変化

1.46(+0.39%)

出来高

235,412

本日のレンジ

372.92

 - 

377.01

52週レンジ

320.00

 - 

396.99

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
373.14
始値
373.93
出来高
235,412
3か月平均出来高
25.31
高値
377.01
安値
372.92
52週高値
396.99
52週安値
320.00
発行済株式数
276.92
時価総額
103,732.90
予想PER
16.09
配当利回り
2.99

次のエベント

Q3 2021 Lockheed Martin Corp Earnings Release

適時開示

その他

Boeing Says Received $1.1 Bln To Extend Production On Key Air And Missile Defense Capability

Pentagon And Lockheed Martin Agree To F-35 Production Rebaseline

Lockheed Martin Increases Quarterly Dividend And Share Repurchase Authority

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ロッキード・マーティン・コーポレーションとは

ロッキード・マーチン(Lockheed Martin Corp)は、セキュリティおよび航空宇宙企業である。【事業内容】4つのセグメントを通じて動作する。航空セグメントは、戦闘機や航空機、無人航空機、および関連技術を含む軍用機の研究、設計、開発、製造、サポート、およびアップグレードをする。ミサイルおよび火器管制セグメントは、防空およびミサイル防衛システム、火器管制システム、有人および無人の地上車両、およびエネルギー管理ソリューションを提供する。ロータリーおよびミッションシステムセグメントは、さまざまな軍用および商用ヘリコプター、水上艦、海上および陸上ベースのミサイル防衛システム、レーダーシステム、海上および空中ベースのミッションおよび戦闘システム、指揮統制ミッションソリューション、サイバーソリューション、シミュレーションおよびトレーニングソリューションの設計、製造、サービス、およびサポートを提供する。宇宙セグメントは、衛星、ミサイルシステム、宇宙輸送システムの研究、開発、設計、エンジニアリング、製造を行う。

業種

Aerospace & Defense

連絡先

6801 ROCKLEDGE DR

BETHESDA, MD

20817-1803

United States

+1.301.8976000

http://www.lockheedmartin.com

エグゼクティブリーダーシップ

James D. Taiclet

Chairman of the Board, President, Chief Executive Officer

John W. Mollard

Interim Acting Chief Financial Officer, Vice President, Treasurer

Frank A. St. John

Chief Operating Officer

Richard F. Ambrose

Executive Vice President - Space

Scott T. Greene

Executive Vice President - Missiles and Fire Control

統計

2.27 mean rating - 22 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2018

53.8K

2019

59.8K

2020

65.4K

2021(E)

68.3K
EPS (USD)

2018

17.590

2019

21.950

2020

24.580

2021(E)

22.193
株価売上高倍率(過去12カ月)
14.57
株価売上高倍率(過去12カ月)
1.55
株価純資産倍率(四半期)
15.91
株価キャッシュフロー倍率
12.13
総負債/総資本(四半期)
186.61
長期負債/資本(四半期)
178.86
投資利益率(過去12カ月)
20.12
自己資本利益率(過去12カ月)
14.15

最新ニュース

最新ニュース

米、極超音速兵器の一部実験で失敗 他の実証実験は成功

関係者によると、米国防総省が開発を進める極超音速兵器の実験で、21日に行われた極超音速滑空体を運ぶブースターロケットの発射実験が失敗に終わった。

米、極超音速技術に関する実証実験実施 3回とも成功=国防総省

米国防総省は、高度な極超音速技術などに関して「現実的な運用環境で実証する」実験を実施したと発表した。実験は3回行われ、いずれも成功したという。

バイデン米大統領、中国の極超音速ミサイルに懸念表明

バイデン米大統領は20日、中国の極超音速ミサイルに懸念を抱いているとの認識を示した。

米、F16戦闘機巡りトルコに資金面の提案せず=高官

米国務省のプライス報道官は18日、米国がF16戦闘機の売却を提案したとのトルコのエルドアン大統領の発言を確認しなかった。ただ、F16戦闘機に関して、米国はトルコに対して資金面でいかなる提案もしていないと述べた。

極超音速ミサイル、米国防総省が企業に開発費用の低減を呼びかけ

米国防総省のハイディ・シュー次官(研究・開発・技術担当)は12日、極超音速ミサイルの開発総費用を防衛請負企業が1基何千万ドルもの水準から下げることを望むと表明した。ワシントンで開かれた合衆国陸軍協会の大会で記者団に語った。

米、戦闘機材料「ネオジム磁石」輸入巡る安保上の懸念調査へ

米商務省は24日、戦闘機やミサイル誘導システムなどに使用されるネオジム-鉄-ホウ素系磁石(ネオジム磁石)の輸入への過度な依存が安全保障上のリスクになっていないか調査すると発表した。

米ボーイング、新型宇宙船打ち上げを延期 システム障害で

米ボーイングは3日、新型宇宙船「CST-100スターライナー」の国際宇宙ステーション(ISS)への打ち上げをシステム障害のため延期すると発表した。

アングル:米製造業、人手不足と原料価格高騰のダブルパンチ

米サウスカロライナ州の建設機器メーカー、カルダー・ブラザーズは、一部の従業員がライバル社に引き抜かれ、賃上げ圧力にさらされている。共同オーナーのグレン・カルダー氏によると、他にも離職を考えている従業員が数人いたが、キャリアアップを約束し、なんとか引き留めたという。

NASA、新型宇宙船打ち上げを延期 ISSでのトラブル受け

米航空宇宙局(NASA)は29日、米ボーイングの新型宇宙船「CST-100スターライナー」の試験打ち上げを延期すると発表した。国際宇宙ステーション(ISS)にこの日連結したロシアの実験棟「ナウカ」が予定外にエンジンを噴射し、ステーションが傾くトラブルが生じたのを受けた。

ベゾス氏、NASAに20億ドル拠出を提案 月面着陸船受注なら

米アマゾン・ドット・コム創業者ジェフ・ベゾス氏は26日、米航空宇宙局(NASA)のネルソン長官に書簡を送り、宇宙飛行士を月面に着陸させる宇宙船の製造をベゾス氏の率いる宇宙開発ベンチャーのブルーオリジンに委託すれば、NASAのコストを最大20億ドル負担すると表明した。

米国株式市場=3指数が過去最高値、ハイテク決算を楽観視

米国株式市場は、主要株価3指数が前日に続き、終値ベースで過去最高値を更新した。今週に予定される大手ハイテク企業の決算への楽観的な見方から買いが入った。ただ連邦公開市場委員会(FOMC)を控え、警戒感が出ている。

UPDATE 1-NY市場サマリー(26日)株式3指数が最高値、ドル小幅安

(株式の内容を追加しました) [26日 ロイター] - <為替> ドルが主要通貨バスケットに対し小幅安。27─28日の米連邦公開市場 委員会(FOMC)を控え、ポジションを調整する動きが出た。 終盤の取引で、主要通貨に対するドル指数は0.261%安の92.654。 依然、先週記録した3カ月半ぶり高値の93.194からさほど遠くない水準にある。 ユーロ/ドルは0.27%高の1.1800ドル。7月の独IFO業況指 数が前月から低下し、市場予想を下回ったものの、ユーロ安ドル高の展開にはならなかっ た。 暗号資産(仮想通貨)のビットコインは約13...

米ロッキード、第2四半期利益が予想下回る 航空部門の損失で

米軍事用航空機メーカー大手ロッキード・マーチンが26日発表した第2・四半期決算は利益が市場予想を下回った。数年間にわたり取り組んできた航空部門での極秘開発プログラムを巡り2億2500万ドルの損失を計上したことが重しとなった。株価は序盤の取引で3.2%安となった。

NY市場サマリー(23日)ダウ3万5000ドル乗せ、ドル2週連続で上昇

<為替> ドル指数がやや上昇した。今週はリスク選好度が揺れ動く中、ボラティリティーが高まったが、ドルは週足では2週間連続で上昇した。

米国株、ダウ史上初の3万5000ドル乗せ 好決算でリスク選好

米国株式市場は4日続伸し、主要3株価指数が終値ベースの過去最高値を更新した。好決算と経済回復の兆しが投資家のリスク選好度を高めた。

スイス、次期戦闘機にF35選定 米国製の迎撃ミサイルも購入へ

スイス政府は30日、次期戦闘機に米ロッキード・マーチン製ステルス戦闘機「F35Aライトニング2」を選定したと発表した。55億ドルで36機購入する計画で、F35を採用する15番目の国となる。

米22年度予算案、歳出6兆ドル要求 インフラ投資など重点

バイデン米大統領は28日、2022会計年度(21年10月─22年9月)の予算教書を議会に提出した。インフラ投資や教育、気候変動対策などに重点を置き、歳出額は要求ベースで6兆0100億ドルに膨らんだ。

米ロッキード、イラクの基地からスタッフ移転 安全上の懸念で

米軍事用航空機メーカー大手、ロッキード・マーティンは10日、イラクにあるバラド空軍基地でF16戦闘機の整備にあたる契約スタッフを安全上の懸念から移転させていると明らかにした。

米ロッキード、通期見通しを上方修正 船舶・ヘリ部門が好調

米軍事用航空機メーカー大手ロッキード・マーチンは20日、2021年通期の売上高と利益見通しを上方修正した。船舶やヘリコプター部門が好調で、第1・四半期の利益も予想を上回った。

台湾、米国製の長距離巡航ミサイルの購入を希望

台湾の国防部(国防省に相当)の幹部は19日、空中発射型の長距離巡航ミサイルを米国から調達したいと述べた。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up