for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Cheniere Energy, Inc.

LNG.A

現在値

55.35USD

変化

--(--)

本日のレンジ

--

 - 

--

52週レンジ

54.49

 - 

70.60

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
55.35
始値
--
出来高
--
3か月平均出来高
36.03
高値
--
安値
--
52週高値
70.60
52週安値
54.49
発行済株式数
254.75
時価総額
14,069.90
予想PER
--
配当利回り
--

次のエベント

Q4 2019 Cheniere Energy Inc Earnings Release

適時開示

その他

Lawsuit Against Tellurian Dismissed

Cheniere Receives FERC Approval For Corpus Christi Stage 3 Expansion Project

Cheniere Energy, Inc. Announces Intent To Offer $1.0 Billion Senior Secured Notes Due 2029 By Cheniere Corpus Christi Holdings, Llc

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Cheniere Energy, Inc.とは

シェニエール・エナジー(Cheniere Energy, Inc.)は液化天然ガスLNG関連事業に従事する。【事業内容】同社はCheniere Energy Partners, L.P.との管理契約及びそれにおける59.5%の持分を通じて、ルイジアナ州にあるサビーネ・パスLNGターミナルを保有・運営する。同社はまた北米で天然ガス市場と、サビーネ・パスLNGターミナルを相互接続するクレオール・トレイル・パイプラインを保有・運営する。サビーネ・パスLNGターミナルにおける受信容量の約半分は二つの多国籍エネルギー企業に委託される。サビーネ・パスLNGターミナルはCheniere Partners' の完全子会社であり、約169億換算立方フィートの容量を備えるSabine Pass LNG, L.P. (Sabine Pass LNG) により保有される再ガス化施設を有する。Cheniere Partnersは既存の再ガス化施設と隣接するサビーネ・パスLNGターミナルにて天然ガス液化施設(液化プロジェクト)を開発している。

連絡先

700 Milam St Ste 1900

+1.713.3755000

http://www.cheniere.com

エグゼクティブリーダーシップ

G. Andrea Botta

Independent Chairman of the Board

Jack A. Fusco

President, Chief Executive Officer, Director

Michael J. Wortley

Chief Financial Officer, Executive Vice President

Anatol Feygin

Executive Vice President and Chief Commercial Officer

Aaron D Stephenson

Senior Vice President - Operations

統計

1.83 mean rating - 23 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2016

1.3K

2017

5.6K

2018

8.0K

2019(E)

9.4K
EPS (USD)

2016

-2.380

2017

-1.680

2018

1.900

2019(E)

-0.322
株価売上高倍率(過去12カ月)
--
株価売上高倍率(過去12カ月)
1.55
株価純資産倍率(四半期)
--
株価キャッシュフロー倍率
14.37
総負債/総資本(四半期)
--
長期負債/資本(四半期)
--
投資利益率(過去12カ月)
1.05
自己資本利益率(過去12カ月)
0.92

最新ニュース

最新ニュース

中国向け米エネルギー輸出増に期待、米中「第1段階」通商合意で

米国と中国の通商協議「第1段階」合意を受けて、米国から中国への液化天然ガス(LNG)などエネルギー輸出が拡大すると専門家は指摘する。

メキシコ湾岸の米エネルギー施設、熱帯低気圧で生産に影響

熱帯性低気圧「イメルダ」が、メキシコ湾岸の米エネルギー施設に大きな被害をもたらしている。施設の関係者によると、テキサス州では19日、洪水により製油所や石油パイプライン、ターミナルなどが閉鎖を余儀なくされている。

米メキシコ湾に熱帯低気圧が接近、製油所閉鎖などで石油生産半減

熱帯低気圧「バリー」の接近を受け、エネルギー各社がメキシコ湾や沿岸にある石油関連施設から従業員を退避させる中、11日時点でメキシコ湾一帯の石油生産は半分以下に減っている。

米国産LNGの中国向け輸出、3─4月はゼロ=貿易摩擦が影響

リフィニティブ・アイコンの海運データによると、米中貿易摩擦が激化する中、3月と4月に米国から中国に向け出港した液化天然ガス(LNG)船舶は1隻もなかった。

米中、関税を後退させるための合意に近付いているもよう=関係筋

米国と中国は、少なくとも2000億ドル相当の中国製品にかかる米国の関税を後退させる合意に近付いているもようだ。中国は構造的な経済変化を約束し、米国製品に対する報復関税を撤廃する。交渉内容の説明を受けた関係筋が3日、明らかにした。

米中、今月27日ごろの首脳会談で通商合意結ぶ可能性=WSJ

米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)は3日、米中両政府間の通商協議が進展したことを踏まえると、トランプ米大統領と中国の習近平国家主席が3月27日ごろに首脳会談を開き、正式に通商合意を結ぶ可能性があると報じた。

中国の米国産LNG輸入、昨年は20%減 通商摩擦激化が影響

中国が昨年、液化天然ガス(LNG)を輸入するために米国から受け入れた輸送船は24隻で、17年の30隻から約20%減った。米中通商摩擦の激化が影響したため。

米国産LNGが中国に到着、報復関税後初

中国の対米報復関税の発動後に初めて中国に出荷された液化天然ガス(LNG)が中国に到着した。リフィニティブ・アイコンのデータで12日、明らかになった。

アングル:米中間選挙、提唱される「投資アイデア10選」

米国ではいよいよ中間選挙を迎える中で、投資家は何とか結果を正確に予測し、利益を得ようと狙っている。

アングル:米エネルギー輸出構想に暗雲、中国がLNG狙い撃ち

中国が3日に公表した米製品に対する追加報復関税に液化天然ガス(LNG)が含まれたことで、両国の貿易摩擦に新たな側面が開かれた。これによってトランプ米政権が提唱するエネルギー輸出の大幅拡大構想の雲行きが怪しくなりかねない事態が出現した。

2017年の世界のLNG取引は前年比10%増、米豪の輸出拡大

米エネルギー省エネルギー情報局(EIA)は11日、2017年の世界の液化天然ガス(LNG)の取引が前年から10%拡大し、日量382億立方フィートに達したと発表した。オーストラリアや米国からの輸出が特に拡大した。

米LNG業界、トランプ政権の対中通商政策を懸念

ヒュートンで22日まで開かれた液化天然ガス(LNG)業界の会合では、中国製鉄鋼製品への関税などトランプ政権が打ち出している対中通商政策について、米国のLNG企業に打撃をもたらすと懸念する声が相次いで聞かれた。

アングル:LNG市場、アジアの需要増で一転タイト化

液化天然ガス(LNG)はこの数年供給がだぶついていたが、アジアの需要増加で一転して需給が引き締まり、東アフリカや北米で新規開発が進む可能性が高まっている。

コラム:トランプ米大統領の訪中、金融業界は「蚊帳の外」

米ホワイトハウスが中国で楽に得点しようとする中、金融サービス会社は脇に追いやられている。トランプ米大統領のアジア歴訪で、エネルギーやゼネラル・エレクトリック(GE)GE.Nなどの製造業は中国の新指導部と親密になる機会を得るだろうが、ウォールストリートからは同行しない。

トランプ氏訪中、商品・エネルギー企業が商談成立に期待

トランプ米大統領が11月に中国を訪問する際に通商使節団として同行する米企業は、エネルギーや商品(コモディティ)関連企業が目立つ。一方で、ハイテクや金融企業の参加はほとんどない。ロイターが関連資料を入手した。

アングル:カタールがLNG大増産計画、アジアで顧客争奪戦か

カタールは4日、液化天然ガス(LNG)生産の大増産計画を発表して市場を驚かせた。今後5─7年で年間生産量を世界の全供給量の3分の1に当たる1億トンに高める方針で、オーストラリアや米国、ロシアなどの競争相手に対してアジアなどでの顧客争奪戦を仕掛けようとしている。国交を断絶したサウジアラビアなどアラブ4カ国との長期的な対立に備えようという姿勢もうかがえる。

訂正:カタール危機で変わるLNG取引、日本有利の展開か

アラブ諸国によるカタールの孤立化で、世界最大の液化天然ガス(LNG)輸出国である同国と長期供給契約の見直し交渉を行っている日本の電力会社は有利な立場となった。これにより、よりオープンなLNG市場取引に向けたシフトが加速しそうだ。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up