for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ロウズ・カンパニーズ・インク

LOW.N

現在値

256.91USD

変化

5.73(+2.28%)

出来高

1,002,971

本日のレンジ

252.53

 - 

257.51

52週レンジ

149.32

 - 

257.51

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
251.18
始値
253.87
出来高
1,002,971
3か月平均出来高
67.58
高値
257.51
安値
252.53
52週高値
257.51
52週安値
149.32
発行済株式数
673.75
時価総額
169,231.80
予想PER
20.83
配当利回り
1.27

次のエベント

Lowe's Companies Inc 2022 Financial Outlook

適時開示

その他

Lowe's Reports Q3 Earnings Per Share $2.73

Lowe's Reports Q2 Earnings Per Share Of $4.25

Lowe's Companies, Inc. Announces 33 Percent Increase To Quarterly Cash Dividend

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ロウズ・カンパニーズ・インクとは

ロウズ(Lowe's Companies Inc)(Lowe's)は、ホームセンターの会社である。【事業内容】ホームセンターおよびハードウェアストアを運営する。メンテナンス、修理、リフォーム、デコレーションのための製品を提供する。ホームセンターの商品は、アプライアンス、シーズンとアウトドアリビング、ローンとガーデン、木材、キッチンとバス、ツール、ペイント、ミルワーク、ハードウェア、フローリング、配管、建材、インテリア、照明、電気などのカテゴリーに分かれる。ウェブサイトやモバイルアプリケーションを通じて、製品情報、顧客の評価やレビュー、オンライン購入ガイドやハウツービデオなどの情報を提供する。また、住宅所有者、賃貸者、プロの顧客にもサービスを提供する。アプライアンス、フローリング、キッチン・バス、木材、建材、造作などの製品カテゴリーにおいて、施工業者による施工サービスを提供する。

業種

Retail (Home Improvement)

連絡先

1000 Lowes Blvd

MOORESVILLE, NC

28117-8520

United States

+1.704.7581000

http://www.lowes.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Marvin R. Ellison

Chairman of the Board, President, Chief Executive Officer

David M. Denton

Chief Financial Officer, Executive Vice President

Seemantini Godbole

Executive Vice President, Chief Information Officer

Marisa F. Thalberg

Executive Vice President, Chief Brand Marketing Officer

Ross W. McCanless

Executive Vice President, General Counsel, Corporate Secretary

統計

1.88 mean rating - 33 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2019

71.3K

2020

72.1K

2021

89.6K

2022(E)

95.7K
EPS (USD)

2019

5.100

2020

5.750

2021

8.860

2022(E)

11.943
株価売上高倍率(過去12カ月)
21.82
株価売上高倍率(過去12カ月)
1.78
株価純資産倍率(四半期)
--
株価キャッシュフロー倍率
16.85
総負債/総資本(四半期)
--
長期負債/資本(四半期)
--
投資利益率(過去12カ月)
27.43
自己資本利益率(過去12カ月)
16.38

最新ニュース

最新ニュース

米国株式市場=ナスダック、初の1万6000ポイント乗せ ダウ続落

米国株式市場はまちまち。ナスダック総合は連日で終値の最高値を更新し、初めて1万6000ポイント台に乗せて引けた。一方、ダウ工業株30種は続落した。

NY市場サマリー(19日)ドル上昇、ナスダックは初の1万6000ポイント乗せ

<為替> ドルが上昇した。オーストリアが完全なロックダウン(都市封鎖)を再導 入すると表明したことを受け、安全資産への逃避が進んだ。 オーストリア政府は19日、新型コロナウイルスの感染拡大を抑制するため、完全な ロックダウンを再導入することを明らかにした。西欧で今秋、ロックダウンが再導入され るのは初めて。隣国ドイツも追随するとの懸念が出ている。 ドル指数は0.489%高の96.029。17日に付けた16カ月ぶり高値 96.266に接近した。週間では約1%上昇している。 ウエスタン・ユニオン・ビジネスソリューションズのシニア市場アナリスト...

米国株式市場=下落、インフレ・供給網巡る懸念で

米国株式市場は下落して取引を終えた。インフレやサプライチェーン(供給網)を巡る懸念に圧迫された。米連邦準備理事会(FRB)が予想よりも早期に利上げを開始するとの見方が高まっている。

NY市場サマリー(17日)米国株下落、ドル下落、利回り低下

<為替> ニューヨーク外為市場では、ドルが一時16カ月ぶり高値を付けた後に下落した。インフレが高止まりする中、主要中銀の引き締め時期が注目されている。市場では、米連邦準備理事会(FRB)が早ければ2022年半ばに利上げに踏み出すという観測が織り込まれた。

NY市場サマリー(17日)米国株下落、ドル下落、利回り低下

<為替> ニューヨーク外為市場では、ドルが一時16カ月ぶり高値を付けた後に下 落した。インフレが高止まりする中、主要中銀の引き締め時期が注目されている。市場で は、米連邦準備理事会(FRB)が早ければ2022年半ばに利上げに踏み出すという観 測が織り込まれた。 NY外為市場: <債券> 米金融・債券市場ではこのところの利回り上昇を受けた買いが入り、利回 りが低下(価格は上昇)した。20年債入札が軟調だったものの、ひどい結果にならなか ったことも作用した。 10年債利回りは一時1.65%と10月26日以来の高水準を付けた が、その後は1....

米国株式市場=ダウ382ドル安、FOMC議事要旨受け

米国株式市場は続落し、ダウ工業株30種は382ドル安、S&P総合500種は1%超下落して取引を終えた。午後発表された連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨では、量的緩和策を縮小する際の雇用面での条件が年内にも達成される可能性が示された。

米国株式市場=下落、小売統計やホーム・デポ決算が重し

米国株式市場は下落して終了した。S&P総合500種は約1カ月ぶりの大幅な下落率となった。7月の小売売上高が減少したことで、景気回復を巡る懸念が重しとなった。ホームセンター大手ホーム・デポのさえない決算も嫌気された。

UPDATE 1-NY市場サマリー(17日)米国株下落、ドル続伸 国債利回り横ばい

(米株の内容を追加しました) [17日 ロイター] - <為替> ニューヨーク外為市場ではドルが続伸。アフガニスタン情勢や新型コロナ ウイルスのデルタ変異株の感染拡大、中国経済の減速を巡る懸念からドルの逃避買いが膨 らんだ。 朝方発表された7月の米小売売上高が前月比1.1%減と、市場予想の0.3%減を 超える落ち込みとなり、ドルへの重しとなったものの、7月の米鉱工業生産統計の製造業 生産指数が1.4%上昇し、追い風となった。 グローバル・ペイメンツのチーフ市場ストラテジスト、カール・シャモッタ氏は、米 消費者が一段と慎重となりつつある様子...

小売り決算に注目、インフレや個人消費見極め=今週の米株式市場

今週の米株式市場では、主要小売各社の決算が注目されている。投資家は、インフレや個人消費の動向、好調な企業業績が続くかどうかを見極めようとしている。

米ホーム・デポ、11─1月期売上高が予想上回る 先行きは不透明

米ホームセンター大手のホーム・デポが発表した第4・四半期(1月31日終了)決算は、既存店売上高が24.5%増加し、アナリスト予想(18.9%増)を上回った。ただ、売上高の好調が今後も続くかどうか先行きは不透明だとした。

NY市場サマリー(23日)ドル小幅高、S&Pとダウ上昇

<為替> ドルが小幅高。米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長はこの日の議会証言で、緩和的な金融政策がインフレ高進を招くとの見方を否定し、米景気支援の継続がなお必要と強調した。

米国株式市場=S&Pとダウ上昇、終盤に切り返す

米国株式市場は終盤に切り返し、S&P総合500種とダウ工業株30種が上昇して取引を終えた。新型コロナウイルス流行に伴うロックダウン下で上昇してきた銘柄と、経済再開から恩恵を受ける銘柄の間で綱引きが続く展開だった。

バイデン大統領、JPモルガンなど米企業幹部と会合 政策巡り協議

バイデン米大統領は9日、ホワイトハウスで米企業幹部らと会合を開いた。大統領は議題として景気対策法案やインフラ政策、最低賃金を挙げ、政策課題への政権の取り組みについて企業幹部の意見を聞いた上で、合意点を見いだせるか見極めたいと語った。

NY市場サマリー(9日)ドル指数4日続伸、米株反落

<為替> ニューヨーク外為市場はドル指数が4日続伸。株安を受けドルが買われる一方、新型コロナウイルスワクチンや追加経済対策への期待から上値は重かった。

米国株式市場は反落、追加経済対策巡る不透明感やFB株の下げで

米国株式市場は最高値から押し戻され、反落して取引を終えた。新型コロナウイルス追加経済対策をめぐる協議の不透明感や、フェイスブック株の下げに圧迫された。

ダウ・S&P最高値、ワクチン期待で 旅行株など高い

米国株式市場は主要3指数が続伸し、S&P総合500種<.SPX>とダウ工業株30種<.DJT>は終値での最高値を更新した。新型コロナウイルス感染症ワクチンに関する新たな明るいニュースが追い風となった。一方、米国内の感染拡大を受けて制限措置を強化する地域も出ている。

豪政府、情報当局捜査の正当性を主張 中国の批判受け

オーストラリアのダットン内相は13日、海外からの干渉を防ぐための豪情報当局による捜査の正当性を主張した。中国の国営新華社通信は8日、豪情報当局が6月に複数の中国人ジャーナリストの自宅を家宅捜索していたと報じた。

米株下落、FOMC議事要旨受け アップル時価総額一時2兆ドル超え

米国株式市場では、取引時間中にS&P総合500種<.SPX>とナスダック総合<.IXIC>が過去最高値を更新したものの、不安定な取引の中、下落して終了した。

米ロウズ、第2四半期決算が予想上回る 日曜大工用品の需要増で

米ホームセンター大手ロウズ<LOW.N>が19日発表した第2・四半期決算は、売上高と利益がアナリスト予想を上回った。新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)による外出自粛を受け、日曜大工用品などへの需要が急増した。

米ホーム・デポ、四半期売上高が過去最高 住宅改修品の需要好調

米ホームセンター大手のホーム・デポ<HD.N>が18日発表した第2・四半期(8月2日まで)決算は、純売上高が過去最高に達した。新型コロナウイルス流行に伴う外出制限措置を背景に、塗料や工具など住宅改修関連製品の需要が急増する中、既存店売上高が少なくとも20年ぶりの大幅な伸びを記録した。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up