for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ロウズ・カンパニーズ・インク

LOW.N

現在値

193.49USD

変化

-0.02(-0.01%)

出来高

189,548

本日のレンジ

193.12

 - 

195.36

52週レンジ

146.61

 - 

215.20

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
193.51
始値
193.67
出来高
189,548
3か月平均出来高
82.04
高値
195.36
安値
193.12
52週高値
215.20
52週安値
146.61
発行済株式数
717.18
時価総額
136,790.30
予想PER
17.60
配当利回り
1.65

次のエベント

Q2 2021 Lowe's Companies Inc Earnings Release (Tentative)

適時開示

その他

Lowe's Companies, Inc. Announces 33 Percent Increase To Quarterly Cash Dividend

Lowe's Companies Q1 Earnings Per Share $3.21

Lowe's Companies Inc Says CEO Marvin R. Ellison's 2020 Total Compensation Was $23.1 Million

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ロウズ・カンパニーズ・インクとは

ロウズ(Lowe's Companies Inc)(Lowe's)は、ホームセンターの会社である。【事業内容】ホームセンターおよびハードウェアストアを運営する。メンテナンス、修理、リフォーム、デコレーションのための製品を提供する。ホームセンターの商品は、アプライアンス、シーズンとアウトドアリビング、ローンとガーデン、木材、キッチンとバス、ツール、ペイント、ミルワーク、ハードウェア、フローリング、配管、建材、インテリア、照明、電気などのカテゴリーに分かれる。ウェブサイトやモバイルアプリケーションを通じて、製品情報、顧客の評価やレビュー、オンライン購入ガイドやハウツービデオなどの情報を提供する。また、住宅所有者、賃貸者、プロの顧客にもサービスを提供する。アプライアンス、フローリング、キッチン・バス、木材、建材、造作などの製品カテゴリーにおいて、施工業者による施工サービスを提供する。

業種

Retail (Home Improvement)

連絡先

1000 Lowes Blvd

MOORESVILLE, NC

28117-8520

United States

+1.704.7581000

http://www.lowes.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Marvin R. Ellison

Chairman of the Board, President, Chief Executive Officer

David M. Denton

Chief Financial Officer, Executive Vice President

Seemantini Godbole

Executive Vice President, Chief Information Officer

Marisa F. Thalberg

Executive Vice President, Chief Brand Marketing Officer

Ross W. McCanless

Executive Vice President, General Counsel, Corporate Secretary

統計

1.83 mean rating - 36 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2019

71.3K

2020

72.1K

2021

89.6K

2022(E)

91.5K
EPS (USD)

2019

5.100

2020

5.750

2021

8.860

2022(E)

10.988
株価売上高倍率(過去12カ月)
21.07
株価売上高倍率(過去12カ月)
1.45
株価純資産倍率(四半期)
310.92
株価キャッシュフロー倍率
16.13
総負債/総資本(四半期)
5,223.37
長期負債/資本(四半期)
4,922.70
投資利益率(過去12カ月)
24.43
自己資本利益率(過去12カ月)
14.06

最新ニュース

最新ニュース

小売り決算に注目、インフレや個人消費見極め=今週の米株式市場

今週の米株式市場では、主要小売各社の決算が注目されている。投資家は、インフレや個人消費の動向、好調な企業業績が続くかどうかを見極めようとしている。

米ホーム・デポ、11─1月期売上高が予想上回る 先行きは不透明

米ホームセンター大手のホーム・デポが発表した第4・四半期(1月31日終了)決算は、既存店売上高が24.5%増加し、アナリスト予想(18.9%増)を上回った。ただ、売上高の好調が今後も続くかどうか先行きは不透明だとした。

NY市場サマリー(23日)ドル小幅高、S&Pとダウ上昇

<為替> ドルが小幅高。米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長はこの日の議会証言で、緩和的な金融政策がインフレ高進を招くとの見方を否定し、米景気支援の継続がなお必要と強調した。

米国株式市場=S&Pとダウ上昇、終盤に切り返す

米国株式市場は終盤に切り返し、S&P総合500種とダウ工業株30種が上昇して取引を終えた。新型コロナウイルス流行に伴うロックダウン下で上昇してきた銘柄と、経済再開から恩恵を受ける銘柄の間で綱引きが続く展開だった。

バイデン大統領、JPモルガンなど米企業幹部と会合 政策巡り協議

バイデン米大統領は9日、ホワイトハウスで米企業幹部らと会合を開いた。大統領は議題として景気対策法案やインフラ政策、最低賃金を挙げ、政策課題への政権の取り組みについて企業幹部の意見を聞いた上で、合意点を見いだせるか見極めたいと語った。

NY市場サマリー(9日)ドル指数4日続伸、米株反落

<為替> ニューヨーク外為市場はドル指数が4日続伸。株安を受けドルが買われる一方、新型コロナウイルスワクチンや追加経済対策への期待から上値は重かった。

米国株式市場は反落、追加経済対策巡る不透明感やFB株の下げで

米国株式市場は最高値から押し戻され、反落して取引を終えた。新型コロナウイルス追加経済対策をめぐる協議の不透明感や、フェイスブック株の下げに圧迫された。

ダウ・S&P最高値、ワクチン期待で 旅行株など高い

米国株式市場は主要3指数が続伸し、S&P総合500種<.SPX>とダウ工業株30種<.DJT>は終値での最高値を更新した。新型コロナウイルス感染症ワクチンに関する新たな明るいニュースが追い風となった。一方、米国内の感染拡大を受けて制限措置を強化する地域も出ている。

豪政府、情報当局捜査の正当性を主張 中国の批判受け

オーストラリアのダットン内相は13日、海外からの干渉を防ぐための豪情報当局による捜査の正当性を主張した。中国の国営新華社通信は8日、豪情報当局が6月に複数の中国人ジャーナリストの自宅を家宅捜索していたと報じた。

米株下落、FOMC議事要旨受け アップル時価総額一時2兆ドル超え

米国株式市場では、取引時間中にS&P総合500種<.SPX>とナスダック総合<.IXIC>が過去最高値を更新したものの、不安定な取引の中、下落して終了した。

米ロウズ、第2四半期決算が予想上回る 日曜大工用品の需要増で

米ホームセンター大手ロウズ<LOW.N>が19日発表した第2・四半期決算は、売上高と利益がアナリスト予想を上回った。新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)による外出自粛を受け、日曜大工用品などへの需要が急増した。

米ホーム・デポ、四半期売上高が過去最高 住宅改修品の需要好調

米ホームセンター大手のホーム・デポ<HD.N>が18日発表した第2・四半期(8月2日まで)決算は、純売上高が過去最高に達した。新型コロナウイルス流行に伴う外出制限措置を背景に、塗料や工具など住宅改修関連製品の需要が急増する中、既存店売上高が少なくとも20年ぶりの大幅な伸びを記録した。

NY市場サマリー(17日)ナスダック最高値更新、ドルは下落

<為替> 終盤のニューヨーク外為市場ではドルが下落した。リスクオンの動きで安全資産の買い意欲が弱まり、米株市場ではナスダック総合<.IXIC>が最高値を更新したほか、S&P総合500種<.SPX>も最高値にあとわずかに迫った。

米株まちまち、ナスダックは最高値更新 ハイテク株堅調

米国株式市場はまちまち。ダウ平均株価<.DJI>は86ドル安で引ける一方、ナスダック総合指数<.IXIC>は100ポイント強値上がりし、終値で最高値を更新した。金融・工業株に売りが出る中、半導体大手エヌビディア<NVDA.O>などハイテク株は堅調だった。

アクティビスト投資会社、平均は大幅損失でも一部は2桁リターン

アクティビストとして企業に変革を働き掛ける投資会社は今年前半、運用成績が平均では大幅なマイナスとなったが、一部は2桁のリターンを確保した。

〔情報BOX〕新型コロナウイルスを巡る海外の状況(21日現在)

米厚生省は21日、英製薬大手アストラゼネカ<AZN.L>と英オックスフォード大学が開発を進めている新型コロナウイルスのワクチン開発に最大12億ドルの資金援助を行うと発表した。ワクチンを3億回分発注したことも明らかにした。

〔情報BOX〕新型コロナウイルスを巡る海外の状況(21日現在)

米連邦準備理事会(FRB)が20日公表した4月28─29日の連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨によると、政策当局者らは新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)を受け、金融政策の効果を上げるために今後何ができ、何をすべきかという広範な議論を始めたことが分かった。

米ロウズ、第1四半期は増収増益 新型コロナ特需は縮小見込み

米ホームセンター大手ロウズ<LOW.N>が20日発表した第1・四半期(5月1日まで)決算は増収増益となった。新型コロナウイルス流行による行動制限を受けて日曜大工への支出が増えた。ただ、こうした傾向は今後数カ月で縮小するとの見方も示した。

アックマン氏のファンド、ヘッジを外し株に再投資 「次第に前向き」

著名投資家ウィリアム・アックマン氏が率いるヘッジファンドが、ヘッジを外して資金を株式市場に再投資したことがわかった。株式・クレジット市場に対し「次第に前向き」になってきたという。

アックマン氏のファンド、新型ウイルス感染拡大受け対策講じる

著名投資家ウィリアム・アックマン氏は3日、自身が率いるヘッジファンド、パーシング・スクエア・キャピタル・マネジメントが総額66億ドルの投資ポートフォリオに関し、「市場の下振れ圧力から守る」措置を講じたと明らかにした。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up