for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ロウズ・カンパニーズ・インク

LOW.N

現在値

122.36USD

変化

3.09(+2.59%)

出来高

1,646,535

本日のレンジ

119.58

 - 

122.49

52週レンジ

90.23

 - 

122.86

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
119.27
始値
119.71
出来高
1,646,535
3か月平均出来高
74.20
高値
122.49
安値
119.58
52週高値
122.86
52週安値
90.23
発行済株式数
766.48
時価総額
93,785.94
予想PER
20.92
配当利回り
1.80

次のエベント

Dividend For LOW.N - 0.5500 USD

適時開示

その他

Lowe's Companies Inc - On Jan 3, 2020, Entered Into A $1 Billion Unsecured 364-Day Term Loan Facility

Lowe's Names Marisa Thalberg Chief Brand And Marketing Officer

Lowe's Canada Announces The Closure Of 34 Underperforming Stores

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ロウズ・カンパニーズ・インクとは

ロウズ(Lowe’s Companies, Inc.)は住宅改善会社である。【事業内容】同社は約2370の住宅改善およびハードウェア店舗を運営する。同社はメンテナンス、修理、改装、装飾のために各種の製品を提供する。同社は木材および建材、ツールとハードウェア、家電製品、ファッション備品、粗い配管と電気、芝生と庭、季節および屋外生活、ペイント、フローリング、木工工事、キッチンを含むカテゴリーの住宅改善製品を提供する。また、K-12公立教育および地域社会の改善プロジェクトに重点を置くコミュニティを支援する。同社は米国、カナダ、メキシコの顧客にサービスを提供する。

業種

Retail (Home Improvement)

連絡先

1000 Lowes Blvd

+1.704.7581000

http://www.lowes.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Richard W. Dreiling

Independent Chairman of the Board

Marvin R. Ellison

President, Chief Executive Officer, Director

David M. Denton

Chief Financial Officer, Executive Vice President, Principal Accounting Officer

Jennifer L. Weber

Chief Human Resource Officer, Executive Vice President

Seemantini Godbole

Executive Vice President, Chief Information Officer

統計

1.97 mean rating - 31 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2017

65.0K

2018

68.6K

2019

71.3K

2020(E)

72.3K
EPS (USD)

2017

3.990

2018

4.390

2019

5.100

2020(E)

5.702
株価売上高倍率(過去12カ月)
32.33
株価売上高倍率(過去12カ月)
1.31
株価純資産倍率(四半期)
38.23
株価キャッシュフロー倍率
21.42
総負債/総資本(四半期)
726.04
長期負債/資本(四半期)
676.77
投資利益率(過去12カ月)
12.73
自己資本利益率(過去12カ月)
7.71

最新ニュース

最新ニュース

米株は小幅高、最高値更新 堅調な米経済指標受け

米国株式市場は主要株価3指数が小幅に上昇し、最高値を更新して取引を終えた。住宅・製造業統計が堅調となり、米経済を巡る投資家心理が改善した。

NY市場サマリー(20日)

<為替> ドルが上昇した。「第1段階」の米中通商合意が来年にずれ込む可能性があるとの関係者の話が伝わったことで、安全資産に対する需要が増大した。

米国株式市場は下落、米中の「第1段階」合意が越年も

米国株式市場は、主要株価3指数がいずれも下落して取引を終えた。米中通商協議の「第1段階」の合意が来年にずれ込む可能性があるとの報道を受けて懸念が高まった。米連邦準備理事会(FRB)が20日公表した10月29─30日の米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨も市場の支援材料にはならなかった。

米コールズやホーム・デポの見通しさえず、年末商戦期待に冷や水

米百貨店コールズ<KSS.N>とホームセンター大手のホーム・デポ<HD.N>が発表した四半期決算と業績見通しはともにさえない内容となり、今年の年末商戦に向けた市場の期待に水を差す格好となった。

米国株市場はダウとS&Pが下落、小売企業の業績見通しさえず

米国株式市場はダウ工業株30種<.DJI>とS&P総合500種<.SPX>が最高値から下落して取引を終えた。ホームセンター大手ホーム・デポ<HD.N>や百貨店コールズ<KSS.N>のさえない業績見通しを受け、消費支出への懸念が高まった。米中貿易摩擦も引き続き重しとなった。

米、中国製タイルに補助金相殺関税 最大222%

米商務省は10日、中国のセラミックタイルメーカーが同国政府から不当な補助金を受けていることが明らかになったとし、中国から輸入するセラミックタイルに対し暫定的に約104─222%の関税を課すと発表した。

米株横ばい、23日のFRB議長講演に注目

米国株式市場はほぼ横ばいで終了した。朝方発表された米経済指標が強弱入り混じる内容となる中、連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長が23日にジャクソンホールで行う講演に注目が集まっている。

NY市場サマリー(22日)

<為替> ドルが下落。ただ狭いレンジ内の動きにとどまった。パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長がワイオミング州ジャクソンホールの年次経済シンポジウムで行う講演待ちとなっている。

今日の株式見通し=小じっかり、買い一巡後は節目にらみ一進一退

きょうの東京株式市場で日経平均株価は、小じっかりした展開が予想されている。前日の米国株が上昇したことを好感し、買い先行となりそうだ。ただ、引き続き市場参加者が少なく、週末のパウエル米連邦準備理事会(FRB)議長の講演を見極めたいとのムードが強い。日経平均は戻りの節目として意識されている9日高値2万0782円06銭をにらみ、買い一巡後は一進一退になるとの見方が出ている。

ダウ240ドル高、企業の好決算やFOMC議事要旨で

米国株式市場は上昇し、ダウ平均株価<.DJI>は240ドル値上がりして引けた。小売り企業の好決算に加え、7月の連邦公開市場委員会(FOMC)で大幅利下げが討議されたことが議事要旨から判明し、買いが優勢となった。

NY市場サマリー(21日)

<為替> ドルが安全資産とされる円やスイスフランに対し上昇。今週終盤に予定されるパウエル米連邦準備理事会(FRB)議長の講演や主要7カ国(G7)首脳会議に注目が集まる中、世界の株価や米利利回りが上昇し、リスク選好の動きが高まった。

米株下落、米中貿易戦争巡る懸念再び高まる

米国株式市場は下落して終了した。米中貿易戦争を巡る懸念が再び高まったことが市場心理の重しとなった。

米年末商戦売り上げ、6年ぶり大幅プラス

マスターカードの利用・決済状況をまとめた調査「スペンディング・パルス」によると2018年の米国の年末商戦の売り上げは前年比5.1%増加し8500億ドルを超えた。6年ぶりの大幅な伸びとなった。全米小売業協会は4.3-4.8%増を予想していた。好調な経済と早期の値引きが追い風となった。

米サイバーマンデー好調、売上高は過去最高の79億ドルの見通し

アドビ・アナリティクスの算出によると、26日の「サイバーマンデー(感謝祭翌週の月曜日)」の売上高が過去最高の79億ドルに達する見通しとなった。

訂正-UPDATE 1-米サイバーマンデー好調、売上高は過去最高の78億ドルの見通し

アドビ・アナリティクスの算出によると、26日の「サイバーマンデー(感謝祭翌週の月曜日)」の売上高が過去最高の78億ドルに達する見通しとなった。

訂正-米サイバーマンデー好調、売上高は過去最高の78億ドルの見通し

インターネット通販の米年末商戦幕開けとされる「サイバーマンデー(感謝祭翌週の月曜日)」が26日始まった。アドビ・アナリティクスの算出によると、売上高は過去最高の78億ドルに達する見通し。

米年末商戦、店舗・ネットで滑り出し好調 賃金上昇が追い風

年末商戦の幕開けとなる感謝祭明けの「ブラックフライデー」を迎えた米国では23日、電気製品や衣料品などの大規模セールに多くの客が駆けつけた。好調な景気動向や賃金の伸びに支えられ、米消費支出が堅調に推移している様子が浮き彫りとなった。

再送-米年末商戦始まる、店舗・ネット双方で好調な滑り出し 賃金上昇追い風に

年末商戦の幕開けとなる感謝祭明けの「ブラックフライデー」を迎えた米国では23日、電気製品や衣料品などの大規模セールに多くの客が駆けつけた。好調な景気動向や賃金の伸びに支えられ、米消費支出が堅調に推移していることを示した。

米国株式市場は続落、エネルギー・小売株に売り

米国株式市場は続落し、ダウは2%超下げて取引を終えた。原油価格の下落を受けてエネルギー株が売られたほか、ターゲット<TGT.N>やコールズ<KSS.N>など小売銘柄が軟調な決算や業績見通しを嫌気して下落し、景気への懸念が強まった。主要3指数の終値はナスダックが約7カ月ぶりの安値、ダウとS&Pは10月下旬以来の安値となった。

今週の米株はブラックフライデーで消費占う、好調なら株高に期待

米国では23日のブラックフライデーで年末商戦が始まるのを控え、投資家は今週、個人消費の健全性について概要を把握することになりそうだ。出だしが順調となれば、株式相場の上昇につながるかもしれない。感謝祭翌日の金曜日とされるブラックフライデーは、米国で年末商戦の始まりとみなされている。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up