for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Lam Research Corporation

LRCX.O

前日終値

269.99USD

変化

-1.27(-0.47%)

出来高

922,053

本日のレンジ

269.00

 - 

276.57

52週レンジ

122.64

 - 

282.88

∙ 約15分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
271.26
始値
275.60
出来高
922,053
3か月平均出来高
35.98
高値
276.57
安値
269.00
52週高値
282.88
52週安値
122.64
発行済株式数
145.08
時価総額
39,354.10
予想PER
17.95
配当利回り
1.70

次のエベント

Dividend For LRCX.OQ - 1.1500 USD

適時開示

その他

Lam Research Corporation Declares Quarterly Dividend

Lam Research Reports Quarterly Non-GAAP Earnings Per Share Of $3.18

Lam Research Says CEO's FY 2019 Total Compensation Was $13.7 Mln

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Lam Research Corporationとは

ラム・リサーチ(Lam Research Corporation)は半導体産業向けのウエハー製造装置・サービスの提供に従事する会社である。【事業内容】同社は集積回路の製造用半導体処理装置の設計・製造・販売・改造及びサービスの提供を行う。同社はウェーハ処理半導体製造装置の製造・サービス提供を通じて運営する。同社の製品は、携帯電話、タブレット、コンピューター、ストレージデバイス、ネットワーク機器など、各種の電子製品に使用される多様なデバイスを顧客が構築できるように設計される。同社の顧客基盤は、半導体メモリ、ファウンドリ、並びにダイナミックランダムアクセスメモリ(DRAM)、ネガティブAND(NAND)メモリ及びロジックデバイスなどの製品を製造する統合デバイスメーカー(IDM)を含む。同社は薄膜堆積、プラズマエッチング、及び単一ウェハ洗浄を含む半導体製造プロセスフローのいくつかの分野で使用される製品のポートフォリオを提供する。

業種

Misc. Capital Goods

連絡先

4650 Cushing Pkwy

+1.510.6590200

http://www.lamresearch.com

エグゼクティブリーダーシップ

Abhijit Y. Talwalkar

Chairman of the Board

Timothy M. Archer

President, Chief Executive Officer, Director

Douglas R. Bettinger

Chief Financial Officer, Executive Vice President, Chief Accounting Officer

Richard A. Gottscho

Executive Vice President, Corporate Chief Technology Officer

Patrick J. Lord

Senior Vice President, General Manager of Customer Support Business Group

統計

2.24 mean rating - 25 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2017

8.0K

2018

11.1K

2019

9.7K

2020(E)

9.8K
EPS (USD)

2017

9.980

2018

17.870

2019

14.550

2020(E)

15.114
株価売上高倍率(過去12カ月)
19.99
株価売上高倍率(過去12カ月)
4.15
株価純資産倍率(四半期)
7.96
株価キャッシュフロー倍率
16.28
総負債/総資本(四半期)
90.67
長期負債/資本(四半期)
77.60
投資利益率(過去12カ月)
23.57
自己資本利益率(過去12カ月)
18.23

最新ニュース

最新ニュース

焦点:米ハイテク企業の決算予想、半導体とソフトウエアで明暗

米ハイテク企業の第3・四半期決算の発表がまもなく本格化する。セクター全体は前年同期比で8%近い減益が予想されているが、セクター内では明暗が分かれる見通しだ。半導体企業の利益が大幅に落ち込む一方、情報技術(IT)関連などは総じて底堅いためだ。

NY市場サマリー(17日)

<為替> ドルが横ばいで推移。今週開かれる米連邦公開市場委員会(FOMC)を前に積極的な取引が手控えられた。市場は欧州中央銀行(ECB)のイベントやイングランド銀行(英中銀)の政策決定会合などにも注目している。

米株、ハイテク株買われ小幅高 FOMCに注目

米国株式市場は、米連邦公開市場委員会(FOMC)に注目が集まる中、ハイテク株に支えられ小幅高で取引を終了した。

UPDATE 1-アジア通貨動向(13日)=総じて下落、ハイテク産業への懸念でウォン・台湾ドル安い

アジア通貨は総じて下落。世界の半導体産業の見通しが悪 化しており、韓国ウォンと台湾ドルが売られている。 今月下旬に大阪で開催される20カ国・地域(G20)首脳会議で、米中が通商合意 に達する可能性が低下しているとの見方を背景に投資家のリスク選好度も低下している。 トランプ米大統領は12日、3250億ドル相当の中国製品に関税を課す期限は設け ていないと述べ、中国との関係は良好だが、中国が通商協議で合意事項を撤回したことを 受けて「不安定」になっているとの見方を示した。 ウォンは対ドルで0.24%安。台湾ドルは約0.22%安。 韓国と台湾の...

アジア株式市場サマリー:中盤(13日)

時間 現在値 前日比 % 始値 高値 安値 コード 中国 上海総合指数 12:51 2912.82 +3.442 +0.12 2905.2877 2912.8215 2885.9232 前営業日終値 2909.3796 中国 CSI300指 12:51 3692.69 +1.593 +0.04 3689.583 3692.688 3654.274 数 前営業日終値 3691.096 香港 ハンセン指数 12:52 27070.96 -237.50 -0.87 27217.72 27217.72 26825.35 前営業日終値 27308.46...

今日の株式見通し=米株安を嫌気し売り先行、下値では買い戻しも

きょうの東京株式市場で日経平均株価は売り先行後、もみあいの展開が予想されている。前日の米国株市場で主要3指数やフィラデルフィア半導体指数<.sox>が下落した流れを引き継ぎ、朝方は続落で始まるとみられている。

NY市場サマリー(12日)

<為替> トランプ米大統領が米中通商合意について楽観的な見方を示したことを受け、ドルが上昇した。

米株小幅安、エネルギーや銀行が下落 FOMC控え調整売りも

米国株式市場は小幅安で取引を終えた。利下げ観測の高まりから銀行株が下落したほか、エネルギー株も原油価格に連れ安した。また米連邦公開市場委員会(FOMC)を来週に控え、持ち高調整の売りも出た。

ソウル株式市場・引け=続伸、半導体主導

韓国  終値 前日比 % 始値 高値 安値 総合株価指数< 2,177.73 + 32.70 + 1.52 2,147.92 2,178.01 2,146.64 .KS11> 前営業日終値 2,145.03 25日のソウル株式市場の株価は続伸して引けた。米半導体株高に追随して半導体銘 柄が上昇を主導した。 総合株価指数(KOSPI) は前日終値比32.70ポイント(1.52% )高の2177.73で終了。KOSPIは15日以来の大幅上昇。今週を通じては2. 5%高と、週間ベースで3週続伸。 米国市場ではザイリンクスとラム・リサーチの四半期決算...

米国株式市場はダウとS&Pほぼ横ばい、ナスダック上昇

米国株式市場はS&P総合500種が若干上昇したものの、ダウ工業株30種はわずかに下げて取引を終えた。企業決算が好調となった一方で、世界経済の減速や貿易摩擦を巡る根強い懸念が重しとなった。半導体銘柄が買われてナスダックは上昇した。

NY市場サマリー(24日)

<為替> 終盤にユーロが対ドルで下落し、6週間ぶりの安値。ドラギ欧州中央銀行 (ECB)総裁が成長リスクは下向きに移行し、短期的な成長の勢いは当初の予想よりも 弱まる公算が大きいと発言したことが響いた。 ロス米商務長官が米中通商交渉が妥結する可能性は十分にあるものの、妥結には程遠 いとの見方を示したため、安全とみられるドルを買う動きが広がった。 テンパス(ワシントン)のトレーディング部副社長、ジョン・ドイル氏は「ECBの ハト派姿勢が主要な材料となった。見通しが下向きに移行したとの発言に意外感はないが 、今後ユーロの重しになることは間違...

半導体大手の決算に注目、中国の動向が鍵=今週の米株式市場

今週の米株式市場では、インテル<INTC.O>やテキサス・インスツルメンツ(TI)<TXN.O>などの半導体大手や自動車大手のフォード<F.N>が、決算発表で中国事業についてどのような見解を示すかが注目される。

米、中国半導体JHICCへの製品輸出を制限 新たな火種に

米商務省は29日、中国の福建省晋華集成電路(JHICC)に対する米国企業の輸出を制限したと発表した。同社の新型メモリーチップによって、米軍システム向けにチップを提供する米企業が脅かされる「重大なリスク」があると指摘した。

米の対中追加関税、アップルウオッチなど一部ハイテク製品は適用除外

米通商代表部(USTR)が17日公表した追加関税対象リストによると、米アップル<AAPL.O>の腕時計型端末「Apple Watch(アップルウオッチ)」など一部のハイテク製品は対中関税第3弾の適用対象から除外される見通しとなった。

米S&P小幅高、ダウは下落 決算受けIBMが急落

米国株式市場は、S&P総合500種<.SPX>がやや上昇し、ダウ工業株30種<.DJI>は下落した。値動きの荒い展開となる中、エネルギーや工業が堅調な伸びを示す一方、主要消費財や金融が弱含んだ。

コラム:AT&Tトップ、退路を断って司法省と全面対決へ

米通信大手AT&T<T.N>のランダル・スティーブンソン最高経営責任者(CEO)が、米司法省と真っ向から対決しようとしている。

今週の米株市場は半導体が割高感から売りも、アップル決算に注目

米株式市場では、半導体株の上昇を行き過ぎとみる投資家が出てくる中、多くのメーカーの決算発表を控え、今後数週間に半導体株が売り圧力にさらされる可能性がある。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも15分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up