for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

London Stock Exchange Group Plc

LSE.L

現在値

8,960.00GBp

変化

118.00(+1.33%)

出来高

799,262

本日のレンジ

8,848.00

 - 

8,982.00

52週レンジ

5,300.00

 - 

9,184.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
8,842.00
始値
8,868.00
出来高
799,262
3か月平均出来高
8.45
高値
8,982.00
安値
8,848.00
52週高値
9,184.00
52週安値
5,300.00
発行済株式数
351.45
時価総額
31,074.96
予想PER
42.33
配当利回り
0.83

次のエベント

London Stock Exchange Group PLC Debt Capital Markets Forum

適時開示

その他

Deutsche Boerse Confirms Strategy After Borsa Italiana Rebuff

SIX Takes Note Of LSE Talks With Euronext on Borsa Italiana, no Further Comment

LSE Group Confirms Exclusive Talks With Euronext NV On Borsa Italiana Sale

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

London Stock Exchange Group Plcとは

ロンドン・ストック・エクスチェンジ・グループ(London Stock Exchange Group PLC)(LSEG)は、英国を拠点とするグローバルな金融市場インフラ事業を行う会社である。【事業内容】事業は、情報サービス、リスクとバランスシートの管理、および資本形成に焦点を当てる。セグメントには、情報サービス、貿易後サービス-LCH Group Limited(LCH)、貿易後サービス-Cassa di Compensazione e Garanzia S.p.A.(CC&G)およびMonte Titoli S.p.A(Monte Titoli)、資本市場、テクノロジーサービスおよびその他が含まれる。キャピタルマーケッツでは、国際的な株式、上場投資信託(ETF)、債券、デリバティブ市場を運営する。情報サービスでは、Financial Times Stock Exchange(FTSE)Russellを通じて金融のインデックス作成、ベンチマーク、分析サービスを提供する。また、貿易後およびリスク管理サービスも提供する。LSEG LSEGテクノロジーは、トレーディング、市場監視、ポストトレードシステムを含むテクノロジーソリューションを開発および運用する。

業種

Investment Services

連絡先

10 Paternoster Square

EC4M 7LS

United Kingdom

+44.20.77971000

https://www.lseg.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Donald Robert

Group Independent Non-Executive Chair of the Board

David Schwimmer

Group Chief Executive Officer, Executive Director

David P. Warren

Group Chief Financial Officer, Executive Director

Nikhil Rathi

Chief Executive Officer - London Stock Exchange plc and Director of International Development

Waqas Samad

Group Director of Information Services and Chief Executive Officer of FTSE Russell

統計

2.38 mean rating - 13 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, GBP)

2017

2.0K

2018

2.1K

2019

2.3K

2020(E)

2.4K
EPS (GBp)

2017

145.300

2018

170.800

2019

198.000

2020(E)

208.390
株価売上高倍率(過去12カ月)
78.65
株価売上高倍率(過去12カ月)
12.90
株価純資産倍率(四半期)
8.30
株価キャッシュフロー倍率
36.09
総負債/総資本(四半期)
57.06
長期負債/資本(四半期)
44.41
投資利益率(過去12カ月)
7.64
自己資本利益率(過去12カ月)
0.05

最新ニュース

最新ニュース

欧州市場サマリー(18日)

<ロンドン株式市場> 続落して取引を終えた。エネル ギー株が売られ全体水準を押し下げた。英国の新型コロナウイルス感染件数が増えている ことから新たな封鎖措置が不安視され、中型株では消費関連株が売られた。 英国のハンコック保健相は、新型コロナの感染が全国で拡大していると指摘、入院患 者が8日ごとに倍増していると述べた。10月に全国的な封鎖措置を導入するかどうかに ついてはコメントしなかった。 この日発表された8月の小売売上高は前月に続き増加した。オンライン小売り増加が 目立った。ただ、集会を制限する新たな措置が導入されたことで、レストラン...

欧州株式市場=続落、旅行や銀行株に売り

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 STOXX欧州600 368.78 -2.45 -0.66 371.23 種 FTSEユーロファー 1429.67 -8.94 -0.62 1438.61 スト300種 ユーロSTOXX50 3283.69 -32.88 -0.99 3316.57 <.STOXX50 種 E> 欧州株式市場は続落して取引を終えた。新型コロナウイルスの感染 件数が欧州全土にわたり増加していることから、初期段階にある経済回 復が脅かされるとの不安が高まり、旅行と銀行、自動車株が売られた。 英クルーズ運航会社...

英LSE、イタリア証取売却でユーロネクストと独占交渉

ロンドン証券取引所(LSE)<LSE.L>は18日、傘下のイタリア証券取引所の売却に向け、欧州の取引所大手ユーロネクスト<ENX.PA>と独占交渉に入ったことを明らかにした。

EU、英清算機関へのアクセス1年半延長へ=関係筋

欧州連合(EU)は英国の清算機関のEU市場へのアクセスを来年1月から18カ月間延長する見込み。業界関係筋が15日、明らかにした。

EU、英清算機関のアクセス継続巡る決定を先延ばし=関係筋

欧州連合(EU)は英政府が離脱協定を一部修正する計画を進めていることを理由に、EU内の顧客向けにユーロ建て取引の清算を継続することを英国の清算機関に認める決定を遅らせる見込み。デリバティブ業界筋が明らかにした。

ユーロネクスト、伊証取の買収を提案

欧州の取引所大手ユーロネクスト<ENX.PA>は14日、ロンドン証券取引所(LSE)<LSE.L>傘下のイタリア証券取引所を買収する拘束力のない提案書をLSEに提出したことを明らかにした。

トムソン・ロイター、第2四半期は利益予想上回る 通年見通し維持

ニュース・情報サービスのトムソン・ロイター<TRI.TO> <TRI.N>が5日発表した第2・四半期決算は、利益が予想を上回った。世界的に先行き不透明感が高まる中でも通年の業績見通しを維持した。

欧州市場サマリー(31日)

イタリア国債とドイツ国債の利回り格差は3bp上昇し160.6 5bp。復興基金の合意当初は3月時点の水準にまで縮小していた。 ドイツ10年債利回りはマイナス0.5%近辺。 ロイター調査によると、世界のファンドマネジャーは7月に、株式保有を4年ぶりの 水準に引き下げ、債券保有は6月の水準を維持するよう推奨した。 第2・四半期のユーロ圏域内総生産(GDP)速報値は、統計開始以降で最大の落ち 込みを記録。一方、7月のインフレ率は予想に反して伸びが加速した。 ユーロ圏金融・債券市場: <為替> 欧州終 アジア市 コード 盤 場終盤 ユーロ/ドル...

ロンドン株式市場=続落、英国が規制緩和を延期

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 FTSE100種 5897.76 -92.23 -1.54 5989.99 ロンドン株式市場は続落して取引を終えた。新型コロナウイルスの 感染件数の増加を受け英国が規制緩和を延期したことで、持ち直し始め た経済が再び低迷するとの不安が高まった。 ジョンソン英首相は8月1日から営業を再開できる予定だったカジ ノやボウリング場、スケート場に関して、少なくともあと2週間は閉鎖 すると発表した。その数時間前には、北イングランドの一帯において行 動制限を導入した。 FTSE100種は7月に4...

ロンドン証取、リフィニティブ買収承認のため伊取引所売却も

ロンドン証券取引所(LSE)<LSE.L>は31日、金融情報・分析会社リフィニティブ買収計画で欧州独禁当局の承認を得るためにイタリア証券取引所グループの一部またはすべての売却を検討する可能性があると表明した。

EU、英金融機関の市場アクセスはルールの相違で判断へ

欧州連合(EU)の欧州委員会は8日、英国による将来的なEU金融市場へのアクセスについて、英国のルールが域内とどれだけ違うものになるかを考慮に入れる必要があると述べた。

欧州証券取引所連合、LSEの取引時間短縮案を拒否

欧州証券取引所連合(FESE)は1日、ロンドン証券取引所(LSE)<LSE.L>が提案していた株式市場の取引時間を90分短縮する案を拒否した。投資家や市場にとって最善の選択肢ではないと主張している。

英国、EUの金融事業継続措置の活用申請を再開

英金融行動監視機構(FCA)は1日、欧州連合(EU)の金融企業が英国内の業務を続けられるようにする金融パスポートの一時的許可制度(TPR)の活用申請を9月より再び受け付けると述べた。

英・スイス、金融サービス分野で協力深化へ 共同声明に署名

英国とスイスの財務相は30日、国境をまたぐ株取引など金融サービス分野での協力深化に向けた共同声明に署名したと発表した。

金融アクセス巡る英の提案、受け入れられない=EU首席交渉官

欧州連合(EU)の対英交渉を率いるバルニエ首席交渉官は30日、金融街シティー・オブ・ロンドンにEU単一市場への完全なアクセスを認めるという英側の提案は、義務を負わずに恩恵だけを維持するもので「受け入れられない」と一蹴した。

EU、株情報の一元化など提言へ 英離脱後の競争力強化=文書

英国の欧州連合(EU)離脱後にEUが「真に統合された」資本市場を実現するための政策提言の内容が25日、ロイターの入手した内部文書で明らかになった。

EU、LSEのリフィニティブ買収に競争上の懸念表明 本格調査へ

欧州連合(EU)の反トラスト当局は22日、ロンドン証券取引所(LSE)による金融情報・分析会社リフィニティブの買収に関して、競争上の懸念を指摘し、4カ月間にわたる本格調査に着手した。

ロンドン証取、取引時間短縮に幅広い支持 欧州との協調は必要

ロンドン証券取引所(LSE)は1日、欧州の取引所と協調して取引時間を90分短縮する案に幅広い支持があることを明らかにした。

トムソン・ロイター、第1四半期は増収増益 見通し下方修正

ニュース・情報サービスのトムソン・ロイター<TRI.N><TRI.TO>が5日発表した第1・四半期決算は増収増益となったが、市場予想はわずかに下回った。また、新型コロナウイルス危機による世界経済の悪化を理由に通期の売上高見通しを引き下げた。

コロナ危機受けた格下げ、慎重に行うべき=欧州証券当局

欧州連合(EU)の証券当局は、新型コロナウイルス感染拡大の打撃を受けた国や企業の信用格付けについて、拙速な格下げは景気を一段と悪化させる恐れがあるとし、格付け機関は慎重に行うべきだとの考えを示した。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up