for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

サウスウェスト・エアラインズ・カンパニー

LUV.N

現在値

38.18USD

変化

-0.09(-0.24%)

出来高

6,349,446

本日のレンジ

37.57

 - 

42.34

52週レンジ

22.47

 - 

58.81

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
38.27
始値
42.00
出来高
6,349,446
3か月平均出来高
448.94
高値
42.34
安値
37.57
52週高値
58.81
52週安値
22.47
発行済株式数
589.39
時価総額
22,555.79
予想PER
-8.15
配当利回り
--

次のエベント

Q2 2020 Southwest Airlines Co Earnings Release

適時開示

その他

Southwest Airlines Announces Pricing Of Notes

Southwest Airlines Extends Published Flight Schedule Through Jan. 4, 2021

Southwest Airlines Says Preliminary April 2020 Operating Revenues Decreased, Y-O-Y, In Range Of 90 To 95 Percent

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

サウスウェスト・エアラインズ・カンパニーとは

サウスウェスト・エアラインズ(Southwest Airlines Company) は米国と国際マーケットにおいて定期航空輸送サービスを提供する旅客航空であるサウスウェスト航空を運営する会社である。【事業内容】同社はポイント・ツー・ポイント・サービスを提供する。同社は、サウスウェスト州の各ポリシーに従って、サウスウェストのアーリーバード・チェックイン、ペット及び非保護者の未成年者の輸送などの付随サービスを提供する。サウスウェストの迅速報酬のフリークエントフライヤープログラムは、プログラムメンバー(会員)が南西運賃に費やした1ドルあたりのポイントを獲得することを可能にする。そのインターネットウェブサイト、Southwest.comは、南西部の顧客がオンラインで旅行を購入し管理する手段である。

業種

Airline

連絡先

2702 Love Field Dr

PO Box 36611

DALLAS, TX

75235-1611

United States

+1.214.7924000

http://www.southwest.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Gary C. Kelly

Chairman of the Board, Chief Executive Officer

Thomas M. Nealon

President

Ron Ricks

Vice Chairman of the Board

Tammy Romo

Chief Financial Officer, Executive Vice President

Michael G. Van de Ven

Chief Operating Officer

統計

2.33 mean rating - 18 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2017

21.2K

2018

22.0K

2019

22.4K

2020(E)

10.8K
EPS (USD)

2017

3.500

2018

4.240

2019

4.450

2020(E)

-4.512
株価売上高倍率(過去12カ月)
11.48
株価売上高倍率(過去12カ月)
1.05
株価純資産倍率(四半期)
2.19
株価キャッシュフロー倍率
7.46
総負債/総資本(四半期)
56.01
長期負債/資本(四半期)
25.21
投資利益率(過去12カ月)
10.40
自己資本利益率(過去12カ月)
6.70

最新ニュース

最新ニュース

バフェット氏の航空株売却は「判断ミス」=トランプ氏

トランプ米大統領は5日、著名投資家のウォーレン・バフェット氏が新型コロナウイルス禍で航空株を手放したことについて「判断ミス」を犯したという考えを示した。

米企業の転換社債、5月の発行額が過去最高=バンカメ

バンク・オブ・アメリカのデータによると、5月に米企業が発行した転換社債の規模は約207億ドルとなり、2001年5月の192億ドルを抜いて過去最高となった。

NY市場サマリー(2日)円が対ドルで下落、米株続伸

<為替> 景気回復を巡る楽観的な見方を背景にリスク選好が引き続き改善した。円は対ドルで下落し7週間ぶり安値を付けたほか、豪ドルなどが値上がりした。

ダウ平均267ドル高、景気回復期待先行で買い

米国株式市場は続伸し、ダウ平均株価<.DJI>は267ドル高で引けた。国内で広がる抗議デモや新型コロナウイルス流行を尻目に、景気回復期待が先行し、買いが優勢となった。

情報BOX:新型コロナウイルスを巡る海外の状況(2日現在)

世界保健機関(WHO)は2日、新型コロナウイルスの1日あたりの新規感染者数について、西欧では減少傾向にある一方、ロシアは東欧ではまだ増加していると指摘した。

米サウスウエスト航空、早期退職と一時帰休を提示

新型コロナウイルスによる航空需要減の急回復が望めない中、米サウスウエスト航空<LUV.N>は1日、従業員に早期退職割増金と有給の一時帰休を提示した。社内文書をロイターが入手した。

米上場企業の株式発行額、5月に600億ドル超え過去最高に

米上場企業による株式発行額が5月に600億ドル超と月間ベースで過去最高を記録した。新型コロナウイルス感染症のパンデミック(世界的大流行)が収まりつつあるとの期待感から株式市場が上昇したことが背景。

コラム:変わる旅のかたち、コロナ後も需要回復に長い道のり

「旅はそれ自体が目的だ」という言い回しがこれほど真実味を帯びたことはない。

情報BOX:新型コロナウイルスを巡る海外の状況

インド準備銀行(中央銀行)は22日、6月初めに予定していた金融政策委員会を前倒しして開催し、政策金利のレポレートを40ベーシスポイント(bp)引き下げ過去最低の4.00%とした。レポレートの引き下げは今年2回目。リバースレポレートも40bp引き下げ3.35%とした。

航空券のキャンセル減少、需要回復はまだ先=航空各社

米国およびカナダの航空各社は19日、航空券の取り消しが鈍化する一方、一部路線の予約が改善していると発表した。ただ、航空需要が新型コロナウイルス危機前の水準に回復するのは厳しいとの見解を示した。

米バークシャー、ゴールドマン株を84%売却 Wファーゴは維持

著名投資家ウォーレン・バフェット氏が率いる米バークシャー・ハザウェイ<BRKa.N>は15日、保有する米ゴールドマン・サックス・グループ<GS.N>株の大半を売却したと明らかにした。

米下院運輸委員長、航空会社に乗客数制限促す コロナ感染防止で

米下院運輸経済基盤委員会のデファジオ委員長(民主党)は14日、米航空会社に対し、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、ナローボディー(単通路)機で全乗客の間に少なくとも1席の間隔をあけ、乗客数を収容能力の67%に制限するよう求めた。

米運輸省、航空会社の追加運航停止を承認 新型コロナ打撃続く

米運輸省は12日、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)の政府支援を受ける航空会社に対して、追加で最大5%の目的地への運航停止を認めると発表した。

米航空業界団体、乗客乗員の検温実施に支持表明

米主要航空会社を代表する業界団体、エアラインズ・フォー・アメリカは9日、新型コロナウイルス感染症の流行が続く期間、米運輸保安局(TSA)が乗客や乗員らの体温検査を実施することを支持すると表明した。

NY市場サマリー(4日)米株が反発、ドル上昇

<為替> ドルが上昇した。新型コロナウイルスの発生源を巡り米中対立が再燃するとの懸念を背景にリスク選好度が低下し、安全通貨としてのドル買いが強まった。

米株反発、ハイテク株に買い 原油価格上昇も押し上げ

米国株式市場はハイテク株に買いが入り、反発して終了した。原油価格の上昇も押し上げ要因となり、米中間の緊張の高まりを巡る懸念などが相殺された。

バフェット氏、米の危機克服力に期待 「残りの人生も米に投資」

著名投資家ウォーレン・バフェット氏は2日、自身の米投資会社バークシャー・ハザウェイ<BRKa.N>の年次株主総会で、新型コロナウイルスの世界的流行で米経済と自身の投資が大打撃を受ける可能性を認めつつも、米国が過去の危機と同様にコロナ危機も克服するとの期待感を示した。

バークシャー、米航空株全て売却 バフェット氏「世界は変わった」

著名投資家ウォーレン・バフェット氏は2日、自身が率いる米投資会社バークシャー・ハザウェイ<BRKa.N>の年次株主総会で、航空業界にとって「世界は変わった」と述べ、保有していた米航空株を4月に全て売却したことを明らかにした。

バークシャー、第1四半期は約500億ドルの赤字 新型コロナが痛手

著名投資家ウォーレン・バフェット氏が率いる米バークシャー・ハザウェイ<BRKa.N>が2日発表した第1・四半期決算は、最終損益が500億ドル近い赤字となった。四半期の赤字額としては過去最大。同社は、新型コロナウイルスの影響により複数の主要事業で業績が低迷しているとした。

情報BOX:新型コロナウイルスを巡る海外の状況(2日現在)

新型コロナウイルスの感染拡大が続いている日本やシンガポールなどで4月は多くの人が外出を自粛した一方、感染拡大がピークを過ぎた可能性がある米国とオーストラリアなどではより多くの人が職場に復帰したり公園に出掛けたりしていたことが米アルファベット<GOOGL.O>傘下のグーグルの調べで明らかになった。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up