for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Las Vegas Sands Corp.

LVS.N

現在値

38.00USD

変化

-0.77(-1.99%)

出来高

1,310,295

本日のレンジ

37.81

 - 

38.77

52週レンジ

35.59

 - 

66.75

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
38.77
始値
38.55
出来高
1,310,295
3か月平均出来高
229.50
高値
38.77
安値
37.81
52週高値
66.75
52週安値
35.59
発行済株式数
763.99
時価総額
29,031.61
予想PER
-36.88
配当利回り
--

次のエベント

Q4 2021 Las Vegas Sands Corp Earnings Release

適時開示

その他

Las Vegas Sands Reports Third Quarter 2021 Results

Sands China Announces Pricing Of $1.95 Billion Of Senior Unsecured Notes

Las Vegas Sands Reports Second Quarter 2021 Results

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Las Vegas Sands Corp.とは

ラス・ベガス・サンズ(Las Vegas Sands Corp)は宿泊施設、ゲーム、エンターテインメントと小売、コンベンションと展示施設、有名シェフのレストラン、その他の設備を備えた目的地のプロパティ(統合型リゾート)の開発者および運営者である。【事業内容】アジア及び米国において統合型リゾートの所有・運営を行う。主要な運営・開発活動はマカオ、シンガポール、米国という3つの地域において行われる。マカオでは、セグメントにはベネチアンマカオ、ロンドンのマカオ、パリジャンマカオ、プラザマカオとフォーシーズンズホテルマカオ、サンズマカオが含まれる。シンガポールでは、セグメントはマリーナベイサンズである。米国では、セグメントはラスベガスオペレーティングプロパティである。また、その施設でプレーヤークラブのロイヤルティプログラムを提供して、特典、優待、会員限定のイベントへのアクセスを提供する。

業種

Casinos & Gaming

連絡先

3355 Las Vegas Blvd S Rm 1A

LAS VEGAS, NV

89109-8941

United States

+1.702.4141000

https://www.sands.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Robert Glen Goldstein

Chairman of the Board, Chief Executive Officer

Patrick S. Dumont

President, Chief Operating Officer, Director

Randy A. Hyzak

Chief Financial Officer, Executive Vice President

D. Zachary Hudson

Executive Vice President, Global General Counsel, Secretary

Irwin Chafetz

Director

統計

2.44 mean rating - 16 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2018

13.7K

2019

13.7K

2020

3.6K

2021(E)

4.5K
EPS (USD)

2018

3.320

2019

3.260

2020

-2.120

2021(E)

-1.030
株価売上高倍率(過去12カ月)
--
株価売上高倍率(過去12カ月)
6.64
株価純資産倍率(四半期)
--
株価キャッシュフロー倍率
--
総負債/総資本(四半期)
--
長期負債/資本(四半期)
--
投資利益率(過去12カ月)
--
自己資本利益率(過去12カ月)
--

最新ニュース

最新ニュース

米国株式市場=上昇、幅広い銘柄に買い エネルギー関連株が高い

米国株式市場は、原油高を受けエネルギー関連株に買いが入り、上昇して終了した。一連の経済指標で物価上昇がピークを付け、景気回復が順調に継続していることが示唆されていることも株価押し上げ要因になっている。

米カジノ大手サンズ、マカオ営業免許巡り120億ドルの訴訟に直面

米大手カジノ企業、ラスベガス・サンズが、マカオでの営業免許取得を巡り契約違反があったとして元パートナーから120億ドル規模の賠償訴訟を起こされている。16日にマカオの裁判所で審理が始まる。

米サンズがラスベガスの施設62.5億ドルで売却、アジアに専念へ

米カジノ運営大手ラスベガス・サンズは、ラスベガスに保有する施設を62億5000万ドルで米投資会社アポロ・グローバル・マネジメント傘下のファンドなどに売却すると発表した。収益力の高いアジア市場に専念し、30年近く続けてきたラスベガスでの事業から撤退する。

シンガポールの「ダボス会議」、マリーナベイでの開催検討

世界経済フォーラム(WEF)は、5月25─28日にシンガポールで開催する年次総会(ダボス会議)に約1000人の出席者を見込んでいる。会場はシンガポールの象徴的な複合施設「マリーナベイ・サンズ」を検討しているという。事情に詳しい関係筋が明らかにした。

コラム:「史上最高齢」の争い、米大統領にも定年制導入を

米国民は間もなく、史上最高齢の大統領候補2人のうちどちらかを選ばなければならない。もし民主党のバイデン前副大統領が勝利すれば大統領就任時は78歳で、フランクリン・D・ルーズベルト以降の歴代民主党大統領の平均年齢を28歳も上回る。そして実はバイデン氏は、私の父親の年齢に達することになる。

米投資ファンド、第1四半期にハイテクやエネルギー株の保有拡大

米投資ファンドは第1・四半期に大手ハイテク企業や、売り込まれていたエネルギーセクターへの投資を拡大した。15日に公表された規制当局への提出資料で明らかになった。

コラム:日本のIR推進戦略、米サンズの進出撤回でさらに前途多難

米ラスベガス・サンズ<LVS.N>が日本でカジノを含む統合型リゾート(IR)運営に進出する計画を断念したことで、IRを推進する日本の戦略は一段と前途多難になった。事業者の契約期間の短さや厳しい要件、高いコスト負担が原因で複数のIR運営大手は参入に二の足を踏んでおり、サンズの進出撤回は、IRで観光産業を盛り上げたい日本政府には打撃となる。

IRスジュールに変更なし=米サンズ計画断念で官房長官

菅義偉官房長官は13日午後の会見で、米ラスベガス・サンズ<LVS.N>が同日、日本での統合型リゾート(IR)内におけるカジノ設立計画断念を公表にしたことに対し、個別の案件にはコメントしないと述べた。ただ、現時点で基本的にIRに関するスケジュールを変更する予定はないと語った。

米ラスベガス・サンズ、日本の統合型リゾート計画を撤回

米ラスベガス・サンズ<LVS.N>は13日、日本で統合型リゾート(IR)にカジノを設立する計画を断念したと明らかにした。すでにシーザーズ・エンターテインメントやウィン・リゾーツも計画を撤回しており、観光を通じた経済支援を目指している日本政府には打撃となる。

アングル:マカオのカジノがコロナ持久戦へ、収入ゼロでも安泰か

マカオのカジノ運営企業、ギャラクシー・エンターテインメント<0027.HK>は新型コロナウイルスの猛威で中国本土からの来場者がぱったり止まり、1日当たり300万ドル(約3億2100万円)の運転費用を垂れ流している。こんなことが起きたら、大抵の企業は沈没しかねない。

マカオ、今月20日からカジノ営業再開へ

マカオは今月20日からカジノの営業再開を認める。政府系放送局TDMが17日、当局者の話として報じた。

マカオがゴーストタウンに、新型肺炎の感染拡大で観光客激減

新型コロナウイルスによる肺炎の感染が拡大するなか、本来なら春節(旧正月)の書き入れ時を迎えているはずのマカオがゴーストタウンに近い状態となっている。中国政府が感染封じ込めを狙い、海外団体旅行の禁止など国民の旅行を制限する措置を打ち出したため、訪れる観光客が例年に比べ激減している。

米国株式市場=下落、新型肺炎の拡大防止策巡り経済への懸念強まる

米国株式市場は下落して取引を終えた。過去3カ月余りで最悪のパフォーマンスとなった。中国が新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大防止に向け、春節(旧正月)の連休を延長すると発表したことを受け、経済活動への影響懸念が強まった。

NY市場サマリー(21日)

<為替> 中国で新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大を背景に人民元が急落する一方、安全資産としての円に買いが入った。

米株は最高値から下落、新型ウイルス感染や世界経済巡る懸念で

米国株式市場は、最高値から下落して取引を終えた。中国で発生した新型コロナウイルスの感染が拡大している問題で米国内で初の患者が確認されたことや、国際通貨基金(IMF)が世界経済見通しを引き下げたことが背景。

マカオのカジノ収入、11月は前年比8.5%減

[香港 1日 ロイター] - マカオ当局が発表した11月のカジノ収入は、前年同月比8.5%減の229億パタカ(28億ドル)だった。今年2番目の弱い数字で、アナリストは米中貿易戦争や香港の抗議デモで高額利用者がマカオ渡航を見合わせていると指摘した。

NY市場サマリー(3日)

<為替> 主要6通貨に対するドル指数がほぼ変わらず。米中貿易摩擦や英国の欧州連合(EU)離脱(ブレグジット)を巡る懸念から安全資産としてのドルが買われ、ドル指数は一時約2年ぶりの高値を付ける場面も見られた。ただその後はさえない指標が重しとなり、伸び悩んだ。

米株反落、低調な指標や貿易摩擦巡る懸念が圧迫

米国株式市場は下落して取引を終えた。米供給管理協会(ISM)が公表した8月の製造業景気指数が2016年8月以来初めて景気拡大・縮小の節目となる50を割り込んだほか、米中が週末に互いに追加関税を課したことを受け、世界の経済成長見通しに対する懸念が高まった。

マカオ行政長官に親中派の賀氏、香港の抗議行動とは一線

25日に行われたマカオ行政長官選挙は、立法会(議会)の議長を務めた親中派の賀一誠氏(62)が当選した。立候補者は賀氏1人だった。

コラム:中国客でパンク寸前、マカオはラスベガスになれるか

ラスベガスを目指すマカオが、現実の試練に直面している。本土をつなぐ新しい橋が昨年開通して以来、百万人単位で中国からの観光客が押し寄せている。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up