for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

LYFT Inc

LYFT.O

現在値

47.81USD

変化

-0.29(-0.60%)

出来高

3,493,388

本日のレンジ

47.01

 - 

48.05

52週レンジ

14.56

 - 

54.50

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
48.10
始値
47.81
出来高
3,493,388
3か月平均出来高
205.52
高値
48.05
安値
47.01
52週高値
54.50
52週安値
14.56
発行済株式数
317.52
時価総額
15,272.86
予想PER
-17.51
配当利回り
--

次のエベント

Q4 2020 Lyft Inc Earnings Release

適時開示

その他

Lyft Says Now Expects It Can Manage Its Adj EBITDA Loss In Q4 2020 To Be Better Than $185 Mln

Lyft Inc Says Outlook For Q4 2020 Is Adjusted EBITDA Loss Of Roughly $200 Mln At Midpoint And $190 Mln At High End

Lyft Reports Q3 Revenue Of $499.7 Million, Down 48%

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

LYFT Incとは

リフト(LYFT Inc.)は、オンデマンドの輸送のサービス化(TaaS)プロバイダーである。【事業内容】同社はライドヘイリング・サービスを提供するピアツーピア輸送とオンデマンドのライドシェア・プラットフォームを提供する。同社はスマートフォン・アプリケーションを介して乗り物を求めている乗客とドライバーをマッチさせ、乗客がアプリケーションを介して自動的に料金を支払う。同社は、カーシェアリングと輸送サービスを提供するために、ドライバーをライダーとつなぐライドシェア市場を提供する。同社はまた、短距離旅行を探しているライダーのニーズに応えるために、各都市にシェアバイクとスクーターのネットワークを運営する。付近の交通サービスは、サードパーティの公共交通データをLyftアプリに統合して、ライダーに交通機関の選択肢を提供する。同社は毎日の通勤向けの毎月の乗車クレジット、通勤の最初と最後の停留所向け乗り物、深夜の家への乗り物とシャトル交換乗り物の提供によって公共交通機関を補うことを含む各種企業プログラムを提供する。

業種

Computer Services

連絡先

185 Berry St Ste 5000

SAN FRANCISCO, CA

94107-2503

United States

+1.302.5310855

https://www.lyft.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Prashant K. Aggarwal

Independent Chairman of the board

John Patrick Zimmer

President, Vice Chairman of the Board, Co-Founder

Logan D. Green

Chief Executive Officer, Co-Founder, Director

Brian Roberts

Chief Financial Officer

Eisar Lipkovitz

Executive Vice President - Rideshare & Engineering

統計

2.24 mean rating - 38 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2018

2.2K

2019

3.6K

2020(E)

2.4K
EPS (USD)

2019

-11.440

2020(E)

-2.799
株価売上高倍率(過去12カ月)
--
株価売上高倍率(過去12カ月)
5.43
株価純資産倍率(四半期)
7.62
株価キャッシュフロー倍率
--
総負債/総資本(四半期)
34.81
長期負債/資本(四半期)
31.62
投資利益率(過去12カ月)
-52.59
自己資本利益率(過去12カ月)
-30.85

最新ニュース

最新ニュース

コラム:インドで新たな電子商取引の幕開け、有名アプリに好機

グローバルな巨大テクノロジー各社を隔てている壁を最初に崩そうとしているのが、インドだ。国内でアルファベット、フェイスブック、ウォルマート、大手銀行のすべてが使っている低コストのデジタル決済の新しい規格の構築に貢献した起業家たちが、その取引市場をショッピング、食品宅配、モビリティー関連にも開放する取り組みを進めている。

UPDATE 1-米料理宅配ドアダッシュ上場、初値は公開価格約80%上回る 

米料理宅配サービス最大手のドアダッシュが9日、ニューヨーク証券取引所に新規株式公開(IPO)した。初値は182ドルと、公開価格(102ドル)を約80%上回り、新型コロナウイルス下で投資家のテクノロジー株への需要が依然強いことが示された。

NY市場サマリー(11日)ドル上昇、ナスダック反発

<為替> 終盤のニューヨーク外為市場では米ドルが上昇し、安全資産とされる円が下落した。新型コロナウイルスワクチンの有効性を巡る報道を受け、市場では利回り上昇と景気見通しを巡る調整が続いている。

UPDATE 2-米国株式市場=ナスダック反発、コロナ懸念でハイテク株買い戻し

(内容を追加しました) [11日 ロイター] - 米国株式市場はナスダックが2%高で取引を終えた。新型 コロナウイルスの感染拡大を巡る懸念から、景気敏感株を売ってハイテク株を買い戻す動 きが優勢となった。 ここ2日間大きく下げていたナスダック総合は、巣ごもり関連株への買いに 支えられて反発。マイクロソフトとネットフリックスは2%超、アマゾ ン・ドット・コムとアップルは3%超、それぞれ上昇した。 新型コロナワクチン開発の進展に関する9日のニュースを受け、ハイテク株から工業 、素材、エネルギーなどのセクターへのシフトが目立ってい た。 この...

バイデン氏の政権移行チーム、多くのIT企業幹部起用

米大統領選で勝利を宣言した民主党のバイデン前副大統領の政権移行チームは10日、選挙キャンペーンで掲げた政策目標を次期政権が確実に達成できるよう、政府機関の運営状況を点検する役目を担う審査チームのメンバーを公表した。この中には米アマゾン・ドット・コムなどテクノロジー企業の幹部らが、同業界に批判的な向きよりも多く含まれており、今後数年にわたって次期政権の政策に影響を与える可能性がある。

米ウーバーの第3四半期は予想以上の赤字、売上高も予想下回る

米配車大手ウーバー・テクノロジーズ<UBER.N>が5日に発表した第3・四半期決算は、売上高が市場予想に届かず、赤字も予想以上に膨らんだ。料理宅配サービス部門の需要は拡大したが、新型コロナウイルスの打撃を受けた配車サービス部門は、主要市場である米国で回復の遅れが目立った。

米NJ・アリゾナ州で娯楽用大麻合法化、フロリダは最低賃金上げ

3日の米大統領選挙と同時に実施された各州の住民投票で、ニュージャージーとアリゾナ両州では娯楽用大麻使用の合法化が承認された。

米加州の住民投票、配車大手の運転手を「個人事業主」に

米カリフォルニア州で3日投開票された住民投票で、ウーバー<UBER.N>など配車アプリや食品配送アプリ運営会社の運転手を「従業員」ではなく「独立した個人事業主」と定める案が承認される見通しとなった。

EXCLUSIVE-ソフトバンクG出資の中国滴滴、来年の香港IPOを検討=関係筋

ソフトバンクグループ<9984.T>などが出資する中国配車サービス大手、滴滴出行(ディディ・チューシン)は来年、香港市場に上場することをを検討している。関係者の話で明らかになった。

EXCLUSIVE-ソフトバンクG出資の中国滴滴、来年の香港IPOを検討=関係筋

ソフトバンクグループなどが出資する中国配車サービス大手、滴滴出行(ディディ・チューシン)は来年、香港市場に上場することをを検討している。関係者の話で明らかになった。

米CDC、航空機・電車でのマスク着用を「強く勧告」

米疾病対策センター(CDC)は19日、航空機、電車、地下鉄、バス、タクシー、ライドシェア車両の全ての乗客について、新型コロナウイルス感染防止のためのマスク着用を「強く勧告」した。

楽天の三木谷氏、米リフト取締役退任 投資損失250億円計上へ

楽天<4755.T>は31日、三木谷浩史会長兼社長が投資先の米配車サービス大手リフト<LYFT.O>の取締役を同日付で退任したと発表した。新型コロナウイルス禍の中、自社グループの経営に専念するという。

ウーバーとリフト、加州の事業停止回避へ 控訴裁が判断

米配車大手のウーバー・テクノロジーズ<UBER.N>とリフト<LYFT.O>は20日、カリフォルニア州での配車サービス事業を21日に一時停止する可能性があると発表したが、州控訴裁がその後、サービス停止命令を回避する判断を下した。

ウーバーとリフト、21日に加州で事業停止へ 運転手巡る司法判断で

米配車大手のウーバー・テクノロジーズとリフトは20日、21日午前にカリフォルニア州での配車サービス事業を一時停止する可能性があると発表した。

ウーバー、加州で配車サービス停止でも料理宅配事業は継続へ

米配車大手ウーバー・テクノロジーズ<UBER.N>は17日、裁判所命令により同社の配車サービスがカリフォルニア州で今週末に停止を余儀なくされても、料理宅配サービス「ウーバー・イーツ」は継続すると明らかにした。●以下既出

米リフト、21年末までの黒字化目標を維持 第2四半期は61%減収

米配車サービス大手リフト<LYFT.O>が12日発表した第2・四半期決算は、新型コロナウイルス関連規制の影響で、売上高が前年同期比61%減少した。ただ、2021年末までに調整後ベースで黒字化する目標については、コスト削減により依然として達成可能だとした。

米ウーバー、カリフォルニア州で事業閉鎖も 運転手区分巡り

米配車大手ウーバー・テクノロジーズ<UBER.N>は11日に裁判所に提出した資料で、カリフォルニア州での配車サービス事業を閉鎖せざるを得なくなるかもしれないとの見方を示した。

米マサチューセッツ州がウーバーとリフト提訴、運転手の扱い巡り

米マサチューセッツ州は、配車大手のウーバー・テクノロジーズ<UBER.N>とリフト<LYFT.O>が運転手を従業員ではなく個人事業主として扱っていることを巡り両社を提訴した。

米政府の中小企業支援策、投資銀行に多額の融資承認

米政府が6日公表した中小企業支援策「給与保護プログラム(PPP)」の実行状況に関するデータによると、企業の合併・買収(M&A)助言業務などを手掛ける投資銀行が多額の融資を承認されている。

ウーバーやリフトの運転手は「従業員」、加州が新法施行へ

カリフォルニア州公共事業委員会(CPUC)は11日、単発や短期の仕事を請け負う「ギグワーカー」に関する新法の下、ウーバー・テクノロジーズ<UBER.N> やリフト<LYFT.O>などの配車サービスの運転手は従業員と見なされると述べた。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up