for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

LYFT Inc

LYFT.O

現在値

31.73USD

変化

-2.02(-5.99%)

出来高

6,820,290

本日のレンジ

31.52

 - 

33.56

52週レンジ

14.56

 - 

68.33

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
33.75
始値
33.42
出来高
6,820,290
3か月平均出来高
227.08
高値
33.56
安値
31.52
52週高値
68.33
52週安値
14.56
発行済株式数
306.81
時価総額
10,057.73
予想PER
-14.69
配当利回り
--

次のエベント

Lyft Inc Annual Shareholders Meeting

適時開示

その他

Lyft Announces Pricing Of Offering Of $650 Million Of Convertible Senior Notes

Lyft Announces Private Offering Of $650 Mln Of Convertible Senior Notes

Lyft Posts Qtrly Loss Per Share $1.31

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

LYFT Incとは

リフト(LYFT Inc.)は、オンデマンドの輸送のサービス化(TaaS)プロバイダーである。【事業内容】同社はライドヘイリング・サービスを提供するピアツーピア輸送とオンデマンドのライドシェア・プラットフォームを提供する。同社はスマートフォン・アプリケーションを介して乗り物を求めている乗客とドライバーをマッチさせ、乗客がアプリケーションを介して自動的に料金を支払う。同社は、カーシェアリングと輸送サービスを提供するために、ドライバーをライダーとつなぐライドシェア市場を提供する。同社はまた、短距離旅行を探しているライダーのニーズに応えるために、各都市にシェアバイクとスクーターのネットワークを運営する。付近の交通サービスは、サードパーティの公共交通データをLyftアプリに統合して、ライダーに交通機関の選択肢を提供する。同社は毎日の通勤向けの毎月の乗車クレジット、通勤の最初と最後の停留所向け乗り物、深夜の家への乗り物とシャトル交換乗り物の提供によって公共交通機関を補うことを含む各種企業プログラムを提供する。

業種

Computer Services

連絡先

185 Berry St Ste 5000

SAN FRANCISCO, CA

94107-2503

United States

+1.302.5310855

https://www.lyft.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Prashant K. Aggarwal

Independent Chairman of the board

John Patrick Zimmer

President, Vice Chairman of the Board, Co-Founder

Logan D. Green

Chief Executive Officer, Co-Founder, Director

Brian Roberts

Chief Financial Officer

Eisar Lipkovitz

Executive Vice President - Rideshare & Engineering

統計

2.19 mean rating - 37 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2018

2.2K

2019

3.6K

2020(E)

2.8K
EPS (USD)

2019

-11.440

2020(E)

-2.210
株価売上高倍率(過去12カ月)
--
株価売上高倍率(過去12カ月)
2.65
株価純資産倍率(四半期)
3.97
株価キャッシュフロー倍率
--
総負債/総資本(四半期)
7.01
長期負債/資本(四半期)
3.94
投資利益率(過去12カ月)
-82.57
自己資本利益率(過去12カ月)
-42.25

最新ニュース

最新ニュース

米ウーバー、配車と料理宅配に注力へ 人員削減は計23%に

配車サービス大手の米ウーバー・テクノロジーズ<UBER.N>のコスロシャヒ最高経営責任者(CEO)は18日、新型コロナウイルスの影響で従業員約3000人を追加削減すると従業員宛ての電子メールで明らかにした。

米ウーバー、追加で3000人削減へ 新型コロナ受け

配車サービス大手の米ウーバー・テクノロジーズは、新型コロナウイルスの影響で従業員約3000人を追加削減する。コスロシャヒ最高経営責任者(CEO)が社内メールで明らかにした。同社は今月初めにも3700人の削減を発表している。

米国株上昇、雇用統計予想ほど悪化せず

米国株式市場は主要3指数がそろって上昇して終了した。朝方発表の4月の雇用統計は新型コロナウイルス感染拡大を受け雇用者数が大きく減少したものの、予想ほどは悪化しなかった。

米リフト、運転手と利用者にマスク着用義務付け

米配車サービス大手リフト<LYFT.O>は7日、新型コロナウイルス感染予防に向け、運転手と利用者にマスクの着用を義務付けるとともに、新型コロナ感染症のような症状がないかなどの確認を乗車前に徹底する方針を明らかにした。

米ウーバー、1─3月は料理宅配好調 配車はコロナ禍から持ち直しも

米配車大手ウーバー・テクノロジーズ<UBER.N>が7日に発表した第1・四半期決算は、料理宅配事業が好調で14%増収となった。新型コロナウイルスの影響を受けた市場で前向きな兆候が見られるとも指摘した。

NY市場サマリー(7日)ドルに利食い売り、ダウ211ドル高

<為替> 急激な悪化が予想されている4月の雇用統計発表を翌日に控え、これまで上昇していたドルに利食い売りが出た。ドルはユーロとスイスフランに対し下落したほか、対円で上げ幅を縮小。豪ドルなどの資源国通貨に対しては下げ幅を拡大した。

米ウーバー、第1四半期は14%増収 コロナ禍からの持ち直しも

米配車大手ウーバー・テクノロジーズが7日に発表した第1・四半期決算は、料理宅配事業が好調で14%増収となった。新型コロナウイルスの影響を受けた市場で前向きな兆候が見られるとも指摘した。

ダウ反発211ドル高、ペイパル決算などを好感

米国株式市場はダウ平均株価が反発し、211ドル高で取引を終えた。さえない雇用関連統計はあまり材料視されず、もっぱらオンライン決済サービスのペイパル<PYPL.O>などの決算が好感された。

〔情報BOX〕新型コロナウイルスを巡る海外の状況(7日現在)

ノルウェー中央銀行は7日、政策金利を0.25%から0%に引き下げた。市場では据え置き予想が大勢だったが、新型コロナウイルスの感染拡大による経済への打撃を和らげるため利下げに踏み切った。

米リフト、第1四半期は売上高が予想上回る 4月後半に需要改善

米配車サービス大手リフト<LYFT.O>が発表した第1・四半期決算は、売上高が市場予想を上回った。また、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて減少した配車需要が4月中旬以降は改善していると指摘したほか、一段のコスト削減によって黒字化を実現する考えを示した。

ウーバーとリフト、米加州と3都市が運転手の扱い巡り提訴

米カリフォルニア州と同州の主要3都市は5日、配車サービス大手のウーバー・テクノロジーズ<UBER.N>とリフト<LYFT.O>が運転手を社員でなく個人事業主として扱うことで、労働者への諸手当てを回避しているとして提訴した。

情報BOX:新型コロナウイルスを巡る海外の状況(30日現在)

英金融大手ロイズ・バンキング・グループ<LLOY.L>が発表した第1・四半期決算は、税引き前利益が7400万ポンドとなり、前年同期の16億ポンドから大幅に減少した。新型コロナウイルスの感染拡大による影響に備え、14億ポンド(17億5000万ドル)に上る貸倒引当金を計上したことが響いた。

米リフト、982人の削減と賃下げを計画 新型コロナによる打撃で

米配車サービス大手リフト<LYFT.O>は29日、従業員の17%に当たる982人を削減するとともに、賃金削減を行なう方針を明らかにした。

情報BOX:新型コロナウイルスを巡る海外の状況(26日現在)

チリ政府は25日、3月初めに国内で新型コロナウイルスの感染が始まってからの累計感染者数が1000人を超えたことを受け、首都サンティアゴの大半を隔離すると表明した。

〔情報BOX〕新型コロナウイルスを巡る海外の状況(26日現在)

> 米経済、新型コロナで最大6%縮小 失業率15%=CB 米コンファレンス・ボード(CB)は25日、新型コロナウイルスの感染拡大で今年の米経済は前年から最大で6%縮小する恐れがあると警告した。

ウーバーやリフトの運転手、新型コロナで雇用形態の弱さ鮮明に

米配車大手のウーバー・テクノロジーズとリフトの運転手は個人事業主として配車需要の急増や柔軟な労働時間の恩恵を受けてきたが、新型コロナウイルスの感染拡大で全国的に景気が停滞する中、個人事業主の曖昧な労働体制の不都合な点が鮮明になっている。

NY市場サマリー(12日)

<為替> 中国を発生源とする新型コロナウイルスの封じ込めへの期待から米株価が上昇したことでドルに買いが入り、対ユーロで約2年ぶりの高値を付けた。

米国株式市場=最高値更新、新型ウイルス巡る懸念後退で

米国株式市場は主要株価3指数がいずれも終値ベースで最高値を更新した。新型コロナウイルスの感染拡大ペースが鈍化している兆しを受け、楽観ムードが高まった。

米リフトの第4四半期、売上高10億ドル突破 見通し受け株価下落

米配車サービス大手リフト<LYFT.O>が11日発表した第4・四半期決算は、売上高が10億ドルを上回り、過去最高を記録した。ただ、2019年下期の利用者の伸び悩みにより2020年は成長が鈍化するとの見通しを示したことから、株価は下落した。

アングル:ウーバーとリフト、黒字化目指す配車大手が真逆の戦略

米国を代表する配車サービス企業のウーバー・テクノロジーズ<UBER.N>とリフト<LYFT.O>。ともに黒字化を目指すが、その路線は違いが鮮明だ。ウーバーが赤字続きの副業に資金を注ぎ込んでいるのに対して、リフトは人を移動させる事業に専念している。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up