for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

LYFT Inc

LYFT.O

現在値

20.28USD

変化

2.89(+16.62%)

出来高

47,487,020

本日のレンジ

17.92

 - 

20.35

52週レンジ

11.96

 - 

57.68

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
17.39
始値
18.21
出来高
47,487,020
3か月平均出来高
285.68
高値
20.35
安値
17.92
52週高値
57.68
52週安値
11.96
発行済株式数
352.73
時価総額
7,057.08
予想PER
67.20
配当利回り
--

次のエベント

Q3 2022 Lyft Inc Earnings Release

適時開示

その他

Lyft says Q2 Revenue Of $990.7 Million, Grew 30% Year-Over-Year

Lyft Says Decided To Discontinue Lyft's First Party Rentals Business

Lyft Lays Off About 60 Employees, Folds Its Car Rentals For Riders-WSJ

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

LYFT Incとは

リフト(LYFT Inc.)は、オンデマンドの輸送のサービス化(TaaS)プロバイダーである。【事業内容】同社はライドヘイリング・サービスを提供するピアツーピア輸送とオンデマンドのライドシェア・プラットフォームを提供する。同社はスマートフォン・アプリケーションを介して乗り物を求めている乗客とドライバーをマッチさせ、乗客がアプリケーションを介して自動的に料金を支払う。同社は、カーシェアリングと輸送サービスを提供するために、ドライバーをライダーとつなぐライドシェア市場を提供する。同社はまた、短距離旅行を探しているライダーのニーズに応えるために、各都市にシェアバイクとスクーターのネットワークを運営する。付近の交通サービスは、サードパーティの公共交通データをLyftアプリに統合して、ライダーに交通機関の選択肢を提供する。同社は毎日の通勤向けの毎月の乗車クレジット、通勤の最初と最後の停留所向け乗り物、深夜の家への乗り物とシャトル交換乗り物の提供によって公共交通機関を補うことを含む各種企業プログラムを提供する。

業種

Computer Services

連絡先

185 Berry St Ste 5000

SAN FRANCISCO, CA

94107-2503

United States

+1.302.5310855

https://www.lyft.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Prashant K. Aggarwal

Independent Chairman of the board

John Patrick Zimmer

President, Vice Chairman of the Board, Co-Founder

Logan D. Green

Chief Executive Officer, Co-Founder, Director

Elaine Paul

Chief Financial Officer

Kristin Sverchek

President - Business Affairs

統計

2.26 mean rating - 46 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2019

3.6K

2020

2.4K

2021

3.2K

2022(E)

4.1K
EPS (USD)

2019

-11.440

2020

-2.660

2021

-0.250

2022(E)

0.314
株価売上高倍率(過去12カ月)
--
株価売上高倍率(過去12カ月)
1.91
株価純資産倍率(四半期)
7.40
株価キャッシュフロー倍率
--
総負債/総資本(四半期)
83.53
長期負債/資本(四半期)
83.53
投資利益率(過去12カ月)
-44.46
自己資本利益率(過去12カ月)
-20.52

最新ニュース

最新ニュース

NY市場サマリー(5日)ドル全面高、株式まちまち 利回り急伸

<為替> 米雇用統計が予想以上に力強く連邦準備理事会(FRB)が積極的な利上げを継続するとの観測から、ドルが全面高となった。中でも円に対し大きく上昇し、1日の上昇率としては6月半ば以来の大きさとなった。

米国株式市場=S&P500下落、雇用統計受け利上げ懸念が再燃

米国株式市場はS&P総合500種が下落して取引を終えた。好調な米雇用統計を受け、連邦準備理事会(FRB)が積極的な利上げを継続するとの懸念が再燃し、米電気自動車(EV)大手・テスラなどハイテク株が売られた。

米リフト、第2四半期調整後利益が過去最高 需要が急増

[4日 ロイター] - 米配車大手・リフトが4日発表した第2・四半期決算は、調整後の営業利益が過去最高に達した。配車サービスへの需要急増が寄与したほか、採用を大幅に減速させるなどのコスト管理が奏功した。また、2024年の調整後営業利益が10億ドルに達するとの見通しを示した。

米リフト、第2四半期調整後利益が過去最高 需要急増 株価5%高

[4日 ロイター] - 米配車大手リフトが4日発表した第2・四半期決算は、調整後の営業利益が過去最高に達した。配車サービスへの需要急増が寄与したほか、採用を大幅に減速させるなどのコスト管理が奏功した。

米ウーバー、第2四半期キャッシュフローが初の黒字 株価15%高

[2日 ロイター] - 米配車大手ウーバー・テクノロジーズが2日発表した第2・四半期決算は、キャッシュフローが初の黒字となった。第3・四半期の営業利益見通しも市場予想を上回り、米株式市場午前の取引でウーバーの株価は約15%急伸した。

米リフト、レンタカー部門で約60人削減 長期レンタル事業打ち切り

米配車大手リフトは20日、レンタカー部門で約60人を削減すると発表した。経費増大のため、事業再編の一環として乗用車の長期レンタル事業をやめる。

従業員の中絶に絡む交通費を負担へ、米企業が相次いで表明

米連邦最高裁が24日、人工妊娠中絶を憲法上の権利と認める1973年の「ロー対ウェイド判決」を覆す判断を下したことを受け、国内の約半数の州が中絶の制限に動く見通しとなる中、ウォルト・ディズニーやメタ・プラットフォームズなどの企業は相次いで、州外で中絶手術を受ける必要の従業員の交通費などのコストを支援する方針を表明した。

アングル:米テック企業が内定取り消し連発、新卒者パニックに

5月最後の週、ツイッターは採用を内定していた一部の大学新卒者に1人ずつ連絡を取っていた。電話を受けた内定者数人によれば、15分の通話で伝えられたのは「内定取り消し」だった。

訂正-NY市場サマリー(4日)ドル下落、米株急伸 米債利回り低下

<為替> ドルが主要通貨バスケットに対し下落し、1週間ぶり安値を付けた。米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長が75ベーシスポイント(bp)利上げに否定的な見方を示したことに反応した。

訂正-米国株式市場=急伸、想定通りのFRB大幅利上げ受け

米国株式市場は、連邦準備理事会(FRB)が予想通りに利上げを決定したことを受け急伸し、S&P総合500種の1日としての上昇率は約2年ぶり(訂正)の大きさとなった。

ウーバー、第1四半期業績予想上回る 今期営業利益見通しも堅調

米配車大手ウーバー・テクノロジーが4日発表した第1・四半期決算は営業利益と売上高が市場予想を上回った。第2・四半期について堅調な見通しを示したほか、ドライバーの取り込みに向けインセンティブ(報奨金)を引き上げる必要はないとの見方を示した。

米リフト、第2四半期見通しさえず株価急落 運転手獲得へ支出拡大

米配車大手リフトは3日、運転手の取り込みに支出拡大が必要だとして第2・四半期の営業利益についてさえない見通しを示した。売上高見通しも市場予想を下回り、株価は引け後の時間外取引で25%急落した。

トヨタ子会社ウーブン、自動運転開発に安価なカメラ採用

トヨタ自動車傘下の子会社、ウーブン・プラネット・ホールディングスは、高価なレーダーセンサーを利用しない自動運転技術の開発を進めていると明らかにした。

米リフト、21年は調整後で初の黒字 オミクロン株で業績減速予想

米配車大手リフトが8日発表した2021年の調整後損益は初の黒字を達成した。空港送迎料金の上昇や、第4・四半期に利用者やドライバー数が回復したことが追い風となった。

米リフト、通年調整後損益が初の黒字 四半期売上高も予想上回る

米配車大手リフトが8日発表した2021年の調整後損益は初の黒字を達成した。第4・四半期に利用者やドライバー数が回復したことが追い風となった。

米当局、オミクロン流入は不可避と認識 南アなど対象に入国制限

米保健当局は28日、南アフリカで最初に見つかった新型コロナウイルスの新たな変異株・オミクロン株が流入する可能性に米国民は備える必要があると訴えた。また、南アなどが対象の渡航制限によって、同株を巡る新たなリスクを検証する時間的猶予が確保されるとの認識を示した。

オミクロン株の明確な情報に2週間必要、米大統領にファウチ氏説明

米国立アレルギー感染症研究所のファウチ所長は28日、バイデン大統領に対し、新型コロナウイルス「オミクロン」株について明確な情報を得るには約2週間かかるとの認識を示した。

UPDATE 2-米国株式市場=連日の最高値、FOMC受け

(個別銘柄や出来高を追加しました) [3日 ロイター] - 米国株式市場は主要株価3指数が上昇し、最高値を更新した。米連邦準備理事 会(FRB)は3日まで開催した米連邦公開市場委員会(FOMC)で予想通り、テーパリング(量的緩和 の縮小)を月内に開始すると決定した。 S&P総合500種とナスダック総合は5営業日連続、ダウ工業株30種は4営 業日連続で、終値での最高値を更新した。 LPLフィナンシャルのチーフ市場ストラテジスト、ライアン・デトリック氏は「FRBは今回は波風 を立てなかった」とし、「FRBがとり得る措置は事前に比較的十分に知...

米リフト、第3四半期の調整後EBITDAが2四半期連続で黒字に

米配車大手リフトが2日発表した第3・四半期(9月30日まで)決算は、調整後EBITDA(利払い・税引き・償却前利益)が6730万ドルと2四半期連続の黒字化を達成した。パンデミック(世界的大流行)関連のコスト削減が寄与したほか、ドライバー数や乗客数が回復した。市場予想は3070万ドルだった。

米ウーバー、第3四半期に黒字化達成も 配車事業回復で

米配車大手ウーバー・テクノロジーズは21日、第3・四半期の調整後利払い・税・償却前損益(EBITDA)の予想レンジを2500万ドルの赤字─2500万ドルの黒字とし、予想よりも早く黒字化する可能性があるとの見通しを示した。料理宅配事業が堅調に推移しているほか、配車事業が新型コロナウイルス禍の落ち込みから回復しているという。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up