for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

LYFT Inc

LYFT.O

現在値

48.12USD

変化

0.00(-0.00%)

出来高

2,914,371

本日のレンジ

47.76

 - 

49.14

52週レンジ

21.34

 - 

68.28

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
48.12
始値
48.34
出来高
2,914,371
3か月平均出来高
103.30
高値
49.14
安値
47.76
52週高値
68.28
52週安値
21.34
発行済株式数
335.27
時価総額
16,200.46
予想PER
-124.28
配当利回り
--

次のエベント

Q3 2021 Lyft Inc Earnings Release

適時開示

その他

Lyft Reports Q2 Revenue Of $765.0 Million

Lyft Inc Expects Adjusted EBITDA Loss Of $35 Mln To $45 Mln In Q2 - Conf Call

Lyft plans to increase driver incentives in coming months- spokesman

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

LYFT Incとは

リフト(LYFT Inc.)は、オンデマンドの輸送のサービス化(TaaS)プロバイダーである。【事業内容】同社はライドヘイリング・サービスを提供するピアツーピア輸送とオンデマンドのライドシェア・プラットフォームを提供する。同社はスマートフォン・アプリケーションを介して乗り物を求めている乗客とドライバーをマッチさせ、乗客がアプリケーションを介して自動的に料金を支払う。同社は、カーシェアリングと輸送サービスを提供するために、ドライバーをライダーとつなぐライドシェア市場を提供する。同社はまた、短距離旅行を探しているライダーのニーズに応えるために、各都市にシェアバイクとスクーターのネットワークを運営する。付近の交通サービスは、サードパーティの公共交通データをLyftアプリに統合して、ライダーに交通機関の選択肢を提供する。同社は毎日の通勤向けの毎月の乗車クレジット、通勤の最初と最後の停留所向け乗り物、深夜の家への乗り物とシャトル交換乗り物の提供によって公共交通機関を補うことを含む各種企業プログラムを提供する。

業種

Computer Services

連絡先

185 Berry St Ste 5000

SAN FRANCISCO, CA

94107-2503

United States

+1.302.5310855

https://www.lyft.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Prashant K. Aggarwal

Independent Chairman of the board

John Patrick Zimmer

President, Vice Chairman of the Board, Co-Founder

Logan D. Green

Chief Executive Officer, Co-Founder, Director

Brian Roberts

Chief Financial Officer

Kristin Sverchek

General Counsel, Secretary

統計

2.20 mean rating - 45 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2018

2.2K

2019

3.6K

2020

2.4K

2021(E)

3.2K
EPS (USD)

2019

-11.440

2020

-2.660

2021(E)

-0.391
株価売上高倍率(過去12カ月)
--
株価売上高倍率(過去12カ月)
6.63
株価純資産倍率(四半期)
11.87
株価キャッシュフロー倍率
--
総負債/総資本(四半期)
53.33
長期負債/資本(四半期)
49.12
投資利益率(過去12カ月)
-57.91
自己資本利益率(過去12カ月)
-32.64

最新ニュース

最新ニュース

米ウーバー、第3四半期に黒字化達成も 配車事業回復で

米配車大手ウーバー・テクノロジーズは21日、第3・四半期の調整後利払い・税・償却前損益(EBITDA)の予想レンジを2500万ドルの赤字─2500万ドルの黒字とし、予想よりも早く黒字化する可能性があるとの見通しを示した。料理宅配事業が堅調に推移しているほか、配車事業が新型コロナウイルス禍の落ち込みから回復しているという。

米テキサス州の中絶禁止法、企業から批判や対抗策の表明相次ぐ

米テキサス州で1日に人工妊娠中絶をほぼ禁じる州法が発効したことに対し、米企業から厳しい批判や独自の対抗策の表明が相次いだ。一部企業の間では社会的責任への強い関与を示す努力が強まっていることの表れだ。

グーグル、オフィス勤務再開を来年1月に先送り 感染状況不透明

米アルファベット傘下のグーグルは、新型コロナウイルス感染拡大により世界的に不透明感が高まっていることから、従業員の自主的なオフィス勤務再開を来年1月に先送りする。ピチャイ最高経営責任者(CEO)が31日、明らかにした。

UPDATE 1-米ウーバー、第2四半期は赤字拡大 運転手奨励金が圧迫

米配車大手ウーバー・テクノロジーズが4日発表した第2・四半期決算は赤字幅が拡大した。配車および料理宅配事業は底堅く推移したものの、運転手向け奨励金が収益を圧迫した。

米リフト、第2四半期は調整後で初の黒字 ドライバー不足警告

米配車大手リフトが3日発表した第2・四半期(6月まで)決算は調整後のEBITDA(利払い・税引き・償却前利益)が2380万ドルとなり、目標より1四半期早く黒字化を達成した。コスト抑制や乗客数の回復が寄与した。黒字計上は2012年の創業以来初めて。市場予想は約5000万ドルの赤字だった。

米リフトが第2四半期に黒字化、創業来初 目標より1四半期早く

米配車大手リフトが3日発表した第2・四半期(6月まで)決算は調整後のEBITDA(利払い・税引き・償却前利益)が2380万ドルとなり、目標より1四半期早く黒字化を達成した。コスト抑制や乗客数の回復が寄与した。黒字計上は2012年の創業以来初めて。市場予想は約5000万ドルの赤字だった。

トヨタ、ウーブンが道路情報解析の米社買収 自動運転技術を強化

トヨタ自動車の子会社ウーブン・プラネット・ホールディングス(東京・中央)は15日、自動運転車両のための道路情報解析を行う米カーメラを買収すると発表した。買収額は非公表。自動運転を巡っては、自動車メーカーのほか、アップルやアマゾンといった巨大IT企業も参入するなど競争が激化。トヨタはAI(人工知能)技術を駆使した高精度な情報解析を強みとするカーメラを傘下に入れ、自動運転技術の高度化と開発を加速する。

トヨタ、ウーブンが道路情報解析の米社買収 自動運転技術を強化

トヨタ自動車は15日、子会社ウーブン・プラネット・ホールディングス(東京・中央)を通じ、自動運転車両のための道路情報解析を行う米カーメラを買収すると発表した。買収額は非公表。自動運転を巡っては、自動車メーカーのほか、アップルやアマゾンといった巨大IT企業も参入するなど競争が激化。トヨタはAI(人工知能)技術を駆使した高精度な情報解析を強みとするカーメラを傘下に入れ、自動運転技術の高度化と開発を加速する。

米リフトが電力会社と提携、相乗りEV貸し出し実験

米配車大手リフトは15日、カリフォルニア州サンマテオ郡のサンフランシスコ・ベイエリアの一部で地元の電力会社と提携し、相乗りの運転者向けに電気自動車(EV)を貸し出す実験を今年秋から始めると発表した。

米予算教書、「ギグワーカー」の権利強化に支出増やす

バイデン米大統領は28日に発表した、2022会計年度(21年10月〜22年9月)の予算教書で、労働省の賃金・労働時間部門への予算を増やそうとしている。この部門では、単発で仕事を請け負う「ギグワーカー」が、独立請負人と誤って区分され、各種手当てが受けられないケースがないかを調査している。

米ウーバーとリフト、ワクチン接種拠点への無料・割引送迎開始

米配車サービス大手のウーバー・テクノロジーズとリフトがホワイトハウスと協力して実施する新型コロナウイルスワクチン接種拠点への無料ないし割引の送迎プログラムが24日、始まった。バイデン大統領が2週間前、7月4日の独立記念日までの米成人7割接種を目標に、2社と連携すると発表していた。

米加州当局、ウーバー・リフト車両にEV目標 走行距離の9割

米カリフォルニア州大気資源局(CARB)は20日、配車大手ウーバー・テクノロジーズとリフトに対し、2030年までに配車サービスの大部分を電気自動車(EV)で行うよう義務付ける規則を全会一致で採択した。こうした規制は米国の州では初めて。

米政府、ワクチン接種加速に腐心 ウーバーなどの乗車無料に

米ホワイトハウスは11日、新型コロナウイルスワクチンの接種ペース加速に向け、配車サービスのウーバーやリフトと連携し、ワクチン接種に向かう人の乗車料金を支援すると発表した。

バイデン米政権、ギグワーカー巡る前政権の規則撤回 権利保護重視

バイデン米政権は5日、運転手や配達員など単発で仕事を請け負う「ギグワーカー」を従業員ではなく独立した請負業者と分類することを容易にするトランプ前政権の規則の撤回を決めた。労働者の権利保護強化に政策を転換させる可能性を示唆した。

ウーバー、第1四半期は赤字縮小 運転手関連費巡る懸念で株価下落

米配車大手ウーバー・テクノロジーズが5日発表した第1・四半期決算は、調整後の利払い・税・償却前損益(EBITDA)が3億5900万ドルの赤字と、前四半期から赤字幅が約1億ドル縮小した。ただ、同社が運転手の報酬引き上げを示唆し、米国の運転手について社会保障費負担が増える可能性も浮上したため、株価は下落した。

米ウーバー、第1四半期は赤字幅縮小 料理宅配事業好調

米配車大手ウーバー・テクノロジーズが5日発表した第1・四半期決算は、調整後の利払い・税・償却前損益(EBITDA)が3億5900万ドルの赤字と、前四半期から赤字幅が約1億ドル縮小した。料理宅配事業が引き続き好調だった。ただ、配車事業の予約件数は前四半期比で横ばいとなった。

米リフト、第1四半期は小幅な赤字 第3四半期から黒字維持へ

米配車サービス大手リフトが4日発表した第1・四半期決算は、調整後ベースの赤字が市場予想よりもかなり小幅にとどまった。コスト削減により第3・四半期以降、調整後で黒字を維持できるとの見通しを示した。

単発請け負いの「ギグワーカー」、大半は従業員と分類すべき=米労働長官

ウォルシュ米労働長官は29日、運転手や配達員など単発で仕事を請け負う「ギグワーカー」について、米国では大半が「従業員」に分類されるべきだとの考えを示した。

米、ウーバーアプリでワクチン接種予約 レンタカー予約も

米配車大手ウーバー・テクノロジーズは28日、アプリを使って新型コロナウイルスワクチンの接種予約ができるサービスを米国内で提供すると発表した。

トヨタ、米リフトの自動運転部門を買収 5.5億ドル

トヨタ自動車は自動運転技術を担う子会社を通じ、米配車サービス大手リフトの自動運転部門「レベル5」を5億5000万ドルで買収する。トヨタとリフトが発表した。トヨタは同分野の開発体制を強化する。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up