for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

メイシーズ・インク

M.N

前日終値

15.72USD

変化

0.42(+2.75%)

出来高

1,979,948

本日のレンジ

15.48

 - 

15.89

52週レンジ

14.11

 - 

38.35

∙ 約15分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
15.30
始値
15.48
出来高
1,979,948
3か月平均出来高
276.43
高値
15.89
安値
15.48
52週高値
38.35
52週安値
14.11
発行済株式数
308.91
時価総額
4,856.14
予想PER
5.54
配当利回り
9.61

次のエベント

Q3 2019 Macy's Inc Earnings Release

適時開示

その他

Macy's Begins Search For Bluemercury CEO; To Consider Internal, External Candidates

Macy's Says Targeting Annual $400 Mln-$550 Mln Of Gross Margin And Sg&A Benefits Over Next Two To Four Years - Goldman Sachs Retail Conf

Macy’s Board Declares Quarterly Dividend

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

メイシーズ・インクとは

メーシーズ(Macy’s, Inc.)は「Macy’s」、「Bloomingdale’s」と「Bluemercury」というブランドで店舗、ウェブサイトとモバイル・アプリケーションを運営する小売業者である。【事業内容】同社は男性、女性と子供用アパレルとアクセサリー、化粧品、家具及び他の消費財を含む各種製品を販売する。子会社は小売業務にサポート機能を提供する。銀行子会社であるFDS BankはCitibank N.Aの子会社であるDepartment Stores National Bank (DSNB)またはFDS Bankの子会社が所有するクレジット・カード・アカウントに関連するクレジット処理、特定コレクション、 顧客サービスとクレジット・マーケティング・サービスを提供する。同社が提供するプライベート・ブランドは「Alfani」、「American Rag」、「Aqua」、「Bar III」、「Belgique」、「Charter Club」、「Club Room」、「Epic Threads」、「First Impression」、「Giani Bernini」、「Tasso Elba」の「Greg Norman」、「Holiday Lane」、「Home Design」、「Hotel Collection」 、「John Ashford」、「Karen Scott」、「Thalia Sodi」、「lune + aster」を含む。

業種

Retail (Department & Discount)

連絡先

7 W 7th St

+1.513.5797000

http://www.macysinc.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Jeffrey Gennette

Chairman of the Board, Chief Executive Officer

Harry A. Lawton

President

Paula A. Price

Chief Financial Officer, Executive Vice President

Danielle L. Kirgan

Chief Human Resource Officer, Executive Vice President

Elisa Garcia

Executive Vice President, Chief Legal Officer and Secretary

統計

3.29 mean rating - 17 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2017

25.8K

2018

24.8K

2019

25.0K

2020(E)

24.9K
EPS (USD)

2017

3.110

2018

3.770

2019

4.180

2020(E)

2.820
株価売上高倍率(過去12カ月)
4.87
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.19
株価純資産倍率(四半期)
0.77
株価キャッシュフロー倍率
2.46
総負債/総資本(四半期)
74.60
長期負債/資本(四半期)
74.49
投資利益率(過去12カ月)
6.60
自己資本利益率(過去12カ月)
5.11

最新ニュース

最新ニュース

米年末商戦売り上げ、最大4.2%増に 昨年から増加=NRF

全米小売業協会(NRF)は3日、2019年の米年末商戦の小売売上高(自動車・ガソリンスタンド・外食除く)が3.8─4.2%増になるとの見通しを示した。金額ベースでは7279億─7307億ドル。

〔GRAPHIC〕米中貿易摩擦で対中輸出減少のアジア、生き残り策を模索

タイは外国企業誘致を狙った法改正や税制優遇措置を柱とする「移転パッケージ」を発表。マレーシアも企業を誘致するため投資承認を加速する委員会を設置し、今月に入って5億ドル超の計画を承認したと明らかにした。

アングル:米国で洋服レンタル急拡大、実店舗と「共食い」懸念も

ニュージャージーの博物館で広報担当者として働くリサ・バティットさん(54歳)は、もう服を買うことはほとんどないという。レンタルするようになったからだ。

コラム:米中対立で逆風の小売り業界、ウォルマート上方修正の訳

米国の小売り業界は、非常に厳しい状況に直面している。しかし、最大手のウォルマート<WMT.N>は何が起きても乗り切ることができるようだ。少なくとも業績の面ではそのように見える。

再送-NY市場サマリー(14日)

(債券のリポートで、米2・10年債利回り差の検索コードを修正して再送します。) [14日 ロイター] - <為替> 円とドル指数が上昇。米長短金利差が2007年以来初めて逆転したこと を受け、世界の景気後退が差し迫っているという懸念が広がり、安全資産と見なされる通 貨への逃避買いが膨らんだ。 米2年債と10年債の利回りは07年以来初めて逆転。逆イールドはリセッション( 景気後退)の兆候と捉えられていることから、世界の市場には動揺が走った。中国やドイ ツの経済指標が低調な結果に終わったことや、米中通商協議の進展を巡る楽観的な見方が 後退したことも...

UPDATE 1-米国株式市場=ダウ800ドル安、下げ幅は昨年10月以降最大

(情報を追加しました) [ニューヨーク 14日 ロイター] - 米国株式市場は大幅安となり、主要3指数 は揃って約3%下落した。ダウ工業株30種は800.49ドル安で終了し、下げ幅は2 018年10月以降で最大だった。米国債の長短金利が12年ぶりに一時逆転したことを 受け、景気後退懸念が高まった。 景気後退(リセッション)入りの兆候とされる長短金利の逆転に加え、ドイツと中国 の経済指標が軟調となったことで、米中貿易戦争や英国の欧州連合(EU)離脱のほか、 地政学的な緊張の高まりにより世界経済が減速しつつある可能性が示唆された。 ホライゾン・インベストメント・サービシズ...

WRAPUP 2-米国、中国製品3000億ドル相当に10%追加関税発動へ 協議進展なく

トランプ米大統領は1日、3000億ドル相当の中国製品に対し10%の制裁関税を課すと発表した。9月1日に発動する。閣僚級の米中通商協議が7月末に再開したものの進展がみられないこと背景にあり、貿易摩擦が再び悪化する恐れがある。

米政権、対中追加関税発動なら消費者の負担は122億ドル=全米小売業協会

全米小売業協会(NRF)は21日、トランプ米政権が追加的に3000億ドルの中国製品に対する関税措置を発動させた場合、衣料品、履物、玩具、家庭用品などが影響を受け、米国の消費者が被るコストは122億ドルに上るとの試算を示した。

対中関税第4弾、JCペニーとメーシーズが衣料品などの除外訴え

米百貨店JCペニー<JCP.N>とメーシーズ<M.N>は20日、トランプ大統領が検討している第4弾の対中制裁関税について、衣料品や靴を対象から外すよう訴えた。

焦点:米小売業の先行きに暗雲、対中トランプ関税のとばっちり

米小売企業にとって、今年前半は好調な期間となるはずだった。国内の消費者心理は底堅く、多くの企業がその将来性に着目する中国で市場が拡大しているからだ。

アングル:米国の対中追加関税、自国企業に与える影響

米トランプ政権による中国製品への輸入関税引き上げを受け、多くの米消費関連企業が業績に悪影響が及ぶとの懸念を示した。米政府は先週、中国からの輸入品2000億ドル相当に対する関税率を10%から25%に引き上げた。

小売りが決算発表、米中貿易摩擦の影響に注目=今週の米株式市場

20日に始まる週の米国株式市場は、ホーム・デポ<HD.N>、ノードストローム<JWN.N>、コールズ<KSS.N>、ターゲット<TGT.N>など小売り企業が決算発表を予定しているが、米中貿易摩擦の影響が注目されそうだ。

NY市場サマリー(15日)

<為替> トランプ米大統領が自動車と自動車部品に対する追加関税導入を巡る決定 を最大6カ月先送りする可能性があると伝わったことを受け、ユーロが対ドルで下げ幅を 縮小した。 商務省は2月、通商拡大法232条に基づく自動車関税についての報告書をトランプ 大統領に提出したが、報告書が勧告する措置について今月18日までに最終決定すること になっている。これについて高官3人はロイターに対し、貿易を巡る新たな対立を回避す るため、導入の判断が最大6カ月先送りされる見通しであることを明らかにした。[nL4N2 2R4GF] この日はイタリアのサルビーニ...

UPDATE 1-米国株式市場=上昇、自動車関税延期の報道で通商懸念和らぐ

(内容を追加しました) [ニューヨーク 15日 ロイター] - 米国株式市場は続伸。ダ ウ平均株価は115ドル高で取引を終えた。経済指標はさえない内容だ ったが、トランプ米大統領が輸入車などに対する追加関税導入の判断を 先送りするとの報道を受け、経済成長への懸念が後退した。 複数の政府高官がロイターに明らかにしたところによると、トラン プ大統領は輸入車に対する追加関税導入の判断を最大6カ月先送りする 方針で、18日までに正式発表する見通し。またムニューシン財務長官 は、カナダやメキシコとの鉄鋼・アルミ輸入関税問題で解決が近づいて いるとの...

再送-UPDATE 2-米メーシーズ、2─4月利益・既存店売上高が予想超え 関税に懸念

米百貨店メーシーズの第1・四半期(5月4日まで)決算は、既存店売上高と利益が市場予想を上回った。インターネット通販やアウトレット店での販売が好調だった。

メーシーズ、2─4月利益・既存店売上高が予想超え 株価寄り前7%高

米百貨店メーシーズの第1・四半期(5月4日まで)決算は、既存店売上高と利益が市場予想を上回った。インターネット通販やアウトレット店での販売が好調だった。

NY市場サマリー(1日)

アマゾンの見通しは失望感を誘い、ナスダック総合は下落。小売株にも売り は広がり、S&P一般消費財株は1.77%安。ウォルマート、メーシ ーズ、コールズはいずれも2%下落した。 1月の雇用統計は、非農業部門の雇用者数が30万4000人増加し、2018年2 月以来の大幅な伸びとなった。予想の16万5000人増も上回った。 その他、1月のISM製造業景気指数も予想を上回り、米経済の基調的な力強さを示 した。 ただ、中国経済減速を巡る懸念はくすぶる。財新/マークイットが発表した1月の中 国製造業購買担当者景気指数(PMI)は節目の50を2カ月連続...

米国株式市場=まちまち、雇用統計好調もアマゾンの低調な見通しが圧迫

米国株式市場はまちまち。朝方発表された 好調な1月米雇用統計を受け明るい見方が広がったものの、アマゾン・ ドット・コムの低調な見通しが影を落とし、小売株に売りが出 た。 アマゾンは5.38%安で終了。前日引け後に発表した第4・四半 期決算は堅調な内容だったが、第1・四半期売上高見通しが市場予想を 下回ったことが嫌気された。 アマゾンの見通しは失望感を誘い、ナスダック総合は下落 。小売株にも売りは広がり、S&P一般消費財株は1.77 %安。ウォルマート、メーシーズ、コールズはい ずれも2%下落した。 1月の雇用統計は、非農業部門の雇用者数...

米国株は6日ぶり小反落、エネルギー株が安い 来週本格化の企業決算に注目

米国株式市場は6営業日ぶりに小幅反落。エネルギー株が売られた。来週から本格化する企業決算の発表が注目される。

米国株式市場は5日続伸、FRB議長発言受け値動き荒い展開

米国株式市場は5営業日続伸して取引を終えた。パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長の講演での発言を受けて値動きの荒い展開となった。また百貨店大手メーシーズが業績見通しを下方修正し、小売株が売られた。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも15分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up