for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

マスターカード

MA.N

現在値

334.44USD

変化

-0.47(-0.14%)

出来高

951,120

本日のレンジ

331.78

 - 

336.79

52週レンジ

200.00

 - 

367.22

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
334.91
始値
334.41
出来高
951,120
3か月平均出来高
83.45
高値
336.79
安値
331.78
52週高値
367.22
52週安値
200.00
発行済株式数
996.93
時価総額
333,880.30
予想PER
51.33
配当利回り
0.53

次のエベント

Q4 2020 Mastercard Inc Earnings Release

適時開示

その他

Mastercard Pioneers Cloud Tap On Phone, Its First Pilot Of Cloud Point Of Sale (Pos) Acceptance Technology

Mastercard Says 2020 U.S. Holiday Retail Sales Rose 3.0%

Ocado Group To Appoint Richard Haythornthwaite As Independent Non-Executive Chairman

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

マスターカードとは

マスターカード(Mastercard Inc)は、世界中の消費者、金融機関、商人、政府及び企業を結び、電子決済を利用できる技術会社である。【事業内容】「MasterCard」、「Maestro」、「Cirrus」等ブランドで決済ソリューション・サービスの提供によって支払を実施する。顧客がカード所有者に提供できる支払い商品をサポートする製品・ソリューションを提供する。提供するサービスは、カード所有者、商人、金融機関、企業、政府及びその他のグローバルな市場の組織間のコアネットワークでの取引を促進する。消費者信用、消費者デビット、プリペイド及びコマーシャル等製品を提供する。また、サイバー製品やインテリジェンス製品、情報・分析サービス、コンサルティング、ロイヤルティ・報酬プログラム、処理ソリューション等統合された製品も提供する。

業種

Consumer Financial Services

連絡先

2000 Purchase St

PURCHASE, NY

10577-2405

United States

+1.914.2492000

https://investor.mastercard.com/investor-relations/default.aspx

エグゼクティブリーダーシップ

Ajaypal Singh Banga

Executive Chairman of the Board

Michael Miebach

President, Chief Executive Officer, Director

Ann M. Cairns

Vice Chairman of the Board

Sachin J. Mehra

Chief Financial Officer

Mark Barnett

President - European Business

統計

1.82 mean rating - 39 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2017

12.5K

2018

15.0K

2019

16.9K

2020(E)

15.2K
EPS (USD)

2017

4.580

2018

6.490

2019

7.770

2020(E)

6.350
株価売上高倍率(過去12カ月)
50.46
株価売上高倍率(過去12カ月)
21.41
株価純資産倍率(四半期)
57.67
株価キャッシュフロー倍率
45.89
総負債/総資本(四半期)
216.94
長期負債/資本(四半期)
216.94
投資利益率(過去12カ月)
36.49
自己資本利益率(過去12カ月)
23.27

最新ニュース

最新ニュース

ウォルマートとディズニーも献金停止、バイデン氏認定反対議員に

米小売り大手ウォルマートと娯楽大手のウォルト・ディズニーは12日、バイデン氏の大統領選勝利認定に反対した議員への献金を停止する方針を示した。

ウォルマート、バイデン氏勝利認定反対議員への献金を無期限停止

米小売り大手ウォルマートは12日、バイデン氏の大統領選勝利認定に反対した議員への献金を無期限に停止する方針を示した。

議会乱入で米企業の献金停止相次ぐ、バイデン氏承認反対議員に

トランプ米大統領の支持者が連邦議会議事堂に乱入した問題を受け、バイデン氏の大統領選勝利認定に反対した議員への献金を停止する企業が相次いでいる。

NY市場サマリー(30日)米国株は小幅高、ドル下落

<為替> 米国の追加財政政策に対する期待が高まっていることで安全通貨としてのドルの需要が減退し、ユーロ、豪ドル、ニュージーランドドルが対ドルで2018年4月以来の高値を付けた。ただクリスマスと新年の間にはさまれ、商いは薄かった。

米株は反発、ダウ73ドル高 来年の景気回復先取り

米国株式市場は小幅高となり、ダウ工業株30種は73ドル高で取引を終えた。新型コロナウイルスワクチンの展開や追加財政刺激策への期待が広がる中、来年の景気回復を先取りする動きとなった。

米年末商戦の小売売上高は3%増、ネット販売好調=マスターカード

クレジットカード大手マスターカードが26日に公表した10月11日─12月24日までの利用状況をまとめた「スペンディングパルス」調査によると、今年の米年末商戦の小売売上高は、前年比3%増加した。新型コロナウイルスの影響でネット販売が特に好調だった。

米ビザ、7─9月は23%減益 コロナ禍で消費支出の低迷続く

米クレジットカード最大手ビザ<V.N>が28日発表した第4・四半期(9月30日まで)決算は23%の減益となり、市場予想を下回った。新型コロナウイルス禍に伴う失業者の増加が消費支出を引き続き圧迫した。

コラム:アント、調達額は企業価値2000億ドル超えか 香港と上海で上場へ

中国電子商取引の最大手アリババ・グループ<BABA.N><9988.HK>傘下の金融技術会社アント・グループは25日、香港と上海での重複上場を申請した。アントの企業価値は2000億ドルともみられているが、同社は株式公開で、これを大きく上回る資金をのみ込むことになるかもしれない。調達額は世界でも最大級になる可能性がある。

アングル:フェイスブック決済事業の野望、ブラジルで突如停止に

チャットアプリ「ワッツアップ」を使う何百万人ものユーザーが、テキストメッセージを送るような手軽さで送金できるようになる──。米フェイスブック<FB.O>の思い描いた絶好のビジネスチャンスが、土壇場で壁にぶち当たった。

アメックス、第2四半期は85%減益 コロナ禍でカード利用低迷

米クレジットカード大手アメリカン・エキスプレス(アメックス)<AXP.N>が24日発表した第2・四半期決算は85%の減益となった。新型コロナウイルス感染抑制に向けた世界的なロックダウン(都市封鎖)がカード利用に響いた。

ドイツ検察、資金洗浄の疑いでワイヤーカード捜査

ドイツ検察が独決済サービス大手ワイヤーカード<WDIG.DE>に対し、マネーロンダリング(資金洗浄)の容疑で捜査を行っていることが9日、分かった。ミュンヘン検察当局の報道官が明らかにした。

焦点:コロナが問うオフィスの存在意義、NYの象徴にも変化の波

マンハッタンにそびえるエンパイアステートビルは、約90年にわたり米国の経済力の象徴だった。だが最近では、新型コロナウイルスとの困難な戦いの象徴になっている。

ユーロ圏の大手16行、欧州独自の決済システム立ち上げ 22年稼働へ

ドイツ、フランスなどのユーロ圏5カ国の大手銀行16行は2日、欧州独自の決済システムを2022年に立ち上げる計画を発表した。現在は現金が半分を占める小売店の支払いを含め、決済の完全なデジタル化を推進する。

カード決済手数料、上限規制の導入が引き下げに貢献=欧州委

欧州連合(EU)欧州委員会の独占禁止当局は29日、クレジットカードやデビットカードによる決済に対して小売業者側が負担する手数料の引き下げに、上限規制の導入が役立ったとの見解を示した。

〔情報BOX〕新型コロナウイルスを巡る海外の状況(21日現在)

米厚生省は21日、英製薬大手アストラゼネカ<AZN.L>と英オックスフォード大学が開発を進めている新型コロナウイルスのワクチン開発に最大12億ドルの資金援助を行うと発表した。ワクチンを3億回分発注したことも明らかにした。

米マスターカード、長期の在宅勤務許可へ オフィス再編も検討

クレジットカード大手・マスターカード<MA.N>は、新型コロナウイルスに対するワクチンが入手可能となるまで全世界の従業員にオフィスに戻るよう求めない方針を示した。幹部が20日、ロイターに明らかにした。

焦点:ヘッジファンド、そろりリスクオン 「極度の不安後退」

3月の市場の混乱で打撃を受けたヘッジファンドの一部が、そろりとリスクオンに動いている。新型コロナウイルスの流行が米国の一部のホットスポット(一大感染地)で峠を越えたのではないかとの見方が支えになっているようだ。

米ペイパル、第1四半期売上高が予想下限に 新型ウイルスが影響

米決済サービス大手ペイパル<PYPL.O>は27日、新型コロナウイルスの感染拡大が世界的なオンライン取引の打撃となり、第1・四半期の売上高は従来予想レンジの下限になると発表した。

米国株市場はダウ・S&P3%安、新型ウイルス懸念拡大で下げ止まらず

米国株式市場は4日続落し、ダウ工業株30種とS&P総合500種は3%安となった。新型コロナウイルスの感染が世界的に拡大する中、経済への影響を巡る不透明感からリスク回避の動きが加速した。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up