for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

マスターカード

MA.N

現在値

360.73USD

変化

-5.57(-1.52%)

出来高

1,021,870

本日のレンジ

359.89

 - 

369.30

52週レンジ

306.00

 - 

401.40

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
366.30
始値
363.09
出来高
1,021,870
3か月平均出来高
106.02
高値
369.30
安値
359.89
52週高値
401.40
52週安値
306.00
発行済株式数
982.71
時価総額
359,910.80
予想PER
44.32
配当利回り
0.54

次のエベント

Q4 2021 Mastercard Inc Earnings Release

適時開示

その他

Mastercard SpendingPulse Data Shows U.S. Retail Sales Grew 8.5% This Holiday Season

Mastercard Inc Appoints Gilberto Caldart As Vice Chair Of Senior Client Partnerships And Relationships

Mastercard Inc Increased QTRLY Cash Dividend By 11 Percent To 49 Cents Per Share

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

マスターカードとは

マスターカード(Mastercard Inc)は、世界中の消費者、金融機関、商人、政府、企業をつなぐテクノロジー企業であり、電子決済を利用できるようにする。「MasterCard」、「Maestro」、「Cirrus」などのブランドを使用してさまざまな支払いソリューションとサービスを作成することにより、ユーザーが支払いを行うことを許可する。顧客がカード所有者に提供できる決済製品をサポートするさまざまな製品とソリューションを提供する。サービスは、アカウント所有者、加盟店、金融機関、企業、政府、および世界市場の他の組織間のコアネットワークでの取引を容易にする。製品には、消費者信用、消費者借方、プリペイドおよび商業信用および借方が含まれる。また、サイバーおよびインテリジェンス製品、情報および分析サービス、ID検証サービス、コンサルティング、ロイヤルティおよびリワードプログラム、処理、オープンバンキングなどの統合されたサービスも提供する。

業種

Consumer Financial Services

連絡先

2000 Purchase St

PURCHASE, NY

10577-2405

United States

+1.914.2492000

https://investor.mastercard.com/investor-relations/default.aspx

エグゼクティブリーダーシップ

Merit E. Janow

Non-Executive Independent Chairman of the Board

Michael Miebach

President, Chief Executive Officer, Director

Ann Cairns

Vice Chairman of the Board

Sachin J. Mehra

Chief Financial Officer

Mark Barnett

President - Europe

統計

1.80 mean rating - 41 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2018

15.0K

2019

16.9K

2020

15.3K

2021(E)

18.8K
EPS (USD)

2018

6.490

2019

7.770

2020

6.430

2021(E)

8.271
株価売上高倍率(過去12カ月)
45.04
株価売上高倍率(過去12カ月)
20.23
株価純資産倍率(四半期)
53.77
株価キャッシュフロー倍率
40.99
総負債/総資本(四半期)
206.79
長期負債/資本(四半期)
197.09
投資利益率(過去12カ月)
35.73
自己資本利益率(過去12カ月)
24.16

最新ニュース

最新ニュース

米ホリデーシーズンの店頭販売、ワクチン接種率の低い州で好調

米マスターカードのホリデーシーズンの販売データ分析によると、米国では今年のホリデーシーズンに実店舗を訪れた消費者が多く、特に新型コロナウイルスワクチンの接種完了率が60%未満の一部の州で販売が好調だった。

今日の株式見通し=反発、米株高で日経2万9000円回復

きょうの東京株式市場で日経平均株価は反発が想定されている。27日の米国株式市場の堅調な流れを受け、東京株式市場では幅広い業種で買いが入り、全面高の展開になるとみられている。日経平均は心理的節目である2万9000円、TOPIXは2000ポイントを回復する可能性が高い。

米年末商戦の小売売上高8.5%増、ネット販売好調=マスターカード

米クレジットカード大手・マスターカードが26日に発表した11月1日─12月24日の利用状況によると、今年の米年末商戦の小売売上高は前年比8.5%増加した。電子商取引(EC)の急増がけん引した。

米国株式市場=反発、オミクロン株による影響消化

米国株式市場は反発して取引を終えた。新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」出現による影響を消化する中、このところの売りで値下がりした銘柄に買いが入った。

米サイバーマンデー売上高、前年比横ばいか 商品不足や値引き減で

米感謝祭後に展開されるインターネット通販の大規模セール「サイバーマンデー」が29日始まった。今年は世界的なサプライチェーン混乱に伴う商品不足や値引きの減少などが響き、売り上げは前年比でほぼ横ばいとなる公算が大きい。

米サイバーマンデー売上高、前年比横ばいか 商品不足や値引き減で

米感謝祭後に展開されるインターネット通販の大規模セール「サイバーマンデー」が29日始まった。今年は世界的なサプライチェーン混乱に伴う商品不足や値引きの減少などが響き、売り上げは減速する公算が大きい。

米ブラックフライデー、ネット購入が小幅減 実店舗客足は増加

米年末商戦の幕開けとなる感謝祭翌日「ブラックフライデー」の今年のオンライン支出は、新型コロナウイルスへの懸念や供給制約などで、前年から小幅減少した。一方、実店舗の客足は前年よりも増えた。

アマゾンの英国でのビザカード停止、解決する見込み=ビザCFO

米アマゾン・ドット・コムが英国で発行された米クレジットカード大手ビザのクレジットカード受け入れを来年1月中旬から停止すると発表した問題で、ビザのプラブ最高財務責任者(CFO)は19日、同問題は解決する見込みと述べた。

アマゾン、英国発行のビザカードを来年から受け入れ停止へ 高額手数料に反発

米アマゾン・ドット・コムは17日、英国で発行されたビザのクレジットカード受け入れを来年から停止すると発表した。手数料の高さが理由だ。

マスターカード、利益が4四半期連続で予想上回る 旅行回復が寄与

米クレジットカード大手マスターカードが28日発表した第3・四半期決算は4四半期連続で利益が市場予想を上回った。新型コロナウイルス制限措置の緩和に伴う旅行や出張などの再開を追い風に、クロスボーダーの支出がコロナ禍前の水準を回復した。

マスターカード、仮想通貨サービス拡充 バックトと提携

米クレジットカード大手マスターカードは25日、同社のパートナーがデジタルウォレットを使った暗号資産(仮想通貨)の売買や保有ができるようにすると明らかにした。また仮想通貨をポイント代わりにためたり使ったりできようにする。

後払い決済の手数料転嫁禁止、豪中銀が業界慣行を廃止へ

オーストラリア準備銀行(中央銀行)は22日、「BNPL(バイナウ・ペイレーター)」と呼ばれる後払い決済サービスについて、店舗が手数料を顧客に転嫁できるようにする方針を示した。

NY市場サマリー(11日)ドルが対円で3年ぶり高値、株式下落

<為替> ドルが上昇した。エネルギー価格の上昇を背景に安全通貨であるドルに資金が集まり、対円では約3年ぶりの高値を付けた。市場では米連邦準備理事会(FRB)が来月にもテーパリング(量的緩和の縮小)を発表するとの見方が広がっている。

米国株式市場=続落、決算発表シーズン控え不安定な値動き

米国株式市場は続落して取引を終えた。第3・四半期の決算発表シーズンを前に投資家が神経質な姿勢を強め、不安定な値動きとなった。

暗号資産解析の英新興企業、ソフトバンクなどから6000万ドル調達

暗号資産(仮想通貨)の解析を手掛ける新興企業の英エリプティックは11日、ソフトバンクグループの「ソフトバンク・ビジョン・ファンド2」やウェルズ・ファーゴのベンチャーキャピタル部門を含む大手投資家から6000万ドルを調達したと発表した。

米マスターカード、第2四半期利益が予想上回る 消費回復で

米クレジットカード大手マスターカードが29日発表した第2・四半期決算は利益が36%増加し市場予想を上回った。事業が再開し始め、旅行が回復の兆しを見せていることから、世界的に消費が回復し同社の業績を押し上げている。

マイクロソフトやマスターカードが中米投資、米政府の移民対策で

米国のマイクロソフト、マスターカード、スイスのネスレ傘下のネスプレッソなど12の企業・団体は27日、中米に投資する方針を示した。

米マスターカード、第1四半期利益が予想上回る 個人消費改善で

米クレジットカード大手マスターカードが29日発表した第1・四半期決算は利益が市場予想を上回った。クレジットカードによるクロスボーダー決済は大幅に減少したものの、全体的な個人消費の改善が寄与した。

ビットコインが最高値更新し6万2741ドル、イーサリアムも

暗号資産(仮想通貨)のビットコインが13日、6万2741ドルを付けて最高値を更新した。

ブラジル中銀、ワッツアップの利用者間送金サービスを承認

ブラジル中央銀行は30日、米フェイスブックの対話アプリ「ワッツアップ」に対し、米クレジットカードのビザやマスターカードの決済網を通じた利用者間の送金サービスの提供を許可した。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up