for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

マスターカード

MA.N

現在値

360.06USD

変化

-0.74(-0.21%)

出来高

519,731

本日のレンジ

356.25

 - 

362.17

52週レンジ

276.96

 - 

399.88

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
360.80
始値
357.45
出来高
519,731
3か月平均出来高
61.95
高値
362.17
安値
356.25
52週高値
399.88
52週安値
276.96
発行済株式数
961.46
時価総額
346,894.70
予想PER
34.09
配当利回り
0.54

次のエベント

Mastercard Inc at UBS Global TMT Conference

適時開示

その他

Sabre Corp - Co, Conferma Pay Announced New Partnership With Mastercard To Accelerate Use Of Virtual Cards For Business-To-Business Travel Payments

Mastercard CFO Says Firm Not Seeing Any Changes In Consumer Spending Volumes In Europe - Conf Call

Mastercard Inc - Sees Q4 GAAP Net Revenue In Low-End Of Low Double Digits

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

マスターカードとは

マスターカード(Mastercard Inc)は、世界中の消費者、金融機関、加盟店、政府、企業をつなぐテクノロジー企業であり、電子決済方法を利用できるようにする。【事業内容】「MasterCard」、「Maestro」、「Cirrus」などのブランドを使用して、各種な決済ソリューションとサービスを作成することにより、ユーザーが決済を行うことを可能にする。顧客がカード所有者に提供できる決済製品をサポートする各種な製品とソリューションを提供する。サービスは、アカウント所有者、加盟店、金融機関、企業、政府、及び世界市場の他の組織間のコアネットワークでの取引を容易にする。製品には、消費者クレジット、消費者デビット、プリペイド及びコマーシャルクレジットとデビットが含まれる。また、サイバー及びインテリジェンス製品、情報及び分析サービス、アイデンティティ検証サービス、コンサルティング、ロイヤルティ及びリワードプログラム、処理、オープンバンキングなどの統合されたサービスも提供する。

業種

Consumer Financial Services

連絡先

2000 Purchase St

PURCHASE, NY

10577-2405

United States

+1.914.2492000

https://investor.mastercard.com/investor-relations/default.aspx

エグゼクティブリーダーシップ

Merit E. Janow

Non-Executive Independent Chairman of the Board

Michael Miebach

President, Chief Executive Officer, Director

Ann Cairns

Vice Chairman of the Board

Sachin J. Mehra

Chief Financial Officer

Mark Barnett

President - Europe

統計

1.82 mean rating - 39 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2019

16.9K

2020

15.3K

2021

18.9K

2022(E)

22.2K
EPS (USD)

2019

7.770

2020

6.430

2021

8.400

2022(E)

10.583
株価売上高倍率(過去12カ月)
36.04
株価売上高倍率(過去12カ月)
16.03
株価純資産倍率(四半期)
54.62
株価キャッシュフロー倍率
32.92
総負債/総資本(四半期)
228.49
長期負債/資本(四半期)
213.44
投資利益率(過去12カ月)
40.93
自己資本利益率(過去12カ月)
26.80

最新ニュース

最新ニュース

米ペイパル、通期業績予想引き下げ 株価引け後11%安

[3日 ロイター] - 米決済サービス大手ペイパル・ホールディングスは3日、広範な景気減速を織り込み、通年の増収率見通しを下方修正した。これを受け、株価は時間外取引で11%下落した。

米ペイパル、通年の業績予想を引き下げ 株価引け後11%安

[3日 ロイター] - 米決済サービス大手ペイパル・ホールディングスは3日、通年の業績見通しを下方修正した。これを受け、株価は時間外取引で11%下落した。

アマゾン、年末商戦控え欧州市場の弱さ鮮明に 物流費高などで

[27日 ロイター] - 米アマゾン・ドット・コムは27日の決算発表で、今年の年末商戦では欧州市場が不安材料になることを示唆した。

米マスターカード、7─9月増収増益 今期増収率見通しは予想届かず

米クレジットカード大手マスターカードが27日発表した第4・四半期の増収率見通しは市場予想を下回った。

米ビザ、第3四半期実質利益が予想超え 景気減速でも消費衰えず

米クレジットカード大手ビザが25日発表した第3・四半期決算は、実質利益が市場予想を上回った。決済処理額が大幅に増加したためで、米経済が減速しているにもかかわらず消費支出の勢いが続いていることが示された。

米競争当局、ビザとマスターをセキュリティー技術で調査中=WSJ

米連邦取引委員会(FTC)は米クレジットカード大手のビザとマスターカードが決済のセキュリティー対策で導入したトークン(文字列)方式が、デビットカードのオンライン決済システムの競争を抑制しているかどうかについて調査に入っている。米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)が17日、消息筋の話として報じた。

米年末商戦小売売上高予測7.1%増、高インフレで伸び鈍化へ=調査

[12日 ロイター] - 米マスターカードのスペンディングパルスのデータによると、2022年の米年末商戦小売売上高は7.1%増と、前年の8.5%増から伸びが減速する見通し。数十年ぶりの物価高によって、消費者が必需品以外の支出を削減していることが背景。

印中銀、アメックスの新規発行制限を解除 データ保管規則順守と認定

インド準備銀行(中央銀行)は24日、米クレジットカード大手アメリカン・エキスプレス(アメックス)に対して昨年4月から実施していたインドでの新規顧客受け付け停止措置を解除したと発表した。2018年に導入していたデータ保管規則への順守が十分と認定したためという。

「クレジットカードは近く消える」、ブラジル中銀総裁がデジタル金融未来予想

ブラジル中央銀行のロベルト・カンポス・ネト総裁は12日に開催された暗号資産(仮想通貨)関連イベントで講演し、「オープンファイナンス」が発展して顧客が個人金融データをさまざまな機関と共有することになるのに伴って、クレジットカードは近いうちに姿を消すとの見方を示した。

マスターカード、第2四半期利益が予想上回る 旅行活況で決済急増

米クレジットカード大手マスターカードが28日に発表した第2・四半期決算(4─6月)は、利益が市場予想を上回った。今年に入り旅行が活況となりクロスボーダー決済が急増、コスト増を相殺した。

米マスターカード、東南アジアと中南米で成長見込む

米クレジットカード大手マスターカードの国際市場担当共同プレジデントのリン・ハイ氏は、東南アジアと中南米で同社の力強い成長が見込めるとの認識を示した。

中国・ロシアの中銀、双方の国有決済システム活用議論へ

中国の駐ロシア大使は、中国とロシアの中央銀行が双方の国有決済システムの有効活用について議論すると明かした。タス通信が5日、大使のインタビュー記事を配信した。

マスターカード、第1四半期利益は予想上回る 旅行回復

米クレジットカード大手マスターカードが28日発表した第1・四半期決算は、利益が市場予想を上回った。高インフレや新型コロナウイルス新変異株を巡る懸念による消費への影響は見られず、ペントアップデマンド(繰越需要)を追い風に旅行への支出が堅調だった。

メガキャップ決算目白押し、利益見通しに注目=今週の米株式市場

25日からの週の米株式市場は、メガキャップ(超大型株)の四半期決算が注目されている。投資家は米国企業のしっかりした利益見通しを確認したい考えだ。

ロシア、23年にデジタルルーブル取引試行へ 制裁受け決済手段模索

ロシア中央銀行のナビウリナ総裁は21日、2023年にデジタルルーブルを使った実際の取引を行うと表明した。デジタルルーブルが国際決済でも利用されるとの見通しも示した。

ロシア銀行部門、資本増強必要に=VTBトップ

ロシア第2位の銀行VTBのアンドレイ・コスティン最高経営責任者(CEO)は5日、同国の銀行セクターは今年、赤字を計上する見通しとし、広範な資本増強が必要になるとの見方を示した。タス通信に述べた。

ロシア、銀行カード用マイクロチップの調達先で中国模索

ロシアでは、欧米諸国による制裁を受け、同国独自のカード「MIR(ミール)」の決済システムを利用する銀行カードの需要が高まっている。それに伴ってカード用マイクロチップの調達先として、中国企業に目を向けている。国内決済システムの幹部が5日明らかにした。

米アメックス、ロシアとベラルーシで事業を停止

米クレジットカード大手アメリカン・エキスプレス(アメックス)は6日、ロシアとベラルーシで全ての事業を停止すると発表した。

再送-米ビザとマスターカード、ロシア事業停止 ウクライナ侵攻受け

米クレジットカード大手のビザとマスターカードは5日、ロシアでの事業を停止することを明らかにした。ロシアによるウクライナ侵攻を受けた対応。ロシアでの全取引の停止に向けて、クライアントやパートナーと調整するとしている。

ロシアから投資引き揚げ加速、ロは資産売却禁止で対応

ロシアに対する西側の強力な制裁を受け、同国からの投資引き揚げが加速する中、ロシア政府は1日、外国人投資家によるロシア資産売却を一時的に禁止すると発表した。撤退に歯止めをかける狙いだ。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up