for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

マスターカード

MA.N

現在値

322.41USD

変化

-1.25(-0.39%)

出来高

747,146

本日のレンジ

321.50

 - 

325.65

52週レンジ

196.60

 - 

325.65

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
323.66
始値
322.15
出来高
747,146
3か月平均出来高
66.88
高値
325.65
安値
321.50
52週高値
325.65
52週安値
196.60
発行済株式数
1,008.86
時価総額
322,834.40
予想PER
42.07
配当利回り
0.49

次のエベント

Q4 2019 Mastercard Inc Earnings Release

適時開示

その他

Mastercard Foundation- Reports Open Market Sale Of 38,536 Class A Common Shares Of Mastercard on Jan. 14 - SEC Filing

Mastercard Says 2019 U.S. Holiday Retail Sales Rose 3.4%

Mastercard Acquires Riskrecon

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

マスターカードとは

マスターカード(Mastercard Incorporated)は世界中の消費者、金融機関、商人、政府と企業を結び、電子決済を利用できる技術会社である。【事業内容】同社は決済ソリューション事業を通じて運営する。同社は「MasterCard」、「Maestro」、「Cirrus」等のブランドで各種決済ソリューションとサービスの提供によって支払を実施する。同社は顧客がカード所有者に提供できる支払商品をサポートする製品・ソリューションを提供する。同社のサービスはカード所有者、商人、金融機関と政府機関のネットワーク上の取引を促進する。同社の消費者クレジットと代金はユーザーの支払の延期を可能とするカードを提供するプログラムを提供する。

業種

Consumer Financial Services

連絡先

2000 Purchase St

+1.914.2492000

http://investor.mastercard.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Richard N. Haythornthwaite

Chairman of the Board, Co-Founder, Independent Director

Ajaypal Singh Banga

President, Chief Executive Officer, Director

Ann M. Cairns

Vice Chairman of the Board

Sachin J. Mehra

Chief Financial Officer

Ajay Bhalla

President - Cyber and Intelligence Solutions

統計

1.69 mean rating - 36 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2016

10.8K

2017

12.5K

2018

15.0K

2019(E)

16.9K
EPS (USD)

2016

3.770

2017

4.580

2018

6.490

2019(E)

7.691
株価売上高倍率(過去12カ月)
48.56
株価売上高倍率(過去12カ月)
19.84
株価純資産倍率(四半期)
66.05
株価キャッシュフロー倍率
44.04
総負債/総資本(四半期)
156.29
長期負債/資本(四半期)
156.29
投資利益率(過去12カ月)
47.67
自己資本利益率(過去12カ月)
27.74

最新ニュース

最新ニュース

アップルニュース、月間利用が1億人突破 アップストアも売上増

米アップルは、ニュースアプリの月間ユーザーが1億人に達したと明らかにした。また、アプリを販売する「アップストア」の売上高も昨年末から年初にかけて14億ドルを超え、同社のサービス事業成長が改めて示された。

今年の米年末商戦、ネット販売が特に好調=マスターカード

クレジットカード大手マスターカードが発表したデータによると、今年の米年末商戦はネットで買い物する人が増え、オンラインの売上高が特に好調だった。

今年の米年末商戦、ネット販売が特に好調=マスターカード

クレジットカード大手マスターカードが発表したデータによると、今年の米年末商戦はネットで買い物する人が増え、オンラインの売上高が特に好調だった。

フェイスブックのリブラ、導入計画まだ定まらず=運営団体役員

米フェイスブック<FB.O>が導入を計画する暗号資産(仮想通貨)「リブラ」を巡り、運営団体「リブラ協会」の役員を務めるパトリック・エリス氏は19日、導入の方法などに関する計画は固まっていないとし、規制当局との協議次第だと明らかにした。

「リブラ」など仮想通貨への厳しい姿勢で一致=EU財務相理事会

欧州連合(EU)の財務相理事会は5日、フェイスブックが計画する「リブラ」など民間企業による暗号資産(仮想通貨)について、リスクが完全に解決されるまでEU内で発行を認めるべきではないという見解で一致した。

欧州、海外決済業者への依存脱却を=クーレECB専務理事

クーレ欧州中央銀行(ECB)専務理事は26日、欧州は海外の決済業者への依存状態から脱却する必要があると述べた。ただ、ECBが介入して民間業者を締め出すのは、正しい方向ではないとの見方も示した。

アングル:企業決算に見る堅調な米個人消費、先行きには慎重論

米国で堅調な個人消費を示す企業決算が相次いでいる。小売り最大手のウォルマート<WMT.N>は通期予想を上方修正。一部の大手銀行や住宅メーカーの決算会見でも消費に明るい見方を示す声が出ている。

中国のモバイル決済アプリ、海外カードと提携

中国のモバイル決済アプリ「アリペイ(支付宝)」と「ウィーチャットペイ(微信支付)」は、中国本土を訪れる外国人旅行者が海外のクレジットカードを利用して両社のサービスを利用できる体制を整えたことを明らかにした。

米マスターカード、第3四半期利益は予想上回る 利用拡大

米クレジットカード大手マスターカード<MA.N>が29日発表した第3・四半期決算は利益が市場予想を上回った。景気減速懸念にかかわらず、クレジットカードやデビットカードの利用が拡大し、業績押し上げに寄与した。

米ビザ、7─9月期は利益が予想上回る カード利用拡大で手数料増

米クレジットカード大手のビザが24日に発表した第4・四半期(7─9月期)決算は、利益がアナリスト予想を上回った。カード利用が全般的に拡大し、手数料収入が伸びた。

リブラ「リスクある計画」、機能するか不明 FBトップが議会証言

米フェイスブック<FB.O>のマーク・ザッカーバーグ最高経営責任者(CEO)は23日、下院金融サービス委員会の公聴会で、来年半ばに導入を計画する暗号資産(仮想通貨)「リブラ」について、「リスクのあるプロジェクト」と認めながらも、電子決済コストの引き下げや、より多くの人が世界的な金融システムにアクセスできるようになるなどの恩恵もあるとし、米議員の懸念払拭に努めた。

リブラ、懸念解消まで延期 フェイスブックCEOが議会証言

米フェイスブックのマーク・ザッカーバーグ最高経営責任者(CEO)は23日、下院金融サービス委員会の公聴会で、来年半ばに導入を計画する暗号資産(仮想通貨)「リブラ」について、電子決済コストを引き下げ、世界金融システムにより多くの人が関与する一助になり得ることで、世の中のためになるとの考えを示した。

有力企業のリブラ離脱は良い兆候=独財務相

ドイツのショルツ財務相は15日ロイター通信に対し、複数の有力企業が最近、インターネット交流サイト(SNS)最大手フェイスブック(FB)が主導する暗号資産(仮想通貨)「リブラ」発行計画からの離脱を表明したことは良い兆候だと述べた。その上で、リブラ計画は世界金融の安定を脅かすと強調した。

リブラの運営団体が取締役選出、旅行予約サイト大手は参画見送り

旅行予約サイト「ブッキング・ドット・コム」の運営会社、ブッキング・ホールディングスは14日、フェイスブック<FB.O>が導入を計画している暗号通貨(仮想通貨)「リブラ」の運営団体「リブラ協会」への参画を見送ると発表した。

暗号通貨「リブラ」、米イーベイやビザが運営協会を脱退

米クレジットカード大手のマスターカード<MA.N>やビザ<V.N>が11日、フェイスブック<FB.O>が導入を計画している暗号通貨(仮想通貨)「リブラ」の運営団体「リブラ協会」を脱退すると発表した。

訂正-米イーベイなど3社、暗号通貨「リブラ」運営協会を脱退

米電子商取引のイーベイ、オンライン決済のストライプ、クレジットカード大手のマスターカードは11日(訂正)、米フェイスブックが導入を計画している暗号通貨(仮想通貨)「リブラ」の運営団体「リブラ協会」を脱退すると発表した。

米ペイパル、暗号通貨「リブラ」運営協会を脱退へ

米決済サービス大手ペイパル<PYPL.O>は4日、米フェイスブック<FB.O>が導入を計画している暗号通貨(仮想通貨)「リブラ」の運営団体「リブラ協会」から脱退すると発表した。自社のコア事業に注力するという。

米ペイパル、暗号通貨「リブラ」運営協会を脱退へ

米決済サービス大手ペイパルは4日、米フェイスブックが導入を計画している暗号通貨(仮想通貨)「リブラ」の運営団体「リブラ協会」から脱退すると発表した。自社のコア事業に注力するという。

暗号資産「リブラ」への参加、ビザやマスターカードが見直しも=米紙

米クレジットカード大手のビザ<V.N>やマスターカード<MA.N>など金融各社は、米フェイスブック<FB.O>が主導する暗号資産(仮想通貨)「リブラ」導入計画に参加するかどうか再考している。米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)が1日、関係筋の話として報じた。

暗号資産「リブラ」への参加、ビザやマスターカードが見直しも=米紙

米クレジットカード大手のビザやマスターカードなど金融各社は、米フェイスブックが主導する暗号資産(仮想通貨)「リブラ」導入計画に参加するかどうか再考している。米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)が1日、関係筋の話として報じた。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up