for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

マリオット・インターナショナル・インク

MAR.O

現在値

164.07USD

変化

--(--)

本日のレンジ

--

 - 

--

52週レンジ

127.58

 - 

195.90

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
164.07
始値
--
出来高
--
3か月平均出来高
46.44
高値
--
安値
--
52週高値
195.90
52週安値
127.58
発行済株式数
324.55
時価総額
53,249.14
予想PER
27.42
配当利回り
0.73

次のエベント

Dividend For MAR.OQ - 0.3000 USD

適時開示

その他

Marriott Says Board Declared Quarterly Dividend Of 30 Cents Per Share

Marriott International Reports Q2 EPS Of $2.06

Marriott International Reports First Quarter 2022 Results

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

マリオット・インターナショナル・インクとは

マリオット・インターナショナル(Marriott International Inc)はホテル、住宅、タイムシェアの不動産の運営者、フランチャイザー、ライセンサーである。【事業内容】米国とカナダ、アジア太平洋、およびヨーロッパ、中東、アフリカ(EMEA)の3つの事業セグメントで事業を展開する。クラシックラグジュアリーホテルのブランドには、JW Marriott、The Ritz-Carlton、St. Regisなどがある。特徴的なラグジュアリーホテルのブランドには、W Hotels、The Luxury Collection、EDITION、Bulgariなどがある。クラシックプレミアムホテルのブランドには、Marriott Hotels、Sheraton、Delta Hotels、Marriott Executive Apartments、Marriott Vacation Clubが含まれる。特徴的なプレミアムホテルのブランドには、Westin, Renaissance、Le Meridien、Autograph Collection、Gaylord Hotels、Tribute Portfolio、Design Hotelsが含まれる。クラシックセレクトホテルのブランドには、Courtyard, Residence Inn、Fairfield by Marriott、SpringHill Suites、Four Points、TownePlace Suites、Protea Hotelsが含まれる。特徴的なセレクトホテルのブランドには、Aloft、AC Hotels by Marriott、 Element、Moxyなどがある。

業種

Hotels & Motels

連絡先

7750 WISCONSIN AVENUE

BETHESDA, MD

20814

United States

+1.301.3803000

https://www.marriott.com/

エグゼクティブリーダーシップ

David S. Marriott

Chairman of the Board

Stephanie C. Linnartz

President

Anthony G. Capuano

Chief Executive Officer, Director

Kathleen K. Oberg

Chief Financial Officer, Executive Vice President

Liam Brown

Group President - United States and Canada

統計

2.41 mean rating - 22 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2019

21.0K

2020

10.6K

2021

13.9K

2022(E)

20.5K
EPS (USD)

2019

6.000

2020

0.180

2021

3.190

2022(E)

6.497
株価売上高倍率(過去12カ月)
31.03
株価売上高倍率(過去12カ月)
2.97
株価純資産倍率(四半期)
30.13
株価キャッシュフロー倍率
26.09
総負債/総資本(四半期)
495.94
長期負債/資本(四半期)
464.45
投資利益率(過去12カ月)
9.64
自己資本利益率(過去12カ月)
7.10

最新ニュース

最新ニュース

マリオット、第2四半期決算は予想上回る 旅行需要回復で

[ニューヨーク 2日 ロイター] - 米ホテルチェーン大手マリオット・インターナショナルが2日発表した第2・四半期決算は、売上高と利益が市場予想を上回った。旅行需要の回復が寄与した。

米景気減速「驚くべきことでない」、経済は正しい道筋=バイデン氏

[ワシントン 28日 ロイター] - バイデン米大統領は28日、第2・四半期の国内総生産(GDP)統計を受け、連邦準備理事会(FRB)が物価対応を進める中での景気減速は驚くべきことではないとの見解を示した。

米マリオット、ロシア事業を停止

米ホテルチェーン大手マリオット・インターナショナルは3日、25年以上にわたり展開してきたロシアでの事業を停止すると発表した。

ダボス会議、独経済相やIMF専務理事などこれまでの発言

スイス東部ダボスで22日に開幕した「世界経済フォーラム(WEF)」の年次総会(ダボス会議)に集まった政財界の有力者のうち、これまでに発言を行った人物とその内容は以下の通り。

米入国前の「コロナ検査撤廃を」、旅行業界が政権に要請

米航空大手や旅行業界団体などは5日、新型コロナウイルスワクチンを接種済みの空路入国者を対象に、出発前の検査義務を廃止するようホワイトハウスに要請した。

訂正ロシア事業停止の動き加速、ファーストリテや米大手金融も

ファーストリテイリングは10日、ロシア事業を停止すると発表、これまでの営業継続方針を一転させた。ウクライナ侵攻に関連し、主要国の企業にロシア事業の停止や撤退・縮小の動きが一段と広がっている。

UPDATE 2-米国株式市場=上昇、ウクライナ情勢巡る懸念緩和で

(個別銘柄や出来高を追加しました) [ニューヨーク 15日 ロイター] - 米国株式市場は上昇して 取引を終えた。ロシアとウクライナの国境付近での緊張緩和の兆しを受 け、リスクオンムードが広がった。 主要株価3指数がいずれも堅調に推移したが、ハイテク株やその関 連銘柄が上げを主導し、ナスダック総合の上昇率が最大となっ た。 ロシア国防省は15日、ウクライナとの国境付近での軍事演習を終 えた軍の一部部隊が基地に帰還しつつあると明らかにした。これを受け て地政学的緊張が和らぎ、株式に対する強気ムードが広がった。供給懸 念の緩和を受けて原油価格...

米マリオット、第4四半期業績が予想上回る ホテル稼働率が改善

米ホテルチェーン大手マリオット・インターナショナルが15日に発表した第4・四半期決算(12月31日まで)は市場予想を上回る内容となった。新型コロナウイルスワクチンの接種率が上昇し、ホリデーシーズンの旅行が増加したことでホテル全体の稼働率が改善した。

米国発着便と国内便、27日も約1000便欠航 コロナに加え悪天候も影響

米国の航空会社が27日に米国発着便および国内便約1000便を欠航にしたことが、航空機の運航状況を追跡するウェブサイト「フライトアウェア」の集計で分かった。国内で新型コロナウイルスのオミクロン変異株による感染が拡大していることに加え、一部地域が悪天候に見舞われていることが響いた。

米マリオット、第3四半期業績が予想上回る 観光旅行の回復で

米ホテルチェーン大手マリオット・インターナショナルが3日発表した第3・四半期決算は、売上高と利益が市場予想を上回った。観光旅行の力強い回復が寄与した。

米、海外からの渡航制限解除へ ワクチン接種完了が条件 11月8日から

米ホワイトハウスは15日、新型コロナウイルス対策として2020年初めから導入していた渡航制限を解除し、11日8日からワクチン接種を完了した外国人の入国を認めると発表した。

コラム:コロナ長引き企業出張に寒風、航空・ホテルに決め手なく

企業出張は、旅行関連業界にとって苦境をもたらすだけの存在になろうとしている。企業が航空機のビジネスクラスやホテルのスイートルームに向けるコストは、新型コロナウイルスのパンデミック前に戻るまでには10年かかるかもしれないと、業界の首脳らは認めている。

マリオット、第2四半期利益は予想上回る 旅行業界の回復継続

米ホテルチェーン大手マリオット・インターナショナルが3日発表した第2・四半期決算は、利益が市場予想を上回った。新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)で低迷していた旅行業界の回復が続いている。

マリオットの第1四半期、米国不調で収益予想届かず 中国は回復

米ホテルチェーン大手・マリオットが10日に発表した第1・四半期決算は、主要市場である米国での予約件数減少が響き、利益と売上高が市場予想を下回った。ただ、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)から急速に回復しつつある中国は好調だった。

米国株はナスダック大幅安、インフレ懸念でグロース株に売り

米国株式市場は軟調。ナスダック総合指数の下げは2%を超えた。物価上昇への懸念が広がる中、ハイテク銘柄といったグロース(成長)株への売りが膨らんだ。

インフレの兆候など注視、季節的に不安定=今週の米株式市場

今週の米株式市場は季節的に不安定な時期を迎える中、投資家は政府の大規模な景気刺激策やインフレの兆候など、資産価格を左右するさまざまな要因を市場がどの程度織り込んでいるかを見極めようとしている。

マリオット、通期決算は約10年ぶりの赤字 コロナ響く

米ホテルチェーン大手マリオットが発表した2020年通期決算は、通期としては過去10年以上で初めて赤字に転落した。新型コロナウイルスの流行が響いた。

NY市場サマリー(18日)労働指標悪化でドル下落、米株も下落

週間の新規失業保険申請件数は86万1000件と、前週の84万8000件から増加。新型コロナウイルス感染者は減少傾向にあるが、2月の雇用統計が1月に続き低調な内容になるリスクが高まった。

米株式市場は下落、ハイテク株の売りや失業保険申請増加で

米国株式市場は下落して取引を終えた。ハイテク大手を中心に売りが出たほか、新規失業保険申請件数が予想に反して増加し、雇用回復の不安定さが浮き彫りになった。

ダウ最高値、金利上昇警戒でS&Pは横ばい

米国株式市場では、ダウ工業株30種が終値で最高値を更新した。追加景気対策への期待を追い風に、シクリカルセクターが上昇した。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up