for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Malayan Banking Berhad

MBBM.KL

現在値

8.24MYR

変化

0.01(+0.12%)

出来高

1,872,500

本日のレンジ

8.20

 - 

8.28

52週レンジ

6.96

 - 

9.01

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
8.23
始値
8.25
出来高
1,872,500
3か月平均出来高
144.41
高値
8.28
安値
8.20
52週高値
9.01
52週安値
6.96
発行済株式数
11,413.99
時価総額
94,051.31
予想PER
12.73
配当利回り
6.37

次のエベント

Q1 2021 Malayan Banking Bhd Earnings Release

適時開示

その他

Malaysia's Maybank Says It Will Not Finance New Coal Activities

Analabs Resources Acquired Quoted Securities Of Malayan Banking Bhd From 9 April To 5 May

Analabs Resources Says Group Acquired Quoted Securities Of Malayan Banking

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Malayan Banking Berhadとは

マラヤン・バンキング(Malayan Banking Berhad)はマレーシア、シンガポールに支店を持つメイバンク・グループ及びロンドン、ニューヨーク、香港とバーレーン等の他の国際金融センターの持株会社である。【事業内容】同社は商業銀行業務と関連金融サービスの提供に従事する。同社は3つの事業を運営する。グループ・コミュニティ金融サービス事業はコンシューマーバンキング、中小企業(SME)バンキング、及びビジネスバンキングを含む。グループ・グローバル銀行事業はグループコーポレート銀行とグローバル市場、グループ投資銀行(Maybank Investment Bank BerhadとMaybank Kim Eng Holdings Limited)、及びグループ資産管理を含む。グループ保険・タカフル事業は各種の一般と生命保険事業及びオフショア投資生命保険事業の引き受け業務を含む。

業種

Money Center Banks

連絡先

14th Floor

Menara Maybank, 100, Jalan Tun Perak

50050

Malaysia

+60.3.20708833

http://www.maybank.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Zamzamzairani Bin Mohd Isa

Non-Executive Non-Independent Chairman of the Board

Abdul Farid Alias

Group President, Chief Executive Officer, Non-Independent Executive Director

Amirul Feisal Bin Wan Zahir

Group Chief Financial Officer

Kamaludin Ahmad

Group Chief Executive Officer, Insurance & Takaful

Mohamed Rafique Merican bin Mohd Wahiduddin Merican

Group Chief Executive Officer - Islamic Banking

統計

2.52 mean rating - 21 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, MYR)

2018

23.6K

2019

24.7K

2020

24.8K

2021(E)

25.3K
EPS (MYR)

2018

0.742

2019

0.735

2020

0.577

2021(E)

0.647
株価売上高倍率(過去12カ月)
14.29
株価売上高倍率(過去12カ月)
2.47
株価純資産倍率(四半期)
1.10
株価キャッシュフロー倍率
12.11
総負債/総資本(四半期)
73.67
長期負債/資本(四半期)
40.96
投資利益率(過去12カ月)
--
自己資本利益率(過去12カ月)
0.79

最新ニュース

最新ニュース

アジア株式市場サマリー:引け(25日)

(配信時間に応じて内容を更新します) [25日 ロイター] -  終値 前日比 % 始値 高値 安値 コード 中国 上海総合指数 3585.0458 + 20.9659 + 0.59 3595.5424 3608.5568 3568.4735 前営業日終値 3564.0799 中国 CSI300指数 5469.558 +31.990 +0.59 5494.471 5527.630 5444.165 前営業日終値 5437.568 香港 ハンセン指数 30074.17 +355.93 +1.20 30174.22 30453.12 29833.05...

東南アジア株式・引け=軒並み上昇

東南アジア株式市場は軒並み上昇して引けた。米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長が2日目の議会証言で、当面は政策金利を据え置く方針を再確認し、米国債利回りの上昇やインフレをめぐる懸念を打ち消した。

アジア株式市場サマリー:引け(18日)

(配信時間に応じて内容を更新します) [18日 ロイター] -  終値 前日比 % 始値 高値 安値 コード 中国 上海総合指数 3394.8960 - 9.9772 - 0.29 3400.4855 3413.8134 3382.7508 前営業日終値 3404.8732 中国 CSI300指数 4999.968 -17.511 -0.35 5014.321 5027.445 4979.005 前営業日終値 5017.478 香港 ハンセン指数 26498.60 -179.78 -0.67 26650.49 26668.10 26363.05...

東南アジア株式・引け=軒並み下落、クアラルンプールが主導

クアラルンプール市場の総合株価指数KLCIは1.31%安の1652.49で終了。週間ベースでは7週間ぶりに下げた。複数のアナリストは、祝祭シーズンを前に薄商いを見越して投資家の利益確定売りが出たと分析した。個別銘柄では、パブリック銀行やカジノ運営大手ゲンティン、マラヤン・バンキング(メイバンク)が大きく下げた。

アジア株式市場サマリー:引け(25日)

(配信時間に応じて内容を更新します) [25日 ロイター] -  終値 前日比 % 始値 高値 安値 コード 中国 上海総合指数 3013.0501 - 18.1832 - 0.60 2982.0696 3016.9458 2943.7168 前営業日終値 3031.2333 中国 CSI300指 4123.854 -8.985 -0.22 4066.302 4126.708 4020.908 数 前営業日終値 4132.839 香港 ハンセン指数 26893.23 +72.35 +0.27 26722.39 26914.05 26667.04...

東南アジア株式・引け=大半が小幅上昇、新型肺炎懸念は継続

25日の東南アジア株式市場の株価は大半が小幅上昇。一方で、新型肺炎の感染拡大をめぐる懸念は、依然として広がっている。

東南アジア株式・中盤=まちまち、新型肺炎懸念に一服感

25日中盤の東南アジア株式市場の株価は売り相場だった前日から持ち直し、まちまちとなっている。新型肺炎が中国以外にも急拡大するとの懸念が引き続き上値を抑えている。

東南アジア株式・中盤=軒並み反発、中東情勢のリスク低下

9日中盤の東南アジア株式市場の株価は、米国とイランのコメントで中東の紛争拡大に対する警戒感が後退したことを受け、前日から反発。中国の卸売物価指数(PPI)や消費者物価指数(CPI)が景気対策の奏功を示したことも、地合いを支援している。

東南アジア株式・中盤=おおむね反発、クアラルンプールが大幅高

7日中盤の東南アジア株式市場の株価は、おおむね反発している。米国とイランの間に新たな威嚇の応酬がないことから、投資家の間で地政学的対立が広がるとの見方が後退している。

東南アジア株式・中盤=おおむね小動き、マニラは1週間ぶりの大幅上昇

中盤の東南アジア株式市場は、米国の新たな対中制裁関税の発動が迫る中、おおむね小動きとなっている。投資家は、政策金利の据え置きが予想されている米連邦公開市場委員会(FOMC)の結果も注視している。

東南アジア株式・中盤=大半が下落、米中対立の激化を嫌気

9日中盤の東南アジア株式市場の株価は大半が下落。米中両国の閣僚級貿易協議の直前に、両国の対立が激化している状況が嫌気されている。

東南アジア株式・引け=マニラ3週間超ぶり安値、他の大半の市場は下落

27日の東南アジア株式市場の株価は、マニラ市場が3週間超ぶりの安値で引けた。投資家が相次ぐ新規上場銘柄に投資するため、既存の銘柄から資金を引き揚げた。一方で他の大半の市場は下落した。弱めの中国統計で成長減速懸念が強まった。

アジア株式市場サマリー:引け(4日)

(配信時間に応じて内容を更新します) [4日 ロイター] -  終値 前日比 % 始値 高値 安値 コード 中国 上海総合指数 2957.4116 + 27.2578 + 0.93 2927.7470 2957.4116 2925.8825 前営業日終値 2930.1538 中国 CSI300指 3886.001 +32.391 +0.84 3848.648 3886.001 3846.422 数 前営業日終値 3853.611 香港 ハンセン指数 26523.23 +995.38 +3.90 25675.16 26654.21 25675.16...

東南アジア株式・引け=大半が上昇、中国サービス業指標を好感

4日の東南アジア株式市場の株価は、アジア株全般に足並みをそろえ、大半の市場が上昇した。英調査会社マークイットと中国メディア財新が4日発表した8月の中国サービス業購買担当者景況指数(PMI)が3カ月ぶりの高水準となり、ポジティブな地合いが東南アジア市場に広がった。中国は東南アジアにとって最大の貿易相手国。

東南アジア株式・午前=おおむね下落、バンコクは上昇

16日午前の東南アジア株式市場はおおむね下落。関税を巡る米国と中国のコメントが食い違っており、投資家の間に困惑が広がっている。

東南アジア株式・中盤=大半が上昇、ホーチミンが高い

24日中盤の東南アジア株式市場の株価は、大半が上昇。力強い米企業決算を受けてリスク選好が高まり、強気のセンチメントがアジア全域に広がった。景気減速への警戒感が企業決算の好調で緩和されたことから、アジア市場は史上最高値を更新した米市場に追随している。

東南アジア株式・引け=大半が上伸、中国GDP好感

17日の東南アジア株式市場では大半が上伸して引けた。世界経済を巡る懸念が広がっているものの、この日発表された中国の国内総生産(GDP)統計により、同国の景気回復に対する期待感が高まった。

東南アジア株式・中盤=大半が上昇、クアラルンプールは下落

17日中盤の東南アジア株式市場の株価は、大半が上昇している。1─3月期の中国の国内総生産(GDP)伸び率が市場予想を上回ったことから、世界の成長鈍化を巡る不安がある中、中国の景気回復期待に拍車がかかっている。

東南アジア株式・引け=大半が下落

東南アジア株式市場は大半が下落。アジア市場全般に追随した。市場では米中貿易協議が妥結するかを見極めたいとのムードが広がった。

東南アジア株式・中盤=まちまち、マニラ株は安い

中盤の東南アジア株式市場はまちまち。投資家が米連邦公開市場委員会(FOMC)の結果を待ち、米中通商交渉の行方に注目する中、マニラ市場が下げを主導した。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up