for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

マクドナルド・コーポレーション

MCD.N

現在値

230.74USD

変化

-3.66(-1.56%)

出来高

1,517,423

本日のレンジ

230.58

 - 

234.83

52週レンジ

217.70

 - 

271.14

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
234.40
始値
233.32
出来高
1,517,423
3か月平均出来高
51.38
高値
234.83
安値
230.58
52週高値
271.14
52週安値
217.70
発行済株式数
735.70
時価総額
169,759.40
予想PER
23.44
配当利回り
2.39

次のエベント

Q3 2022 Mcdonald's Corp Earnings Release

適時開示

その他

Mcdonald's Appoints Brian Rice As Executive Vice President And Global Chief Information Officer

Mcdonald's Posts Q2 EPS Of $1.60

Adyen And McDonald's Expand Mobile App Partnership To U.S.

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

マクドナルド・コーポレーションとは

マクドナルド(McDonald’s Corporation)はマクドナルドレストランの運営およびフランチャイズを行。【事業内容】レストランでは、地域に密着したメニューの食事と飲料を提供する。レストランは、独立した地元企業の経営者によって所有・運営される。セグメントは、米国、国際運営市場(IOM)、国際開発許可市場・企業(IDL)である。米国事業は、メニューや商品、デリバリーやデジタルプラットフォームに注力する。IOM事業は、オーストラリア、カナダ、フランス、ドイツ、イタリア、オランダ、ロシア、スペイン、英国などの市場での事業が含まれる。IDL事業は、ラテンアメリカやアジアなどの市場での事業が含まれる。デジタルサービスには、ドライブスルー、テイクアウェイ、デリバリー、カーブサイドピックアップ、ダインインインなどがある。

業種

Restaurants

連絡先

110 N Carpenter St

CHICAGO, IL

60607-2104

United States

+1.630.6233000

https://www.mcdonalds.com/us/en-us.html

エグゼクティブリーダーシップ

Enrique Hernandez

Independent Chairman of the Board

Christopher J. Kempczinski

President, Chief Executive Officer, Director

Ian Frederick Borden

Executive Vice President, Chief Financial Officer

Joseph M. Erlinger

President - McDonald’s USA

Heidi Capozzi

Corporate Executive Vice President, Chief People Officer

統計

2.02 mean rating - 41 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2019

21.1K

2020

19.2K

2021

23.2K

2022(E)

22.8K
EPS (USD)

2019

7.840

2020

6.050

2021

9.280

2022(E)

9.856
株価売上高倍率(過去12カ月)
28.43
株価売上高倍率(過去12カ月)
7.19
株価純資産倍率(四半期)
--
株価キャッシュフロー倍率
21.29
総負債/総資本(四半期)
--
長期負債/資本(四半期)
--
投資利益率(過去12カ月)
12.98
自己資本利益率(過去12カ月)
12.03

最新ニュース

最新ニュース

マクドナルド、キーウの3店舗再開 戦争前の雰囲気戻る

米ファストフードチェーン大手のマクドナルドは20日、2月のロシアのウクライナ侵攻以来閉鎖されていた首都キーウ(キエフ)の3店舗を再開した。

焦点:人手不足はニューノーマル、効率化待ったなしの外食産業

ハンバーガー、ピザ、パンケーキ――商品は何であれ、米国の大手外食チェーンは人手不足に悩んでいる。しかもその状態は続きそうだ。手持ちの人員で何とかやっていくために、業界では営業時間短縮とオペレーション合理化が進んでいる。

マクドナルドのロシア新オーナー、今度はフィンランド企業買収へ

[モスクワ 1日 ロイター] - 米マクドナルドのロシア事業を取得した実業家アレクサンドル・ゴボル氏が、フィンランドの包装材大手フッタマキのロシア事業を最大1億5100万ユーロ(1億5100万ドル)で取得する案を提示したことが、ロイターの確認した文書で分かった。

焦点:コカ・コーラやマックも、ロシア撤退企業が直面する商標乱用

ロシアのウクライナ侵攻を受けてコカ・コーラやマクドナルドなど西側の有名企業が続々とロシアから撤退したが、同国ではその後コピー商品や無許可輸入が横行しており、企業は長年にわたる法廷闘争に直面している。撤退した企業に対してロシア法廷は冷たく、闘争はリスクの高い賭けとなりそうだ。

マクドナルド、数カ月以内にウクライナで店舗再開へ

[11日 ロイター] - 米ファストフードチェーン大手マクドナルドは11日、今後数カ月以内にウクライナで店舗を再開すると発表した。

UPDATE 1-NY市場サマリー(26日)ドル上昇・債券利回り低下、米株下落

(株のリポートを追加しました) [26日 ロイター] - <為替> ドルが主要通貨バスケットに対し上昇。リセッション(景気後退)懸念が 強まっていることが背景。27日に公表される米連邦公開市場委員会(FOMC)声明に も注目が集まる。一方、ユーロは下落。ガス供給懸念が圧迫要因となった。 欧州連合(EU)は26日のエネルギー相会合で、ロシアからの天然ガス供給が停止 する事態に備えて8月から来年3月まで自主的にガス使用量を15%削減する案を承認し た。 米小売大手ウォルマートの通年利益見通し下方修正を嫌気し米株価は下落。 リスク選好度の低下...

米国株式市場=下落、ウォルマート業績予想受け小売株売られる

米国株式市場は下落して取引を終えた。小売大手ウォルマートが25日、通年の利益見通しを下方修正したことを受け、小売り関連株が売られた。また、コンファレンス・ボード(CB)が26日発表した7月の消費者信頼感指数が約1年半ぶりの低水準を記録したことも重しとなった。

アングル:米消費まちまち、安価必需品への需要旺盛 高額商品購入も衰えず

[ニューヨーク/ロンドン 26日 ロイター] - 約40年ぶりの物価高に直面する米経済がリセッション(景気後退)に向かっている兆候を示すか見極めようと、投資家は第2・四半期の企業決算を注視している。安価な食品や日用品、ファストフードなどへの需要が旺盛となる半面、旅行関連支出や5万ドルを超えるピックアップトラックなど高額商品の購買意欲も衰えていない。これまでに発表された決算からは、米経済の約3分の2を占める個人消費は強弱まちまちのシグナルを発している。

マクドナルド第2四半期利益半減、ロ撤退費用など響く 予想は上回る

[26日 ロイター] - 米ファストフードチェーン大手マクドナルドが26日発表した第2・四半期決算は、値上げや堅調なオンライン販売、新商品発売が寄与し、世界既存店売上高と利益が市場予想を上回った。しかし、ロシア事業撤退などを含むコストがかさみ、利益は前年同期からほぼ半減した。

アングル:ロシア撤退急ぐ外国企業、サハリン2の展開に戦々恐々

ロシアに残した資産をどう処分するか──。今なお、答えを探しあぐねている多くの外国企業にとって、プーチン大統領が極東サハリン沖の石油・天然ガス開発事業「サハリン2」に関して署名した命令は、強烈な警告になった。

ロシア、西側が凍結資産利用なら報復 外資の資産接収も=外務省報道官

ロシア外務省のザハロワ報道官は29日、西側諸国が凍結したロシアの資産を利用すれば対応する用意があるとし、報復措置として西側の企業などがロシア国内に保有する資産を差し押さえる可能性があると示唆した。

米シスコとナイキ、ロシアから完全撤退へ

米ネットワーク機器大手のシスコシステムズと米スポーツ用品大手ナイキは23日、ロシア事業から完全撤退するとロイターに明らかにした。欧米企業によるロシア撤退の動きが加速している。

UPDATE 1-米シスコとナイキ、ロシアから完全撤退へ 

米ネットワーク機器大手のシスコシステムズと米スポーツ用品大手ナイキは23日、ロシア事業から完全撤退するとロイターに明らかにした。欧米企業によるロシア撤退の動きが加速している。

アングル:ロシアで好発進のマクドナルド後継店、野心と頭痛の種

ロシアから完全撤退した米ファストフード大手、マクドナルドから事業を引き継いだ新ハンバーガー・チェーン店「フクースナ・イ・トーチカ」のオレグ・パロイエフ最高経営責任者(CEO)がロイターのインタビューに応じ、もう「ビッグマック」や「マックフルーリー」はメニューに載せられないが、野心的な成長目標の達成を目指していくと強調した。

「ビッグマック」新製品名で販売続く、マクドナルド撤退のロシア

ロシアにあるマクドナルドのフランチャイズ店のほとんどは12日、新ブランド名と新オーナーの下で営業を再開したが、一部の店舗では同社の「ビッグマック」が販売されている。ただ、製品名は「ボリショイ・バーガー」や「ビッグ・バーガー」に代わった。

マクドナルドの後継、ロシアで開店 新名称「おいしい。それだけ」

ロシアから撤退した米マクドナルドを引き継いだ新店舗が12日、新たな所有者の下、モスクワで新装開店した。新ブランド名は「フクースナ・イ・トーチカ」で意味は「おいしい。それだけ」。

マクドナルドのロシア新オーナー、全店の営業再開へ=雑誌

米マクドナルドのロシア部門を先月取得したアレクサンドル・ゴバー氏は3日、フォーブズ・ロシア誌とのインタビューで、2カ月で全店の営業を再開する方針を示した。

米マクドナルドにロシア店舗買い戻す権利、15年以内 ロ当局発表

ロシアの反独占当局が2日、米ファストフード大手マクドナルドは15年以内にロシアの店舗を買い戻す権利があると表明した。

米マクドナルド株主、取締役再任案を可決 アイカーン氏の候補却下

米マクドナルドは26日、株主総会で取締役12人全員の再任案が承認されたと発表した。物言う株主として知られる米投資家のカール・アイカーン氏が推薦した取締役候補2人は選任されなかった。

ロシアの旧マクドナルド、6月12日に営業再開 新ブランドで

米ファストフード大手・マクドナルドのロシア現地法人は26日、新ブランドによる営業を6月12日に再開すると発表した。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up