for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

マクドナルド・コーポレーション

MCD.N

前日終値

194.00USD

変化

-1.00(-0.51%)

出来高

682,995

本日のレンジ

193.17

 - 

195.50

52週レンジ

169.04

 - 

221.93

∙ 約15分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
195.00
始値
195.23
出来高
682,995
3か月平均出来高
84.16
高値
195.50
安値
193.17
52週高値
221.93
52週安値
169.04
発行済株式数
753.10
時価総額
145,557.90
予想PER
24.63
配当利回り
2.59

次のエベント

Dividend For MCD.N - 1.2500 USD

適時開示

その他

Mcdonald's- CEO Kempczinski Reports Open Market Purchase Of Common Stock Shares

McDonald's Corp Says Named Chris Kempczinski As President And CEO

McDonald's Names Joe Erlinger As New Leader For U.S. Business

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

マクドナルド・コーポレーションとは

マクドナルド(McDonald’s Corporation)は「McDonald’s」レストランのフランチャイズと運営に従事する。【事業内容】同社のレストランは100以上の国において各種価格帯で販売される食品・飲料のローカル関連メニューを提供する。同社の事業は米国、国際リード・マーケット、高成長市場、基礎市場と企業を含む。米国事業は顧客がサンドイッチをカスタマイズできる本物の食材のプラットフォームを提供する。高成長市場事業は中国、イタリア、韓国、ポーランド、ロシア、スペイン、スイス、オランダと関連市場において事業を運営する。国際リード・マーケット事業はオーストラリア、カナダ、フランス、ドイツ、イギリスと関連市場等の各種市場における同社の事業を含む。基礎市場と企業事業はドライブ・スルーと送達を含むレストランの運営と顧客への利便性の促進を行う。

業種

Restaurants

連絡先

110 N Carpenter St

+1.630.6233000

https://www.mcdonalds.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Enrique Hernandez

Independent Chairman of the Board

Christopher J. Kempczinski

President, Chief Executive Officer, Director

Kevin M. Ozan

Corporate Executive Vice President and Chief Financial Officer

Ian Frederick Borden

President - International Developmental Licensed Markets

Joseph M. Erlinger

President, McDonald’s USA

統計

1.97 mean rating - 33 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2016

24.6K

2017

22.8K

2018

21.0K

2019(E)

21.0K
EPS (USD)

2016

5.710

2017

6.660

2018

7.900

2019(E)

7.846
株価売上高倍率(過去12カ月)
25.26
株価売上高倍率(過去12カ月)
6.97
株価純資産倍率(四半期)
--
株価キャッシュフロー倍率
19.47
総負債/総資本(四半期)
--
長期負債/資本(四半期)
--
投資利益率(過去12カ月)
16.38
自己資本利益率(過去12カ月)
14.75

最新ニュース

最新ニュース

米マクドナルド従業員、セクハラと「有害な」職場風土で集団訴訟

米ファストフード大手マクドナルド<MCD.N>が全米の店舗でセクシャルハラスメントの横行を許しているとして、ミシガン州の従業員が12日、同社を相手取って集団訴訟を起こした。

米国株式市場=主要3指数が最高値、米中通商合意に期待

米国株式市場は続伸。米中通商協議を巡る期待感などを背景に、主要株価3指数が終値で過去最高値を付けた。終値での最高値更新は、S&P500とナスダックが2営業日連続。ダウは7月以来となった。

マクドナルドCEO解任、社員との関係を規定違反と判定

米ファストフード大手マクドナルド<MCD.N>は3日、スティーブ・イースターブルック最高経営責任者(CEO)が、社員との合意に基づく関係を巡って解任されたと発表した。

米株下落、英EU離脱巡る先行き不透明感が圧迫

米国株式市場は下落して取引を終えた。一部企業の好決算を追い風に中盤にかけて上昇していたが、英下院が欧州連合(EU)離脱協定関連法案を3日間で迅速審議するための議事進行動議を否決し、ジョンソン首相が目指す月末の離脱がほぼ不可能となったことを受け、下げに転じた。

NY市場サマリー(22日)

<為替> ポンドが対ドルやユーロで下落。英下院が欧州連合(EU)離脱協定関連法案を3日間で迅速審議するための議事進行動議(プログラム動議)を否決し、ジョンソン首相が目指す月末の離脱がほぼ不可能となったことを受けた動き。

マクドナルド、第3四半期利益が予想下回る 株価4%下落

米ファストフード大手マクドナルド<MCD.N>が22日発表した第3・四半期決算(9月30日まで)は、利益が2年ぶりに市場予想を下回り、株価は寄り付き前の取引で4%値下がりした。

NY市場サマリー(1日)

<為替> ドルが主要通貨に対し下落。一時2年半ぶりの高値を付ける場面も見られたものの、その後は押し戻された。米供給管理協会(ISM)製造業統計の悪化がドル売りを誘った。豪ドルも軟調だった。

ダウ平均343ドル安、軟調なISM製造業指数受け

米国株式市場は大幅安。ダウ工業株30種<.DJI>とS&P総合500種<.SPX>の下落率は1カ月超ぶりの大きさとなった。9月の米供給管理協会(ISM)製造業指数が約10年ぶりの低水準となり、米中貿易摩擦が米経済の足かせになっているという懸念が強まった。

ベステアー競争担当欧州委員、2期目続投へ 権限も強化

フォンデアライエン次期欧州委員長は10日、マルグレーテ・ベステアー氏を競争政策担当委員に指名した。承認されれば、ベステアー氏は史上初めて同ポストを2期務めることになる。

ローマ遺跡地区でのマクドナルド店舗計画、イタリア文化省が認めず

イタリアの文化財・文化活動省は31日、古代ローマ遺跡のカラカラ浴場の横に、米ファストフード大手「マクドナルド」の店舗を建設することを禁じると発表した。

コラム:米経済、トランプ氏が目指す3%成長に程遠い現実

米国経済は、既視感のある雰囲気に包まれている。第2・四半期は個人消費と政府支出が拡大した半面、企業投資は落ち込み、国内総生産(GDP)速報値は前期比年率2.1%増と第1・四半期の3.1%増から1%ポイント下振れした。これは長期平均に近く、トランプ大統領が夢見る3%の成長トレンドには程遠い。

米株市場は買い一服、FOMCや米中通商交渉の結果待ち

米国株式市場は買い一服。ダウ平均株価<.DJI>は小幅高。一方、アマゾン・ドット・コム<AMZN.O>やフェイスブック<FB.O>が売られ、ナスダック総合指数<.IXIC>とS&P総合500<.SPX>は下落して取引を終えた。米連邦公開市場委員会(FOMC)や米中通商交渉の結果待ちとなった。

米国株式市場=買い一服、FOMCや米中通商交渉の結果待ち

米国株式市場は買い一服。ダウ平均株価は小幅高、 ハイテク株の多いナスダック総合指数は下落して取引を終えた。米連邦公開市場 委員会(FOMC)や米中通商交渉の結果待ちとなった。  終値 前日比 % 始値 高値 安値 コード ダウ工業株30種 27221.35 +28.90 +0.11 27192.2 27275.8 27178.0 4 5 6  前営業日終値 27192.45 ナスダック総合 8293.33 -36.88 -0.44 8325.10 8325.28 8247.37  前営業日終値 8330.21 S&P総合500 3020.97...

米国株反発、アルファベット・スタバ決算やGDP好感

米国株式市場は反発し、S&P総合500種指数とナスダック総合指数が終値で過去最高値を記録した。グーグルの持ち株会社アルファベット<GOOGL.O>やコーヒーチェーン大手のスターバックス(スタバ)<SBUX.O>の好決算、第2・四半期の実質国内総生産(GDP)速報値が予想ほど減速しなかったことを好感した。

NY市場サマリー(26日)

<為替> ドルが2カ月ぶり高値を更新。第2・四半期の米国内総生産(GDP)速報値が予想ほど減速しなかったことが好感された。しかし、米連邦準備理事会(FRB)が月末に利下げに踏み切るとの市場予想に変更はない。

マクドナルド、第2四半期既存店売上高が予想上回る 株価最高値

米ファストフード大手マクドナルド<MCD.N>が26日発表した第2・四半期決算は、国内既存店売上高が市場予想を上回った。店舗刷新やキャンペーンなどが集客につながった。

コラム:高まる資本主義悪玉論、米大統領選でも焦点に

来年の米大統領選に向けて野党・民主党が26日、初の候補者討論会を開いた。そこで各候補者から飛び出したのは、資本主義への激しい批判だ。現在の経済システムは主に富裕層の味方をしているという点で意見が一致した。社会主義を嫌うウォール街の中でさえも、今の仕組みには問題があるとの意見が勢いを増しつつある。

米民主党の大統領候補討論会、大企業への敵意むき出し

来年の大統領選に向けた米民主党候補者討論会では、参加者は大企業について、医薬品の価格をつり上げ、税金を十分に払わず、雇用を海外に移転して救済資金を返済しているなどと攻撃、敵意をむき出しにした。

サンダース氏ら米大統領選民主候補、マクドナルド従業員を後押し

バーニー・サンダース上院議員をはじめ、2020年の米大統領選に出馬した民主党議員らが、米国内の最低賃金引き上げへの取り組みの一環として米ファストフード大手マクドナルドの労使交渉で労働者を後押ししている。

投資家グループ、ファストフード業界の抗生物質対策を歓迎

総額5兆ドルを運用する投資家の連合体「畜産動物投資リスク・リターン(FAIRR)」は、ファストフード業界が抗生物質の利用削減に向けた対策を講じていることを歓迎すると表明、今後も監視を続けていく方針を示した。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも15分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up