for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

マクドナルド・コーポレーション

MCD.N

現在値

206.14USD

変化

-4.81(-2.28%)

出来高

1,639,609

本日のレンジ

206.14

 - 

211.62

52週レンジ

124.23

 - 

231.88

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
210.95
始値
210.75
出来高
1,639,609
3か月平均出来高
64.61
高値
211.62
安値
206.14
52週高値
231.88
52週安値
124.23
発行済株式数
745.57
時価総額
157,278.40
予想PER
25.03
配当利回り
2.45

次のエベント

Q1 2021 Mcdonald's Corp Earnings Release

適時開示

その他

Sift To Partner With Mcdonald's For Mobile Order Experience In Select Countries Across Europe, Asia, Africa, And Oceania

McDonald's Says Jan Comps Continue To Be Strong In U.S

Mcdonald's Reports Q4 Earnings Per Share $1.84

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

マクドナルド・コーポレーションとは

マクドナルド(McDonald’s Corporation)は「McDonald’s」レストランのフランチャイズと運営に従事する。【事業内容】同社のレストランは100以上の国において各種価格帯で販売される食品・飲料のローカル関連メニューを提供する。同社の事業は米国、国際リード・マーケット、高成長市場、基礎市場と企業を含む。米国事業は顧客がサンドイッチをカスタマイズできる本物の食材のプラットフォームを提供する。高成長市場事業は中国、イタリア、韓国、ポーランド、ロシア、スペイン、スイス、オランダと関連市場において事業を運営する。国際リード・マーケット事業はオーストラリア、カナダ、フランス、ドイツ、イギリスと関連市場等の各種市場における同社の事業を含む。基礎市場と企業事業はドライブ・スルーと送達を含むレストランの運営と顧客への利便性の促進を行う。

業種

Restaurants

連絡先

110 N Carpenter St

CHICAGO, IL

60607-2104

United States

+1.630.6233000

https://www.mcdonalds.com/us/en-us.html

エグゼクティブリーダーシップ

Enrique Hernandez

Independent Chairman of the Board

Christopher J. Kempczinski

President, Chief Executive Officer, Director

Kevin M. Ozan

Corporate Executive Vice President and Chief Financial Officer

Ian Frederick Borden

President - International

Joseph M. Erlinger

President, McDonald’s USA

統計

1.97 mean rating - 37 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2018

21.0K

2019

21.1K

2020

19.2K

2021(E)

22.1K
EPS (USD)

2018

7.900

2019

7.840

2020

6.050

2021(E)

8.426
株価売上高倍率(過去12カ月)
33.46
株価売上高倍率(過去12カ月)
8.19
株価純資産倍率(四半期)
--
株価キャッシュフロー倍率
24.26
総負債/総資本(四半期)
--
長期負債/資本(四半期)
--
投資利益率(過去12カ月)
10.47
自己資本利益率(過去12カ月)
9.45

最新ニュース

最新ニュース

ビヨンド・ミート、マクドナルドやヤム・ブランズと複数年契約

植物由来の代替肉を製造・販売する米ビヨンド・ミートは25日、マクドナルド、ヤム・ブランズの両社と複数年契約を締結したことを明らかにした。

米アマゾン、ベゾス氏がCEO退任へ 第4四半期は3期連続最高益

米アマゾン・ドット・コムは2日、ジェフ・ベゾス最高経営責任者(CEO)が今年第3・四半期に会長に退くと発表した。同時に発表した2020年第4・四半期決算は3四半期連続の過去最高益となり、売上高は四半期として初めて1000億ドルを超えた。

米マクドナルド、10─12月期さえず 21年売上高は2桁前半伸び予想

米マクドナルドが28日発表した2020年第4・四半期決算(12月31日まで)は、売上高と利益が市場予想を下回った。米国市場での販売は伸びたものの、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、欧州の一部で2回目のロックダウン(都市封鎖)措置が導入されたことが響いた。

米マクドナルド、第4四半期決算は予想下回る 欧州の都市封鎖響く

米マクドナルドが28日発表した第4・四半期決算(12月31日まで)は、売上高と利益が市場予想を下回った。米国市場での販売は伸びたものの、欧州の一部で2回目のロックダウン(都市封鎖)措置が導入されたことが響いた。

アングル:急成長の米「チキンサンド市場」、マックも本格参入

米ファストフード大手マクドナルドは来月、油で揚げた「クリスピーチキン」のサンドイッチ3種類を米国で販売開始する。「巨人」マックを迎え撃つのはレストラン・ブランズ・インターナショナル(RBI)傘下のポパイズなど鶏肉メニュー専門チェーン。急成長する米チキンサンド市場が新たな戦いに突入する。

米マクドナルド、第3四半期決算が改善 ドライブスルーなど後押し

米マクドナルド<MCD.N>が9日に発表した第3・四半期決算(9月30日まで)は、世界売上高が2.2%減少したものの、新型コロナウイルス禍の打撃で約24%落ち込んだ前四半期からは大きく改善した。

米マクドナルド、第3四半期決算が改善 ドライブスルーなど後押し

米マクドナルドが9日に発表した第3・四半期決算(9月30日まで)は、世界売上高が2.2%減少したものの、新型コロナウイルス禍の打撃で約24%落ち込んだ前四半期からは大きく改善した。

米マクドナルド、第3四半期の世界売上高2.2%減 大幅改善

米マクドナルド<MCD.N>は8日、第3・四半期の世界既存店売上高が前年同期比2.2%減となり、新型コロナ禍の打撃で約24%の大幅減となった前四半期から大きく改善した。

米、バー・レストランで人員削減顕著 9月は2.6%増11.8万人

米民間雇用調査会社チャレンジャー・グレイ・アンド・クリスマスが1日発表した米企業による9月の人員削減計画は前月比2.6%増の11万8804人となった。新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)による需要低迷を受け、バーやレストラン、ホテル、遊園地などでの人員削減が目立っている。

米マクドナルド、年内にロシア800店舗目オープンへ 極東事業拡大

米マクドナルド<MCD.N>は14日、ロシアの極東事業を12月に拡大し、ハバロフスクやウラジオストクといった都市で初めて店舗をオープンすると発表した。

米マクドナルド、黒人の加盟店元経営者が提訴 差別的扱いと

米マクドナルド<MCD.N>の黒人のフランチャイズ店舗元経営者52人が、人種差別的な扱いを受けたとして同社を提訴した。マクドナルドが黒人経営者に対し犯罪率の高い衰退地域に店舗を構えるよう促し、破綻に追い込んだと主張し、最大10億ドルの賠償を求めている。

ドミノ・ピザ、全米で2万人超採用へ

米ピザチェーン大手ドミノ・ピザ<DPZ.N>は17日、配達要員やピザ職人を含め、全米の直営店とフランチャイズ店で2万人超を採用すると発表した。常勤・非常勤の両面で、顧客対応担当や管理職、副管理職なども募集する。

マクドナルドが前CEO提訴、退職金返還請求 従業員との関係偽る

米マクドナルド<MCD.N>は10日、昨年解任したスティーブ・イースターブルック前最高経営責任者(CEO)を提訴したと明らかにした。従業員との性的関係を巡り虚偽の説明を行っていたとし、数千万ドルと見られる退職金などの返還を求める。

日経平均は4日続落、円高が重し 実態悪織り込む動きも

東京株式市場で日経平均は4日続落。米国株式市場が軟調となったことが嫌気されたほか、円高が重しとなり終始さえない動きが続いた。そうした中で、個別では決算によって株価の明暗が分かれる状況。成長性が期待される銘柄については好決算が評価される一方、大幅減益の銘柄は、出尽くし感ではなく実態悪を織り込む動きとなっている。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、25日線下回り調整長引く可能性も

<15:55> 日経平均・日足は「小陰線」、25日線下回り調整長引く可能性も 日経平均・日足は上下にごく短いヒゲを伴う「小陰線」。新たにマド(2万2584円87銭─2万2 646円22銭)を空けて下放れる格好となったほか、25日移動平均線(2万2528円33銭=29日 現在)や一目均衡表の基準線(2万2467円58銭=同)を下回ったことで弱気に一段と傾斜し、調整が 長引く可能性が出てきた。 6月15日の安値2万1529円83銭を起点にした右肩上がりの下値支持線を明確に下回っており、 このまま下押すとリバウンド相場に対する期待が後退しそうなど...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は軟調、先駆した銘柄中心に利益確定売り

<15:10> 新興株市場は軟調、先駆した銘柄中心に利益確定売り 新興株市場は軟調に推移。日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数ともに続落した。市場では「先駆 した銘柄を中心に利益確定売りが先行している。地合いは悪化した感じで、調整が長引く可能性が出てきた 」(国内証券)との声が聞かれる。 マザーズ指数は2.42%安となった。フィーチャ が急反落したほか、メルカリ も軟 調、弁護士ドットコム も続落した。半面、ブランジスタ がストップ高に買われたほか、A iming も高い。 ジャスダック指数は2.31%安。米マクドナルドが保有株売却を...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は一段安、7月10日以来の安値圏

<14:17> 日経平均は一段安、7月10日以来の安値圏 日経平均は一段安。チャート上で下値めどとみられていた7月27日安値を下抜け、一時2万2366 円34銭まで下落。7月10日以来の安値を付けた。 市場からは「後場に新たなネガティブ材料が出たわけではないが、円高は相変わらず重荷。企業決算も 弱く、新型コロナウイルスの感染拡大や米中関係悪化への懸念を払しょくするには至っていない」(国内証 券)との声が出ていた。 <12:45> 日経平均は下げ幅広げる、引き続き円高が上値抑える要因に 日経平均は後場に入り下げ幅を広げ、前場の安値を下回った...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は下げ幅広げる、引き続き円高が上値抑える要因に

<12:45> 日経平均は下げ幅広げる、引き続き円高が上値抑える要因に 日経平均は後場に入り下げ幅を広げ、前場の安値を下回った。引き続き円高が上値を抑える要因となっ ている。市場では「キヤノン の決算で国内製造業の厳しさが浮き彫りにされたが、円高でなおのこ と輸出関連株に手を出しにくくなった。好調な情報通信や半導体関連で全体を支え切れていない」(国内証 券)との声が聞かれた。 <11:49> 前場の日経平均は続落、円高が重荷 個別は決算内容で選別  前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比178円33銭安の2万2479円05銭となり、...

〔マーケットアイ〕株式:前場の日経平均は続落、円高が重荷 個別は決算内容で選別

<11:49> 前場の日経平均は続落、円高が重荷 個別は決算内容で選別  前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比178円33銭安の2万2479円05銭となり、続落 した。オーバーナイトの米国株式市場で主要3指数が揃って反落したことや、外為市場で円高が進行したこ となどが嫌気され、朝方から売りが先行。一時下げ幅を200円超に拡大した。個別では、決算発表銘柄で 選別が見られ、業績予想が弱かったファナック やキヤノン が売られた。 ファナックは2021年3月期の連結営業利益が前年比56.4%減に、キヤノンは20年12月期の 連結営業利益が...

日本マクドナルドが急落、親会社が株式売却で需給悪化を懸念

日本マクドナルドホールディングス<2702.T>が急落。米マクドナルド<MCD.N>が28日、保有する日本マクドナルドホールディングス<2702.T>の一部株式を売却する方針を示したことが嫌気された。現在の保有比率は約49%で少なくとも35%は維持する意向だが、大量の売りが出ることが株式需給を悪化させると懸念されている。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up