for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

マクドナルド・コーポレーション

MCD.N

現在値

215.87USD

変化

0.79(+0.37%)

出来高

923,862

本日のレンジ

214.31

 - 

216.36

52週レンジ

178.29

 - 

221.93

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
215.08
始値
215.24
出来高
923,862
3か月平均出来高
63.97
高値
216.36
安値
214.31
52週高値
221.93
52週安値
178.29
発行済株式数
753.10
時価総額
162,570.30
予想PER
--
配当利回り
2.32

次のエベント

Dividend For MCD.BA - 0.3125 USD

適時開示

その他

McDonald's CEO On Coronavirus Says "Its Actual Impact On Our Business Is Going To Be Fairly Small"

Mcdonald's - Expects 2020 Net Restaurant Additions To Add About 1.5 Percentage Points To 2020 Systemwide Sales Growth

Mcdonald's Q4 Earnings Per Share $2.08

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

マクドナルド・コーポレーションとは

マクドナルド(McDonald’s Corporation)は「McDonald’s」レストランのフランチャイズと運営に従事する。【事業内容】同社のレストランは100以上の国において各種価格帯で販売される食品・飲料のローカル関連メニューを提供する。同社の事業は米国、国際リード・マーケット、高成長市場、基礎市場と企業を含む。米国事業は顧客がサンドイッチをカスタマイズできる本物の食材のプラットフォームを提供する。高成長市場事業は中国、イタリア、韓国、ポーランド、ロシア、スペイン、スイス、オランダと関連市場において事業を運営する。国際リード・マーケット事業はオーストラリア、カナダ、フランス、ドイツ、イギリスと関連市場等の各種市場における同社の事業を含む。基礎市場と企業事業はドライブ・スルーと送達を含むレストランの運営と顧客への利便性の促進を行う。

連絡先

110 N Carpenter St

+1.630.6233000

https://www.mcdonalds.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Enrique Hernandez

Independent Chairman of the Board

Christopher J. Kempczinski

President, Chief Executive Officer, Director

Kevin M. Ozan

Corporate Executive Vice President and Chief Financial Officer

Ian Frederick Borden

President - International

Joseph M. Erlinger

President, McDonald’s USA

統計

2.09 mean rating - 34 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2017

22.8K

2018

21.0K

2019

21.1K

2020(E)

22.0K
EPS (USD)

2017

6.660

2018

7.900

2019

7.840

2020(E)

8.520
株価売上高倍率(過去12カ月)
27.18
株価売上高倍率(過去12カ月)
7.71
株価純資産倍率(四半期)
--
株価キャッシュフロー倍率
28.50
総負債/総資本(四半期)
--
長期負債/資本(四半期)
--
投資利益率(過去12カ月)
16.47
自己資本利益率(過去12カ月)
15.12

最新ニュース

最新ニュース

コラム:中国外食産業、新型コロナ問題で買収ファンド受け入れも

中国の外食産業にとっては、買収ファンドが救世主になる可能性がある。マクドナルド<MCD.N>や、ケンタッキー・フライド・チキン(KFC)を運営するヤム・チャイナ<YUMC.N>、火鍋チェーンの海底撈<6862.HK>は、いずれも新型コロナウイルスの感染拡大に伴って中国の全店舗を一時閉鎖した。今まで中国の飲食店とプライベートエクイティ(PE)会社はお互いを警戒し合っていたが、この新型コロナウイルス問題を契機に状況が変わるかもしれない。

新型肺炎、中国本土の感染者7万人強に 日本など経済への影響懸念

中国では新型コロナウイルスによる肺炎の感染者が7万人を超え、発生源とされる湖北省では再び感染ペースが加速している。流行が収束する兆しが見えないなか、中国国内の企業活動の停止などの影響で、日本とシンガポールがリセッション(景気後退)に陥るとの懸念が強まっている。

〔情報BOX〕新型肺炎、各国企業への影響

中国湖北省武漢市で発生した新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大を受けて、世界各地の企業が対応に追われている。これまでに判明している各社の業績への影響をまとめた。

米アップル、中国の全店舗一時閉鎖へ 新型肺炎拡大で

米アップル<AAPL.O>は1日、新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大を受け、中国本土にある全ての店舗とオフィスを2月9日まで一時閉鎖すると明らかにした。

訂正-新型肺炎、保険補償外で企業のコスト負担格段に大きく

中国湖北省武漢市で発生した新型コロナウイルスによる肺炎は、中国国内で猛烈に感染が広がり、いまや国外にも波及し、ホテル、航空会社から製造業までさまざまな企業活動に深刻な影響が出ている。企業は、災害等で事業を停止せざるを得なくなることをあらかじめ想定して保険をかけている。しかし、伝染病は一般に保険の補償対象外となっており、新型肺炎による機会損失、コスト負担は格段に大きくなる恐れがあると専門家は指摘する。

米マクドナルド、四半期既存店売上高は予想超え 技術投資拡大へ

米ファストフード大手マクドナルド<MCD.N>が20日発表した2019年第4・四半期決算は既存店売上高が市場予想を上回った。集客促進に向け、2020年は技術や研究開発向けの投資を拡大する方針を示した。

米マクドナルド、四半期既存店売上高は予想超え 技術投資拡大へ

米ファストフード大手マクドナルドが20日発表した2019年第4・四半期決算は既存店売上高が市場予想を上回った。集客促進に向け、2020年は技術や研究開発向けの投資を拡大する方針を示した。

米国株下落、幅広い銘柄に売り 新型肺炎巡る懸念で

米国株式市場は下落。中国で発生した新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大を巡る懸念から幅広い銘柄に売りが広がった。

NY市場サマリー(24日)

<為替> 円が対ドルで上昇し、109円台前半で推移した。新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大が懸念される中、安全資産とみられる円が買われた。

米インポッシブル・フーズ、バーガーキング朝食サンドに植物肉提供

植物由来の人工肉を手掛ける米インポッシブル・フーズは6日、バーガーキング<QSR.TO>の米国内139店舗で試験的に使われる予定の植物肉ソーセージパティを発表した。この分野で圧倒的なシェアを握る米ビヨンド・ミート<BYND.O>に対抗する。

マクドナルド、人工肉バーガー全米展開なら年2.5億個販売も=UBS

米ファストフード大手マクドナルド<MCD.N>がカナダの一部の店舗で行っている試験で、ビヨンド・ミート社<BYND.O>の植物由来の人工肉を使ったバーガーの販売数は1日当たり平均20─30個にとどまる一方、より人口の多い地域では1日100個に達している。スイス金融大手UBSの調査で明らかになった。

米マクドナルド従業員、セクハラと「有害な」職場風土で集団訴訟

米ファストフード大手マクドナルド<MCD.N>が全米の店舗でセクシャルハラスメントの横行を許しているとして、ミシガン州の従業員が12日、同社を相手取って集団訴訟を起こした。

米国株式市場=主要3指数が最高値、米中通商合意に期待

米国株式市場は続伸。米中通商協議を巡る期待感などを背景に、主要株価3指数が終値で過去最高値を付けた。終値での最高値更新は、S&P500とナスダックが2営業日連続。ダウは7月以来となった。

マクドナルドCEO解任、社員との関係を規定違反と判定

米ファストフード大手マクドナルド<MCD.N>は3日、スティーブ・イースターブルック最高経営責任者(CEO)が、社員との合意に基づく関係を巡って解任されたと発表した。

米株下落、英EU離脱巡る先行き不透明感が圧迫

米国株式市場は下落して取引を終えた。一部企業の好決算を追い風に中盤にかけて上昇していたが、英下院が欧州連合(EU)離脱協定関連法案を3日間で迅速審議するための議事進行動議を否決し、ジョンソン首相が目指す月末の離脱がほぼ不可能となったことを受け、下げに転じた。

NY市場サマリー(22日)

<為替> ポンドが対ドルやユーロで下落。英下院が欧州連合(EU)離脱協定関連法案を3日間で迅速審議するための議事進行動議(プログラム動議)を否決し、ジョンソン首相が目指す月末の離脱がほぼ不可能となったことを受けた動き。

マクドナルド、第3四半期利益が予想下回る 株価4%下落

米ファストフード大手マクドナルド<MCD.N>が22日発表した第3・四半期決算(9月30日まで)は、利益が2年ぶりに市場予想を下回り、株価は寄り付き前の取引で4%値下がりした。

NY市場サマリー(1日)

<為替> ドルが主要通貨に対し下落。一時2年半ぶりの高値を付ける場面も見られたものの、その後は押し戻された。米供給管理協会(ISM)製造業統計の悪化がドル売りを誘った。豪ドルも軟調だった。

ダウ平均343ドル安、軟調なISM製造業指数受け

米国株式市場は大幅安。ダウ工業株30種<.DJI>とS&P総合500種<.SPX>の下落率は1カ月超ぶりの大きさとなった。9月の米供給管理協会(ISM)製造業指数が約10年ぶりの低水準となり、米中貿易摩擦が米経済の足かせになっているという懸念が強まった。

ベステアー競争担当欧州委員、2期目続投へ 権限も強化

フォンデアライエン次期欧州委員長は10日、マルグレーテ・ベステアー氏を競争政策担当委員に指名した。承認されれば、ベステアー氏は史上初めて同ポストを2期務めることになる。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up