for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

マクドナルド・コーポレーション

MCD.N

現在値

254.59USD

変化

1.46(+0.58%)

出来高

1,452,628

本日のレンジ

253.69

 - 

258.46

52週レンジ

202.73

 - 

271.14

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
253.13
始値
254.17
出来高
1,452,628
3か月平均出来高
56.25
高値
258.46
安値
253.69
52週高値
271.14
52週安値
202.73
発行済株式数
747.25
時価総額
189,150.20
予想PER
26.90
配当利回り
2.18

次のエベント

Q4 2021 Mcdonald's Corp Earnings Release

適時開示

その他

McDonald's Expands McPlant Operations Test To Select Restaurants In San Francisco Bay, Dallas-Fort Worth

Mcdonald's Resolves Lawsuit Against Steve Easterbrook

Mcdonald's Reports Q3 Earnings Per Share $2.86

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

マクドナルド・コーポレーションとは

マクドナルド(McDonald’s Corporation)はマクドナルドレストランの運営およびフランチャイズを行。【事業内容】レストランでは、地域に密着したメニューの食事と飲料を提供する。レストランは、独立した地元企業の経営者によって所有・運営される。セグメントは、米国、国際運営市場(IOM)、国際開発許可市場・企業(IDL)である。米国事業は、メニューや商品、デリバリーやデジタルプラットフォームに注力する。IOM事業は、オーストラリア、カナダ、フランス、ドイツ、イタリア、オランダ、ロシア、スペイン、英国などの市場での事業が含まれる。IDL事業は、ラテンアメリカやアジアなどの市場での事業が含まれる。デジタルサービスには、ドライブスルー、テイクアウェイ、デリバリー、カーブサイドピックアップ、ダインインインなどがある。

業種

Restaurants

連絡先

110 N Carpenter St

CHICAGO, IL

60607-2104

United States

+1.630.6233000

https://www.mcdonalds.com/us/en-us.html

エグゼクティブリーダーシップ

Enrique Hernandez

Independent Chairman of the Board

Christopher J. Kempczinski

President, Chief Executive Officer, Director

Kevin M. Ozan

Corporate Executive Vice President and Chief Financial Officer

Ian Frederick Borden

President - International

Joseph M. Erlinger

President, McDonald’s USA

統計

1.97 mean rating - 39 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2018

21.0K

2019

21.1K

2020

19.2K

2021(E)

23.2K
EPS (USD)

2018

7.900

2019

7.840

2020

6.050

2021(E)

9.409
株価売上高倍率(過去12カ月)
26.13
株価売上高倍率(過去12カ月)
8.40
株価純資産倍率(四半期)
--
株価キャッシュフロー倍率
20.71
総負債/総資本(四半期)
--
長期負債/資本(四半期)
--
投資利益率(過去12カ月)
15.83
自己資本利益率(過去12カ月)
14.08

最新ニュース

最新ニュース

マクドナルド、代替肉バーガー試験販売拡大へ 2月から米600店で

米ファストフードチェーン大手マクドナルドは20日、植物由来の代替肉を手掛けるビヨンド・ミートと開発した代替肉バーガー「マックプラント」について、米国内で実施している試験販売を2月から拡大すると発表した。

マクドナルド、来年米国で代替肉バーガーの販売拡大へ

米マクドナルドは来年、植物由来の代替肉を提供する米ビヨンド・ミートと提携し、米国内で代替肉バーガーの販売を大きく拡大する計画だ。金融機関のアナリスト2人が明らかにした。

米マクドナルド、25年までにイタリアで1.2万人雇用 200店舗開店

米ファストフードチェーンのマクドナルドは、イタリアで2025年までに1万2000人を雇用し、200の新店舗をオープンする。アファリ&フィナンツァ・ラ・レプブリカが同社イタリア法人のダリオ・バローニ最高経営責任者(CEO)の発言として伝えた。

バーガーキング親会社、米サンドイッチチェーンを10億ドルで買収

ハンバーガーチェーン「バーガーキング」を傘下に持つ外食大手レストラン・ブランズ・インターナショナルは15日、米サンドイッチチェーンのファイアハウス・サブスを10億ドルで買収すると発表した。

米ヤム、第3四半期業績は予想上回る 欧米などで客足戻る

米外食大手ヤム・ブランズが28日発表した第3・四半期決算は、売上高と利益がそろって市場予想を上回った。傘下チェーンの「ケンタッキー・フライド・チキン(KFC)」と「タコベル」が好調で、「ピザハット」の売り上げ低迷を補った。

米大手製造業、供給制約への悲鳴や製品値上げの動き目立つ

米大手製造業が今週相次いで発表した四半期決算の場では、供給制約に対する悲鳴の声や、この問題が収益に及ぼす悪影響を製品の値上げで和らげようとする動きが目立った。

スタバ、米従業員の賃金引き上げへ 人材確保狙う

米コーヒーチェーン大手スターバックスは27日、2年以上勤続している米従業員の賃金を引き上げると発表した。さらに従業員のリファラル(紹介)採用には200ドルの報奨金を支払う方針で、米外食業界が人手不足に苦闘する中、人材の確保を狙う。

マクドナルド既存店売上高、第3四半期は大幅増 値上げなど寄与

米マクドナルドが27日発表した第3・四半期(9月30日まで)の米国内の既存店売上高は9.6%増と市場予想の8.27%増を上回った。労働力不足などの問題はあるものの、値上げや有名人とのコラボレーション商品の投入が奏功した。

米マクドナルド、温室ガス排出50年までに実質ゼロへ

米ファストフード大手マクドナルドは4日、温室効果ガス排出量を2050年までに実質ゼロとする新たな目標を発表した。温室ガスの削減対象は、世界各地でハンバーガーに使用される牛肉から、各店舗の電球にまで及ぶとしている。

英トラック運転手不足、未解消ならクリスマスにかけ大混乱=小売団体

英小売協会(BRC)は24日、政府に対し、ガソリンスタンドの閉鎖やスーパーマーケットの供給網制約につながっているトラック運転手不足問題を今後10日間で解消しない限り、クリスマスにかけて大きな混乱が生じると警告した。

英トラック運転手不足問題、政府は解決に全力を挙げると表明

英国政府は24日、ガソリンスタンドの閉鎖やスーパーマーケットの供給網制約につながっているトラック運転手不足問題の解決に全力を挙げると表明した。ただ、運送業界は早急な問題解決は困難との認識を示している。

マクドナルド、ハッピーセットのおもちゃをグリーン素材に

米マクドナルドは21日、「ハッピーミール」や「ハッピーセット」の名称で世界で提供する子ども向けメニューの玩具素材について、2025年末までにプラスチックの使用を大幅に削減する方針を示した。玩具提供は年間10億個を超える。

焦点:広がる米企業の生体認証利用、イリノイ州は規制強化で訴訟急増

買い物客でにぎわう24時間営業のスーパーマーケット、モトマート。日が落ちると店員が、カウンターの後ろでスイッチを入れた。

デルタ型拡大、米飲食部門回復の弊害になる公算=業界団体調査

全米レストラン協会(NRA)が31日に公表した調査によると、感染力の強い新型コロナウイルスのデルタ型変異株拡大により、米レストラン業界の脆弱な回復が足を引っ張られる恐れがある。

マクドナルド、英店舗でミルクシェーク販売停止 供給網の問題で

米ファストフード大手マクドナルドは24日、サプライチェーン(供給網)の問題から、英国の全店舗でミルクシェークとボトル入り飲料の提供を停止したと明らかにした。

米マクドナルド、食品包装紙を再生可能素材に 目標ほぼ達成

米マクドナルドは19日、レストランで使用する紙製の食品包装材をすべて再生またはサステナブルの素材に切り替える目標をほぼ達成したと発表した。

FB、オフィス勤務再開を来年1月まで延期 米企業がデルタ対応強化

米フェイスブックは12日、感染力の強い新型コロナウイルスのデルタ変異株を巡る懸念から、米国内の全従業員と海外の一部の従業員のオフィス勤務再開を来年1月まで延期すると発表した。

NYSE、取引フロア入場にワクチン接種を要請へ

ニューヨーク証券取引所(NYSE)は、取引所のトレーディングフロアに出入りする全ての人に対し、9月13日までに新型コロナウイルスワクチンの接種を完全に済ませるよう要請する。

イタリア独禁当局がマクドナルド調査へ、フランチャイズ契約巡り

イタリアの独占禁止当局である競争・市場保護委員会(AGCM)が、米ファストフード大手マクドナルドの調査に着手する。フランチャイズ経営者との契約条件をめぐり、複数の苦情を受けたため。ロイターが閲覧したAGCMの文書で9日、明らかになった。

米マクドナルド、全従業員と顧客にマスク着用をふたたび義務化

米マクドナルドは2日、米国内の全従業員と来店客に対し、新型コロナワクチン接種の有無にかかわらず、今後は店内および感染リスクの高い場所でのマスク着用をふたたび義務付けるとの方針を確認した。ワクチン未接種の従業員と顧客は、マスクの常時着用が義務になるとした。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up