for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

スリーエム・カンパニー

MMM

現在値

198.17USD

変化

-0.11(-0.06%)

出来高

2,119,480

本日のレンジ

197.94

 - 

200.00

52週レンジ

148.80

 - 

208.95

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
198.28
始値
200.00
出来高
2,119,480
3か月平均出来高
45.39
高値
200.00
安値
197.94
52週高値
208.95
52週安値
148.80
発行済株式数
578.64
時価総額
116,207.40
予想PER
20.44
配当利回り
2.95

次のエベント

Q3 2021 3M Co Earnings Release

適時開示

その他

3M Sees FY Earnings Per Share $9.70 To $10.10

3M And Certain Co-Defendants Resolve Hoosick Falls Class Action

3M Says Co Continues To Experience Strong Pandemic-Related Demand For Respirators - Conf Call

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

スリーエム・カンパニーとは

スリー・エム(3M Co)は、テクノロジー企業である。【事業内容】安全・産業、輸送機・エレクトロニクス、ヘルスケア、コンシューマーの4つのセグメントで事業を展開する。安全・産業事業は、研磨剤、自動車用アフターマーケット、クロージャー・マスキングシステム、通信市場、電気市場、工業用接着剤・テープ、パーソナルセーフティ、ルーフィンググラニュール、その他の安全・産業分野で構成される。輸送機・エレクトロニクス事業は、先端材料、自動車・航空宇宙、商業ソリューション、ディスプレイ材料・システム、電子材料ソリューション、輸送・安全、その他の輸送機・エレクトロニクスから構成される。ヘルスケア事業は、ドラッグデリバリー、食品衛生、健康情報システム、医療ソリューション、オーラルケア・ソリューション、分離精製科学などの製品・サービスを提供する。コンシューマー事業は、消費者にサービスを提供して、コンシューマー・ヘルスケア、ホームケア、ホームセンター、文具・事務用品などがある。

業種

Constr. - Supplies & Fixtures

連絡先

3M Center, Bldg. 220-13E-26A

SAINT PAUL, MN

55144-1000

United States

+1.651.7331474

https://www.3m.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Michael F. Roman

Chairman of the Board, President, Chief Executive Officer

Monish Patolawala

Chief Financial Officer, Senior Vice President

Eric D. Hammes

Executive Vice President - Enterprise Operations

Ashish K. Khandpur

Executive Vice President - Transportation and Electronics Business Group

Jeffrey R. Lavers

Executive Vice President, Consumer Business Group

統計

3.10 mean rating - 21 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2018

32.8K

2019

32.1K

2020

32.2K

2021(E)

34.9K
EPS (USD)

2018

10.460

2019

9.080

2020

8.740

2021(E)

9.812
株価売上高倍率(過去12カ月)
19.72
株価売上高倍率(過去12カ月)
3.35
株価純資産倍率(四半期)
8.03
株価キャッシュフロー倍率
14.76
総負債/総資本(四半期)
126.30
長期負債/資本(四半期)
112.59
投資利益率(過去12カ月)
15.58
自己資本利益率(過去12カ月)
12.77

最新ニュース

最新ニュース

米3M、通期見通し上方修正 コスト上昇懸念で株価は下落

米複合企業スリーエム(3M)が27日発表した第2・四半期決算は利益が予想を上回った。新型コロナウイルス禍からの経済回復を背景に主要な分野での需要が増加しているとし、通期見通しを上方修正した。

米国株式市場=3指数が過去最高値、ハイテク決算を楽観視

米国株式市場は、主要株価3指数が前日に続き、終値ベースで過去最高値を更新した。今週に予定される大手ハイテク企業の決算への楽観的な見方から買いが入った。ただ連邦公開市場委員会(FOMC)を控え、警戒感が出ている。

NY市場サマリー(23日)ダウ3万5000ドル乗せ、ドル2週連続で上昇

<為替> ドル指数がやや上昇した。今週はリスク選好度が揺れ動く中、ボラティリティーが高まったが、ドルは週足では2週間連続で上昇した。

米国株、ダウ史上初の3万5000ドル乗せ 好決算でリスク選好

米国株式市場は4日続伸し、主要3株価指数が終値ベースの過去最高値を更新した。好決算と経済回復の兆しが投資家のリスク選好度を高めた。

米3M、第1四半期は予想上回る 供給網混乱でコスト増加

米複合企業スリーエム(3M)が27日発表した第1・四半期決算は、新型コロナウイルス流行を受けたマスクなどへの需要が継続し、収益が予想を上回った。

米国株はおおむね横ばい、テスラや3Mに売り

米国株式市場は、大手ハイテク企業の決算発表を控え、S&P総合500種とダウ工業株30種がほぼ横ばいで取引を終えた。電気自動車(EV)メーカーのテスラや複合企業スリーエム(3M)の決算がさえず、市場の重しとなった。

UPDATE 1-NY市場サマリー(27日)米国債利回り上昇、株価横ばい

(株のリポートを追加しました) [27日 ロイター] - <為替> ドルが主要通貨に対し横ばい。米連邦公開市場委員会(FOMC)の結果 を控え、薄商いとなる中、円や資源国通貨に対しては上昇した。 終盤の取引で、ドル指数はほぼ変わらずの90.897。一時、3月3日以来 の安値となる90.679を付けた。 ドル/円は0.6%高の108.72円。日銀が公表した展望リポート(経済 ・物価情勢の展望)で、2023年度の消費者物価指数(除く生鮮食品、コアCPI)の 伸び率が1.0%と、目標の2%に到達しない見通しが示されたことが圧迫した。 また、日銀...

NY市場サマリー(27日)米国債利回り上昇、株価横ばい

<為替> ドルが主要通貨に対し横ばい。米連邦公開市場委員会(FOMC)の結果 を控え、薄商いとなる中、円や資源国通貨に対しては上昇した。 終盤の取引で、ドル指数はほぼ変わらずの90.897。一時、3月3日以来 の安値となる90.679を付けた。 ドル/円は0.6%高の108.72円。日銀が公表した展望リポート(経済 ・物価情勢の展望)で、2023年度の消費者物価指数(除く生鮮食品、コアCPI)の 伸び率が1.0%と、目標の2%に到達しない見通しが示されたことが圧迫した。 また、日銀は26─27日に開いた金融政策決定会合で、現行の長短金利操作...

米国株式市場=まちまち、テスラや3Mに売り

米国株式市場は、大手ハイテク企業の決 算発表を控え、まちまちの動きとなった。電気自動車(EV)メーカー のテスラや複合企業スリーエム(3M)の決算はさえ ず、株価はともに値下がりした。  終値 前日比 % 始値 高値 安値 コード ダウ工業株30種 33984.93 +3.36 +0.01 33932.1 34043.9 33870.4 3 8 6  前営業日終値 33981.57 ナスダック総合 14090.22 -48.56 -0.34 14170.9 14171.2 14064.2 1 4 8  前営業日終値 14138.78 S...

S&Pとナスダック、最高値から下落 決算に注目

米国株式市場はS&P総合500種とナスダック総合が最高値から下落して取引を終えた。投資家が決算内容を消化する中、連邦公開市場委員会(FOMC)結果を控え、値動きは抑制された。

UPDATE 1-NY市場サマリー(26日)ドル全面安、S&Pとナスダックは最高値から下落

(表を更新し、株のリポートを追加しました) [26日 ロイター] - <為替> ドルが全面安となった。前日から一転し、この日はよりリスクの高い通貨 への選好度が高まった。新型コロナウイルスの感染拡大や27日までの連邦公開市場委員 会(FOMC)を控え、このところリスク選好度は後退していた。 ドル指数は0.22%安の90.143。一時は90.614まで上昇し、2 0日以来の高値を付けた。 コンファレンス・ボード(CB)が26日発表した1月の米消費者信頼感指数は89 .3と、前月の87.1から上昇。上昇したものの、新型コロナ懸念は払拭されておらず...

NY市場サマリー(26日)ドル全面安、S&Pとナスダックは最高値から下落

<為替> ドルが全面安となった。前日から一転し、この日はよりリスクの高い通貨 への選好度が高まった。 新型コロナウイルスの感染拡大や27日までの連邦公開市場委員会(FOMC)を控 え、このところリスク選好度は後退していた。 ドル指数は0.22%安の90.143。一時は90.614まで上昇し、2 0日以来の高値を付けた。 コンファレンス・ボード(CB)が26日発表した1月の米消費者信頼感指数は89 .3と、前月の87.1から上昇。上昇したものの、新型コロナ懸念は払拭されておらず 、感染拡大前の昨年2月の132.6と比べるとはるかに低い水準...

米国株式市場=S&Pとナスダック、最高値から下落 決算に注目

米国株式市場はS&P総合500種 とナスダック総合が最高値から下落して取引を終えた。投資家が決算内容を消化 する中、連邦公開市場委員会(FOMC)結果を控え、値動きは抑制された。 ダウ工業株30種は、複合企業スリーエム(3M)などの上昇に支え られた。同社は新型コロナウイルスの感染が拡大する中、コスト削減のほか、使い捨て保 護マスクや消毒剤などの需要が寄与し、四半期利益が予想を上回った。 医薬品・日用品大手ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)も株価が上 昇。同社は新型コロナワクチンの臨床試験(治験)データを来週初めに報告すると明らか...

米スリーエム、組織再編で約2900人削減へ

米複合企業スリーエム(3M)は3日、世界の従業員約2900人を削減するとともに、成長が鈍化している市場への投資を縮小すると表明した。組織再編の一環で、これにより税引き前で最大2億5000万ドルのコスト削減が見込まれている。

コラム:コロナ禍のマスクブーム、「副作用」はないのか

新型コロナウイルスの感染拡大はマスク産業の業績にとって最良の出来事ではあるものの、気を付けなければならないこともある。ブームの副作用として、外交上のあつれき、品質スキャンダル、価格つり上げ、不正など挙げられる。過剰な生産能力やポリプロピレン廃棄物拡大への対処は頭痛の種となりそうだ。

米3M、食の安全性検査製品事業の売却を検討=ブルームバーグ

米複合企業スリーエム(3M)<MMM.N>が食品の安全性を検査する製品を手掛ける部門の売却について助言役とともに検討を進めている。ブルームバーグが22日、事情に詳しい関係者の話として報じた。

日経平均は4日続落、円高が重し 実態悪織り込む動きも

東京株式市場で日経平均は4日続落。米国株式市場が軟調となったことが嫌気されたほか、円高が重しとなり終始さえない動きが続いた。そうした中で、個別では決算によって株価の明暗が分かれる状況。成長性が期待される銘柄については好決算が評価される一方、大幅減益の銘柄は、出尽くし感ではなく実態悪を織り込む動きとなっている。

NY市場サマリー(28日)ドル上昇、米株反落

<為替> ドル指数が上昇し、前日に付けた2年ぶりの安値から持ち直した。連邦公開市場委員会(FOMC)の結果待ちとなった。

米株反落、コロナ禍受けた消費者心理や企業業績の悪化で

米国株式市場は反落。新型コロナウイルス禍を背景とした消費者信頼感の低下や失望を誘う企業決算、与党共和党が発表したコロナ追加対策法案が予想を下回る内容だったことを受け、市場心理が悪化した。

米3M、第2四半期予想下回る コロナ禍で広範な影響

米複合企業スリーエム(3M)<MMM.N>が28日発表した第2・四半期決算は、新型コロナウイルス感染拡大で業務全般が影響を受けたことで、利益と売上高が市場予想を下回った。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up