for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

スリーエム・カンパニー

MMM.N

前日終値

171.44USD

変化

0.86(+0.50%)

出来高

549,210

本日のレンジ

170.00

 - 

172.47

52週レンジ

154.12

 - 

219.74

As of on the New York Stock Exchange ∙ Minimum 15 minute delay

価格

前日終値
170.58
始値
170.59
出来高
549,210
3か月平均出来高
59.14
高値
172.47
安値
170.00
52週高値
219.74
52週安値
154.12
発行済株式数
576.43
時価総額
98,625.84
予想PER
18.18
配当利回り
3.36

次のエベント

Q3 2019 3M Co Earnings Call

適時開示

その他

3M Says China Organic Sales To Fall Mid-Single Digits In 2019

3M Co Files For Four-Part Notes Offering Size Not Disclosed

SA's Competition Commission Unconditionally Approves Colossal SPV - Aveng Infraset Deal

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

スリーエム・カンパニーとは

スリー・エム(3M Company)は技術会社である。【事業内容】同社は5つの事業区分により構成される。工業事業は自動車の相手先商標製造業者と自動車アフターマーケット、器具、紙と印刷、包装、食品と飲料、建設等の市場にサービスを提供する。安全とグラフィックス事業は人々、施設とシステムの安全、セキュリティと生産性のための市場にサービスを提供する。ヘルスケア事業は診療所と病院、医薬品、健康情報システム、食品の製造と検査を含む市場にサービスを提供する。消費者事業は消費者向け小売業、オフィス・ビジネス・ツー・ビジネス、住宅改善、薬局小売と他の市場にサービスを提供する。

業種

Constr. - Supplies & Fixtures

連絡先

3M Center, Bldg. 220-13E-26A

+1.651.7331474

https://www.3m.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Michael F. Roman

Chairman of the Board, Chief Executive Officer

Nicholas C. Gangestad

Chief Financial Officer, Senior Vice President

James L. Bauman

Executive Vice President, Industrial Business Group.

Julie L. Bushman

Executive Vice President - International Operations

Joaquin Delgado

Executive Vice President - Consumer Business Group

統計

3.17 mean rating - 18 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2016

30.1K

2017

31.7K

2018

32.8K

2019(E)

32.5K
EPS (USD)

2016

8.160

2017

9.170

2018

10.460

2019(E)

9.431
株価売上高倍率(過去12カ月)
20.86
株価売上高倍率(過去12カ月)
3.07
株価純資産倍率(四半期)
9.78
株価キャッシュフロー倍率
15.52
総負債/総資本(四半期)
158.12
長期負債/資本(四半期)
149.11
投資利益率(過去12カ月)
16.41
自己資本利益率(過去12カ月)
12.88

最新ニュース

NY市場サマリー(29日)

一方、同ニュースが重しとなり、ファイザーは3.8%下落。通年の利益・売上高見通し下方修 正も嫌気された。 配車サービス大手リフトは2.3%安。ジョン・マクニール最高執行責任者(COO)が辞任 するというCNBCの報道が圧迫した。 同業ウーバー・テクノロジーズも1.4%安で終了。世界のセールス・マーケティング部門で 社員の約20%を削減するとの報道が売りを誘った。 前週末に過去最高値を更新していたスターバックスは反落し、1.1%安。JPモルガンが、 バリュエーションが「過度にストレッチしている」とし、投資判断を引き下げたことが悪材料となった...

UPDATE 1-米国株式市場=買い一服、FOMCや米中通商交渉の結果待ち

(内容を追加します。) [ニューヨーク 29日 ロイター] - 米国株式市場は買い一服。ダウ平均株価<.D JI>は小幅高。一方、アマゾン・ドット・コムやフェイスブックが売られ 、ナスダック総合指数とS&P総合500は下落して取引を終えた。米連 邦公開市場委員会(FOMC)や米中通商交渉の結果待ちとなった。 ダウ構成銘柄では3M、ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J) 、アップルが上昇を主導した。 米連邦準備理事会(FRB)は今週開く連邦公開市場委員会(FOMC)で、約10 年ぶりの利下げを実施するとみられている。また、米国と中国は30...

米3M、中国事業巡り内部調査 海外腐敗行為防止法違反の可能性

米複合企業スリーエム(3M)は26日、中国の特定の事業団体に関連して米連邦海外腐敗行為防止法(FCPA)、もしくはその他の汚職防止法に違反していた可能性があることについて調査を進めていると明らかにした。

NY市場サマリー(9日)

また、カドロー米国家経済会議(NEC)委員長は、農産品を巡る欧米通商協議が進 展していると述べた。 米国株式市場: <金先物> 翌日から2日間の日程で行われるパウエル連邦準備理事会(FRB)議 長の議会証言に注目が集まる中、ほぼ横ばいとなった。中心限月8月物の清算値は前日比 0.50ドル(0.04%)高の1オンス=1400.50ドル。 前週末に発表された堅調な米雇用統計を受け、市場ではFRBが早期に大幅利下げに 踏み切るとの期待が後退。外国為替市場でドルがユーロなどに対し強含みに転じたため、 ドル建てで取引される商品に割高感が浮上し、金相場...

UPDATE 1-米国株式市場=S&Pとナスダック反発、ハイテク株が高い

(内容を追加しました) [ニューヨーク 9日 ロイター] - 米国株式市場はS&P500が小反発し、ナ スダック総合も上昇。ダウ平均は続落した。米中貿易摩擦による企業業績への影響を巡る 懸念が再燃したものの、アマゾン・ドット・コム、フェイスブック、アッ プルなどのハイテク株が買われ、S&Pとナスダックの上昇に寄与した。 ネットフリックスも1%高で終了。このほど公開されたドラマ「ストレンジ ャー・シングス」新シリーズの人気が業績のプラスになるとコーウェンが予想した。 10日には米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨が公表されるほか、米連邦準...

アングル:トランプ氏の対中貿易戦争、「勝ち組」と「負け組」

米企業は半導体からトラクターまであらゆる業種が、対中通商紛争や鉄鋼関税引き上げなどトランプ米大統領が仕掛けた貿易戦争の影響を受けたと説明している。

NY市場サマリー(17日)

キャタピラー、3M、テクストロン、ゼネラル・ダイナミク ス、フェデックスが軒並み安。S&P工業は1.1%安となった 。 S&P主要11業種では、S&P公益事業を除く10セクターが下落。S &P工業とS&Pエネルギーが最も値下がりした。 個別銘柄では、米スポーツ用品小売アンダーアーマーが7.8%高。JPモ ルガンが投資判断を「オーバーウエート」に引き上げた。 一方、画像共有サイトのピンタレストは13.5%安。同社が16日に示し た2019年通年の売上高見通しはアナリストの予想とほぼ一致。ただ最近上場し、株価 動向が好調な同社への期待は高く...

米国株式市場=工業株主導で下落、通商巡る緊張続く

キャタピラー、3M、テクストロン、ゼネラル・ダイナミク ス、フェデックスが軒並み安。S&P工業は1.1%安となった 。 S&P主要11業種では、S&P公益事業を除く10セクターが下落。S &P工業とS&Pエネルギーが最も値下がりした。 個別銘柄では、米スポーツ用品小売アンダーアーマーが7.8%高。JPモ ルガンが投資判断を「オーバーウエート」に引き上げた。 一方、画像共有サイトのピンタレストは13.5%安。同社が16日に示し た2019年通年の売上高見通しはアナリストの予想とほぼ一致。ただ最近上場し、株価 動向が好調な同社への期待は高く...

UPDATE 1-NY市場サマリー(25日)

(株のリポートを追加しました。) [25日 ロイター] - <為替> 終盤の取引で、ドルが対ユーロで約2年ぶりの高値に上昇。好調な米経済 指標がドル需要を押し上げたことが背景。市場は、26日発表の第1・四半期の米国内総 生産(GDP)統計の発表に注目している。 ユーロは0.18%安の1.1132ドルで、2017年5月以来の安値。 テンパスのトレーディング部門バイスプレジデント、ジョン・ドイル氏は「ドルは強 い国内指標や弱い海外指標、多くのハト派的な中銀会合の恩恵を受けている」と述べた。 この日発表された指標では、3月の米耐久財受注統計で...

UPDATE 1-米国株式市場=まちまち、工業株に売り FB・マイクロソフトは高い

(内容を追加しました) [ニューヨーク 25日 ロイター] - 米国株式市場はまちまち。工業株が売られ て相場を圧迫したほか、世界経済の減速を巡る懸念が重しとなった。一方、フェイスブッ クやマイクロソフトは上昇した。 スリーエム(3M)やユナイテッド・パーセル・サービス(UPS) 、レイセオンなどの決算が失望を誘い、S&P工業指数は1.99%安となった 。 アマゾン・ドット・コムは引け後に発表した第1・四半期決算で利益が予想 を上回り、株価は時間外で1.7%上昇した。ただ、第2・四半期の売上高見通しはレン ジの大部分がアナリスト予想を下回...

再送-NY市場サマリー(15日)

(表を付けて再送しました) [15日 ロイター] - <為替> ドルが値下がりした。サンフランシスコ地区連銀のデイリー総裁が、年内 の利上げは不要との考えを示唆し、ハト派的な発言と受け止められた。 主要6通貨バスケットに対するドル指数は約0.1%安の96.901。 ユーロは対ドルで0.05%高の1.129ドル。 デイリー総裁は経済成長の減速に加え、インフレが抑制されていることを踏まえると 、米連邦準備理事会(FRB)は年内に利上げを実施する必要はないとの考えを、米紙ウ ォールストリート・ジャーナル(WSJ)のインタビューで示した。 経済成長率...

米国株式市場=上昇、米中通商合意への期待で ダウ・ナスダック8週連続値上がり

米国株式市場は主要株価 3指数がそろって上昇。米中が貿易摩擦解消に向け通商合意にこぎ着け るとの期待が株価への追い風となった。 ダウ平均とナスダック総合は8週間連続の上昇。S &P総合500は4週連続でテクニカル上重要とされる200日 移動平均線を上回った。 米中政府はこの日、北京で行っていた閣僚級貿易協議を終え、来週 ワシントンで通商協議を再開する方針を明らかにした。米中双方とも今 週の協議で進展があったと主張している。 ボーイングや3M、ユナイテッド・テクノロジー<UT X.N>、キャタピラーなど、関税に敏感な工業株が上昇し、ダウ...

UPDATE 1-NY市場サマリー(12日)

(株式の内容と表を更新しました) [12日 ロイター] - <為替> ドルが下落した。米中通商協議の進展期待が強まり、よりリスクが高いと される資産に需要が集まった。 主要6通貨バスケットに対するドル指数は0.38%安の96.694。 ユーロが対ドルで0.51%高の1.1333ドル。英ポンドは対ドル で0.39%高の1.2898ドル。 他の安全通貨も軟調となり、ドルが対円で小幅高の110.46円、スイスフ ランは対ドルで1.0057ドルに下落した。 トランプ米大統領は12日、米中通商協議について、合意が近いと見なされれば3 月1日の交渉期限...

UPDATE 2-米国株式市場=上昇、米中通商協議への期待や予算案合意で

(内容を追加しました) [ニューヨーク 12日 ロイター] - 米国株式市場は上昇して取引を終えた。政府機関の再閉鎖回 避に向けて与野党が国境警備を巡る予算案で原則合意したことや、米中通商協議を巡る楽観的な見方が支援 材料となった。 主要株価3指数はいずれも1%超上昇し、月初来の大幅な上昇率を記録。S&P総合500種は12月 上旬以降初めて200日移動平均線を上回る水準で引けた。 トランプ大統領は米中通商協議について、合意が近いと見なされれば3月1日としている交渉期限を若 干延長することはできるとの見解を示した。 民主、共和両党の有力議員...

米株市場はまちまち、テクノロジー株売られS&P下落

米国株式市場はまちまちで取引を終えた。アップル<AAPL.O>の決算発表を控えてテクノロジー株が売られ、S&P総合500種<.SPX>は下落した一方、スリーエム(3M)<MMM.N>など工業株が買われ、ダウ工業株30種<.DJI>は上昇した。

コラム:漂う国際協調のにおい、2016年相場との類似点=木野内栄治氏

株式市場を取り巻く現在の環境は、2016年初めと似ている。あの年は20カ国・地域(G20)の政策総動員によって絶好の買い場となった。今回のコラムでは、当時と今の類似点を比較し、足元が投資の好機である可能性を説明したい。

NY市場サマリー(4日)

。これを受け、米国債利回りは上昇した。 その後パウエル氏はイエレン、バーナンキ両元議長との討論会で、必要に応じて「常 に政策スタンスを大幅に変更する用意がある」と述べ、2016年当時と同様、金融引き 締めの停止もあり得るとの考えを示唆するなどした。発言を受け、よりリス クが高いとされる資産が買われ、株式相場の追い風となる一方で国債価格は低下した。 パウエル氏が、中銀の政治的独立性に関する責任について触れたことも、市場の追い 風となった。 米金融・債券市場: <株式> 急反発。上げ幅は2週間ぶりの大きさとなった。良好な米雇用統計やパウ エル...

米国株式市場=急反発、良好な米雇用統計やFRB議長発言で

米国株式市場は急反発。上げ幅は2週間ぶり の大きさとなった。良好な米雇用統計やパウエル米連邦準備理事会(FRB)議長発言が 寄与した。 主要3株価指数は3%を超す上昇。アップルの売上高見通しの下方修正を背 景に7年超ぶりの大幅な下げとなった前日の下落分を取り戻した。 米労働省が発表した2018年12月の雇用統計は、非農業部門の雇用者数が31万 2000人増加し、2月以来10カ月ぶりの大幅増となった。市場予想の17万7000 人増も大きく上回った。 またパウエル米連邦準備理事会(FRB)議長は4日、FRBは忍耐強く臨むととも に、経済の勢...

UPDATE 3-NY市場サマリー(3日)

(為替の内容を更新しました) [3日 ロイター] - <為替> 円がドルとユーロに対して上昇した。米アップルの第1・四半期 売上高見通し下方修正を受け、中国・世界景気減速懸念が広がり、安全資産とされる円が 買われた。 ドルが対円で1.18%安の107.59円、ユーロは円に対し0 .73%値下がりした。 早い時間帯に円は対ドルで一時4.4%急伸した。アップルの見通し下方修正を受け て自動注文が相次ぎ、薄商いのアジア市場で大きな値動きがみられた。   ジェフリーズの世界外為部門責任者は「ニューヨーク市場の引けとアジア市場が寄り 付く間はかなり...

UPDATE 2-米国株式市場=急反落、アップル下方修正や弱い米製造業指標で

(内容を追加しました) [ニューヨーク 3日 ロイター] - 米国株式市場は急反落して取引を終えた。ア ップルの業績見通し下方修正や米製造業部門の減速を示す指標を受け、世界経済を巡る懸 念が強まった。 アップルが10─12月期の売上高見通しを下方修正したことを受け、テク ノロジーセクターをはじめ市場に動揺が広がり、主要株価3指数がいずれも2%超下落、 ナスダックは3%安となった。 アップルのクック最高経営責任者(CEO)は投資家への書簡で、中国の景気減速の 大きさを予測できていなかったと明かした。アップルは10.0%安。 S&P情報技術指数...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも15分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up