for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

アルトリア・グループ・インク

MO.N

前日終値

40.12USD

変化

-0.72(-1.76%)

出来高

4,872,437

本日のレンジ

39.31

 - 

41.04

52週レンジ

39.31

 - 

66.03

As of on the New York Stock Exchange ∙ Minimum 15 minute delay

価格

前日終値
40.84
始値
40.84
出来高
4,872,437
3か月平均出来高
209.66
高値
41.04
安値
39.31
52週高値
66.03
52週安値
39.31
発行済株式数
1,868.10
時価総額
77,171.04
予想PER
9.86
配当利回り
8.13

次のエベント

Q3 2019 Altria Group Inc Earnings Call

適時開示

その他

FDA Warns Juul Labs For Marketing Unauthorized Modified Risk Tobacco Products, Including In Outreach To Youth

Juul Labs Inc Amends Filing To Say It Has Raised $785.2 Million In Equity And Debt Financing, From Total Offering Of $800.2 Million

Juul Devices Cited In Seizure Reports That Started FDA Probe - Bloomberg

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

アルトリア・グループ・インクとは

アルトリア・グループ(Altria Group, Inc)は持株会社である。【事業内容】同社の事業は喫煙可能な製品、無煙製品およびワインが含まれる。同社の完全子会社は米国でタバコの製造・販売を行うPhilip Morris USA Inc. (PM USA)、機械製葉巻とパイプタバコの生産・販売を行うJohn Middleton Co. (Middleton)、子会社U.S. Smokeless Tobacco Company LLC (USSTC)とSte. Michelle Wine Estates Ltd. (Ste. Michelle)を経由して無煙製品とワインの生産・販売を行うUST LLC (UST)を含む。他の運営会社はタバコ製品を製造・販売する子会社であるNu Mark LLC (Nu Mark)、財務資産のポートフォリオを維持する子会社のPhilip Morris Capital Corporation(PMCC)、Altria Group Distribution Company及びAltria Client Services LLCを含む。

業種

Tobacco

連絡先

6601 W Broad St

+1.804.2742200

http://www.altria.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Howard A. Willard

Chairman of the Board, Chief Executive Officer

William F. Gifford

Vice Chairman, Chief Financial Officer.

Charles N. Whitaker

Senior Vice President - Chief Human Resources Officer and Chief Compliance Officer

Murray R. Garnick

Executive Vice President, General Counsel

Kevin Carlyle Crosthwaite

Senior Vice President -Chief Growth Officer

統計

2.40 mean rating - 15 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2016

19.3K

2017

19.5K

2018

19.6K

2019(E)

19.8K
EPS (USD)

2016

3.030

2017

3.390

2018

3.990

2019(E)

4.185
株価売上高倍率(過去12カ月)
12.02
株価売上高倍率(過去12カ月)
3.06
株価純資産倍率(四半期)
5.34
株価キャッシュフロー倍率
11.53
総負債/総資本(四半期)
202.16
長期負債/資本(四半期)
187.33
投資利益率(過去12カ月)
14.98
自己資本利益率(過去12カ月)
12.84

最新ニュース

インドが電子たばこを禁止、巨大市場に期待するメーカーに打撃

インド政府は18日、電子たばこの生産、販売、輸入を全面的に禁止すると発表した。政府は若年層の間で電子たばこが急速に広がっており、健康への影響が懸念されるとし、違反者に罰金や禁錮刑を科すことを決定した。

電子たばことの関連疑われる肺疾患で新たに2人死亡=米保険当局

米疾病対策センター(CDC)は6日、電子たばことの関連が疑われる肺疾患の患者2人が今年7月にオレゴン州とインディアナ州で死亡していたと発表した。当局は電子たばこの使用に関連する肺疾患について調査しており、同様の肺疾患による死亡例は3件目となる。

NY市場サマリー(27日)

<為替> ドルが下落。米中貿易戦争を巡る警戒感が再び高まる中、安全資産とされる円などが買われ た。米債市場では長短金利の逆転が一段と進行した。 前日はトランプ米大統領が中国から通商交渉再開に向けた申し入れがあったことを明らかにし、通商協 議を再開する方針を表明。これを受けてリスク選好度が高まっていたものの、中国外務省の報道官がこの日 、中国と米国が最近電話協議をしたという話は聞いていないと改めて表明したことを受けて、警戒感が広が った。 円は対ドルで0.34%高の105.75円。米中貿易摩擦がエスカレートする中、円は対ドル で年初来3....

UPDATE 1-米国株式市場=ダウ120ドル安、景気後退懸念で金融株に売り

(情報を追加しました) [ニューヨーク 27日 ロイター] - 米国株式市場は下落。ダ ウ平均株価は120ドル値下がりして取引を終えた。長短金利の 逆転が進行する中、景気後退(リセッション)懸念が深まり、金融株な どに売りが出た。米中通商協議を巡る不透明感も根強かった。 株価は当初は、トランプ大統領の中国との通商協議再開を巡る発言 を受け上昇した前日の流れを受け継いで上向いていたが、中国外務省は この日、通商問題を巡り中国と米国が最近電話協議をしたという話は聞 いていないと表明。米2年債と米10年債の 利回りの逆転が一段と進行したことも...

たばこ大手フィリップ・モリスとアルトリア、対等合併に向け協議

米たばこ大手フィリップ・モリス・インターナショナルと同業アルトリア・グループが株式交換を通じた対等合併に向け協議していると発表した。

米保健当局、電子たばことの関係疑われる肺疾患について調査

米疾病対策センター(CDC)は、電子たばこの使用と因果関係があるかもしれない肺疾患の「一群」について調査していることを明らかにした。

米共和党幹部、たばこ製品購入年齢21歳への引き上げ提案

米共和党のマコネル上院院内総務は18日、たばこ製品(蒸気を吸い込む製品含む)の購入最低年齢を18歳から21歳に引き上げる法案を来月提出する考えを表明した。10代の利用抑制を狙う。

米司法長官候補、ロシア疑惑捜査巡り政治介入阻止を約束

トランプ米大統領が次期司法長官に指名したウィリアム・バー氏は議会の指名承認公聴会で、モラー特別検察官のロシア疑惑捜査について、政治介入を阻止し、自身も米政権からの独立を保つ考えを表明する見通し。14日公表の証言原稿で明らかになった。

米FDA局長、電子たばこメーカーと会合へ 若者の利用を問題視

米食品医薬品局(FDA)のゴットリーブ局長は27日、電子たばこメーカーの首脳と会合を開く計画を明らかにした。一部メーカーが若者の利用問題について約束した対策を講じてないとの認識をにじませた。

米フィリップモリス、iQOSの新製品日本で発表 11月発売

フィリップモリスインターナショナル(PMI)<PM.N>は23日、iQOSの新製品を11月15日に日本で発売すると発表した。これまで加熱式たばこを使っていない層にユーザー拡大を狙う。

電子たばこメーカーのジュール、ITCに特許侵害申し立て

米電子たばこメーカーのジュールは、米国や中国などの企業18社が同社の特許技術を使って商品を開発・販売しているとして、米政府機関の国際貿易委員会(ITC)に特許侵害の申し立てを行った。

米国株は下落、ハイテク・たばこ銘柄に売り 金融株が高い

米国株式市場は、主要株価3指数が下落。たばこ銘柄が売られ、日用品株の下げを主導したほか、スマートフォン需要への懸念がハイテク株の売りを誘った。

UPDATE 1-NY市場サマリー(19日)

(株式市況を追加しました) [19日 ロイター] - <為替> ドルが主要通貨に対し上昇した。米国債利回りの上昇のほか、連邦準備理 事会(FRB)が利上げを継続するとの観測が押し上げ要因となっている。一方、ポンド は英中央銀行総裁のハト派的な発言を受け、対ドルで約2週間ぶりの安値を更新した。 主要6通貨に対するドル指数は一時1週間ぶりの高水準を付けた。 米経済はエンジン全開とはなっていないものの、安定的な成長軌道から外れてはおら ず、FRBは現在のペースで利上げを継続するとみられている。こうしたことを背景に2 年債利回りは2008年9月以来...

加熱式たばこiQOS、紙巻たばこより有害度低い=米暫定報告

米フィリップ・モリス・インターナショナル<PM.N>が開発した加熱式たばこ「iQOS(アイコス)」は従来の紙巻たばこに比べ、人体に有害もしくは有害の恐れがある物質の含有量が少ない──。米食品医薬品局(FDA)は22日、こうした暫定的な臨床試験報告を公表した。

特別リポート:加熱式たばこiQOS、臨床試験に科学者が問題点を指摘

米食品医薬品局(FDA)は、フィリップモリスインターナショナル(PMI)<PM.N>が開発し先駆的な商品となる可能性のある加熱式たばこ製品の発売を承認するかどうか検討を行っている。結論は来年にも出るとみられるが、同社の元社員や契約者など関係者はロイターの取材に対し、FDAへの申請の根拠となっている臨床試験にいくつかの不備があったと指摘している。

訂正:米国株式市場=反落、税制改革法案の成立後巡り懸念

米国株式市場は反落して取引を終えた。米議会下院が税制改革法案の最終案を可決したものの、すでに金融緩和で刺激された景気への効果や金利の先行きを巡る懸念が法案成立に向けた期待感を上回った。

コラム:たばこは「不必要な悪」なのか

彼らは、株主価値の信奉者にとっては恥であり、政府にとっては厄介者であり、公衆衛生にとっては軽い脅威であり、さらには、反資本主義体制派にとっては天のたまものである。利益の最大化を追求するたばこ企業は「不必要な悪」と言える。

米FDAがニコチン含有量削減を提案、電子たばこに追い風

米食品医薬品局(FDA)は28日、たばこのニコチン含有量を「中毒性のない」水準まで減らすよう義務付ける規制を提案した。通常のたばこに比べ、健康被害が小さい可能性のある電子たばこへの移行を促す大きな政策転換となる。

NY市場サマリー(28日)

<為替> ドルが広範な通貨に対して下落した。この日発表の米経済指標に意外 感がなかったことに加え、政治的な先行き不透明感が払しょくされていないことで、 ユーロや他の通貨に資金が向かう動きが継続した。 朝方発表の第2・四半期の米国内総生産(GDP)速報値は年率換算で前期比2 .6%増と、前期の1.2%増から成長が加速し、市場予想と一致した。これを受け ユーロや他の主要通貨が対ドルで上昇。一部アナリストは第2・四半期の雇用コスト 指数の上昇率が0.5%と、市場予想の0.6%を下回ったことが背景にあるとの見 方を示しているが、こうした経済指標...

米国株式市場=S&Pは決算重しで小安い、ダウ終値で3日連続の最高値更新

 終値 前日比 % 始値 高値 安値 コード ダウ工業株30種 21830.31 +33.76 +0.15 21787.51 21841.18 21756.12  前営業日終値 21796.55 ナスダック総合 6374.68 -7.51 -0.12 6350.27 6379.70 6337.23  前営業日終値 6382.19 S&P総合500種 2472.10 -3.32 -0.13 2469.12 2473.53 2464.66  前営業日終値 2475.42 ダウ輸送株20種 9227.07 +37.46 +0.41 ダウ公共株...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも15分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up