for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

メルク・アンド・カンパニー・インク

MRK

現在値

78.87USD

変化

-0.17(-0.22%)

出来高

3,663,165

本日のレンジ

78.31

 - 

80.08

52週レンジ

65.25

 - 

92.64

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
79.04
始値
79.46
出来高
3,663,165
3か月平均出来高
287.28
高値
80.08
安値
78.31
52週高値
92.64
52週安値
65.25
発行済株式数
2,524.10
時価総額
195,012.10
予想PER
14.57
配当利回り
3.15

次のエベント

Merck & Co Inc Oncology Event at ASCO 2020

適時開示

その他

Surface Oncology And Merck To Collaborate On Immuno-Oncology Study Evaluating Srf617, Targeting CD39 In Combination With Keytruda In Solid Tumor Patients

Merck Says As Part Of Agreement, UPMC Enterprises, Merck Global Health Innovation Fund Each Investing $5 Mln

Merck Announces Appointment Of Organon & Co CFO and Chief Information Officer

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

メルク・アンド・カンパニー・インクとは

メルク(Merck & Co. Inc.)はグローバルな医療会社である。【事業内容】同社は処方薬、ワクチン、生物学的療法、動物医薬品を通じて医療ソリューションの提供に従事する。同社は医薬品、動物健康、医療サービス、及びアライアンスという4つの事業区分により構成される。医薬品事業は同社または合弁会社を通じて直接販売されたヒト健康医薬品とワクチン製品を含む。ヒト健康医薬品はヒトの障害の治療のために処方により販売される治療剤・予防剤を含む。同社はヒト健康医薬品を医薬品卸売業者・小売業者、病院、政府機関、保健医療機関・薬局給付管理者等の管理医療機関に販売する。ワクチン製品は予防的小児・青年・成人ワクチンを含み、医師の診療所において提供される。

業種

Biotechnology & Drugs

連絡先

2000 Galloping Hill Rd

KENILWORTH, NJ

07033-1310

United States

+1.908.7404000

http://www.merck.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Kenneth C. Frazier

Chairman of the Board, President, Chief Executive Officer

Robert M. Davis

Executive Vice President, Global Services, Chief Financial Officer

Steven C. Mizell

Executive Vice President, Chief Human Resources Officer, Human Resources

Michael T. Nally

Executive Vice President, Chief Marketing Officer

Jennifer L. Zachary

Executive Vice President, General Counsel, Corporate Secretary

統計

1.89 mean rating - 19 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2017

40.1K

2018

42.3K

2019

46.8K

2020(E)

47.4K
EPS (USD)

2017

3.980

2018

4.340

2019

5.190

2020(E)

5.323
株価売上高倍率(過去12カ月)
19.51
株価売上高倍率(過去12カ月)
4.06
株価純資産倍率(四半期)
7.47
株価キャッシュフロー倍率
14.17
総負債/総資本(四半期)
106.84
長期負債/資本(四半期)
82.57
投資利益率(過去12カ月)
16.29
自己資本利益率(過去12カ月)
12.18

最新ニュース

最新ニュース

情報BOX:新型コロナウイルスを巡る海外の状況(27日現在)

韓国疾病予防管理局(KCDC)は26日、新型コロナウイルスへの関連が疑われる11歳男児と4歳女児の症例について調査を開始した。

ダウ529ドル高、コロナワクチンや経済再開巡る期待で

連休明け26日の米国株式市場は上昇し、ダウ平均株価<.DJI>は529ドル高で終了したほか、S&P総合500種指数<.SPX>は一時節目となる3000ポイントを突破した。新型コロナウイルスワクチンや経済活動再開を巡る期待が買いを後押しした。

メルク、新型コロナ薬・ワクチン開発の取り組み強化 買収や提携で

米製薬メルク<MRK.N>は26日、新型コロナウイルスワクチン2種類の開発に向け、オーストリアのワクチンメーカー、テミス・バイオサイエンスを買収するほか、非営利研究団体IAVIと提携すると発表した。製薬大手の間で加速している新型コロナワクチン開発レースに参戦する。

〔情報BOX〕新型コロナウイルスを巡る海外の状況(27日現在)

世界保健機関(WHO)は26日、米州が新型コロナウイルス感染症の新たな震源地になっているとし、とりわけブラジルや他の中南米諸国での感染拡大について警告した。

イーライリリーと上海君実がコロナ抗体薬臨床試験、第2四半期に

米製薬イーライ・リリー<LLY.N>と中国の上海君実生物医薬(ジュンシ・バイオサイエンシズ)<1877.HK>は26日、新型コロナウイルスの抗体治験薬の臨床試験を米中両国で第2・四半期に開始する計画を発表した。

EXCLUSIVE-米、被験者10万人超のコロナワクチン治験計画 候補株は約6株

米国は、新型コロナウイルスワクチンの年内の実用化に向け、有望なワクチン候補を6株程度に絞るとともに、10万人超の被験者を対象に大規模な治験を行う計画だ。

値動き激しい展開、経済再開や貿易摩擦で=今週の米株式市場

今週の米株式市場は、新型コロナウイルス感染拡大の影響で停止した経済活動を再開する動きや貿易摩擦の拡大を背景に、値動きの激しい展開となる見通しだ。

コロナワクチン、年内に最大2千万人分の生産目指す=米ファイザー

米製薬大手ファイザー<PFE.N>は30日、独バイオ医薬ベンチャーのビオンテック<22UAy.F>と共同開発する新型コロナウイルス向けワクチンについて、年末までに最大2000万人分の生産を目指すと表明した。

新型コロナワクチン、米ファイザーが秋にも拡大治験へ

米製薬大手ファイザー<PFE.N>は28日、開発中の新型コロナウイルスワクチン候補薬について、10月までに拡大臨床試験に移行する見通しだと明らかにした。

米欧保健当局と製薬16社、新型コロナ薬・ワクチン開発で連携

米国立衛生研究所(NIH)は17日、米欧保健当局と医薬品大手16社が新型コロナウイルスのワクチンと治療薬の開発で連携すると発表した。

米ファイザー、新型ウイルスの持続的な感染拡大が業績の打撃に

米製薬大手ファイザー<PFE.N>は27日、新型コロナウイルスの世界的な感染拡大が続いていることにより、同社の事業と業績に悪影響が及ぶ可能性があると警告した。

米株市場はS&P最高値、堅調な米指標や新型肺炎巡る懸念緩和で

米国株式市場は3日続伸。S&P総合500種<.SPX>は終値ベースで過去最高値を更新した。新型コロナウイルスを巡る懸念が緩和したほか、堅調な米経済指標を受けた。

エーザイ、不眠症治療薬で米FDAの承認取得

エーザイ<4523.T>の米子会社は22日、成人向けの不眠症治療薬「DAYVIGO」(一般名:レンボレキサント)について、米食品医薬品局(FDA)から新薬承認を取得したと発表した。

NY市場サマリー(9日)

<為替> ドルが主要通貨に対してほぼ横ばい。米中通商協議の新たな展開を見極めたいとの思惑から様子見ムードが根強かった。英ポンドは上昇した。

米国株式市場は反落、重要日程控え警戒感

米国株式市場は反落して取引を終えた。米連邦公開市場委員会(FOMC)や米国の対中関税発動期限など、政治・経済の両面で重要日程を控え、警戒感が広がった。

製薬大手が中国で新薬を大幅値下げ、医療保険適用リストへの追加で

中国国家医療保障局(NHSA)は28日、ロシュ<ROG.S>やノバルティス<NOVN.S>など製薬会社が医薬品を保険対象とするため一部新薬の価格を平均61%引き下げることに合意したと発表した。

アングル:膨張続ける米企業の役員報酬、株主や政治家から異議

人材会社スペンサー・スチュアートによると、S&P総合500種株価指数企業で、代表権を持たない取締役の平均年間報酬は昨年に前年比2%増の30万4856ドルと過去最高を更新した。10年前からは43%増えた。実際には株式報酬のおかげで、一部の取締役はもっと多くの報酬を得ている。

コラム:中国の「富裕化・肥満化・老化」で稼ぐ世界的製薬企業

お金持ちになるのは嬉しいが、肥満と老化は避けたいものだ。しかし世界的な製薬企業にとっては3つそろうのが好ましく、急速に人口動態が変化する中国で順調に売り上げを伸ばしている。例えば米メルク<MRK.N>は第3・四半期の中国での売上高が前年同期比84%も伸びた。3つの要因に加え、製薬企業におおむね好意的な中国政府の政策方針も追い風となっており、少なくとも中国国内のライバル企業が台頭してくるまでこの潮流は続きそうだ。

日経平均は8日ぶり反落、利益確定や調整の売り イベント前の手控えも

東京株式市場で日経平均株価は8日ぶり反落。前日の取引で約1年ぶりに2万3000円台に乗せたことで、いったんの達成感が出た。オーバーナイトの米国株市場がさえなかったこともあり、朝方は利益確定売りが先行した。米連邦公開市場委員会(FOMC)の結果を前にしたポジション調整の売りも下押し要因となった。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「中陰線」、定石通りの一服

<15:30> 日経平均・日足は「中陰線」、定石通りの一服 日経平均・日足は上下にヒゲを伴う「中陰線」。上値、下値をともに切り下げ、8日ぶりの反落になっ た。これまでの7連騰で高値警戒感が強かったことから、定石通りとも言える一服であり、今回の下げ幅は 基調に変化をもたらすものではない。 5日移動平均線(2万2846円99銭=30日現在)を若干下回った水準で下げ止まり、今後も5日 線にサポートされるかどうかがポイントになる。同線を大きく下回るようであれば、10月15日と16日 に大きく空けたマドを埋めにかかった17日安値(2万2424円92...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up