for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

メルク・アンド・カンパニー・インク

MRK

現在値

107.41USD

変化

1.32(+1.24%)

出来高

7,938,881

本日のレンジ

105.90

 - 

107.44

52週レンジ

72.88

 - 

115.49

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
106.09
始値
106.10
出来高
7,938,881
3か月平均出来高
186.31
高値
107.44
安値
105.90
52週高値
115.49
52週安値
72.88
発行済株式数
2,535.40
時価総額
267,180.00
予想PER
14.25
配当利回り
2.77

次のエベント

Q4 2022 Merck & Co Inc Earnings Call

適時開示

その他

FDA Approves Keytruda As Adjuvant Treatment After Surgical Resection, Platinum-Based Chemotherapy

Merck Animal Health Receives U.S. FDA Approval Of Expanded Indication For Bravecto (Fluralaner) Chews For Dogs

Merck Announces Q2 Dividend Of $0.73 Per Share

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

メルク・アンド・カンパニー・インクとは

メルク(Merck & Co Inc)は世界的なヘルスケア企業である。【事業内容】処方薬、ワクチン、生物療法、アニマルヘルス製品を通じて健康ソリューションを提供する。メルクは、医薬品事業とアニマルヘルス事業の2つのセグメントで事業を展開する。医薬品事業は、ヒト用医薬品とワクチンを扱う。ヒト用医薬品は、ヒトの疾病を治療するための治療剤および予防剤で、通常は処方箋によって販売される。これらのヒト用医薬品は、主に医薬品卸売業者や小売業者、病院、政府機関、健康管理団体などの管理医療機関に販売される。アニマルヘルス事業は、すべての主要な家畜およびコンパニオンアニマルの疾病予防、治療、管理を目的とした幅広い動物用医薬品およびワクチンの開発、製造、販売に加え、健康管理ソリューションおよびサービスを提供する。

業種

Biotechnology & Drugs

連絡先

2000 Galloping Hill Road

KENILWORTH, NJ

07033

United States

+1.908.7404000

https://www.merck.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Robert M. Davis

Chairman of the Board, President, Chief Executive Officer

Dean Y. Li

President - Merck Research Laboratories, Executive Vice President

Caroline Litchfield

Chief Financial Officer, Executive Vice President

Steven C. Mizell

Executive Vice President, Chief Human Resources Officer

David Williams

Executive Vice President, Chief Information Chief Information and Digital Officer

統計

2.07 mean rating - 28 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2019

46.8K

2020

48.0K

2021

48.7K

2022(E)

59.1K
EPS (USD)

2019

5.190

2020

5.940

2021

6.020

2022(E)

7.394
株価売上高倍率(過去12カ月)
17.46
株価売上高倍率(過去12カ月)
4.53
株価純資産倍率(四半期)
6.01
株価キャッシュフロー倍率
13.93
総負債/総資本(四半期)
68.42
長期負債/資本(四半期)
64.06
投資利益率(過去12カ月)
19.95
自己資本利益率(過去12カ月)
15.29

最新ニュース

最新ニュース

米メルクのコロナ経口薬、中国・天津では1瓶221ドル=当局

米医薬品大手メルクの新型コロナウイルス感染症の経口抗ウイルス薬「モルヌピラビル」の中国・天津市における1瓶当たり価格は1500元(221.21ドル)になった。同市医薬品購買センターが10日、明らかにした。

中国、コロナ後発薬製造巡り米ファイザーと交渉=関係筋

[香港/北京 6日 ロイター] - 中国が米ファイザーの新型コロナウイルス経口治療薬「パクスロビド」のジェネリック(後発医薬品)を中国国内で製造および販売するライセンスの取得に向け、同社と交渉を進めていると関係筋3人がロイターに明らかにした。

メルクのコロナ薬、詳細解析でもワクチン接種済み成人に「効果薄」

米医薬品大手メルクの新型コロナウイルス感染症の経口抗ウイルス薬「モルヌピラビル」に対する患者データの詳細解析でも、速報解析と同様、ワクチン接種済みで重症化リスクのある成人患者の入院や死亡を減らす効果はなかったとする調査結果が22日発表された。今回の解析は査読済みで、英医学誌ランセットに掲載された。

NY市場サマリー(13日)ドル全面安・国債利回り低下、株続伸 インフレ鈍化で

<為替> ドルが全面安となった。米国のインフレ率鈍化を受け、米連邦準備理事会(FRB)が14日まで開催する米連邦公開市場委員会(FOMC)で利上げ幅を縮小する可能性があるとの期待が高まった。

米国株式市場=続伸、CPI鈍化で FOMCなお警戒

米国株式市場は続伸して取引を終えた。米消費者物価指数(CPI)が市場予想を下回り、米連邦準備理事会(FRB)がインフレ抑制を目的とした利上げを近く減速させるとの期待が高まった。ただ、積極的な引き締め姿勢を維持するとの懸念もくすぶっている。

モデルナ・メルクのがんワクチン試験、メラノーマ死亡リスク44%低下

[シカゴ 13日 ロイター] - 米医薬品のモデルナとメルクは13日、新型コロナウイルスワクチンで使用されたメッセンジャーRNA(mRNA)技術を活用したがんワクチンに関する中期臨床試験で、皮膚がんの一種であるメラノーマ(黒色腫)治療で有効性が示されたと発表した。

米イーライリリーの新型コロナ抗体薬、FDAが緊急使用承認取り下げ

米食品医薬品局(FDA)は30日、米医薬品大手イーライリリーの新型コロナウイルス感染症抗体薬「ベブテロビマブ」の緊急使用承認を取り下げたと発表した。現在、感染の主流であるオミクロン変異株の派生型「BQ.1」と「BQ.1.1」への有効性が期待できないことを理由に挙げた。

米メルク、がん治療開発イマーゴを13.5億ドルで買収へ

米製薬大手メルクは21日、がん治療薬開発の米イマーゴ・バイオサイエンシズを13億5000万ドルで買収すると発表した。メルクの売り上げの柱であるがん治療薬「キイトルーダ」の主要特許が2028年に期限切れになる見通しで、血液疾患治療薬のポートフォリオを拡充する狙いがある。

米製薬メルク、7─9月収益が市場予想超え 通期利益見通し引き上げ

米製薬大手メルクが27日発表した第3・四半期決算は、売上高と利益が市場予想を超えた。売上高は主力のがん免疫治療薬「キイトルーダ」が前年同期比20%増の54億ドル、子宮頸がんの原因となるヒトパピローマウイルス(HPV)のワクチン「ガーダシル」では15%の23億ドルとなり、業績に貢献した。

独製薬・化学メルク、甲状腺薬の情報提供で仏裁判所から正式調査

ドイツの製薬・化学品大手メルクは19日、甲状腺治療薬「レボチロックス」の製法を新しくした際に同社が誤解させる情報提供をした可能性があるとして、フランス・マルセイユの裁判所から正式な調査を受けていると発表した。

メルク、モデルナと個別タイプのmRNAがんワクチンを共同開発へ

米製薬大手メルクは12日、米バイオ医薬品大手モデルナのがんワクチン候補で、メッセンジャーRNA(mRNA)技術を使って患者1人1人に合わせて調整するタイプのワクチンを共同開発する道を選択した。共同販売も視野に入れる。モデルナへの前払い金は2億5000万ドル。

米メルク、買収した血管難病薬の後期治験で主要目標に成果

米製薬大手メルクは10日、昨年買収した米バイオ医薬品企業アクセレロン・ファーマが開発していた難病の肺動脈性肺高血圧症(PAH)治療薬「ソタテルセプト」について、後期臨床試験で目指していた主な成果が得られたと発表した。

焦点:半導体業界が「台湾リスク」再考、ペロシ氏訪台後の緊張で

半導体業界はこれまで、世界的な生産拠点である台湾が戦争に巻き込まれる可能性は低いと見なしていた。

米政府、来年にコロナワクチン・治療薬供給の民間移行を想定=高官

米政府は向こう1年で、新型コロナウイルスのワクチンと治療薬の供給を民間ベースに移行していくことを想定している。オコネル厚生次官補(準備・対応担当)が30日、ブログで明らかにした。

米メルクの一部糖尿病治療薬に発がん性物質=FDA

米食品医薬品局(FDA)は9日、米医薬品大手メルクの糖尿病治療薬「ジャヌビア」および「ジャヌメット」の成分であるシタグリプチンの一部サンプルに、発がん性の可能性のある「NTTP」と呼ばれる物質が混入していたと発表した。

米メルク、第2四半期は実質利益が予想上回る 「キイトルーダ」好調

米製薬大手メルクが28日発表した第2・四半期決算は、主力のがん免疫治療薬「キイトルーダ」の好調な売り上げが寄与し、利益と売上高がともに市場予想を上回った。

塩野義のコロナ飲み薬、承認見送り継続審議に=厚労省審議会

厚生労働省の薬事・食品衛生審議会は20日、薬事分科会と医薬品第2部会の合同会議で塩野義製薬が開発した新型コロナウイルスの経口治療薬「ゾコーバ」の緊急承認を見送り、継続審議とした。

欧州株式市場=続伸、ガス供給懸念で上げ幅限られる

週明けの欧州株式市場は続伸して取引を 終えた。米連邦準備理事会(FRB)の100ベーシスポイント(bp )の大幅利上げ懸念が後退し、中国の新たな景気刺激策が好感された。 ただ、ロシアの国営ガス企業ガスプロムが欧州へのガス供給の一部に対 して不可抗力を宣言したと報じられ、エネルギー不足への懸念が強まっ たため上げ幅は限られた。 ロイターが閲覧したガスプロムの書簡によると、制御不能な「異常 な」状況下にあるためガス供給を保証できないと訴えた。 取引関係筋によると、書簡はパイプライン「ノルドストリーム1」 を通じた供給に関するもの。ノルドストリーム...

欧州株式市場=反発、自動車と小売銘柄が買われる

欧州株式市場は3日ぶりに反発して取引 を終えた。自動車と小売銘柄が買われたのが押し上げた。 米連邦準備理事会(FRB)の利上げ加速観測やイタリアの政治的 混乱、景気後退リスクなどが嫌気され、前日までの2日間は下落してい た。 イタリアの主要株価FTSE・MIB指数は1.84%高 。イタリアのマッタレッラ大統領はドラギ首相の辞表受け取りを拒否し 、議会で来週演説するよう要請。投資家は今後の展開を注目している。 エクイティ・キャピタルの首席マクロエコノミスト、スチュアート ・コール氏は「現在の市場は非常に不安定であり、投資家心理がポジテ ィブ...

欧州株式市場=続落、景気後退懸念が重し イタリア株低迷

欧州株式市場は続落して取引を終えた。 商品関連や銀行銘柄が売られて全体の相場を引き下げた。インフレ抑制 を目指す米連邦準備理事会(FRB)が今月の連邦公開市場委員会(F OMC)で1.0%の利上げを決めるとの観測が浮上し、急速な利上げ による景気後退懸念が高まった。 イタリアでは連立政権が崩壊の危機に直面し、主要株価が下落した 。 INGのユーロ圏担当シニアエコノミスト、バート・コリン氏は「 投資家にとって景気後退が引き続き最大の懸念となっている」と指摘し た。 来週の欧州中央銀行(ECB)理事会を控え、投資家は通貨ユーロ の下落やユーロ...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up