for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

メルク・アンド・カンパニー・インク

MRK.N

現在値

93.13USD

変化

1.13(+1.23%)

出来高

7,184,170

本日のレンジ

91.71

 - 

93.79

52週レンジ

70.90

 - 

94.92

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
92.00
始値
93.45
出来高
7,184,170
3か月平均出来高
244.64
高値
93.79
安値
91.71
52週高値
94.92
52週安値
70.90
発行済株式数
2,528.81
時価総額
225,468.30
予想PER
12.14
配当利回り
3.10

次のエベント

Q2 2022 Merck & Co Inc Earnings Call

適時開示

その他

Merck Pushes Forward With Potential Deal For Seagen - WSJ

FDA Approves Merck's Vaxneuvance For Invasive Pneumococcal Disease Prevention In Infants And Children

Merck Announces That Chirfi Guindo Will Lead Marketing For Merck Human Health

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

メルク・アンド・カンパニー・インクとは

メルク(Merck & Co Inc)は世界的なヘルスケア企業である。【事業内容】処方薬、ワクチン、生物療法、アニマルヘルス製品を通じて健康ソリューションを提供する。メルクは、医薬品事業とアニマルヘルス事業の2つのセグメントで事業を展開する。医薬品事業は、ヒト用医薬品とワクチンを扱う。ヒト用医薬品は、ヒトの疾病を治療するための治療剤および予防剤で、通常は処方箋によって販売される。これらのヒト用医薬品は、主に医薬品卸売業者や小売業者、病院、政府機関、健康管理団体などの管理医療機関に販売される。アニマルヘルス事業は、すべての主要な家畜およびコンパニオンアニマルの疾病予防、治療、管理を目的とした幅広い動物用医薬品およびワクチンの開発、製造、販売に加え、健康管理ソリューションおよびサービスを提供する。

業種

Biotechnology & Drugs

連絡先

ONE MERCK DRIVE,

P.O. Box 100

WHITEHOUSE STATION, NJ

08889-0100

United States

+1.908.4231000

http://www.merck.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Kenneth C. Frazier

Executive Chairman of the Board

Robert M. Davis

President, Chief Executive Officer, Director

Dean Y. Li

President - Merck Research Laboratories, Executive Vice President

Caroline Litchfield

Chief Financial Officer, Executive Vice President

Steven C. Mizell

Executive Vice President, Chief Human Resources Officer

統計

2.25 mean rating - 28 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2019

46.8K

2020

48.0K

2021

48.7K

2022(E)

57.9K
EPS (USD)

2019

5.190

2020

5.940

2021

6.020

2022(E)

7.342
株価売上高倍率(過去12カ月)
16.26
株価売上高倍率(過去12カ月)
4.18
株価純資産倍率(四半期)
5.51
株価キャッシュフロー倍率
13.02
総負債/総資本(四半期)
77.77
長期負債/資本(四半期)
74.81
投資利益率(過去12カ月)
18.72
自己資本利益率(過去12カ月)
14.09

最新ニュース

最新ニュース

独メルク、中国に半導体材料の拠点開設へ

独化学大手メルクは31日、中国江蘇省張家港市に半導体製造用化学材料の拠点を設けることで現地当局と契約を結んだと発表した。中国の電子関連事業で過去最大の投資になるとした。

米メルク、22年通期決算の業績予想を上方修正

米製薬大手メルクは28日、2022年通期決算の利益と売上高の予想を上方修正し、1株当たり利益が7.24─7.36ドル、売上高が569億─581億ドルになるとの見通しを示した。従来予想はそれぞれ7.12─7.27ドル、561億─576ドルだった。

EUのコロナ対応新体制、各国は子どもの接種推進継続を=欧州委

欧州連合(EU)欧州委員会は、27日公表した新型コロナ感染緊急局面終了後についての提言文書で、加盟各国政府に対し、ワクチン未接種の特に子どもに対し、今年秋の新学期前のワクチン接種を推進し続けるよう求めた。欧州委が保管や投与のしやすい新しい抗ウイルス薬の開発を支援する可能性も表明した。

欧州人口の最大80%がコロナ感染=欧州委推定

欧州連合(EU)の執行機関である欧州委員会は、域内人口の最大80%が新型コロナウイルスに感染しているとの推定を発表した。

韓国の新型コロナ感染者、累計1000万人突破 人口の約2割

韓国疾病予防管理庁(KDCA)は23日、新型コロナウイルスの累計感染者数が1000万人を超え、人口の20%近くに達したと発表した。重症者が大幅に増え死者も急増している。

コロナワクチン特許放棄の暫定合意、WTO歓迎 製薬会社は難色

新型コロナウイルスワクチンに関する特許権の一時放棄を巡って、米国と欧州連合(EU)、インド、南アフリカが暫定合意に達したことについて、世界貿易機関(WTO)のオコンジョイウェアラ事務局長は「大きな前進」と評価した。一方、製薬会社の間からは、将来の公衆衛生危機に対応する業界の能力を損なう恐れがあるとの声が上がった。

米メルク、ロシア投資を停止 必需の薬品提供は継続

米製薬大手メルクは16日、ロシアに新たな投資を行わないとする一方、人命救助のための医薬品とワクチンの提供は継続すると表明した。

焦点:臨床試験、ロシアと周辺国で世界の1割 対応追われる製薬業界

ロシアのウクライナ侵攻により、製薬業界はこの地域で臨床試験に参加している患者向けに医薬品を提供するための手段の確保を急いでいる。

WHO、メルクの新型コロナ経口薬を推奨 高リスク患者向け

世界保健機関(WHO)の専門家委員会は2日、米製薬大手メルクの新型コロナウイルス感染症経口薬「モルヌピラビル」の高リスク患者向け使用を推奨した。

メルク日本法人、コロナ経口薬の3月末までの納入を80万人分に引き上げ

米製薬大手メルクの日本法人、MSD(東京都千代田区)は14日、新型コロナウイルス感染症に対する飲み薬「モルヌピラビル」(商品名・ラゲブリオ)について、今年3月までの納入を従来計画の60万人分から80万人分に引き上げると発表した。

中国、ファイザーのコロナ経口薬承認 提供契約は不明

中国の中国国家薬品監督管理局は12日、米製薬大手ファイザーの新型コロナウイルス経口薬「パクスロビド」を条件付きで承認したと発表した。中国で承認された最初の新型コロナ経口薬となった。

米ファイザーの22年コロナワクチン・経口薬売上高見通し、予想下回る

米製薬大手ファイザーは8日、新型コロナウイルスワクチンと経口治療薬の2022年売上高が540億ドル強に達するという見通しを示した。ただ、市場の強気予想には届かず、株価は2.8%下落して終了した。

焦点:コロナ飲み薬モルヌピラビル、米国では「最後の選択肢」

米メルクが開発した新型コロナウイルス感染症の飲み薬「モルヌピラビル」は一時期、コロナ治療を一変させると期待された。しかし米国の関係者らによると、今では入手可能な治療法4種類の中で「最後の選択肢」と位置付けられるようになっている。有効性の低さと、安全面での潜在的なリスクがその理由だ。

英、ファイザーコロナ経口薬の利用2月開始へ 高リスクの人対象

英保健省は28日、米ファイザー製の新型コロナウイルス経口治療薬「パクスロビド」について、2月10日から重症化リスクが高い人への提供を開始すると発表した。

欧州当局、ファイザーのコロナ経口薬を条件付きで承認

欧州連合(EU)の医薬品規制当局、欧州医薬品庁(EMA)は27日、米ファイザーが開発する新型コロナウイルス感染症の経口薬「パクスロビド」を条件付きで承認した。重症化リスクのある成人の治療に使用する。

コロナ経口薬、できるだけ早く供給できるよう努力=メルク日本法人社長

米製薬大手メルクの日本法人、MSD(東京都千代田区)のカイル・タトル社長は25日の会見で、新型コロナウイルス感染症の軽症患者に向けた初の飲み薬「モルヌピラビル」(商品名・ラゲブリオ)について、できるだけ早く供給できるよう努力していると述べた。

欧州当局、ファイザーコロナ経口薬を月内承認も

欧州連合(EU)の医薬品規制当局、欧州医薬品庁(EMA)は、米ファイザーが開発する新型コロナウイルス感染症の経口薬の承認の是非を巡り月内に決定する見通しと、関係筋が明らかにした。米メルク製については2月に最終審査が行われる見通しという。

米メルクのコロナ経口薬、27社が廉価版を製造へ 低所得国向け

米製薬大手メルクの新型コロナウイルス経口治療薬「モルヌピラビル」を巡り、国連が支援する「医薬品特許プール(MPP)」と後発薬(ジェネリック)メーカー27社が、低価格版を製造することで合意した。低・中所得国向けに、新型コロナのパンデミック(世界的大流行)対策の有力手段とされる同薬へのアクセスを拡大する。

カナダ、米ファイザーのコロナ経口薬を軽度から中程度の成人に承認

カナダ保健省は17日、米製薬大手ファイザーの新型コロナウイルス感染症経口薬「パクスロビド」について、症状が軽度から中程度の18歳以上の患者に対する治療薬として承認したと発表した。

カナダ、ファイザー製コロナ経口薬を承認 18歳以上対象

カナダ保健省は17日、米製薬大手ファイザーの新型コロナウイルス感染症経口薬「パクスロビド」について、症状が軽度から中程度の18歳以上の患者に対する治療薬として承認したと発表した。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up