for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

メルク・アンド・カンパニー・インク

MRK.N

現在値

88.85USD

変化

0.10(+0.11%)

出来高

2,483,348

本日のレンジ

88.75

 - 

89.23

52週レンジ

70.89

 - 

89.23

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
88.75
始値
89.00
出来高
2,483,348
3か月平均出来高
180.13
高値
89.23
安値
88.75
52週高値
89.23
52週安値
70.89
発行済株式数
2,545.98
時価総額
226,210.70
予想PER
17.20
配当利回り
2.75

次のエベント

Dividend For MRK.N - 0.6100 USD

適時開示

その他

Lynparza (Olaparib) Approved In China As A First-Line Maintenance Therapy In BRCA-Mutated (BRCAm) Advanced Ovarian Cancer

FDA Grants Priority Review To Merck's Keytruda In Patients With Bladder Cancer

European Commission Approves Two New Regimens Of Merck’s Keytruda

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

メルク・アンド・カンパニー・インクとは

メルク(Merck & Co. Inc.)はグローバルな医療会社である。【事業内容】同社は処方薬、ワクチン、生物学的療法、動物医薬品を通じて医療ソリューションの提供に従事する。同社は医薬品、動物健康、医療サービス、及びアライアンスという4つの事業区分により構成される。医薬品事業は同社または合弁会社を通じて直接販売されたヒト健康医薬品とワクチン製品を含む。ヒト健康医薬品はヒトの障害の治療のために処方により販売される治療剤・予防剤を含む。同社はヒト健康医薬品を医薬品卸売業者・小売業者、病院、政府機関、保健医療機関・薬局給付管理者等の管理医療機関に販売する。ワクチン製品は予防的小児・青年・成人ワクチンを含み、医師の診療所において提供される。

業種

Biotechnology & Drugs

連絡先

2000 Galloping Hill Rd

+1.908.7404000

http://www.merck.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Kenneth C. Frazier

Chairman of the Board, President, Chief Executive Officer

Robert M. Davis

Executive Vice President, Global Services, Chief Financial Officer

Steven C. Mizell

Executive Vice President, Chief Human Resources Officer, Human Resources

Jim Scholefield

Executive Vice President, Chief Information and Digital Officer

Michael T. Nally

Executive Vice President, Chief Marketing Officer

統計

1.82 mean rating - 17 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2016

39.8K

2017

40.1K

2018

42.3K

2019(E)

46.9K
EPS (USD)

2016

3.780

2017

3.980

2018

4.340

2019(E)

5.164
株価売上高倍率(過去12カ月)
23.89
株価売上高倍率(過去12カ月)
4.92
株価純資産倍率(四半期)
8.44
株価キャッシュフロー倍率
16.93
総負債/総資本(四半期)
97.21
長期負債/資本(四半期)
84.50
投資利益率(過去12カ月)
14.82
自己資本利益率(過去12カ月)
11.33

最新ニュース

最新ニュース

製薬大手が中国で新薬を大幅値下げ、医療保険適用リストへの追加で

中国国家医療保障局(NHSA)は28日、ロシュ<ROG.S>やノバルティス<NOVN.S>など製薬会社が医薬品を保険対象とするため一部新薬の価格を平均61%引き下げることに合意したと発表した。

アングル:膨張続ける米企業の役員報酬、株主や政治家から異議

人材会社スペンサー・スチュアートによると、S&P総合500種株価指数企業で、代表権を持たない取締役の平均年間報酬は昨年に前年比2%増の30万4856ドルと過去最高を更新した。10年前からは43%増えた。実際には株式報酬のおかげで、一部の取締役はもっと多くの報酬を得ている。

コラム:中国の「富裕化・肥満化・老化」で稼ぐ世界的製薬企業

お金持ちになるのは嬉しいが、肥満と老化は避けたいものだ。しかし世界的な製薬企業にとっては3つそろうのが好ましく、急速に人口動態が変化する中国で順調に売り上げを伸ばしている。例えば米メルク<MRK.N>は第3・四半期の中国での売上高が前年同期比84%も伸びた。3つの要因に加え、製薬企業におおむね好意的な中国政府の政策方針も追い風となっており、少なくとも中国国内のライバル企業が台頭してくるまでこの潮流は続きそうだ。

日経平均は8日ぶり反落、利益確定や調整の売り イベント前の手控えも

東京株式市場で日経平均株価は8日ぶり反落。前日の取引で約1年ぶりに2万3000円台に乗せたことで、いったんの達成感が出た。オーバーナイトの米国株市場がさえなかったこともあり、朝方は利益確定売りが先行した。米連邦公開市場委員会(FOMC)の結果を前にしたポジション調整の売りも下押し要因となった。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「中陰線」、定石通りの一服

<15:30> 日経平均・日足は「中陰線」、定石通りの一服 日経平均・日足は上下にヒゲを伴う「中陰線」。上値、下値をともに切り下げ、8日ぶりの反落になっ た。これまでの7連騰で高値警戒感が強かったことから、定石通りとも言える一服であり、今回の下げ幅は 基調に変化をもたらすものではない。 5日移動平均線(2万2846円99銭=30日現在)を若干下回った水準で下げ止まり、今後も5日 線にサポートされるかどうかがポイントになる。同線を大きく下回るようであれば、10月15日と16日 に大きく空けたマドを埋めにかかった17日安値(2万2424円92...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は9日ぶり反落、先駆株を売り急ぎ

<15:05> 新興株市場は9日ぶり反落、先駆株を売り急ぎ 新興株市場で、日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数はともに 9日ぶりに反落した。先駆して買われた銘柄に利食い急ぎの動きが出て いる。市場では「割り切って値動きの良い銘柄で回転商いをしている投 資家が多いため、どうしても資金の逃げ足は速くなる」(国内証券)と の声が出ていた。 個別では、マザーズ市場の直近IPOのセルソース がスト ップ高。YKT 、中村超硬 は一時ストップ高まで上昇 したが、後半は伸び悩んだ。医学生物学研究所 はストップ高比 例配分となった。 半面、前日マザーズ...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は小動き、様子見ムードで薄商い

<13:19> 日経平均は小動 き、様子見ムードで薄商い 日経平均はマイナス圏で小動き。2万2800円台後半で推移して いる。米連邦公開市場委員会(FOMC)を控え様子見ムードが強まり 、後場の値幅は上下28円69銭程度にとどまっている。市場からは「 今日はTOPIXのリバランスで商いができているが、実質の商いは細 い」(国内証券)との声が出ていた。 <11:57> 前場の日経平均は反落、イベント控えポジション 調整の売り 前場の東京株式市場で、日経平均株価は前営業日81円38銭安の 2万2892円75銭となり、反落した。前日の取引で約...

前場の日経平均は反落、イベント控えポジション調整の売り

前場の東京株式市場で、日経平均株価は前営業日81円38銭安の2万2892円75銭となり、反落した。前日の取引で約1年ぶりに2万3000円台に乗せたことによる利益確定や、日米金融政策イベントを前にしたポジション調整の売りが出た。

ホットストック:医薬品株は堅調、米大手製薬の決算を好感

医薬品株はしっかり。午前10時25分現在、東証業種別株価指数で値上がり率2位。テルモ、中外製薬、エムスリー、第一三共、アステラス製薬などが上昇している。

S&P小幅安、強弱まちまちの企業決算消化 FOMCに注目

米国株式市場は下落。前日に最高値を更新したS&P総合500種指数<.SPX>は小幅安となった。米中通商協議の行方をにらみながら、強弱まちまちの企業決算内容を消化する展開となった。

NY市場サマリー(29日)

<為替> 終盤のニューヨーク外為市場ではドルが対ユーロで下落した。米連邦準備理事会(FRB)による利下げが見込まれていることが重しとなった。一方、英国では12月の総選挙実施の可能性が高まる中、ポンドが下落した。

米メルク、四半期利益が予想超え がん免疫薬の売上30億ドル突破

米製薬大手メルク<MRK.N>が29日発表した第3・四半期決算は、利益が市場予想を上回った。がん免疫薬「キートルーダ」の売上高が四半期で初の30億ドル超えを記録した。同社は通年の利益予想も引き上げ、株価は午前の取引で2%超値上がりした。

S&P最高値更新、米中通商合意や利下げ巡る期待で

米国株式市場は上昇。S&P総合は過去最高値を更新したほか、ナスダックも最高値に迫った。米中通商合意への期待や、米連邦準備理事会(FRB)が今週の米連邦公開市場委員会(FOMC)で追加利下げを実施するとの観測が株価押し上げに寄与した。

NY市場サマリー(25日)

<為替> ドルが上昇。米中が閣僚級の電話協議を経て「第1段階」通商合意の部分成立に近づいていると伝わったことが材料視された。

米S&P最高値近辺、米中通商協議進展の兆しで インテルが高い

米国株式市場は上昇。米中通商協議進展の兆しやインテルの好決算が市場心理を押し上げた。S&P総合500種は一時、7月に付けた終値での最高値を上抜けたほか、S&P500トータルリターン指数は過去最高値を付けた。

米国株式市場は上昇、アップルやマイクロソフトが堅調

米国株式市場は上昇して取引を終えた。米中貿易摩擦を巡る懸念が後退し、アップルやマイクロソフト、メルクなどが堅調に推移した。アップル<AAPL.O>は2.4%急伸。新型iPhoneについて、クック最高経営責任者(CEO)が好スタートを切ったとドイツ紙に明かしたほか、JPモルガンが出荷予想を引き上げた。

米エランコ、バイエルの動物用医薬品事業を76億ドルで買収

米国の動物用医薬品会社エランコ・アニマル・ヘルス<ELAN.N>は20日、独バイエル<BAYGn.DE>の動物用医薬品事業を76億ドルで買収すると発表した。買収は現金と株式交換の組み合わせで実施する。エランコは、米医薬品大手イーライ・リリー<LLY.N>から分離・独立した企業。今回の買収により、ベーリンガーインゲルハイムを抜いて、動物用医薬品業界で世界2位となる。

NY市場サマリー(30日)

<為替> 米連邦公開市場委員会(FOMC)に注目が集まる中、ドルは狭いレンジ内ので動きに終始した。

米国株は下落、ハイテク株に売り 貿易巡る大統領発言が圧迫

米国株式市場は下落して取引を終えた。トランプ大統領が通商協議を巡り中国に発した警告がハイテク株を圧迫。また、この日から2日間の日程で開かれている米連邦公開市場委員会(FOMC)での決定が注目されている。

トランプ政権、米医薬品業界のリベート慣行廃止案を撤回

トランプ米政権は11日、処方箋薬の価格引き下げに向けた主要提案を撤回した。保険会社でなく製薬会社に焦点を絞っ新たな措置を打ち出す可能性がある。撤回された案は、製薬会社が保険会社に巨額の「払戻金(リベート)」を支払うシステムを廃止し、高齢者向け医療保険(メディケア)の患者に直接還元されるようにするものだった。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up