for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

メルク・アンド・カンパニー・インク

MRK.N

現在値

80.98USD

変化

-0.20(-0.25%)

出来高

2,189,935

本日のレンジ

80.80

 - 

81.42

52週レンジ

65.26

 - 

90.46

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
81.18
始値
80.89
出来高
2,189,935
3か月平均出来高
182.84
高値
81.42
安値
80.80
52週高値
90.46
52週安値
65.26
発行済株式数
2,530.03
時価総額
205,388.20
予想PER
13.72
配当利回り
3.20

次のエベント

Q4 2020 Merck & Co Inc Earnings Call

適時開示

その他

Merck Announces U.S. FDA Approval Of Verquvo® (Vericiguat)

Philips And Merck Partner To Advance Personalized Fertility Treatment

U.S. FDA Accepts Priority Review Biologics License Application For Merck’s Pneumococcal Conjugate Vaccine

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

メルク・アンド・カンパニー・インクとは

メルク(Merck & Co. Inc.)はグローバルな医療会社である。【事業内容】同社は処方薬、ワクチン、生物学的療法、動物医薬品を通じて医療ソリューションの提供に従事する。同社は医薬品、動物健康、医療サービス、及びアライアンスという4つの事業区分により構成される。医薬品事業は同社または合弁会社を通じて直接販売されたヒト健康医薬品とワクチン製品を含む。ヒト健康医薬品はヒトの障害の治療のために処方により販売される治療剤・予防剤を含む。同社はヒト健康医薬品を医薬品卸売業者・小売業者、病院、政府機関、保健医療機関・薬局給付管理者等の管理医療機関に販売する。ワクチン製品は予防的小児・青年・成人ワクチンを含み、医師の診療所において提供される。

業種

Biotechnology & Drugs

連絡先

2000 Galloping Hill Rd

KENILWORTH, NJ

07033-1310

United States

+1.908.7404000

http://www.merck.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Kenneth C. Frazier

Chairman of the Board, President, Chief Executive Officer

Robert M. Davis

Executive Vice President, Global Services, Chief Financial Officer

Steven C. Mizell

Executive Vice President, Chief Human Resources Officer, Human Resources

Michael T. Nally

Executive Vice President, Chief Marketing Officer

Jennifer L. Zachary

Executive Vice President, General Counsel, Corporate Secretary

統計

1.92 mean rating - 24 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2017

40.1K

2018

42.3K

2019

46.8K

2020(E)

48.2K
EPS (USD)

2017

3.980

2018

4.340

2019

5.190

2020(E)

6.008
株価売上高倍率(過去12カ月)
17.86
株価売上高倍率(過去12カ月)
4.34
株価純資産倍率(四半期)
7.04
株価キャッシュフロー倍率
13.47
総負債/総資本(四半期)
98.48
長期負債/資本(四半期)
90.18
投資利益率(過去12カ月)
17.57
自己資本利益率(過去12カ月)
13.39

最新ニュース

最新ニュース

メルク、米政府とコロナ薬最大10万回分の供給契約 3.56億ドル

米製薬大手メルクは23日、最大約3億5600万ドルで6万─10万回分の新型コロナウイルス治療薬を米政府に供給する契約を締結したと発表した。

トランプ氏、国防生産法発動も コロナワクチンの国内優先接種で

トランプ米大統領は8日、ホワイトハウスで新型コロナウイルスのワクチン配布を巡る会合「ワクチンサミット」を開催、米国内で生産したワクチンがまず米国民への接種に利用されるよう必要に応じて国防生産法(DPA)を発動させると述べた。

トランプ氏、国防生産法発動も コロナワクチンの国内優先接種で

トランプ米大統領は8日、国内で生産された新型コロナウイルスワクチンが確実にまず米国民への接種に利用されるよう、必要に応じて国防生産法(DPA)を発動させると述べた。ただそのような必要性が生じる公算は小さいとの見方を示した。

10種類のコロナワクチン、来夏にも利用可能=製薬団体連合会

世界の製薬業界団体でつくる国際製薬工業団体連合会(IFPMA)のトーマス・クエニ事務局長は27日、規制当局の承認次第で来年半ばまでに10種類の新型コロナウイルスワクチンが利用できるようになるという見通しを示した。

コロナワクチン、来年4月にも全国民が利用可能に=トランプ氏

トランプ米大統領は13日、新型コロナウイルスワクチンが早ければ来年4月にも全国民に利用できるようになるという見通しを示した。

再送-カマラ・ハリス氏の夫、所属法律事務所を退職へ=バイデン陣営

米国の次期副大統領への就任が確実となったカマラ・ハリス氏の夫ダグラス・エムホフ氏が、バイデン次期政権を支えるため所属の法律事務所を退職する。バイデン陣営代表の1人が10日、明らかにした。

米国株式市場=大幅続伸、議会ねじれ継続で政策の急転換ないとの見方

米国株式市場は大幅続伸して取引を終えた。米大統領選で民主党候補のバイデン氏が勝利した場合でも、上院で共和党が過半数を維持し、企業利益を損ないかねない大規模な政策変更は阻止されるとの見方が広がった。

アングル:米ヘルスケア株に押し目買い、民主圧勝懸念に動じず

米株式投資家の間で、既に市場全般に対して歴史的な割安水準となっているヘルスケア株の押し目買いを検討する動きが広がりつつある。

仏、WHOの枠組み通じてワクチン購入せず 資金は拠出=当局筋

フランスは、新型コロナウイルスワクチンの公平な配分を目的とした世界保健機関(WHO)主導の枠組み「COVAX」に資金を拠出する一方、同枠組みを通じたワクチン購入は行わない方針だ。仏保健省の当局者が17日明らかにした。

NY市場サマリー(14日)ドル下落、米株大幅高

<為替> ドルが主要通貨に対し下落。対円では2週ぶりの安値を付けた。新型コロナウイルスワクチンを巡る動きや企業のM&A(合併・買収)を手掛かりに株価が値上がりした。市場は15日から始まる米連邦公開市場委員会(FOMC)などに注目。

米株大幅高、コロナワクチン期待やM&A巡る報道で

米国株式市場は大幅高。新型コロナウイルス感染症ワクチン開発の進展期待や大型M&A(企業の合併・買収)を巡る報道が投資家の楽観的な姿勢を後押しした。

アストラゼネカのコロナ治験中断「珍しくない」、専門家ら指摘

英製薬大手アストラゼネカ<AZN.L>が新型コロナウイルスワクチンの臨床試験(治験)を世界的に中断したことについて、米国立アレルギー感染症研究所のファウチ所長は9日、残念ではあるが、ワクチン開発における安全対策としては珍しくないという考えを示した。

欧米製薬9社、コロナワクチン開発で科学的な基準順守 共同声明

新型コロナウイルスワクチンの開発競争が加速し安全性への懸念が台頭する中、欧米の製薬会社9社は8日、開発中のワクチンの免疫効果を巡る科学的な基準を守るとする共同声明を発表した。

アングル:「普通の風邪」ベース、中ロのコロナワクチンに不安

中国とロシアでそれぞれ開発されて世界に広く知られるようになった新型コロナウイルスのワクチンには1つの共通項が存在する。不十分な効果しか得られない可能性だ。どちらの国のワクチンも、ごく普通の風邪のウイルスをベースに作成されている。多くの人が感染した可能性のあるワクチンだ。これが効果を限定的にしてしまう恐れがあると専門家は指摘する。

コロナワクチンの有効性、10月末までに判明へ=米ファイザー

米製薬大手ファイザー<PFE.N>は、開発中の新型コロナウイルス感染症ワクチンの有効性について10月末までに判明する見込みとし、有効性が確認されれば、直ちに承認申請を行うと発表した。

コロナワクチンの有効性、10月末までに判明へ=米ファイザー

米製薬大手ファイザーは、開発中の新型コロナウイルス感染症ワクチンの有効性について10月末までに判明する見込みとし、有効性が確認されれば、直ちに承認申請を行うと発表した。

EU、WHOのコロナワクチン購入枠組み利用を排除せず

欧州連合(EU)の執行機関である欧州委員会は、EU加盟国は世界保健機関(WHO)が主導する新型コロナウイルスワクチンの世界的な公平分配を目的とした枠組み「COVAXファシリティー」を通じてワクチンを購入する可能性があると発表した。

米主要企業、政府に懸念表明 ウィーチャット取引禁止巡り=報道

トランプ米大統領が対話アプリ「微信(ウィーチャット)」を運営する中国の騰訊控股(テンセント)<0700.HK>との取引を45日以内に禁止する大統領令に署名したことに対し、一部の米企業が反発していると、米紙ウォール・ストリート・ジャーナルが13日報じた。

米メルク、コロナ経口薬の大規模治験9月に開始 ワクチンは年内

米製薬メルク<MRK.N>は31日、経口投与が可能な新型コロナウイルス感染症治療薬について、2件の大規模治験を9月に開始すると明らかにした。新型ウイルスワクチンについては年内に治験を開始する。

焦点:コロナワクチン1人40ドル、米政府の契約が世界の指標に

米政府は22日、製薬大手のファイザー<PFE.N>とドイツのバイオテクノロジー企業ビオンテック<22UAy.F>から、1億回分のワクチンを約20億ドル(約2100億円)で取得する契約を結んだ。1人当たり約40ドル(約4200円)。製薬業界のアナリストの間では、他のメーカーもこれに近い価格設定を求められる可能性が高いとの見方が広がっている。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up