for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

メルク・アンド・カンパニー・インク

MRK.N

現在値

81.83USD

変化

0.45(+0.55%)

出来高

711,033

本日のレンジ

80.82

 - 

81.97

52週レンジ

70.90

 - 

91.40

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
81.38
始値
81.25
出来高
711,033
3か月平均出来高
289.14
高値
81.97
安値
80.82
52週高値
91.40
52週安値
70.90
発行済株式数
2,525.94
時価総額
205,561.30
予想PER
14.10
配当利回り
3.39

次のエベント

Q4 2021 Merck & Co Inc Earnings Call

適時開示

その他

Aligos Therapeutics Expands Collaboration With Merck To Develop Oligonucleotide Therapies For NASH

Gilead Announces Clinical Trial Collaborations With Merck

Merck’S Keytruda® (Pembrolizumab) Showed Statistically Significant Improvement In Disease-Free For Patients With Stage Ib-Iiia Non-Small Cell Lung Cancer

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

メルク・アンド・カンパニー・インクとは

メルク(Merck & Co Inc)は世界的なヘルスケア企業である。【事業内容】処方薬、ワクチン、生物療法、アニマルヘルス製品を通じて健康ソリューションを提供する。メルクは、医薬品事業とアニマルヘルス事業の2つのセグメントで事業を展開する。医薬品事業は、ヒト用医薬品とワクチンを扱う。ヒト用医薬品は、ヒトの疾病を治療するための治療剤および予防剤で、通常は処方箋によって販売される。これらのヒト用医薬品は、主に医薬品卸売業者や小売業者、病院、政府機関、健康管理団体などの管理医療機関に販売される。アニマルヘルス事業は、すべての主要な家畜およびコンパニオンアニマルの疾病予防、治療、管理を目的とした幅広い動物用医薬品およびワクチンの開発、製造、販売に加え、健康管理ソリューションおよびサービスを提供する。

業種

Biotechnology & Drugs

連絡先

2000 Galloping Hill Rd

KENILWORTH, NJ

07033-1310

United States

+1.908.7404000

http://www.merck.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Kenneth C. Frazier

Executive Chairman of the Board

Robert M. Davis

President, Chief Executive Officer, Director

Caroline Litchfield

Chief Financial Officer, Executive Vice President

Franklin K. Clyburn

President, Human Health, Head of Human Health Commercial and Marketing

Dean Y. Li

President - Merck Research Laboratories

統計

2.17 mean rating - 29 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2018

42.3K

2019

46.8K

2020

48.0K

2021(E)

48.7K
EPS (USD)

2018

4.340

2019

5.190

2020

5.940

2021(E)

5.789
株価売上高倍率(過去12カ月)
32.15
株価売上高倍率(過去12カ月)
4.31
株価純資産倍率(四半期)
5.74
株価キャッシュフロー倍率
21.14
総負債/総資本(四半期)
73.87
長期負債/資本(四半期)
64.00
投資利益率(過去12カ月)
9.27
自己資本利益率(過去12カ月)
7.03

最新ニュース

最新ニュース

カナダ、ファイザー製コロナ経口薬を承認 18歳以上対象

カナダ保健省は17日、米製薬大手ファイザーの新型コロナウイルス感染症経口薬「パクスロビド」について、症状が軽度から中程度の18歳以上の患者に対する治療薬として承認したと発表した。

UPDATE 1-カナダ、ファイザー製コロナ経口薬を承認 18歳以上対象

カナダ保健省は17日、米製薬大手ファイザーの新型コロナウイルス感染症経口薬「パクスロビド」について、症状が軽度から中程度の18歳以上の患者に対する治療薬として承認したと発表した。

米メルクのコロナ飲み薬、オミクロン株に有効の見込み=幹部

米製薬大手メルクの幹部は10日、自社が開発した新型コロナウイルス感染症の飲み薬「モルヌピラビル」について、作用の仕組みを踏まえるとオミクロン株や他の変異株にも効果を示す可能性があるとの見方を示した。

インド、メルク製コロナ飲み薬の使用限定的に 安全性巡る懸念で

インド保健当局者は5日、米製薬大手メルクなどが開発した新型コロナウイルスの飲み薬「モルヌピラビル」について、安全性を巡る懸念を踏まえ、インド国内での治療プロトコルには含まれないと発表した。

米政府、ファイザーのコロナ飲み薬調達量を倍増 納入も前倒し

米ホワイトハウスは4日、米ファイザーから供給を受ける新型コロナ経口治療薬「パクスロビド」の量を2000万回分に倍増させたと明らかにした。

訂正-イスラエル、2回目の追加接種へ 60歳超と医療従事者に

イスラエルのベネット首相は2日、60歳を超える人と医療従事者に4回目の新型コロナウイルスワクチン接種(2回目の追加接種)を実施すると表明した。

英、ファイザーのコロナ経口薬を承認 メルクに続き2例目

英医薬品・医療製品規制庁(MHRA)は31日、米ファイザーが開発した新型コロナウイルス経口治療薬「パクスロビド」について、重症化リスクのある成人を対象に使用を承認した。

インド株式市場・序盤=続伸、医薬品株が高い

29日午前のインド株式市場の株価は続伸 。新型コロナウイルスの飲み薬の承認を材料に、医薬品株が上昇を主導した。ただ、年末 のポートフォリオ調整の影響で上値は限定的だった。 ニフティ医薬品株指数は0.7%高。インド当局は米メルクなど が開発したコロナ飲み薬「モルヌピラビル」と、ワクチン2種類について、緊急使用を承 認した。 インド 日本時間13時28 前日比 % 始値 分 SENSEX指数<. 58,034.50 + 137.02 + 0.24 57,892.31 BSESN> 前営業日終値 57,897.48 日本時間13時28 前日比...

インド、米メルクのコロナ飲み薬の緊急使用を承認

インドのマンスク・マンダビヤ保健・家族福祉相は28日、米製薬大手メルクが開発した新型コロナウイルス感染症の飲み薬「モルヌピラビル」の緊急使用が同国で承認されたことをツイッターで明らかにした。

韓国、ファイザーのコロナ経口治療薬の緊急使用を承認

韓国の医薬品当局は27日、米ファイザーが開発した新型コロナウイルス経口治療薬「パクスロビド」の緊急使用を承認した。韓国で新型コロナ経口治療薬が導入されるのは初めて。

厚労省部会、米メルクのコロナ飲み薬を承認

厚労省の専門部会は24日、米製薬大手メルクが開発した新型コロナウイルス感染症の飲み薬「モルヌピラビル」を承認した。同省広報が明らかにした。正式承認を経て週明けから使えるようになる見込み。

厚労省部会、米メルクのコロナ飲み薬を承認

厚労省の専門部会は24日、米製薬大手メルクが開発した新型コロナウイルス感染症の飲み薬「モルヌピラビル」を承認した。同省広報が明らかにした。

米国株式市場=3日続伸、オミクロン株への懸念後退

米国株式市場は主要株価指数が3日続伸して取引を終えた。新型コロナウイルスのオミクロン変異株による経済への影響を巡る懸念が後退し、クリスマス休暇を前に投資家心理が上向いた。

UPDATE 1-NY市場サマリー(23日)ドル軟調、株式3日続伸 オミクロン懸念後退

(表のレートを更新し、株のリポートを追加しました) [23日 ロイター] - <為替> 新型コロナウイルスのオミクロン変異株に対する懸念が薄れたことで豪ド ルや英ポンドなどの高リスク通貨に買いが入り、ドルが弱含んだ。 ホリデーシーズンを控え商いが細る中、主要6通貨に対するドル指数は0.0 8%安の96.031。ただ、11月末に付けた1年4カ月ぶりの高値に近い水準にとど まっている。 オミクロン株を巡っては、英製薬大手アストラゼネカと米バイオ医薬品会社 ノババックスがそれぞれが開発した新型コロナワクチンが同変異株に対しても有 効だと発表。...

NY市場サマリー(23日)ドル軟調、株式3日続伸 オミクロン懸念後退

米食品医薬品局(FDA)は、米メルクの新型コロナ経口治療薬「モルヌピ ラビル」について、重症化リスクの高い成人に対する使用を許可した。 米国株式市場: <金先物> クリスマス休暇を控えて薄商いとなる中、続伸。中心限月2月物の清算 値(終値に相当)は前日比9.50ドル(0.53%)高の1オンス=1811.70ド ル。週間では0.38%上昇した。翌24日は祝日振り替えで休場となる。 NY貴金属: <米原油先物> 新型コロナウイルスの「オミクロン株」感染拡大を巡る強い警戒感 の後退を背景に、3日続伸。米国産標準油種WTIの2月限は前日清算値(...

米国株式市場=3日続伸、オミクロン株への懸念後退

米食品医薬品局(FDA)は、米メルクの新型コロナ経口治療薬「モルヌピ ラビル」について、重症化リスクの高い成人に対する使用を許可した。  終値 前日比 % 始値 高値 安値 コード ダウ工業株30 35950.56 +196.67 +0.55 35782.42 36060.99 35782.42 種  前営業日終値 35753.89 ナスダック総合 15653.37 +131.48 +0.85 15544.79 15697.98 15528.91  前営業日終値 15521.89 S&P総合50 4725.72 +29.16 +0.62...

ファイザーとメルクのコロナ経口薬、オミクロンに有効=米当局者

米食品医薬品局(FDA)当局者は23日、米メルクと米ファイザーがそれぞれ開発した新型コロナウイルス経口治療薬について、オミクロン変異株に対しても共に効果があるとの見解を示した。

再送米FDA、メルクのコロナ経口薬を承認 高リスクの成人対象

米食品医薬品局(FDA)は23日、米メルクの新型コロナウイルス経口治療薬「モルヌピラビル」について、重症化リスクの高い成人に対する使用を許可した。

米FDA、メルクのコロナ経口薬を承認 高リスクの成人対象

米食品医薬品局(FDA)は23日、米メルクの新型コロナウイルス経口治療薬「モルヌピラビル」について、重症化リスクの高い成人に対する使用を許可した。

米当局、ファイザーコロナ経口薬の緊急使用を承認 自宅服用可能に

米食品医薬品局(FDA)は22日、米ファイザーの新型コロナウイルス経口治療薬「パクスロビド」の緊急使用を承認したと発表した。自宅で服用可能な新型コロナの飲み薬が米国で承認されたのは初めてで、急拡大するオミクロン株の新たな対策として期待されている。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up