for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

メルク・アンド・カンパニー・インク

MRK.N

現在値

81.08USD

変化

0.17(+0.21%)

出来高

244,975

本日のレンジ

80.87

 - 

81.87

52週レンジ

65.26

 - 

92.55

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
80.91
始値
81.78
出来高
244,975
3か月平均出来高
202.14
高値
81.87
安値
80.87
52週高値
92.55
52週安値
65.26
発行済株式数
2,529.24
時価総額
204,919.10
予想PER
15.24
配当利回り
3.01

次のエベント

Dividend For MRK.N - 0.6100 USD

適時開示

その他

Merck Animal Health Completes Acquisition of IdentiGEN

Merck And Hanmi Pharmaceutical Enter Into Licensing Agreement To Develop Efinopegdutide

Merck Announces Q2 Non-Gaap Earnings Per Share $1.37

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

メルク・アンド・カンパニー・インクとは

メルク(Merck & Co. Inc.)はグローバルな医療会社である。【事業内容】同社は処方薬、ワクチン、生物学的療法、動物医薬品を通じて医療ソリューションの提供に従事する。同社は医薬品、動物健康、医療サービス、及びアライアンスという4つの事業区分により構成される。医薬品事業は同社または合弁会社を通じて直接販売されたヒト健康医薬品とワクチン製品を含む。ヒト健康医薬品はヒトの障害の治療のために処方により販売される治療剤・予防剤を含む。同社はヒト健康医薬品を医薬品卸売業者・小売業者、病院、政府機関、保健医療機関・薬局給付管理者等の管理医療機関に販売する。ワクチン製品は予防的小児・青年・成人ワクチンを含み、医師の診療所において提供される。

業種

Biotechnology & Drugs

連絡先

2000 Galloping Hill Rd

KENILWORTH, NJ

07033-1310

United States

+1.908.7404000

http://www.merck.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Kenneth C. Frazier

Chairman of the Board, President, Chief Executive Officer

Robert M. Davis

Executive Vice President, Global Services, Chief Financial Officer

Steven C. Mizell

Executive Vice President, Chief Human Resources Officer, Human Resources

Michael T. Nally

Executive Vice President, Chief Marketing Officer

Jennifer L. Zachary

Executive Vice President, General Counsel, Corporate Secretary

統計

1.95 mean rating - 19 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2017

40.1K

2018

42.3K

2019

46.8K

2020(E)

48.0K
EPS (USD)

2017

3.980

2018

4.340

2019

5.190

2020(E)

5.720
株価売上高倍率(過去12カ月)
19.63
株価売上高倍率(過去12カ月)
4.34
株価純資産倍率(四半期)
7.41
株価キャッシュフロー倍率
14.43
総負債/総資本(四半期)
111.69
長期負債/資本(四半期)
94.62
投資利益率(過去12カ月)
15.97
自己資本利益率(過去12カ月)
12.09

最新ニュース

最新ニュース

米メルク、コロナ経口薬の大規模治験9月に開始 ワクチンは年内

米製薬メルク<MRK.N>は31日、経口投与が可能な新型コロナウイルス感染症治療薬について、2件の大規模治験を9月に開始すると明らかにした。新型ウイルスワクチンについては年内に治験を開始する。

焦点:コロナワクチン1人40ドル、米政府の契約が世界の指標に

米政府は22日、製薬大手のファイザー<PFE.N>とドイツのバイオテクノロジー企業ビオンテック<22UAy.F>から、1億回分のワクチンを約20億ドル(約2100億円)で取得する契約を結んだ。1人当たり約40ドル(約4200円)。製薬業界のアナリストの間では、他のメーカーもこれに近い価格設定を求められる可能性が高いとの見方が広がっている。

米モデルナ、コロナのワクチン価格を他社より高く設定へ=FT

英紙フィナンシャル・タイムズ(FT)が28日に関係筋の話として報じたところによると、米バイオ医薬ベンチャーのモデルナ<MRNA.O>は、開発中の新型コロナウイルスワクチンの値段を1コース(2本)当たり50─60ドルに設定する計画だ。これは、ファイザー<PFE.N>など、他の製薬会社の新型コロナワクチンの価格よりも高くなる。

コロナワクチン「原価では販売せず」、米製薬2社が明言

米バイオ医薬のモデルナ<MRNA.O>と米製薬メルク<MRK.N>の幹部らは21日、議会で証言し、新型コロナウイルスワクチンについて、承認が得られれば原価を上回る価格で販売すると明言した。

焦点:中国、コロナワクチン開発で先頭集団に 「戦時並み」速度

新型コロナウイルス感染症のワクチン開発競争で、中国が先頭集団を走っている。シノバック・バイオテック(科興控股生物技術)<SVA.O>が開発中のワクチンは月内に、中国で2番目、世界で3番目に第3期臨床試験(治験)へと進む予定だ。

コロナワクチン開発の5社、21日に米下院委の公聴会で証言

米下院エネルギー商業委員会は9日、新型コロナウイルスのワクチンを開発中の製薬会社5社が今月21日に開く小委員会の公聴会で証言すると発表した。

コロナワクチン、開発推進団体が量産体制の準備急ぐ

官民連携でワクチン開発を推進する国際団体「感染症流行対策イノベーション連合(CEPI)」のトップは24日、新型コロナウイルスのワクチンが開発された場合、年間40億回分のワクチンを生産するため、製造業者との協力を進めていると明らかにした。

独バイエルが109億ドルで和解 除草剤発がん性の米訴訟

ドイツの医薬品大手バイエル<BAYGn.DE>は24日、除草剤「ラウンドアップ」の発がん性を巡る10万件近い米国での訴訟について、責任も不正行為も認めずに、最大109億ドルを支払って和解することで合意したと発表した。1年以上にわたった協議を決着させた。

米、有望なコロナワクチン候補を約7株に絞り込み

米厚生省は16日、有望な新型コロナウイルスワクチン候補を当初の14株から約7株に絞り込むと発表した。

東証続落、朝安後は戻り歩調 米株先物が支えに

東京株式市場で日経平均は続落した。前日の米国株が大幅に下落したことや、外為市場でドル安/円高が進行したことが嫌気され、朝方から売りが先行。きょう算出された先物・オプション6月限SQ(特別清算指数)に絡んだ売り注文も加わり、下げ幅を一時600円超に拡大させた。その後、時間外取引の米株先物が堅調に推移したことで不安心理が後退、戻り歩調となった。

ホットストック:PDは後場プラス転換、米メルクと共同での新型コロナ治療薬研究開発を材料視

ペプチドリームは後場プラス転換。ランチタイム中、米製薬大手メルク・アンド・カンパニーと共同で新型コロナウイルス感染症治療薬の研究開発を行うと発表したことが買い材料となっている。

ペプチドリーム、米メルクと新型コロナ治療薬を共同研究開発

ペプチドリーム<4587.T>は12日、米製薬大手メルク・アンド・カンパニー<MRK.N>と共同で、新型コロナウイルス感染症治療薬の研究開発を行うと発表した。

英アストラゼネカ、米ギリアドに合併打診=ブルームバーグ

英製薬大手アストラゼネカ<AZN.L>は、米同業ギリアド・サイエンシズ<GILD.O>に対し、合併の可能性を打診した。米ブルームバーグ・ニュースが7日、関係筋の話として報じた。

コラム:米企業首脳、「トランプ・オプション」保有の価値は

米企業首脳にとって、トランプ大統領を支持するのは金融オプションを保有することにやや似た面がある。権利を行使できれば、見返りは大きくなる可能性がある。だが、社会を分断するようなトランプ氏の発言や行動が、国内で幅広い抗議の嵐を巻き起こしているため「トランプ・オプション」の価値は下がりつつあるのかもしれない。

米CDC、インフルワクチン確保に注力 コロナと同時流行懸念=高官

米政府はインフルエンザの流行とCOVID-19(新型コロナウイルス感染症)の第2波が同時に発生し医療崩壊が起きないよう、製薬会社と協力して十分な量のインフルエンザワクチンを確保するよう努めている。政府高官が4日明らかにした。

米政府、コロナワクチン製造で有望な5社選定=NYT紙

トランプ米政権は新型コロナウイルスに対するワクチン製造で最も有望な5社を選定した。米ニューヨーク・タイムズ(NYT)紙が3日、政権高官らの話として報じた。

米政府、コロナワクチン製造で有望な5社選定=NYT紙

トランプ米政権は新型コロナウイルスに対するワクチン製造で最も有望な5社を選定した。米ニューヨーク・タイムズ(NYT)紙が3日、報じた。

米イーライリリー、世界初の新型コロナ抗体薬の治験開始

米製薬大手イーライリリー<LLY.N>は1日、世界初となる新型コロナウイルス抗体薬の治験を開始したと発表した。新型コロナの入院患者を対象に安全性や忍容性(副作用への耐用性)を調べる。治験結果は6月末までに出そろう見込み。

情報BOX:新型コロナウイルスを巡る海外の状況(27日現在)

韓国疾病予防管理局(KCDC)は26日、新型コロナウイルスへの関連が疑われる11歳男児と4歳女児の症例について調査を開始した。

メルク、新型コロナ薬・ワクチン開発の取り組み強化 買収や提携で

米製薬メルク<MRK.N>は26日、新型コロナウイルスワクチン2種類の開発に向け、オーストリアのワクチンメーカー、テミス・バイオサイエンスを買収するほか、非営利研究団体IAVIと提携すると発表した。製薬大手の間で加速している新型コロナワクチン開発レースに参戦する。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up