for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Moderna Inc

MRNA.O

現在値

160.07USD

変化

-7.45(-4.45%)

出来高

11,801,340

本日のレンジ

157.29

 - 

171.25

52週レンジ

117.34

 - 

497.49

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
167.52
始値
166.23
出来高
11,801,340
3か月平均出来高
244.65
高値
171.25
安値
157.29
52週高値
497.49
52週安値
117.34
発行済株式数
405.45
時価総額
67,920.91
予想PER
6.47
配当利回り
--

次のエベント

Q4 2021 Moderna Inc Earnings Release

適時開示

その他

Moderna And Carisma Establish Collaboration To Develop In Vivo Engineered Chimeric Antigen Receptor Monocytes (Car-M) For Oncology

Moderna CEO Says People May Need Fourth Covid Shot As Efficacy Of Boosters Likely To Decline Over Time - CNBC

Moderna Inc - Cash, Cash Equivalents And Investments As Of December 31, 2021, Were More Than $17 Billion

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Moderna Incとは

モデルナ(Moderna Inc)は、患者の生活を改善するために、メッセンジャーリボ核酸(mRNA)に基づく革新的な医薬品の作成に焦点を当てるバイオテクノロジー企業である。【事業内容】mRNA医薬品は、様々な病気に対処する可能性のある治療的または予防的利益をもたらす細胞内、膜、または分泌タンパク質を生成するように体の細胞に指示するように設計される。同社は感染症、免疫腫瘍学、希少疾患、自己免疫疾患、心血管疾患のワクチンと治療法を独自に、戦略的協力者と共同で開発する。多様な用途向けのmRNA医薬品の開発を可能にする技術を開発する。予防ワクチン、全身分泌及び細胞表面治療、癌ワクチン、腫瘍内免疫腫瘍学、局所再生治療、全身細胞内治療を含むモダリティを開発した。

業種

Biotechnology & Drugs

連絡先

200 Technology Sq

Cambridge, MA

02139-3578

United States

+1.617.7146500

https://www.modernatx.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Noubar B. Afeyan

Non-Executive Independent Chairman of the Board, Co-Founder

Stephen Hoge

President

Stephane Bancel

Chief Executive Officer, Director

David Meline

Chief Financial Officer

Tracey Franklin

Chief Human Resources Officer

統計

2.63 mean rating - 19 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2018

0.1K

2019

0.1K

2020

0.8K

2021(E)

17.7K
EPS (USD)

2018

-4.950

2019

-1.550

2020

-1.960

2021(E)

26.214
株価売上高倍率(過去12カ月)
10.29
株価売上高倍率(過去12カ月)
5.74
株価純資産倍率(四半期)
6.70
株価キャッシュフロー倍率
9.40
総負債/総資本(四半期)
4.50
長期負債/資本(四半期)
2.35
投資利益率(過去12カ月)
99.86
自己資本利益率(過去12カ月)
55.22

最新ニュース

最新ニュース

ワクチン追加接種、オミクロン株に効果 入院リスク90%低減=米CDC

米疾病対策センター(CDC) は21日、新型コロナウイルスのオミクロン変異株感染について、mRNA型のワクチンを3回接種することで入院リスクを90%引き下げられることが3件の研究結果で示されたと明らかにした。

自然免疫、デルタ株予防でワクチン接種よりも高い効果か=米研究

米カリフォルニア州とニューヨーク州の保健当局者は19日、新型コロナウイルス感染による自然免疫がワクチン接種よって獲得した免疫よりもデルタ変異株に対する予防効果が高い可能性があると発表した。米疾病対策センター(CDC)の週報に研究データを掲載した。

欧州医薬品庁、複数の変異株対応のワクチン開発を呼び掛け

欧州連合(EU)の医薬品規制当局、欧州医薬品庁(EMA)は18日、新型コロナウイルスワクチン製造業者に対し、オミクロン変異株のみに特化したワクチンではなく、複数の変異株に効果があるものを開発するよう呼び掛けた。

ワクチン4回目接種、オミクロン株の予防不十分=イスラエル研究

新型コロナウイルスワクチンの4回目の接種により3回目の接種と比べて抗体量が一段と増加するが、オミクロン変異株を防ぐ効果は十分ではない可能性があることが、イスラエルの予備研究で分かった。

米モデルナ、オミクロン特化ワクチン近く治験=CEO

米モデルナのバンセル最高経営責任者(CEO)は17日、新型コロナウイルスのオミクロン変異株に特化したワクチンについて、向こう数週間で臨床試験(治験)を開始し、3月ごろには当局にデータを提出できるとの見方を示した。

独、12─17歳にコロナワクチン追加接種を推奨 感染者急増で

ドイツの予防接種常設委員会(STIKO)は13日、12─17歳の若者全てに新型コロナウイルスワクチンの追加接種(ブースター接種)を推奨した。オミクロン株による感染者数の急増と医療制度への影響に対する懸念を受け、接種対象を拡大すべきと判断したという。

韓国、ノババックスのコロナワクチン承認 オミクロン流行に備え

韓国の食品医薬品安全省は12日、米バイオ医薬品会社ノババックスが開発した新型コロナウイルスワクチンの使用を承認したことを明らかにした。また、米ファイザーの新型コロナ経口治療薬「パクスロビド」も週内に配布が開始される見通しとなった。新型コロナの新たな変異株オミクロンの感染拡大に備える。

オミクロン株の無症状感染率、他の変異株に比べ高水準=南ア研究

新型コロナウイルスのオミクロン株感染では、これまでの変異株と比べて無症状の比率がかなり高いことが、南アフリカの2つの臨床試験(治験)の予備的結果で示された。感染が世界中で急速に広がっている主な要因である可能性がある。

米国株式市場=上昇、FRB議長の議会証言受け懸念後退

米国株式市場は上昇して取引を終えた。ナスダック総合の上げが目立った。上院銀行委員会で開かれたパウエル米連邦準備理事会(FRB)議長の再任指名に関する公聴会で、大きなサプライズがなかったことから安心感が広がった。

UPDATE 1-NY市場サマリー(11日)株式上昇、ドル小幅安

(株式の内容を追加し表を更新しました) [11日 ロイター] - <為替> ドルが小幅安となった。米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長はF RBが金融政策を正常化させる一方、バランスシートの縮小については決定していないこ とを示唆した。 パウエル議長は11日、上院銀行委員会で開かれた議長再任指名に関する公聴会で証 言し、利上げやバランスシート縮小に関する時期やペースを巡る決定については「幾分機 敏となる必要がある」と述べた上で、金融政策の正常化を巡り、FRBはまだ何ら決定し ていないとした。同時に、07─09年の景気後退後に行われた...

米モデルナ、22年売上高185億ドルと予想 ワクチン契約で過去最高

米製薬大手モデルナは10日、2022年の売上高が新型コロナウイルスワクチンの供給契約を背景に過去最高の185億ドルになるとの見通しを明らかにした。

コラム:「中国版モデルナ」探し、候補企業への投資過熱で高まるリスク

中国では、高い有効性が認められている米モデルナなどの新型コロナウイルスワクチンがまだ、承認されていない。このため国内で幾つものコピー製品が生まれる要因となっている。

オミクロン株特化ワクチン、3月にも準備整う=ファイザーCEO

米製薬大手ファイザーのアルバート・ブーラ最高経営責任者(CEO)は10日、独ビオンテックと開発している新型コロナウイルスのオミクロン変異株に特化したワクチンは3月にも準備が整うと明らかにした。

4回目接種必要か不確定、オミクロン向け3月までに=ファイザーCEO

米製薬大手ファイザーのブーラ最高経営責任者(CEO)は10日、新型コロナウイルスワクチンの4回目接種が必要かどうかについて確信がなく、試験が必要という認識を示した。CNBCとのインタビューで語った。

モデルナ製ワクチン追加接種、2回目から5カ月後に FDAが短縮

米食品医薬品局(FDA)は7日、モデルナ製の新型コロナウイルスワクチンの追加接種(ブースター接種)について、2回目接種からの間隔を5カ月後と、従来の6カ月から短縮すると発表した。急拡大するオミクロン変異株感染に対応する。

秋に4回目ワクチン接種の必要性も、モデルナCEOが見解

米モデルナのバンセル最高経営責任者(CEO)は6日、新型コロナウイルスのブースター接種(追加接種)について、効果は今後数カ月で低下し、今秋に再接種が必要になる可能性があると述べた。

焦点:北京五輪の「バブル方式」、オミクロン株出現で試練に直面

中国政府は2月の北京冬季五輪で、選手や関係者を外部と接触させない「バブル方式」を徹底する方針だ。しかし、感染力の強い新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」が出現し、こうした取り組みは厳しい試練にさらされそうだ。

コロナワクチン、早産・低体重児との関連認められず=米CDC

米疾病対策センター(CDC)は4日、妊娠中の新型コロナウイルスワクチン接種と早産、もしくは低体重児の出産との間に関連性はないとする調査結果を発表した。

ファイザー製ワクチン追加接種、2回目接種から5カ月後 CDC奨励

米疾病対策センター(CDC)は4日、ファイザー・ビオンテック製の新型コロナワクチン追加接種(ブースター接種)について、2回目の接種完了からの接種間隔を6カ月から5カ月に短縮するよう奨励した。

厚労省、モデルナ製ワクチン1800万回分追加購入 武田薬などと合意

厚生労働省は24日、米モデルナ製ワクチン1800万回分を2022年1─3月に追加購入することで武田薬品工業、モデルナと合意したと発表した。来年分はすでに7500万回分を購入済みで、これで9300万回分のワクチンを確保した。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up