for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Moderna Inc

MRNA.O

現在値

118.25USD

変化

0.18(+0.15%)

出来高

3,856,002

本日のレンジ

118.08

 - 

122.58

52週レンジ

115.03

 - 

376.65

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
118.07
始値
118.44
出来高
3,856,002
3か月平均出来高
101.61
高値
122.58
安値
118.08
52週高値
376.65
52週安値
115.03
発行済株式数
391.20
時価総額
46,259.35
予想PER
4.23
配当利回り
--

次のエベント

Q3 2022 Moderna Inc Earnings Release

適時開示

その他

U.S. CDC Says As Of Sept 28, 3.2 Mln People Received An Updated Booster Dose For Covid-19 Vaccine Since Sept 21

FDA Says It Has Determined That Certain Moderna Covid-19 Vaccine, Bivalent Lots Manufactured At Catalent Indiana Llc Are Suitable For Use And Meet Eua Standard

EMA's CHMP Starts Evaluating Application For Authorisation Of Additional Adapted Version Of Spikevax

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Moderna Incとは

モデルナ(Moderna Inc)は、患者の生活を改善するために、メッセンジャーリボ核酸(mRNA)に基づく革新的な医薬品の作成に焦点を当てるバイオテクノロジー企業である。【事業内容】mRNA医薬品は、様々な病気に対処する可能性のある治療的または予防的利益をもたらす細胞内、膜、または分泌タンパク質を生成するように体の細胞に指示するように設計される。同社は感染症、免疫腫瘍学、希少疾患、自己免疫疾患、心血管疾患のワクチンと治療法を独自に、戦略的協力者と共同で開発する。多様な用途向けのmRNA医薬品の開発を可能にする技術を開発する。予防ワクチン、全身分泌及び細胞表面治療、癌ワクチン、腫瘍内免疫腫瘍学、局所再生治療、全身細胞内治療を含むモダリティを開発した。

業種

Biotechnology & Drugs

連絡先

200 Technology Sq

Cambridge, MA

02139-3578

United States

+1.617.7146500

https://www.modernatx.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Noubar B. Afeyan

Non-Executive Independent Chairman of the Board, Co-Founder

Stephen Hoge

President

Stephane Bancel

Chief Executive Officer, Director

James M. Mock

Chief Financial Officer

Tracey Franklin

Chief Human Resources Officer

統計

2.53 mean rating - 19 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2019

0.1K

2020

0.8K

2021

18.5K

2022(E)

21.8K
EPS (USD)

2019

-1.550

2020

-1.960

2021

28.290

2022(E)

26.410
株価売上高倍率(過去12カ月)
3.60
株価売上高倍率(過去12カ月)
2.01
株価純資産倍率(四半期)
2.58
株価キャッシュフロー倍率
3.22
総負債/総資本(四半期)
4.24
長期負債/資本(四半期)
3.56
投資利益率(過去12カ月)
105.90
自己資本利益率(過去12カ月)
66.62

最新ニュース

最新ニュース

ファイザー、FDAにオミクロン用ワクチンの5‐11歳接種申請

米製薬大手ファイザーとドイツのバイオ企業ビオンテックは26日、新型コロナウイルスのオミクロン株対応ワクチンの5─11歳への追加接種を米食品医薬品局(FDA)に承認申請した。

カナダ、10月からコロナ巡る移動規制を撤廃 ワクチン接種率上昇

カナダ政府は26日、航空機や鉄道利用時の新型コロナウイルスワクチン接種やマスク着用義務など、感染抑制のための規制を10月1日から全面撤廃すると発表した。

米オミクロン株対応ワクチン接種、 開始3週間の出足は昨年より鈍化

米疾病対策センター(CDC)が22日発表した最新データによると、米国の新型コロナウイルス追加接種でオミクロン株対応ワクチンが解禁されてからの3週間で、同ワクチンの接種を受けたのは440万人だった。昨年に従来型のワクチン追加接種(3回目)が対象を高齢者や免疫不全者らに絞って始まった最初の3週間の約1000万人よりペースが遅くなっている。

米ファイザーCEO、2回目のコロナ陽性 8月に続き

米製薬大手ファイザーのアルバート・ブーラ最高経営責任者(CEO)が24日、新型コロナウイルス検査で陽性となったと明らかにした。

米、追加接種用コロナワクチン2500万回分配布 モデルナ製は不足

[20日 ロイター] - 米保健当局は20日、新型コロナウイルスのオミクロン株派生型「BA.4」と「BA.5」に対応するブースター(追加)接種向けの改良版ワクチン約2500万回分を配布したと明らかにした。モデルナ製ワクチンの供給は不足しており、米ファイザー・独ビオンテック製ワクチンが大半を占めるという。

NY市場サマリー(19日)10年債利回り約11年ぶり高水準、株反発

<為替> 狭いレンジ内で取引される中、ドルが主要通貨に対して上昇した。今週は米連邦準備理事会(FRB)など各国中銀による金融政策決定会合が開催される。

米国株式市場=反発、FOMC控え不安定な展開

米国株式市場は反発して取引を終えた。今週の米連邦公開市場委員会(FOMC)の結果待ちとなる中、相場は終日プラス圏とマイナス圏を行き来する展開となった。

NY市場サマリー(19日)10年債利回り約11年ぶり高水準、株反発

<為替> 狭いレンジ内で取引される中、ドルが主要通貨に対して上昇した。今週は 米連邦準備理事会(FRB)など各国中銀による金融政策決定会合が開催される。 ロンドンと東京の市場が祝日のため休場で、商いは全体的に乏しかった。 ただ、FRBがインフレ対応で来年まで積極的な利上げ路線を維持するとの見方から ドルは堅調さを維持した。 ドル指数は0.1%高の109.62。7日には110.79と20年ぶりの 高値を付けていた。 ユーロ/ドルは横ばいの1.0021ドル。ポンド/ドルは0. 1%安の1.1424ドル。16日には1.13510ドルと37年ぶりの...

モデルナ、日本で生産施設検討 中国へのワクチン供給にオープン

米バイオ企業モデルナのステファン・バンセル最高経営責任者(CEO)は14日、mRNA(メッセンジャーRNA)由来製品を生産する施設を日本に建設することを検討していると述べた。

米ファイザー、メッセンジャーRNAインフルワクチンの後期試験開始

米製薬大手ファイザーは14日、インフルエンザに向けたメッセンジャーRNAワクチンの後期臨床試験を米国で開始したと発表した。ドイツのビオンテックと共同開発した新型コロナウイルスワクチンと同じ技術を使うワクチンで、対象は2万5000人。

BRIEF-日本にmRNA生産施設建設する可能性検討=米モデルナCEO

* 米モデルナCEO:日本にmRNAの生産施設を建設する可能性検討 (※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください。)

EU当局、オミクロン派生型対応ワクチンの追加接種を推奨

[12日 ロイター] - 欧州連合(EU)の医薬品規制当局、欧州医薬品庁(EMA)は 12日、新型コロナウイルスのオミクロン変異株の派生型「BA.4」と「BA.5」に対応するよう改良された2種類のワクチンのブースター(追加)接種を推奨した。

新型コロナワクチン、米では年1回の接種推奨の流れに=保健当局者

複数の米保健当局者は6日、米国では今後、新型コロナウイルスワクチンは年1回の定期接種が推奨されることになるとの見解を示した。

新型コロナワクチン、米では年1回の接種推奨の流れに=保健当局者

米国では今後、新型コロナウイルスワクチンは年1回の定期接種が推奨されることになりそうだ――。複数の保健当局者が6日、こうした見解を示した。

オミクロン対応ワクチン、高リスク者に優先接種を=EU当局者

[ロンドン 6日 ロイター] - 欧州連合(EU)当局は6日、欧州医薬品庁(EMA)が12歳以上を対象に承認したオミクロン変異株対応の新型コロナウイルスワクチンについて、まず高リスクの人々に接種するよう勧告した。

仏サノフィと英GSK共同開発コロナワクチン、EU当局が数週で承認も

フランスの製薬大手サノフィ幹部は5日、欧州連合(EU)欧州議会の公聴会で、英同業グラクソ・スミスクライン(GSK)と共同開発した新型コロナウイルスワクチンの承認の是非を欧州医薬品庁(EMA)が数週間で決断する可能性があると表明した。

中国、麗珠医薬のコロナワクチンを緊急承認

中国の麗珠医薬集団(リブゾン・ファーマスーティカル・グループ)は2日の届出書で、同社のたんぱく質ベースの新型コロナウイルスワクチンが、中国の医薬品規制当局からブースターとして緊急使用許可を取得したと発表した。

米ノババックスのコロナワクチン、欧州医薬品庁が追加接種支持

[ロンドン 1日 ロイター] - 欧州医薬品庁(EMA)は1日、米バイオ医薬品会社ノババックスが開発した新型コロナウイルスワクチンについて、既に2回接種を済ませている成人への追加接種を支持した。冬に感染が再び拡大する可能性に備える。

米CDC、オミクロン派生型対応ワクチンの追加接種推奨

米疾病対策センター(CDC)は1日、新型コロナウイルスのオミクロン株派生型「BA.4」と「BA.5」に対応した米ファイザー・独ビオンテックと米モデルナの改良版ワクチンについて、12歳以上を対象に追加(ブースター)接種に使うよう推奨した。

米CDC諮問委、オミクロン派生型対応ワクチンの追加接種推奨

米疾病対策センター(CDC)の外部の専門家からなる予防接種諮問委員会(ACIP)は1日、新型コロナウイルスのオミクロン株派生型「BA.4」と「BA.5」に対応した米ファイザー・独ビオンテックと米モデルナの改良版ワクチンについて、12歳以上を対象に追加(ブースター)接種に使うよう推奨した。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up