for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Moderna Inc

MRNA.O

現在値

423.33USD

変化

--(--)

本日のレンジ

--

 - 

--

52週レンジ

63.64

 - 

497.49

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
423.33
始値
--
出来高
--
3か月平均出来高
386.61
高値
--
安値
--
52週高値
497.49
52週安値
63.64
発行済株式数
403.65
時価総額
173,588.10
予想PER
14.45
配当利回り
--

次のエベント

Q3 2021 Moderna Inc Earnings Release

適時開示

その他

Moderna Announces Health Canada Approves Its COVID-19 Vaccine

Moderna Highlights New Clinical Data On Its Covid-19 Vaccine

AbCellera Reports Collaboration with Moderna to Discover Therapeutic Antibodies for mRNA Medicines

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Moderna Incとは

モデルナ(Moderna, Inc.)は伝令リボ核酸(mRNA)をベースにした形質転換医薬品事業に従事する。【事業内容】同社はmRNA薬の根本的な薬学特性を改善するプラットフォームを作成する。そのプラットフォームは、mRNAテクノロジー、デリバリーテクノロジー、製造プロセスの3つの分野で構成される。同社はmRNAによる免疫系の有害な活性化を最小限に抑え、標的細胞に入った後のmRNAの効力を最大限にするmRNA科学を追求する。同社は21のプログラムの各種開発パイプラインを進展させ、そのうち10は臨床研究に入り、他の3つはオープンINDを持つ。その治療法とワクチン開発プログラムは、感染症、腫瘍学、心血管疾患、希少遺伝病にまたがる。同社は6つのモダリティ予防ワクチン、癌ワクチン、腫瘍内免疫腫瘍療法、局所再生治療薬、全身性分泌治療薬および全身性細胞内治療薬を開発する。

業種

Biotechnology & Drugs

連絡先

200 Technology Sq

Cambridge, MA

02139-3578

United States

+1.617.7146500

https://www.modernatx.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Noubar B. Afeyan

Non-Executive Independent Chairman of the Board, Co-Founder

Stephen Hoge

President

Stephane Bancel

Chief Executive Officer, Director

David W. Meline

Chief Financial Officer

Tracey Franklin

Chief Human Resources Officer

統計

2.69 mean rating - 16 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2018

0.1K

2019

0.1K

2020

0.8K

2021(E)

20.4K
EPS (USD)

2018

-4.950

2019

-1.550

2020

-1.960

2021(E)

29.768
株価売上高倍率(過去12カ月)
53.68
株価売上高倍率(過去12カ月)
24.73
株価純資産倍率(四半期)
25.85
株価キャッシュフロー倍率
48.28
総負債/総資本(四半期)
7.26
長期負債/資本(四半期)
4.89
投資利益率(過去12カ月)
65.71
自己資本利益率(過去12カ月)
35.59

最新ニュース

最新ニュース

ファイザー、5─11歳のワクチン治験で強い免疫反応 近く認可申請へ

米製薬大手ファイザーと独ビオンテックは20日、共同開発した新型コロナウイルスワクチンについて、年齢5─11歳を対象とした中・後期臨床試験(治験)で強い免疫反応が示されたとし、早期に欧米などで使用認可を申請すると発表した。

米当局、高齢者のワクチン追加接種を近く承認 24日開始目指す

米国食品医薬品局(FDA)諮問委員会が17日に高齢者を含むリスクが高い人を対象とした新型コロナウイルスワクチンの追加接種を推奨したことを受け、当局は24日の開始を目指し、ファイザー・ビオンテック製ワクチンの追加接種を週前半にも承認する可能性が出てきた。

モデルナとJ&Jの追加接種、数週間以内に必要なデータ確保へ=ファウチ氏

バイデン米政権のファウチ首席医療顧問は19日、モデルナとジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)の新型コロナウイルスワクチンについて、ブースター(追加)接種を推奨すべきかどうかを決定するのに必要なデータは数週間以内にそろうとの見方を示した。

NY市場サマリー(17日)ドル3週間ぶり高値、株価大幅安 国債利回りは上昇

<為替> ドルが3週間ぶり高値を付けた。前日発表の8月の小売売上高が予想外に 増加したことで、連邦準備理事会(FRB)は年内にテーパリング(量的緩和の縮小)に 着手するとの観測が裏付けられたことが背景。 ただ来週に米連邦公開市場委員会(FOMC)のほか、日銀の金融政策決定会合とイ ングランド銀行(英中央銀行)金融政策委員会を控える中、商いは低調だった。 主要6通貨に対するドル指数は一時93.220まで上昇し、8月第3週以来 の高値を更新。終盤の取引では0.4%高の93.207。週間上昇率は0.6%と、8 月中旬以降で最大となった。 FRB...

米FDA諮問委、コロナワクチン広範な追加接種に反対 高齢者は推奨

米国食品医薬品局(FDA)の外部専門家による諮問委員会は17日、16歳以上の米国民に対する新型コロナウイルスワクチンの追加接種の承認に反対した。ただ、高齢者を対象とした限定的な接種は推奨するとした。

UPDATE 1-米FDA諮問委、コロナワクチン広範な追加接種に反対 高齢者は推奨

米国食品医薬品局(FDA)の外部専門家による諮問委員会は17日、16歳以上の米国民に対する新型コロナウイルスワクチンの追加接種の承認に反対した。ただ、高齢者を対象とした限定的な接種は推奨するとした。

米国株式市場=大幅安、米債利回り上昇がグロース株圧迫

米鉄鋼大手USスチールは8.0%安。30億ドルの投資計 画を発表した。 ネット証券のロビンフッド・マーケッツは1.0%上昇。 キャシー・ウッド氏が率いるアーク・インベストメントが1470万ド ル相当の同社株を取得したことを受けた。 この日は、株式先物取引、株価指数オプション取引、個別株オプシ ョン取引の3つの取引期限満了日が重なる「トリプルウィッチング」に 当たり、大引けの出来高とボラティリティーが高まった。 米取引所の合算出来高は155億1000万株。直近20営業日の 平均は97億株。 ニューヨーク証券取引所では値下がり銘柄数が値上がり...

ワクチン混合接種で子どもの免疫反応調査へ、英で研究

英国で、子どもに対し1回目と2回目で異なる新型コロナウイルスワクチンを投与して免疫反応を調べる研究が行われる。

コロナ感染症、重症化する未接種の子どもが増加=WHO米州事務局

世界保健機関(WHO)の米州事務局である汎米保健機構(PAHO)は15日、新型コロナウイルスワクチンを接種する成人が増える一方、大半の国ではまだ接種が認められない子どもと若者の入院患者の割合が増え、死亡例も報告されていると警告した。

米モデルナ、ワクチン追加接種の必要性示す研究結果 「免疫低下」

米モデルナは15日、新型コロナウイルスワクチンの大規模試験から得られた新たなデータを基に、ワクチンの効果は時間が経つにつれて低下するとして、追加接種(ブースター接種)が必要とする研究結果を公表した。

米モデルナ、コロナワクチンの追加接種が必要とする研究結果公表

米モデルナは15日、新型コロナウイルスワクチンの大規模試験から得られた新たなデータを基に、ワクチンの効果は時間が経つにつれて低下するとして、追加接種(ブースター接種)が必要とする研究結果を公表した。

英、50歳以上や高リスク者にワクチン追加接種へ 冬に向け対策

英政府は14日、年齢50歳以上と医療従事者ら高リスクグループを対象に、新型コロナウイルスワクチンの追加接種(ブースター接種)を近く開始すると発表した。ブースター接種の展開によってロックダウン(都市封鎖)再導入や医療態勢の逼迫を回避し、感染が拡大しやすい冬を乗り切りたい考え。

英、50歳以上や高リスク者にワクチン追加接種へ 冬に向け対策

英政府は14日、年齢50歳以上と医療従事者ら高リスクグループを対象に、新型コロナウイルスワクチンの追加接種(ブースター接種)を近く開始すると発表した。ブースター接種の展開によってロックダウン(都市封鎖)再導入や医療態勢の逼迫を回避し、感染が拡大しやすい冬を乗り切りたい考え。

NY市場サマリー(13日)ドル上昇、S&P6日ぶり反発

<為替> 新型コロナウイルス感染再拡大にもかかわらず米連邦準備理事会(FRB)が年内にテーパリング(量的緩和の縮小)に着手するとの観測を背景に、ドル指数が2週間ぶりの高値を付けた。

米国株式市場=S&P6日ぶり反発、法人税率引き上げやインフレ指標に注目

米国株式市場はS&P総合500種が6営業日ぶりに反発。市場では、下院民主党による連邦法人税率引き上げ案や週内に発表される米インフレ指標に注目が集まっている。

コロナワクチン追加接種は不要、WHOと米FDAの科学者が論文発表

世界保健機関(WHO)と米食品医薬品局(FDA)の科学者らは英医学誌ランセットに13日に掲載された論文で、一般の人に対する新型コロナウイルスワクチンの3回目の追加接種(ブースター接種)は必要なく、1回目の接種もまだ受けていない人たちにワクチンを融通することで多くの命が救われるとの考えを示した。

豪NSW州、ワクチン接種のペースが鈍化

オーストラリアのニューサウスウェールズ(NSW)州政府は13日、新型コロナウイルスワクチンについて、1回目の接種を終えた人が全体の80%に迫り、接種ペースが鈍化していると指摘、未接種の人が早急にワクチン接種を受けなければ、行動制限措置が緩和された際に自由な行動が妨げられる恐れがあると指摘した。

豪州、モデルナワクチンをさらに100万回分購入

オーストラリアのモリソン首相は、米モデルナの新型コロナウイルスワクチンさらに100万回分を欧州連合(EU)から購入したと発表した。週内に豪州に届くという。

ファイザー製ワクチン、10月中に5─11歳向け認可も=関係筋

バイデン米政権の首席医療顧問を務める米国立アレルギー感染症研究所のアンソニー・ファウチ所長は、米ファイザー製の新型コロナウイルスワクチンが10月末までに5─11歳の子どもたちに対して認可される可能性があると想定している。事情に詳しい関係者2人が10日述べた。

コロナワクチン、デルタ株にも有効 75歳以上では効果低下も=米研究

新型コロナウイルスワクチンが感染力の強いデルタ変異株に対し、入院や死亡の予防に有効であるものの、75歳以上の高齢者では効果が弱まる可能性があることが、米国で実施された3例の研究データから示された。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up