for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Moderna Inc

MRNA.O

現在値

58.57USD

変化

-3.02(-4.90%)

出来高

26,544,378

本日のレンジ

55.81

 - 

61.80

52週レンジ

11.54

 - 

87.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
61.59
始値
60.00
出来高
26,544,378
3か月平均出来高
443.18
高値
61.80
安値
55.81
52週高値
87.00
52週安値
11.54
発行済株式数
387.70
時価総額
22,707.75
予想PER
-40.19
配当利回り
--

次のエベント

Q2 2020 Moderna Inc Earnings Release

適時開示

その他

Trial Of Moderna COVID-19 Vaccine Delayed, Investigators Say, But July Start Still Possible- Stat News

Moderna Appoints David Meline As Chief Financial Officer

Cordenpharma & Moderna Extend Strategic Manufacturing Services Agreement For The Supply Of Lipid Excipients To Be Used In Moderna's Vaccine Mrna-1273

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Moderna Incとは

モデルナ(Moderna, Inc.)は伝令リボ核酸(mRNA)をベースにした形質転換医薬品事業に従事する。【事業内容】同社はmRNA薬の根本的な薬学特性を改善するプラットフォームを作成する。そのプラットフォームは、mRNAテクノロジー、デリバリーテクノロジー、製造プロセスの3つの分野で構成される。同社はmRNAによる免疫系の有害な活性化を最小限に抑え、標的細胞に入った後のmRNAの効力を最大限にするmRNA科学を追求する。同社は21のプログラムの各種開発パイプラインを進展させ、そのうち10は臨床研究に入り、他の3つはオープンINDを持つ。その治療法とワクチン開発プログラムは、感染症、腫瘍学、心血管疾患、希少遺伝病にまたがる。同社は6つのモダリティ予防ワクチン、癌ワクチン、腫瘍内免疫腫瘍療法、局所再生治療薬、全身性分泌治療薬および全身性細胞内治療薬を開発する。

業種

Biotechnology & Drugs

連絡先

200 Technology Sq

Cambridge, MA

02139-3578

United States

+1.617.7146500

https://www.modernatx.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Noubar B. Afeyan

Non-Executive Independent Chairman of the Board, Co-Founder

Stephen Hoge

President

Stephane Bancel

Chief Executive Officer, Director

David W. Meline

Chief Financial Officer

Tracey Franklin

Chief Human Resource Officer

統計

1.92 mean rating - 12 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2018

0.1K

2019

0.1K

2020(E)

0.1K
EPS (USD)

2018

-4.950

2019

-1.550

2020(E)

-1.458
株価売上高倍率(過去12カ月)
--
株価売上高倍率(過去12カ月)
431.93
株価純資産倍率(四半期)
13.21
株価キャッシュフロー倍率
--
総負債/総資本(四半期)
2.37
長期負債/資本(四半期)
2.37
投資利益率(過去12カ月)
-28.25
自己資本利益率(過去12カ月)
-26.10

最新ニュース

最新ニュース

アングル:コロナワクチン開発、中小勢から遠のく投資家の期待

米株式市場では、新型コロナウイルスワクチンの開発競争を巡って、投資家は大量製造が可能な大手製薬会社に期待をかける傾向が強まりつつある。つまり、小規模なバイオテクノロジー企業と投資家の「蜜月関係」が終わりを迎えるかもしれない。

テスラが独キュアバクのワクチン開発支援、分子プリンター製造に協力

米電気自動車(EV)メーカー、テスラ<TSLA.O>のマスク最高経営責任者(CEO)は1日、ドイツの新興企業キュアバクが進めている新型コロナウイルスのワクチン開発を支援するため、テスラが分子を印刷できる3Dプリンターの製造に取りかかっていると明らかにした。

コロナワクチン候補の後期臨床試験、月内開始の見通し=ファウチ氏

米国立アレルギー感染症研究所のファウチ所長は2日、月末までに一部の新型コロナウイルスワクチン候補の後期臨床試験が始まる見通しと述べた。

米衛生当局幹部、年末までのワクチン実用化を楽観 議会で証言

米国立衛生研究所(NIH)のコリンズ所長は2日、トランプ政権による新型コロナウイルスワクチン開発加速に向けた「ワープ・スピード作戦」について楽観的な見方を示した。年末までに安全で効果的なワクチンが開発され、来年初めまでに3億人分の生産目標を達成できるだろうと期待を表明した。

米モデルナ、コロナワクチン治験遅延の報道 株価一時7%安

バイオ医薬大手の米モデルナ<MRNA.O>が開発中の新型コロナウイルスワクチンについて、医療ニュースサイトSTATが大規模治験の実施が遅延すると伝えたことを受け、モデルナの株価は一時約7%下落した。

コロナワクチンの初期治験成功、独ビオンテックと米ファイザー

ドイツのバイオ医薬ベンチャー、ビオンテック<22UAy.F>と米製薬大手ファイザー<PFE.N>が開発中の新型コロナウイルスワクチンが、初期段階の臨床試験(治験)で有効性や十分な忍容性(副作用への耐用性)を示したことが分かった。

UPDATE 1-コロナワクチンの初期治験成功、独ビオンテックと米ファイザー

ドイツのバイオ医薬ベンチャー、ビオンテックと米製薬大手ファイザーが開発中の新型コロナウイルスワクチンが、初期段階の臨床試験(治験)で有効性や十分な忍容性(副作用への耐用性)を示したことが分かった。

コロナワクチン開発、アストラゼネカとモデルナが先行=WHO

世界保険機関(WHO)の主任科学者、ソミヤ・スワミナサン氏は26日、英製薬アストラゼネカ<AZN.L>の新型コロナウイルスワクチンが開発面で最も進んでおり、最有力候補という見方を示した。

米モデルナ、コロナワクチン製造で米キャタレントと提携

バイオ医薬大手の米モデルナ<MRNA.O>は25日、開発中の新型コロナウイルスワクチンの国内供給に向け、医薬品受託製造の米キャタレント<CTLT.N>と提携すると発表した。

コロナワクチン、開発推進団体が量産体制の準備急ぐ

官民連携でワクチン開発を推進する国際団体「感染症流行対策イノベーション連合(CEPI)」のトップは24日、新型コロナウイルスのワクチンが開発された場合、年間40億回分のワクチンを生産するため、製造業者との協力を進めていると明らかにした。

中国、新たな新型コロナワクチンの治験開始を承認

中国国家薬品監督管理局(NMPA)は、中国人民解放軍の軍事科学院(AMS)が開発した新型コロナウイルスワクチン第2弾の臨床試験(治験)開始を承認した。中国で治験中の新型コロナワクチンはこれで8種類目となる。

仏サノフィ、米トランスレート・バイオとワクチン開発提携拡大

仏製薬大手サノフィ<SASY.PA>は23日、メッセンジャーRNA(mRNA)医薬品を手掛ける米トランスレート・バイオ<TBIO.O>と新型コロナウイルスワクチンを含むワクチン開発を巡る契約で合意した。契約規模は最大20億ドルの上る可能性がある。

アングル:プロ顔負けの個人投資家、安全志向に転換

市場関係者によると、このところの株価の急反発で多額の利益を手にした個人投資家が安全志向を強めている。

EU、コロナワクチンの事前購入巡り各国に協力要請 競争回避へ

欧州連合(EU)の欧州委員会は17日、新型コロナウイルス感染症ワクチンを巡る「有害な競争」を回避し、貧困国が利用可能なワクチンを確保するために、各国首脳に対しワクチンの大量購入に協力するよう呼び掛けた。

独キュアバック、コロナワクチンの治験開始へ 国内2社目=関係筋

独バイオ医薬企業キュアバックは新型コロナウイルス感染症ワクチンの臨床試験(治験)を開始する。4月に治験を開始したビオンテック<BNTX.O>に続き国内で2社目となる。同計画に詳しい2人の関係者が16日、明らかにした。

米、有望なコロナワクチン候補を約7株に絞り込み

米厚生省は16日、有望な新型コロナウイルスワクチン候補を当初の14株から約7株に絞り込むと発表した。

米株上昇、FRBの社債購入制度巡る発表で心理改善

米国株式市場は上昇して取引を終えた。米連邦準備理事会(FRB)の社債購入プログラムに関する発表を受け、新型コロナウイルスの感染第2波を巡る懸念で落ち込んでいた投資家心理が改善した。

コラム:中国のバイオ技術企業、新型コロナ大流行で脚光浴びる

中国のバイオ技術セクターが新型コロナウイルスのパンデミック(世界的な大流行)のおかげで注目されている。康希諾生物<6185.HK>といったほとんど知られていない企業がCOVID-19(新型コロナウイルス感染症)のワクチンや治療法開発で先頭集団に入っており、中国と世界の外交的な緊張が高まっているにもかかわらず、グローバル化しそうな勢いとなっている。

米モデルナのコロナワクチン、マウス実験で重要目標達成

バイオ医薬大手の米モデルナ<MRNA.O>は12日、マウスを作った新型コロナウイルスワクチンの実験で、症状が重篤化するリスクが抑えられたほか、1回の投与で新型コロナへの感染防止効果が得られたと発表した。

EU保健相、最大27億ドルのコロナワクチン事前買取案を支持

欧州連合(EU)の保健相らは12日、新型コロナウイルスワクチンの事前買い取りに24億ユーロ(27億ドル)の緊急基金を活用する欧州委員会の提案を支持することで一致した。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up