for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

マラソン・オイル・コーポレーション

MRO.N

現在値

8.25USD

変化

-0.37(-4.29%)

出来高

6,954,388

本日のレンジ

8.09

 - 

8.50

52週レンジ

3.02

 - 

13.18

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
8.62
始値
8.49
出来高
6,954,388
3か月平均出来高
639.92
高値
8.50
安値
8.09
52週高値
13.18
52週安値
3.02
発行済株式数
789.39
時価総額
6,804.56
予想PER
-6.86
配当利回り
1.39

次のエベント

Q4 2020 Marathon Oil Corp Earnings Release

適時開示

その他

Marathon Oil Reports Q3 Adjusted Loss Per Share $0.28

Marathon Oil Commences Tender Offer For Up To $500 Million Of 2.800% Senior Notes Due 2022

Marathon Oil Reports Q2 Adjusted Loss Per Share $0.60

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

マラソン・オイル・コーポレーションとは

マラソン・オイル(Marathon Oil Corporation)は探査・生産(E&P)会社である。【事業内容】同社は2つの事業区分を運営する。北米E&Pセグメントは、北米における原油およびコンデンセート、天然ガス液(NGL)および天然ガスを探査・生産・販売する。国際E&Pセグメントは、北米以外の原油・コンデンセート、液化天然ガス(NGL)、天然ガスを探査・生産・販売し、赤道ギニア(E.G.)における液化天然ガス(LNG)とメタノールなどの天然ガスから製造された製品を生産・販売する。

業種

Oil & Gas - Integrated

連絡先

P O Box 3128

HOUSTON, TX

77253-3128

United States

+1.713.6296600

https://www.marathonoil.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Lee M. Tillman

Chairman of the Board, President, Chief Executive Officer

Dane E. Whitehead

Chief Financial Officer, Executive Vice President

Patrick J. Wagner

Executive Vice President-Corporate Development and Strategy

Kimberly O. Warnica

Senior Vice President, General Counsel

Michael A Henderson

Senior Vice President - Operations

統計

2.66 mean rating - 29 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2017

4.8K

2018

6.6K

2019

5.2K

2020(E)

3.1K
EPS (USD)

2017

-0.250

2018

0.710

2019

0.750

2020(E)

-1.254
株価売上高倍率(過去12カ月)
--
株価売上高倍率(過去12カ月)
1.96
株価純資産倍率(四半期)
0.63
株価キャッシュフロー倍率
5.32
総負債/総資本(四半期)
54.21
長期負債/資本(四半期)
49.62
投資利益率(過去12カ月)
-6.46
自己資本利益率(過去12カ月)
-5.80

最新ニュース

最新ニュース

米石油掘削リグ稼働数、2週連続で増加=ベーカー・ヒューズ

エネルギーサービス会社ベーカー・ヒューズが発表した3月13日までの週の米国内石油掘削リグ稼働数は、原油・天然ガス価格が大幅に下落したものの、前週から1基増加して683基と昨年12月以来の高水準となった。増加は2週間連続。

原油先物が反落、4%安 株安・サウジ増産などが重し

米国時間の原油先物は約4%下落した。米株が下げ幅を拡大したことに加え、世界保健機関(WHO)が感染が拡大している新型コロナウイルスについて「パンデミック(世界的な大流行)」に相当すると表明したことを受け、取引終盤にかけて下落した。

NY市場サマリー(10日)

<為替> ドルが安全通貨である円やスイスフランに対し急反発。世界の中銀が新型コロナウイルスに よる経済への影響軽減に向け追加刺激策を打ち出すとの期待がドルへの追い風となった。前日は原油価格や 株価の急落を受けリスク選好度が低下し、円やスイスフランは急上昇していた。 トランプ米大統領がこの日発表するとみられる景気下支えに向けた給与税引き下げなどの措置が注目さ れている。ウエスタン・ユニオン・ビジネス・ソリューションズのアナリストは「トランプ政権が新型コロ ナの経済的打撃を緩和するために減税や他の刺激策を実施するとの市場全体の期待を反映し、...

ダウ急反発1167ドル高、景気対策期待で安値拾い買い

米国株式市場は急反発し、前日に2000ドルを超える下げを記録したダウ平均株価<.DJI>はこの日1167ドル高で取引を終えた。政府による景気刺激策への期待から安値拾いの買いが入った。

米石油大手、原油急落で投資見直し 安値続けば北米操業継続も疑問

原油価格の急落を受け、シェブロン<CVX.N>を含む大手米石油会社の間で設備投資を削減する動きが相次いでいる。

米石油大手、原油急落で投資見直し 安値続けば北米操業継続も疑問

原油価格の急落を受け、シェブロンを含む大手米石油会社の間で設備投資を削減する動きが相次いでいる。

トランプ米大統領、エタノールに関する「巨大プログラム」の計画示唆

トランプ米大統領は29日、エタノールに関する「巨大プログラム」を計画していると述べた。政府が製油所へのエタノール混合義務適用除外措置を拡大したことに対する農家の反発を和らげることが狙い。

米石油掘削リグ稼働数、4週連続で増加=ベーカー・ヒューズ

米石油サービス会社ベーカー・ヒューズが発表した16日までの1週間の国内石油掘削リグ稼働数は798基で、前週から7基増加し、2015年4月以来の高水準となった。米国の石油掘削リグの稼働数はこれで4週連続で増加した。リグ稼働数の4週連続増は昨年6月以来。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up