for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

モルガン・スタンレー

MS.N

現在値

86.45USD

変化

1.45(+1.71%)

出来高

2,149,445

本日のレンジ

84.94

 - 

86.48

52週レンジ

76.76

 - 

109.72

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
85.00
始値
85.78
出来高
2,149,445
3か月平均出来高
210.07
高値
86.48
安値
84.94
52週高値
109.72
52週安値
76.76
発行済株式数
1,749.28
時価総額
151,225.60
予想PER
11.66
配当利回り
3.24

次のエベント

Morgan Stanley Virtual Japan Summit

適時開示

その他

Goldman Flagged Morgan Stanley Block Trades To Hong Kong Regulator - FT

Morgan Stanley CEO Says Will Do More Deals If They Sit With Bank's Strategy

Morgan Stanley Reports Q1 Diluted EPS Of $2.02 Versus $2.19 Year Ago

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

モルガン・スタンレーとは

モルガン・スタンレー(Morgan Stanley)はグローバルな金融サービス会社であり、子会社を通じて、多様な投資銀行業務、証券、ウェルスマネジメントおよび投資運用サービスを提供する。【事業内容】セグメントには、機関投資家向け証券、ウェルスマネジメントおよび投資管理が含まれる。機関投資家向け証券セグメントは、企業、政府、金融機関、および富裕層の顧客に投資銀行業務、販売および取引、およびその他のサービスを提供する。証券および投資顧問サービス、金融および資産計画サービス、職場サービス、年金および保険商品、住宅用不動産ローンおよびその他の貸付商品、銀行と退職プランサービスなど、個人投資家および中小規模の企業や機関に金融サービスとソリューションを提供する。投資管理セグメントは、クライアントの多様なグループに多様な投資戦略と製品を提供する。

業種

Investment Services

連絡先

1585 Broadway

NEW YORK, NY

10036-8200

United States

+1.212.7614000

https://www.morganstanley.com/

エグゼクティブリーダーシップ

James P. Gorman

Chairman of the Board, Chief Executive Officer

Edward N. Pick

Co-President, Co-Head - Corporate Strategy

Andrew M. Saperstein

Co-President, Head - Wealth Management

Sharon Yeshaya

Chief Financial Officer, Executive Vice President

Jonathan M. Pruzan

Chief Operating Officer, Executive Vice President

統計

2.07 mean rating - 29 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2019

41.4K

2020

48.2K

2021

59.8K

2022(E)

57.4K
EPS (USD)

2019

5.190

2020

6.460

2021

8.030

2022(E)

7.413
株価売上高倍率(過去12カ月)
11.00
株価売上高倍率(過去12カ月)
2.51
株価純資産倍率(四半期)
1.60
株価キャッシュフロー倍率
8.18
総負債/総資本(四半期)
646.20
長期負債/資本(四半期)
219.31
投資利益率(過去12カ月)
2.78
自己資本利益率(過去12カ月)
1.23

最新ニュース

最新ニュース

モルガンSのCEO、早期退任に否定的 米景気後退確率「50%未満」

モルガン・スタンレーのゴーマン最高経営責任者(CEO)は26日の年次株主総会で、近いうちに退任する考えはないと明らかにした。

ウクライナGDP、22年は60%減も 最悪シナリオで=モルガンS

米モルガン・スタンレーは18日、ウクライナの国内総生産(GDP)について、ロシアの侵攻を受けた紛争がさらに長期化し、明確な解決策が見つからない場合、2022年に前年比60%減少する可能性があるとの見方を示した。

ウェルズ・ファーゴ、年末から緩やかな米景気後退を想定 GDP予想引き下げ

ウェルズ・ファーゴ・インベストメント・インスティテュートは18日、米経済の基本シナリオを下方修正し、年末から来年初めにかけて緩やかな景気後退(リセッション)に見舞われると想定した。米大手行として最も弱気の見通しを示した形だ。

新興市場ファンド、8割がロシア株の持ち高解消できず=調査

アクティブ型新興市場株式ファンドのうち、ロシア株の持ち高をゼロにしたファンドは全体の5分の1弱にとどまっていることが、コプリー・ファンド・リサーチのまとめたデータで明らかになった。

物言う投資家の標的企業助言業務、21年はBofAがランク首位

リフィニティブが3日公表したデータによると、2021年にアクティビスト(物言う投資家)の標的となった企業の金融アドバイザーランキングで、米バンク・オブ・アメリカ(BofA)が首位となった。

独検察、米モルガン・スタンレーのフランクフルト支店を捜索

米金融大手モルガン・スタンレーは3日、「過去の活動」を巡りフランクフルト支店が独検察当局の捜索を受けていると明らかにした。

アルケゴス創業者、米検察が詐欺罪などで起訴後に保釈

複数の大手金融機関に多額の損失をもたらし、昨年経営破綻した米投資会社アルケゴス・キャピタル・マネジメントの創業者ビル・フアン被告が27日、詐欺罪などで起訴された後、裁判所に保釈が認められた。

コラム:ツイッター、マスク氏に「全面降伏」で当初提案受け入れ

米電気自動車(EV)大手テスラの最高経営責任者(CEO)で起業家のイーロン・マスク氏は、ツイッターがわが身を差し出さざるを得ない環境を見事に作り出した。

アングル:マスク氏、ツイッター買収の窓口は秘密のファミリーオフィス

米交流サイト(SNS)ツイッター買収を巡る攻防は、米電気自動車(EV)大手テスラの最高経営責任者(CEO)で世界一の富豪であるイーロン・マスク氏がツイッターを440億ドルで手に入れることで決着した。ただ、マスク氏が買収手続きの窓口に指定したファミリーオフィス(自前の資産運用会社)は秘密のベールに包まれている。

焦点:日本の大手銀、米で「非投資適格」企業向け業務強化 リスク見極めが鍵

日本の大手銀行が収益拡大の機会を求め、米国で信用格付けの低い企業向けの社債引受や協調融資を強化している。低格付け企業向けのビジネスは、得られる手数料が大きい半面、より高度なリスク管理が求められる。金利上昇やウクライナ危機で金融市場を取り巻く環境が不透明になる中、当局からはリスクと機会の見極めが重要との声が聞かれる。

米ゴールドマン、モルガンSの大口取引巡り香港当局に報告=FT

米金融大手ゴールドマン・サックスはモルガン・スタンレーによる一連のブロックトレード(大口取引)について、香港の金融規制当局に報告した。英紙フィナンシャル・タイムズが21日、関係筋の話として報じた。

米BofA、第1四半期13%減益 融資好調で予想ほど減少せず

米金融大手バンク・オブ・アメリカ(BofA)が18日に発表した第1・四半期(3月31日まで)決算は利益が13%減少した。ただ、好調な融資事業で世界的な取引の低迷の影響が緩和され、予想ほど大きな減益にはならなかった。

米BofA、第1四半期13%減益 融資好調で予想ほど減少せず

米金融大手バンク・オブ・アメリカ(BofA)が18日に発表した第1・四半期(3月31日まで)決算は利益が13%減少した。ただ、好調な融資事業で世界的な取引の低迷の影響が緩和され、予想ほど大きな減益にはならなかった。

UPDATE 2-米国株式市場=下落、国債利回り上昇受け

(出来高などを追加しました) [ニューヨーク 14日 ロイター] - 米国株式市場は、国債利回りが再び上昇に転じたことを受け 、下落して終了した。 15日からのイースター(復活祭)の連休を前に、主要株価3指数はいずれも週間でマイナスとなった 。 LPLフィナンシャルのチーフ市場ストラテジスト、ライアン・デトリック氏は「複数の懸念材料が続 いている」とし、「決算シーズンが強弱まちまちとなっている上に、高インフレとタカ派的な米連邦準備理 事会(FRB)が加わり、連休前に売りが出た」と述べた。 米10年債利回りの上昇を受けてグロース(成長)株...

NY市場サマリー(14日)ユーロ2年ぶり安値、10年債利回り急伸

<為替> ユーロが対ドルで2年ぶりの安値に沈んだ。欧州中央銀行(ECB)のラ ガルド総裁の発言を受け、ECBは米連邦準備理事会(FRB)による積極的な金融引き 締め方針とは対照的に利上げを急がないとの見方が広がった。 ユーロ/ドルは一時1.0758ドルと2020年4月以来の安値を付け た。終盤は0.53%安の1.0827ドル。 ラガルド総裁は利上げ開始時期について具体的な日程を示さず、資産買い入れ終了後 の間隔が数週間から数カ月になる可能性もあると述べた。 ECBは債券買い入れを今四半期中に縮小し、第3・四半期に終了するとのガイダン ス...

モルガンS、第1四半期利益が予想上回る アドバイザリー収入増

米金融大手モルガン・スタンレー(モルガンS)が14日に発表した第1・四半期(3月31日まで)決算は利益が35億4000万ドル(1株当たり2.02ドル)と前年同期比11%減少したものの、市場予想(1株あたり1.68ドル)を上回った。M&Aアドバイザリー業務が好調だったほか、トレーディング業務も想定ほど落ち込まなかった。

ゴールドマン第1四半期43%減益、資産管理好調で予想上回る

米ゴールドマン・サックスが14日に発表した第1・四半期決算は利益が43%減少したものの、市場予想は上回った。株式上場の低迷を受け株式引受事業が不振だったが、ウエルスマネジメントとトレーディング事業が好調だったことで相殺された。

JPモルガン、第1四半期は42%減益 インフレとウクライナに警戒

米金融大手JPモルガン・チェースが13日に発表した第1・四半期決算は利益が前年同期比42%減の82億8000万ドル(1株当たり2.63ドル)となった。投資銀行業務が低調だったほか、貸倒引当金の計上が響いた。

JPモルガン、第1四半期は42%減益 投資銀行業務低調

米金融大手JPモルガン・チェースが13日に発表した第1・四半期決算は利益が前年同期比42%減の82億8000万ドル(1株当たり2.63ドル)となった。投資銀行業務が低調だったほか、貸倒引当金の計上が響いた。

米国債めぐる独禁法訴訟、金融大手の勝訴確定

米国債市場で大手金融機関10社が共謀して競争を抑制していたとする反トラスト法(独占禁止法)訴訟で、米連邦地裁は31日、取引参加者である年金基金や銀行、企業などが再提出した訴状を改めて棄却した。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up