for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

モルガン・スタンレー

MS.N

現在値

86.47USD

変化

-1.23(-1.40%)

出来高

1,991,563

本日のレンジ

86.43

 - 

88.88

52週レンジ

35.53

 - 

88.88

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
87.70
始値
88.07
出来高
1,991,563
3か月平均出来高
228.56
高値
88.88
安値
86.43
52週高値
88.88
52週安値
35.53
発行済株式数
1,860.59
時価総額
163,173.60
予想PER
12.83
配当利回り
1.60

次のエベント

Morgan Stanley Virtual EEMEA Conference

適時開示

その他

DWS holds 5.12% Cerved stake, Morgan Stanley potential stake of 7.05% - filing

Morgan Stanley Held 7.987% Of Italy's Moncler As Of March 31 - Filing

Morgan Stanley Reports Net Revenues of $15.7 Billion, EPS of $2.19

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

モルガン・スタンレーとは

モルガン・スタンレー(Morgan Stanley)は金融持株会社である。【事業内容】同社のセグメントには、機関投資証券、ウェルスマネジメントおよび投資運用が含まれる。機関投資家証券事業は企業、政府、金融機関および超富裕層顧客に対して、投資銀行業務、販売および取引、その他のサービスを提供する。ウェルス・マネジメント事業は個人投資家および中堅・中小企業に証券仲介および投資顧問サービス、債券市場における証券化、財務およびウェルス・プランニング・サービス、年金制度 保険商品、与信およびその他の貸出商品、銀行業務および退職給付サービスを提供する。投資運用事業は投資戦略及び商品を提供する。

業種

Investment Services

連絡先

1585 Broadway

NEW YORK, NY

10036-8200

United States

+1.212.7614000

https://www.morganstanley.com/

エグゼクティブリーダーシップ

James P. Gorman

Chairman of the Board, Chief Executive Officer

Jonathan M. Pruzan

Chief Financial Officer, Executive Vice President

Mandell L. Crawley

Chief Human Resource Officer

Keishi Hotsuki

Executive Vice President, Chief Risk Officer

Eric Fredric Grossman

Executive Vice President, Chief Legal Officer

統計

2.04 mean rating - 25 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2018

40.1K

2019

41.4K

2020

48.2K

2021(E)

56.1K
EPS (USD)

2018

4.730

2019

5.190

2020

6.460

2021(E)

6.852
株価売上高倍率(過去12カ月)
11.51
株価売上高倍率(過去12カ月)
2.89
株価純資産倍率(四半期)
1.66
株価キャッシュフロー倍率
9.67
総負債/総資本(四半期)
566.55
長期負債/資本(四半期)
180.00
投資利益率(過去12カ月)
2.83
自己資本利益率(過去12カ月)
1.29

最新ニュース

最新ニュース

インタビュー:ECBが「影の銀行」巡る検査強化へ 監督委トップ、アルケゴス問題教訓に

ユーロ圏の銀行監督を担う欧州中央銀行(ECB)銀行監督委員会のアンドレア・エンリア委員長は、米投資会社アルケゴス・キャピタル・マネジメントを巡る巨額損失問題を受け、規制の緩い投資ファンドや専門的な金融業態を巡る検査を強化すると表明した。

米ゴールドマン、アルケゴス問題でマージンローンを注視=幹部

米金融大手ゴールドマン・サックスの社長兼最高執行責任者(COO)を務めるジョン・ウォルドロン氏は26日、投資会社アルケゴス・キャピタル・マネジメントを巡る巨額損失問題に関連し、マージンローン(証券担保融資)に注意を払っていると表明した。

金融業界の気候変動対策支援へ、国連・米が新たな枠組み公表

国連のカーニー気候変動問題担当特使と米政権で同問題を担当するケリー大統領特使は21日、温室効果ガスの排出量をネット(実質)ゼロにする世界の取り組みで、金融業界の行動を支援する新たな枠組みを発表した。

NY市場サマリー(16日)ダウ・S&P最高値、利回りやや上昇

<為替> ドルが4週間ぶり安値に下落した。前日の米国債利回り低下の影響が続いたほか、米連邦準備理事会(FRB)が緩和姿勢を継続するという見方が市場で強まった。

米ダウ・S&P最高値更新、底堅い指標や企業決算で

16日の米国株式市場は上昇し、ダウ工業株30種とS&P総合500種指数が終値で最高値を更新した。底堅い経済指標や企業決算が買い材料になった。

モルガンS、アルケゴス問題で10億ドルの損失 第1四半期は増益

米金融大手モルガン・スタンレー(モルガンS)は16日、米投資会社アルケゴス・キャピタル・マネジメントを巡る巨額損失問題に絡み、約10億ドルの損失を計上したと明らかにした。

モルガンS、アルケゴス問題で10億ドルの損失 第1四半期は増益

米金融大手モルガン・スタンレー(モルガンS)は16日、米投資会社アルケゴス・キャピタル・マネジメントを巡る巨額損失問題に絡み、約10億ドルの損失を計上したと明らかにした。

JPモルガン、第1四半期利益が5倍増 引当金の戻入れで

米金融大手JPモルガン・チェースが14日に発表した第1・四半期決算(3月31日まで)は、新型コロナウイルス禍に伴い計上していた貸倒引当金を戻し入れたことで、利益が5倍に拡大した。

大手行などの決算に注目、一段の上昇模索へ=今週の米株式市場

米国株式市場では主要株価指数が最高値圏にある中、一段の上昇を支援する材料として企業決算が注目されている。

米上院銀行委員長、アルケゴス問題で野村HDなどに説明要請

米上院銀行委員会のシェロッド・ブラウン委員長が、米投資会社アルケゴス・キャピタル・マネジメントを巡る巨額損失問題に関連し、クレディ・スイスと野村ホールディングスを含む大手金融機関に説明を求める書簡を送ったことが分かった。

モルガンS、他行の前日にアルケゴス株50億ドル売却 =CNBC

米モルガン・スタンレーが投資会社アルケゴス・キャピタル・マネジメントの保有株およそ50億ドル相当を、他の金融機関が投げ売りに動く前日の3月25日夜に売却していたと、CNBCが6日、関係筋の話として報じた。

米モルガンS、FRBの容認得られれば増配の方針=書簡

米金融大手モルガン・スタンレーは、連邦準備理事会(FRB)が制限を解除すれば配当を増やす方針だ。ゴーマン最高経営責任者(CEO)が1日に株主に宛てた書簡で明らかにした。

米国債取引の不正操作疑惑、大手銀行側が勝訴

米国債市場で大手銀行10行が共謀して競争を抑制していたとされる不正操作疑惑訴訟で、米連邦地裁は31日、原告側の訴えを棄却した。国債を取引していた年金基金のほか、組合や銀行、個人・法人など21の原告が反トラスト法(独占禁止法)に基づき、2015年7月に集団訴訟を起こしていた。

アングル:巨額損懸念の野村HD、問われるリスク管理 海外戦略に影響も

野村ホールディングスは昨年4月に就任した奥田健太郎グループCEO(最高経営責任者)のもと、海外事業の拡大に力を入れてきた。そこへ突如浮上した巨額損失の恐れ。アナリストや関係者からは、リスク管理体制の強化とともに、積極的に進めてきた米国戦略の見直しを迫られる可能性を指摘する声が出ている。

コラム:アーケゴス問題、ヘッジファンド規制強化待ったなしか

ヘッジファンド業界が、米規制当局から3つ目の「ストライク」を取られた。米投資会社アーケゴス・キャピタル・マネジメントが先週、米メディア大手バイアコムなどの株式に対しレバレッジを利かせて構築していたポジションを巡って、追加証拠金支払いに応じられず、強制的な巻き戻しを発動。複数の取引銀行が関連銘柄を一斉に売却する引き金になった。こうした追加証拠金の差し入れ不履行は、従来の金融危機のようなシステム全体を揺るがすほどの問題ではないが、最近市場で起きた多くの大混乱の1つには数えられる。規制当局は「バッターアウト」を宣告し、規制強化を進める態勢が整...

アングル:アーケゴス問題、全容把握に不安残る 規制当局も注視

元ヘッジファンドマネジャー、ビル・フアン氏が設立したファミリーオフィス、アーケゴス・キャピタル・マネジメントの問題を巡り、市場では、問題の全容をまだ把握できていないのではないかとの不安がくすぶっている。

野村とCSが多額損失の可能性、アーケゴスがデフォルトと関係筋

クレディ・スイスと野村ホールディングスが多額の損失に直面する可能性を警告した。関係筋によると米ヘッジファンドのアーケゴス・キャピタル・マネジメントが、マージンコールに対してデフォルトを起こした。

モルガンSがビットコイン運用ファンド、大手米銀で初=CNBC

モルガン・スタンレーは、大手米銀で初めて富裕層の顧客向けに暗号資産(仮想通貨)ビットコインで資金運用するファンドを提供する。CNBCテレビが17日、事情に詳しい関係者の話として伝えた。

米モルガン・スタンレー、ビットコイン投資を検討=報道

米金融大手モルガン・スタンレーの投資部門が暗号資産(仮想通貨)ビットコインを運用先の候補に加える可能性を検討していると、ブルームバーグが関係筋の話として13日報じた。

コラム:野村の業績回復、取り残されるのは株主か

野村ホールディングスは動きの鈍さを指摘されてきたが、むしろ同社株を低く評価したままの株主側が「のろま」という評判を受け継ぐ番に回るかもしれない。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up