for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

モルガン・スタンレー

MS.N

現在値

55.48USD

変化

-2.04(-3.54%)

出来高

2,523,497

本日のレンジ

55.34

 - 

56.47

52週レンジ

38.76

 - 

57.56

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
57.51
始値
55.96
出来高
2,523,497
3か月平均出来高
187.35
高値
56.47
安値
55.34
52週高値
57.56
52週安値
38.76
発行済株式数
1,618.60
時価総額
93,085.56
予想PER
10.83
配当利回り
2.43

次のエベント

Dividend For MS.N - 0.3500 USD

適時開示

その他

Morgan Stanley, As Part Of 2-Year Objectives, Sees WM Pre-Tax Margin Of 28% to 30% - Presentation

Morgan Stanley Reports Q4 Adjusted EPS Of $1.20

Altice Europe Says Its Subsidiary MEO Signed Agreement With Morgan Stanley Infrastructure Partners

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

モルガン・スタンレーとは

モルガン・スタンレー(Morgan Stanley)は金融持株会社である。【事業内容】同社のセグメントには、機関投資証券、ウェルスマネジメントおよび投資運用が含まれる。機関投資家証券事業は企業、政府、金融機関および超富裕層顧客に対して、投資銀行業務、販売および取引、その他のサービスを提供する。ウェルス・マネジメント事業は個人投資家および中堅・中小企業に証券仲介および投資顧問サービス、債券市場における証券化、財務およびウェルス・プランニング・サービス、年金制度 保険商品、与信およびその他の貸出商品、銀行業務および退職給付サービスを提供する。投資運用事業は投資戦略及び商品を提供する。

業種

Investment Services

連絡先

1585 Broadway

+1.212.7614000

https://www.morganstanley.com/

エグゼクティブリーダーシップ

James P. Gorman

Chairman of the Board, Chief Executive Officer

Jonathan M. Pruzan

Chief Financial Officer, Executive Vice President

Jeffrey S. Brodsky

Chief Human Resource Officer, Executive Vice President

Keishi Hotsuki

Executive Vice President, Chief Risk Officer

Eric Fredric Grossman

Executive Vice President, Chief Legal Officer

統計

2.15 mean rating - 26 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2017

37.9K

2018

40.1K

2019

41.4K

2020(E)

41.4K
EPS (USD)

2017

3.600

2018

4.730

2019

5.190

2020(E)

5.311
株価売上高倍率(過去12カ月)
11.09
株価売上高倍率(過去12カ月)
1.73
株価純資産倍率(四半期)
--
株価キャッシュフロー倍率
10.90
総負債/総資本(四半期)
--
長期負債/資本(四半期)
--
投資利益率(過去12カ月)
--
自己資本利益率(過去12カ月)
--

最新ニュース

最新ニュース

焦点:欧州企業に増益転換の兆し、市場の期待を越えられるか

欧州企業は昨年第4・四半期、それまで9カ月続いてきた減益基調をようやく反転させた公算が大きい。IBESリフィニティブがまとめた第4・四半期のSTOXX欧州600指数銘柄の予想利益は2.5%の増加となった。ただし株価が跳ね上がり、今年の利益見通しは既に高水準となっているため、決算発表を受けて投資家が失望する事態も起こりやすい。

日経平均は続伸、昨年来高値更新 米株高と円安を好感

東京株式市場で日経平均は続伸、12月17日の昨年来高値2万4091円12銭を更新した。前日の米国株高や、ドル/円が昨年5月以来となる円安水準となったことが好感された。東証1部売買代金は節目の2兆円割れを回避したが、引き続き薄商いも意識されている。

〔マーケットアイ〕株式:マザーズは4日続落、決算銘柄を物色 小型株に利益確定売り

<15:25> マザーズは4日続落、決算銘柄を 物色 小型株に利益確定売り 新興株市場はまちまち。日経ジャスダック平均は反発、東証マザーズ指数は4日続落 となった。「今週決算を発表した銘柄の物色が中心。ただ、きのう小型株が物色された反 動もあり、利益確定売りも目立っていた」(あかつき証券・投資情報部部長の藤井知明氏 )との声が出ていた。 ジャスダック市場では、大和コンピューター 、ナガオカ 、小倉クラ ッチ が上昇。ワークマン 、日本パレットプール 、テクノホライ ゾン・ホールディングス は下落した。 マザーズ市場では、ログリー 、マネーフォワード...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、「鬼より怖い一文新値」を警戒

<15:15> 日経平均・日足は「小陰線」、「鬼より怖い一文新値」を警戒 日経平均・日足は短いヒゲを伴う寄り付きがほぼ「坊主」となる「小陰線」。上値の 目安だった12月17日の昨年来高値2万4091円12銭を更新したものの、更新値幅 はわずか24円82銭にとどまり、弱い日足を引いたことが不安を感じさせる。仮に、翌 日反落した場合、相場格言にある「鬼より怖い一文新値」に準じるとともに、ダブルトッ プ天井のパターンを警戒しなければならざるを得なくなりそうだ。 ただ、強い基調であることは疑いがなく、高値更新後の伸び悩みは、定石通りの一服 と解釈...

前場の日経平均は続伸、円安好感され昨年来高値を更新

前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比117円03銭高の2万4050円16銭となり、続伸。上値の目安だった12月17日の昨年来高値2万4091円12銭を更新した。ドル/円が昨年5月以来となる円安水準となったことが好感され、輸出関連株を中心に幅広く買われている。立ち会い中時間中に発表された中国GDPが予想通りだったことも安心感を誘ったが、週末とあって上値を積極的に追う動きとはなっていない。

モルガンS、第4四半期利益が予想上回る 経営目標引き上げで株価急伸

米金融大手モルガン・スタンレー<MS.N>が16日発表した2019年第4・四半期決算は増収増益となり、利益が市場予想を大幅に上回った。同社はまた、効率性の指標や株主資本利益率(ROE)などの経営目標を引き上げた。

ホットストック:メガバンクが堅調、モルガン・スタンレー好決算から連想買い

三菱UFJフィナンシャル・グループ、三井住友フィナンシャルグループ、みずほフィナンシャルグループなどメガバンク株がしっかり。米国モルガン・スタンレーの2019年第4・四半期の利益が予想を上回ったことから連想買いを誘ったほか、筑邦銀行とSBIホールディングスの資本業務提携報道も刺激材料になった。

今日の株式見通し=堅調な展開、日経平均は昨年来高値トライも

きょうの東京株式市場で日経平均株価は、堅調な展開が想定されている。前日の米国株式市場がしっかりとなったほか、為替相場も円安傾向にあることが好感されそうだ。上値の目安である12月17日の昨年来高値2万4091円12銭にトライする可能性もある。材料としては本日発表される中国GDPが注目されそうだ。

NY市場サマリー(16日)

昨年12月の小売売上高は前月比0.3%増で市場予想と一致。3カ月連続で増加した。また1月のフィラデルフィア連銀業況指数も17.0に上昇し、8カ月ぶりの高水準を付けた。[nL4N29L3K4][nL4N29L3WV]

米国株市場は主要指数最高値、S&P初の3300台 IT株が高い

米国株式市場はS&P総合500種<.SPX>が初めて3300台に乗せたほか、他の主要株価指数も最高値で取引を終えた。情報技術(IT)株の上昇や堅調な小売統計、強い内容となったモルガン・スタンレー<MS.N>の決算に支援された。

UPDATE 1-米金融・債券市場=利回り上昇、堅調な米指標や銀行決算で

(表のレートを更新しました) [ボストン 16日 ロイター] - 30年債(指標銘 17時05分 102*17.00 2.2578% 柄) 前営業日終 102*28.00 2.2420% 値 10年債(指標銘柄 17時05分 99*15.00 1.8091% ) 前営業日終 99*21.00 1.7880% 値 5年債(指標銘柄 17時05分 100*19.00 1.6247% ) 前営業日終 100*22.25 1.6030% 値 2年債(指標銘柄 17時05分 100*03.63 1.5657% ) 前営業日終 100*03.88...

NY市場サマリー(16日)

<為替> ドルが上昇。底堅い米経済指標がドル相場の支えになった。 昨年12月の小売売上高は前月比0.3%増で市場予想と一致。3カ月連続で増加し た。また1月のフィラデルフィア連銀業況指数も17.0に上昇し、8カ月ぶりの高水準 を付けた。 BMOキャピタル・マーケッツ(ニューヨーク)の為替戦略部長、グレッグ・アンダ ーソン氏は「特にフィラデルフィア指数の伸びが好感され、すでに低い景気後退(リセッ ション)確率がさらに後退した」と述べた。 主要6通貨に対するドル指数は0.1%高の97.329。前日の海外市場で は一時97.085と1月8日以来...

米国株式市場=最高値、S&Pが初の3300台 小売統計やモルガンS決算受け

米国株式市場はS&P総合500種 が初めて3300台に乗せたほか、他の主要株価指数も最高値で取引を終えた。堅調な小 売統計や強い内容となったモルガン・スタンレーの決算に支援された。  終値 前日比 % 始値 高値 安値 コード ダウ工業株30種 29297.64 +267.42 +0.92 29131.9 29300. 29131. 5 32 95  前営業日終値 29030.22 ナスダック総合 9357.13 +98.44 +1.06 9313.45 9357.9 9301.3 2 2  前営業日終値 9258.70 S&P総合500...

米金融・債券市場=利回り上昇、堅調な米指標や銀行決算で

米東部時間 価格 利回り コード 30年債(指標 15時18分 102*19.00 2.2550% <US30YT=RR 銘柄) > 前営業日終 102*28.00 2.2420% 値 10年債(指標銘 15時18分 99*16.50 1.8039% <US10YT=RR 柄) > 前営業日終 99*21.00 1.7880% 値 5年債(指標銘 15時18分 100*19.50 1.6214% 柄) 前営業日終 100*22.25 1.6030% 値 2年債(指標銘 15時18分 100*03.63 1.5657% 柄) 前営業日終...

再送-モルガンS、第4四半期は債券取引好調で増収増益 効率性目標上げ

米金融大手モルガン・スタンレーが16日発表した2019年第4・四半期決算は増収増益となった。M&A(企業の合併・買収)助言関連は振るわなかったものの、債券トレーディングや債券・株式の引き受けなどが好調で、大半の部門が増収となった。

情報BOX:中国、証券業への外資出資規制を4月に撤廃 大手外銀の現状

大手投資銀行は4月1日から中国で証券会社に全額出資できるようになる。米中「第1段階」通商合意によって、規制撤廃期限が9カ月早まった。中国政府は2018年に証券会社への外資出資限度を51%に引き上げている。

ゴールドマン、第4四半期は減益 1MDB訴訟関連費積み増しで

米ゴールドマン・サックス・グループ<GS.N>が15日発表した2019年第4・四半期決算は、市場予想を超える大幅な減益となった。マレーシア政府系ファンド「1MDB」の不正問題を巡る和解・訴訟に備えた引当金の積み増しが響いた。

ゴールドマン、第4四半期は減益 1MDB訴訟関連費積み増しで

米ゴールドマン・サックス・グループが15日発表した2019年第4・四半期決算は、市場予想を超える大幅な減益となった。マレーシア政府系ファンド「1MDB」の不正問題を巡る和解・訴訟に備えた引当金の積み増しが響いた。

米大手3行、CEOは慎重ながらも先行きを楽観

米銀大手3行が14日に発表した決算では、貿易戦争、低金利、地政学リスクにもかかわらず、主力事業に大きな落ち込みはみられなかった。経営トップは慎重ながらも今年の成長を楽観している。

モルガン・スタンレー、ベースメタル取引業務を再開=関係筋

関係筋によると、米投資銀行モルガン・スタンレー<MS.N>は、4年前に閉鎖したベースメタルのトレーディング業務を再開している。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up