for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

モルガン・スタンレー

MS.N

現在値

79.86USD

変化

-1.61(-1.98%)

出来高

1,934,461

本日のレンジ

79.05

 - 

80.99

52週レンジ

72.08

 - 

109.72

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
81.47
始値
80.60
出来高
1,934,461
3か月平均出来高
163.38
高値
80.99
安値
79.05
52週高値
109.72
52週安値
72.08
発行済株式数
1,716.83
時価総額
139,869.80
予想PER
11.28
配当利回り
3.81

次のエベント

Morgan Stanley Telecoms CTO Symposium

適時開示

その他

Morgan Stanley Reports 12% Passive Stake In Mondee Holdings As Of July 18 - SEC Filing

Morgan Stanley's Global Co-Head of Institutional Equities David Russell To Retire - Memo

Morgan Stanley CEO Says Bank Expects $500 Mln Of Incremental NII Spread Over Next Two Quarters - Earnings Call

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

モルガン・スタンレーとは

モルガン・スタンレー(Morgan Stanley)はグローバルな金融サービス会社であり、子会社を通じて、多様な投資銀行業務、証券、ウェルスマネジメントおよび投資運用サービスを提供する。【事業内容】セグメントには、機関投資家向け証券、ウェルスマネジメントおよび投資管理が含まれる。機関投資家向け証券セグメントは、企業、政府、金融機関、および富裕層の顧客に投資銀行業務、販売および取引、およびその他のサービスを提供する。証券および投資顧問サービス、金融および資産計画サービス、職場サービス、年金および保険商品、住宅用不動産ローンおよびその他の貸付商品、銀行と退職プランサービスなど、個人投資家および中小規模の企業や機関に金融サービスとソリューションを提供する。投資管理セグメントは、クライアントの多様なグループに多様な投資戦略と製品を提供する。

業種

Investment Services

連絡先

1585 Broadway

NEW YORK, NY

10036-8200

United States

+1.212.7614000

https://www.morganstanley.com/

エグゼクティブリーダーシップ

James P. Gorman

Chairman of the Board, Chief Executive Officer

Edward N. Pick

Co-President, Co-Head - Corporate Strategy

Andrew M. Saperstein

Co-President, Head - Wealth Management

Sharon Yeshaya

Chief Financial Officer, Executive Vice President

Jonathan M. Pruzan

Chief Operating Officer, Executive Vice President

統計

2.11 mean rating - 28 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2019

41.4K

2020

48.2K

2021

59.8K

2022(E)

54.7K
EPS (USD)

2019

5.190

2020

6.460

2021

8.030

2022(E)

6.676
株価売上高倍率(過去12カ月)
11.01
株価売上高倍率(過去12カ月)
2.35
株価純資産倍率(四半期)
1.50
株価キャッシュフロー倍率
8.05
総負債/総資本(四半期)
643.03
長期負債/資本(四半期)
218.49
投資利益率(過去12カ月)
2.63
自己資本利益率(過去12カ月)
1.17

最新ニュース

最新ニュース

米FRB、23年に気候変動シナリオ分析開始 大手6行対象に

[ワシントン 29日 ロイター] - 米連邦準備理事会(FRB)は29日、米銀大手6行が2023年に試験的な気候変動シナリオ分析に参加すると発表した。

米当局が大手金融16社に18億ドル支払い命令

米証券取引委員会(SEC)と米商品先物取引委員会(CFTC)は27日、バークレイズ、バンク・オブ・アメリカ、シティグループ、クレディ・スイス、ゴールドマン・サックス、モルガン・スタンレー、UBSを含む大手金融16社に合計18億ドルの制裁金を科すと発表した。従業員が個人の携帯端末などで業務内容を含むやり取りをしていたことが理由。

米SECが大手金融16社に11億ドル支払い命令、業務通信記録保持怠る

米証券取引委員会(SEC)は27日、バークレイズ、バンク・オブ・アメリカ、シティグループ、クレディ・スイス、ゴールドマン・サックス、モルガン・スタンレー、UBSを含む大手金融16社に合計11億ドルの制裁金支払いを命じる処分を科した。従業員が個人的にやり取りしていた業務に関する通信記録の保持義務を怠ったことが理由だ。

カーニー氏提唱のグラスゴー金融同盟、大手行が脱退示唆=FT

英フィナンシャル・タイムズ紙(FT)は、イングランド銀行前総裁のマーク・カーニー氏が提唱して発足した気候変動問題に取り組む金融機関の連合「グラスゴー金融同盟」(GFANZ)について、一部の大手行が法的リスクを理由に脱退を示唆していると報じた。

モルガンS、SECと3500万ドル支払いで合意 データ保護巡り

[ワシントン 20日 ロイター] - 米モルガン・スタンレーは、顧客の個人情報保護に関する証券取引委員会(SEC)の告発を巡り3500万ドルを支払うことで合意した。SECが20日に発表した。

米銀行の収益費用比率、下期に改善か 上期は悪化

米銀行は世界的な景気悪化による収入減や、人材獲得競争によるコスト高などで上半期に悪化した「収益費用比率」が、下半期には改善に向かうとアナリストは見ている。

米AIG生保・退職事業部門、今年最大の米IPO 16.8億ドル調達

米保険大手アメリカン・インターナショナル・グループ(AIG)の生命保険・退職事業部門コアブリッジ・ファイナンシャルは14日に新規株式公開(IPO)し、ニューヨーク証券取引所に上場した。資金調達規模は16億8000万ドルで、今年の米IPOでは1月のエクイティ企業TPGの11億ドルを抜いて最大となった。

ロシア国債の評価額56.125セント、CDS第一次入札

[ロンドン 12日 ロイター] - デフォルト(債務不履行)したロシア国債のクレジット・デフォルト・スワップ(CDS)清算価格を決める第一次入札が12日実施され、当該国債の評価額は額面1ドルに対し56.125セントと、当初示された「基準仲値」の48.375セントを上回った。

ロシア国債のCDS第一次入札、評価額は56.125セント

[ロンドン 12日 ロイター] - 12日に実施されたロシア国債のクレジット・デフォルト・スワップ(CDS)第一次入札で決定された評価額は額面1ドルに対し56.125セントとなり、当初示された「基準仲値」の48.375セントを上回った。

再送-ロックフェラー、米事業拡大で3―5年後に運用資産2倍に=CEO

米ロックフェラー・キャピタル・マネジメントのグレゴリー・フレミング最高経営責任者(CEO)はロイターのインタビューで、米国で新たな都市圏に富裕層資産運用事業を広げることに集中し、総運用資産を向こう3ー5年で現在の約2倍の約2000億ドルにすることを目指すと語った。「チャンスはなお大きい」と述べた。

アングル:欧米銀、進まぬ出社再開 魅力向上にあの手この手

欧米の金融機関では、コロナ禍で在宅勤務が当たり前になった従業員に出社を促している。だが、通勤の負担などが足かせとなり、職場復帰は遅れぎみだ。打開策として金融機関は無料で食事を提供したり、卓球台や「瞑想的な空間」を備えたりと、オフィスの魅力向上に躍起となっている。

米ジェフリーズ、社員にオフィス復帰要請 CEOが書簡

米ジェフリーズ・ファイナンシャル・グループのリチャード・ハンドラー最高経営責任者(CEO)は1日、同社は第4・四半期に最大限の業績を上げるため、従業員を「さみしく家に閉じ込めておく」のではなく、オフィスで共に働かせたいとの方針を示した。

米ゴールドマン、コロナ禍の指針解除 未接種でも出社可に=メモ

[ニューヨーク 30日 ロイター] - 米ゴールドマン・サックスが新型コロナウイルス禍に導入した出社に関する指針を9月6日付で解除することが分かった。ロイターが社内メモを確認した。

モルガンS、ブロック取引部門の監督に弁護士起用=FT

英紙フィナンシャル・タイムズ(FT)によると、米金融大手モルガン・スタンレーはブロックトレード(大口取引)を巡る連邦当局の調査対象となった部門を監督するため社内弁護士を起用した。

韓国、金融機関の株式空売りを調査 モルガンSから開始

[ソウル 30日 ロイター] - 韓国の金融規制当局が、株式の空売りに対する監視強化の一環として大手証券会社や外資系金融機関の支店による空売りの調査を開始した。金融監督院(FSS)当局者が30日に明らかにした。

アングル:世界で深刻化する水不足、「勝ち組」企業選び活発化

世界的に干ばつ被害と水不足が深刻化している。こうした中で投資家が活発に進めているのは、事態解決につながりそうな事業に関係する企業のうち「勝ち組」を選び取ろうとする作業だ。同時に、水資源を浪費する企業にはより厳しい目を向けつつある。

訂正-物言う投資家の標的企業助言業務、22年上期はゴールドマンが首位

[ボストン 23日 ロイター] - リフィニティブが23日公表したデータによると、2022年上期にアクティビスト(物言う投資家)の標的となった企業の金融アドバイザーランキングで、米ゴールドマン・サックスが首位となった。ゴールドマンは前年同期のランキングでもトップだった。

大手商社・銀行、ロシア出資の印製油所との取引解消=関係筋

[ニューデリー 24日 ロイター] - 多くの国際石油トレーダーや銀行がロシアのウクライナ侵攻を巡る西側諸国の制裁を懸念し、ロシア国営石油会社ロスネフチが出資するインドの精製業者ナヤラ・エナジーとの取引を停止している。関係者2人がロイターに語った。

GSとモルガンS、投資家提起のアルケゴス関連訴訟で棄却請求

[ニューヨーク 15日 ロイター] - ゴールドマン・サックス・グループ とモルガン・スタンレー は、米投資会社アルケゴス・キャピタル・マネジメントが2021年3月に破綻する前に両社が行った「インサイダー」取引で被害を受けたとする投資家が起こした7件の訴訟について、米連邦地方裁判所に棄却するよう請求した。

NY市場サマリー(10日)ドル下落、株急伸 利回り下げから切り返す

<為替> ドルが広範な通貨に対し下落した。インフレが予想よりも鎮静化したことを受け、連邦準備理事会(FRB)は予想ほど積極的な利上げを行わないとの見方が台頭した。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up