for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

モルガン・スタンレー

MS.N

前日終値

49.03USD

変化

0.04(+0.08%)

出来高

1,270,393

本日のレンジ

48.56

 - 

49.08

52週レンジ

36.75

 - 

49.89

∙ 約15分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
48.99
始値
48.82
出来高
1,270,393
3か月平均出来高
207.62
高値
49.08
安値
48.56
52週高値
49.89
52週安値
36.75
発行済株式数
1,618.60
時価総額
79,295.11
予想PER
9.86
配当利回り
2.86

次のエベント

Symrise AG at Morgan Stanley Roadshow - Los Angeles, San Fransisco, Denver

適時開示

その他

Alibaba Says Believes Future Of Hong Kong Remains Bright

The Members Exchange Files Form 1 Application And Exhibits - U.S. SEC

Morgan Stanley Reports Passive Stake Of 6.6% In DataDog As Of Oct 15, 2019

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

モルガン・スタンレーとは

モルガン・スタンレー(Morgan Stanley)は金融持株会社である。【事業内容】同社のセグメントには、機関投資証券、ウェルスマネジメントおよび投資運用が含まれる。機関投資家証券事業は企業、政府、金融機関および超富裕層顧客に対して、投資銀行業務、販売および取引、その他のサービスを提供する。ウェルス・マネジメント事業は個人投資家および中堅・中小企業に証券仲介および投資顧問サービス、債券市場における証券化、財務およびウェルス・プランニング・サービス、年金制度 保険商品、与信およびその他の貸出商品、銀行業務および退職給付サービスを提供する。投資運用事業は投資戦略及び商品を提供する。

業種

Investment Services

連絡先

1585 Broadway

+1.212.7614000

https://www.morganstanley.com/

エグゼクティブリーダーシップ

James P. Gorman

Chairman of the Board, Chief Executive Officer

Jonathan M. Pruzan

Chief Financial Officer, Executive Vice President

Jeffrey S. Brodsky

Chief Human Resource Officer, Executive Vice President

Keishi Hotsuki

Executive Vice President, Chief Risk Officer

Eric Fredric Grossman

Executive Vice President, Chief Legal Officer

統計

1.96 mean rating - 24 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2016

34.6K

2017

37.9K

2018

40.1K

2019(E)

40.2K
EPS (USD)

2016

2.920

2017

3.600

2018

4.730

2019(E)

4.970
株価売上高倍率(過去12カ月)
10.46
株価売上高倍率(過去12カ月)
1.52
株価純資産倍率(四半期)
1.08
株価キャッシュフロー倍率
7.63
総負債/総資本(四半期)
526.64
長期負債/資本(四半期)
235.07
投資利益率(過去12カ月)
1.90
自己資本利益率(過去12カ月)
0.96

最新ニュース

最新ニュース

金融機関、株式の投資判断引き上げ 新興国株など選好

主要な銀行やファンドマネージャーが世界の株式の投資判断を引き上げている。米中貿易摩擦が和らぐ兆しがある中で、新興国株が特に選好されている。

アリババ、香港IPO手続き開始 26日上場へ 134億ドル調達予定

中国の電子商取引大手アリババ・グループ<BABA.N>は13日、香港市場への株式上場手続きを開始した。このIPO(新規株式公開)で134億ドルの調達を目指す。

アリババ、香港IPOを14日にも開始 134億ドル調達=関係筋

中国の電子商取引大手アリババ・グループは、早ければ14日にも香港市場への株式上場を開始する。このIPO(新規株式公開)で134億ドルを調達する見込み。2人の関係筋が明らかにした。

サウジアラムコのIPO延期、背景に中核投資家の確保=関係筋

による新規株式公開(IPO)の延期を巡って、中核(コーナーストーン)投資家の確保にさらに時間がかかるとの判断が影響していたことが複数の関係筋の証言で明らかとなった。

米株上昇、好調な企業決算などで市場心理好転

米国株式市場は、好調な企業決算を受け市場心理が好転し、主要3指数はそれぞれ小幅に上昇して終了した。地政学的要因も貢献した。

モルガンS、第3四半期利益が予想上回る 債券取引など好調

米金融大手モルガン・スタンレー<MS.N>が17日発表した第3・四半期(9月30日まで)決算は、新規株式公開(IPO)市場への投資で損失を出したものの、債券トレーディング業務とM&A(合併・買収)アドバイザリー業務が好調だったことで利益が予想を上回った。

ゴールドマン、第3四半期は減益で予想下回る 投資銀行部門低調

米金融大手ゴールドマン・サックス・グループ<GS.N>が15日発表した第3・四半期決算は、利益が市場予想を下回った。世界経済成長を巡る懸念からM&A(合併・買収)案件などが低調だったほか、新規株式公開(IPO)計画を撤回した共用オフィス「ウィーワーク」を運営するウィーカンパニーへの投資などでつまづいたことが業績を圧迫した。

米エアビー上場計画、主幹事はモルガンSとゴールドマン濃厚=関係筋

米民泊仲介大手エアビーアンドビーが来年計画する株式上場で、米モルガン・スタンレー<MS.N>と米ゴールドマン・サックス<GS.N>が助言業務を担う主幹事に選ばれる見通しとなった。事情に詳しい関係筋が2日、明らかにした。

米ウィーワークのIPO撤回、重大な転換点を示唆=モルガンS

モルガン・スタンレーの株式ストラテジスト、マイケル・ウィルソン氏は9月29日付のリポートで、 共用オフィス「ウィーワーク」を運営する米ウィーカンパニーによる新規株式公開(IPO)撤回は「不採算企業に脈々と資本が投入される時代」の終息を告げる重大な転換点と指摘した。

米モルガンSとバンカメ、従業員報酬管理サービスを拡大

米金融大手モルガン・スタンレー<MS.N>とバンク・オブ・アメリカ<BAC.N>は企業のために従業員報酬を管理するサービスを拡大させている。国内の富裕層向けサービスで二強の両社は、報酬管理事業がより若い世代や中間所得層と関係を構築する機会になると期待している。

サウジアラムコ、IPO主幹事にJPモルガンなど9行選定=関係筋

サウジアラビア国営石油会社サウジアラムコは、計画している新規株式公開(IPO)の主幹事に米JPモルガン・チェースなど9つの金融機関を選定した。関係筋が11日、ロイターに明らかにした。

アラムコ、国内市場に段階的に上場 年内にまず1%=関係筋

サウジアラビア国営石油会社サウジアラムコがリヤドにあるサウジアラビア証券取引所(タダウル)への株式上場を段階的に進めることが複数の関係筋の話で明らかになった。年内に1%の株式、来年にさらに1%を上場するとしている。

サウジアラムコIPO、JPモルガンなどが主幹事獲得へ=関係筋

関係筋によると、サウジアラビア国営石油会社サウジアラムコが計画している新規株式公開(IPO)では、JPモルガン<JPM.N>、モルガン・スタンレー<MS.N>、ナショナル・コマーシャル・バンク<1180.SE>が主幹事に選ばれる見通し。

JPモルガン、サウジアラムコIPOの主幹事獲得へ=関係筋

米銀大手JPモルガン・チェースがサウジアラビア国営石油会社サウジアラムコの新規株式公開(IPO)の主幹事に選ばれる見通しだと関係筋が8日、明らかにした。今週中に最終決定が下される可能性が高いという。

主要投資銀行、上半期収入は13年ぶり低水準=コアリション

業界分析会社コアリションが5日発表した最新データによると、世界の主要投資銀行の今年1─6月収入総額は前年同期比11%減の768億ドルと、上半期としては2006年以来13年ぶりの低水準となった。

19年の原油価格見通しを下方修正、需要低迷などで=米モルガン

米金融大手モルガン・スタンレーは27日付のリポートで、2019年の原油価格見通しを下方修正した。経済見通しが軟調なことや需要低迷、シェールオイル増産で、石油市場の下支えを目指す石油輸出国機構(OPEC)の協調減産の取り組みが相殺される可能性があるという。

コラム:米大手行の時価総額が急減、景気後退サインか

米大手銀5行はこの3週間だけで、合計約1250億ドルもの時価総額を失った。今や5行のうち、株価純資産倍率(PBR)が1倍を上回っているのはJPモルガン<JPM.N>だけだ。これを歴史的に考えれば、投資家が景気後退(リセッション)がやってくると考え、そちらの方向にいち早く賭けたことを意味する。しかし直近の金融危機で得られた経験に基づくと、そうしたメッセージが正確とは言えなくなる。

米FRB、9月と10月に相次ぎ利下げの公算=モルガンS

米モルガン・スタンレー<MS.N>のアナリストは、米連邦準備理事会(FRB)が9月と10月に利下げするとの見方を示した。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも15分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up