for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

モルガン・スタンレー

MS.N

現在値

98.21USD

変化

-0.65(-0.66%)

出来高

2,151,309

本日のレンジ

96.86

 - 

100.85

52週レンジ

61.86

 - 

105.94

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
98.86
始値
100.04
出来高
2,151,309
3か月平均出来高
184.88
高値
100.85
安値
96.86
52週高値
105.94
52週安値
61.86
発行済株式数
1,794.41
時価総額
176,229.20
予想PER
12.52
配当利回り
2.85

次のエベント

Morgan Stanley Space Summit

適時開示

その他

Morgan Stanley's Long Position In Joinn Laboratories Falls To 4.86% - HKEX Filing

Morgan Stanley's Long Position In Joinn Laboratories Falls To 4.91% - HKEX Filing

India's Delhivery Files For IPO Of Up To 74.6 Bln Rupees

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

モルガン・スタンレーとは

モルガン・スタンレー(Morgan Stanley)は金融サービスを提供する。【事業内容】子会社を通じて、企業、政府、金融機関、個人などの顧客グループにさまざまな商品やサービスを提供する。セグメントには、機関投資家向け証券事業、資産運用事業、投資運用事業がある。機関投資家向け証券事業では、企業、政府機関、金融機関、富裕層の顧客に対して、投資銀行業務、セールス&トレーディング、その他のサービスを提供する。資産運用事業は、個人投資家や中小企業・機関投資家向けに、ブローカレッジ・投資顧問サービス、ファイナンシャル・ウェルスプランニングサービス、ワークプレイスサービス、年金・保険商品、住宅用不動産ローンなどの融資商品、銀行業務、退職年金サービスなどの金融サービスやソリューションを提供する。投資運用事業では、さまざまな投資戦略や商品を提供する。

業種

Investment Services

連絡先

1585 Broadway

NEW YORK, NY

10036-8200

United States

+1.212.7614000

https://www.morganstanley.com/

エグゼクティブリーダーシップ

James P. Gorman

Chairman of the Board, Chief Executive Officer

Edward N. Pick

Co-President

Andrew M. Saperstein

Co-President

Sharon Yeshaya

Chief Financial Officer

Jonathan M. Pruzan

Chief Operating Officer

統計

2.11 mean rating - 28 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2018

40.1K

2019

41.4K

2020

48.2K

2021(E)

59.6K
EPS (USD)

2018

4.730

2019

5.190

2020

6.460

2021(E)

7.844
株価売上高倍率(過去12カ月)
12.54
株価売上高倍率(過去12カ月)
2.92
株価純資産倍率(四半期)
1.80
株価キャッシュフロー倍率
9.41
総負債/総資本(四半期)
596.70
長期負債/資本(四半期)
212.40
投資利益率(過去12カ月)
2.94
自己資本利益率(過去12カ月)
1.38

最新ニュース

最新ニュース

米大手銀、オフィス復帰計画に変更なし オミクロン株動向を注視

新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」を巡る危機感が高まる中、米大手金融機関は、現時点では状況を注視しながらも従業員のオフィス復帰を進める計画を変更していないことが分かった。

UBS、新会長にモルガンS元社長のケレハー氏

スイスのUBSは20日、次期会長にモルガン・スタンレー元社長のコルム・ケレハー氏を起用すると発表した。来年4月で退任するアクセル・ウェーバー会長の後任となる。

情報BOX:米金融大手のドル・10年債利回り予想、22年末は110-120円

米大手金融機関は16日までに2022年末時点のユーロ/ドルとドル/円の為替レート、米10年物国債利回り予想を明らかにした。要点は以下の通り。

新規上場の米新興EVリビアン、時価総額が一時1000億ドル突破

米アマゾン・ドット・コムが出資する新興電気自動車(EV)メーカーの米リビアン・オートモーティブが10日、ナスダック市場に新規上場した。株価は一時53%上昇し、時価総額は1000億ドルを突破した。

BofA、中国で証券部門設立へ 来年初に申請計画=報道

バンク・オブ・アメリカ(BofA)は、中国での証券部門設立に向け当局への承認申請を計画している。ブルームバーグが関係者の話として1日に報じた。

コラム:米ゴールドマン、コロナ禍の「棚ぼた」利益で強まる風当たり

ゴールドマン・サックスは第3・四半期、ウォール街の王座を勝ち取った。初めての事態であるわけはなく、驚きもしない。M&A(合併・買収)が急増すれば、金融業界の「ドン」が勝つのは当然の成り行きだ。しかし、大きな構図として眺めると様相は変わってくる。コロナ禍中の過去数カ月間、投資銀行業界には利益が降って湧いた。正々堂々と得た利益ではあるが、それでも業界の負い目となる可能性がある。

ゴールドマン、第3四半期は66%増益 活発なM&Aが寄与

米ゴールドマン・サックスが15日に発表した第3・四半期(9月30日まで)決算は利益が66%増加し、市場予想を大幅に上回った。活況なM&A(企業の合併・買収)が寄与した。

ゴールドマン、第3四半期は66%増益 活発なM&Aが寄与

米ゴールドマン・サックスが15日に発表した第3・四半期(9月30日まで)決算は利益が66%増加し、市場予想を大幅に上回った。活況なM&A(企業の合併・買収)が寄与した。

日経平均は大幅続伸、米株高好感し2万9000円回復

東京株式市場で日経平均は大幅に続伸し、2万9000円を回復した。前日の米国株式市場が大幅上昇したことを好感して幅広く物色された。為替市場でドル/円が114円をつけたことで戻り相場に弾みがつき、大台の回復につながった。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は堅調持続、心理的な目安の2万9000円に急接近

<13:05> 日経平均は堅調持続、心理的な目安の2万9000円に急接近 日経平均は堅調を持続している。心理的な戻りの目安として意識される2万9000 円まで、あと1円に迫る急接近となった。市場では「テクニカル面で底打ち感が生じてお り、買い戻しが活発化している。ただ、週末なので新たなポジションが取りにくく、さら なる上値追いは難しそうだ」(国内証券)との声が聞かれる。 <11:45> 前場の日経平均は続伸、米株大幅上昇を好感 戻り相場に弾み 前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比369円21銭高の2万8920円1 4銭となり、続伸...

午前の日経平均は続伸、米株大幅上昇を好感 戻り相場に弾み

15日午前の東京株式市場で、日経平均は前営業日比369円21銭高の2万8920円14銭と続伸した。前日の米国株式市場が大幅上昇したことを好感、幅広く物色され戻り相場に弾みを加えている。きょうの上昇によりテクニカル面で底打ちを確認したとみる関係者も多い。

米銀大手4行、第3四半期利益が予想超え 景気回復やM&Aブームで

今週発表された米銀主要4行の第3・四半期決算は前期に続き好調な内容となった。新型コロナウイルス禍で積み上げた貸倒引当金の戻し入れのほか、M&A(合併・買収)ブーム、株式の引受業務およびトレーディングの収入増が利益を押し上げた。

今日の株式見通し=続伸、米株高を好感 個別では決算銘柄に注目

きょうの東京株式市場で日経平均株価は、続伸が想定されている。前日の米国株式市場で主要3株価指数が1.5%超高と底堅く推移した流れを引き継ぐ展開となりそうだ。ただ、週末であるため、買い一巡後は次第に様子見ムードが強くなるとみられている。個別では、前日に企業決算を発表した小売業などの株価の反応が注目されている。

NY市場サマリー(14日)国債利回り低下、S&P大幅上昇

<為替> 不安定な展開となる中、ドルが小幅下落。米連邦準備理事会(FRB)が11月に量的緩和の縮小(テーパリング)を開始することがほぼ確実視される中、市場の焦点は利上げ開始時期にシフトしている。リスク選好の回復によって、安全通貨としてのドルへの投資妙味が薄まった可能性も指摘された。

再送米国株式市場=S&P3月以来の大幅上昇、好決算や指標受け

米国株式市場では、S&P総合500種が3月上旬以来の大幅な上昇率となった。好決算を発表した金融大手モルガン・スタンレー(モルガンS)や医療保険大手ユナイテッドヘルス・グループなどが買われたほか、この日発表された経済指標を受け利上げ見通しを巡る懸念が後退した。

米国株式市場=急上昇、好決算銘柄に買い 経済指標受けインフレ懸念緩和

米国株式市場は、好決算 を発表した金融大手モルガン・スタンレー(モルガンS)や医療 保険大手ユナイテッドヘルス・グループなどが買われ、主要3 指数は1%を超えて上昇した。経済指標でインフレ高進懸念が緩和され たことも支援要因になった。 マイクロソフトやアップルなどのハイテク株に買 いが入ったことがS&P総合500種の大きな押し上げ要因になった。  終値 前日比 % 始値 高値 安値 コード ダウ工業株30種 34912.56 +534.75 +1.56 34443.2 34923.8 34443.2 2 3 2  前営業日終値 34377.81...

モルガンS、第3四半期予想上回る 投資銀行業務など好調

米金融大手モルガン・スタンレー(モルガンS)が14日に発表した第3・四半期(9月30日まで)決算は、投資銀行業務とM&A(合併・買収)助言業務の収入が過去過去最高となったことで、予想を上回る好決算になった。

米Wファーゴ、第3四半期は60%増益 貸倒引当金戻し入れなど貢献

米金融大手ウェルズ・ファーゴ(Wファーゴ)が14日に発表した第3・四半期(9月30日まで)決算は約60%の増益となった。貸倒引当金の戻し入れと経費削減が貢献した。

米シティ、第3四半期は48%増益 貸倒引当金戻し入れが寄与

米金融大手シティグループが14日に発表した第3・四半期利益(9月30日まで)は利益が48%増加し、予想を上回った。貸倒引当金の戻し入れに加え、株式引受業務と投資銀行助言業務の手数料収入が増加したことが追い風となった。

JPモルガン、第3四半期24%増益 引当金戻し入れなどが追い風

米金融大手JPモルガン・チェースが13日に発表した第3・四半期(9月30日まで)決算は、利益が前年同期比24%増と、予想を超える伸びとなった。トレーディング事業は低調だったものの、景気回復を受けた貸倒引当金の戻し入れに加え、世界的なディールメーキングの活況を反映し手数料収入が伸びたことが追い風になった。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up