for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

モルガン・スタンレー

MS.N

現在値

97.33USD

変化

1.37(+1.43%)

出来高

3,278,277

本日のレンジ

95.77

 - 

97.37

52週レンジ

72.08

 - 

109.72

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
95.96
始値
96.31
出来高
3,278,277
3か月平均出来高
146.19
高値
97.37
安値
95.77
52週高値
109.72
52週安値
72.08
発行済株式数
1,675.00
時価総額
160,733.00
予想PER
13.20
配当利回り
3.23

次のエベント

Morgan Stanley European MedTech & Services Conference

適時開示

その他

Morgan Stanley Hits Bankers With $1Mn Penalties For Messaging Breaches - FT

Fifth Third Bancorp - On January 20, Co Entered Into New Share Repurchase Agreement With Morgan Stanley & Co. LLC

Morgan Stanley Compensation Committee Set Gorman's Total Compensation For 2022 At $31.5 Mln

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

モルガン・スタンレーとは

モルガン・スタンレー(Morgan Stanley)はグローバルな金融サービス会社であり、子会社を通じて、多様な投資銀行業務、証券、ウェルスマネジメントおよび投資運用サービスを提供する。【事業内容】セグメントには、機関投資家向け証券、ウェルスマネジメントおよび投資管理が含まれる。機関投資家向け証券セグメントは、企業、政府、金融機関、および富裕層の顧客に投資銀行業務、販売および取引、およびその他のサービスを提供する。証券および投資顧問サービス、金融および資産計画サービス、職場サービス、年金および保険商品、住宅用不動産ローンおよびその他の貸付商品、銀行と退職プランサービスなど、個人投資家および中小規模の企業や機関に金融サービスとソリューションを提供する。投資管理セグメントは、クライアントの多様なグループに多様な投資戦略と製品を提供する。

業種

Investment Services

連絡先

1585 Broadway

NEW YORK, NY

10036-8200

United States

+1.212.7614000

https://www.morganstanley.com/

エグゼクティブリーダーシップ

James P. Gorman

Chairman of the Board, Chief Executive Officer

Edward N. Pick

Co-President, Co-Head - Corporate Strategy

Andrew M. Saperstein

Co-President, Head - Wealth Management

Sharon Yeshaya

Chief Financial Officer, Executive Vice President

Jonathan M. Pruzan

Chief Operating Officer, Executive Vice President

統計

2.37 mean rating - 27 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2020

48.2K

2021

59.8K

2022

53.7K

2023(E)

56.6K
EPS (USD)

2020

6.460

2021

8.030

2022

6.150

2023(E)

7.282
株価売上高倍率(過去12カ月)
15.64
株価売上高倍率(過去12カ月)
2.44
株価純資産倍率(四半期)
--
株価キャッシュフロー倍率
14.18
総負債/総資本(四半期)
--
長期負債/資本(四半期)
--
投資利益率(過去12カ月)
--
自己資本利益率(過去12カ月)
--

最新ニュース

最新ニュース

米ツイッター、マスク氏の買収時の融資に初の利払い 3億ドル

[ニューヨーク 31日 ロイター] - 米ツイッターが米実業家イーロン・マスク氏による買収時に受けた銀行融資について、先週、約3億ドルの利払いを行った。利払い実施はこれが初めて。関係筋2人が明らかにした。

米ツイッター、マスク氏の買収時に生じた負債に初の利払い=報道

[30日 ロイター] - 米ツイッターが米実業家イーロン・マスク氏による買収時に生じた約125億ドルの負債について、初の利払いを行ったことが分かった。ブルームバーグが30日、関係者の話として報じた。

ヘッジファンドの欧州株投資、空売りの買い戻しが中心

米金融大手JPモルガンは27日までの週の顧客向け資料で、ヘッジファンドによる1月の欧州株投資について、強気な買いよりも空売りの買い戻しが中心との見方を示した。ロイターが27日に資料を確認した。

BofA、多様性推進で360人が幹部昇進=関係筋

[26日 ロイター] - 米金融大手バンク・オブ・アメリカ(BofA)は360人の社員をマネジングディレクター(MD)に昇進させた。半数以上が女性と有色人種という。関係筋が26日、ロイターに明らかにした。

モルガンS、対話アプリ不正使用で従業員に最大100万ドルの罰金

[26日 ロイター] - 米金融大手モルガン・スタンレーは、「ワッツアップ」などの対話アプリを業務用に使用したとして複数の従業員に罰金を科した。英紙フィナンシャル・タイムズ(FT)が26日報じた。

投資会社ヒンデンブルグ、印アダニを空売り 不適切な会計処理と主張

空売りで知られる投資会社ヒンデンブルグ・リサーチは25日の調査リポートで、インドの財閥アダニ・グループに対して空売りポジションを取っていると明らかにした。

野村インド法人、株式資本市場トップをICICI証券から引き抜き

野村ホールディングスはインド法人の株式資本市場の責任者に、現地でライバル関係にあるICICI証券から引き抜いたマヘシュ・ナタラジャン氏を充てる。事情に詳しい関係者が24日、ロイターに明らかにした。

エアバスのソーラー型無人機、外部の投資受け入れ検討へ

欧州の航空機大手エアバスは23日、高高度滞空ソーラー型無人機「ゼファー(Zephyr)」について、事業の拡大と商用化の加速に向けて外部からの投資受け入れを検討する方針を示した。

モルガンS、ゴーマンCEOの22年報酬を10%減額 3150万ドル

米金融大手モルガン・スタンレーは20日、ジェームズ・ゴーマン最高経営責任者(CEO)の2022年の報酬を10%減額して3150万ドルとしたことを明らかにした。

ドイツ銀投資銀行部門、今年支給の賞与原資は10%弱減少か=関係者

ドイツ銀行が昨年の実績に応じて支給する賞与の原資は投資銀行部門全体で前年分に比べて10%弱減少する見通しだ。事情に詳しい関係者が明らかにした。

インフレはピーク到達─米モルガンCEO=CNBC

[19日 ロイター] - 米金融大手モルガン・スタンレーのジェームズ・ゴーマン最高経営責任者(CEO)は、インフレは明らかにピークに達したが、米連邦準備理事会(FRB)がインフレ率を2%に回帰させることができるかどうかは疑問と述べた。

米銀大手6行、気候変動リスクの影響分析へ FRBが報告指示

米連邦準備理事会(FRB)は17日、バンク・オブ・アメリカ、シティグループ、ゴールドマン・サックス、JPモルガン・チェース、モルガン・スタンレー、ウェルズ・ファーゴの最大手6行に対して、気候変動関連で想定されるリスクが事業に及ぼす影響のシナリオを分析し、7月末までに報告するよう指示した。

UPDATE 1-米銀大手6行、気候変動リスクの影響分析へ FRBが報告指示

米連邦準備理事会(FRB)は17日、バンク・オブ・アメリカ、シティグループ、ゴールドマン・サックス、JPモルガン・チェース、モルガン・スタンレー、ウェルズ・ファーゴの最大手6行に対して、気候変動関連で想定されるリスクが事業に及ぼす影響のシナリオを分析し、7月末までに報告するよう指示した。

米銀決算、投資銀業務の不振鮮明 M&A回復など期待

[ニューヨーク 17日 ロイター] - 米銀大手の2022年第4・四半期決算は投資銀行業務の不振が目立ち、人員削減の動きも見られた。ただ、各行の経営陣は産業界が再びM&A(合併・買収)などに前向きになる兆候を探っている。

NY市場サマリー(17日)ドル下落、長期債利回り上昇 ダウ反落

<為替> 不安定な取引の中、ドルが主要通貨に対して下落した。18日まで開催される日銀の政策決定会合で、金融引き締めの前段階となり得る政策転換が行われるとの観測が重しとなった。

UPDATE 1-米金融・債券市場=長期債利回り上昇、日銀会合待ち 社債発行も重し

(表のレートを更新しました) [ニューヨーク 17日 ロイター] - 米金融・債券市場で は、不安定な地合いの中、長期債利回りが上昇した。日銀の金融政策決 定会合待ちのほか、企業の社債発行が重しとなった。 日本の10年債利回りは17日、3日連続で日銀の長期金利の許容 変動幅の上限を突破。日銀がイールドカーブ・コントロール(長短金利 操作、YCC)を撤廃すれば、日本国債利回りが一段と上昇し、為替ヘ ッジを考慮すると米債よりも魅力的な投資先となる可能性があり、その 結果、日本の投資家が米債を売却、または購入を手控える可能性が高ま るという。...

NY市場サマリー(17日)ドル下落、長期債利回り上昇 ダウ反落

<為替> 不安定な取引の中、ドルが主要通貨に対して下落した。18日まで開催さ れる日銀の政策決定会合で、金融引き締めの前段階となり得る政策転換が行われるとの観 測が重しとなった。 この期待により、6日以降、円はドルに対して5%近く急騰している。 市場の関心は依然として日銀政策決定会合にあり、日銀がイールドカーブ・コントロ ール(長短金利操作、YCC)政策を変更または終了するのではないかという観測が広が っている。 FXコンサルティング会社クラリティーFX(サンフランシスコ)のエグゼクティブ ディレクター、アモ・サホタ氏は「市場は、日銀がこうした...

米金融・債券市場=長期債利回り上昇、日銀会合待ち 社債発行も重し

米金融・債券市場で は、不安定な地合いの中、長期債利回りが上昇した。日銀の金融政策決 定会合待ちのほか、企業の社債発行が重しとなった。 日本の10年債利回りは17日、3日連続で日銀の長期金利の許容 変動幅の上限を突破。日銀がイールドカーブ・コントロール(長短金利 操作、YCC)を撤廃すれば、日本国債利回りが一段と上昇し、為替ヘ ッジを考慮すると米債よりも魅力的な投資先となる可能性があり、その 結果、日本の投資家が米債を売却、または購入を手控える可能性が高ま るという。 ジェフリーズ(ニューヨーク)のマネーマーケット・エコノミスト 、トーマス・サイモンズ...

モルガンS、四半期利益が予想ほど悪化せず トレーディング好調

[17日 ロイター] - 米金融大手モルガン・スタンレーが17日に発表した第4・四半期決算(12月31日まで)は利益が41%減となったが、市場予想ほど落ち込まなかった。市場のボラティリティーがトレーディング事業の追い風となり、ディールメーキングの停滞による打撃を相殺した。

年末のドル指数予想、98に下方修正 対ユーロ安顕著=モルガンS

[16日 ロイター] - 米モルガン・スタンレーは、2023年末のドル指数予想を従来の104から98に引き下げた。深刻な景気後退に対する懸念が和らぐ中でユーロに対する下げが顕著になるという。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up