for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

モルガン・スタンレー

MS.N

現在値

94.55USD

変化

-1.02(-1.07%)

出来高

2,090,451

本日のレンジ

94.20

 - 

97.14

52週レンジ

45.87

 - 

97.14

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
95.57
始値
95.97
出来高
2,090,451
3か月平均出来高
202.57
高値
97.14
安値
94.20
52週高値
97.14
52週安値
45.87
発行済株式数
1,860.59
時価総額
175,918.70
予想PER
12.96
配当利回り
2.96

次のエベント

Dividend For MS.N - 0.7000 USD

適時開示

その他

Nasdaq To Spin Out Market For Pre-IPO Shares In Deal With Group Of Banks - WSJ

Morgan Stanley Reports Second Quarter 2021 Earnings Results

Morgan Stanley Cuts Stake In Zhengzhou Coal Mining Machinery To 4.92% - HKEX Filing

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

モルガン・スタンレーとは

モルガン・スタンレー(Morgan Stanley)は金融サービスを提供する。【事業内容】子会社を通じて、企業、政府、金融機関、個人などの顧客グループにさまざまな商品やサービスを提供する。セグメントには、機関投資家向け証券事業、資産運用事業、投資運用事業がある。機関投資家向け証券事業では、企業、政府機関、金融機関、富裕層の顧客に対して、投資銀行業務、セールス&トレーディング、その他のサービスを提供する。資産運用事業は、個人投資家や中小企業・機関投資家向けに、ブローカレッジ・投資顧問サービス、ファイナンシャル・ウェルスプランニングサービス、ワークプレイスサービス、年金・保険商品、住宅用不動産ローンなどの融資商品、銀行業務、退職年金サービスなどの金融サービスやソリューションを提供する。投資運用事業では、さまざまな投資戦略や商品を提供する。

業種

Investment Services

連絡先

1585 Broadway

NEW YORK, NY

10036-8200

United States

+1.212.7614000

https://www.morganstanley.com/

エグゼクティブリーダーシップ

James P. Gorman

Chairman of the Board, Chief Executive Officer

Edward N. Pick

Co-President

Andrew M. Saperstein

Co-President

Sharon Yeshaya

Chief Financial Officer

Jonathan M. Pruzan

Chief Operating Officer

統計

2.00 mean rating - 28 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2018

40.1K

2019

41.4K

2020

48.2K

2021(E)

57.8K
EPS (USD)

2018

4.730

2019

5.190

2020

6.460

2021(E)

7.295
株価売上高倍率(過去12カ月)
12.58
株価売上高倍率(過去12カ月)
3.06
株価純資産倍率(四半期)
--
株価キャッシュフロー倍率
13.43
総負債/総資本(四半期)
--
長期負債/資本(四半期)
--
投資利益率(過去12カ月)
--
自己資本利益率(過去12カ月)
--

最新ニュース

最新ニュース

アングル:米企業、コロナ後の通勤再開計画はCEO次第

米アップルのティム・クック最高経営責任者(CEO)は、IT業界としては珍しく、職員に早く通勤を再開するよう求めている。かたや米シティグループのジェーン・フレーザーCEOは金融業界の潮流に逆らい、コロナ後も柔軟な働き方を認める方針だ。

米ナスダック、未公開株取引プラットフォーム分離で大手行と提携

米取引所運営ナスダックは20日、新規株式公開(IPO)前の未公開株を取引できるプラットフォームを分離・独立させるため、ゴールドマン・サックスやモルガン・スタンレーなど米大手銀行と提携した。

焦点:中銀デジタル通貨普及に備える米欧銀

世界の中央銀行がデジタル通貨分野に踏み込もうとしている中で、関係する政策や技術的な計画に影響力を行使する取り組みについて、商業銀行が対応を強化している。複数の業界幹部への取材や公表資料によって、その実態が判明した。

印ペイティーエムがIPO申請、最大22.3億ドル調達へ

ソフトバンクグループが出資するインドの決済サービス会社ペイティーエムは、国内規制当局に新規株式公開(IPO)を申請した。最大1660億ルピー(22億3000万ドル)を調達する。提出された草案文書で16日明らかになった。

自動運転の米オーロラ、ナスダック上場へ 評価額130億ドル

自動運転技術の米スタートアップ企業オーロラは15日、特別買収目的会社(SPAC)との合併を通じてナスダック市場に上場すると発表した。この取引に基づく企業価値の評価額は130億ドルとなる。

NY市場サマリー(15日)ドル上昇、債券利回り1週間ぶり低水準

<為替> ドルが上昇。米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長が引き続きハト派姿勢を維持する中、ドルは値下がりする場面も見られたものの、失業保険申請件数の改善が支えとなった。

米国株式市場=ナスダック続落、アップルやアマゾンなど安い

米国株式市場は、ナスダック総合が続落。アップルやアマゾン・ドット・コムなどのハイテク大手の下げが圧迫した。朝方発表された週間の新規失業保険申請件数が昨年3月以来の水準に改善したことを受け、インフレ高進を巡る懸念が強まった。

モルガンS、第2四半期利益が予想上回る 投資銀行業務に追い風

米金融大手モルガン・スタンレー(モルガンS)が15日に発表した第2・四半期決算は、投資銀行部門の伸びが後押しとなり、利益が予想を上回った。

焦点:JPモルガンとゴールドマン、デジタル技術で英消費者金融に挑戦

英国の消費者金融市場はこれまで幾多の外国勢が進出を目指しながらも、結局は撤退の憂き目を見てきた。そこに対し、米大手銀行JPモルガン・チェースとゴールドマン・サックスがデジタル技術を武器に、足場を確保しようと挑戦している。

JPモルガン、第2四半期利益が倍増超 トレーディング事業は低調

米金融大手JPモルガン・チェースが13日発表した第2・四半期決算は、純利益が前年同期比155%増の119億ドル(1株当たり3.78ドル)となった。トレーディング事業が振るわなかったものの、貸倒引当金の戻し入れやディールメーキングの活況が追い風となった。

ゴールドマン、第2四半期は利益予想上回る ディールメーキング活況

米ゴールドマン・サックス・グループが13日に発表した第2・四半期決算は、世界的なディールメーキングの活性化でトレーディング部門の減速が相殺され、利益がアナリスト予想を上回った。

JPモルガン、第2四半期利益が倍増超 トレーディング事業は低調

米金融大手JPモルガン・チェースが13日発表した第2・四半期決算は、純利益が前年同期比155%増の119億ドル(1株当たり3.78ドル)となった。トレーディング事業が振るわなかったものの、貸倒引当金の戻し入れやディールメーキングの活況が追い風となった。

ゴールドマン、第2四半期は利益予想上回る ディールメーキング活況

米ゴールドマン・サックス・グループが13日に発表した第2・四半期決算は、世界的なディールメーキングの活性化でトレーディング部門の減速が相殺され、利益がアナリスト予想を上回った。

アングル:企業は「ハイブリッド勤務」投資、オフィス資産に暗雲

経済活動の再開が進む米国。企業によるビデオ会議システムへの投資は増大し、共有勤務スペースを拡大する計画もあることから、リモートワークとオフィス勤務を組み合わせる「ハイブリッド・ワーク」は今後も続くことがうかがわれる。ニューヨークやサンフランシスコ、その他の主要都市の商業不動産価格は足を引っ張られる可能性がある。

米モルガンSの顧客情報流出、業務委託先へのサイバー攻撃で

米銀大手モルガン・スタンレーは、今年1月に発生した業務委託先へのサイバー攻撃に関連し、一部の法人顧客の個人情報がハッカーによって盗まれたと明らかにした。

米モルガンSの顧客情報流出、業務委託企業へのサイバー攻撃で

米銀大手モルガン・スタンレーは、今年1月に発生した口座管理サービスを手掛けるガイドハウスへのサイバー攻撃に関連し、一部の法人顧客の個人情報がハッカーによって盗まれたと発表した。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、終値は5日・25日線を下回る

<16:10> 日経平均・日足は「小陰線」、終値は5日・25日線を下回る 日経平均・日足は長い上ヒゲを伴う「小陰線」。終値(2万8791円53銭=30 日)は5日移動平均線(2万8918円71銭=同)、25日移動平均線(2万8932 円38銭=同)に抑えられる格好となった。目先は同線が位置する2万9000円近辺で のもみあいが継続しそうだ。 <15:55> 新興市場は小幅反発、直近IPO銘柄まちまち 新興株市場は、東証マザーズ指数と日経ジャスダック平均がともに小幅に反発した。 29日の米国株式市場でナスダック総合が最高値を更新した流れを...

〔マーケットアイ〕株式:新興市場は小幅反発、直近IPO銘柄まちまち

<15:55> 新興市場は小幅反発、直近IPO 銘柄まちまち 新興株市場は、東証マザーズ指数と日経ジャスダック平均がともに小幅に反発した。 29日の米国株式市場でナスダック総合が最高値を更新した流れを引き継いだ。直近IP O銘柄はまちまち。 市場では「月末なので見送りムードで上値は重いが、月初は需給が好転しIPO銘柄 も底堅くなるのではないか」(国内証券)との声が聞かれた。 きょうマザーズ市場に上場したプラスアルファ・コンサルティング は公開価 格を18%上回る2720円で初値を形成。2968円まで上値を伸ばし、2822円で 引けた。...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は小動き、手掛かり欠く中で「居心地のいい水準」

<13:03> 日経平均は小動き、手掛かり欠く中で「居心地のいい水準」 日経平均は、前日終値付近での小動きが続いている。市場では「7月の決算シーズン 前でもあり、全体的に手掛かり不足」(国内証券)との声が聞かれる。 先週の21―22日に動意があって以降、ほぼ横ばいの推移が続いているとし「売り たい人はいったん売ったし、拾いたい人は拾った。海外の動きがない限り、居心地のいい 水準」(国内投信)という。 <11:50> 前場の日経平均は小幅反発、米株高受けた上昇続かず 前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比2円49銭高の2万8815円10...

前場の日経平均は小幅反発、米株高受けた上昇続かず

前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比2円49銭高の2万8815円10銭となり、小幅に反発した。米株高を受けて朝方に反発で始まった後、新型コロナウイルス感染拡大への警戒感が重しとなり、徐々に上げ幅を縮小した。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up