for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

モルガン・スタンレー

MS.N

現在値

49.80USD

変化

2.29(+4.82%)

出来高

2,641,732

本日のレンジ

47.57

 - 

49.88

52週レンジ

27.21

 - 

57.56

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
47.51
始値
47.63
出来高
2,641,732
3か月平均出来高
276.96
高値
49.88
安値
47.57
52週高値
57.56
52週安値
27.21
発行済株式数
1,575.66
時価総額
78,467.69
予想PER
12.46
配当利回り
2.81

次のエベント

Q2 2020 Morgan Stanley Earnings Call

適時開示

その他

Morgan Stanley Announces June 2020 CCAR Results

Morgan Stanley Is Planning To Bring Traders Back To New York Headquarters Next Month - CNBC

Altice Europe Anounces Creation Altice Portugal FTTH

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

モルガン・スタンレーとは

モルガン・スタンレー(Morgan Stanley)は金融持株会社である。【事業内容】同社のセグメントには、機関投資証券、ウェルスマネジメントおよび投資運用が含まれる。機関投資家証券事業は企業、政府、金融機関および超富裕層顧客に対して、投資銀行業務、販売および取引、その他のサービスを提供する。ウェルス・マネジメント事業は個人投資家および中堅・中小企業に証券仲介および投資顧問サービス、債券市場における証券化、財務およびウェルス・プランニング・サービス、年金制度 保険商品、与信およびその他の貸出商品、銀行業務および退職給付サービスを提供する。投資運用事業は投資戦略及び商品を提供する。

業種

Investment Services

連絡先

1585 Broadway

NEW YORK, NY

10036-8200

United States

+1.212.7614000

https://www.morganstanley.com/

エグゼクティブリーダーシップ

James P. Gorman

Chairman of the Board, Chief Executive Officer

Jonathan M. Pruzan

Chief Financial Officer, Executive Vice President

Jeffrey S. Brodsky

Chief Human Resource Officer, Executive Vice President

Keishi Hotsuki

Executive Vice President, Chief Risk Officer

Eric Fredric Grossman

Executive Vice President, Chief Legal Officer

統計

2.08 mean rating - 25 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2017

37.9K

2018

40.1K

2019

41.4K

2020(E)

37.9K
EPS (USD)

2017

3.600

2018

4.730

2019

5.190

2020(E)

3.864
株価売上高倍率(過去12カ月)
10.36
株価売上高倍率(過去12カ月)
1.51
株価純資産倍率(四半期)
1.01
株価キャッシュフロー倍率
7.25
総負債/総資本(四半期)
554.29
長期負債/資本(四半期)
226.95
投資利益率(過去12カ月)
1.87
自己資本利益率(過去12カ月)
0.94

最新ニュース

最新ニュース

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、気迷い心理

<15:56> 日経平均・日足は「小陰線」、気迷い心理 日経平均・日足は上下にヒゲを伴う「小陰線」。投資家の気迷い心理を表している。 25日移動平均線(2万2434円33銭=2日)の右肩上がりの傾きが緩やかになってきており、今 後、上値抵抗線となる可能性がある。一方、200日移動平均線(2万1872円53銭=同)が下値支持 線として意識される。しばらく25日線と200日線に挟まれたレンジ内で推移する展開もあり得る。上下 いずれかの線を抜けられれば、抜けた方向に追随する動きも出てきそうだ。 <15:47> マザーズ指数は6日続落、5%近い...

〔マーケットアイ〕株式:マザーズ指数は6日続落、5%近い下げ 個人の売り

<15:47> マザーズ指数は6日続落、5%近い下げ 個人の売り  新興株市場で、東証マザーズ指数は6日続落した。個人投資家の利益確定売りが主導する形となってい るが、市場からは「4月以降の急激な上昇を考えれば大きな押しにはなっていない」(国内証券)との声も 出ている。 マザーズ指数は前日比4.96%安。テクニカル的に25日移動平均線(1014.90ポイント=2 日)を下回っており、下方向に視線が向かいやすい。個別ではアンジェス が4日続落。プレシジョ ン・システム・サイエンス は大幅安。ナノキャリア は一時ストップ安となった。Sans...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は小幅高、都知事選見極めへ 「リスク取りづらい」との声

<14:33> 日経平均は小幅高、都知事選見極めへ 「リスク取りづらい」との声 日経平均は小幅高、2万2100円台半ばで推移している。午後2時30分時点で東証1部の売買代金 は1兆6402億円にとどまり、取引は盛り上がりに欠けている。 市場からは、東京都知事選の選挙戦が行われていることが手控えの一因になっている、との見方も聞か れた。NHKなどの報道では、都内で2日に新たに107人が新型コロナウイルスに感染していることが確 認された。「小池都知事は選挙戦中ということもあり静観を決め込んでいるものの、再選した場合はコロナ 感染拡大を理由に...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は上げ幅縮小、都内で新たに100人超がコロナ感染確認との報道

<12:55> 日経平均は上げ幅縮小、都内で新たに100人超がコロナ感染確認との報道 日経平均は上げ幅縮小、2万2100円台後半で推移している。東京都内で2日に新たに100人以上 が新型コロナウイルスに感染していることが確認されたと伝わり、嫌気されている。 NHKなど複数の国 内メディアが関係者の話として報じた。市場からは「コロナがキーワードに組み込まれたアルゴリズム取引 で先物が売られたようだ」(国内証券)との観測も聞かれた。 <11:50> 前場の日経平均は反発、米株先物高に歩調を合わせ持ち直す 前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比...

〔マーケットアイ〕株式:前場の日経平均は反発、米株先物高に歩調を合わせ持ち直す

<11:50> 前場の日経平均は反発、米株先物高に歩調を合わせ持ち直す 前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比144円50銭高の2万2266円2 3銭となり、反発した。前日の米国株式市場でナスダックが上伸したことが好感され、プ ラスでスタート。マイナス圏に沈む場面はあったものの、時間外取引で朝方は安かった米 株先物がプラスに転じたことで全般は持ち直した。ただ、東証1部の売買代金は、かろう じて1兆円に乗せたものの、商いは盛り上がっていない。 1日の米国株式市場は、ナスダック総合 とS&P総合500 が続伸。 新型コロナウイルス感染者数...

FRB、大手行の配当支払い制限 自社株買いも禁止

米連邦準備理事会(FRB)は25日、大手銀行を対象としたストレステスト(健全性審査)の結果を公表した。今回は新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)による影響についても分析を行い、少なくとも第3・四半期まで配当支払いを制限し、自社株買いも禁じる方針を明らかにした。

訂正-FRB、大手行の配当支払い制限 自社株買いも禁止=コロナ禍分析

米連邦準備理事会(FRB)は25日、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)に関する分析の結果、大手銀行に対し第3・四半期まで(訂正)の配当支払いを制限し、自社株買いを禁じる方針を明らかにした。

焦点:金投資に走る世界の超富裕層、株価の急伸に警戒感

株式市場が新型コロナ危機を受けた暴落から急速に持ち直しているにもかかわらず、世界の富裕層に投資助言するプライベートバンク(PB)が、金の持ち高をもっと増やすよう勧めている。株高がどれほど強いか、世界の中央銀行による惜しげもない資金供給の影響がどれだけ長く続くかについて懐疑的なためだ。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、パラボリックは陽転 上値追いには慎重な声も

日経平均・日足は短い上ヒゲと長い下ヒゲを伴う「小陰線」。前場ではナバロ米大統領補佐官の発言や、サウジアラビアに向けて発射された弾道ミサイルのニュースが嫌気され急落したが、その後急速に切り返したたため強さを感じさせる値動きとなった。パラボリックが陽転したことも、もみあい相場から抜け出すとの期待を抱かせている。

〔マーケットアイ〕株式:マザーズ指数は6日ぶり反落、新規上場再開に向けて現金化の動きか

新興株市場は、日経ジャスダック平均は小幅に6日続伸、東証マザーズ指数は6日ぶりに反落した。「あす3社、26日に1社がマザーズ市場に新規上場する予定となっており、個人に購入資金捻出のための現金化の動きが出ているようだ」(ネット系証券)との声が出ていた。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は高値圏でもみあい、トランプ米大統領のツイートで安心感

日経平均は後場で高値の2万2693円89銭を付けた後、もみあいとなっている。東証33業種では全業種が値上がり。輸送用機器、倉庫・運輸関連、繊維業、海運業などが値上がり率上位となっている。

〔マーケットアイ〕株式:前場の日経平均は反発、乱高下挟みながらも堅調地合い

前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比184円57銭高の2万2621円84銭となり、反発した。前日の米国株式市場で主要3指数がそろって上昇し方向性が出たことが好感され、全体的にしっかりでスタート。前場中盤にナバロ米大統領補佐官の発言を受けて急速に値を消す場面があったものの、すぐに落ち着きを取り戻し、乱高下する場面がありながらも堅調な地合いとなっている。

米モルガンS元人事担当者が提訴、人種差別・同一賃金法違反訴え

米金融大手モルガン・スタンレー<MS.N>の元ダイバーシティー(多様性)担当者が16日、同行による人種差別と報復的解雇、同一賃金法違反を主張し、提訴した。

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は続落、物色意欲は途切れず

<15:56> 新興株市場は続落、物色意欲は途切れず  新興株市場で、日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数はともに続落した。「東証1部の大型株が売 られる中で連れ安となったが、値動きのいい銘柄は買われており、物色意欲は途切れていない」(ネット系 証券)との指摘が出ていた。 マザーズ市場では、カイオム・バイオサイエンス が反落。ナノキャリア は年初来高値 更新後に反落。すららネット は株式分割の発表が買い材料となりストップ高比例配分となった。プ レシジョン・システム・サイエンス 、ブライトパス・バイオ も高い。 ジャスダック市場では、テラ...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、長い下ヒゲが下げ一服の印象与える

<15:30> 日経平均・日足は「小陽線」、長い下ヒゲが下げ一服の印象与える 日経平均・日足は「小陽線」。新たにマド(2万2350円30銭─2万2466円54銭)を空けて 下放れたものの、長い下ヒゲを引いたことで、前日からの調整が下げ一服との印象を与えている。200日 移動平均線(2万1749円44銭=12日現在)をタッチすることなく切り返したことも、強い基調を維 持したと感じさせた。 ただ、引き続き5日移動平均線(2万2834円49銭=同)を下回って推移しており、短期的には調 整が続きそうな様子。強力な抵抗線として意識され始めた、2月...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は後場下げ幅縮小、米株先物の堅調推移で

<13:17> 日経平均は後場下げ幅縮小、米株先物の堅調推移で 日経平均は後場下げ幅縮小、2万2300円台前半で推移している。時間外取引で米株先物が堅調な動 きとなっていることが支えとなっている。 市場からは「前日の米国株は大きく下落したが、ここまでの株高の根本要因となっている過剰流動性は 変わらない。新型コロナウイルスの感染第2波への懸念はあるものの、再びロックダウン(都市封鎖)など に至らなければ(米国株は)底堅く推移しそうだ。日本も『東京アラート』が解除されており、米国株が一 段と下げなければ日本株も下げ渋る」(あかつき証券の藤井知明氏...

〔マーケットアイ〕株式:前場の日経平均は大幅続落、2万2000円割った後は戻り歩調に

<11:45> 前場の日経平均は大幅続落、2万2000円割った後は戻り歩調に 前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比341円77銭安の2万2131円14銭となり、大幅 続落となった。前日の米国株式市場が大きく下げたほか、円高が警戒されて売り優勢で始まり、2万200 0円を下回った。ただ、時間外取引で米株先物が堅調だったことから中盤から戻り歩調となり、前引け段階 では2万2000円を維持した。 11日の米国株式市場は、米連邦公開市場委員会(FOMC)で示された厳しい経済見通しを織り込む 中で新型コロナウイルスの感染第2波を巡る懸念が再燃...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「中陰線」、5日線下回る 健全な調整との見方

<16:20> 日経平均・日足は「中陰線」、5日線下回る 健全な調整との見方 日経平均・日足は「中陰線」。下ヒゲがほとんどない「大引け坊主」の形状で、終値はこれまで下値サ ポートとして機能していた5日移動平均線(2万2946円14銭=11日)を下回った。このところ騰落 レシオや25日移動平均線からの上方かい離率など複数の指標が強い過熱感が示唆していたこともあり、健 全な調整との見方も出ている。 一方、200日移動平均線(2は万1741円19銭=同)は上向きで、長期的な上昇トレンドは維持 されている。6月8日から10日まで3日連続で高値となった...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は5日ぶり反落、利益確定売り広がる

<15:49> 新興株市場は5日ぶり反落、利益確定売り広がる  新興株市場で、日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数はともに5日ぶり反落した。マザーズ指数は 前場の取引時間中に連日の年初来高値更新となった後、マイナス圏に転じた。東証1部の大型株が全般的に 弱含む中、個人投資家を中心に利益確定売りが広がった。 マザーズ指数は2.82%安。リボミック は一時ストップ安。FRONTEO は大幅 続落。アンジェス 、メルカリ など時価総額上位銘柄も軟調。一方、ナノキャリア はストップ高比例配分。アイ・ピー・エス 、カイオム・バイオサイエンス は...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は後場下げ幅拡大、一時500円超安

<12:57> 日経平均は後場下げ幅拡大、一時500円超安  日経平均は後場急速に下げの勢いを強め、下げ幅を一時500円超に拡大した。現在は2万2600円 台前半で推移している。特段の売り材料が見当たらないことから、市場からは「週末のメジャーSQ(特別 清算指数)算出を前に短期筋が思い切って仕掛け的な売りを出しているようだ」(国内証券)との声が出て いた。  <11:45> 前場の日経平均は反落、円高嫌気し売られた後は下げ渋り 前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比242円67銭安の2万2882円28銭となり、反落 した。金融政策据...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up