for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

モルガン・スタンレー

MS.N

前日終値

43.67USD

変化

-0.35(-0.80%)

出来高

7,319,303

本日のレンジ

43.63

 - 

44.59

52週レンジ

36.75

 - 

50.37

As of on the New York Stock Exchange ∙ Minimum 15 minute delay

価格

前日終値
44.02
始値
44.24
出来高
7,319,303
3か月平均出来高
205.32
高値
44.59
安値
43.63
52週高値
50.37
52週安値
36.75
発行済株式数
1,652.77
時価総額
72,754.84
予想PER
9.00
配当利回り
3.18

次のエベント

Morgan Stanley Brazil Utilities Corporate Access Day

適時開示

その他

Morgan Stanley says more than 60% of gross sales made outside U.S.

S.Korea's Tailim Packaging's Top Shareholder Has Picked Morgan Stanley To Manage Its Stake Sale

Adage Capital Partners GP LLC Ups In Exxonmobil, Cuts In Goldman Sachs and Morgan Stanley

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

モルガン・スタンレーとは

モルガン・スタンレー(Morgan Stanley)は金融持株会社である。【事業内容】同社のセグメントには、機関投資証券、ウェルスマネジメントおよび投資運用が含まれる。機関投資家証券事業は企業、政府、金融機関および超富裕層顧客に対して、投資銀行業務、販売および取引、その他のサービスを提供する。ウェルス・マネジメント事業は個人投資家および中堅・中小企業に証券仲介および投資顧問サービス、債券市場における証券化、財務およびウェルス・プランニング・サービス、年金制度 保険商品、与信およびその他の貸出商品、銀行業務および退職給付サービスを提供する。投資運用事業は投資戦略及び商品を提供する。

業種

Investment Services

連絡先

1585 Broadway

+1.212.7614000

https://www.morganstanley.com/

エグゼクティブリーダーシップ

James P. Gorman

Chairman of the Board, Chief Executive Officer

Jonathan M. Pruzan

Chief Financial Officer, Executive Vice President

Jeffrey S. Brodsky

Chief Human Resource Officer, Executive Vice President

Keishi Hotsuki

Executive Vice President, Chief Risk Officer

Eric Fredric Grossman

Executive Vice President, Chief Legal Officer

統計

1.92 mean rating - 24 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2016

34.6K

2017

37.9K

2018

40.1K

2019(E)

40.0K
EPS (USD)

2016

2.920

2017

3.600

2018

4.730

2019(E)

4.888
株価売上高倍率(過去12カ月)
9.60
株価売上高倍率(過去12カ月)
1.41
株価純資産倍率(四半期)
1.00
株価キャッシュフロー倍率
7.15
総負債/総資本(四半期)
534.40
長期負債/資本(四半期)
242.09
投資利益率(過去12カ月)
1.86
自己資本利益率(過去12カ月)
0.95

最新ニュース

サウジアラムコ、IPO主幹事にJPモルガンなど9行選定=関係筋

サウジアラビア国営石油会社サウジアラムコは、計画している新規株式公開(IPO)の主幹事に米JPモルガン・チェースなど9つの金融機関を選定した。関係筋が11日、ロイターに明らかにした。

アラムコ、国内市場に段階的に上場 年内にまず1%=関係筋

サウジアラビア国営石油会社サウジアラムコがリヤドにあるサウジアラビア証券取引所(タダウル)への株式上場を段階的に進めることが複数の関係筋の話で明らかになった。年内に1%の株式、来年にさらに1%を上場するとしている。

サウジアラムコIPO、JPモルガンなどが主幹事獲得へ=関係筋

関係筋によると、サウジアラビア国営石油会社サウジアラムコが計画している新規株式公開(IPO)では、JPモルガン<JPM.N>、モルガン・スタンレー<MS.N>、ナショナル・コマーシャル・バンク<1180.SE>が主幹事に選ばれる見通し。

JPモルガン、サウジアラムコIPOの主幹事獲得へ=関係筋

米銀大手JPモルガン・チェースがサウジアラビア国営石油会社サウジアラムコの新規株式公開(IPO)の主幹事に選ばれる見通しだと関係筋が8日、明らかにした。今週中に最終決定が下される可能性が高いという。

主要投資銀行、上半期収入は13年ぶり低水準=コアリション

業界分析会社コアリションが5日発表した最新データによると、世界の主要投資銀行の今年1─6月収入総額は前年同期比11%減の768億ドルと、上半期としては2006年以来13年ぶりの低水準となった。

19年の原油価格見通しを下方修正、需要低迷などで=米モルガン

米金融大手モルガン・スタンレーは27日付のリポートで、2019年の原油価格見通しを下方修正した。経済見通しが軟調なことや需要低迷、シェールオイル増産で、石油市場の下支えを目指す石油輸出国機構(OPEC)の協調減産の取り組みが相殺される可能性があるという。

コラム:米大手行の時価総額が急減、景気後退サインか

米大手銀5行はこの3週間だけで、合計約1250億ドルもの時価総額を失った。今や5行のうち、株価純資産倍率(PBR)が1倍を上回っているのはJPモルガン<JPM.N>だけだ。これを歴史的に考えれば、投資家が景気後退(リセッション)がやってくると考え、そちらの方向にいち早く賭けたことを意味する。しかし直近の金融危機で得られた経験に基づくと、そうしたメッセージが正確とは言えなくなる。

米FRB、9月と10月に相次ぎ利下げの公算=モルガンS

米モルガン・スタンレー<MS.N>のアナリストは、米連邦準備理事会(FRB)が9月と10月に利下げするとの見方を示した。

米金融業界、今年の報酬は低迷へ=調査

報酬コンサルティング会社ジョンソン・アソシエーツは、ウォール街(米金融街)で働く人々の今年の報酬は横ばいか減少すると予想する報告書を発表した。大手銀行や資産運用会社が経費削減を続けていることが背景。

米FRB、10月に25bp利下げの公算=モルガンS

モルガン・スタンレーは1日、米連邦準備理事会(FRB)が10月に25ベーシスポイント(bp)の利下げを実施するとの見通しを示した。

コラム:米金融大手の報酬、人員増強で弱り目にたたり目

米金融大手のバンカーやトレーダーは一般的には高い報酬を手にしているが、業界なりにばらつきはある。各社は上期決算で減収が相次ぎ、社員の報酬は悪影響を受ける見通しだが、タイミングの悪い人員増強がさらに打撃を大きくしている。

コラム:モルガンS、ゴーマンCEOの成績評価は「中位」

米金融大手モルガン・スタンレー(モルガンS)<MS.N>のジェームズ・ゴーマン最高経営責任者(CEO)は、2009年9月の就任からこれまで10年間の成績を評価するなら「中ぐらい」といったところだろう。

米国株式市場は小反発、NY連銀総裁発言で利下げ観測強まる

米国株式市場は小反発。ニューヨーク連銀のウィリアムズ総裁の発言を受け、米連邦準備理事会(FRB)が月末に利下げに動くとの観測が強まった。

モルガンS、第2四半期は予想上回る ウェルスマネジメント増収で

米金融大手モルガン・スタンレー<MS.N>の第2・四半期決算は減収減益となったものの、主力のウェルスマネジメント事業の増収や経費縮小が寄与し、市場予想は上回った。

GSバンカー、香港IPOに失敗したモルガンSと自社の実績を比較

ビール大手アンハイザー・ブッシュ・インベブ(ABインベブ)<ABI.BR>がアジア太平洋地域の子会社の香港IPO(新規株式公開)を断念したことを受け、ゴールドマン・サックス(GS)<GS.N>のシニアバンカーが、自社のIPO実績を強調するメールを社員あてに送っていたことが分かった。

米IBM、レッドハットの買収完了 クラウド強化へ

米IBM<IBM.N>は9日、ソフトウエア大手の米レッドハット<RHT.N>の買収を完了したと発表した。買収額は340億ドルで、同社の買収案件としては過去最大。レッドハット買収でクラウド事業の強化を狙う。

原油先物は小反発、OPEC協調減産延長や米在庫減少が下支え

アジア時間の原油先物は小反発。オーバーナイトでは世界的なエネルギー需要減退への懸念から4%超急落したが、石油輸出国機構(OPEC)と非加盟産油国が減産延長で合意したことが相場を下支えしている。

銀行ストレステスト第一弾、全18行合格 FRB「耐性は大幅強化」

米連邦準備理事会(FRB)は21日、大手銀行を対象としたストレステスト(健全性審査)の第一弾の結果を公表し、全18行が合格したと明らかにした。

米銀ストレステスト第一弾、全18行合格=FRB

米連邦準備理事会(FRB)は21日、大手銀行を対象としたストレステスト(健全性審査)の第一弾の結果を公表し、全18行が合格したと明らかにした。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも15分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up