for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

マイクロソフト・コーポレーション

MSFT.O

現在値

182.92USD

変化

--(--)

本日のレンジ

--

 - 

--

52週レンジ

120.65

 - 

190.70

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
182.92
始値
--
出来高
--
3か月平均出来高
1,065.83
高値
--
安値
--
52週高値
190.70
52週安値
120.65
発行済株式数
7,583.44
時価総額
1,402,254.00
予想PER
32.57
配当利回り
1.10

次のエベント

Microsoft Corp Conference Call Hosted By ABG Sundal Collier

適時開示

その他

ElectroNeek Partners with Microsoft to boost remote productivity

HP Inc Says HP Reverb VR Headset G2 Would Be Availabile For $599 (U.S.)

Microsoft, Workday Announce Strategic Partnership To Accelerate Planning

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

マイクロソフト・コーポレーションとは

マイクロソフト(Microsoft Corporation)は技術会社である。【事業内容】同社は多様なソフトウェア製品、サービス、デバイスを開発・ライセンス供与・サポートする。同社は生産性・ビジネスプロセス事業、インテリジェントクラウド事業およびその他のパーソナルコンピューティング事業を運営する。同社の製品にはオペレーティングシステム、クロスデバイスの生産性アプリケーション、サーバーアプリケーション、ビジネスソリューションアプリケーション、デスクトップおよびサーバー管理ツール、ソフトウェア開発ツール、ビデオゲーム、コンピューターシステムインテグレーターと開発者のトレーニングと認定を含む。また、パーソナルコンピューター(PC)、タブレット、ゲームおよびエンターテインメントコンソール、電話機、その他のインテリジェントデバイス、関連アクセサリなど、クラウドベースの製品と統合されたデバイスの設計・製造・販売を行う。同社は顧客にソフトウェア、サービス、プラットフォーム、およびコンテンツを提供するクラウドベースのソリューションを含む一連のサービスを提供し、ソリューションサポートとコンサルティングサービスを提供する。

業種

Software & Programming

連絡先

1 Microsoft Way

REDMOND, WA

98052-6399

United States

+1.425.8828080

https://www.microsoft.com/

エグゼクティブリーダーシップ

John Wendell Thompson

Independent Non-Executive Chairman of the Board

Bradford Lee Smith

President, Chief Legal Officer

Satya Nadella

Chief Executive Officer, Director

Amy E. Hood

Chief Financial Officer, Executive Vice President

Kevin Scott

Executive Vice President, Chief Technology Officer

統計

1.69 mean rating - 36 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2017

96.7K

2018

110.4K

2019

125.8K

2020(E)

141.5K
EPS (USD)

2017

3.310

2018

3.880

2019

4.750

2020(E)

5.691
株価売上高倍率(過去12カ月)
32.62
株価売上高倍率(過去12カ月)
10.11
株価純資産倍率(四半期)
12.26
株価キャッシュフロー倍率
25.09
総負債/総資本(四半期)
65.69
長期負債/資本(四半期)
62.01
投資利益率(過去12カ月)
20.02
自己資本利益率(過去12カ月)
15.92

最新ニュース

最新ニュース

米IT業界の権利擁護団体がトランプ氏提訴、大統領令巡り

ソーシャルメディア企業などのオンラインプラットフォームを保護する法律の効力を弱める米大統領令を巡り、ワシントンを拠点とするIT(情報技術)業界の権利擁護団体、センター・フォー・デモクラシー・アンド・テクノロジー(CDT)は2日、トランプ米大統領を提訴した。

米ズーム、通期売上高見通しを2倍に 在宅勤務で需要急増

ビデオ会議サービスの米ズーム・ビデオ・コミュニケーションズ<ZM.O>は2日、年間売上高の見通しをほぼ2倍に引き上げた。新型コロナウイルスの感染拡大を受けたロックダウン(封鎖)措置で在宅勤務をする人や友人とオンラインでつながる人が増える中、ユーザーが急増していることが背景。

焦点:裏付けなき米株上昇、市場が織り込む過度な景気回復期待

新型コロナウイルスの感染拡大を受けて世界の経済活動が止まった2カ月ほど前には考えられなかったことだが、米S&P総合500種は26日、心理的な節目の3000ポイントを一時的に突破した。3月の安値から37%も値上がりした形だ。

医療機関へのサイバー攻撃、人命を危険にさらす 赤十字社が訴え

赤十字社は26日に公表した書簡で、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)下での医療機関や研究所に対するサイバー攻撃は人命を危険にさらすとし、こうした攻撃を止めさせるよう各国政府に対して「即座に断固とした措置」を取るよう求めた。

米企業団体、トランプ氏に短期就労ビザの継続を要請

トランプ米大統領が短期の就労ビザ(査証)の制限を検討する中、米国の300を超える企業・業界団体・教育団体は22日、専門技能を持つ外国人の入国を阻止すれば経済に悪影響が出るとの書簡を大統領に送付した。

ヘッジファンド、第1四半期に成長株保有拡大 アマゾンなど=GS

ヘッジファンドが第1・四半期にアマゾン・ドット・コム<AMZN.O>やマイクロソフト<MSFT.O>などの成長株へのエクスポージャーを高めていたことが、ゴールドマン・サックスの分析で明らかになった。

米投資ファンド、第1四半期にハイテクやエネルギー株の保有拡大

米投資ファンドは第1・四半期に大手ハイテク企業や、売り込まれていたエネルギーセクターへの投資を拡大した。15日に公表された規制当局への提出資料で明らかになった。

NZ、安全な投資先として魅力 アーダーン首相が強調

ニュージーランドのアーダーン首相は6日、新型コロナウイルスの封じ込めに成功した同国が安全な投資先として魅力があるとアピールした。

NY市場サマリー(5日)米株続伸、ドル底堅く

<為替> ドルが多くの主要通貨に対し上昇した。新型コロナウイルス感染抑制策の緩和による経済活動再開への期待から上昇した米株式市場に歩調を合わせた。一方、ユーロは欧州中央銀行(ECB)の資産買い入れプログラムを巡るドイツ憲法裁判所の判断を受け下落した。

米株続伸、封鎖緩和の動き好感 ヘルスヘア株が高い

米国株式市場は続伸。新型コロナウイルス流行で休止状態にある経済活動再開に向けロックダウン(都市封鎖)措置を緩和する動きが米国内外で広がっていることが材料視された。新型コロナ治療への期待からヘルスケア関連銘柄が買われ、S&P総合500の上昇を主導した。

アップル、年次開発者会議を6月22日にオンライン開催

米アップル<AAPL.O>は5日、年次開発者会議を6月22日に開催すると発表した。新型コロナウイルス流行の影響で会議はオンライン形式となり、参加者はアプリやウェブ上で無料視聴できる。

NY市場サマリー(4日)米株が反発、ドル上昇

<為替> ドルが上昇した。新型コロナウイルスの発生源を巡り米中対立が再燃するとの懸念を背景にリスク選好度が低下し、安全通貨としてのドル買いが強まった。

米株反発、ハイテク株に買い 原油価格上昇も押し上げ

米国株式市場はハイテク株に買いが入り、反発して終了した。原油価格の上昇も押し上げ要因となり、米中間の緊張の高まりを巡る懸念などが相殺された。

米マイクロソフト1─3月期は増収増益、コロナでクラウドなど好調

米マイクロソフト<MSFT.O>が29日に発表した第3・四半期(3月31日まで)決算は増収増益となり、売上高は予想を上回った。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、外出が制限される中、クラウドサービス「アジュール」や職場向け協業アプリ「チームズ」の需要が増加したほか、家庭用ゲーム機「Xbox」の利用が拡大した。

グーグル、法人限定ビデオ会議ツールを一般に無料提供へ

米アルファベット<GOOGL.O>子会社グーグルは29日、これまで一部利用者だけに提供していた無料のビデオ会議ツール「グーグル・ミート」を、近く誰でも無料で使えるようにすると発表した。

米マイクロソフト、1─3月期は増収増益 コロナでビデオ会議利用拡大

米マイクロソフトが29日に発表した第3・四半期(3月31日まで)決算は増収増益となり、売上高は予想を上回った。新型コロナウイルス感染拡大を受けた外出制限措置で企業のテレワークが増えたことで職場向け協業アプリ「チームズ」の利用が拡大したほか、パソコン用基本ソフト(OS)「ウィンドウズ」の需要も増大したことが追い風となった。

米アルファベット、グーグル広告収入が安定化 時間外で株価上昇

米検索大手グーグルの持ち株会社アルファベット<GOOGL.O>は28日、3月下旬に落ち込んだグーグルの広告収入が4月に安定化したと明らかにした。新型コロナウイルス関連情報の検索に加え、買い物を目的としたグーグルの利用も幾分回復したという。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「中陽線」、一目均衡表の雲に突入

<15:49> 日経平均・日足は「中陽線」、一目均衡表の雲に突入 日経平均・日足は「中陽線」。5日移動平均線(1万9378円68銭=27日)を下値サポートに上 昇。一目均衡表の雲に突入した。25日移動平均線(1万9084円22銭=同)は上向きで短期的な上昇 トレンドを維持しており、戻り売りをこなしながら上値を試す可能性もある。 次の上値めどは4月17日の取引時間中に付けた戻り高値1万9922円07銭。ここを上抜ければ一 目均衡表の雲上限やボリンジャーバンドのプラス2シグマ、1月高値から3月安値までの下落の半値戻しな どが重なる2万0200...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は堅調、マザーズ指数2%超高 物色に広がり

<15:07> 新興株市場は堅調、マザーズ指数2%超高 物色に広がり 新興株市場で、日経ジャスダック平均は反発、東証マザーズ指数は3日続伸した。市場からは「個人投 資家が元気。最近は直近IPOや材料の出た銘柄が買われる傾向にあったが、物色する対象も次第に広がっ てきた」(ネット系証券)との声が出ていた。 マザーズ指数は2.35%高。アンジェス が続伸。ベガコーポレーション 、スペース マーケット が一時ストップ高。そーせいグループ 、弁護士ドットコム なども買わ れた。フリー 、ラクス 、チームスピリット は軟調だった。 ジャスダック指数...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は上げ幅拡大、500円超高 堅調な米株先物にらみ

<13:51> 日経平均は上げ幅拡大、500円超高 堅調な米株先物にらみ 日経平均は上げ幅を一時500円超に拡大し、1万9700円台半ばで推移している。日銀が発表した 金融政策決定会合の結果はおおむね事前の観測通りと受け止められたが、金融不安や信用リスクの後退が意 識されているもよう。米株先物がしっかりした動きとなっており、今晩の米国株高への期待が出ているとの 見方もある。市場からは「日銀会合の通過を材料に短期筋が打診的な買いを入れているかもしれない」(国 内証券)との声もあった。   <12:33> 日経平均は小動き、日銀会合の結果への...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up