for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

マイクロソフト・コーポレーション

MSFT.O

現在値

165.04USD

変化

-1.68(-1.01%)

出来高

24,918,117

本日のレンジ

164.45

 - 

167.53

52週レンジ

102.17

 - 

168.19

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
166.72
始値
167.51
出来高
24,918,117
3か月平均出来高
441.21
高値
167.53
安値
164.45
52週高値
168.19
52週安値
102.17
発行済株式数
7,628.81
時価総額
1,259,058.00
予想PER
--
配当利回り
1.24

次のエベント

Q2 2020 Microsoft Corp Earnings Release

適時開示

その他

TikTok Appoints Erich Andersen As Global General Counsel

Microsoft Is Launching A Major New Ad Campaign For Teams, Its Work-Communication App - CNBC

Verisec Enters Partnership Agreement With Microsoft Concerning Freja eID

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

マイクロソフト・コーポレーションとは

マイクロソフト(Microsoft Corporation)は技術会社である。【事業内容】同社は多様なソフトウェア製品、サービス、デバイスを開発・ライセンス供与・サポートする。同社は生産性・ビジネスプロセス事業、インテリジェントクラウド事業およびその他のパーソナルコンピューティング事業を運営する。同社の製品にはオペレーティングシステム、クロスデバイスの生産性アプリケーション、サーバーアプリケーション、ビジネスソリューションアプリケーション、デスクトップおよびサーバー管理ツール、ソフトウェア開発ツール、ビデオゲーム、コンピューターシステムインテグレーターと開発者のトレーニングと認定を含む。また、パーソナルコンピューター(PC)、タブレット、ゲームおよびエンターテインメントコンソール、電話機、その他のインテリジェントデバイス、関連アクセサリなど、クラウドベースの製品と統合されたデバイスの設計・製造・販売を行う。同社は顧客にソフトウェア、サービス、プラットフォーム、およびコンテンツを提供するクラウドベースのソリューションを含む一連のサービスを提供し、ソリューションサポートとコンサルティングサービスを提供する。

連絡先

1 Microsoft Way

+1.425.8828080

https://www.microsoft.com/en-us/

エグゼクティブリーダーシップ

John Wendell Thompson

Independent Non-Executive Chairman of the Board

Bradford Lee Smith

President, Chief Legal Officer

Satya Nadella

Chief Executive Officer, Director

William Henry Gates

Founder, Technology Advisor, Director

Amy E. Hood

Chief Financial Officer, Executive Vice President

統計

1.63 mean rating - 35 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2017

96.7K

2018

110.4K

2019

125.8K

2020(E)

140.3K
EPS (USD)

2017

3.310

2018

3.880

2019

4.750

2020(E)

5.396
株価売上高倍率(過去12カ月)
33.04
株価売上高倍率(過去12カ月)
9.70
株価純資産倍率(四半期)
11.88
株価キャッシュフロー倍率
24.91
総負債/総資本(四半期)
72.94
長期負債/資本(四半期)
69.71
投資利益率(過去12カ月)
18.31
自己資本利益率(過去12カ月)
14.41

最新ニュース

最新ニュース

UPDATE 1-インテル、第4四半期業績と通年売上高見通しが予想上回る 株価7%高

米半導体大手インテルが23日発表した第4・四半期決算は、利益と売上高が市場予想を上回った。通年の売上高見通しも予想を上回り、半導体業界が長い低迷期から脱しつつあるとの市場の見方を後押しした。

米アマゾン、国防総省とマイクロソフトの契約履行保留を申し立て

米アマゾン・ドット・コム<AMZN.O>は22日、米国防総省が最大100億ドル規模のクラウド事業で米マイクロソフト<MSFT.O>と昨年契約を結んだことを巡り、決定を不服としてアマゾンが起こした裁判の結果が出るまで契約履行の保留を求める申し立てを裁判所に提出した。

ソニーやマイクロソフトなど、気候変動対策で最高評価=調査

非営利団体CDPは、世界の企業を対象に気候変動に関する情報開示や活動に基づいてランク付けした報告書を出した。最高評価であるAリスト企業にはソニー<6758.T>、英通信大手BT<BT.L>、仏食品大手ダノン<DANO.PA>、米マイクロソフト<MSFT.O>などが選ばれた。

米ハイテク2社の見解相違、顔認証技術の一時利用停止巡り

欧州連合(EU)が検討している顔認証技術の一時的な利用禁止を巡り、米アルファベット<GOOGL.O>のスンダー・ピチャイ最高経営責任者(CEO)は20日、支持を表明した一方、マイクロソフト<MSFT.O>のブラッド・スミス社長兼最高法務責任者(CLO)は冷めた見解を示した。

高値追う米株に危険信号も 目が離せない決算

20日から始まる週の米株式市場はネットフリックス<NFLX.O>やインテル<INTC.O>、テキサス・インスツルメンツ(TI)<TXN.O>の決算発表に注目が集まる。2019年10─12月期の決算シーズンの行方を占う材料となるかもしれないが、危険信号と受け止められるような数字が出れば過去最高値を更新し続けている米株式市場に冷水を浴びせることになると警戒する投資家もいる。

米マイクロソフト、創業以来のCO2排出量相当分を削減へ

米マイクロソフト<MSFT.O>は16日、創業以来45年間の二酸化炭素(CO2)排出量に相当するCO2を減らす計画を発表した。将来の排出量を減らすことに重点を置く他の米大手企業とは一線を画す取り組み。

NY市場サマリー(16日)

昨年12月の小売売上高は前月比0.3%増で市場予想と一致。3カ月連続で増加した。また1月のフィラデルフィア連銀業況指数も17.0に上昇し、8カ月ぶりの高水準を付けた。[nL4N29L3K4][nL4N29L3WV]

米国株市場は主要指数最高値、S&P初の3300台 IT株が高い

米国株式市場はS&P総合500種<.SPX>が初めて3300台に乗せたほか、他の主要株価指数も最高値で取引を終えた。情報技術(IT)株の上昇や堅調な小売統計、強い内容となったモルガン・スタンレー<MS.N>の決算に支援された。

NY市場サマリー(16日)

<為替> ドルが上昇。底堅い米経済指標がドル相場の支えになった。 昨年12月の小売売上高は前月比0.3%増で市場予想と一致。3カ月連続で増加し た。また1月のフィラデルフィア連銀業況指数も17.0に上昇し、8カ月ぶりの高水準 を付けた。 BMOキャピタル・マーケッツ(ニューヨーク)の為替戦略部長、グレッグ・アンダ ーソン氏は「特にフィラデルフィア指数の伸びが好感され、すでに低い景気後退(リセッ ション)確率がさらに後退した」と述べた。 主要6通貨に対するドル指数は0.1%高の97.329。前日の海外市場で は一時97.085と1月8日以来...

マイクロソフト、OSの重要アップデート配布 当局が欠陥指摘

米マイクロソフト<MSFT.O>は14日、米国家安全保障局(NSA)に基本ソフト(OS)「ウィンドウズ」の重大な欠陥を指摘されたことを受け、重要なセキュリティーアップデートの配布を始めた。NSA当局者が明らかにした。

NY市場サマリー(13日)

<為替> ドルはしっかり。一方、英ポンドは英国経済の成長の弱さが示されたことで月内の利下げ観測が高まり、値下がりした。

S&Pとナスダックが最高値更新、IT株が高い

米国株式市場はアップル<AAPL.O>などIT(情報技術)株が買われ、主要株価3指数が上昇。S&P総合500種<.SPX>とナスダック総合<.IXIC>は最高値を更新して取引を終えた。米中の「第1段階」通商合意の署名を控えた楽観ムードや第4・四半期企業決算への期待が背景。

コラム:巨大化するゲーム市場、20年に立ちはだかる敵とは

2020年のビデオゲーム業界では、1300億ドル規模の市場をめぐり、激烈な闘いが繰り広げられそうだ。ソニー<6758.T>と米マイクロソフト<MSFT.O>が数年ぶりに新しいゲーム機器を発売する予定。米グーグル<GOOGL.O>はクラウド型プラットフォームの「Stadia(スタディア)」を発表したばかりで、米アップル<AAPL.O>と並んでゲーム配信のサブスクリプションサービスで牙城を構築したい意向だ。一方、米アクティビジョン・ブリザード<ATVI.O>などのゲームソフト開発会社は、優位な立場にある。ただ、業界の動向に対して規制当局は監視...

米マイクロソフト、北朝鮮ハッカー集団使用のウェブドメインを制御

米マイクロソフト<MSFT.O>は30日、ハッカー集団「Thallium」が情報を盗み出すために使用していたウェブドメインを制御したと明らかにした。

アングル:世界の市場、今年は投資家にとって過去最高の年か

貿易戦争、地政学上の混乱、世界的な過剰債務といった逆風をすべてはねのけ、2019年は投資家にとって過去最高の年になったのかもしれない。

カナダ首相の首席報道官、マイクロソフト幹部への転身を表明

カナダのトルドー首相のケート・パーチェス首席報道官は17日、現職を退いて米マイクロソフト<MSFT.O>のナデラ最高経営責任者(CEO)のもとで働くと明らかにした。

米人権団体がテスラやアップルなど提訴、コンゴのコバルト採掘で

米国に拠点を置く人権保護団体は15日、コンゴ民主共和国でのコバルト採掘で児童労働を支援したとして米大手企業5社を提訴した。劣悪な環境で子供を働かせ、作業中の事故による死亡やケガの責任があるとしている。

米オラクル、9━11月期は売上高が予想下回る ライセンス販売が不調

米ソフトウエア大手オラクル<ORCL.N>が12日発表した第2・四半期(9─11月)決算は、売上高が市場予想を下回った。クラウドサービスの収入が増えたが、ソフトのライセンス販売の不振は補えなかった。

NTTと米マイクロソフトがデジタルサービスで戦略提携、次世代技術の研究でも

NTTと米マイクロソフト(MS)は10日、デジタルソリューション分野での戦略的提携で合意したと発表した。互いの技術を持ち寄ったサービスを開発・提供するほか、相互に送客しあうことでビジネスの拡大を図る。

トランプ政権がクラウド業者選びで「不適切な圧力」、アマゾンが訴え

米アマゾン・ドット・コム<AMZN.O>は9日、米国防総省が最大100億ドル規模のクラウド事業で米マイクロソフト<MSFT.O>と契約を結んだことを巡り米政府を訴えた裁判で、トランプ政権による「不適切な圧力」と偏向がマイクロソフトによる大型契約受注につながったと主張した。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up