for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

マイクロソフト・コーポレーション

MSFT.O

現在値

264.13USD

変化

5.27(+2.03%)

出来高

9,772,779

本日のレンジ

261.72

 - 

266.75

52週レンジ

241.51

 - 

349.67

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
258.86
始値
261.81
出来高
9,772,779
3か月平均出来高
665.61
高値
266.75
安値
261.72
52週高値
349.67
52週安値
241.51
発行済株式数
7,496.87
時価総額
1,893,168.00
予想PER
27.21
配当利回り
0.98

次のエベント

Q4 2022 Microsoft Corp Earnings Release

適時開示

その他

Cyberproof Collaborating With Microsoft To Provide MXDR Capabilities For Microsoft Security Services For Enterprise

Australia's ACCC Says Submissions Invited On Microsoft's Proposed Acquisition Of Activision

OSE Immunotherapeutics Partners With Microsoft

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

マイクロソフト・コーポレーションとは

マイクロソフト(Microsoft Corp)は技術会社である。【事業内容】多様なソフトウェア製品、サービス、デバイス、およびソリューションを開発およびサポートする。セグメントには、生産性とビジネスプロセス、インテリジェントクラウド、その他のパーソナルコンピューティングが含まれる。製品には、オペレーティングシステム、クロスデバイスの効率化アプリケーション、サーバーアプリケーション、ビジネスソリューションアプリケーション、デスクトップおよびサーバー管理ツール、ソフトウェア開発ツール、ビデオゲームが含まれる。また、パーソナルコンピュータ(PC)、タブレット、ゲームとエンターテインメントコンソール、その他のインテリジェントデバイス、および関連アクセサリなどのデバイスの設計・製造・販売を行う。ソフトウェア、サービス、プラットフォーム、コンテンツを顧客に提供するクラウドベースのソリューションを含む一連のサービスを提供し、ソリューションサポートとコンサルティングサービスを提供する。相手先ブランド供給、直接販売、販売代理店、再販業者を通じて製品とサービスを販売および配布する。

業種

Software & Programming

連絡先

1 Microsoft Way, ONE MICROSOFT WAY

REDMOND, WA

98052-6399

United States

+1.425.8828080

https://www.microsoft.com/en-us

エグゼクティブリーダーシップ

Satya Nadella

Chairman of the Board, Chief Executive Officer

Bradford Lee Smith

President, Chief Legal Officer

Amy E. Hood

Chief Financial Officer, Executive Vice President

Christopher C. Capossela

Chief Marketing Officer and Executive Vice President, Marketing and Consumer Business

Kathleen T. Hogan

Executive Vice President - Human Resources

統計

1.70 mean rating - 50 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2019

125.8K

2020

143.0K

2021

168.1K

2022(E)

199.0K
EPS (USD)

2019

4.750

2020

5.760

2021

8.050

2022(E)

9.301
株価売上高倍率(過去12カ月)
26.41
株価売上高倍率(過去12カ月)
9.83
株価純資産倍率(四半期)
11.63
株価キャッシュフロー倍率
21.94
総負債/総資本(四半期)
39.57
長期負債/資本(四半期)
37.89
投資利益率(過去12カ月)
28.76
自己資本利益率(過去12カ月)
22.18

最新ニュース

最新ニュース

NY市場サマリー(23日)ユーロ下落、利回り2週間ぶり低水準 株反発

<為替> ユーロの下落が目立った。独仏の経済指標が予想を下回り、ユーロ圏経済の伸び悩みを示したことから、欧州中央銀行(ECB)による利上げ幅縮小観測が浮上した。

米国株式市場=反発、ディフェンシブ株やハイテク株が高い

米国株式市場は反発して取引を終えた。景気後退への懸念が続く中、ディフェンシブ株やハイテク株の上昇が景気敏感株の下落を相殺した。

ロシア、ウクライナ支援国をサイバー攻撃=マイクロソフト

米マイクロソフトは22日公表した報告書で、今年2月のロシアのウクライナ侵攻以降、ロシア政府のハッカー集団がウクライナ支援国にもサイバー攻撃を仕掛けていると指摘した。

アレクサを好きな声に変更可能へ、アマゾンが計画発表

米アマゾン・ドット・コムは22日、音声アシスタント機能「アレクサ」について、人工知能(AI)の音声を自分の好きな声に変更できるようにする計画を明らかにした。

米マイクロソフト、感情解析技術の提供中止 顔認証利用も制限

米マイクロソフトは21日、顔の表情から感情を推測する技術の提供を中止し、顔認証サービスの利用を制限すると発表した。

メタバース標準化団体設立、メタなど アップル不参加

メタ、マイクロソフトなどの米巨大テック企業は、各社のメタバース(巨大仮想現実空間)に互換性を持たせるための業界標準開発促進団体「メタバース・スタンダーズ・フォーラム」を立ち上げた。

米国株式市場=2%超上昇、大型株やエネルギー株が主導

米国株式市場は主要3指数とも2%超上昇して取引を終えた。大型成長株やエネルギー企業に買い戻しが入った。

NY市場サマリー(21日)円が対ドルで24年ぶり安値、利回り上昇・株急伸

<為替> 円が対ドルで下落し、1998年10月以来の安値を更新した。日銀が金融緩和を維持する姿勢を示す一方、米連邦準備理事会(FRB)は積極的な金融引き締め策を推進する見通しで、日米金利差拡大が注目された。

NY市場サマリー(21日)円が対ドルで24年ぶり安値、利回り上昇・株急伸

NY外為市場: <債券> 国債利回りが上昇した。 先週、市場を圧迫したリスクオフムードが一服 し、投資家が休場明けに株式に買い戻しを入れた。 ただキャピタル・エコノミクスによると、FRBの引き締めサイクルはまだ先が長く 、米経済が減速する恐れがあるため、株高は短命に終わる見通し。 米リアルター協会(NAR)が21日に発表した5月の米中古住宅販売戸数(季節調 整済み)は年率換算で前月比3.4%減の541万戸と、2020年6月以来、約2年ぶ りの低水準となった。 価格高騰と住宅ローン金利上昇の中で住宅市場が失 速していることを示している。...

中国テンセント、「拡張現実」部門立ち上げ=関係筋

中国のネットサービス大手、テンセント・ホールディングス(騰訊控股)は20日、メタバース(仮想空間)に注力する「拡張現実」(XR)部門の正式な立ち上げを社員に伝えた。関係者3人が明らかにした。

グーグル、ツイッターなどがEU行動規範に合意 偽情報との戦い強化

米メタ・プラットフォームズ、アルファベット傘下グーグル、短文投稿サイトのツイッター、マイクロソフト は16日、欧州連合(EU)の行動規範改定に沿い、偽情報に対して一段と厳しく対応することで合意した。順守しない場合、巨額の罰金が科せられる可能性がある。

米オラクル、3─5月期決算は予想上回る クラウド「高成長段階」

米ソフトウエア大手オラクルが13日発表した第4・四半期(3─5月)決算は、売上高と利益が市場予想を上回った。出社と在宅を合わせた「ハイブリッド勤務」への移行が進む中、クラウドサービスへの支出を増やす企業が増えたことが背景。

米国株式市場=大幅続落、S&P弱気相場入り 景気後退懸念強まる

米国株式市場は大幅続落し、S&P総合500種は弱気相場入りを示す水準に落ち込んだ。連邦準備理事会(FRB)による積極利上げで、米経済はリセッション(景気後退)に陥るとの懸念が出ている。

米オラクル、3─5月期決算は予想上回る クラウド「高成長段階」

米ソフトウエア大手オラクルが13日発表した第4・四半期(3─5月)決算は、売上高と利益が市場予想を上回った。出社と在宅を合わせた「ハイブリッド勤務」への移行が進む中、クラウドサービスへの支出を増やす企業が増えたことが背景。

米国株式市場=大幅続落、インフレ高進で積極利上げ観測高まる

米国株式市場は大幅続落して終了した。米インフレ率が予想を超え、連邦準備理事会(FRB)が一段と積極的に利上げを行うとの観測が高まったことが背景。週間ベースの下落率は1月以来最大になった。

NY市場サマリー(10日)株大幅続落、2年債利回り08年以来の高水準

<為替> ドルが上昇し、約4週間ぶり高値水準となった。米消費者物価指数(CPI)の高止まりで米連邦準備理事会(FRB)が9月まで利上げを継続せざるを得ないとの観測が高まった。

EU、ロシアへのクラウド提供禁止を検討 追加制裁で=関係筋

欧州連合(EU)がロシアに対する新たな制裁の一環としてクラウドサービスの提供禁止を検討している、とEU当局者が8日明らかにした。技術的に複雑な措置とも指摘した。

米マイクロソフト、ロシア事業を大幅縮小 既存契約は履行

米マイクロソフトは8日、ロシア事業を大幅に縮小すると明らかにした。ただ、既存の契約義務は履行する。

〔マーケットアイ〕株式:後場入り後は強もちあい、米株先物の軟化が上値圧迫要因に

<12:50> 後場入り後は強もちあい、米株先物の軟化が上値圧迫要因に 後場に入ってからの日経平均は強もちあい。2万8200円前後の水準で推移してい る。時間外取引で米株先物が徐々に軟化しており、これが上値を圧迫するとの見方も出て いた。それに呼応する形で、東京エレクトロンなど半導体関連株などグロース株 の一角が値を消している。 市場では「テクニカル面で警戒感が生じ始めており、調整がほしいところだが、物色 意欲が強く、強い基調が続いている」(国内証券)との声が聞かれた。 <11:40> 前場の日経平均は続伸、円安で輸出株物色 2万8000...

午前の日経平均は続伸、円安で輸出株物色 2万8000円固めの動き

8日午前の東京株式市場で、日経平均は前営業日比264円97銭高の2万8208円92銭と続伸した。ドル高/円安が進んだことで輸出関連株を中心に物色され、前日までの好地合いを維持した。これまで上値の節目として意識されていた2万8000円を固める動きとなっている。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up