for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

マイクロソフト・コーポレーション

MSFT.O

現在値

325.26USD

変化

0.00(0.00%)

出来高

129,423

本日のレンジ

--

 - 

--

52週レンジ

213.43

 - 

338.56

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
325.26
始値
0.00
出来高
129,423
3か月平均出来高
629.70
高値
--
安値
--
52週高値
338.56
52週安値
213.43
発行済株式数
7,443.80
時価総額
2,404,488.00
予想PER
33.50
配当利回り
0.84

次のエベント

Microsoft Corp Annual Shareholders Meeting

適時開示

その他

Microsoft Announces OpenAI Service For Government

OpenAI CEO: India Can Have A Role In International Regulatory Conversations Around AI

Japan Personal Information Protection Commission Issued Warning To OpenAI Regarding Privacy Protection

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

マイクロソフト・コーポレーションとは

マイクロソフト(Microsoft Corp)は技術会社である。【事業内容】多様なソフトウェア製品、サービス、デバイス、およびソリューションを開発およびサポートする。セグメントには、生産性とビジネスプロセス、インテリジェントクラウド、その他のパーソナルコンピューティングが含まれる。製品には、オペレーティングシステム、クロスデバイスの効率化アプリケーション、サーバーアプリケーション、ビジネスソリューションアプリケーション、デスクトップおよびサーバー管理ツール、ソフトウェア開発ツール、ビデオゲームが含まれる。また、パーソナルコンピュータ(PC)、タブレット、ゲームとエンターテインメントコンソール、その他のインテリジェントデバイス、および関連アクセサリなどのデバイスの設計・製造・販売を行う。ソフトウェア、サービス、プラットフォーム、コンテンツを顧客に提供するクラウドベースのソリューションを含む一連のサービスを提供し、ソリューションサポートとコンサルティングサービスを提供する。相手先ブランド供給、直接販売、販売代理店、再販業者を通じて製品とサービスを販売および配布する。

業種

Software & Programming

連絡先

One Microsoft Way

REDMOND, WA

98052-6399

United States

+1.425.8828080

https://www.microsoft.com/en-us

エグゼクティブリーダーシップ

Satya Nadella

Chairman of the Board, Chief Executive Officer

Bradford Lee Smith

President and Vice Chair

Amy E. Hood

Chief Financial Officer, Executive Vice President

Miki Tsusaka

President - Microsoft Japan

Christopher C. Capossela

Chief Marketing Officer, Executive Vice President - Marketing and Consumer Business

統計

1.85 mean rating - 53 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2020

143.0K

2021

168.1K

2022

198.3K

2023(E)

211.2K
EPS (USD)

2020

5.760

2021

8.050

2022

9.210

2023(E)

9.654
株価売上高倍率(過去12カ月)
35.05
株価売上高倍率(過去12カ月)
11.58
株価純資産倍率(四半期)
12.35
株価キャッシュフロー倍率
28.97
総負債/総資本(四半期)
33.22
長期負債/資本(四半期)
29.42
投資利益率(過去12カ月)
24.58
自己資本利益率(過去12カ月)
19.05

最新ニュース

最新ニュース

アングル:生成AIで変わるネット広告、クライアントに懸念の声

マイクロソフトとグーグルが始めた生成人工知能(AI)と広告を融合させる試みに対し、広告主であるクライアントにはこれを拒否する権利が与えられていない。複数の広告主によると、ブランド企業の中から不満の声が出ており、スポンサー全体に反発が広がりかねない状況だ。

オープンAIのCEOが韓国訪問、大統領と会談へ

[ソウル 9日 ロイター] - 対話型人工知能(AI)「チャットGPT」を開発した米新興企業オープンAIのサム・アルトマン最高経営責任者(CEO)は9日、韓国を訪問し、約100社の現地新興企業幹部と会談した。尹錫悦大統領との会談も予定されている。

米メタがアプリ向け生成AI実演、人格変わるチャットボットなど

[ニューヨーク 8日 ロイター] - 米メタ・プラットフォームズは8日に開いた全社会議で、傘下の交流サイト(SNS)やアプリに搭載するため開発している生成AI(人工知能)機能を実演した。対話アプリ「メッセンジャー」と「ワッツアップ」でさまざまな人格で対話できるチャットボットが含まれた。

AI新興企業コヒア、2.7億ドル調達 エヌビディアなどから

[8日 ロイター] - カナダのトロントを拠点とする人工知能(AI)スタートアップ企業コヒアは8日、米エヌビディアやオラクル、セールスフォースのベンチャー部門などから2億7000万ドルを調達したと発表した。

米MS、オープンAIのGPTモデルを政府機関ユーザーに提供へ

[7日 ロイター] - マイクロソフトは7日、同社のクラウド基盤「Azure(アジュール)」を利用する米連邦政府機関に対して、対話型人工知能(AI)「チャットGPT」を開発した米新興企業オープンAIの強力な言語生成モデルを提供すると明らかにした。

米オープンAIに上場計画なし、利益制限の「奇妙な構造」=CEO

[ストックホルム 6日 ロイター] - 対話型人工知能(AI)「チャットGPT」を開発した米新興企業オープンAIのサム・アルトマン最高経営責任者(CEO)は、近い将来に上場する計画はないと明らかにした。

UPDATE 1-米オープンAIに上場計画なし、利益制限の「奇妙な構造」=CEO

[ストックホルム 6日 ロイター] - 対話型人工知能(AI)「チャットGPT」を開発した米新興企業オープンAIのサム・アルトマン最高経営責任者(CEO)は、近い将来に上場する計画はないと明らかにした。

アップル、ARヘッドセット「ビジョンプロ」発表 3499ドル

[クパチーノ(カリフォルニア州) 5日 ロイター] - 米アップルは5日、年次世界開発者会議(WWDC)で拡張現実(AR)ヘッドセット「Apple Vision Pro(アップルビジョンプロ)」を発表した。新たなカテゴリーの製品が発表されるのは腕時計型端末「アップルウオッチ」以来となる。 ビジョンプロの価格は3499ドル。米メタ・プラットフォームズの仮想現実(VR)ゴーグルの最上位機種の3倍以上の価格となる。2024年初めに米国で発売され、その後世界展開する。

米オープンAIのCEO、AIリスク抑制でイスラエルの役割に期待

[テルアビブ 5日 ロイター] - 対話型人工知能(AI)「チャットGPT」を開発した米新興オープンAIのサム・アルトマン最高経営責任者(CEO)は5日、AIのリスクを抑えるためにイスラエルが「大きな役割」を果たすと予想し、同国への投資機会を模索していることを明らかにした。

アップル、ARヘッドセット「ビジョンプロ」発表 3499ドル

[クパチーノ(カリフォルニア州) 5日 ロイター] - 米アップルは5日、年次世界開発者会議(WWDC)で拡張現実(AR)ヘッドセット「Apple Vision Pro(アップルビジョンプロ)」を発表した。新たなカテゴリーの製品が発表されるのは腕時計型端末「アップルウオッチ」以来となる。

アングル:米大型ハイテク株、売却か継続保有か 投資家の見解割れる

米株式市場が上昇を続ける中、そのけん引役となっている大型のハイテク・成長株を保有する投資家の間で、こうした銘柄を売却して現金化するか、それともさらなる値上がりを待って持ち続けるか、といった議論が起きている。

アングル:ケニアの欧米学生向け闇代筆バイト、生成AIに勝てるか

数学の学位を身につけたランガットさん(30歳)は7年前、ケニアの中級レベルの大学を卒業した後、統計関連の仕事に就きたいと願っていた。だが、計画通りには進まなかった。

UPDATE 1-ハイテク株ファンド、過去最大の資金流入=BofA週間調査

BofAグローバル・リサーチによると、先月31日までの1週間はハイテク株ファンドに過去最大となる85億ドルが流入した。人工知能(AI)関連株への関心が高まった。

ハイテク株ファンド、過去最大の資金流入=BofA週間調査

BofAグローバル・リサーチによると、先月31日までの1週間はハイテク株ファンドに過去最大となる85億ドルが流入した。人工知能(AI)関連株への関心が高まった。

アングル:生成AIブームと米大統領選、ディープフェイクにどう対処

「私、実はロン・デサンティス氏が大好きで」。あろうことか、共和党の大統領指名獲得争いに出馬したフロリダ州知事を支持していると暴露する民主党のヒラリー・クリントン元米国務長官。「この国が必要としているのは正に彼のような人。本気でそう思います」──。

コラム:エヌビディア、時価総額1兆ドルの長期維持は困難か

米半導体大手エヌビディアは30日、まさに鳴り物入りで「時価総額1兆ドルクラブ」への入会を果たしたが、会員でいられる期間は短いかもしれない。クラブの先輩にはアップル、グーグル親会社アルファベット、アマゾン・ドット・コム、マイクロソフトといったそうそうたる顔ぶれが並んでいる。しかしエヌビディアの場合、その成長ぶりが急速で不安定さも伴っている点からすると、以前にテスラがたどった道筋を行く可能性がある。テスラも華々しく時価総額1兆ドルに達したものの、その後ほどなくクラブから退会してしまった。

株価急伸のエヌビディア、業績受けた予想上方修正でPERは低下

エヌビディアの株価がここ数日急上昇したが、株価収益率(PER)は低下している。

マイクロソフト、アクティビジョン買収承認しない英当局を非難

米マイクロソフトは30日、ゲーム大手アクティビジョン・ブリザードの買収を承認しない英規制当局を世界の「異端者」だと非難した。

AIが人類滅亡させるリスク「核戦争と並ぶ」、業界トップら警鐘

[ストックホルム/ロンドン 30日 ロイター] - 米オープンAIなど主要な人工知能(AI)開発企業の最高経営責任者(CEO)や研究者らが30日、AIが人類を滅亡させるリスクに警鐘を鳴らし、核戦争などと同列に扱うよう政策立案者に訴えた。

エヌビディア、終値は時価総額1兆ドル届かず 10月以降約200%高

[30日 ロイター] - 米半導体大手エヌビディア株が30日の米株式市場で一時時価総額1兆ドルを突破した。ただ、引け値では3%高の401.11ドルまで上げ幅を縮小し、1兆ドルの大台維持はわずかにならなかった。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up