for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

マイクロソフト・コーポレーション

MSFT.O

現在値

259.58USD

変化

2.75(+1.07%)

出来高

22,837,692

本日のレンジ

254.61

 - 

259.77

52週レンジ

241.51

 - 

349.67

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
256.83
始値
256.39
出来高
22,837,692
3か月平均出来高
662.51
高値
259.77
安値
254.61
52週高値
349.67
52週安値
241.51
発行済株式数
7,496.87
時価総額
1,941,407.00
予想PER
27.62
配当利回り
0.96

次のエベント

Q4 2022 Microsoft Corp Earnings Release

適時開示

その他

Atea And Microsoft Sign Agreement To Triple Sales Of Atea Cloud Services

Cyberproof Collaborating With Microsoft To Provide MXDR Capabilities For Microsoft Security Services For Enterprise

Australia's ACCC Says Submissions Invited On Microsoft's Proposed Acquisition Of Activision

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

マイクロソフト・コーポレーションとは

マイクロソフト(Microsoft Corp)は技術会社である。【事業内容】多様なソフトウェア製品、サービス、デバイス、およびソリューションを開発およびサポートする。セグメントには、生産性とビジネスプロセス、インテリジェントクラウド、その他のパーソナルコンピューティングが含まれる。製品には、オペレーティングシステム、クロスデバイスの効率化アプリケーション、サーバーアプリケーション、ビジネスソリューションアプリケーション、デスクトップおよびサーバー管理ツール、ソフトウェア開発ツール、ビデオゲームが含まれる。また、パーソナルコンピュータ(PC)、タブレット、ゲームとエンターテインメントコンソール、その他のインテリジェントデバイス、および関連アクセサリなどのデバイスの設計・製造・販売を行う。ソフトウェア、サービス、プラットフォーム、コンテンツを顧客に提供するクラウドベースのソリューションを含む一連のサービスを提供し、ソリューションサポートとコンサルティングサービスを提供する。相手先ブランド供給、直接販売、販売代理店、再販業者を通じて製品とサービスを販売および配布する。

業種

Software & Programming

連絡先

1 Microsoft Way, ONE MICROSOFT WAY

REDMOND, WA

98052-6399

United States

+1.425.8828080

https://www.microsoft.com/en-us

エグゼクティブリーダーシップ

Satya Nadella

Chairman of the Board, Chief Executive Officer

Bradford Lee Smith

President, Chief Legal Officer

Amy E. Hood

Chief Financial Officer, Executive Vice President

Christopher C. Capossela

Chief Marketing Officer and Executive Vice President, Marketing and Consumer Business

Kathleen T. Hogan

Executive Vice President - Human Resources

統計

1.70 mean rating - 50 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2019

125.8K

2020

143.0K

2021

168.1K

2022(E)

199.0K
EPS (USD)

2019

4.750

2020

5.760

2021

8.050

2022(E)

9.298
株価売上高倍率(過去12カ月)
27.08
株価売上高倍率(過去12カ月)
10.08
株価純資産倍率(四半期)
11.92
株価キャッシュフロー倍率
22.50
総負債/総資本(四半期)
39.57
長期負債/資本(四半期)
37.89
投資利益率(過去12カ月)
28.76
自己資本利益率(過去12カ月)
22.18

最新ニュース

最新ニュース

今年のスマホ・PC出荷台数は減少へ、中国が減速=ガートナー

調査会社ガートナーは30日、世界のパソコン(PC)とスマートフォンの出荷台数が今年は減少するとの見通しを示し、インフレによる個人消費の落ち込みと中国経済の減速を要因として挙げた。

NY市場サマリー(29日)ドル上昇、S&Pとナスダック小幅続落

<為替> ユーロが下落した一方、ドルが上昇した。米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長が、利上げによる景気減速よりも持続的な高インフレの方がより大きなリスクとの見方を示したことが背景。

米国株式市場=S&Pとナスダック小幅続落、日中は一進一退

米国株式市場はS&P総合500種が小幅続落して取引を終了した。日中は前日終値を挟んで一進一退の動きとなった。S&P500は月間および四半期での下げが見込まれるほか、上半期では1970年以降で最大の下落率を記録する見通しとなっている。

NY市場サマリー(29日)ドル上昇、S&Pとナスダック小幅続落

<為替> ユーロが下落した一方、ドルが上昇した。米連邦準備理事会(FRB)の パウエル議長が、利上げによる景気減速よりも持続的な高インフレの方がより大きなリス クとの見方を示したことが背景。 パウエル議長はポルトガルのシントラで開かれている欧州中央銀行(ECB)の年次 フォーラムで、FRBがインフレ抑制のために景気を必要以上に減速させる「リスクはあ る」と認めながらも、「それがより大きなリスクという見方には同意しない。物価安定の 回復に失敗することがより大きな間違いだ」と述べた。 主要6通貨に対するドル指数は0.593%高の105.070...

NY市場サマリー(28日)株式大幅続落、ユーロ下落

<為替> ユーロが下落。欧州中央銀行(ECB)のラガルド総裁は28日、ECBが検討している債券買い入れプログラムについて発言したものの、金融政策見通しについて新たな手がかりを示さなかった。

米国株式市場=大幅続落、消費者信頼感悪化で景気懸念

米国株式市場は大幅続落して終了した。6月の米消費者信頼感が悪化したことで楽観的な見方が後退し、インフレ対応に向けた連邦準備理事会(FRB)の積極的な利上げで米経済が景気後退(リセッション)に陥るとの懸念が高まった。

NY市場サマリー(28日)株式大幅続落、ユーロ下落

<為替> ユーロが下落。欧州中央銀行(ECB)のラガルド総裁は28日、ECB が検討している債券買い入れプログラムについて発言したものの、金融政策見通しについ て新たな手がかりを示さなかった。 ラガルド総裁はECBが段階的に行動するとしつつも、中期的なインフレが悪化した 場合、特にインフレ期待が不安定化する兆候がある場合は、断固として行動する選択肢も あると述べた。 ユーロはラガルド総裁の発言を受け、1.06ドルを下回る水準で推移。終盤の取引 では0.6%安の1.052ドル。 ニューヨーク連銀のウィリアムズ総裁は28日、政策金利が年末までに...

米国株式市場=大幅続落、消費者信頼感悪化で景気懸念

米国株式市場は大幅続落 して終了した。6月の米消費者信頼感が悪化したことで楽観的な見方が 後退し、インフレ対応に向けた連邦準備理事会(FRB)の積極的な利 上げで米経済が景気後退(リセッション)に陥るとの懸念が高まった。 主要3指数の中では、ハイテク銘柄が多いナスダック総合 が最も大きく下落。アップル、マイクロソフト、アマ ゾン・ドット・コムの下げが重しになった。  終値 前日比 % 始値 高値 安値 コード ダウ工業株30種 30946.99 -491.27 -1.56 31549.0 31885. 30934. 5 09 33  前営業日終値...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「中陽線」、25日線を回復 パラボリックが陽転

<16:28> 日経平均・日足は「中陽線」、25日線を回復 パラボリックが陽転 日経平均・日足は「中陽線」となった。終値は2万7049円47銭。25日移動平 均線(2万6984円02銭=28日)を12営業日ぶりに終値で上回ったほか、パラボ リックは陽転した。ローソク足の上下のヒゲは短く陽の丸坊主の形状に近い。強気サイン とみることも可能だ。MACDがシグナルに接近しており、テクニカル面でさらに改善す るかが焦点となる。 <15:08> 新興株はマザーズが小幅続伸、ヌーラボとM&A総研は初値下回る 新興株式市場は、マザーズ総合が前営業日比...

〔マーケットアイ〕株式:新興株はマザーズが小幅続伸、ヌーラボとM&A総研は初値下回る

<15:08> 新興株はマザーズが小幅続伸、ヌーラボとM&A総研は初値下回る 新興株式市場は、マザーズ総合が前営業日比0.49%高の677.37ポイントと 小幅に4日続伸した。マイナスとプラスを往来し、方向感を欠く動きとなった。27日か らリアルタイムでのプライス更新が始まったグロース市場指数は同0.71%高の861 .80ポイントだった。 そーせいグループやビジョナル、ジーエヌアイグループが 堅調だった一方、メルカリやフリー、ウェルスナビはさえなか った。 グロース市場に新規上場したヌーラボの初値は公開価格を4.5%下回る9 55円となった...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均はもみあい、月末月初の米指標を前に上値追いに慎重にも

<14:25> 日経平均はもみあい、月末月初の米指標を前に上値追いに慎重にも 日経平均は心理的節目2万7000円の手前でのもみあいとなっている。午前中に節 目を一時上回ったが、利益確定や戻り待ちの売りに上値を抑えられた。 日本株は割安感や国内経済再開への期待を支えに、下値の堅さが意識されている。一 方、米連邦準備理事会(FRB)の金融引き締めや景気後退への警戒感はくすぶっており 「月末月初には米国で重要な経済指標の発表が相次ぐことから、上値追いに慎重になりや すい」(国内証券)との声も聞かれる。 米国では30日に5月の個人所得・消費支出...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は再びプラスに、配当金再投資など好需給が支え

<13:20> 日経平均は再びプラスに、配当金再投資など好需給が支え 日経平均は前日比プラス圏に再び浮上し、2万7000円手前で推移している。目新 しい材料は見当たらず、引き続き方向性には乏しい。きょうが受け渡しベースで6月の最 終売買日で、12月決算企業の中間配当の権利取りの動きが活発化するなど好需給が株価 を支えているとの見方も出ている。 市場では「今週は配当金の再投資もあり、きょうの堅調な動きは権利取りも含めて配 当に絡んだ特殊事情を考慮する必要がある」(国内証券)との声が聞かれた。 <11:40> 前場の日経平均は反落、方向感乏...

午前の日経平均は反落、方向感乏しい 2万7000円回復後に軟化

午前の東京株式市場で、日経平均は前営業日比40円58銭安の2万6830円69銭と、反落した。実質6月最終日とあって配当権利を取る動きがあるものの、全体的に方向感に乏しい。一時2万7000円を回復しながらも、その後は軟化した。

NY市場サマリー(27日)ドル軟調、株式反落

<為替> ドルが主要通貨に対し軟調となった。米国の物価上昇が鈍化する中、積極的な利上げが実施されるとの観測を見直す動きが出ている。

米国株式市場=反落、グロース株の下げが重し

米国株式市場は反落して取引を終えた。投資家心理を動かすような材料に乏しい中、アマゾン・ドット・コムやマイクロソフト、アルファベット など金利に敏感な大型株の下げが指数の重しになった。

NY市場サマリー(27日)ドル軟調、株式反落

<為替> ドルが主要通貨に対し軟調となった。米国の物価上昇が鈍化する中、積極 的な利上げが実施されるとの観測を見直す動きが出ている。 主要6通貨に対するドル指数は0.12%安の103.9。米連邦準備理事会 (FRB)がインフレに対応するために積極的な利上げを行うとの観測を背景に、ドル指 数は今月に入り105.79と、2002年終盤以来の高値を付けていた。 欧州中央銀行(ECB)の利上げ観測を背景に、ユーロは上昇。OANDAのシニア 市場アナリスト、エドワード・モヤ氏は「ECBの利上げ開始に対する期待が高まってい る」とし、「ハト派的な利上...

米国株式市場=下落、グロース株の下げが重し

米国株式市場は下落して 取引を終えた。投資家心理を動かすような材料に乏しい中、アマゾン・ ドット・コムやマイクロソフト、アルファベット<GOO GL.O> など金利に敏感な大型株の下げが指数の重しになった。  終値 前日比 % 始値 高値 安値 コード ダウ工業株30種 31438.26 -62.42 -0.20 31533.60 31598.59 31351.37  前営業日終値 31500.68 ナスダック総合 11500.66 -106.96 -0.92 11661.02 11677.49 11487.07  前営業日終値 11607.62...

従業員の中絶に絡む交通費を負担へ、米企業が相次いで表明

米連邦最高裁が24日、人工妊娠中絶を憲法上の権利と認める1973年の「ロー対ウェイド判決」を覆す判断を下したことを受け、国内の約半数の州が中絶の制限に動く見通しとなる中、ウォルト・ディズニーやメタ・プラットフォームズなどの企業は相次いで、州外で中絶手術を受ける必要の従業員の交通費などのコストを支援する方針を表明した。

NY市場サマリー(23日)ユーロ下落、利回り2週間ぶり低水準 株反発

<為替> ユーロの下落が目立った。独仏の経済指標が予想を下回り、ユーロ圏経済の伸び悩みを示したことから、欧州中央銀行(ECB)による利上げ幅縮小観測が浮上した。

米国株式市場=反発、ディフェンシブ株やハイテク株が高い

米国株式市場は反発して取引を終えた。景気後退への懸念が続く中、ディフェンシブ株やハイテク株の上昇が景気敏感株の下落を相殺した。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up