for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

マイクロソフト・コーポレーション

MSFT.O

前日終値

148.06USD

変化

0.75(+0.51%)

出来高

19,739,420

本日のレンジ

147.00

 - 

148.41

52週レンジ

93.96

 - 

148.41

∙ 約15分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
147.31
始値
147.02
出来高
19,739,420
3か月平均出来高
495.57
高値
148.41
安値
147.00
52週高値
148.41
52週安値
93.96
発行済株式数
7,628.81
時価総額
1,123,799.00
予想PER
27.28
配当利回り
1.38

次のエベント

Dividend For MSFT34.SA - 2.1110 BRL

適時開示

その他

Allianz Partners With Microsoft To Digitally Transform The Insurance Industry

Suncor Energy Inc Announces A Multi-Year Strategic Alliance With Microsoft Canada

Microsoft Says CMO, Christopher Capossela Reports Open Market Sale Of 2,500 Shares Of Co's Common Stock

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

マイクロソフト・コーポレーションとは

マイクロソフト(Microsoft Corporation)は技術会社である。【事業内容】同社は多様なソフトウェア製品、サービス、デバイスを開発・ライセンス供与・サポートする。同社は生産性・ビジネスプロセス事業、インテリジェントクラウド事業およびその他のパーソナルコンピューティング事業を運営する。同社の製品にはオペレーティングシステム、クロスデバイスの生産性アプリケーション、サーバーアプリケーション、ビジネスソリューションアプリケーション、デスクトップおよびサーバー管理ツール、ソフトウェア開発ツール、ビデオゲーム、コンピューターシステムインテグレーターと開発者のトレーニングと認定を含む。また、パーソナルコンピューター(PC)、タブレット、ゲームおよびエンターテインメントコンソール、電話機、その他のインテリジェントデバイス、関連アクセサリなど、クラウドベースの製品と統合されたデバイスの設計・製造・販売を行う。同社は顧客にソフトウェア、サービス、プラットフォーム、およびコンテンツを提供するクラウドベースのソリューションを含む一連のサービスを提供し、ソリューションサポートとコンサルティングサービスを提供する。

業種

Software & Programming

連絡先

1 Microsoft Way

+1.425.8828080

https://www.microsoft.com/en-us/

エグゼクティブリーダーシップ

John Wendell Thompson

Independent Non-Executive Chairman of the Board

Bradford Lee Smith

President, Chief Legal Officer

Satya Nadella

Chief Executive Officer, Director

William Henry Gates

Founder, Technology Advisor, Director

Amy E. Hood

Chief Financial Officer, Executive Vice President

統計

1.60 mean rating - 35 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2017

96.7K

2018

110.4K

2019

125.8K

2020(E)

140.4K
EPS (USD)

2017

3.310

2018

3.880

2019

4.750

2020(E)

5.392
株価売上高倍率(過去12カ月)
29.49
株価売上高倍率(過去12カ月)
8.66
株価純資産倍率(四半期)
10.60
株価キャッシュフロー倍率
22.23
総負債/総資本(四半期)
72.94
長期負債/資本(四半期)
69.71
投資利益率(過去12カ月)
18.31
自己資本利益率(過去12カ月)
14.41

最新ニュース

最新ニュース

米アップル、22年のARヘッドセット投入目指す=ニュースサイト

米アップル<AAPL.O>は拡張現実(AR)ヘッドセットの2022年の市場投入を目指している。テクノロジー系ニュースサイト「ジ・インフォメーション」が11日に報じた。23年までには洗練されたARメガネの発売を目指しているという。

NY市場サマリー(8日)

<為替> ドル指数が3週間ぶりの高水準を付けた。米中追加関税撤廃を巡る不透明感が高まる中でリスク選好度が低下し、安全資産とされるドルに買いが入った。同様に安全資産と見なされる円も買われた。

米主要株価指数が最高値更新、ウォルト・ディズニー高い

米国株式市場は上昇し、主要株価指数が揃って最高値を更新。S&P総合500種指数<.SPX>が週間で5週連続で値上がりした。

5G、米中日韓で普及へ 欧州は出遅れ=調査

GSMAインテリジェンスの調査によると、第5世代(5G)モバイル通信規格は中国、米国、日本、韓国で普及が進み、2025年までには4カ国のユーザーが世界全体の半分以上を占める見通し。

AI分野で米は投資拡大を、中国の進歩懸念=元グーグルCEOら

米政府から委託され、AI(人工知能)に関する調査を実施している委員会は4日、中間報告書を公表し、研究開発への投資拡大や、AIに対応した労働力の養成、国家安全保障分野への技術応用が必要だと指摘した。

米アップル、カリフォルニア州住宅不足緩和に25億ドル拠出 山火事に対応

米アップルは4日、米カリフォルニア州で発生している山火事により州全域で住宅価格が上昇していることを受け、住宅不足の緩和に向け25億ドルを拠出すると明らかにした。

コラム:アマゾン「受注敗北」に見る、トランプ新手法の威力

大手ハイテク企業のオーナーにとって、トランプ政権に目を付けられる以上に困ったことは、政権の「寵愛」が他の企業に向かうことかもしれない。アマゾン・ドット・コム<AMZN.O>は、米国防総省からの100億ドル規模の契約獲得でマイクロソフト<MSFT.O>に敗れた。これはトランプ大統領が介入をちらつかせていた案件だ。

マイクロソフトがクラウド猛追、揺らぐ王者アマゾンの地位

米マイクロソフト<MSFT.O>が米国防総省からクラウドの大型案件を受注したことを受けて、アナリストは、米アマゾン・ドット・コム<AMZN.O>のクラウド最大手の地位が脅かされる可能性があると指摘している。

米グーグル、独禁法調査巡り秘密保護申し立て

全米50州・地域当局による反トラスト法(独占禁止法)違反疑惑調査を巡り、米アルファベット<GOOGL.O>傘下グーグルは31日、テキサス州の裁判所に企業秘密の保護を求める申し立てを行った。

焦点:サウジ投資会議、人権問題やアラムコ上場遅れで存在感低下

サウジアラビアの首都リヤドで来週29─31日に、年次投資会議「フューチャー・インベストメント・イニシアチブ(FII)」が開催される。

ノルウェー政府系ファンド、第3四半期のリターンは1.6%

ノルウェーの政府系ファンドは30日、第3・四半期の投資リターンが1.6%だったことを明らかにした。運用益は2360億ノルウェークローネ(255億5000万ドル)。

マイクロソフト、スポーツ団体狙ったサイバー攻撃を追跡

米マイクロソフト<MSFT.O>は、国際的なスポーツ団体や反ドーピング機関を標的とした重大なサイバー攻撃を追跡したと発表した。

米アルファベット、第3四半期利益が予想下回る 経費拡大で

米グーグルの持ち株会社アルファベット<GOOGL.O>が28日発表した第3・四半期決算は、利益が市場予想を下回った。事業の拡大を進める中、経費が売上高の伸びを上回るペースで膨らみ、過去最高を記録した。株価は引け後の取引で1.6%値下がりし、通常取引での上昇率(1.95%)をほぼすべて消す展開となった。

NY市場サマリー(28日)

<為替> ニューヨーク外為市場では、米中通商合意への期待から安全通貨が売られ、ドル指数が下落したほか、円は対ドルで3カ月ぶりの安値を付けた。

S&P最高値更新、米中通商合意や利下げ巡る期待で

米国株式市場は上昇。S&P総合は過去最高値を更新したほか、ナスダックも最高値に迫った。米中通商合意への期待や、米連邦準備理事会(FRB)が今週の米連邦公開市場委員会(FOMC)で追加利下げを実施するとの観測が株価押し上げに寄与した。

米国防大型クラウド契約はマイクロソフト アマゾン受注ならず

米国防総省は25日、100億ドル規模のクラウドサービス契約を米マイクロソフト<MSFT.O>と結ぶと発表した。

S&P500とナスダックが上昇、ハイテク企業の好決算で

米国株式市場はS&P総合500種とナスダック総合が上昇して取引を終えた。マイクロソフト<MSFT.O>など複数のハイテク企業が発表した堅調な四半期決算が支援した。一方、スリーエム(3M)<MMM.N>の決算はさえず、ダウ工業株30種の重しとなった。

今日の株式見通し=強もちあい、インテル好決算受け半導体関連株に注目

きょうの東京株式市場で日経平均株価は、強もちあいとなりそうだ。前日の米国株式市場で、好決算銘柄が買われる展開になったことや外為市場でドル/円が108円台で落ち着いて推移していることが、高値警戒感が台頭する中で安心感を与える。米インテル<INTC.O>の決算が予想よりも良い内容だったことを受けて半導体関連株に注目が集まりそうだ。ただ、週末であることから積極的に上値を追う動きにはならないとみられる。

米国株式市場=S&P500とナスダックが上昇、ハイテク企業の好決算で

米国株式市場はS&P総 合500種とナスダック総合が上昇して取引を終えた。マイクロソフト など複数のハイテク企業が発表した堅調な四半期決算が支援し た。一方、スリーエム(3M)の決算はさえず、ダウ工業株3 0種の重しとなった。  終値 前日比 % 始値 高値 安値 コード ダウ工業株30種 26805.53 -28.42 -0.11 26893.9 26931.7 26714.3 3 8 4  前営業日終値 26833.95 ナスダック総合 8185.80 +66.00 +0.81 8180.04 8187.84 8137.66  前営業日終値...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも15分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up