for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

マイクロソフト・コーポレーション

MSFT.O

現在値

286.50USD

変化

0.28(+0.10%)

出来高

18,149,375

本日のレンジ

286.08

 - 

288.62

52週レンジ

196.25

 - 

290.15

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
286.22
始値
286.24
出来高
18,149,375
3か月平均出来高
524.04
高値
288.62
安値
286.08
52週高値
290.15
52週安値
196.25
発行済株式数
7,519.00
時価総額
2,158,097.00
予想PER
37.08
配当利回り
0.78

次のエベント

Dividend For MSFT.OQ - 0.5600 USD

適時開示

その他

Microsoft - Sees Q1 Productivity And Business Processes Revenue Of $14.5 Billion To $14.75 Billion

Microsoft Reports Quarterly Revenue Of $46.2 Billion, Up 21%

Microsoft Discovers Threat Actor Targeting Solarwinds Serv-U Software With 0-Day Exploit- Blog

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

マイクロソフト・コーポレーションとは

マイクロソフト(Microsoft Corp)は技術会社である。【事業内容】多様なソフトウェア製品、サービス、デバイス、およびソリューションを開発およびサポートする。セグメントには、生産性とビジネスプロセス、インテリジェントクラウド、その他のパーソナルコンピューティングが含まれる。製品には、オペレーティングシステム、クロスデバイスの生産性アプリケーション、サーバーアプリケーション、ビジネスソリューションアプリケーション、デスクトップおよびサーバー管理ツール、ソフトウェア開発ツール、ビデオゲームが含まれる。また、パーソナルコンピュータ(PC)、タブレット、ゲームとエンターテインメントコンソール、その他のインテリジェントデバイス、および関連アクセサリなどのデバイスの設計・製造・販売を行う。ソフトウェア、サービス、プラットフォーム、コンテンツを顧客に提供するクラウドベースのソリューションを含む一連のサービスを提供し、ソリューションサポートとコンサルティングサービスを提供する。相手先ブランド供給、直接販売、販売代理店、再販業者を通じて製品とサービスを販売および配布する。

業種

Software & Programming

連絡先

1 Microsoft Way

REDMOND, WA

98052-6399

United States

+1.425.8828080

https://www.microsoft.com/en-us

エグゼクティブリーダーシップ

Satya Nadella

Chairman of the Board, Chief Executive Officer

Bradford Lee Smith

President, Chief Legal Officer

Amy E. Hood

Chief Financial Officer, Executive Vice President

Kevin Scott

Chief Technology Officer, Executive Vice President - Technology & Research

Christopher C. Capossela

Chief Marketing Officer and Executive Vice President, Marketing and Consumer Business

統計

1.60 mean rating - 40 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2019

125.8K

2020

143.0K

2021

168.1K

2022(E)

186.7K
EPS (USD)

2019

4.750

2020

5.760

2021

8.050

2022(E)

8.388
株価売上高倍率(過去12カ月)
35.57
株価売上高倍率(過去12カ月)
12.84
株価純資産倍率(四半期)
15.17
株価キャッシュフロー倍率
29.58
総負債/総資本(四半期)
52.13
長期負債/資本(四半期)
45.58
投資利益率(過去12カ月)
24.17
自己資本利益率(過去12カ月)
18.85

最新ニュース

最新ニュース

リンクトイン、社員が勤務形態選択へ 完全在宅かハイブリット

米マイクロソフトのビジネス向け交流サイト「リンクトイン」は、新型コロナウイルス規制が緩和される中、フルタイムでの在宅勤務、もしくは在宅と出社を組み合わせるハイブリッド勤務とするかを従業員の選択に任せる方針と、幹部がロイターに対し明らかにした。

コラム:米巨大IT、潤沢資金が自社株買いに集中する切実な理由

米巨大IT企業は、次の買収相手が鏡に映った自分自身だと分かるだろう。グーグルの持ち株会社・アルファベット、アマゾン・ドット・コム、アップル、フェイスブック、マイクロソフト5社の手元資金合計額は6000億ドル前後に上る。売上高も過去最高を更新する中で、投資家は各社にせっかくの稼ぎを有効活用して欲しいと強く望むだろう。ただ、その使い道は、自社株買いの拡大が既定路線になるのではないか。 

米国株式市場=S&P横ばい、FRB議長が利上げ程遠いと強調

米国株式市場は、米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長が利上げ検討は程遠いとの認識を示したことを受け、S&P総合500種がほぼ横ばいで終了した。

マイクロソフトの4─6月期、利益が過去最高 クラウド事業好調

米マイクロソフトが27日発表した第4・四半期(4─6月)決算は、利益が過去最高を更新し、利益と売上高はともに市場予想を上回った。新型コロナウイルス禍を背景に広がった在宅勤務や遠隔授業を追い風に、クラウドサービスへの需要が拡大した。

米国株式市場=6営業日ぶり反落、ハイテク決算やFOMC控え警戒感

米国株式市場は6営業日ぶりに反落し、ダウ工業株30種は85ドル安で取引を終えた。大手ハイテク企業の決算発表や連邦公開市場委員会(FOMC)の結果を控え、警戒感が広がった。

NY市場サマリー(27日)株式6営業日ぶり反落、ドル下落

<為替> ドルが主要通貨バスケットに対し小幅下落。米連邦準備理事会(FRB)が27─28日の連邦公開市場委員会(FOMC)で、量的緩和の縮小(テーパリング)開始時期を巡り何らかの手掛かりを示すか注目されている。

NY市場サマリー(27日)株式6営業日ぶり反落、ドル下落

また、国際通貨基金(IMF)は世界経済見通しの改定で、2021年の世界成長率 予想を6%で据え置いた。米国などの先進国の予想を引き上げる一方で、新型コロナウイ ルス感染拡大が深刻な新興国の予想を引き下げた。 ユーロ/ドルは0.26%高の1.1833ドル。 ポンドも対ドルで0.55%上昇し、1.38925ドル。英国で はコロナ制限措置の大半が解除されたものの、感染者数が減少傾向にあることが材料視さ れた。 暗号資産(仮想通貨)のビットコインは1.04%高の3万7677.5 8ドル。 NY外為市場: <債券> 米債利回りが低下した。高インフレ...

マイクロソフト、4─6月売上高は予想上回る クラウド事業好調

米マイクロソフトが27日発表した第4・四半期(4─6月)決算は、売上高が市場予想を上回った。新型コロナウイルス禍を背景に広がった在宅勤務や遠隔授業を追い風に、クラウドサービスへの需要が拡大した。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、200日線を引き続き上回る

<15:45> 日経平均・日足は「小陽線」、200日線を引き続き上回る 日経平均・日足は上下にヒゲを伴う「小陽線」となった。前日に続いて200日移動 平均線(2万7759円57銭=27日現在)を上回り、急落局面以降、強めていた下値 不安感を和らげている。 今回の足は気迷いを示す「コマ」に準じるものの、2日連続して戻りを演じながら弱 さを感じさせる「陰線」だっただけに、心理的にも弱気が後退したことを示した格好。こ のまま200日線が支持線として機能すれば、リバウンドに対する期待を膨らませること になりそうだ。 <15:10> 新興株式市場...

〔マーケットアイ〕株式:新興株式市場はまちまち、参加者減り見送りムード

<15:10> 新興株式市場はまちまち、参加者減り見送りムード 新興株式市場はまちまち。東証マザーズ指数は反落、日経ジャスダック平均は続伸し た。市場では「個人投資家に物色意欲が感じられず、日々参加者が減っているようだ。見 送りムードに支配されている」(国内証券)との声が聞かれる。 きょうマザーズ市場に新規上場したサーキュレーション は公開価格を77. 07%上回る3205円で初値を付け、その後も上値を追う展開となった。 マザーズ総合は前営業日比0.45%安。グローバルウェイ が連日のストッ プ高となったほか、BCC もストップ高。半面...

〔マーケットアイ〕株式:後場の日経平均は膠着、商い細り見送りムードが支配

<14:05> 後場の日経平均は膠着、商い細り見送りムードが支配 後場の日経平均は膠着状態となり、2万8000円をやや下回る水準で推移している 。午後2時05分現在で、東証1部の売買代金は1兆3000億円台と閑散商状。商いが 細り見送りムードが支配している。 オリンピックの開始後、マーケット参加者が一段と減ったもようで、「営業現場では 個人の手数料が上がらないという話も聞く。決算が注目されているとは言え、参加者が少 なければ動きようがない」(岡地証券・投資情報室長の森裕恭氏)との声が聞かれた。 <11:45> 前場の日経平均は続伸、米株高...

午前の日経平均は続伸、米株高を好感 盛り上がり欠く

27日午前の東京株式市場で、日経平均は前営業日比98円79銭高の2万7932円08銭となり、続伸した。米株高を好感して上昇して始まった後、高値圏でのもみあいに移行した。米連邦公開市場委員会(FOMC)や決算シーズンの本格化を前に、商いは盛り上がりを欠いた。 

今日の株式見通し=堅調、米株高を好感 買い一巡後は様子見も

きょうの東京株式市場で日経平均株価は、堅調な展開が予想されている。米国市場での株高を受けて買い優勢で始まりそうだ。買い一巡後は、国内企業の決算シーズン本格化に向けて様子見姿勢が強まり、もみあいが見込まれている。

米国株式市場=3指数が過去最高値、ハイテク決算を楽観視

米国株式市場は、主要株価3指数が前日に続き、終値ベースで過去最高値を更新した。今週に予定される大手ハイテク企業の決算への楽観的な見方から買いが入った。ただ連邦公開市場委員会(FOMC)を控え、警戒感が出ている。

米テクノロジー大手、過激派コンテンツ監視対象を拡大

米大手テクノロジー企業から成る団体「テロリズムに対抗するためのグローバル・インターネット・フォーラム(GIFCT)」は26日、過激派コンテンツを企業間で共有する重要なデータベースの内容を大幅に拡大し、白人至上主義者や極右過激派による投稿を取り締まることを目指していることをロイターに明らかにした。

大手ハイテク企業決算とFOMCに注目=今週の米株式市場

26日からの週の米株式市場では、ハイテクやインターネット大手などの企業決算のほか、米連邦公開市場委員会(FOMC)に注目が集まりそうだ。

NY市場サマリー(23日)ダウ3万5000ドル乗せ、ドル2週連続で上昇

<為替> ドル指数がやや上昇した。今週はリスク選好度が揺れ動く中、ボラティリティーが高まったが、ドルは週足では2週間連続で上昇した。

米国株、ダウ史上初の3万5000ドル乗せ 好決算でリスク選好

米国株式市場は4日続伸し、主要3株価指数が終値ベースの過去最高値を更新した。好決算と経済回復の兆しが投資家のリスク選好度を高めた。

NY市場サマリー(22日)ドル小幅高、国債利回り低下

<為替> リスク選好度の浮き沈みにに伴い不安定な値動きとなる中、ドルが主要通貨バスケットに対し小幅上昇。一方、欧州中央銀行(ECB)理事会の結果が消化される中、ユーロは下落した。

米国株式市場=小幅高、ハイテクやグロース株に買い

米国株式市場は小幅高。ダウ工業株30種は25ドル高で取引を終えた。ハイテク株やグロース(成長)株などに買いが入った。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up