for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

マイクロソフト・コーポレーション

MSFT.O

現在値

240.74USD

変化

--(--)

本日のレンジ

--

 - 

--

52週レンジ

232.73

 - 

349.67

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
240.74
始値
--
出来高
--
3か月平均出来高
531.27
高値
--
安値
--
52週高値
349.67
52週安値
232.73
発行済株式数
7,479.03
時価総額
1,795,413.00
予想PER
25.89
配当利回り
1.13

次のエベント

Q1 2023 Microsoft Corp Earnings Release

適時開示

その他

Microsoft Announces Quarterly Dividend Increase

UK's Competition Watchdog Refers Microsoft-Activision Deal For A Phase 2 Probe

Microsoft’S Activision Deal Faces In-Depth Probes In Brussels And London - FT

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

マイクロソフト・コーポレーションとは

マイクロソフト(Microsoft Corp)は技術会社である。【事業内容】多様なソフトウェア製品、サービス、デバイス、およびソリューションを開発およびサポートする。セグメントには、生産性とビジネスプロセス、インテリジェントクラウド、その他のパーソナルコンピューティングが含まれる。製品には、オペレーティングシステム、クロスデバイスの効率化アプリケーション、サーバーアプリケーション、ビジネスソリューションアプリケーション、デスクトップおよびサーバー管理ツール、ソフトウェア開発ツール、ビデオゲームが含まれる。また、パーソナルコンピュータ(PC)、タブレット、ゲームとエンターテインメントコンソール、その他のインテリジェントデバイス、および関連アクセサリなどのデバイスの設計・製造・販売を行う。ソフトウェア、サービス、プラットフォーム、コンテンツを顧客に提供するクラウドベースのソリューションを含む一連のサービスを提供し、ソリューションサポートとコンサルティングサービスを提供する。相手先ブランド供給、直接販売、販売代理店、再販業者を通じて製品とサービスを販売および配布する。

業種

Software & Programming

連絡先

One Microsoft Way

REDMOND, WA

98052-6399

United States

+1.425.8828080

https://www.microsoft.com/en-us

エグゼクティブリーダーシップ

Satya Nadella

Chairman of the Board, Chief Executive Officer

Bradford Lee Smith

President, Chief Legal Officer

Amy E. Hood

Chief Financial Officer, Executive Vice President

Christopher C. Capossela

Chief Marketing Officer and Executive Vice President, Marketing and Consumer Business

Kathleen T. Hogan

Executive Vice President - Human Resources

統計

1.73 mean rating - 51 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2020

143.0K

2021

168.1K

2022

198.3K

2023(E)

220.6K
EPS (USD)

2020

5.760

2021

8.050

2022

9.210

2023(E)

10.111
株価売上高倍率(過去12カ月)
24.96
株価売上高倍率(過去12カ月)
9.06
株価純資産倍率(四半期)
10.79
株価キャッシュフロー倍率
20.59
総負債/総資本(四半期)
38.84
長期負債/資本(四半期)
36.55
投資利益率(過去12カ月)
28.25
自己資本利益率(過去12カ月)
20.82

最新ニュース

最新ニュース

米国株式市場=続伸、FRB積極利上げ緩むとの観測

米国株式市場は続伸して終了した。S&P総合500種は2年ぶりの大幅な上昇となった。米経済指標が軟調だったことに加え、オーストラリア準備銀行(中央銀行)の利上げ幅が予想よりも小幅にとどまり、米連邦準備理事会(FRB)が積極的な利上げの手綱を緩めるのではないかとの観測が出ている。

NY市場サマリー(3日)株式大幅高、英減税案撤回でポンド上昇

<為替> 英ポンドが対ドルで急伸。クワーテング英財務相が所得税の最高税率を引き下げる計画を撤回すると発表したことが材料視された。

米国株式市場=大幅上昇、S&P主要11業種全てプラス圏

米国株式市場は主要株価3指数が上昇して取引を終え、2022年第4・四半期の初日を2%を超える大幅高で飾った。予想を下回った製造業データを受けて国債利回りが低下し、投資先としての株式の魅力が高まった。

日経平均は急反発、配当落ち即日埋め 英中銀国債購入がプラス作用

東京株式市場で日経平均は実質的に急反発した。前日比248円07銭高の2万6422円05銭で大引けたが、この日は上半期末の権利落ち日で市場試算値の配当落ち分である224円を考慮すると472円高と、配当落ちを即日で埋め切った。米国株式市場の反発を好感した格好だが、その背景には英国中銀が国債購入に踏み切ったことがあり、日本株の関係者からも、これが大きくプラスに作用したと指摘する声が多い。

欧州通信事業者、GAFAにインフラコストの一部負担を要求

ドイツテレコムやBTグループをはじめとする欧州通信事業者が、「GAFA」と呼ばれる米巨大テック企業に通信網運営コストの一部負担を求める声明を発表した。

米国株式市場=大幅安、利上げや景気後退懸念で

米国株式市場は大幅安で取引を終えた。米連邦準備理事会(FRB)のタカ派的な金利政策が米経済を後退させるとの懸念の中、ポジション調整の売りが出た。

NY市場サマリー(23日)英ポンド37年ぶり安値、米株大幅安 利回り上昇

<為替> 対ドルでユーロが20年ぶり、英ポンドが37年ぶりの安値を付けた。企業活動の減速が示され、リセッション(景気後退)懸念が高まっていることが背景。英ポンドに対しては、財務相が大規模な減税と大幅な借り入れ増額を発表したことも重しになった。

コラム:オイルマネー復活でも、西側金融機関へ還流小さい理由

有力産油国が再び巨額の資金を手にしつつある。だが、1970年代のオイルマネーブームで経験したような恩恵にあずかれると目論んでいる西側の金融機関は、失望を味わうことになる。

焦点:交通渋滞と大洪水、インドの急拡大テック都市に衰退の影

1980年代後半、ハリシュ・プラノールさんは、インドの大都市ベンガルールの東端に位置するイェマルアーと呼ばれる地域で週末を過ごした。そのあたりの湿地帯や池の周囲を歩き回り、従兄弟たちと一緒に小さな淡水魚を取ったりしたものだ。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、パラボリック陰転 200日線の攻防視野

<16:05> 日経平均・日足は「小陰線」、パラボリック陰転 200日線の攻防 視野 日経平均・日足は「小陰線」となった。終値は2万7567円65銭円。75日移動 平均線(2万7517円15銭=16日)がサポートとして機能した。一方、パラボリッ クが6営業日ぶりに陰転し、売りシグナルが点灯。日足・一目均衡表では雲の中に入った 。下押しが警戒され、200日移動平均線(2万7412円12銭=同)を巡る攻防も視 野に入ってきた。 <15:50> 新興株はマザーズが反落、新規上場のeWeLLは値付かず 新興株式市場は、マザーズ総合は1.9%安の...

〔マーケットアイ〕株式:新興株はマザーズが反落、新規上場のeWeLLは値付かず

<15:50> 新興株はマザーズが反落、新規上場のeWeLLは値付かず 新興株式市場は、マザーズ総合は1.9%安の736.78ポイントと反落した。東 証グロース市場指数は前営業日比1.91%安の936.74ポイントだった。前日の米 国市場でハイテク株比率の高いナスダック総合が下落したほか、時間外取引の米株先物が 軟調に推移し、投資家心理の重しになった。 ビジョナルやフリーが大幅安だったほか、Appier Grou pも軟調だった。一方、ANYCOLORが年初来高値を更新。サンバ イオやM&A総合研究所は大幅高だった。 新規上場のeWeLL...

日経平均は反落、米株安が重し 連休前に見送りムード

東京株式市場で日経平均は、前営業日比308円26銭安の2万7567円65銭と、反落して取引を終えた。前日の米国市場での株安を嫌気し、売りが優勢となった。明日からの3連休を控える中、午後にかけて徐々に見送りムードが広がった。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は小動き、連休前の手控えムード強く

<13:45> 日経平均は小動き、連休前の手控えムード強く 日経平均は前日比で300円程度安い水準での小動きを続けている。後場の値幅は5 0円程度にとどまり「3連休を控えた手控えムードが強まっている」(国内証券)という 。 時間外取引の米株先物やアジア株の軟調な値動きは投資家心理の重しになっている。 日経平均は、東京エレクトロン<8035.Tやファーストリテイリング、アドバンテ ストなどの下げが重しとなり、3銘柄で指数を115円ほど押し下げている。 TOPIXグロース指数は0.9%安、同バリュー指数は0.3%安で、グロース株 の下げが目立...

ユーチューブやメタ、オンライン上の過激主義対策で新措置

[15日 ロイター] - 米テック大手は15日、オンライン上の過激主義に対処するため新たな措置を取ると約束した。暴力的なコンテンツをより積極的に削除したり、若いユーザーのメディアリテラシーを高めたりする。

午前の日経平均は反落、米株安受け高PER銘柄中心に売り優勢

午前の東京株式市場で、日経平均は前営業日比301円銭安の2万7574円58銭と、反落した。前日の米国株式市場が安かったことを受け、高PER銘柄を中心に売り優勢となった。明日からの3連休控えで徐々に見送りムードが広がっている。

米大統領、SNSの免責廃止訴え 憎悪犯罪対策で演説

[ワシントン 15日 ロイター] - バイデン米大統領は15日、憎悪犯罪(ヘイトクライム)への対策を話し合う専門会議で演説し、人種差別や過激主義に立ち向かうよう国民に求めた。また、交流サイト(SNS)運営企業に憎悪拡散に対して責任を課す必要性を訴えた。

NY市場サマリー(15日)ドル対円で小幅高、利回り上昇 米株下落

<為替> 8月の米小売売上高が予想外に増加したことを受け、ドルが対円でやや上昇した。スイスフランは対ユーロで2015年以来の高値を付けた。

英当局、マイクロソフトのアクティビジョン買収で詳細調査へ

[15日 ロイター] - 英国の競争・市場庁(CMA)は15日、米マイクロソフトによるゲーム大手、アクティビジョン・ブリザード買収計画について、競争上の懸念への対応策が示されなかったとして詳細な調査を開始すると発表した。

米国株式市場=反落、FRBの利上げ懸念で ハイテクが安い

米国株式市場は反落して取引を終えた。世界的な景気後退への警戒感が強まる中、この日発表された経済指標は米連邦準備理事会(FRB)による積極的な引き締め観測を変えることはなかった。

NY市場サマリー(15日)ドル対円で小幅高、利回り上昇 米株下落

<為替> 8月の米小売売上高が予想外に増加したことを受け、ドルが対円でやや上 昇した。スイスフランは対ユーロで2015年以来の高値を付けた。 米商務省発表した8月の小売売上高(季節調整済み)は前月から0.3%増加。横ば いと予想されていたが、ガソリン価格の低下が消費を下支えした。ただ、米連邦準備理事 会(FRB)が積極的に利上げする中、需要は軟化している。 ドルはFRBが積極的な利上げを継続するとの見方が支援。市場では、今週発表され た8月の消費者物価指数(CPI)などを踏まえ、FRBが来週の会合で3回連続となる 0.75%ポイントの利上...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up