for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

マイクロソフト・コーポレーション

MSFT.O

現在値

233.28USD

変化

4.29(+1.87%)

出来高

25,180,208

本日のレンジ

229.54

 - 

235.25

52週レンジ

132.52

 - 

246.13

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
228.99
始値
231.53
出来高
25,180,208
3か月平均出来高
581.10
高値
235.25
安値
229.54
52週高値
246.13
52週安値
132.52
発行済株式数
7,542.22
時価総額
1,727,092.00
予想PER
30.94
配当利回り
0.98

次のエベント

Microsoft Corp at Morgan Stanley Technology, Media and Telecom Conference (Virtual)

適時開示

その他

UCB, Microsoft Expand Drug Development Collaboration

SNP Signs Agreement With Microsoft To Expand Sap Cloud Migration Solutions

LinkedIn Developing Service Called Marketplaces To Let Users Find, Book Freelancers- The Information

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

マイクロソフト・コーポレーションとは

マイクロソフト(Microsoft Corporation)は技術会社である。【事業内容】同社は多様なソフトウェア製品、サービス、デバイスを開発・ライセンス供与・サポートする。同社は生産性・ビジネスプロセス事業、インテリジェントクラウド事業およびその他のパーソナルコンピューティング事業を運営する。同社の製品にはオペレーティングシステム、クロスデバイスの生産性アプリケーション、サーバーアプリケーション、ビジネスソリューションアプリケーション、デスクトップおよびサーバー管理ツール、ソフトウェア開発ツール、ビデオゲーム、コンピューターシステムインテグレーターと開発者のトレーニングと認定を含む。また、パーソナルコンピューター(PC)、タブレット、ゲームおよびエンターテインメントコンソール、電話機、その他のインテリジェントデバイス、関連アクセサリなど、クラウドベースの製品と統合されたデバイスの設計・製造・販売を行う。同社は顧客にソフトウェア、サービス、プラットフォーム、およびコンテンツを提供するクラウドベースのソリューションを含む一連のサービスを提供し、ソリューションサポートとコンサルティングサービスを提供する。

業種

Software & Programming

連絡先

1 Microsoft Way

REDMOND, WA

98052-6399

United States

+1.425.8828080

https://www.microsoft.com/en-us

エグゼクティブリーダーシップ

John Wendell Thompson

Independent Non-Executive Chairman of the Board

Bradford Lee Smith

President, Chief Legal Officer

Satya Nadella

Chief Executive Officer, Director

Amy E. Hood

Chief Financial Officer, Executive Vice President

Kevin Scott

Chief Technology Officer, Executive Vice President - Technology & Research

統計

1.66 mean rating - 35 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2018

110.4K

2019

125.8K

2020

143.0K

2021(E)

164.2K
EPS (USD)

2018

3.880

2019

4.750

2020

5.760

2021(E)

7.402
株価売上高倍率(過去12カ月)
34.11
株価売上高倍率(過去12カ月)
11.27
株価純資産倍率(四半期)
13.27
株価キャッシュフロー倍率
27.27
総負債/総資本(四半期)
55.32
長期負債/資本(四半期)
50.64
投資利益率(過去12カ月)
22.32
自己資本利益率(過去12カ月)
17.48

最新ニュース

最新ニュース

米セールスフォース、通期利益見通し予想下回る

米顧客管理ソフト大手セールスフォース・ドットコムが25日発表した通期の調整後利益見通しは1株当たり3.39─3.41ドルで、市場予想の3.49ドルを下回った。引け後の時間外取引で株価は4%超下落した。

NY市場サマリー(25日)10年債利回り一時1.6%、米株下落

<為替> ドル指数が小幅高。一時7週間ぶり安値に沈んだものの、米指標10年債利回りが一時1.6%を上抜けたことに反応した。

米国株は下落、テクノロジー株に売り 国債利回り上昇受け

米国株式市場は主要株価3指数がいずれも下落して取引を終えた。米国債利回りの上昇を受けてテクノロジー関連株が圧迫され、ナスダック総合の下落率は過去4カ月で最大となった。

NY市場サマリー(25日)10年債利回り一時1.6%、米株下落

豪ドル、ニュージーランドドル、カナダドルなどの資源国通貨は 自国債利回りの上昇に追随し、一時3年ぶり高値を付けたものの、いずれも下げに転じた 。 豪ドル/米ドルは一時0.8007米ドルに上昇。その後は1%安の0.7882米 ドル。NZドルも0.7463米ドルを付けた後、0.8%安で推移。カナダドルも一時 、1米ドル=1.2468カナダドルまで上昇した。 ユーロ/ドルは一時、0.5%上昇し、3週間ぶり高値を更新。その後は 上げ幅を縮小し、0.04%高の1.2175ドル近辺で推移した。 安全資産の円も弱含み、ドル/円は106.29円となった...

NY市場サマリー(24日)FRB議長証言受けドル下落、米株上昇

<為替> 米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長が議会証言で金利が長期にわたり低水準にとどまる公算が大きいと示唆したことを受けドルが下落し、カナダドルや豪ドルなどの資源国通貨に対し約3年ぶり安値を付けた。

米国株式市場=上昇、FRB議長発言受けインフレ懸念が後退

米国株式市場は上昇して取引を終えた。 米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長の発言を受けてインフレ懸念が後退、テクノロジー関連株の売りが和らいだ一方、シクリカル(景気循環)株にシフトする動きが続いた。

米政府サイバー攻撃巡り公聴会、企業トップが証言

米政府機関などがロシア系とみられるハッカーの攻撃を受けた問題を巡り、ソフトウエア会社のソーラーウィンズやマイクロソフトなど米4社のトップが23日、上院情報特別委員会の公聴会で自社の対応を擁護した。

NY市場サマリー(22日)米株はグロース株に売り、ドル下落

<為替> ドルが下落。英ポンドや豪ドルに対しては数年ぶりの安値に沈んだ。新型コロナワクチン接種状況に加え、経済成長やインフレ見通しが注目された。

米国株、S&Pやナスダック下落 グロース株に売り

米国株式市場はS&P総合500種指数やナスダック総合指数が下落。米国債利回りの上昇やインフレ高進観測を背景にバリュエーションを巡る不安が広がり、ハイテク銘柄などグロース株に売りが出た。

NY市場サマリー(19日)米株横ばい、ドル下落

<為替> 高リスク通貨に資金が流れドルが下落した。一連の経済指標が予想より良好だったことや、バイデン米政権が進める1兆9000億ドルの新型コロナウイルス対策が実現するとの期待でリスク選好度が上昇した。

米株は横ばい、ハイテク株から景気循環株へ乗り換え進む

米国株式市場はおおむね横ばい。新型コロナウイルス禍後の繰越需要を見越し、これまで値上がりしていたハイテク株から景気循環株への乗り換えが進んだ。

今日の株式見通し=弱もちあい、米株軟化を受けて利益確定売りが優勢に

きょうの東京株式市場で日経平均株価は、弱もちあいが想定されている。前日の米国株式市場が軟化したことが嫌気されそうなほか、依然として高値警戒感が残っていることから、利益確定売りが優勢になりそうだ。週末とあって見送り気分が高く、板が薄くなった場合は上下に振れやすくなるという。

NY市場サマリー(18日)労働指標悪化でドル下落、米株も下落

週間の新規失業保険申請件数は86万1000件と、前週の84万8000件から増加。新型コロナウイルス感染者は減少傾向にあるが、2月の雇用統計が1月に続き低調な内容になるリスクが高まった。

米株式市場は下落、ハイテク株の売りや失業保険申請増加で

米国株式市場は下落して取引を終えた。ハイテク大手を中心に売りが出たほか、新規失業保険申請件数が予想に反して増加し、雇用回復の不安定さが浮き彫りになった。

NY市場サマリー(18日)労働指標悪化でドル下落、米株も下落

<為替> ドル指数が3日ぶりに下落。失業保険申請件数の悪化が嫌気され、リスク オフムードが広がった。 週間の新規失業保険申請件数は86万1000件と、前週の84万8000件から増 加。新型コロナウイルス感染者は減少傾向にあるが、2月の雇用統計が1月に続き低調な 内容になるリスクが高まった。 暗号資産(仮想通貨)のビットコインは下落し、0.5%安の5万 1922ドル近辺で推移した。前日の海外市場では5万2640ドルまで上昇。年初来で はなお79%値上がりしている。 ライバル通貨のイーサリアムは1939ドルと最高値を更新。その後は4 .6%...

米国株式市場=下落、ハイテク株の売りや失業保険申請増加で

米国株式市場は下落して取引を終えた。ハ イテク大手を中心に売りが出たほか、新規失業保険申請件数が予想に反して増加し、雇用 回復の不安定さが浮き彫りになった。 アップル、マイクロソフト、テスラ、アルファベット<GOO GL.O>が0.5─1.2%下落し、S&P総合500種とナスダック総合の 重しとなった。 フェイスブックも下落。オーストラリアでニュース記事の共有や閲覧をできな くした措置の影響を見極めようという動きが出ている。 米労働省が発表した13日までの1週間の新規失業保険申請件数は86万1000件 と、前週の84万8000件から悪化...

世界の水素プロジェクト、この10年間は欧州がリード=業界報告書

企業団体「水素協議会」が17日発表した業界リポートによると、この10年間に世界で計画されている水素プロジェクトの大部分および関連投資のうち最も大きな割合を占めるのは欧州となる見通しだ。

豪野党、グーグルなどに記事対価支払い求める法案を支持=関係筋

米アルファベット傘下のグーグルとフェイスブックに対し豪メディアへのコンテンツ使用料の支払いを義務付ける法案について、関係筋は16日、野党も支持すると明らかにした。

日経平均は急反発、30年半ぶりに3万円を回復

東京株式市場で日経平均は急反発。1990年8月以来、30年半ぶりとなる3万円台を回復した。前週末の米国株式市場が堅調だったことを受け、朝方から幅広く物色された。いったん、伸び悩む場面があったものの、後場に入ってから勢いを取り戻し、きょうの高値近辺で大引けた。

米政府サイバー攻撃「史上最大かつ最も巧妙」=マイクロソフト社長

米マイクロソフトのブラッド・スミス社長は14日、複数の米政府機関がソーラーウインズ社のソフトの脆弱性を利用したハッカー攻撃を受けた問題について、「世界史上最大規模かつ最も巧妙な攻撃」だとの認識を示した。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up