for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ミクロン・テクノロジー・インク

MU.O

現在値

56.02USD

変化

-1.84(-3.18%)

出来高

17,319,297

本日のレンジ

55.32

 - 

57.52

52週レンジ

53.60

 - 

98.45

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
57.86
始値
57.23
出来高
17,319,297
3か月平均出来高
414.33
高値
57.52
安値
55.32
52週高値
98.45
52週安値
53.60
発行済株式数
1,116.67
時価総額
65,637.68
予想PER
6.13
配当利回り
0.68

次のエベント

Q3 2022 Micron Technology Inc Earnings Release

適時開示

その他

Micron Technology Reports Quarterly Net Income Of $2.26 Billion

Baupost Group LLC Dissolves In International Flavors & Fragrances, Takes In Fiserv

Micron Technology Reports Qtrly Adjusted Earnings Per Share $2.16

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ミクロン・テクノロジー・インクとは

マイクロン・テクノロジー(Micron Technology Inc)は、メモリおよびストレージソリューションを提供する。【事業内容】ポートフォリオには、ダイナミックランダムアクセスメモリ(DRAM)、ネガティブAND(NAND)、3次元(3D)XPointメモリ、NORなどがある。ブランドには、「Micron」と「Crucial」が含まれる。事業セグメントには、クライアント、クラウドサーバー、エンタープライズ、グラフィックス、およびネットワーキング市場に販売されるメモリ製品を含むコンピューティングおよびネットワーキングビジネスユニット(CNBU)、スマートフォンやその他のモバイルデバイス市場に販売されているメモリ製品を含むモバイルビジネスユニット(MBU)、ソリッドステートドライブ(SSD)と、エンタープライズ、クラウド、クライアント、およびコンシューマーストレージ市場に販売されるソリューション、コンポーネントおよびウェーハ形式で販売されるその他のストレージ製品が含むストレージビジネスユニット(SBU)、自動車、産業、および消費者市場に販売されるメモリおよびストレージ製品が含む組み込みビジネスユニット(EBU)などがある。

業種

Semiconductors

連絡先

8000 S FEDERAL WAY

PO Box 6

BOISE, ID

83716-9632

United States

+1.208.3684000

https://www.micron.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Robert E. Switz

Independent Chairman of the Board

Sanjay Mehrotra

President, Chief Executive Officer, Director

Mark J. Murphy

Chief Financial Officer, Executive Vice President

April S. Arnzen

Senior Vice President, Chief People Officer

Manish H. Bhatia

Executive Vice President, Global Operations

統計

1.97 mean rating - 37 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2019

23.4K

2020

21.4K

2021

27.7K

2022(E)

33.3K
EPS (USD)

2019

6.350

2020

2.830

2021

6.060

2022(E)

9.371
株価売上高倍率(過去12カ月)
7.40
株価売上高倍率(過去12カ月)
2.11
株価純資産倍率(四半期)
1.37
株価キャッシュフロー倍率
4.21
総負債/総資本(四半期)
14.79
長期負債/資本(四半期)
14.53
投資利益率(過去12カ月)
17.07
自己資本利益率(過去12カ月)
15.28

最新ニュース

最新ニュース

米マイクロンの先端DRAM量産、国益に供するなら支援も=萩生田経産相

萩生田光一経産相は14日の閣議後会見で、米メモリー大手のマイクロン・テクノロジーがデータの一時保存に使う半導体、DRAMの先端品を2022年内に広島工場で量産すると一部で報じられたことに関連し、政府の支援について「国益に供するなら支援することはやぶさかではない」と述べた。

米マイクロンの第2四半期、収益予想上回る コスト増を予想

米半導体大手のマイクロン・テクノロジーが29日発表した第2・四半期決算は、収益がアナリスト予想を上回った。ウクライナ危機が短期的に生産に影響することはないものの、コストの増加を見込んでいると明らかにした。

米上院、半導体強化法案可決 下院と一本化協議へ

米議会上院は28日、半導体の生産体制強化に520億ドルの補助金を支給する法案を賛成68票、反対28票の賛成多数で可決した。

インテルとマイクロンのCEO、上院公聴会に出席へ 半導体支援巡り

米半導体大手インテルとマイクロンの最高経営責任者(CEO)が23日、上院商業委員会の公聴会で証言する。同委員会のマリア・キャントウェル委員長が16日明らかにした。

NY市場サマリー(2日)株式急反発、商品関連通貨が上昇

<為替> ロシアのウクライナに対する攻撃激化を受けた原油価格の急騰を反映し、コモディティー(商品)関連通貨が上昇した。

米国株式市場=急反発、FRB議長証言で大幅利上げの懸念後退

米国株式市場は急反発して取引を終えた。米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長が今月の米連邦公開市場委員会(FOMC)で25ベーシスポイント(bp)の利上げを支持する方向に傾いていると述べ、より大幅な利上げへの懸念が後退した。

米国株式市場=4日続伸、アルファベットやAMDの好決算追い風

米国株式市場は主要株価3指数が上昇して取引を終えた。グーグルの親会社アルファベットや半導体大手アドバンスト・マイクロ・デバイセズ(AMD)が前日発表した好決算を追い風に、4営業日続伸となった。

中国製造業PMI、12月は50.3に小幅上昇 年明けは逆風も

中国国家統計局が31日発表した12月の製造業購買担当者景気指数(PMI)は市場の予想に反して上昇した。ただ、新型コロナウイルス流行の影響や第4・四半期の全般的な景気減速を背景に、上昇は小幅にとどまった。アナリストは短期的に経済の逆風がさらに強まるとみている。

中国製造業PMI、12月は50.3 予想外に上昇

中国国家統計局が31日発表した12月の製造業購買担当者景気指数(PMI)は市場の予想に反して上昇した。ただ、新型コロナウイルス流行の影響や第4・四半期の全般的な景気減速を背景に、上昇は小幅にとどまった。

西安市、中国都市で今年最悪の感染状況 企業活動に支障も

ロックダウン(都市封鎖)が8日目に入った中国陝西省西安市は、新型コロナウイルスの感染拡大に歯止めが掛からず、今年の累計感染者数は中国の都市の中で最多を記録した。

アジア通貨動向(30日)=ウォンが2週間ぶり高値、好調な生産統計を好感

11月の韓国鉱工業生産は季節調整済みで前月比5.1%増で、ロイターがまとめた市場予想(2.5%増)を大きく上回った。自動車や半導体の輸出受注が押し上げた。

米マイクロン、中国西安市の封鎖でDRAM出荷に影響の可能性

米半導体大手マイクロン・テクノロジーは29日、中国西安市で実施されている新型コロナウイルス対策の都市封鎖の影響で、データセンターなどで使われるDRAM型メモリーチップの出荷に遅れが出る恐れがあると明らかにした。

欧州株式市場=続伸、オミクロン株懸念薄れ1カ月ぶりの高値

欧州株式市場は3営業日続伸して取引を 終えた。STOXX欧州600種指数の終値は、約1カ月ぶり の高値となった。 新型コロナウイルスのオミクロン変異株が懸念されていたほど深刻 ではない可能性が示され、リスク選好が強まった。ユーロ圏の国債利回 りが上がったのを背景に、銀行株が上昇した。 堅調な米経済指標を背景とした世界的な株高を受けて、銀行株指数 は1.56%、旅行・娯楽関連株指数は1.63%それ ぞれ上昇した。 英国のデータでオミクロン変異株に感染した場合はデルタ株より入 院に至る件数が少ない可能性が示唆され、ワクチンメーカー2社はワク...

欧州株式市場=続伸、テクノロジー株がけん引

欧州株式市場は続伸して取引を終えた。 STOXX欧州600種指数は終値としては7日以来、2週間 超ぶりの高値。新型コロナウイルスのオミクロン変異株による感染者数 が増加し、投資家が世界的な景気回復の見通しを懸念する中、テクノロ ジー株や工業銘柄の上昇が相場を押し上げた。 STOXX欧州600種テクノロジー株指数は1.88% 上昇。他に工業株指数は1.54%、旅行・娯楽関連株指数<.S XTP>は1.35%、建設・資材株指数は1.16%それぞれ上 昇した。 感染が急拡大しているオミクロン株によって今月、一部の国で日常 生活への制限が再導入...

日経平均は小幅続伸、方向感欠く動き 売買代金は2兆円割れ

東京株式市場で日経平均は小幅続伸。前日の好地合いを引き継いだものの、市場参加者が少ないこともあって、方向感を欠く動きとなっている。東証1部の売買代金は7月27日以来の2兆円割れとなった。

今日の株式見通し=強含み、米株の上昇が支え 買い一巡後はもみあいに

きょうの東京株式市場で日経平均株価は、強含みの展開が想定されている。米国の主要3指数が上昇したことを支えに、買いが先行しそうだ。ただ、日本株は前日に大幅高だったこともあり、買い一巡後は利益確定や戻り待ちの売りが上値を抑え、高値圏でのもみあいに移行するとみられる。

米国株式市場=急反発、ナイキやマイクロンの上昇が支援

米国株式市場は主要株価3指数が急反発して取引を終えた。前日には新型コロナウイルスのオミクロン変異株を巡る懸念から1%超下落していた。この日は旅行関連株やテクノロジー株が買われたほか、決算を受けてナイキとマイクロン・テクノロジーも上昇した。

UPDATE 1-NY市場サマリー(21日)株式急反発、ドル軟調

(表を更新しました) [21日 ロイター] - <為替> リスク選好度がやや回復したことで豪ドルや英ポンドなどが買われた一方 、ドルはやや軟調に推移した。 主要6通貨に対するドル指数は一時96.336まで低下した後、終盤の取引 で0.03%安の96.47。 前日の取引では、民主党穏健派のジョー・マンチン上院議員が週末の間にバイデン大 統領の看板政策である大型歳出法案を支持しないと表明したことを受け、リスク選好度が 低下。新型コロナウイルスのオミクロン変異株の感染拡大への懸念も影響し、円や スイスフランなどの安全通貨に資金が流れていた。...

NY市場サマリー(21日)株式急反発、ドル軟調

<為替> リスク選好度がやや回復したことで豪ドルや英ポンドなどが買われた一方 、ドルはやや軟調に推移した。 主要6通貨に対するドル指数は一時96.336まで低下した後、終盤の取引 で0.03%安の96.47。 前日の取引では、民主党穏健派のジョー・マンチン上院議員が週末の間にバイデン大 統領の看板政策である大型歳出法案を支持しないと表明したことを受け、リスク選好度が 低下。新型コロナウイルスのオミクロン変異株の感染拡大への懸念も影響し、円や スイスフランなどの安全通貨に資金が流れていた。 ただこの日はリスク選好度が回復し、米株価が上昇したほか...

米国株式市場=急反発、ナイキやマイクロンの上昇が支援

米国株式市場は主要株価3指数が急反発 して取引を終えた。前日には新型コロナウイルスのオミクロン変異株を 巡る懸念から1%超下落していた。この日は旅行関連株やテクノロジー 株が買われたほか、決算を受けてナイキとマイクロン・テクノ ロジーも上昇した。 テクノロジー株ではマイクロソフトやアマゾン・ドット・ コムが上昇し、指数を押し上げた。エネルギーなど景 気敏感セクターも買われた。 旅行関連株ではクルーズ船運航大手カーニバル、カジノ大 手ラスベガス・サンズ、オンライン旅行代理店エクスペディア ・グループなどが値上がりした。 アメリプライズ・フィナンシャル...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up