for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ミクロン・テクノロジー・インク

MU.O

現在値

51.20USD

変化

0.23(+0.45%)

出来高

30,050,047

本日のレンジ

50.70

 - 

52.32

52週レンジ

28.39

 - 

52.32

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
50.97
始値
51.02
出来高
30,050,047
3か月平均出来高
414.03
高値
52.32
安値
50.70
52週高値
52.32
52週安値
28.39
発行済株式数
1,108.20
時価総額
56,485.04
予想PER
20.83
配当利回り
--

次のエベント

Q1 2020 Micron Technology Inc Earnings Release

適時開示

その他

Appaloosa LP Ups Share Stake In Facebook, Micron Technology

Micron Technology Announces Investment Round In Volocopter Led By Geely Holding

Micron Technology Introduces Micron X100 SSD, A Solution Targeting Storage & Memory-Intensive Applications For The Data Center

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ミクロン・テクノロジー・インクとは

マイクロン・テクノロジー(Micron Technology, Inc.)は半導体システム会社である。【事業内容】同社のメモリ技術のポートフォリオはダイナミック・ランダム・アクセス・メモリ(DRAM)、ネガティブAND(NAND)フラッシュおよびNORフラッシュを含み、ソリッド・ステート・ドライブ、モジュール、マルチチップ・パッケージ及びその他のシステム・ソリューションの基礎である。同社は4つの事業区分により構成される。計算・ネットワーキングビジネスユニット(CNBU)事業はコンピューティング、ネットワーキング、グラフィックス及びクラウドサーバ市場向けに販売されるメモリ製品を含む。モバイルビジネスユニット(MBU)事業はスマートフォン、タブレットなどのモバイルデバイス市場に販売されるメモリ製品を含む。記憶事業ユニット(SBU)事業はエンタープライズ、クライアント及びリムーバブルストレージ市場に販売されるメモリ製品を含み、Intel/Micron Flash Technology(IMFT)合弁会社を通じてIntelに販売される製品を含む。組込みビジネスユニット(EBU)事業は自動車、産業、家庭及び家電市場に接続されたメモリ製品を含む。

業種

Semiconductors

連絡先

8000 S Federal Way,

PO Box 6

+1.208.3684000

https://www.micron.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Robert E. Switz

Independent Chairman of the Board

Sanjay Mehrotra

President, Chief Executive Officer, Director

David A. Zinsner

Chief Financial Officer, Senior Vice President

Manish H. Bhatia

Executive Vice President, Global Operations

Scott J. DeBoer

Executive Vice President - Technology Development

統計

2.43 mean rating - 37 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2017

20.3K

2018

30.4K

2019

23.4K

2020(E)

20.6K
EPS (USD)

2017

4.960

2018

11.950

2019

6.350

2020(E)

2.454
株価売上高倍率(過去12カ月)
9.34
株価売上高倍率(過去12カ月)
2.41
株価純資産倍率(四半期)
1.57
株価キャッシュフロー倍率
4.80
総負債/総資本(四半期)
16.31
長期負債/資本(四半期)
12.66
投資利益率(過去12カ月)
16.23
自己資本利益率(過去12カ月)
13.75

最新ニュース

最新ニュース

サムスン電子、中国の半導体工場に80億ドル追加投資へ=報道

韓国のサムスン電子<005930.KS>は中国・西安にある同社の半導体工場に80億ドルの追加設備投資を行い、NAND型フラッシュメモリーを増産する。中国メディアが10日伝えた。

欧州市場サマリー(4日)

<ロンドン株式市場> 5営業日ぶりに反発して取引を終 えた。米中が貿易協議の第一段階の合意に近づいているとの報道でリスク志向が高まった 。 ブルームバーグは、米中が第1段階の協定文書を巡り、これまでに発動した追加関税 の引き下げ規模で合意に近づいていると報じた。アジアへのエクスポージャーが高い金融 大手HSBCやFTSE350種鉱業株指数の値上がりが目立った 。 ただ、OANDAのアナリスト、クレイグ・アーラム氏は市場心理が好転したことに ついて「他に材料がなかった」ためだろうと指摘。他のアナリストは合意内容の具体的な 詳細が明らかでないとした...

欧州株式市場=反発、米中通商合意に期待

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 STOXX欧州600 403.19 +4.71 +1.18 398.48 種 FTSEユーロファー 1575.15 +17.67 +1.13 1557.48 スト300種 ユーロSTOXX50 3660.02 +49.03 +1.36 3610.99 <.STOXX50 種 E> 欧州株式市場は反発して取引を終えた。米中通商協議が合意に近づいているとの報道 が買い材料だった。 ブルームバーグは、第一段階の合意文書を巡りこれまでの追加関税の引き下げ規模に ついて両国が合意に近づいていると...

米、ファーウェイへの販売制限強化を検討=関係筋

米政府は、米国の技術が用いられている海外製品の中国通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)への販売制限を強化する可能性があると、関係者2人が明らかにした。

コラム:半導体価格安定でも喜べないサムスンの暗いトンネル

韓国サムスン電子<005930.KS>は8日に公表する第3・四半期決算のガイダンスで、業績回復への期待が高まりそうだ。半導体の値下がりに歯止めがかかっているためだが、貿易摩擦や中国の景気減速を考えると、楽観論の台頭は短期間で終息しかねない。また、トップの不在もサムスンの不安材料になっている。

焦点:欧州企業、第4四半期から来年にかけても業績低迷か

投資家は、欧州企業の第3・四半期決算が3期連続で減益となると覚悟しているが、来年に向けて収益が持ち直すという期待さえ裏切られる恐れが出てきた。米国による関税の発動や英国の欧州連合(EU)離脱を巡る不透明感、世界的な景気減速などが背景。

〔マーケットアイ〕外為:ドル調達コスト急上昇、ドル/円への影響は軽微

ドルは107円後半で引き続きもみあい。中国の連休を控えて「株式投資家が持ち高調整をどう入れてくるかが不透明で、為替も売買しづらい」(トレーダー)という。

正午のドルは107.95円付近、107円後半でのもみあい続く

しかし、その後は、明日の中国国慶節に香港で大規模なデモが行われる可能性や米国の対中強硬姿勢の復活に対する懸念などを背景にじり安の展開となった。

〔マーケットアイ〕外為:ドル107円後半で小動き、米レポ金利の高止まり続く

米短期金融市場では、ニューヨーク連銀が連日、大量の資金を供給しているが、レポ市場では2週間物をはじめ上昇圧力が収まっていない。

〔マーケットアイ〕外為:ドル107円後半、米中通商協議への期待値低下

一方、トランプ米政権が米国の証券取引所に上場している中国株の上場廃止を検討しているとの複数の報道を受け、来月開かれる閣僚級の米中通商協議に対する期待値が低下している。

〔マーケットアイ〕外為:ドル107円後半、米国株の崩れ方が心配との声

27日にはユーロが1.0904ドルと2年4カ月ぶり安値をつけたほか、英ポンドも大幅に下落したことで、結果的にドルの強さが目立った。

米国株は下落、米上場の中国株廃止巡る報道で

米国株式市場は下落して取引を終えた。トランプ政権が米証券取引所に上場する中国株の廃止を検討しているとの報道を受け、米中貿易摩擦が激化するとの懸念が高まった。

NY市場サマリー(27日)

<為替> ユーロが一時対ドルで約2年ぶりの安値に沈んだ。低調なユーロ圏成長見通しに圧迫された。しかしテクニカル上の支持線を試した後切り返し、終盤にかけ上昇に転じた。

欧州市場サマリー(27日)

<ロンドン株式市場> 2カ月近くぶりの高値に続伸して取引を終えた。イングランド銀行(英中央銀行)が利下げを示唆したことでポンドが下落し、輸出銘柄を押し上げた。米中通商協議への期待も好材料だった。

欧州株式市場=続伸、鉱業株買われる

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 STOXX欧州600 391.79 +1.84 +0.47 389.95 種 FTSEユーロファー 1541.20 +6.22 +0.41 1534.98 スト300種 ユーロSTOXX50 3545.88 +13.70 +0.39 3532.18 <.STOXX50 種 E> 欧州株式市場は続伸して取引を終えた。鉱業銘柄が買われ全体水準を押し上げた。 週間ベースでは6週間ぶりに下落した。経済への懸念が根強いほか、米中貿易摩擦や 英国の欧州連合(EU)離脱の先行き不透明感が相場の重...

日経平均は反落、配当権利落ちの影響 実質では横ばい

東京株式市場で日経平均は反落。26日に確定した配当権利の落ち分(市場推定で164円57銭)を考慮すると実質的に横ばいとなった。前場中盤から利益確定売りが先行。アジア主要株の軟調推移や為替の円高基調も相まって下押し圧力が強まったが、大引けにかけてドル/円が下げ渋る動きを見せると、日経平均も急速に下げ幅を縮小した。

アジア株式市場サマリー:中盤(27日)

時間 現在値 前日比 % 始値 高値 安値 コード 中国 上海総合指数 12:46 2928.97 -0.114 0.00 2929.4860 2935.3431 2920.9300 前営業日終値 2929.0875 中国 CSI300指 12:46 3842.67 +1.527 +0.04 3843.458 3853.758 3832.247 数 前営業日終値 3841.139 香港 ハンセン指数 12:47 25977.87 -64.06 -0.25 25977.98 26008.22 25840.66 前営業日終値 26041.93...

米半導体マイクロン、さえない利益見通しで時間外に株価急落

米半導体大手マイクロン・テクノロジー<MU.O>が26日発表した第4・四半期(6─8月)決算は、同社の純利益が5億6100万ドル(1株当たり0.49ドル)と前年同期の43億3000万ドル(同3.56ドル)から減少した。また、今四半期の調整後1株利益見通しがさえず、同社株は引け後の時間外取引で6%近く急落した。

米国株式市場でダウは14ドル高、指標まちまちで慎重取引

米国株式市場はほぼ横ばい。ダウ平均株価<.DJI>は14ドル高で引けた。経済指標が強弱まちまちとなる中、慎重な取引に終始した。アップル<AAPL.O>はしっかりとなった。IHSマークイットがこの日発表した9月の製造業購買担当者景気指数(PMI)速報値は前月から上昇し、市場予想を上回った。

NY市場サマリー(23日)

<為替> ドルが対ユーロで上昇した。米経済指標はまちまちの内容だったが、ユーロ圏の製造業とサービス業に関する経済指標がユーロ圏経済への懸念につながった。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up