for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ミクロン・テクノロジー・インク

MU.O

現在値

86.15USD

変化

0.01(+0.01%)

出来高

5,775,380

本日のレンジ

85.35

 - 

86.92

52週レンジ

63.58

 - 

96.96

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
86.14
始値
85.58
出来高
5,775,380
3か月平均出来高
368.04
高値
86.92
安値
85.35
52週高値
96.96
52週安値
63.58
発行済株式数
1,118.62
時価総額
93,315.59
予想PER
9.50
配当利回り
0.48

次のエベント

Micron Technology Inc at Credit Suisse Technology, Media & Telecom Conference

適時開示

その他

Micron And UMC Announce Global Settlement

Micron Tech Says Q1 Shipments Will Decline Modestly In Both DRAM And NAND

Micron Technology Sees Q1 Revenue $7.65 Billion (+/-$200 Million)

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ミクロン・テクノロジー・インクとは

マイクロン・テクノロジー(Micron Technology Inc)は、メモリおよびストレージソリューションを提供する。【事業内容】ポートフォリオには、ダイナミックランダムアクセスメモリ(DRAM)、ネガティブAND(NAND)、3次元(3D)XPointメモリ、NORなどがある。ブランドには、「Micron」と「Crucial」が含まれる。事業セグメントには、クライアント、クラウドサーバー、エンタープライズ、グラフィックス、およびネットワーキング市場に販売されるメモリ製品を含むコンピューティングおよびネットワーキングビジネスユニット(CNBU)、スマートフォンやその他のモバイルデバイス市場に販売されているメモリ製品を含むモバイルビジネスユニット(MBU)、ソリッドステートドライブ(SSD)と、エンタープライズ、クラウド、クライアント、およびコンシューマーストレージ市場に販売されるソリューション、コンポーネントおよびウェーハ形式で販売されるその他のストレージ製品が含むストレージビジネスユニット(SBU)、自動車、産業、および消費者市場に販売されるメモリおよびストレージ製品が含む組み込みビジネスユニット(EBU)などがある。

業種

Semiconductors

連絡先

8000 S Federal Way,

PO Box 6

BOISE, ID

83716-9632

United States

+1.208.3684000

https://www.micron.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Robert E. Switz

Independent Chairman of the Board

Sanjay Mehrotra

President, Chief Executive Officer, Director

David A. Zinsner

Chief Financial Officer, Senior Vice President

Manish H. Bhatia

Executive Vice President, Global Operations

Scott J. DeBoer

Executive Vice President - Technology Development

統計

2.12 mean rating - 41 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2019

23.4K

2020

21.4K

2021

27.7K

2022(E)

31.9K
EPS (USD)

2019

6.350

2020

2.830

2021

6.060

2022(E)

8.759
株価売上高倍率(過去12カ月)
16.25
株価売上高倍率(過去12カ月)
3.37
株価純資産倍率(四半期)
2.12
株価キャッシュフロー倍率
7.75
総負債/総資本(四半期)
15.42
長期負債/資本(四半期)
15.07
投資利益率(過去12カ月)
11.71
自己資本利益率(過去12カ月)
10.35

最新ニュース

最新ニュース

米マイクロンと台湾UMC、知財巡る法廷係争で主張取り下げ

半導体大手の米マイクロン・テクノロジーと台湾ユナイテッド・マイクロエレクトロニクス(聯華電子、UMC)は、知的財産を巡る法廷係争での主張を互いに取り下げることで合意した。

UPDATE 2-米国株式市場=ナスダック続落、大型ハイテク株に売り

(内容を追加しました) [23日 ロイター] - 米国株式市場はナスダック総合が 続落して取引を終えた。米国債利回りが上昇し、テスラなど大 型ハイテク株に売りが出た。一方、バリュエーションが割安な銘柄に買 いが入り、S&P総合500種は上昇した。 S&Pグロース指数は0.3%安、バリュー指数は0 .8%高。 米国債利回りは前日に続き上昇。バイデン大統領によるパウエル米 連邦準備理事会(FRB)議長の再任指名を受け、FRBがインフレ対 応に一段と積極的になると見込まれている。 テスラは4%超、マイクロソフトは0.6%下落し、ナス ダックを...

SKハイニックスの中国半導体生産、先行き不透明 米政府が懸念

複数の関係者がロイターに明らかにしたところによると、韓国の半導体大手SKハイニックスが半導体をより効率的に製造するために中国の設備を改修する計画の先行きが不透明になっている。米政府が高度な製造機器が中国国内で使われることを望んでいないためという。

マイクロン、米国内メモリーチップ工場検討 政府補助金に期待

米半導体大手マイクロン・テクノロジーの幹部は20日、米国内にメモリーチップの工場を新設することを検討しているが、アジア地域よりも高い製造コストを相殺するため、連邦・州政府からの補助金が必要だとの考えを示した。

アジア株式市場サマリー:引け(29日)

(配信時間に応じて内容を更新します。) [29日 ロイター] - 中国株式市場は反落して取引を終えた。国内の電力不足を 背景に、化学や鉄鋼といった工場閉鎖に脆弱なセクターが売られた。 アナリストは、中国各地で工場の稼働停止を引き起こしている電力不足が中国恒大集 団の債務問題よりも経済の大きな脅威になり得ると指摘。 電力不足の影響を受けやすい非鉄金属、鉄鋼、化学<.CSI0 00813>は3─5.4%安。 中国国家発展改革委員会(発改委)は29日、発電所向けの石炭供給を安定させるた め、鉄道会社に石炭輸送を強化するよう求め、地方政府に対しては...

ホットストック:レーザーテックなどが軟調、予想下回るマイクロンの決算を嫌気

レーザーテック、東京エレクトロンなど半導体関連株が軟調。28日に発表した米半導体大手マイクロン・テクノロジーの第1・四半期(9─11月)の売上高見通しが、市場予想を下回ったことが嫌気された。また、米国株式市場で長期金利上昇を背景にグロース株が軟化したことも、マイナスの要因となっている。

米マイクロン、9─11月売上高見通し低調 短期的な需要減を予想

米半導体大手マイクロン・テクノロジーが28日に発表した第1・四半期(9─11月)の売上高見通しは、市場予想を下回った。半導体供給先であるパソコン(PC)メーカーが他の部品不足に直面する中、短期的にメモリーチップの出荷が減少するとの見通しを示した。

米マイクロン、9─11月売上高見通し低調 半導体部品不足が重し

米半導体大手マイクロン・テクノロジーが28日に発表した第1・四半期(9─11月)の売上高見通しは、市場予想を下回った。半導体部品不足が重しになっていると見られ、時間外取引でマイクロン株は約5%下落した。

米ウエスタンデジタル、キオクシアと合併交渉 9月合意も=関係筋

米半導体大手のウエスタンデジタルがキオクシアホールディングス(旧東芝メモリホールディングス)との合併に向けて交渉を進めている。関係筋が匿名を条件に明らかにした。合併の規模は200億ドルになる可能性がある。

ホットストック:東エレクなど半導体関連が軟調、米国でSOX指数は6日続落

東京エレクトロン、アドバンテストなど半導体関連株が軟調に推移している。国内外で半導体関連株についてネガティブな見通しが目立っているほか、前日までに米国株式市場でフィラデルフィア半導体指数が6日続落となったことが嫌気された。

NY市場サマリー(12日)ダウ・S&P最高値更新、ドル上昇

7月の卸売物価指数(PPI)は前年比7.8%上昇。伸びは市場予想の7.3%を上回り、比較可能な2010年11月以降で最大となった。前月比でも1.0%上昇と、市場予想の0.6%を上回った。

米国株式市場=ダウ・S&P3日連続で最高値更新、ハイテク株が主導

米国株式市場はダウ工業株30種とS&P総合500種が3日連続で、終値ベースの最高値を更新。ハイテク大手が上昇を主導した。米新規失業保険申請件数の3週連続での改善も好感された。

米マイクロン、自社株買い戦略変更 配当支払い開始へ

米半導体大手のマイクロン・テクノロジーは2日、株主還元策の自社株買いの方法を調整し、株価が安い時に多めに、高い時には少なめに購入すると発表した。また、配当金の支払いも開始する。

サムスン電子、第2四半期は53%営業増益の見通し 予想上回る

韓国のサムスン電子は7日、第2・四半期の営業利益が前年同期比53%増加するとの見通しを示した。スマートフォンの出荷は前四半期比で減少するものの、堅調な半導体価格や需要が業績に寄与するという。

欧州市場サマリー(2日)

<ロンドン株式市場> 横ばいで取引を終えた。銀行株と エネルギー株が重しだった一方、鉱業株が買われた。新型コロナウイルス感染の急増への 懸念から週間ベースではマイナスだった。 FTSE350種銀行株指数はこの日、1.67%下落し、部門別で 最大の押し下げ要因だった。 石油・ガス株指数は0.77%下落した。原油安に伴い石油大手のB Pとロイヤル・ダッチ・シェルが1.0%と0.8%それぞれ下落した。 一方、鉱業株指数は0.91%上昇し、部門別で最も値を上げた。個 別銘柄では資源大手アングロ・アメリカンが2.0%高となり、FTSE100 種の...

欧州株式市場=小幅続伸、半導体メーカー株買われる

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 STOXX欧州600 456.81 +1.18 +0.26 455.63 種 FTSEユーロファー 1763.14 +3.51 +0.20 1759.63 スト300種 ユーロSTOXX50 4084.31 +5.42 +0.13 4078.89 <.STOXX50E 種 > 欧州株式市場は小幅に続伸して取引を終えた。半導体メーカーが買 われた。ただ銀行株が軟調だったことや新型コロナウイルスの変異株「 デルタ」に対する懸念が高まる中、上昇幅は限定的だった。 STOXX欧州600種テクノロジー...

米国株式市場=S&P6日連続で最高値更新、雇用統計に注目

米国株式市場は、S&P総合500種指数が6日連続で最高値を更新した。堅調な経済指標を受けて幅広い銘柄に買いが入った。市場は2日の雇用統計に注目している。

UPDATE 1-NY市場サマリー(1日)S&P6日連続で最高値更新、ドル上昇

(株式の内容を追加しました) [1日 ロイター] - <為替> ドルが上昇し、一時主要通貨バスケットに対し3カ月ぶり高値を付けた。 しかし、6月の米雇用統計の発表を2日に控え、狭いレンジでの取引となった。 終盤の取引で、ドル指数は0.2%高の92.572。一時92.602と、 4月上旬以来の高値を付けた。 ドル/円は0.4%高の111.560円。一時、15カ月ぶり高値とな る111.640円を付ける場面もあった。 朝方発表された6月26日までの1週間の新規失業保険申請件数(季節調整済み)は 36万4000件と、前週の41万5000件から...

米マイクロン、3─5月業績と6─8月売上高見通しが市場予想上回る

米半導体大手マイクロン・テクノロジーが30日発表した第3・四半期(3─5月)決算は、利益と売上高が市場予想を上回った。供給逼迫や力強い需要を背景にメモリーチップ価格が高止まりしており、第4・四半期の売上高見通しも、予想を上回った。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up