for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ミクロン・テクノロジー・インク

MU.O

現在値

75.55USD

変化

0.00(0.00%)

出来高

8,729

本日のレンジ

--

 - 

--

52週レンジ

42.25

 - 

96.96

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
75.55
始値
0.00
出来高
8,729
3か月平均出来高
398.56
高値
--
安値
--
52週高値
96.96
52週安値
42.25
発行済株式数
1,125.75
時価総額
83,553.43
予想PER
12.51
配当利回り
--

次のエベント

Micron Technology Inc at KeyBanc Capital Markets Future of Technology Series Conference (Virtual)

適時開示

その他

Micron Technology Inc Q3 Earnings Per Share $1.52

Micron Technology Says Economic Value For Micron From Sale Of Lehi, Utah, Fab To Texas Instruments Is $1.5 Billion

Toshiba Says Cannot Say Whether Reported Deal Talks Involving Kioxia Are True

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ミクロン・テクノロジー・インクとは

マイクロン・テクノロジー(Micron Technology Inc)は、メモリおよびストレージソリューションを提供する。【事業内容】ポートフォリオには、ダイナミックランダムアクセスメモリ(DRAM)、ネガティブAND(NAND)、3次元(3D)XPointメモリ、NORなどがある。ブランドには、「Micron」と「Crucial」が含まれる。事業セグメントには、クライアント、クラウドサーバー、エンタープライズ、グラフィックス、およびネットワーキング市場に販売されるメモリ製品を含むコンピューティングおよびネットワーキングビジネスユニット(CNBU)、スマートフォンやその他のモバイルデバイス市場に販売されているメモリ製品を含むモバイルビジネスユニット(MBU)、ソリッドステートドライブ(SSD)と、エンタープライズ、クラウド、クライアント、およびコンシューマーストレージ市場に販売されるソリューション、コンポーネントおよびウェーハ形式で販売されるその他のストレージ製品が含むストレージビジネスユニット(SBU)、自動車、産業、および消費者市場に販売されるメモリおよびストレージ製品が含む組み込みビジネスユニット(EBU)などがある。

業種

Semiconductors

連絡先

8000 S Federal Way,

PO Box 6

BOISE, ID

83716-9632

United States

+1.208.3684000

https://www.micron.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Robert E. Switz

Independent Chairman of the Board

Sanjay Mehrotra

President, Chief Executive Officer, Director

David A. Zinsner

Chief Financial Officer, Senior Vice President

Manish H. Bhatia

Executive Vice President, Global Operations

Scott J. DeBoer

Executive Vice President - Technology Development

統計

1.92 mean rating - 39 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2018

30.4K

2019

23.4K

2020

21.4K

2021(E)

27.6K
EPS (USD)

2018

11.950

2019

6.350

2020

2.830

2021(E)

5.936
株価売上高倍率(過去12カ月)
20.48
株価売上高倍率(過去12カ月)
3.28
株価純資産倍率(四半期)
1.97
株価キャッシュフロー倍率
8.14
総負債/総資本(四半期)
15.89
長期負債/資本(四半期)
15.19
投資利益率(過去12カ月)
8.54
自己資本利益率(過去12カ月)
7.61

最新ニュース

最新ニュース

サムスン電子、第2四半期は53%営業増益の見通し 予想上回る

韓国のサムスン電子は7日、第2・四半期の営業利益が前年同期比53%増加するとの見通しを示した。スマートフォンの出荷は前四半期比で減少するものの、堅調な半導体価格や需要が業績に寄与するという。

欧州市場サマリー(2日)

<ロンドン株式市場> 横ばいで取引を終えた。銀行株と エネルギー株が重しだった一方、鉱業株が買われた。新型コロナウイルス感染の急増への 懸念から週間ベースではマイナスだった。 FTSE350種銀行株指数はこの日、1.67%下落し、部門別で 最大の押し下げ要因だった。 石油・ガス株指数は0.77%下落した。原油安に伴い石油大手のB Pとロイヤル・ダッチ・シェルが1.0%と0.8%それぞれ下落した。 一方、鉱業株指数は0.91%上昇し、部門別で最も値を上げた。個 別銘柄では資源大手アングロ・アメリカンが2.0%高となり、FTSE100 種の...

欧州株式市場=小幅続伸、半導体メーカー株買われる

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 STOXX欧州600 456.81 +1.18 +0.26 455.63 種 FTSEユーロファー 1763.14 +3.51 +0.20 1759.63 スト300種 ユーロSTOXX50 4084.31 +5.42 +0.13 4078.89 <.STOXX50E 種 > 欧州株式市場は小幅に続伸して取引を終えた。半導体メーカーが買 われた。ただ銀行株が軟調だったことや新型コロナウイルスの変異株「 デルタ」に対する懸念が高まる中、上昇幅は限定的だった。 STOXX欧州600種テクノロジー...

米国株式市場=S&P6日連続で最高値更新、雇用統計に注目

米国株式市場は、S&P総合500種指数が6日連続で最高値を更新した。堅調な経済指標を受けて幅広い銘柄に買いが入った。市場は2日の雇用統計に注目している。

UPDATE 1-NY市場サマリー(1日)S&P6日連続で最高値更新、ドル上昇

(株式の内容を追加しました) [1日 ロイター] - <為替> ドルが上昇し、一時主要通貨バスケットに対し3カ月ぶり高値を付けた。 しかし、6月の米雇用統計の発表を2日に控え、狭いレンジでの取引となった。 終盤の取引で、ドル指数は0.2%高の92.572。一時92.602と、 4月上旬以来の高値を付けた。 ドル/円は0.4%高の111.560円。一時、15カ月ぶり高値とな る111.640円を付ける場面もあった。 朝方発表された6月26日までの1週間の新規失業保険申請件数(季節調整済み)は 36万4000件と、前週の41万5000件から...

米マイクロン、3─5月業績と6─8月売上高見通しが市場予想上回る

米半導体大手マイクロン・テクノロジーが30日発表した第3・四半期(3─5月)決算は、利益と売上高が市場予想を上回った。供給逼迫や力強い需要を背景にメモリーチップ価格が高止まりしており、第4・四半期の売上高見通しも、予想を上回った。

UPDATE 1-NY市場サマリー(30日)=ドル2カ月半ぶり高値、S&P最高値

(株式の内容を追加しました) [30日 ロイター] - <為替> ドルが2カ月半ぶりの高値を付けた。月間では約3%高と2016年11 月以来の大幅な上昇を記録。米連邦準備理事会(FRB)の予想外のタカ派シフトと新型 コロナウイルス変異株「デルタ」の感染拡大を巡る懸念が支援した。 30日は雇用指標が予想を上回ったこともドル上昇を支援した。企業向け給与計算サ ービスのオートマチック・データ・プロセッシング(ADP)とムーディーズ・アナリテ ィクスが30日に発表した6月の全米雇用報告は、民間部門雇用者数が69万2000人 増と、市場予想の60...

米国株式市場=S&P最高値、四半期で5期連続値上がり

米国株式市場はS&P総合500種指数が終値で最高値を更新。この日の経済指標はあまり材料視されず、もっぱら週末の雇用統計待ちとなった。四半期ベースでは主要3指数が5期連続で値上がり。S&P500は上半期に14.5%上昇し、1998年以来2番目の高い伸びを記録した。

値固め、経済正常化の思惑が支援 米金融政策への警戒も=今週の東京株式市場

今週の東京株式市場は、値固めが見込まれる。国内での新型コロナウイルスワクチン接種の進展による経済正常化への思惑から底堅さが意識される一方、米連邦準備理事会(FRB)の金融政策動向への警戒感も根強く、上値追いには慎重になりそうだ。

再送-値固め、経済正常化の思惑が支援 米金融政策への警戒も=来週の東京株式市場

来週の東京株式市場は、値固めが見込まれる。国内での新型コロナウイルスワクチン接種の進展による経済正常化への思惑から底堅さが意識される一方、米連邦準備理事会(FRB)の金融政策動向への警戒感も根強く、上値追いには慎重になりそうだ。

米上院の超党派グループ、半導体分野への投資に対する税控除提案

米上院の超党派グループは17日、国内の半導体生産の促進に向け、半導体製造分野への投資に対する25%の税控除新設を提案した。

ホットストック:東京エレクトロンなど半導体関連が軟調、「売り抜け探る」動きも

東京エレクトロンやアドバンテスト、レーザーテックといった半導体関連株が軒並み売られている。世界半導体市場統計(WSTS)が今年と来年の市場拡大予想を発表したことを受け「売り抜けを探る投資家もいるようだ」(国内証券)との見方が出ている。

米政権、半導体不足巡り企業トップと12日に会合

米ホワイトハウスの高官は9日、週明け12日に大手企業の首脳を招き、半導体の供給不足に関する会合を開くと明らかにした。

UPDATE 3-サムスン電子、第1四半期は44%営業増益の見通し 予想と一致

韓国のサムスン電子は7日、第1・四半期の営業利益が前年同期比44%増加するとの見通しを示した。アナリストによると、家電やスマートフォン、テレビの販売好調が背景。ただ、半導体事業は寒波で米生産が停止した影響で業績悪化が見込まれる。

UPDATE 2-米国株式市場=S&P4000ポイント突破、マイクロソフトやアマゾンが高い

(内容を追加しました) [1日 ロイター] - 米国株式市場は上昇し、S&P総合500 種は初めて4000ポイントを上抜けた。マイクロソフト<MSFT. O>やアマゾン・ドット・コム、アルファベットなど が上昇を主導したほか、米景気回復を巡る楽観的な見方も追い風となっ た。 マイクロソフト、アマゾン、アルファベット、エヌビディア<NVDA. O>はいずれも2%超上昇。これらの成長株はここ数週間、経済再開によ る恩恵を受けるとみられるバリュー株をアンダーパフォームしてきたが 、このところ持ち直しの兆しを見せている。 アルファベットは3.3...

欧州市場サマリー(1日)

<ロンドン株式市場> 反発して取引を終えた。素早い経済回復への期待が高まり市場心理が好転した。国外事業の売却を決めたウェルスマネジメントのキルターの値上がりが目立った。

欧州株式市場=上昇、好調なユーロ圏指標と米景気刺激策への期待で

バイデン米大統領は、道路や鉄道、ブロードバンド、クリーンエネ ルギー、半導体生産への投資を含む2兆3000億ドル規模の景気刺激 策を発表し、相場の押し上げ要因となった。 米半導体大手マイクロン・テクノロジーが好調な売り上げ見 通しを示したことで、欧州同業のインフィニオン・テクノロジーズ<IFX Gn.DE>とASMLホールディング、BEセミコンダクター<BE SI.AS>、ASMインターナショナルは1.2%から3.5% 上昇した。 スイスの金融大手クレディ・スイスは2.6%反発した。 ただ米投資会社アルケゴス・キャピタル・マネジメントの...

キオクシア株、自社の株主価値最大化へ最適な方法追求=東芝

東芝は1日、米半導体大手のマイクロン・テクノロジーなどがキオクシアホールディングス(旧東芝メモリ)へのM&A(合併・買収)の可能性を検討しているとの報道に関して、「真偽を含め承知していない」とした上で、キオクシア株については東芝の株主価値最大化のために最適な方法を追求していくとコメントした。

米マイクロンとWD、キオクシア巡りM&Aの可能性検討=WSJ

米半導体大手のマイクロン・テクノロジーとウエスタンデジタル(WD)は別々に、同業キオクシアホールディングス(旧東芝メモリ)に対するM&A(合併・買収)の可能性を検討しており、キオクシアの企業価値を約300億ドルと評価する可能性もある。米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)が31日、関係者の話として報じた。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up