for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ミクロン・テクノロジー・インク

MU.O

現在値

54.82USD

変化

1.51(+2.82%)

出来高

9,786,161

本日のレンジ

53.08

 - 

54.82

52週レンジ

31.13

 - 

61.19

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
53.31
始値
53.29
出来高
9,786,161
3か月平均出来高
413.84
高値
54.82
安値
53.08
52週高値
61.19
52週安値
31.13
発行済株式数
1,113.22
時価総額
59,345.86
予想PER
--
配当利回り
--

次のエベント

Q1 2021 Micron Technology Inc Earnings Release

適時開示

その他

Micron Says Smartphone, Auto, & Consumer End Markets Have Started To Recover

Micron Technology Posts Q4 EPS Of $0.87

Micron Technology Says Sees Long-Term Dram Industry Bit Demand CAGR In Mid-To-High Teens

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ミクロン・テクノロジー・インクとは

マイクロン・テクノロジー(Micron Technology, Inc.)は半導体システム会社である。【事業内容】同社のメモリ技術のポートフォリオはダイナミック・ランダム・アクセス・メモリ(DRAM)、ネガティブAND(NAND)フラッシュおよびNORフラッシュを含み、ソリッド・ステート・ドライブ、モジュール、マルチチップ・パッケージ及びその他のシステム・ソリューションの基礎である。同社は4つの事業区分により構成される。計算・ネットワーキングビジネスユニット(CNBU)事業はコンピューティング、ネットワーキング、グラフィックス及びクラウドサーバ市場向けに販売されるメモリ製品を含む。モバイルビジネスユニット(MBU)事業はスマートフォン、タブレットなどのモバイルデバイス市場に販売されるメモリ製品を含む。記憶事業ユニット(SBU)事業はエンタープライズ、クライアント及びリムーバブルストレージ市場に販売されるメモリ製品を含み、Intel/Micron Flash Technology(IMFT)合弁会社を通じてIntelに販売される製品を含む。組込みビジネスユニット(EBU)事業は自動車、産業、家庭及び家電市場に接続されたメモリ製品を含む。

業種

Semiconductors

連絡先

8000 S Federal Way,

PO Box 6

BOISE, ID

83716-9632

United States

+1.208.3684000

https://www.micron.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Robert E. Switz

Independent Chairman of the Board

Sanjay Mehrotra

President, Chief Executive Officer, Director

David A Zinsner

Chief Financial Officer, Senior Vice President

Manish H. Bhatia

Executive Vice President, Global Operations

Scott J. DeBoer

Executive Vice President - Technology Development

統計

2.03 mean rating - 37 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2018

30.4K

2019

23.4K

2020

21.4K

2021(E)

22.9K
EPS (USD)

2018

11.950

2019

6.350

2020

2.830

2021(E)

3.009
株価売上高倍率(過去12カ月)
22.43
株価売上高倍率(過去12カ月)
2.77
株価純資産倍率(四半期)
1.52
株価キャッシュフロー倍率
7.10
総負債/総資本(四半期)
17.04
長期負債/資本(四半期)
16.34
投資利益率(過去12カ月)
6.10
自己資本利益率(過去12カ月)
5.27

最新ニュース

最新ニュース

NY市場サマリー(30日)ダウ329ドル高、ドルは下落

しかし、共和党のマコネル上院院内総務がコロナ対策を巡る与野党間の溝は依然深い との認識を示したことは冷水となった。 クラリティFXのエグゼクティブディレクター、アモ・サホタ氏は「刺激策を巡りか なりの楽観ムードが漂っている」と指摘。「実現するかは確信できないが、市場はいかな るポジティブなニュースにも飛び付く勢いとなっている」と述べた。 半面、11月の米大統領選に向け、前夜開催されたトランプ大統領とバイデン前副大 統領の第1回テレビ討論会が異例の混沌状態となったことで、選挙結果の判明が遅れ、政 権移行が混迷するとの懸念が市場に広がる中、...

米株上昇、与野党の追加コロナ対策協議に期待

米国株式市場は上昇して取引を終えた。追加の新型コロナウイルス経済対策を巡る協議継続や良好な経済指標が買い手掛かりとなった。第3・四半期の主要株価指数はプラス圏で終了した。

米マイクロン、ファーウェイ禁輸措置が売上高に影響と予想

への半導体の輸出禁止措置などが売上高に影響すると説明した。

強もちあい、米株の動きにらみ神経質な地合いに=今週の東京株式市場

今週の東京株式市場は、強もちあいが想定されている。調整色を強める米国株に対して直近の日本株は比較的底堅かったが、日本株の独自性を演出した要因が剥落するという。週明けは堅調な始まりとなりそうだが、再び米国株式市場の動きをにらむようになり、神経質な地合いになりそうだ。29日の日経平均は配当権利落ち分(市場推定で145円)を含めて算出するため、見た目の数値は実態より低くなる。

ボックス圏での展開、米株の動きにらみ神経質な地合いに=来週の東京株式市場

来週の東京株式市場は、ボックス圏での展開が想定されている。調整色を強める米国株に対して直近の日本株は比較的底堅かったが、日本株の独自性を演出した要因が剥落するという。そのため、再び米国株式市場の動きをにらむようになり、神経質な地合いになりそうだ。なお、29日の日経平均は配当権利落ち分(市場推定で145円)を含めて算出するため、その分だけ見た目の数値は実態より低くなる。

アジア株式市場サマリー:引け(3日)

(配信時間に応じて内容を更新します) [3日 ロイター] -  終値 前日比 % 始値 高値 安値 コード 中国 上海総合指数 3384.9806 - 19.8211 - 0.58 3404.0319 3425.6294 3374.2634 前営業日終値 3404.8017 中国 CSI300指 4817.095 -26.792 -0.55 4841.502 4877.012 4800.058 数 前営業日終値 4843.887 香港 ハンセン指数 25007.60 -112.49 -0.45 25026.99 25216.02 24854.58...

ホットストック:東エレクなど半導体関連株がしっかり、米株上昇を好感

東京エレクトロン、アドバンテスト、SCREENホールディングスなど半導体関連株がしっかり。このところ人気の中心からはずれていたが、前日の米国株式市場の上昇が好感されたほか、いずれの銘柄にも調整一巡感が出始めており、買いを誘っている。フィラデルフィア半導体指数は2.84%上昇。連日の最高値更新となった。

NY市場サマリー(2日)ドル続伸・ユーロ下落、S&P最高値

<為替> ドルが続伸。ユーロは下落し、前日に付けた節目の1.20ドルから後退した。ユーロの下げは前日に節目を付けたことで利益確定売りが出たとみられ、ユーロ/ドル相場が金融政策に「大きく関わる」とした欧州中央銀行(ECB)のレーン専務理事兼主任エコノミストの発言も材料視された。

S&P最高値、ディフェンシブ銘柄やバリュー株が主導

米国株式市場はS&P総合500種<.SPX>が続伸し、最高値を更新した。上昇は過去10営業日で9回目。朝方発表された全米民間雇用報告の伸びが予想を下回ったことを背景に、ディフェンシブ銘柄やバリュー株が上昇を主導した。

アングル:サムスン電子の第2四半期は減益か、スマホの不振響く

韓国サムスン電子<005930.KS>が7日発表する4─6月期の決算速報は営業減益が見込まれている。在宅勤務者の増加でデータセンター向け半導体需要が増えたが、スマートフォンの販売不振を補うには十分ではないとみられる。

欧州株式市場=続伸、新型コロナワクチンへ期待高まる

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 STOXX欧州600種 361.19 +0.85 +0.24 360.34 FTSEユーロファース 1408.59 +2.95 +0.21 1405.64 ト300種 ユーロSTOXX50種 3228.45 -5.62 -0.17 3234.07 <.STOXX50E > 欧州株式市場は続伸して取引を終えた。新型コロナウイルスのワクチンへの期待が相 場を押し上げた。 米製薬大手ファイザーとドイツのバイオ医薬ベンチャー、ビオンテック<BNTX .O>が開発中の新型コロナワクチンが、初期段階...

欧州市場サマリー(30日)

INGのアナリストは「ECBの量的緩和(QE)に対する信頼感が増し、QEがも たらす恩恵は維持される」と述べた。 イタリア10年債利回りは5ベーシスポイント(bp)低下の1.30 8%と、3月27日以来の低水準を付けた。30年債利回りも3月以来の水 準に低下したほか、5年債利回りも3カ月ぶりの低水準に迫った。 イタリアの債務水準は高いため、ユーロ圏内の懸念が高まるとイタリア国債利回りが 上昇し、新型ウイルス感染拡大による衝撃を乗り越えるための政策措置に対する信頼感が 高まると利回りが低下する傾向がある。 ラボバンクの債券ストラテジスト、...

欧州株式市場=小幅続伸、四半期ベースは15年以来の大幅プラス

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 STOXX欧州600 360.34 +0.45 +0.13 359.89 種 FTSEユーロファー 1405.64 +0.65 +0.05 1404.99 スト300種 ユーロSTOXX50 3234.07 +2.05 +0.06 3232.02 <.STOXX50 種 E> 欧州株式市場は小幅に続伸して取引を終えた。新型コロナウイルス の危機による景気低迷は底を打ったとの見方が広がる中、四半期ベース では12.59%上昇し、2015第1・四半期以来の大幅なプラスだ った。 STOXX...

米マイクロンの6─8月期、売上高見通しが市場予想上回る 株価上昇

米半導体大手マイクロン・テクノロジー<MU.O>は29日、第4・四半期(6─8月)期の売上高について、市場予想を上回る堅調な見通しを示した。新型コロナウイルス感染拡大に伴う在宅勤務などで、ノートパソコンやデータセンター向け需要が伸びていることが背景。発表を受けて同社株は時間外取引で約6%上昇した。

米半導体業界へ228億ドル支援の法案、超党派議員ら提出

超党派の米議員グループは10日、半導体セクターに228億ドル超の支援を提供する法案を提出した。戦略的技術分野で中国との競争が激化する中、米国内で半導体工場の建設を促すのが狙い。

ホットストック:半導体関連が軟調、インテルのさえない業績見通しを嫌気

半導体関連が軟調に推移している。東京エレクトロン、信越化学工業は一時2%超、アドバンテストは一時3%超それぞれ下落した。米半導体大手インテルがさえない業績見通しを発表し時間外取引で下落したことなどが嫌気されている。SCREENホールディングス、SUMCO、ルネサスエレクトロニクスなども売られている。

UPDATE 2-米インテル、通期業績見通し示さず 「先行き不透明」

米半導体大手インテルが23日発表した第1・四半期決算は、在宅勤務の増加を受けて半導体需要が大きく伸びた。ただ、第2・四半期の1株利益見通しは市場予想を下回った。同社はまた、新型コロナウイルスの大流行を受けて経済の先行き不透明感が著しく高まっているため、新たな通年業績見通しは公表しないとした。

米企業、起債で融資枠の返済原資調達する動き広がる=バンカメ

バンク・オブ・アメリカ(バンカメ)のアナリストによると、新型コロナウイルスに端を発する相場急落を受けて銀行の融資枠から資金を引き出した米企業の間で、起債して返済原資を調達する動きが広がっている。米企業部門の資金逼迫が和らぎつつある可能性を示しているという。

アングル:コロナ禍でも半導体材料堅調、在宅広がり需要シフト

新型コロナウイルスの世界経済への影響が警戒される中にあって、半導体材料メーカーの事業は堅調に推移している。スマートフォンなどの落ち込みが懸念される一方、在宅勤務の広がりを受けてパソコンやデータセンターがしっかりしており、半導体需要のシフトが起きている。

米マイクロン、3─5月の売上高見通しが市場予想上回る

米半導体大手マイクロン・テクノロジー<MU.O>は25日、第3・四半期(3─5月)の売上高について、アナリスト予想を上回る見通しを示した。データセンター向けの需要の急拡大で、供給不足に陥る可能性があると指摘した。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up