for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ミクロン・テクノロジー・インク

MU.O

現在値

90.66USD

変化

0.39(+0.43%)

出来高

12,358,295

本日のレンジ

90.08

 - 

91.33

52週レンジ

41.19

 - 

96.96

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
90.27
始値
90.44
出来高
12,358,295
3か月平均出来高
413.30
高値
91.33
安値
90.08
52週高値
96.96
52週安値
41.19
発行済株式数
1,121.42
時価総額
101,230.20
予想PER
16.47
配当利回り
--

次のエベント

Q3 2021 Micron Technology Inc Earnings Release

適時開示

その他

Toshiba Says Cannot Say Whether Reported Deal Talks Involving Kioxia Are True

Micron Technology Inc Reports Results For Second Quarter Of Fiscal 2021

Micron Says Will Increase Investment In New Memory Products That Leverage The Compute Express Link

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ミクロン・テクノロジー・インクとは

マイクロン・テクノロジー(Micron Technology, Inc.)は半導体システム会社である。【事業内容】同社のメモリ技術のポートフォリオはダイナミック・ランダム・アクセス・メモリ(DRAM)、ネガティブAND(NAND)フラッシュおよびNORフラッシュを含み、ソリッド・ステート・ドライブ、モジュール、マルチチップ・パッケージ及びその他のシステム・ソリューションの基礎である。同社は4つの事業区分により構成される。計算・ネットワーキングビジネスユニット(CNBU)事業はコンピューティング、ネットワーキング、グラフィックス及びクラウドサーバ市場向けに販売されるメモリ製品を含む。モバイルビジネスユニット(MBU)事業はスマートフォン、タブレットなどのモバイルデバイス市場に販売されるメモリ製品を含む。記憶事業ユニット(SBU)事業はエンタープライズ、クライアント及びリムーバブルストレージ市場に販売されるメモリ製品を含み、Intel/Micron Flash Technology(IMFT)合弁会社を通じてIntelに販売される製品を含む。組込みビジネスユニット(EBU)事業は自動車、産業、家庭及び家電市場に接続されたメモリ製品を含む。

業種

Semiconductors

連絡先

8000 S Federal Way,

PO Box 6

BOISE, ID

83716-9632

United States

+1.208.3684000

https://www.micron.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Robert E. Switz

Independent Chairman of the Board

Sanjay Mehrotra

President, Chief Executive Officer, Director

David A Zinsner

Chief Financial Officer, Senior Vice President

Manish H. Bhatia

Executive Vice President, Global Operations

Scott J. DeBoer

Executive Vice President - Technology Development

統計

1.86 mean rating - 36 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2018

30.4K

2019

23.4K

2020

21.4K

2021(E)

26.9K
EPS (USD)

2018

11.950

2019

6.350

2020

2.830

2021(E)

5.482
株価売上高倍率(過去12カ月)
32.02
株価売上高倍率(過去12カ月)
4.31
株価純資産倍率(四半期)
2.47
株価キャッシュフロー倍率
11.01
総負債/総資本(四半期)
16.28
長期負債/資本(四半期)
15.49
投資利益率(過去12カ月)
6.85
自己資本利益率(過去12カ月)
6.11

最新ニュース

最新ニュース

米政権、半導体不足巡り企業トップと12日に会合

米ホワイトハウスの高官は9日、週明け12日に大手企業の首脳を招き、半導体の供給不足に関する会合を開くと明らかにした。

UPDATE 3-サムスン電子、第1四半期は44%営業増益の見通し 予想と一致

韓国のサムスン電子は7日、第1・四半期の営業利益が前年同期比44%増加するとの見通しを示した。アナリストによると、家電やスマートフォン、テレビの販売好調が背景。ただ、半導体事業は寒波で米生産が停止した影響で業績悪化が見込まれる。

UPDATE 2-米国株式市場=S&P4000ポイント突破、マイクロソフトやアマゾンが高い

(内容を追加しました) [1日 ロイター] - 米国株式市場は上昇し、S&P総合500 種は初めて4000ポイントを上抜けた。マイクロソフト<MSFT. O>やアマゾン・ドット・コム、アルファベットなど が上昇を主導したほか、米景気回復を巡る楽観的な見方も追い風となっ た。 マイクロソフト、アマゾン、アルファベット、エヌビディア<NVDA. O>はいずれも2%超上昇。これらの成長株はここ数週間、経済再開によ る恩恵を受けるとみられるバリュー株をアンダーパフォームしてきたが 、このところ持ち直しの兆しを見せている。 アルファベットは3.3...

欧州市場サマリー(1日)

<ロンドン株式市場> 反発して取引を終えた。素早い経済回復への期待が高まり市場心理が好転した。国外事業の売却を決めたウェルスマネジメントのキルターの値上がりが目立った。

欧州株式市場=上昇、好調なユーロ圏指標と米景気刺激策への期待で

バイデン米大統領は、道路や鉄道、ブロードバンド、クリーンエネ ルギー、半導体生産への投資を含む2兆3000億ドル規模の景気刺激 策を発表し、相場の押し上げ要因となった。 米半導体大手マイクロン・テクノロジーが好調な売り上げ見 通しを示したことで、欧州同業のインフィニオン・テクノロジーズ<IFX Gn.DE>とASMLホールディング、BEセミコンダクター<BE SI.AS>、ASMインターナショナルは1.2%から3.5% 上昇した。 スイスの金融大手クレディ・スイスは2.6%反発した。 ただ米投資会社アルケゴス・キャピタル・マネジメントの...

キオクシア株、自社の株主価値最大化へ最適な方法追求=東芝

東芝は1日、米半導体大手のマイクロン・テクノロジーなどがキオクシアホールディングス(旧東芝メモリ)へのM&A(合併・買収)の可能性を検討しているとの報道に関して、「真偽を含め承知していない」とした上で、キオクシア株については東芝の株主価値最大化のために最適な方法を追求していくとコメントした。

米マイクロンとWD、キオクシア巡りM&Aの可能性検討=WSJ

米半導体大手のマイクロン・テクノロジーとウエスタンデジタル(WD)は別々に、同業キオクシアホールディングス(旧東芝メモリ)に対するM&A(合併・買収)の可能性を検討しており、キオクシアの企業価値を約300億ドルと評価する可能性もある。米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)が31日、関係者の話として報じた。

米マイクロンとWD、キオクシア巡りM&Aの可能性検討=WSJ

米半導体大手のマイクロン・テクノロジーとウエスタンデジタル(WD)は別々に、同業キオクシア(旧東芝メモリ)に対するM&A(合併・買収)の可能性を検討しており、キオクシアの企業価値を約300億ドルと評価する可能性もある。米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)が31日、関係者の話として報じた。

米マイクロン、12-2月業績と3-5月売上見通しが市場予想上回る

米半導体大手、マイクロン・テクノロジーが31日示した第3・四半期(3―5月)の売上高見通しは71億ドル(プラスマイナス2億ドル)で、リフィニティブのIBESデータに基づく市場予想(67億9000万ドル)を上回った。半導体需要の増加と世界的な供給不足に伴う半導体価格の上昇が背景にある。

ファーウェイから分離の低価格スマホ、大手半導体メーカーと契約

中国の通信機器最大手、華為技術(ファーウェイ)から分離した低価格スマートフォン事業会社「HONOR(オナー)」は22日、米インテルやクアルコムなど大手半導体メーカーから供給を受ける契約を結んだと発表した。

欧州株式市場=3日続伸、バイデン米次期大統領の刺激策に期待

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 STOXX欧州600種 412.00 +2.93 +0.72 409.07 FTSEユーロファース 1589.10 +11.25 +0.71 1577.85 ト300種 ユーロSTOXX50種 3641.37 +24.86 +0.69 3616.51 <.STOXX50E > 欧州株式市場は3営業日続伸して取引を終えた。テクノロジー株が 買われたほか、米国のバイデン次期大統領が大規模な景気刺激策を導入 するとの期待が高まった。中国の貿易統計も相場の押し上げ要因となっ た。 バイデン...

欧州株式市場=小幅上昇、M&Aの動き

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 STOXX欧州600 409.07 +0.46 +0.11 408.61 種 FTSEユーロファー 1577.85 +1.34 +0.08 1576.51 スト300種 ユーロSTOXX50 3616.51 +4.38 +0.12 3612.13 <.STOXX50E 種 > 欧州株式市場は小幅に上昇して取引を終えた。新型コロナウイルス の感染拡大を抑えるための封鎖措置が長期化することへの懸念がある一 方、企業の合併・買収(M&A)の動きが相場を押し上げた。 フランスの小売大手カルフール...

欧州株式市場=横ばい、景気敏感株は上昇

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日終 コード 値 STOXX欧州600種 408.61 +0.20 +0.05 408.41 FTSEユーロファースト3 1576.51 +0.57 +0.04 1575.94 00種 ユーロSTOXX50種 3612.13 -8.49 -0.23 3620.62 欧州株式市場は横ばいで取引を終えた。銀行や自動車、石油といった景気敏感株が相 場を支えた。 フランスの自動車メーカー、ルノーやドイツの同業BMW、フォ ルクスワーゲン(VW)が2020年の販売台数を発表した後、STOXX 欧州600種自動車...

再送-欧州株式市場=反落、コロナ感染拡大で世界景気に懸念

(一部記号を修正して再送します) [11日 ロイター] - <株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 STOXX欧州600 408.41 -2.76 -0.67 411.17 種 FTSEユーロファー 1575.94 -9.42 -0.59 1585.36 スト300種 ユーロSTOXX50 3620.62 -24.43 -0.67 3645.05 <.STOXX50E 種 > 欧州株式市場は反落して取引を終えた。新型コロナウイルスの感染 者数が欧州と中国本土で急増し、世界の景気回復に冷や水を浴びせると の懸念が高まった。...

欧州市場サマリー(8日)

<ロンドン株式市場> 続伸して取引を 終えた。景気の早期回復期待が相場を押し上げた。配当再開を発表した英住宅建設 最大手バラット・デベロップメンツの値上がりが目立った。 バラットは4.5%高。先売り件数が増えたことも買い材料だった。 FTSE100種は週間ベースで6.39%上昇した。 マーケッツ・ドット・コムのアナリスト、ニール・ウィルソン氏は、米国で追加刺激 策が導入されれば、融資が増えて債券利回りが上昇する可能性があるとし、株価に良い兆 しだとし、「英経済の先行きや米刺激策について総じて良い見方が出ている」と話した。 英医療当局は米...

欧州株式市場=続伸、ドイツ株が過去最高値

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 STOXX欧州600 411.17 +2.68 +0.66 408.49 種 FTSEユーロファー 1585.36 +10.19 +0.65 1575.17 スト300種 ユーロSTOXX50 3645.05 +22.63 +0.62 3622.42 <.STOXX50 種 E> 欧州株式市場は続伸して取引を終えた。市場予想を上回る経済指標や半導体メーカー の好決算を材料にドイツ株は過去最高値を付けた。 STOXX欧州600種は週間ベースで3.04%上昇し、昨年11月以来 の大幅な...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「大陽線」、高値引けで「陽の大引け坊主」

<16:18> 日経平均・日足は「大陽線」、高値引けで「陽の大引け坊主」 日経平均・日足は下に短いヒゲを伴う「大陽線」。日経平均は連日の昨年来高値(2万7624円73 銭=7日)を更新、約30年ぶりに2万8000円の大台を回復した。2万8000円を更新した後も勢い は止まらず、高値引けとなり、形状は上昇期待感を示す「陽の大引け坊主」。来週以降も底堅い展開が期待 できる。 <15:55> 新興株市場はしっかり、ジャスダック7日続伸 マザーズはナスダック高を好感 新興株市場はしっかり。日経ジャスダック平均は7日続伸、東証マザーズ指数は反発した...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場はしっかり、ジャスダック7日続伸 マザーズはナスダック高を好感

<15:55> 新興株市場はしっかり、ジャスダック7日続伸 マザーズはナスダック高を好感 新興株市場はしっかり。日経ジャスダック平均は7日続伸、東証マザーズ指数は反発した。市場からは 「直近IPO銘柄などの一部では利益確定売りの動きもみられたが、総じてしっかり。マザーズ市場にはグ ロース系の銘柄が多いため、ナスダックが上昇すると連れ高となりやすい。ニューマネーの流入は新興株市 場でもみられる」(国内証券)との声が聞かれた。 日経ジャスダック平均は前営業日比0.47%高。個別では、ウエストホールディングス 、フ ェローテックホールディングス...

日経平均は大幅続伸、648円高 30年ぶり2万8000円を回復

東京株式市場で日経平均は大幅続伸した。オーバーナイトの米国株市場は、民主党が議会の主導権を握ったことで追加景気対策実現への期待が高まり、主要3指数がそろって終値での最高値を更新。米株高の流れを引き継ぎ、日経平均は一日を通して堅調に推移した。バブル崩壊後の高値を更新した後も勢いは止まらず、日経平均は1990年8月以来の2万8000円を回復し、高値引けとなった。TOPIXも昨年来高値を更新した。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は上値追い、550円超高 買いが買いを呼ぶ展開

<14:29> 日経平均は上値追い、550円超高 買いが買いを呼ぶ展開 日経平均は上値を追い、前営業日比550円超高の2万8000円台半ばでの推移となっている。時間 外取引での米株先物に加え、香港ハンセン指数、上海総合指数などのアジア株もしっかり。世界的な株高の 展開となっている。 市場では「株以外にも原油、ビットコインも上昇するなど、買いが買いを呼ぶ強気の相場。2021年 第1週目に日経平均が2万8000円を回復するのは誰も想定していなかったのではないか。来週あたりは 利益確定売りが強まる可能性がある」(国内証券)との声が出ていた。...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up