for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ミクロン・テクノロジー・インク

MU.O

前日終値

45.10USD

変化

0.00(0.00%)

出来高

11,017

本日のレンジ

--

 - 

--

52週レンジ

28.39

 - 

51.39

∙ 約15分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
45.10
始値
0.00
出来高
11,017
3か月平均出来高
526.60
高値
--
安値
--
52週高値
51.39
52週安値
28.39
発行済株式数
1,104.00
時価総額
49,781.53
予想PER
17.79
配当利回り
--

次のエベント

Q1 2020 Micron Technology Inc Earnings Release

適時開示

その他

Micron - Q4 Sales To Huawei Down Sequentially, Down Meaningfully From Levels Anticipated Prior To Addition Of Huawei To Entity List

Appaloosa LP Cuts Share Stake In Altaba Inc, Micron Technology, Vistra Energy Corp

Micron Announces Pricing Of $1.75 Billion Of Senior Notes

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ミクロン・テクノロジー・インクとは

マイクロン・テクノロジー(Micron Technology, Inc.)は半導体システム会社である。【事業内容】同社のメモリ技術のポートフォリオはダイナミック・ランダム・アクセス・メモリ(DRAM)、ネガティブAND(NAND)フラッシュおよびNORフラッシュを含み、ソリッド・ステート・ドライブ、モジュール、マルチチップ・パッケージ及びその他のシステム・ソリューションの基礎である。同社は4つの事業区分により構成される。計算・ネットワーキングビジネスユニット(CNBU)事業はコンピューティング、ネットワーキング、グラフィックス及びクラウドサーバ市場向けに販売されるメモリ製品を含む。モバイルビジネスユニット(MBU)事業はスマートフォン、タブレットなどのモバイルデバイス市場に販売されるメモリ製品を含む。記憶事業ユニット(SBU)事業はエンタープライズ、クライアント及びリムーバブルストレージ市場に販売されるメモリ製品を含み、Intel/Micron Flash Technology(IMFT)合弁会社を通じてIntelに販売される製品を含む。組込みビジネスユニット(EBU)事業は自動車、産業、家庭及び家電市場に接続されたメモリ製品を含む。

業種

Semiconductors

連絡先

8000 S Federal Way,

PO Box 6

+1.208.3684000

https://www.micron.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Robert E. Switz

Independent Chairman of the Board

Sanjay Mehrotra

President, Chief Executive Officer, Director

David A. Zinsner

Chief Financial Officer, Senior Vice President

Manish H. Bhatia

Executive Vice President, Global Operations

Scott J. DeBoer

Executive Vice President - Technology Development

統計

2.43 mean rating - 35 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2017

20.3K

2018

30.4K

2019

23.4K

2020(E)

20.7K
EPS (USD)

2017

4.960

2018

11.950

2019

6.350

2020(E)

2.538
株価売上高倍率(過去12カ月)
8.27
株価売上高倍率(過去12カ月)
2.13
株価純資産倍率(四半期)
--
株価キャッシュフロー倍率
5.10
総負債/総資本(四半期)
--
長期負債/資本(四半期)
--
投資利益率(過去12カ月)
--
自己資本利益率(過去12カ月)
--

最新ニュース

最新ニュース

コラム:半導体価格安定でも喜べないサムスンの暗いトンネル

韓国サムスン電子<005930.KS>は8日に公表する第3・四半期決算のガイダンスで、業績回復への期待が高まりそうだ。半導体の値下がりに歯止めがかかっているためだが、貿易摩擦や中国の景気減速を考えると、楽観論の台頭は短期間で終息しかねない。また、トップの不在もサムスンの不安材料になっている。

焦点:欧州企業、第4四半期から来年にかけても業績低迷か

投資家は、欧州企業の第3・四半期決算が3期連続で減益となると覚悟しているが、来年に向けて収益が持ち直すという期待さえ裏切られる恐れが出てきた。米国による関税の発動や英国の欧州連合(EU)離脱を巡る不透明感、世界的な景気減速などが背景。

〔マーケットアイ〕外為:ドル調達コスト急上昇、ドル/円への影響は軽微

ドルは107円後半で引き続きもみあい。中国の連休を控えて「株式投資家が持ち高調整をどう入れてくるかが不透明で、為替も売買しづらい」(トレーダー)という。

〔マーケットアイ〕外為:正午のドルは107.95円付近、107円後半でのもみあい続く

しかし、その後は、明日の中国国慶節に香港で大規模なデモが行われる可能性や米国の対中強硬姿勢の復活に対する懸念などを背景にじり安の展開となった。

〔マーケットアイ〕外為:ドル107円後半で小動き、米レポ金利の高止まり続く

米短期金融市場では、ニューヨーク連銀が連日、大量の資金を供給しているが、レポ市場では2週間物をはじめ上昇圧力が収まっていない。

〔マーケットアイ〕外為:ドル107円後半、米中通商協議への期待値低下

一方、トランプ米政権が米国の証券取引所に上場している中国株の上場廃止を検討しているとの複数の報道を受け、来月開かれる閣僚級の米中通商協議に対する期待値が低下している。

〔マーケットアイ〕外為:ドル107円後半、米国株の崩れ方が心配との声

27日にはユーロが1.0904ドルと2年4カ月ぶり安値をつけたほか、英ポンドも大幅に下落したことで、結果的にドルの強さが目立った。

NY市場サマリー(27日)

ニューヨーク証券取引所では値下がり銘柄数が値上がり銘柄数を1.38対1の比率 で上回った。ナスダックでも1.94対1で値下がり銘柄数が多かった。 米取引所の合算出来高は66億8000万株。直近20営業日の平均は72億株。 米国株式市場: <金先物> 米追加利下げをめぐる思惑から売りが優勢となり、反落した。12月物 の清算値は前日比8.80ドル(0.58%)安の1オンス=1506.40ドルと、中 心限月ベースで19日以来約1週間ぶりの安値となった。週間では0.57%安。相場は 朝方から売りが先行し、一時1493.30ドルと、心理的な節目の...

米国株式市場=下落、米上場の中国株廃止巡る報道で

ニューヨーク証券取引所では値下がり銘柄数が値上がり銘柄数を1.38対1の比率 で上回った。ナスダックでも1.94対1で値下がり銘柄数が多かった。 米取引所の合算出来高は66億8000万株。直近20営業日の平均は72億株。  終値 前日比 % 始値 高値 安値 コード ダウ工業株30種 26820.25 -70.87 -0.26 26987.2 27012.5 26715.8 6 4 2  前営業日終値 26891.12 ナスダック総合 7939.63 -91.03 -1.13 8047.11 8051.83 7890.28  前営業日終値...

欧州市場サマリー(27日)

CMCマーケッツのアナリスト、マイケル・ヒューソン氏は「ソーンダース氏は従来 、金融政策委員会の中でタカ派的な存在だったため、この日の発言は大きな意味を持つ」 と述べた。 離脱期日が10月31日に迫る中でも、英国の離脱の有無は依然として定かでない。 ジョンソン英首相はEUと合意してもしなくても期日に離脱すると主張しており、議会と 対立している。 ポンドが下落したことで、海外収益が大きい石油大手のロイヤル・ダッチ・シェル<R DSa.L>やBPのほか、アジアへのエクスポージャーが高い金融大手HSBC<HSBA. L>がFTSE100種の大...

欧州株式市場=続伸、鉱業株買われる

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 STOXX欧州600 391.79 +1.84 +0.47 389.95 種 FTSEユーロファー 1541.20 +6.22 +0.41 1534.98 スト300種 ユーロSTOXX50 3545.88 +13.70 +0.39 3532.18 <.STOXX50 種 E> 欧州株式市場は続伸して取引を終えた。鉱業銘柄が買われ全体水準を押し上げた。 週間ベースでは6週間ぶりに下落した。経済への懸念が根強いほか、米中貿易摩擦や 英国の欧州連合(EU)離脱の先行き不透明感が相場の重...

東京株式市場・大引け=日経平均は反落、配当権利落ちの影響 実質では横ばい

日経平均 終値      21878.90 -169.34 寄り付き    21934.93 安値/高値   21733.69─21955.79 TOPIX 終値       1604.25 -19.02 寄り付き     1612.10 安値/高値    1590.82─1613.02 東証出来高(万株) 135366 東証売買代金(億円) 23672.51 東京株式市場で日経平均は反落。26日に確定した配当権利の落ち分(市場推定で164円57銭)を 考慮すると実質的に横ばいとなった。前場中盤から利益確定売りが先行。アジア主要株の軟調推移...

アジア株式市場サマリー:中盤(27日)

時間 現在値 前日比 % 始値 高値 安値 コード 中国 上海総合指数 12:46 2928.97 -0.114 0.00 2929.4860 2935.3431 2920.9300 前営業日終値 2929.0875 中国 CSI300指 12:46 3842.67 +1.527 +0.04 3843.458 3853.758 3832.247 数 前営業日終値 3841.139 香港 ハンセン指数 12:47 25977.87 -64.06 -0.25 25977.98 26008.22 25840.66 前営業日終値 26041.93...

米半導体マイクロン、さえない利益見通しで時間外に株価急落

米半導体大手マイクロン・テクノロジー<MU.O>が26日発表した第4・四半期(6─8月)決算は、同社の純利益が5億6100万ドル(1株当たり0.49ドル)と前年同期の43億3000万ドル(同3.56ドル)から減少した。また、今四半期の調整後1株利益見通しがさえず、同社株は引け後の時間外取引で6%近く急落した。

UPDATE 1-NY市場サマリー(23日)

(株のリポートを追加しました。) [23日 ロイター] - <為替> ドルが対ユーロで上昇した。米経済指標はまちまちの内容だったが、ユーロ圏の製造業とサ ービス業に関する経済指標がユーロ圏経済への懸念につながった。 IHSマークイットが発表した9月のユーロ圏総合購買担当者景気指数(PMI)速報値は50.4で 、前月の51.9から低下し2013年半ば以来の低水準となった。エコノミストの予想(51.9)も下 回った。ドイツの指数が製造業の悪化で6年半ぶりに50を下回ったことが押し下げ要因となった。[nL3N2 6E27R] ユーロ/ドルは0...

UPDATE 1-米国株式市場=ダウ14ドル高、指標まちまちで慎重取引

(内容を追加しました) [ニューヨーク 23日 ロイター] - 米国株式市場はほぼ横ば い。ダウ平均株価は14ドル高で引けた。経済指標が強弱まちま ちとなる中、慎重な取引に終始した。アップルはしっかりとな った。 IHSマークイットがこの日発表した9月の製造業購買担当者景気 指数(PMI)速報値は前月から上昇し、市場予想を上回った。一方、 非製造業PMIは市場予想を下回り、内訳では雇用が2010年2月以 来の50割れとなった。 ユーロ圏のPMI統計では、ドイツ製造業の悪化加速が明らかにな った。 プルデンシャル・フィナンシャルのチーフマーケットストラテジス...

NY市場サマリー(11日)

スコシア銀(トロント)の主任為替ストラテジスト、ショーン・オズボーン氏は「緩 和観測がユーロの下押し要因となったが、大幅な緩和が打ち出されるかどうかは定かでな い。あすの理事会後にユーロが値を戻す可能性もある」と述べた。 ユーロ/ドルは0.34%安の1.1006ドル。 円相場は値下がりし、8月1日以来の安値を付けた。中国が一部の米国製品を追加関 税対象から除外すると発表したことが材料となった。トランプ大統領はこれについて「大 きな動き」だとして歓迎する意向を表明した。 ドル/円は0.22%高の107.77円。 ポンド/ドルは0.19%安...

UPDATE 1-米国株式市場=上昇、貿易巡る楽観的な見方でハイテク・工業株が高い

(情報を追加しました) [ニューヨーク 11日 ロイター] - 米国株式市場は上昇して 取引を終了。中国が対米報復関税の対象から一部の製品を免除すると発 表したことが好感され、関税の動きに敏感なハイテク株や工業株の買い が膨らんだ。S&P総合500種は7月30日以来、初めて3000を 上回って終了した。 アップルが3.2%上昇し、S&P総合500種とナスダ ック総合の上昇をけん引。時価総額は1兆ドルを回復した。アップルは 前日、新型の「iPhone11」シリーズ3種類を発表。動画配信サ ービス「アップルTV+(プラス)」を11月1日に開始...

UPDATE 3-米、禁輸猶予を3カ月延長 ファーウェイ「不公正な扱い続く」

米国のロス商務長官は19日、米政府が中国通信機器大手の華為技術(ファーウェイ)に対する米一部製品の禁輸措置の執行猶予を11月18日まで90日間延長すると明らかにした。ファーウェイは、一時的な猶予延長で不公正な扱いが変わるものでないとコメントした。

米IT大手、ファーウェイ販売許可で迅速対応要請=NEC委員長

カドロー米国家経済会議(NEC)委員長は9日、トランプ大統領が前日に大手IT首脳らと開いた会合に関連し、企業側は中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)への販売許可申請で迅速な対応を求めていると述べた。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも15分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up