for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ミクロン・テクノロジー・インク

MU.O

現在値

51.22USD

変化

--(--)

本日のレンジ

--

 - 

--

52週レンジ

31.13

 - 

61.19

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
51.22
始値
--
出来高
--
3か月平均出来高
635.09
高値
--
安値
--
52週高値
61.19
52週安値
31.13
発行済株式数
1,112.19
時価総額
56,966.17
予想PER
20.29
配当利回り
--

次のエベント

Q3 2020 Micron Technology Inc Earnings Release

適時開示

その他

Micron Technology Inc Sees Q3 GAAP EPS $0.61 - $0.66

Micron Technology Says On April 24 Settled Its Offering Of $1.25 Bln Of 2.497% Senior Notes Due 2023

Micron Announces Pricing Of $1.25 Billion Of Senior Notes

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ミクロン・テクノロジー・インクとは

マイクロン・テクノロジー(Micron Technology, Inc.)は半導体システム会社である。【事業内容】同社のメモリ技術のポートフォリオはダイナミック・ランダム・アクセス・メモリ(DRAM)、ネガティブAND(NAND)フラッシュおよびNORフラッシュを含み、ソリッド・ステート・ドライブ、モジュール、マルチチップ・パッケージ及びその他のシステム・ソリューションの基礎である。同社は4つの事業区分により構成される。計算・ネットワーキングビジネスユニット(CNBU)事業はコンピューティング、ネットワーキング、グラフィックス及びクラウドサーバ市場向けに販売されるメモリ製品を含む。モバイルビジネスユニット(MBU)事業はスマートフォン、タブレットなどのモバイルデバイス市場に販売されるメモリ製品を含む。記憶事業ユニット(SBU)事業はエンタープライズ、クライアント及びリムーバブルストレージ市場に販売されるメモリ製品を含み、Intel/Micron Flash Technology(IMFT)合弁会社を通じてIntelに販売される製品を含む。組込みビジネスユニット(EBU)事業は自動車、産業、家庭及び家電市場に接続されたメモリ製品を含む。

業種

Semiconductors

連絡先

8000 S Federal Way,

PO Box 6

BOISE, ID

83716-9632

United States

+1.208.3684000

https://www.micron.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Robert E. Switz

Independent Chairman of the Board

Sanjay Mehrotra

President, Chief Executive Officer, Director

David A. Zinsner

Chief Financial Officer, Senior Vice President

Manish H. Bhatia

Executive Vice President, Global Operations

Scott J. DeBoer

Executive Vice President - Technology Development

統計

2.06 mean rating - 36 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2017

20.3K

2018

30.4K

2019

23.4K

2020(E)

20.5K
EPS (USD)

2017

4.960

2018

11.950

2019

6.350

2020(E)

2.413
株価売上高倍率(過去12カ月)
25.67
株価売上高倍率(過去12カ月)
2.91
株価純資産倍率(四半期)
1.54
株価キャッシュフロー倍率
7.36
総負債/総資本(四半期)
14.65
長期負債/資本(四半期)
14.01
投資利益率(過去12カ月)
5.56
自己資本利益率(過去12カ月)
4.74

最新ニュース

最新ニュース

ホットストック:半導体関連が軟調、インテルのさえない業績見通しを嫌気

半導体関連が軟調に推移している。東京エレクトロン、信越化学工業は一時2%超、アドバンテストは一時3%超それぞれ下落した。米半導体大手インテルがさえない業績見通しを発表し時間外取引で下落したことなどが嫌気されている。SCREENホールディングス、SUMCO、ルネサスエレクトロニクスなども売られている。

UPDATE 2-米インテル、通期業績見通し示さず 「先行き不透明」

米半導体大手インテルが23日発表した第1・四半期決算は、在宅勤務の増加を受けて半導体需要が大きく伸びた。ただ、第2・四半期の1株利益見通しは市場予想を下回った。同社はまた、新型コロナウイルスの大流行を受けて経済の先行き不透明感が著しく高まっているため、新たな通年業績見通しは公表しないとした。

米企業、起債で融資枠の返済原資調達する動き広がる=バンカメ

バンク・オブ・アメリカ(バンカメ)のアナリストによると、新型コロナウイルスに端を発する相場急落を受けて銀行の融資枠から資金を引き出した米企業の間で、起債して返済原資を調達する動きが広がっている。米企業部門の資金逼迫が和らぎつつある可能性を示しているという。

アングル:コロナ禍でも半導体材料堅調、在宅広がり需要シフト

新型コロナウイルスの世界経済への影響が警戒される中にあって、半導体材料メーカーの事業は堅調に推移している。スマートフォンなどの落ち込みが懸念される一方、在宅勤務の広がりを受けてパソコンやデータセンターがしっかりしており、半導体需要のシフトが起きている。

米マイクロン、3─5月の売上高見通しが市場予想上回る

米半導体大手マイクロン・テクノロジー<MU.O>は25日、第3・四半期(3─5月)の売上高について、アナリスト予想を上回る見通しを示した。データセンター向けの需要の急拡大で、供給不足に陥る可能性があると指摘した。

半導体生産の継続に向け政府と協力=米業界団体

新型コロナウイルス対策が全米各地で講じられる中、米国半導体工業会(SIA)は25日、半導体生産を継続できるよう連邦当局と協力していると明らかにした。

NY市場サマリー(12日)

<為替> 中国を発生源とする新型コロナウイルスの封じ込めへの期待から米株価が上昇したことでドルに買いが入り、対ユーロで約2年ぶりの高値を付けた。

米国株式市場=最高値更新、新型ウイルス巡る懸念後退で

米国株式市場は主要株価3指数がいずれも終値ベースで最高値を更新した。新型コロナウイルスの感染拡大ペースが鈍化している兆しを受け、楽観ムードが高まった。

今日の株式見通し=反落、中東情勢巡る警戒感でリスク回避ムード

きょうの東京株式市場で日経平均株価は、反落が想定されている。オーバーナイトの米国株式市場では、米国とイランが対立する中、警戒ムードが続き反落。東京市場でもリスク回避ムードが強まり、前日のシカゴ日経平均先物終値にサヤ寄せする形で、安く始まるとみられている。

米株は反落、中東情勢巡る警戒感で エネルギー株が安い

米国株式市場は主要株価3指数がいずれも下落して取引を終えた。米国とイランが対立する中、警戒ムードが続いた。このところ上昇していた原油価格が下落したことから石油大手エクソンモービル<XOM.N>やシェブロン<CVX.N>などエネルギー株が売られた。

NY市場サマリー(7日)

<為替> 円やスイスフランに売りが出て直近の高値から押し戻された。米・イランが全面戦争に突入する可能性は低いとの見方から、安全とみられる資産への買いが後退した。予想を上回る米経済指標を支えにドルは底堅く推移。一方、豪ドルは大幅安となった。

〔マーケットアイ〕株式:新興株はしっかり、値動きのいいIPO銘柄の物色継続

<15:45> 新興株はしっか り、値動きのいいIPO銘柄の物色継続 新興株市場では、日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数がしっ かり。市場からは「きょうもIPO銘柄を中心に物色された。特にマザ ーズ市場では、値動きのいい銘柄を売買する動きが目立った」(国内証 券)との声が出ていた。 ジャスダック市場ではワークマン 、日本マクドナルドホー ルディングス 、岡本硝子 が買われる一方、ニューフレ アテクノロジー 、ビジョナリーHLDG などが売ら れた。 マザーズ市場ではJTOWER 、Sansan 、 SREホールディングス が買われる...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、5日移動平均線が上値抑える

<15:29> 日経平均・日足は「小陰線」、5日移動平均線が上値抑える 日経平均・日足は上ヒゲとやや長い下ヒゲを伴う「小陰線」。5日移動平均線(2万3926円88銭 =20日)に上値を抑えられた。陰線が3連続で出現したことで「三羽ガラス」とも解釈できるパターンと なり、売り警戒を強めることになった。 ただ、12日と13日に空けたマドの上限値(2万3775円73銭)を終値で上回ったことは安心材 料。25日移動平均線(2万3473円22銭=20日)も右肩上がりとなっており、上昇トレンドの継続 を示唆している。 <14:45> 日経平均はマイナス...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均はマイナス圏で膠着、材料に乏しく薄商い

<14:45> 日経平均はマイ ナス圏で膠着、材料に乏しく薄商い 日経平均はマイナス圏に転じ、2万3800円台半ばで膠着状態。 市場からは「きょうは材料に乏しく商いも細い。休みに入っている機関 投資家も多く、年末のポジション調整はほぼ終わっている。個人投資家 が利食い売りをしている可能性はある」(国内証券)との声が出ていた 。 <13:11> 日経平均は後場プラス転換、長期金利上昇 保険 株などの支援材料に  日経平均は後場プラス転換、2万3800円台後半で推移している 。日本の10年債利回りが一段と上昇し、3月6日以来のプラス圏に浮...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は後場プラス転換、長期金利上昇 保険株などの支援材料に

<13:11> 日経平均は後場プラス転換、長期金利上昇 保険株などの支援材料に  日経平均は後場プラス転換、2万3800円台後半で推移している。日本の10年債利回りが一段と上 昇し、3月6日以来のプラス圏に浮上した。収益改善期待が出て保険株や銀行株の支援材料となっていると いう。 債券市場からは「先物主導で金利が上昇している。流動性供給入札もやや弱かった。相場の動きに追随 しているだけで、ゼロ%を超えてきたことに特に意味があるわけではないだろう」(国内証券)との声が出 ている。 <11:43> 前場の日経平均は続落、手控えムード 半導体関連...

前場の日経平均は続落、手控えムード 半導体関連はしっかり

前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比59円92銭安の2万3804円93銭となり、続落した。前日の米国株が上昇した流れを引き継いで買い優勢で始まったものの、追加の材料が出ず、買い一巡後はマイナス圏に沈んだ。週末や年末を前に手控えムードも出やすく、利益確定売りに上値を抑えられた。

米株は最高値更新、1月初旬に米中通商合意署名との財務長官発言で

米国株式市場は、主要株価3指数が最高値を更新して取引を終えた。ムニューシン米財務長官が米中の「第1段階」の通商合意について、来年1月初旬に署名すると述べたことが好感された。

アジア株式市場サマリー:中盤(19日)

時間 現在値 前日比 % 始値 高値 安値 コード 中国 上海総合指数 12:03 3013.28 -3.760 -0.12 3017.1530 3021.2598 3008.2871 前営業日終値 3017.0444 中国 CSI300指 12:03 4025.52 -7.265 -0.18 4034.616 4038.544 4018.996 <.CSI30 数 0> 前営業日終値 4032.783 香港 ハンセン指数 12:04 27706.33 -177.88 -0.64 27908.78 27908.78 27675.24 前営業日終値...

今日の株式見通し=もみあい、個別物色 半導体関連は堅調か

きょうの東京株式市場で、日経平均株価は前日終値を挟んでもみあう展開が予想されている。米マイクロン・テクノロジー<MU.O>が引け後の時間外取引で大幅高となったことは日本の半導体関連の支援材料となりそうだが、全体的に手掛かりに乏しく手掛けづらいという。個別に材料のある銘柄が物色されるとの見方が多い。

UPDATE 1-今日の株式見通し=もみあい、個別物色 半導体関連は堅調か

(内容を追加しました。) [東京 19日 ロイター] -            前営業日終値 年初来高値 年初来安値   日経平均     23934.43 24091.12 19241.37              -131.69 2019年12月17日 2019年1月4日   シカゴ日経平均先物3月 23875(円建て) 限 きょうの東京株式市場で、日経平均株価は前日終値を挟んでもみあう展開が予想されている。米マイク ロン・テクノロジーが引け後の時間外取引で大幅高となったことは日本の半導体関連の支援材料とな りそうだが、全体的に手掛...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up