for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ミクロン・テクノロジー・インク

MU.O

現在値

62.13USD

変化

2.15(+3.58%)

出来高

12,703,038

本日のレンジ

59.70

 - 

62.38

52週レンジ

48.43

 - 

96.50

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
59.98
始値
60.09
出来高
12,703,038
3か月平均出来高
318.98
高値
62.38
安値
59.70
52週高値
96.50
52週安値
48.43
発行済株式数
1,091.18
時価総額
65,448.77
予想PER
-31.47
配当利回り
0.77

次のエベント

Q2 2023 Micron Technology Inc Earnings Release

適時開示

その他

Micron Tech Files For Two-Part Senior Notes Offering Size Not Disclosed

Micron Technology Inc - Entered Into An Incremental Amendment No. 1 To Term Loan Credit Agreement

Micron Technology Inc - Expect Days Of Inventory (Dio) To Peak In Current Fiscal Q2

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ミクロン・テクノロジー・インクとは

マイクロン・テクノロジー(Micron Technology Inc)は、メモリおよびストレージソリューションを提供する。【事業内容】ポートフォリオには、ダイナミックランダムアクセスメモリ(DRAM)、ネガティブAND(NAND)、3次元(3D)XPointメモリ、NORなどがある。ブランドには、「Micron」と「Crucial」が含まれる。事業セグメントには、クライアント、クラウドサーバー、エンタープライズ、グラフィックス、およびネットワーキング市場に販売されるメモリ製品を含むコンピューティングおよびネットワーキングビジネスユニット(CNBU)、スマートフォンやその他のモバイルデバイス市場に販売されているメモリ製品を含むモバイルビジネスユニット(MBU)、ソリッドステートドライブ(SSD)と、エンタープライズ、クラウド、クライアント、およびコンシューマーストレージ市場に販売されるソリューション、コンポーネントおよびウェーハ形式で販売されるその他のストレージ製品が含むストレージビジネスユニット(SBU)、自動車、産業、および消費者市場に販売されるメモリおよびストレージ製品が含む組み込みビジネスユニット(EBU)などがある。

業種

Semiconductors

連絡先

8000 S FEDERAL WAY

PO Box 6

BOISE, ID

83716-9632

United States

+1.208.3684000

https://www.micron.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Robert E. Switz

Independent Chairman of the Board

Sanjay Mehrotra

President, Chief Executive Officer, Director

Mark J. Murphy

Chief Financial Officer, Executive Vice President

April S. Arnzen

Senior Vice President, Chief People Officer

Manish H. Bhatia

Executive Vice President, Global Operations

統計

2.30 mean rating - 37 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2020

21.4K

2021

27.7K

2022

30.8K

2023(E)

16.6K
EPS (USD)

2020

2.830

2021

6.060

2022

8.350

2023(E)

-1.902
株価売上高倍率(過去12カ月)
10.88
株価売上高倍率(過去12カ月)
2.41
株価純資産倍率(四半期)
1.33
株価キャッシュフロー倍率
4.83
総負債/総資本(四半期)
20.82
長期負債/資本(四半期)
20.47
投資利益率(過去12カ月)
10.68
自己資本利益率(過去12カ月)
9.60

最新ニュース

最新ニュース

サムスン電子、第4四半期は69%の営業減益 半導体投資維持へ

韓国サムスン電子は31日、2022年第4・四半期の営業利益が前年同期比69%減の4兆3000億ウォン(34億9000万ドル)になったと発表した。

欧州株式市場=続伸、中国の回復への期待感で

連休明けの欧州株式市場は続伸して 取引を終えた。中国の新型コロナウイルス対策規制のさらなる緩和の動 きを受け、同国経済の回復に対する期待感が高まった。 中国当局は26日、3年に及ぶ厳しい入国制限を緩和し、入国時の 隔離義務を来年1月8日に解除すると発表した。 スイスクオート銀行のシニアアナリスト、イペック・オスカルデス カヤ氏は、中国の再開と23日発表された米国の11月の個人消費支出 (PCE)の伸び鈍化が「株式市場をわずかに後押し」した可能性があ ると述べた。 STOXX欧州600種日用品・家庭用品株指数は0.9 4%上昇。中国でのエクスポージャー...

欧州株式市場=ほぼ横ばい、週間は上昇

欧州株式市場はほぼ横ばいで取引を 終えた。祝日を控えて薄商いとなった。今週は景気後退やタカ派的な中 央銀行への懸念が経済改善の見通しへの期待感を上回り、不安定な値動 きとなった。 STOXX欧州600種指数は週間では0.64%上昇し た。 22日に発表された米経済指標は労働市場の逼迫と経済の底堅さを 示し、主要中央銀行による利上げの長期化と景気後退への懸念が強まっ た。 一方、今週発表された米ナイキの売上高と、米宅配大手フ ェデックスの利益がそれぞれ市場予想を上回り、米国とユーロ 圏の12月消費者信頼感指数が改善した。このため、急激な利上...

欧州市場サマリー(22日)

<ロンドン株式市場> 4営業日ぶりに反落して取引を終えた。この日発表された米経済指標が堅調だったことで米連邦準備理事会(FRB)による利上げ継続懸念が強まり、米株式相場の下落に追随した。

欧州株式市場=反落、利上げ懸念で祝祭気分薄れる

欧州株式市場は反落して取引を終え た。米国で発表された経済指標を受け、インフレ緩和への期待感が積極 的な金融引き締めへの懸念に変わり、序盤の上昇から下げに転じた。 米週間新規失業保険申請件数は予想ほど悪化せず、労働市場が依然 引き締まった状態であることを示した。また、2022年第3・四半期 の実質国内総生産(GDP)確報値は改定値から上方修正された。これ によって、米連邦準備理事会(FRB)の金融政策は多くの市場参加者 の期待よりも長く制限的な水準が続くとの懸念が強まった。米主要株価 が下落し、祝祭気分が急速に薄れた。 ジェネラリ・インシュアランス・アセット・マネジメント...

米マイクロン、人員10%削減へ 12ー2月は予想以上の赤字見込む

[21日 ロイター] - 米半導体大手マイクロン・テクノロジーは21日、半導体市場の供給過剰が続いているとして、2023年に従業員の10%を削減すると発表した。第2・四半期(22年12月━23年2月)の業績見通しは市場予想より大幅な赤字を見込んだ。

マイクロン、12ー2月の売上高見通し予想上回る

[21日 ロイター] - 米半導体大手マイクロン・テクノロジーが21日示した第2・四半期(12月━2023年2月)の売上高見通しは市場予想を上回った。データセンターやクラウドコンピューティングで利用される半導体への旺盛な需要が業績への追い風となる見通し。

バイデン氏、TSMCのアリゾナ工場訪問 米製造業の復活強調

[フェニックス(米アリゾナ州)6日 ロイター] - バイデン米大統領は6日、半導体受託生産の世界最大手、台湾積体電路製造(TSMC)のアリゾナ工場を訪れた。

TSMCがアリゾナで第2工場建設へ、投資3倍増の400億ドル

半導体受託生産の世界最大手、台湾積体電路製造(TSMC)は6日、米アリゾナ州で既に建設中の工場に加えてもう1つ工場を建設すると明らかにした。投資額を従来計画比3倍超の400億ドルに拡大し、年間収入100億ドルを見込む。

UPDATE 1-TSMCがアリゾナで第2工場建設へ、投資3倍増の400億ドル

半導体受託生産の世界最大手、台湾積体電路製造(TSMC)は6日、米アリゾナ州で既に建設中の工場に加えてもう1つ工場を建設すると明らかにした。投資額を従来計画比3倍超の400億ドルに拡大し、年間収入100億ドルを見込む。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、5日線を下回る

  <15:51> 日経平均・日足は「小陰線」、5日線を下回る 日経平均・日足は上に長く下に短いヒゲを伴う「上影陰線」の形の「小陰線」だった 。買い手の心理としては失望感を示している。終値は2万7930円57銭。ローソク足 は5日移動平均線(2万8035円22銭=17日)を下回り、弱気相場を暗示している 。 主要な短期の移動平均線は依然として上を向いているものの、75日線(2万763 8円17銭=同)、200日線(2万7156円24銭=同)はいずれも横ばいに転じて いる。目先の日経平均は節目の2万8000円の攻防となりそうだ。 <15:...

日経平均は反落、半導体関連株の下落が重し 内需株はしっかり

  東京株式市場で日経平均は、前営業日比97円73銭安の2万7930円57銭と、反落して取引を終えた。米ハイテク株安を受けて半導体関連株が軟調に推移し、指数を押し下げた。半面、百貨店株や空運株など内需のリオープン(経済再開)銘柄がしっかりで、相場を下支えした。強弱材料が混在する中で日経平均は小動きが続き、値幅は120円程度にとどまった。

〔マーケットアイ〕株式:新興株はマザーズが小反落、IPO銘柄に利益確定売り

<15:10> 新興株はマザーズが小反落、IPO銘柄に利益確定売り 新興株式市場は、マザーズ総合が前営業日比0.13%安の790.39ポイントと 小幅に反落した。東証グロース市場指数は同0.12%安の1003.68ポイントだっ た。新規IPO銘柄での利益確定売りが重しとなった。一方、米長期金利の低下を好感し てグロース(成長)株は底堅く推移した。 個別では、坪田ラボ、pluszeroがストップ高で取引を終え たほか、マイクロ波化学が堅調に推移した。 半面、POPER、ジーエヌアイグループ、リンカーズは さえない。 <13:56> 後場の...

〔マーケットアイ〕株式:後場の日経平均は小動き、次の材料待ちで動意薄

<13:56> 後場の日経平均は小動き、次の材料待ちで動意薄 後場の日経平均は小動きの展開が続いており、足元は前営業日比約110円安の2万 7900円台前半で推移している。前場に続き半導体関連株が軟調で相場の重しとなって いる一方、リオープン(経済再開)関連銘柄はしっかり。 市場は「米物価統計の公表を経て次の材料を待っている状況」(国内証券・ストラテ ジスト)で、目先の日経平均は節目の2万8000円を挟んで一進一退の値動きが続きや すいという。 東証33業種では、陸運業、空運業、不動産業など21業種が値上がり。非鉄金属、 電気機器、卸売業...

午前の日経平均は反落、米株安が重しに 年末商戦への警戒くすぶる

17日午前の東京株式市場で日経平均は、前営業日比112円72銭安の2万7915円58銭と反落した。米小売大手が見通しを引き下げ、年末商戦期を前に小売業界を巡る懸念が高まって米国市場で株安となったことが重しとなった。米ハイテク株安を受けて、半導体関連株は軟調だった。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均はマイナスで小動き、半導体安い リオープン関連が下支え

<10:20> 日経平均はマイナスで小動き、半導体安い リオープン関連が下支 え 日経平均は、寄り付きの小安い水準を中心とした小動きで方向感に乏しい。 指数へのマイナス寄与では、東京エレクトロンやアドバンテスト、 信越化学工業といった半導体関連株株が上位に入っている。前日の米国市場でマ イクロン・テクノロジーが供給削減を発表し、半導体株に売りが広がった流れを引 き継ぐ形となっている。 一方、高島屋や三越伊勢丹ホールディングスなど百貨店株は軒並み 大幅高で「相場の下支えになっている」(国内証券ストラテジスト)という。 日本政府観光局(JNTO...

ホットストック:半導体関連株が軟調、東エレク2%安 SOX指数4%下落で

米株市場でフィラデルフィア半導体指数(SOX指数)が前日比4.2%安となったことを嫌気し、半導体関連株が軟調に推移している。東京エレクトロンが2%安、アドバンテストが3%安などとなっている。

日経平均は小反落でスタート、米株安が重し 年末商戦懸念くすぶる

寄り付きの東京株式市場で日経平均は、前営業日比76円09銭安の2万7952円21銭と、小幅に反落してスタートした。米ディスカウント大手ターゲットのさえない見通しやマイクロン・テクノロジーの供給削減を受けて下落した米株安を受けて売りが先行した。その後、下げ幅を100円超に広げている。年末商戦への懸念がくすぶっているとみられる。

米半導体大手マイクロン、メモリーチップの供給削減へ

米半導体大手マイクロン・テクノロジーは16日、メモリーチップの供給を減らし、設備投資計画をさらに圧縮すると発表した。

UPDATE 1-NY市場サマリー(16日)ドル・株下落、長期債利回り低下

(表のレートを更新し株式の内容を追加しました) [16日 ロイター] - <為替> ドルが下落した。ただ、予想を上回る10月米小売売上高や米連邦準備理 事会(FRB)幹部らのタカ派発言が下値を支えた。 15日にポーランドに着弾したミサイルを巡り、北大西洋条約機構(NATO)のス トルテンベルグ事務総長は、ウクライナの迎撃ミサイルの公算が大きいという認識を示し た。 これを受けて地政学的懸念が緩和し、ユーロが対ドル、対円で上昇。ユーロ/ドル<E UR=EBS>は0.33%高の1.0388ドル、ユーロ/円は0.46%高となっ た。 早くから...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up