for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ミクロン・テクノロジー・インク

MU.O

現在値

50.10USD

変化

0.00(0.00%)

出来高

3,396

本日のレンジ

--

 - 

--

52週レンジ

48.45

 - 

98.45

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
50.10
始値
0.00
出来高
3,396
3か月平均出来高
357.50
高値
--
安値
--
52週高値
98.45
52週安値
48.45
発行済株式数
1,103.15
時価総額
55,267.57
予想PER
5.23
配当利回り
0.92

次のエベント

Dividend For MU.OQ - 0.1150 USD

適時開示

その他

Merck And Micron Join Forces For Sustainable Gas Solutions In Semiconductor Industry

Micron Technology - Supply Chain Challenges, COVID-19 Control Measures In China, Impacted Business On Both Demand Side & Supply Side In Quarter

Micron Technology Inc Reports Results For The Third Quarter Of Fiscal 2022

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ミクロン・テクノロジー・インクとは

マイクロン・テクノロジー(Micron Technology Inc)は、メモリおよびストレージソリューションを提供する。【事業内容】ポートフォリオには、ダイナミックランダムアクセスメモリ(DRAM)、ネガティブAND(NAND)、3次元(3D)XPointメモリ、NORなどがある。ブランドには、「Micron」と「Crucial」が含まれる。事業セグメントには、クライアント、クラウドサーバー、エンタープライズ、グラフィックス、およびネットワーキング市場に販売されるメモリ製品を含むコンピューティングおよびネットワーキングビジネスユニット(CNBU)、スマートフォンやその他のモバイルデバイス市場に販売されているメモリ製品を含むモバイルビジネスユニット(MBU)、ソリッドステートドライブ(SSD)と、エンタープライズ、クラウド、クライアント、およびコンシューマーストレージ市場に販売されるソリューション、コンポーネントおよびウェーハ形式で販売されるその他のストレージ製品が含むストレージビジネスユニット(SBU)、自動車、産業、および消費者市場に販売されるメモリおよびストレージ製品が含む組み込みビジネスユニット(EBU)などがある。

業種

Semiconductors

連絡先

8000 S FEDERAL WAY

PO Box 6

BOISE, ID

83716-9632

United States

+1.208.3684000

https://www.micron.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Robert E. Switz

Independent Chairman of the Board

Sanjay Mehrotra

President, Chief Executive Officer, Director

Mark J. Murphy

Chief Financial Officer, Executive Vice President

April S. Arnzen

Senior Vice President, Chief People Officer

Manish H. Bhatia

Executive Vice President, Global Operations

統計

2.16 mean rating - 38 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2020

21.4K

2021

27.7K

2022

30.8K

2023(E)

23.8K
EPS (USD)

2020

2.830

2021

6.060

2022

8.350

2023(E)

2.986
株価売上高倍率(過去12カ月)
6.48
株価売上高倍率(過去12カ月)
1.80
株価純資産倍率(四半期)
1.11
株価キャッシュフロー倍率
3.50
総負債/総資本(四半期)
13.84
長期負債/資本(四半期)
13.63
投資利益率(過去12カ月)
15.62
自己資本利益率(過去12カ月)
13.88

最新ニュース

最新ニュース

政府、マイクロン広島工場に最大465億円助成

西村康稔経産相は30日の閣議後会見で、米半導体大手マイクロン・テクノロジーの子会社であるマイクロンメモリジャパン(東広島市)が計画する広島工場の生産計画を5G促進法に基づき認定し、政府が最大465億円を助成すると発表した。

キオクシア、10月からフラッシュメモリ減産 ウエハー投入3割減

キオクシア(旧東芝メモリ)は30日、四日市工場(三重県四日市市)と北上工場(岩手県北上市)において、10月から当面の間、フラッシュメモリの生産調整を行うと発表した。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「中陰線」、マイナス2シグマでバンドウォーク

日経平均・日足は「中陰線」となった。終値は2万5937円21銭。再び、心理的節目2万6000円を割り込み、5日移動平均線(2万6307円33銭=30日)に届かなかった。ボリンジャーバンドのマイナス2シグマ(2万6084円81銭=同)でバンドウォークとなっており、下値模索の継続が警戒される。一方、25日線からの下方乖離率など売られ過ぎの示唆も根強い。目先の下値めど6月20日安値(2万5520円23銭)で下げ止まるかが焦点。

日経平均は反落、米株の大幅安嫌気 再び2万6000円割れ

東京株式市場で日経平均は、前営業日比484円84銭安の2万5937円21銭と、反落して取引を終えた。前日の米国市場で金利が上昇し株価が大幅安となったことが嫌気されて幅広く売られ、再び2万6000円を割り込んだ。買い材料に乏しい中、下値模索の展開となった。

〔マーケットアイ〕株式:新興株はマザーズ反落、ポーターズとグッピーズは公開価格上回る

新興株式市場は、マザーズ総合は1.35%安の695.35ポイントと反落した。東証グロース市場指数は前営業日比1.36%安の883.66ポイントだった。米金利上昇が警戒される中、グロース(成長)株への投資家の慎重姿勢が強まった。

マイクロン、投資30%削減へ 半導体需要減で見通し厳しく

[29日 ロイター] - 米半導体大手マイクロン・テクノロジーは29日、パソコンやスマートフォンなどに利用される半導体の需要が減少しているとし、今後さらに厳しい状況が見込まれると警告、投資を削減する計画を発表した。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は日中安値を更新、値がさ株の一角が下げ拡大

後場の日経平均は、2万5800円台前半へと徐々に水準を切り下げ、日中の安値を更新している。値がさの東京エレクトロン、信越化学工業といった半導体関連の一角やファーストリテイリングなどが、前引け時点に比べ下げ幅を広げている。

UPDATE 1-マイクロン広島工場に最大465億円助成=西村経産相

西村康稔経産相は30日の閣議後会見で、米半導体大手マイクロン・テクノロジーの子会社であるマイクロンメモリジャパン(東広島市)が計画する広島工場の生産計画を5G促進法に基づき認定し、政府が最大465億円を助成すると発表した。

マイクロン、9─11月売上高見通し市場予想下回る 半導体需要減

[29日 ロイター] - 米半導体大手マイクロン・テクノロジーが29日に示した第1・四半期(9─11月)の売上高見通しは市場予想を下回った。景気後退懸念が高まる中、パソコンやスマートフォンなどに利用される半導体の需要が減少していることが背景。

今日の株式見通し=反発、米金利低下が支援 配当落ち分埋めに関心

きょうの東京株式市場で日経平均株価は反発が想定されている。英中央銀行の市場安定化策を受け、米国市場で金利が低下し株高となったことを好感する形で、買いが先行しそうだという。前日の日本株は米株安を警戒して下落した面があり、自律反発を期待した買いが先行するとみられている。日経平均の配当権利落ち分(市場推計約224円)を埋める動きになるかに関心が寄せられている。

上値重い、FOMCは早期緩和期待を否定 景気懸念も重し=今週の東京株式市場

今週の東京株式市場は、上値の重い展開が想定されている。9月の米連邦公開市場委員会(FOMC)で政策金利見通しが引き上げられ、来年にも利下げフェーズに入るとの市場の期待が否定されたとの見方が出ている。金融引き締めによる景気・業績影響への懸念も意識されそうだという。

上値重い、FOMCは早期緩和期待を否定 景気懸念も重し=来週の東京株式市場

来週の東京株式市場は、上値の重い展開が想定されている。9月の米連邦公開市場委員会(FOMC)を通過し、来年にも利下げフェーズに入るとの市場の期待が否定されたとの見方が出ている。金融引き締めによる景気・業績影響への懸念も意識されそうだという。

米マイクロン、アイダホ州にメモリー工場新設へ 150億ドル投資

米半導体大手マイクロン・テクノロジーは1日、本拠を置く米アイダホ州ボイジーに、最先端のメモリー製造拠点を新設する計画を明らかにした。2029年までに約150億ドルを投じる。

米シーゲイトが7-9月期業績見通しを引き下げ

米ハードディスク駆動装置(HDD)大手シーゲイト・テクノロジーは31日、第1・四半期(7─9月)の業績見通しを引き下げた。景気減速によって幾つかのアジア市場や取引先企業からのデータストレージ製品の受注が打撃を受けているとしている。

アングル:クラウド市場に成長鈍化の兆し、米半導体業界に広がる不安

米半導体産業を次に待ち受ける問題は、需要の柱であるクラウドサービスとデータセンターの動向かもしれない。コロナ禍中には消費者がクラウド型娯楽サービスに走り、企業はオフィスのクラウド環境を刷新したが、このセクターに鈍化の兆しが見え始めている。

米アプライド、第4四半期売上高見通しは堅調 株価引け後4%高

[18日 ロイター] - 米半導体装置メーカー、アプライド・マテリアルズは18日、第4・四半期の売上高が66億5000万ドルプラスマイナス4億ドルになるとの堅調な見通しを発表した。これを受け、株価は引け後の時間外取引で4%上昇した。

中国SMIC、第2四半期は42%大幅増収、不確実性高いと指摘

[上海 12日 ロイター] - 中国の半導体大手、中芯国際集成電路製造(SMIC)が12日発表した第2・四半期決算は売上高が42%の大幅増となった。その一方で半導体業界は「パニックと不確実性」に直面しているとの認識を示した。

アングル:日経平均が戻り高値更新、中期的には景気悪化・円高に警戒

日経平均が6月9日に付けた戻り高値2万8389円75銭を更新し、チャート的には一段高をうかがう状況になっている。米国で7月の物価指標が市場予想を下回ったことで、過度な米金融引き締めへの懸念が後退。ショートポジションの巻き戻しが加速したとみられている。ただ、景気悪化と円高への懸念も根強く、中期的な波乱に警戒する声も出ている。

米で中国対抗半導体法が成立、バイデン氏署名 「一世一代の投資」

[ワシントン 9日 ロイター] - バイデン米大統領は9日、中国に対する競争力向上を目指す国内半導体産業支援法案に署名し、同法が成立した。バイデン大統領は署名式で「米国への一世一代の投資」とし、「未来は米国で作られるようになる」と言明した。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、短期的な調整への警戒も

<15:46> 日経平均・日足は「小陰線」、短期的な調整への警戒も 日経平均・日足は「小陰線」となった。2万7819円33銭で取引を終えた。5日 移動平均線(2万8035円32銭=10日)を上回れず、地合いは良くない。パラボリ ックが陰転し、MACDはデッドクロスが目前となっており、短期的な調整が意識される 。下方向は、200日線(2万7550円45銭=同)で下げ止まらなければ、25日線 (2万7389円14銭=同)や心理的節目2万7000円への下落も警戒される。 <15:08> 新興株はマザーズが反落、米ハイテク株安が重しに 新興株式市場...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up