for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Mylan NV

MYL.O

現在値

16.64USD

変化

0.28(+1.71%)

出来高

5,807,733

本日のレンジ

16.56

 - 

16.86

52週レンジ

12.75

 - 

23.11

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
16.36
始値
16.60
出来高
5,807,733
3か月平均出来高
121.74
高値
16.86
安値
16.56
52週高値
23.11
52週安値
12.75
発行済株式数
516.95
時価総額
8,457.25
予想PER
3.74
配当利回り
--

次のエベント

Q3 2020 Mylan NV Earnings Release

適時開示

その他

Mylan NV Posts Quarterly Earnings Per Share $0.08

US appeals court rejects Takeda bid for preliminary injunction against Mylan over generic Colcrys

Mylan And Fujifilm Kyowa Kirin Biologics Announce U.S. FDA Approval Of Hulio (Adalimumab-Fkjp)

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Mylan NVとは

マイラン(Mylan N.V.)は製薬会社である。【事業内容】同社はジェネリック医薬品、ブランド及び店頭商品(OTC)医薬品を開発・ライセンス供与・製造・販売する。同社は北米、欧州、その他の地域の3つのセグメントを通じて事業を展開する。同社の「Cold-EEZE」ブランドは米国ではロゼンジ、ガム、経口スプレー、カプレット、QuickMelts、経口液体剤形等で販売されるOTCコールド・レメディが含まれる。北米事業は主に、錠剤、カプセル剤、注射剤、経皮パッチ剤、ゲル剤、噴霧剤とクリーム剤または軟膏剤で医薬品を開発、製造、販売する。欧州事業は医薬品原薬(API)等の国際非営利団体名(INN)で医薬品を販売する。その他の地域事業は主にインド、オーストラリア、日本、ニュージーランドでの事業を含む。

業種

Biotechnology & Drugs

連絡先

Unit 4, Trident Place, Mosquito Way

AL10 9UL

United Kingdom

+44.1707.853000

https://www.mylan.com

エグゼクティブリーダーシップ

Robert J. Coury

Executive Chairman of the Board

Rajiv Malik

President, Executive Director

Heather M. Bresch

Chief Executive Officer, Executive Director

Mark W. Parrish

Lead Independent Non-Executive Vice Chairman of the Board

Robert J. Cindrich

Non-Executive Independent Director

統計

2.24 mean rating - 17 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2017

11.9K

2018

11.4K

2019

11.5K

2020(E)

11.6K
EPS (USD)

2017

4.560

2018

4.580

2019

4.420

2020(E)

4.433
株価売上高倍率(過去12カ月)
31.25
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.74
株価純資産倍率(四半期)
0.72
株価キャッシュフロー倍率
3.99
総負債/総資本(四半期)
103.34
長期負債/資本(四半期)
76.57
投資利益率(過去12カ月)
1.07
自己資本利益率(過去12カ月)
0.87

最新ニュース

最新ニュース

米マイラン、通期売上高見通し上限を引き下げ 新型コロナが影響

米後発医薬品(ジェネリック)大手マイランは6日、通期の売上高見通しのレンジ上限を従来の125億ドルから120億ドルに引き下げた。下限は115億ドルを維持。新型コロナウイルスに関連しない医薬品の需要が回復するには少なくとも年末までかかるとした。

「レムデシビル」供給拡大へ、後発薬5社と契約=米ギリアド

米製薬のギリアド・サイエンシズ<GILD.O>は12日、新型コロナウイルスの治療薬として特例承認された抗ウイルス薬「レムデシビル」の供給拡大に向け、インドやパキスタンのジェネリック(後発)医薬品メーカー5社と非独占的ライセンス契約を結んだ。

情報BOX:新型コロナウイルスを巡る海外の状況(12日現在)

英国の新型コロナウイルス感染症による死者が、その疑いのあるケースも含めて5月初めの時点で3万8000人を超えたことが分かった。欧州諸国の中で群を抜いて最悪の数字で、ジョンソン首相の新型コロナ対策を批判する声が高まりそうだ。

新型コロナワクチン、米ファイザーが秋にも拡大治験へ

米製薬大手ファイザー<PFE.N>は28日、開発中の新型コロナウイルスワクチン候補薬について、10月までに拡大臨床試験に移行する見通しだと明らかにした。

ノバルティスの薬ではマラリア薬が新型コロナに最有望=CEO

スイス製薬大手ノバルティス<NOVN.S>のナラシムハン最高経営責任者(CEO)は、ジェネリック部門サンドのマラリアや紅斑性狼瘡、関節炎向け治療薬ヒドロキシクロロキンが、同社の薬では新型コロナウイルスに最も有望だと語った。スイス紙ソンタグが29日報じた。

情報BOX:新型コロナウイルスを巡る海外の状況(27日現在)

ハンガリーのオルバン首相は27日、新型コロナウイルス感染拡大抑制のため、28日から2週間の外出禁止措置を導入すると発表した。

米ファイザー、四半期利益は予想上回る 通年見通し上方修正

米製薬大手ファイザー<PFE.N>が29日発表した第3・四半期決算は、利益が市場予想を大きく上回った。抗がん剤「イブランス」や心臓病の新薬「ビンダゲル」の販売拡大が寄与した。通年利益見通しも上方修正した。

世界のM&A総額、第3四半期は3年ぶり低水準 米中貿易戦争で不透明感

リフィニティブのデータによると、第3・四半期の世界の合併・買収(M&A)総額は、前年比16%減の7290億ドルと、四半期ベースでは2016年以降で最低となった。

ダウ800ドル安、長短金利逆転で景気後退懸念

米国株式市場は大幅安となり、主要3指数は揃って約3%下落した。ダウ工業株30種は800.49ドル安で終了し、下げ幅は2018年10月以降で最大だった。米国債の長短金利が12年ぶりに一時逆転したことを受け、景気後退懸念が高まった。

米下院委、マイラン・テバなどに文書提出要求 薬価高騰調査で

米下院監視・政府改革委員会の指導部は14日、議会が進めるジェネリック(後発医薬品)の価格高騰を巡る調査の一環で、製薬メーカー大手マイラン、テバ・ファーマシューティカル、ヘリテージ・ファーマシューティカルズの3社に文書の提出を求めた。

NY市場サマリー(30日)

<為替> 米連邦公開市場委員会(FOMC)に注目が集まる中、ドルは狭いレンジ内ので動きに終始した。

米国株は下落、ハイテク株に売り 貿易巡る大統領発言が圧迫

米国株式市場は下落して取引を終えた。トランプ大統領が通商協議を巡り中国に発した警告がハイテク株を圧迫。また、この日から2日間の日程で開かれている米連邦公開市場委員会(FOMC)での決定が注目されている。

NY市場サマリー(29日)

<為替> ドルが2カ月ぶり高値近辺を維持。今週の米連邦公開市場委員会(FOMC)では、金融危機後で初めての利下げが実施されることが予想されている。

米株市場は買い一服、FOMCや米中通商交渉の結果待ち

米国株式市場は買い一服。ダウ平均株価<.DJI>は小幅高。一方、アマゾン・ドット・コム<AMZN.O>やフェイスブック<FB.O>が売られ、ナスダック総合指数<.IXIC>とS&P総合500<.SPX>は下落して取引を終えた。米連邦公開市場委員会(FOMC)や米中通商交渉の結果待ちとなった。

米ファイザー、特許切れ医薬品事業をマイランと統合で合意

米製薬大手ファイザー<PFE.N>は29日、特許切れ医薬品事業を分離して、後発医薬品(ジェネリック)大手の米マイラン<MYL.O>と統合することで合意したと発表した。

ダウ平均473ドル安、米中貿易摩擦懸念でリスク選好後退

米国株式市場は大幅安。ダウ平均株価<.DJI>は一時600ドル以上値下がりし、終値で2万6000ドルの水準を下回ったほか、ハイテク株の多いナスダック総合指数<.IXIC>も8000ポイントの大台を割り込んで取引を終了した。米中貿易摩擦の激化を巡る懸念からリスク選好が後退した。

NY市場サマリー(27日)

<為替> ドルが当初付けていた3週間ぶりの安値から値を戻した。米中貿易協議を巡るライトハイザー米通商代表部(USTR)代表の発言を受け市場に警戒感が広がり、安全資産とみられるドルに買いが入った。

米S&P小幅続落、FRB議長証言など受け下げ幅縮小

米国株式市場では、S&P総合500種<.SPX>が小幅続落して取引を終えた。ライトハイザー米通商代表部(USTR)代表やパウエル連邦準備理事会(FRB)議長らの議会証言に大きなサプライズがなかったことを受け、日中安値から大きく切り返す展開となった。

EXCLUSIVE-テバの「エピペン」後発薬、米国で品薄 認可から5カ月

イスラエルのジェネリック医薬品(後発薬)大手テバ・ファーマスーティカル・インダストリーズが製造する「エピペン」のジェネリック(後発医薬品)は、米国での販売認可が5カ月前におりたが、米国内の大手薬局で入手困難な状態となっている。

NY市場サマリー(6日)

<為替> 終盤でドルはおおむね横ばい。この日投票が行われている米中間選挙や経済への影響を巡り慎重ムードが広がった。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up