for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッド

NAB.AX

現在値

28.90AUD

変化

0.07(+0.24%)

出来高

9,133,662

本日のレンジ

28.81

 - 

29.08

52週レンジ

18.50

 - 

29.08

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
28.83
始値
28.88
出来高
9,133,662
3か月平均出来高
114.02
高値
29.08
安値
28.81
52週高値
29.08
52週安値
18.50
発行済株式数
3,292.39
時価総額
94,619.81
予想PER
15.25
配当利回り
3.12

次のエベント

Full Year 2021 National Australia Bank Ltd Earnings Release

適時開示

その他

NAB Received Two Resolutions For Consideration At AGM

NAB Announces Disaster Relief Package For Customers Impacted By NSW Tornado

NAB Providing Project Finance For Global Renewable Energy Power Producer Neoen

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ナショナル・オーストラリア・バンク・リミテッドとは

ナショナル・オーストラリア・バンク(National Australia Bank Limited)は、金融サービスを提供する会社である。【事業内容】主な活動には、銀行業務、国際銀行業務、投資銀行業務、資産管理サービス、受託者および名義人サービスが含まれる。4つの事業セグメントを通じて運営する。ビジネス・プライベートバンキングセグメントは、3つの優先顧客セグメントである中小企業、中規模企業、投資家のニーズに対応することに重点を置く。コンシューマーバンキング・ウェルスセグメントは、NABおよびUBankのネットワークを通じて、顧客に製品とサービスを提供する。コーポレートバンキング・インスティテューショナルバンキングセグメントは、金融や債務資本市場とオルタナティブ投資に関連する一連の融資や取引商品とサービスを提供する。ニュージーランドバンキングセグメントは、消費者バンキング、ウェルス、ビジネス、アグリビジネス、及びニュージーランドでの市場販売業務で構成される。

業種

Regional Banks

連絡先

Level 1 800 Bourke Street, Docklands

MELBOURNE, VIC

3008

Australia

+61.3.00889398

https://www.nab.com.au/

エグゼクティブリーダーシップ

Philip Wayne Chronican

Non-Executive Independent Chairman of the Board

Ross Maxwell McEwan

Group Chief Executive Officer and Managing Director, Director

Gary Lennon

Group Chief Financial Officer

Dan Huggins

Managing Director and Chief Executive Officer of Bank of New Zealand

Les Matheson

Chief Operating Officer

統計

2.14 mean rating - 14 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, AUD)

2018

18.0K

2019

17.2K

2020

17.2K

2021(E)

16.9K
EPS (AUD)

2018

2.072

2019

1.770

2020

1.162

2021(E)

1.890
株価売上高倍率(過去12カ月)
19.05
株価売上高倍率(過去12カ月)
5.48
株価純資産倍率(四半期)
1.54
株価キャッシュフロー倍率
15.05
総負債/総資本(四半期)
192.10
長期負債/資本(四半期)
192.10
投資利益率(過去12カ月)
--
自己資本利益率(過去12カ月)
0.58

最新ニュース

最新ニュース

アジア株式市場サマリー:中盤(21日)

ソウル株式市場の株価は反発した。韓国の輸出統計が堅調だったほか、米企 業の決算を好感した。 この日発表された韓国の統計によると、10月1─20日の輸出高は前年同期比36.1%増だった。 中国のエネルギー危機を受けたサプライチェーン(部品供給網)の混乱をめぐる懸念が和らいだ。 主要銘柄のうち、半導体大手のサムスン電子とSKハイニックスはそれぞれ0 .28%と0.10%伸びた。このところ値上がりしていた電池メーカーのLG化学は利食い 売りで3.57%安だった。 外国人投資家は598億ウォン(約5093万ドル)相当の買い越し。 ケープ投資証券...

豪企業景況感指数、9月は悪化 封鎖緩和期待で信頼感は改善

ナショナル・オーストラリア銀行(NAB)が12日発表した9月の豪企業景況感指数は前月から悪化した。新型コロナウイルス対策のロックダウン(都市封鎖)長期化で売り上げや利益が落ち込んだ。ただ、行動制限緩和への期待から企業信頼感は改善した。

アジア株式市場サマリー:引け(7日)

(配信時間に応じて内容を更新します。) [7日 ロイター] - 東南アジア株式市場は、大半の市場が上昇。米連邦政府のデフォルト(債務不 履行)回避に向けて米議会与野党が暫定合意に近づいていることが市場に安心感を与えた。市場は米連邦準 備制度理事会(FRB)の量的緩和縮小開始時期の手掛かりを求めて、8日発表の米雇用統計を待っている 。 香港株式市場は上昇。アジア株高を背景に過去10週間で最大の上昇率を記録した。 ハイテク株が買われたほか、香港で新たな住宅政策が発表されたことを受けて、主要な不動産デベロッ パーが急伸した。 ハンセン指数終値...

アジア株式市場サマリー:引け(5日)

(配信時間に応じて内容を更新します。) [5日 ロイター] - 東南アジア株式市場は、まちまち。米連邦準備制度理事会(FRB)によるテ ーパリング(量的緩和の縮小)時期を探る材料として、8日発表の9月の米雇用統計に注目が集まっている 。  中国不動産開発大手、中国恒大集団の債務危機をめぐる懸念もまた投資家心理を冷やした。 フィリピン市場は上昇。9月のインフレ率が3年ぶり高水準から低下。フィリピン中央銀行に、新型コ ロナウイルス危機からの回復を支援する金融政策を維持できる余地が生じた。UOB銀行は、回復にむらが あることを理由に、フィリピン...

アジア株式市場サマリー:引け(4日)

(配信時間に応じて内容を更新します。) [4日 ロイター] - 東南アジア株式市場は軒並み上昇して引けた。シンガポール とジャカルタ市場は大幅高。 シンガポール市場では、シンガポール・テクノロジーズ・エンジニアリング<STEG.SI >の上昇がけん引。同社は米ローパー・テクノロジーズのトランスコア事業を26 億8000万ドルで買収すると発表した。 香港株式市場は下落。ヘルスケア株が売られた。経営危機に陥っている中国不動産大 手の中国恒大集団は、重要な取引の発表を控えて株式売買が停止され、市場の 注目を集めた。 中国メディアの報道によると...

豪中銀総裁、第4四半期の景気回復を楽観視 金利は24年まで低水準

オーストラリア準備銀行(中央銀行)のロウ総裁は14日、新型コロナウイルス感染対策のロックダウン(都市封鎖)が原因で第3・四半期は国内経済が大幅なマイナス成長になる見込みだが、第4・四半期に制限が緩和され次第、経済活動が急速に持ち直すと確信していると述べた。

豪企業景況感指数、8月は改善 業績に底堅さ

ナショナル・オーストラリア銀行(NAB)が14日発表した8月の豪企業景況感指数は前月から改善した。主要都市で新型コロナウイルス感染対策のロックダウン(封鎖措置)が敷かれる中でも企業業績に底堅さが見られており、制限緩和後の急速な景気回復への期待をつないだ。

アジア株式市場サマリー:引け(13日)

(配信時間に応じて内容を更新します。) [13日 ロイター] - 東南アジア株式市場は下落した。 シンガポール市場は一時1%近い下げ。新型コロナウイルスの1日当たりの新規感染 者数が1年ぶり高水準に近づいたことが株価を圧迫した。 シンガポール保健省は12日、新型コロナの感染者数が同日新たに520人確認され たと発表した。3日連続で500人台となった。同国では人口の80%超がワクチンを2 回接種済みで、段階的な経済再開を進めている。メイバンクのアナリストは「シンガポー ルでは国内のコロナ感染症をめぐるリスクが少しずつ高まっている」と指摘した...

豪5大銀行、気候関連リスク評価を実施=規制当局

オーストラリアの金融規制当局である豪健全性規制庁(APRA)は3日、国内大手銀行5行が気候リスクへのエクスポージャーや対応策について評価するため実施している気候脆弱性評価(CVA)の詳細を明らかにした。

アジア株式市場サマリー:中盤(31日)

ソウル株式市場の株価は小幅高。投資家らは今週の米雇用統計発表を前に警戒感を高めている。 総合株価指数(KOSPI)は前日は0.33%高で引けた。 主要銘柄のうち、半導体大手のサムスン電子は0.13%高、同業のSKハイニックス<00 0660.KS>は横ばい。電池メーカーのLG化学<051910.KS>は1.82%安、現代自動車は0. 48%安。 投資家らは米連邦準備理事会(FRB)によるテーパリング(量的緩和の縮小)開始時期に注目が集ま る中、米雇用統計を待っている。 8月の中国製造業PMIは低下し、活動拡大ペースの鈍化が示された。一方...

アジア株式市場サマリー:引け(26日)

(配信時間に応じて内容を更新します。) [26日 ロイター] - 東南アジア株式市場はまちまち。27日のパウエル米連邦 準備理事会(FRB)議長講演待ちの状態。 クアラルンプール市場は5日続伸。メイバンクのアナリストは、マレーシアで国内政 治の不透明感がようやく後退してきたことが株価続騰の要因だとした。 中国・香港株式市場は4営業日ぶりに反落して引けた。テック株が下落。中国政府が 誘導した不動産市場の減速により、経済の健全性を巡る懸念が強まる中、不動産、銀行株 も売られた。 投資家は、今週の年次経済シンポジウム(ジャクソンホール会議)で...

アジア株式市場サマリー:引け(12日)

(配信時間に応じて内容を更新します。) [12日 ロイター] - 東南アジア株式市場はまちまち。米インフレ統計が弱 い内容だったことを受け、連邦準備理事会(FRB)が金融政策の正常化を始めるとの懸 念が一時的に弱まった。 中国株式市場は下落して終了した。前日発表された融資統計が予想より弱く、流動性 を巡る懸念が投資家心理を圧迫した。 生活必需品株の下げが目立ち1.8%安となった。 保険株は1.5%安。規制当局はオンライン保険会社に対する監視を強 化する方針。 ヘルスケア関連株は1.5%安。欧州連合(EU)の医薬品規制当局は1 1日、メッセンジャー...

アジア株式市場サマリー:中盤(12日)

ソウル株式市場は横ばい。前日の米株高は、中国政府の規 制に対する懸念と韓国国内の半導体株安に相殺された。 半導体大手サムスン電子が1.27%安、同業SKハイニックス<000660 .KS>は3.79%安。IT大手ネイバーは0.56%安。LG化学<051910.K S>は2.7%上昇した。 ミラエ・アセット・セキュリティーズのアナリストは、半導体部門の見通しに対する 一段の懸念から、外国人投資家がサムスン電子株とSKハイニックス株を売却していると 指摘した。 シドニー株式市場は続伸。優良企業の好調な決算が支援し、銀行株や産金株の上昇も 騰勢...

豪NAB、4─6月期キャッシュ利益は10%増 国内景気を楽観視

豪銀大手ナショナル・オーストラリア銀行(NAB)が12日発表した第3・四半期(4─6月期)のキャッシュ利益は前年同期比10.3%増の17億豪ドル(12億5000万米ドル)となった。新型コロナウイルスに関連した損失に備えていた資金を利益に組み入れることができた。

豪NAB、4─6月期キャッシュ利益は10.3%増

豪銀大手ナショナル・オーストラリア銀行(NAB)が12日発表した第3・四半期(4─6月期)のキャッシュ利益は前年同期比10.3%増の17億豪ドル(12億5000万米ドル)となった。新型コロナウイルスに関連した損失に備えていた資金を利益に組み入れることができた。

アジア株式市場サマリー:引け(11日)

(配信時間に応じて内容を更新します。) [11日 ロイター] - 東南アジア株式市場はまちまちで引けた。アジアでは新型コロナウイルスの感染拡大 が続いており、株価全般の上値を抑える要因となっている。 シンガポール市場のストレーツ・タイムズ指数(STI)は、同国の経済成長率見通 しが上方修正されたものの0.85%安で引けた。 中国株式市場はまちまちで引けた。上海総合指数が不動産や銀行株主導で上昇する一 方で、CSI300指数はヘルスケア関連や生活必需品株が売られ下落した。 不動産指数は5.8%高。中国の不動産開発大手、中国恒大集団<3333...

豪CBA、44億ドル規模の自社株買い発表 景気回復で利益が拡大

豪コモンウェルス銀行(CBA)は11日、過去最高となる60億豪ドル(44億1000万米ドル)規模の自社株買いを発表した。新型コロナウイルス流行からの景気回復で通期キャッシュ利益が約20%増えたことを受けた。

シドニー外為・債券市場=豪・NZドル軟調、資源安や米テーパリング観測で

オセアニア外国為替市場で豪ドルとニュージーランド(NZ)ドルは軟化した。コモディティー価格の下落や米連邦準備理事会(FRB)のテーパリング(量的緩和の縮小)早期開始観測が背景。

豪企業景況感指数、7月も大幅低下 コロナ封鎖で信頼感にも打撃

ナショナル・オーストラリア銀行(NAB)が発表した7月の豪企業景況感指数は、2カ月連続で大幅に低下した。新型コロナウイルス感染対策のロックダウン(都市封鎖)がサービス業や全般的な信頼感に打撃となった。

米シティの豪個人金融部門、NABが8.8億ドルで買収へ

豪銀ナショナル・オーストラリア銀行(NAB)は9日、米シティグループの豪消費者向け事業を約12億豪ドル(8億8224万米ドル)で買収すると発表した。クレジットカードサービスで豪2位の会社が誕生する。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up