for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ノルウェー・クルーズ・ライン・ホールディングス

NCLH.N

現在値

25.30USD

変化

-0.08(-0.32%)

出来高

1,220,306

本日のレンジ

24.96

 - 

25.80

52週レンジ

7.03

 - 

59.02

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
25.38
始値
25.67
出来高
1,220,306
3か月平均出来高
499.28
高値
25.80
安値
24.96
52週高値
59.02
52週安値
7.03
発行済株式数
315.62
時価総額
8,010.42
予想PER
-2.99
配当利回り
--

適時開示

その他

NCL Corporation Ltd. Announces Proposed Offering Of Senior Notes

Norwegian Cruise Line Holdings Says Priced Underwritten Public Offering Of 40 Million Ordinary Shares Of Company At Price To Public Of $20.80 Per Share.

Norwegian Cruise Line Executive Believes Co Will Be Able To Have Entire Fleet Up & Running In Latter Half Of '21

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ノルウェー・クルーズ・ライン・ホールディングスとは

ノルウェー・クルーズ・ライン・ホールディングス(Norwegian Cruise Line Holdings Ltd.)はグローバルなクルーズ会社である。【事業内容】同社は、「ノルウェークルーズ・ライン」、「オセアニア・クルーズ」、及び「リージェント・セブン・シーズ・クルーズ」の各ブランドを運営する。同社のブランドは、欧州、アジア、オーストラリア、ニュージーランド、南米、アフリカ、カナダ、バミューダ、カリブ海、アラスカ、ハワイなど世界各地への旅程を提供する。同社のブランドは、多様な宿泊施設、複数の飲食店、バーとラウンジ、スパ、カジノ、小売ショッピングエリア、各種のエンターテインメントを含む機能、アメニティ、アクティビティを提供する。すべてのブランドは、各港にショアツアーを提供するほか、航海の前後に滞在するホテルパッケージも提供する。

業種

Recreational Activities

連絡先

7665 CORPORATE DRIVE

MIAMI, FL

33126

United States

+1.305.4364000

http://www.nclhltd.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Russell W. Galbut

Independent Chairman of the Board

Frank J. Del Rio

President, Chief Executive Officer, Director

Mark A. Kempa

Chief Financial Officer, Executive Vice President

Robert J. Binder

Vice Chairman Oceania Cruises and Regent, President and Chief Executive Officer, Oceania Cruises brand

Jason M. Montague

President, Chief Executive Officer - Regent brand

統計

2.50 mean rating - 16 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2017

5.4K

2018

6.1K

2019

6.5K

2020(E)

1.3K
EPS (USD)

2017

3.960

2018

4.920

2019

5.090

2020(E)

-8.489
株価売上高倍率(過去12カ月)
--
株価売上高倍率(過去12カ月)
2.91
株価純資産倍率(四半期)
1.71
株価キャッシュフロー倍率
--
総負債/総資本(四半期)
267.57
長期負債/資本(四半期)
256.01
投資利益率(過去12カ月)
-22.84
自己資本利益率(過去12カ月)
-18.91

最新ニュース

最新ニュース

UPDATE 1-NY市場サマリー(28日)ユーロが対円・ポンドで上昇、米国株式市場は主要指数が最高値

(レートを更新し、米国株式市場のリポート内容を追加しました) [28日 ロイター] - <為替> 終盤のニューヨーク外為市場では、英国と欧州連合(EU)との通商協定 合意を受けリスク選好度が高まったことから、ユーロが上昇した。 英国とEUは24日、自由貿易協定(FTA)を含む将来の関係を巡る交渉で合意し た。EUを離脱した英国が加盟国とほぼ同等に扱われる移行期間が31日に終了する前に 合意にこぎつけたことで、離脱に伴う混乱が回避された。 コメルツ銀行の為替リサーチ責任者、ウルリッヒ・ロイヒトマン氏は「無秩序なブレ グジット(英EU離脱)...

米株主要指数が最高値更新、追加経済対策成立で

米国株式市場は続伸し、主要指数が最高値を更新して取引を終えた。新型コロナウイルス追加経済対策法案がトランプ大統領の署名を受けて成立したことで、景気回復への期待が高まった。

米社債市場で起債相次ぐ、投資家が高利回り追求

今週の米社債市場では、投資家が高利回りを追求していることを背景に起債が相次いでいる。

UPDATE 1-NY市場サマリー(16日)S&P・ダウ最高値、ドルほぼ横ばい

(表を更新し株式の内容を追加しました。) [16日 ロイター] - <為替> ドルがほぼ横ばいで推移。米製薬大手ファイザーに続き、米モデ ルナも新型コロナウイルスワクチンが高い予防効果を発揮したと発表し、株価が 値上がりする一方、為替市場への影響は限定的だった。 ドルは通貨バスケットに対し92.64。 ユーロ/ドルは一時1.187ドルと1週間ぶり高値を付け、その 後は0.07%高の1.184ドル。 日本や中国の経済指標は回復を示す内容になった。日本や中国、韓国、東南アジア諸 国連合(ASEAN)加盟国など15カ国は15日、東アジア地域包括的経済連携...

ダウ・S&P最高値、ワクチン期待で 旅行株など高い

米国株式市場は主要3指数が続伸し、S&P総合500種<.SPX>とダウ工業株30種<.DJT>は終値での最高値を更新した。新型コロナウイルス感染症ワクチンに関する新たな明るいニュースが追い風となった。一方、米国内の感染拡大を受けて制限措置を強化する地域も出ている。

米クルーズ業界、運航休止期間を12月31日まで延長

世界の外航クルーズの95%を占める業界団体「クルーズライン国際協会(CLIA)」は3日、米国のクルーズ船運航休止期間を12月31日まで延長すると発表した。

米ロイヤル・カリビアン、クルーズ船運航を年末まで停止

米クルーズ運航会社ロイヤル・カリビアン・グループ<RCL.N>は2日、年末まで全てのクルーズ船の運航を停止すると発表した。新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)が続いていることが背景。

米CDC、クルーズ船の運航再開に向けた枠組み公表

米疾病対策センター(CDC)は30日、クルーズ船の段階的な運航再開に向けた枠組みを発表した。新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)を受け今年3月に運航禁止令が出されたが、31日に期限切れとなる。

米CDC、クルーズ船の運航停止を9月末まで延長

米疾病対策センター(CDC)は16日、クルーズ船の運航停止期間を9月30日まで延長した。新型コロナウイルスの急速な感染拡大を抑制するのが目的。

米国株式市場は上昇、追加刺激策への期待でハイテク株に買い

米国株式市場では、主要3指数がそろって上昇して終了した。新型コロナウイルス感染が再び拡大していることに懸念が台頭しているものの、一段の景気刺激策導入への期待を背景にハイテク株を中心に買いが入った。

ダウとS&P下落、コロナ感染拡大で回復への楽観論後退

米国株式市場はS&P総合500種<.SPX>が下落して取引を終えた。新型コロナウイルス感染者が増加し、新たな抑制措置実施への懸念が広がったことで、経済回復の兆しを巡る投資家の楽観姿勢が後退した。

米株急落、ダウ1861ドル安 新型コロナ感染第2波に懸念

米国株式市場では主要3指数が5%超下落し、3月中旬以来の大幅な下げとなった。ダウ工業株30種<.DJI>は1861ドル(6.9%)急落した。前日の米連邦公開市場委員会(FOMC)で示された厳しい経済見通しを織り込む中で、新型コロナウイルスの感染第2波を巡る懸念が再燃した。

NY市場サマリー(11日)円など安全通貨上昇、米株大幅安

<為替> 円、スイスフランなど安全とみられる通貨が上昇。新型コロナウイルス後のV字回復期待が後退する中、円は対ドルで1カ月ぶり高値を付けたほか、スイスフランも3カ月ぶり高値を付けた。一方、ユーロや英ポンド、豪ドルなどは値下がりした。

S&Pとダウ反落、ナスダックは連日の最高値

米国株式市場はS&P総合500種<.SPX>とダウ工業株30種<.DJI>が下落。連邦公開市場委員会(FOMC)を控え、このところの急上昇が一服した。一方、ナスダック総合<.IXIC>は終値で連日の最高値更新。取引時間中には節目の1万ポイントを初めて突破した。

NY市場サマリー(9日)円・スイスフラン上昇、S&Pとダウ反落

<為替> 安全資産とされる円とスイスフランの買いが膨らみ、円は対ドルで1週間ぶり、スイスフランも約2カ月の高値をそれぞれ更新した。資源国通貨は下げに転じた。

NY市場サマリー(8日)ドル下落・資源国通貨上昇、米株続伸

<為替> ドルが下落し、資源国通貨が上昇。新型コロナウイルス流行で打撃を受けた景気の回復を巡り楽観的な見方が広がる中、リスク選好の動きが強まった。

ナスダック終値で最高値更新、景気回復期待で強気相場入り

米国株式市場は続伸し、ナスダック総合は終値で過去最高値を更新した。相場は新型コロナウイルス流行の打撃を受けた景気の早期回復を巡る期待を追い風に3月23日に付けた安値から戻し、強気相場入りしたことが示された。

ロイヤル・カリビアン、第2四半期は赤字見込む 7月末まで運航中止延長

クルーズ運航大手、ロイヤル・カリビアン・クルーズ<RCL.N>は20日、第2・四半期は赤字になるとの見通しを示した。新型コロナウイルスの感染拡大を抑制する渡航制限を背景に旅行のキャンセルが相次ぐ中で、債務が膨らんでいるという。

NY市場サマリー(18日)株価急伸、ユーロ大幅高

<為替> ユーロがドルやスイスフランに対して大幅高。フランスとドイツが18日、新型コロナウイルスの打撃を受けた加盟国への支援として、5000億ユーロ(5430億ドル)規模の復興基金の創設を提案したことが材料となった。

米株、ワクチン開発期待で大幅高 S&P10週ぶり高値

米国株式市場は急伸。S&P総合500種は終値ベースで10週間ぶりの高値を付けた。新型コロナウイルスのワクチン開発に対する期待感が高まったほか、追加の新型コロナ対策を巡る当局者発言も追い風となった。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up