for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Newcrest Mining Ltd

NCM.AX

現在値

20.00AUD

変化

0.16(+0.81%)

出来高

2,181,954

本日のレンジ

19.56

 - 

20.06

52週レンジ

15.72

 - 

28.96

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
19.84
始値
19.60
出来高
2,181,954
3か月平均出来高
90.78
高値
20.06
安値
19.56
52週高値
28.96
52週安値
15.72
発行済株式数
890.51
時価総額
17,874.18
予想PER
17.57
配当利回り
1.98

次のエベント

Half Year 2023 Newcrest Mining Ltd Earnings Release

適時開示

その他

Newcrest Says Brucejack Mine Resumed Mining & Processing Ops

Newcrest Says Cadia PC1-2 Feasibility Study Demonstrates Strong Financial Returns

Newcrest Mining Says Telfer Mine Life Extended

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Newcrest Mining Ltdとは

ニュークレスト・マイニング(Newcrest Mining Ltd)はオーストラリアを拠点とする鉱業会社であり、主に探鉱、鉱山開発、鉱山操業、及び金・金/銅精鉱の販売を行う。【事業内容】ブラウンフィールド及びグリーンフィールド探査プロジェクトのパイプラインを所有・運営する。資産には、Cadia、Telfer、Lihir、Havieron、Red Chris、Wafi-Golpuが含まれる。Cadiaの資産は、ニューサウスウェールズ州オレンジ(NSW)から約25キロメートル(km)の場所にある。Telferの資産は、西オーストラリア州ポートヘッドランド(WA)から約400kmの場所にある。Lihirの資産は、パプアニューギニアのポートモレスビー(PNG)から約900kmのアニオラム島にある。Havieronの資産は、テフラーの東約45kmにある。Red Chrisの資産は、カナダのバンクーバーから約1700kmにある。Wafi-Golpuの資産は、パプアニューギニアのラエ市から約65kmの場所にある。

業種

Gold & Silver

連絡先

Level 8, 600 St. Kilda Road

MELBOURNE, VIC

3004

Australia

+61.3.95225333

https://www.newcrest.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Peter W. Tomsett

Independent Non-Executive Chairman of the Board

Sandeep Biswas

Chief Executive Officer, Managing Director, Executive Director

Sherry Duhe

Chief Financial Officer

Suresh Vadnagra

Chief Technical and Projects Officer

Maria Esperanza Sanz Perez

Chief Legal, Risk, Compliance Officer and Company Secretary

統計

2.29 mean rating - 17 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2020

3.9K

2021

4.6K

2022

4.2K

2023(E)

4.6K
EPS (USD)

2020

0.963

2021

1.420

2022

1.031

2023(E)

0.772
株価売上高倍率(過去12カ月)
13.22
株価売上高倍率(過去12カ月)
2.87
株価純資産倍率(四半期)
1.03
株価キャッシュフロー倍率
7.45
総負債/総資本(四半期)
16.20
長期負債/資本(四半期)
15.80
投資利益率(過去12カ月)
5.81
自己資本利益率(過去12カ月)
5.44

最新ニュース

最新ニュース

アジア株式市場サマリー:中盤(24日)

午前のソウル株式市場の株価は続伸。国内外で金融引 き締めペースが減速するとの期待感に支えられた。 韓国銀行(中央銀行)はこの日、政策金利を0.25%引き上げた。利上げ幅は前回 から縮小した。同時に来年の成長率予想を2.1%から1.7%に引き下げた。 米連邦準備理事会(FRB)が1─2日に開催した連邦公開市場委員会(FOMC) の議事要旨では、大多数の参加者が利上げペースの減速が近く適切になる公算が大きいと 判断したことが示された。 主要銘柄のうち、半導体大手のサムスン電子は0.33%高、同業SK ハイニックスは1.29%高。電池メーカー...

アジア株式市場サマリー:中盤(17日)

午前のソウル株式市場の株価は続落。総合株価指数( KOSPI)は約1%下落している。半導体銘柄が下げを主導。前日の米国市場で関連株 安となった流れを引き継いだ。 未来アセット証券のアナリストは「景気減速懸念を背景とした米株安に追随した。外 国人投資家による半導体株売りが響いた」と話した。 主要銘柄のうち、半導体大手のサムスン電子は1.75%安、同業SK ハイニックスは4.15%安。 このほか、現代ロテムは一時4.70%高。サムスンC&T028260.KS> は一時2.01%上昇したものの、下げに転じた。 取引された925銘柄のうち、上昇...

アジア株式市場サマリー:引け(7日)

(配信時間に応じて内容を更新します。) [7日 ロイター] - 東南アジア株式市場は大半が上昇した。 ジャカルタ市場の総合株価指数は0.81%高で終了。発表されたインドネシアの7 ー9月期の実質GDP(国内総生産)は前年同期比5.72%増と、1年超ぶりの高成長 を記録した。 ゴールドマン・サックスのアナリストは、「インドネシア中央銀行は今月、政策金利 をさらに50ベーシスポイント(bp)引き上げ、12月からは各会合で25bpの引き 上げに減速し、2023年4ー6月期にはターミナルレートの6.25%に達すると引き 続き予想している」と述べた...

アジア株式市場サマリー:中盤(28日)

午前のシドニー株式市場は反落。産金株や鉱業株が下 げを主導した。 鉱業株指数は2.9%安。鉄鉱石相場の下落が響いた。BHPグループ<BHP. AX>やリオティント、フォーテスキュー・メタルズは2.9─5.2% 安。 産金株指数は金相場の下落に追随し、2%安となった。ニュークレスト・マ イニングは1.4%安、ノーザン・スター・リソーシズは1.2%安。 IT株指数は前日の米国市場で関連株が下落した流れを引き継ぎ、約2%安 。米決済サービス大手ブロックの豪上場株は1%安、会計ソフトのゼロ は2.8%安。 半面、金融株指数は0.6%上昇している...

アジア株式市場サマリー:中盤(27日)

午前のソウル株式市場は続伸した。好調な決算を背景 に、電池メーカー株が上昇をけん引した。各国の中央銀行の金融引き締めペース減速への 期待感も支援した。 新韓証券のアナリストは「米国の低調な経済統計を受け、世界的に金融引き締めペー スが減速するとの見方が広がった」と話した。 電池メーカーのLGエナジー・ソリューションは2.08%高。同業サ ムスンSDIは4.73%高、SKイノベーションは6.17% 高。 半導体大手サムスン電子は0.51%高。同社は第3四半期決算で31 %減益となり、地政学的な先行き不透明感で需要が2023年初めまで減退するとの...

アジア株式市場サマリー:中盤(26日)

午前のソウル株式市場は上昇している。米連邦準備理 事会(FRB)による金融引き締めペースの減速期待で続伸した米市場につれ高となった 。 未来アセット証券のアナリストは、米株式先物の軟調が響き、上値は重いと分析した 。 主力銘柄は半導体大手のSKハイニックスが1.39%高。7─9月期 決算がインフレ高進の影響で60%減益となり、「未曽有の業績悪化」に直面していると の見解を表明したものの、株価に響かなかった。同業のサムスン電子は1. 56%高。 電池メーカーのLGエナジー・ソリューションは1.76%高。電気自 動車(EV)向け電池の堅調な...

アジア株式市場サマリー:中盤(24日)

ソウル株式市場は4営業日ぶりに反発。債券と短期金 融市場の信用収縮懸念を和らげようと韓国政府が金融支援策を打ち出したことで、投資家 に安心感が広がった。 主要銘柄のうち、半導体大手のサムスン電子は2.50%高、同業SK ハイニックスは1.88%高。電池メーカーのLGエナジー・ソリューショ ンは1.40%高。 韓国政府は23日、国営銀行による社債買い入れの上限を2倍の16兆ウォン(11 0億ドル)に引き上げると発表した。 ケープ・インベストメント・アンド・セキュリティーズのアナリストは、投資家は政 府の対策を好感したと指摘。一方、米連邦準備制度理事会...

アジア株式市場サマリー:中盤(17日)

17日午前のシドニー株式市場の株価は反落した。鉄 鉱石安や原油安を受け、鉱業株とエネルギー株が下げを主導している。世界的な景気後退 をめぐる懸念も圧迫要因。 S&P/ASX200指数は0018GMT(現地時間午前11時18分、 日本時間同9時18分)時点で、前営業日終値比1.6%安の6651.4。14日は1 .8%高で引けていた。 鉱業株指数は2.9%安。リオティント、BHPグループ 、フォーテスキュー・メタルズ・グループは2.8%安─3.2%安。 建材メーカーのアドブリは19%安。同社はミラー最高経営責任者(CEO )の辞任を発表するとともに...

アジア株式市場サマリー:中盤(14日)

14日午前のソウル株式市場の株価は前日の米株高を 受け、IT株主導で反発している。 総合株価指数(KOSPI)は0053GMT(日本時間午前9時53分) 時点で、前日終値比44.76ポイント(2.07%)高の2207.63。 注目されていた9月の米消費者物価指数(CPI)は前年同月比8.2%上昇と市場 予想を上回る伸びとなり、米株は一時下落したものの、大幅高で引けた。 サムスン証券のアナリストは「米国やソウル市場は最も警戒していたイベントを通過 した安心感から反発した」と話した。 主要銘柄のうち、半導体大手サムスン電子は1.45%高、同業...

アジア株式市場サマリー:中盤(4日)

休場明けのソウル株式相場は反発し、総合株価指数(K OSPI)は2%超上昇した。主力銘柄の半導体メーカーが上げをけん引してい る。 米半導体大手マイクロン・テクノロジーは先週、今後の見通しは厳しいとして 、投資を削減すると発表。日本のキオクシアも半導体製造向けのウエハーの投入を削減す ると決めた。 未来アセット証券のアナリストは「半導体株の買いが優勢だ。低調な半導体需要が生 産減で相殺されるとの観測が背景だ」と話した。一方で、米経済統計は高インフレに加え 、製造関連の伸び鈍化を示唆しており、マクロ経済的状況は引き続き弱いとの見方を示し...

アジア株式市場サマリー:引け(30日)

(配信時間に応じて内容を更新します。) [30日 ロイター] - 中国株式市場は国慶節(建国記念日)に伴う大型連休を前に続落して終 了した。米株安が重しとなったほか、低調な購買担当者景気指数(PMI)も地合いの悪化につながった。 香港株式市場は反発して引けた。 第3・四半期はCSI300が15.2%下落し、下げ幅は2015年以来の大きさとなった。ハンセ ン指数は21.2%安で11年以来の大幅な落ち込み。 モルガン・スタンレーはリポートで「投資家心理は回復していない。米連邦準備理事会(FRB)の利 上げに対するタカ派姿勢、新型コロナウイルス...

アジア株式市場サマリー:中盤(30日)

午前のソウル株式相場は反落。自動車・電池メーカー 株が前日の米国市場で関連株安となった流れに追随し、下げを主導した。世界的な景気減 速懸念が背景にある。  総合株価指数(KOSPI)は一時は1.67%下落し、取引時間中としては202 0年7月初め以来の安値に沈む場面もあった。  現代自動車は2.48%安、傘下の起亜自動車は2.82% 安。  電池メーカーでは、LGエナジー・ソリューションが2.84%安、サム スンSDIが3.36%安、SKイノベーションが1.71%安 。  一方、未来アセット証券のアナリストは「米マイクロン・テクノロジー...

アジア株式市場サマリー:引け(29日)

(配信時間に応じて内容を更新します。) [29日 ロイター] - 中国、香港両株式市場は続落して終了した。前場は上昇していたが、後場に下げに転 じた。 前場の本土市場は、前日の米株回復や、中国人民銀行の口先介入を受けた人民元の反 発を支援材料に上昇した。 しかし、海外の金利上昇が人民銀の一段の金融緩和の障害になっているとの懸念 が台頭し地合いが悪化した。 エネルギー株とヘルスケア株が1.5%超上昇する一方、銀 行株と不動産株は1.2%、1.8%それぞれ下げた。 観光株や酒造株も、国慶節の連休を前に新型コロナウ イルスを巡る懸念に圧迫された...

アジア株式市場サマリー:中盤(29日)

午前のソウル株式相場は反発し、総合株価指数(KO SPI)は1%超上昇した。バイオ医薬品株が上げをけん引した。世界的な株安が一服し たほか、韓国当局がソウル市場の安定化を図る方針を示したことが好感された。 KOSPIは前日は2020年7月10日以来の安値で引けた。 尹錫悦大統領は経済的ショックに適切に対処すると表明し、金融市場の動揺の広がり を抑える政策を打ち出す考えを示唆した。 また、韓国の金融規制当局は28日、株価安定化基金を再活用する準備を進めている と発表した。 ユージーン投資証券のアナリストは、安定化基金が市場の信頼崩壊を防ぐことにつな...

アジア株式市場サマリー:中盤(27日)

午前のソウル株式市場の株価は反発した。4営業日続 落したことを受けて、買い戻しが入った。 ケープ・インベストメント・アンド・セキュリティーズのアナリストは「個人投資家 のレバレッジを効かせた売りに押され、取引の序盤では下げ幅を広げた。ただその後は持 ち直しを試す動きが出た」と語った。 主要銘柄のうち、半導体のサムスン電子は0.19%高となった半面、 SKハイニックスは0.85%安。電池メーカーのLGエナジー・ソリュー ションは0.22%高。 現代自動車と傘下の起亜自動車は、それぞれ0.82%高と 1.20%高。 造船企業の大宇造船海洋が...

アジア株式市場サマリー:中盤(26日)

午前のシドニー株式市場の株価は続落し、一時約3カ 月ぶりの安値を付けた。米連邦準備制度理事会(FRB)が高インフレの抑え込みに向け てタカ派的な金融政策スタンスを維持する中、世界経済が減速するとの懸念から、リスク の高い資産への投資が控えられている。 S&P/ASX200指数は0022GMT(日本時間午前9時22分)ま でに一時、前週末終値比1.9%下げ、6月21日以来の安値を記録した。 FRBは先週、3回連続の0.75%利上げを決め、追加引き上げの必要性を示した 。これを受けて市場では景気減速懸念が広がり、投資家の間でポジションを見直...

アジア株式市場サマリー:中盤(21日)

午前のソウル株式市場の株価は反落した。投資家は米連邦 公開市場委員会(FOMC)の金融政策決定に注目している。 総合株価指数(KOSPI)は一時1.05%安と、日中ベースで7月15日以来、 約2カ月ぶりの安値を付けた。 米連邦準備理事会(FRB)はFOMCで少なくとも0.75%利上げすると見込ま れている。FOMCの結果は21日発表される。 サムスン証券のアナリストは「利上げ自体より、FRBの政策スタンスの方が重要だ 。さまざまな解釈が考えられるためで、株式市場では先行き不透明感が強い」と分析した 。 主力銘柄は、半導体大手のサムスン電子...

アジア株式市場サマリー:中盤(16日)

午前のソウル株式市場は、米国の積極利上げ観測が高まり 、3日続落している。 8月の米小売売上高がプラスに転じ、市場予想を上回ったほか、最新の米週間新規失 業保険申請件数が減少したため、米連邦準備理事会(FRB)が積極的な金融引き締めを 継続するとの見方が強まった。 シドニー株式市場は反落している。米国の経済指標が市場予想より堅調だったことか ら、米連邦準備理事会(FRB)が来週の米連邦公開市場委員会(FOMC)で大幅な利 上げを決めるとの警戒感が強まった。 金融株を除く全セクターがマイナス圏で取引されている。エネルギー株指数 は2%安。...

アジア株式市場サマリー:引け(15日)

(配信時間に応じて内容を更新します。) [15日 ロイター] - 東南アジア株式市場はまちまち。ジャカルタ市場の総合株価指数は0.38%高。一 時過去最高値を付けた。 インドネシアでは世界的なコモディティー価格の高騰を背景に輸出が急増。経済の回 復力を高めており、株式市場にも反映されている。同国は2020年5月以降、貿易黒字 を毎月計上している。 ジャカルタのトリメガ・セキュリティーズのエコノミストは「石炭輸出国であるイン ドネシアは、欧州エネルギー危機の恩恵を受けている」と述べた。 中国株式市場は下落して取引を終えた。新エネルギー株が...

アジア株式市場サマリー:中盤(15日)

午前のソウル株式市場の株価は反発。米国市場で株高とな った流れを受けた。一方で来週の米連邦公開市場委員会(FOMC)を前に不透明感が高 まり、上値は限定的となった。 総合株価指数(KOSPI)は前日には1.6%下落していた。 8月の米卸売物価指数が2カ月連続で低下したことで、消費者物価の上昇が予想より 早まるのではないかとの投資家の懸念が緩和された。 新韓金融投資のアナリストは、来週のFOMCまで大きな発表はないため、市場心理 は落ち着いたものとなったと分析した。 主要銘柄のうち、半導体大手のサムスン電子は0.35%安。同業SK ハイニックス...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up