for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ナスダック OMX グループ・インク

NDAQ.O

現在値

201.72USD

変化

2.86(+1.44%)

出来高

622,693

本日のレンジ

199.33

 - 

201.94

52週レンジ

119.76

 - 

209.80

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
198.86
始値
199.34
出来高
622,693
3か月平均出来高
14.73
高値
201.94
安値
199.33
52週高値
209.80
52週安値
119.76
発行済株式数
167.20
時価総額
33,728.36
予想PER
27.15
配当利回り
1.07

次のエベント

Nasdaq Investor Conference (Virtual)

適時開示

その他

Nasdaq Inc Says ‍​Qtrly Gaap Earnings Per Share of $1.69; Qtrly Non-Gaap Earnings Per Share $1.78

Nasdaq, Inc. Prices €615 Mln Senior Notes Offering

Nasdaq Reports Proposed Senior Notes Offering

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ナスダック OMX グループ・インクとは

ナスダック(Nasdaq Inc)は、資本市場やその他の業界にサービスを提供するグローバルなテクノロジー企業である。【事業内容】マーケット・サービス、コーポレート・プラットフォーム、インベストメント・インテリジェンス、マーケット・テクノロジーの4つの事業セグメントで製品やサービスを管理、運営、提供する。マーケット・サービス事業には、株式デリバティブ取引・清算、現物株式取引、債券・商品取引・清算(FICC)、トレード・マネジメント・サービスが含まれる。コーポレート・プラットフォーム事業は、上場サービス、IR・社会・ガバナンス(IR・ESG)サービス事業が含まれる。インベストメント・インテリジェンス事業は、マーケットデータ、インデックス、アナリティクス事業が含まれる。マーケット・テクノロジー事業は、取引所、清算機関、証券集中預託機関、規制当局、銀行、ブローカー、バイサイド企業、企業向けのグローバルなテクノロジーソリューションプロバイダーであり、パートナーでもある。

業種

Investment Services

連絡先

151 W. 42ND STREET

NEW YORK, NY

10036

United States

+1.212.4018700

https://www.nasdaq.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Mike Splinter

Independent Chairman of the Board

Adena T. Friedman

President, Chief Executive Officer, Director

Ann M. Dennison

Chief Financial Officer, Executive Vice President

Bryan E. Smith

Executive Vice President, Chief People Officer

Bradley J. Peterson

Executive Vice President, Chief Information Officer/Chief Technology Officer

統計

2.40 mean rating - 15 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2018

2.5K

2019

2.5K

2020

2.9K

2021(E)

3.4K
EPS (USD)

2018

4.840

2019

5.000

2020

6.180

2021(E)

7.353
株価売上高倍率(過去12カ月)
29.36
株価売上高倍率(過去12カ月)
5.73
株価純資産倍率(四半期)
5.32
株価キャッシュフロー倍率
24.04
総負債/総資本(四半期)
93.41
長期負債/資本(四半期)
85.85
投資利益率(過去12カ月)
9.82
自己資本利益率(過去12カ月)
6.93

最新ニュース

最新ニュース

米でビットコイン先物ETF上場、現物は過去最高値付近まで上昇

米国で初となる暗号資産(仮想通貨)ビットコイン先物に連動した上場投資信託(ETF)の取引が19日始まった。仮想通貨への投資フローを拡大させるとの見方からビットコイン現物は6カ月ぶりの高値を付け、過去最高値付近まで値を上げた。

米ナスダック、未公開株取引プラットフォーム分離で大手行と提携

米取引所運営ナスダックは20日、新規株式公開(IPO)前の未公開株を取引できるプラットフォームを分離・独立させるため、ゴールドマン・サックスやモルガン・スタンレーなど米大手銀行と提携した。

英、上場規則巡る提言まとまる 種類株や浮動株比率の制限緩和など

スナク英財務相は2日、ロンドン株式市場に高成長企業や特別買収目的会社(SPAC)を呼び込むために、上場規則を「最新化」する考えを表明した。

ナスダックとNY証取がSECを提訴、データ無料提供拡充に反発

金融市場運営会社の米ナスダックとニューヨーク証券取引所は、米証券取引員会(SEC)が進める取引情報の無料公開を拡充する計画の差し止めを求めて訴訟を起こした。

FTSEラッセル、中国3社を指数から除外 米投資禁止令受け

FTSEラッセルは4日、中国企業への投資を禁止するトランプ米大統領の措置を受けて、追加で3社を世界の株式指数から外すと発表した。

中国企業への投資制限、投資家は早期見直し見込まず=MSCI

指数算出会社のMSCIの幹部は16日、一部中国企業への新規投資を禁止する米国の新たな規制に関し、バイデン次期米政権が早期に見直すと投資家は予想していないと明らかにした。

株取引アプリ米ロビンフッド、米規制対象の中国証券の扱い中止へ

株式取引アプリ運営の米ロビンフッド・マーケッツは、大統領令による投資規制の影響を受ける中国企業の証券の扱いを1月4日から中止すると顧客に通知した。

中国、米に企業への締め付けやめるよう要請 ナスダック発表受け

中国外務省の汪文斌・報道官は14日の会見で、米国に対し、国家の権力を乱用した外国企業への締め付けをやめるよう求めた。米取引所運営ナスダックが中国企業4社を株価指数から除外すると発表したことを受けた。

中国・香港株式市場・前場=政策支援期待で中国反発、香港はまちまち

中国 前場終値 前日比 % 始値 上海総合指数 3,360.4781 + 13.2871 + 0.40 3,349.5340 前営業日終値 3,347.1910 CSI300指数<.CSI30 4,918.203 + 28.573 + 0.58 4,903.627 0> 前営業日終値 4,889.629 香港 前場終値 前日比 % 始値 ハンセン指数 26,480.36 - 25.51 - 0.10 26,522.10 前営業日終値 26,505.87 ハンセン中国株指数<.HSC 10,468.38 + 15.88 + 0.15 10,453.95...

アングル:米取引所にも「ESG熱」、バイデン政権に追い風期待

持続可能な投資に関連した資産に資金が流入する中、取引所運営会社が環境・社会・企業統治(ESG)関連の事業に力を入れている。バイデン次期大統領の政策による後押しも期待できそうだ。

ナスダックも中国企業4社を指数から除外、米の規制受け

米取引所運営ナスダックは11日、半導体メーカーの中芯国際集成電路製造(SMIC)や建設会社など、中国企業4社の株式を株価指数から除外すると発表した。中国軍が所有または支配していると見なされる中国企業への投資を禁止する大統領令に即した措置で、すでにS&Pダウ・ジョーンズなどが同様の措置を取っている。

EXCLUSIVE-ゴールドマン、投資先企業に多様性強化を要請へ

米金融大手ゴールドマン・サックス・グループの資産運用部門は、投資先の米国企業に対し、取締役会のダイバーシティー(多様性)強化を求める方針を示した。女性やマイノリティーの起用拡大を求める。

米ナスダック、金融犯罪対策ソフト会社買収 27.5億ドル

米取引所運営のナスダックは19日、金融犯罪対策ソフトを手掛けるベラフィンを27億5000万米ドルで買収すると発表した。

米ナスダック、第3四半期は利益が予想上回る インデックス事業好調

金融市場運営会社の米ナスダック<NDAQ.O>が21日に発表した第3・四半期決算は、利益が市場予想を上回った。インデックス事業の好調や株式売買の増加が利益を押し上げた。

焦点:米証取のデータセンター移転、市場の公平性改善の効果も

米国の証券取引所はニュージャージー州に対し、金融取引税を導入するなら1日当たり数十億ドル規模の取引を執行する主要なデータセンターを同州からイリノイ州シカゴに移転するだろうと伝えている。

米、9月末までに3証券取引所が新設 競争激化へ

米国では9月末までに新たに3つの証券取引所が開設される予定だ。新型コロナウイルス禍で売買高が膨らむ中、ニューヨーク証券取引所やナスダック<NDAQ.O>など既存の証券取引所との競争激化が見込まれる。

欧州証券取引所連合、LSEの取引時間短縮案を拒否

欧州証券取引所連合(FESE)は1日、ロンドン証券取引所(LSE)<LSE.L>が提案していた株式市場の取引時間を90分短縮する案を拒否した。投資家や市場にとって最善の選択肢ではないと主張している。

中国ラッキンコーヒー、ナスダック上場株29日売買停止 上場廃止へ

中国のカフェチェーン、ラッキンコーヒー(瑞幸珈琲)<LK.O>は26日、米ナスダック市場に上場する株式の売買が29日に停止されると発表した。ナスダックから2回にわたり上場廃止通知を受け取っていたが、これに関するヒアリングの要請を同社が取り下げたためとしている。

CME、ユーロドル・オプションの取引ピットを8月10日に再開

米先物取引所運営大手・CMEグループは9日、ユーロドル・オプションの取引ピットを8月10日に再開すると発表した。他の取引ピットは、同取引所が位置するシカゴ市が経済再開計画のフェーズ5に到達するまで閉鎖を続ける。

米国務長官、世界の証取に中国企業の上場規則厳格化呼び掛け

ポンペオ米国務長官は4日、中国企業の「詐欺的な」会計慣行について米投資家に警告し、そうした企業の上場規則を厳格化する米ナスダックの最近の決定は世界の取引所のモデルになるべきだとの見解を示した。声明で述べた。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up