for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Netflix Inc

NFLX.O

現在値

585.15USD

変化

-1.36(-0.23%)

出来高

579,850

本日のレンジ

584.46

 - 

589.39

52週レンジ

458.60

 - 

615.60

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
586.50
始値
587.85
出来高
579,850
3か月平均出来高
71.30
高値
589.39
安値
584.46
52週高値
615.60
52週安値
458.60
発行済株式数
442.60
時価総額
257,975.90
予想PER
55.74
配当利回り
--

次のエベント

Q3 2021 Netflix Inc Earnings Release

適時開示

その他

Japan Fair Trade Commission Official Future Antimonopoly Investigation Of Apple App Games "Is Possible"

Netflix Inc Reports Qtrly Earnings Per Share Of $2.97

Netflix Is Looking To Hire An Executive To Oversee An Expansion Into Videogames- The Information

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Netflix Incとは

ネットフリックス(Netflix Inc)は、サブスクリプションストリーミングエンターテインメントサービスのプロバイダーである。【事業内容】190か国以上でストリーミングメンバーシップを支払い、メンバーはさまざまなジャンルや言語のさまざまなテレビ(TV)シリーズ、ドキュメンタリー、長編映画を視聴できる。メンバーは、インターネットに接続された任意の画面で、いつでも、どこでも、好きなだけ見ることができる。メンバーは、コマーシャルなしで、視聴を再生、一時停止、再開できる。さまざまなストリーミングメンバーシッププランを提供し、その価格は国やプランの機能によって異なる。メンバーは、テレビ(TV)、デジタルビデオプレーヤー、テレビセットトップボックス、モバイルデバイスなど、インターネットに接続された任意のデバイスを介してコンテンツを視聴できる。オリジナルのプログラミングを含むコンテンツを取得、ライセンス供与、および制作する。

業種

Broadcasting & Cable TV

連絡先

100 Winchester Cir

LOS GATOS, CA

95032-1815

United States

+1.408.5403700

https://www.netflix.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Reed Hastings

Chairman of the Board, President, Co-Chief Executive Officer

Theodore A. Sarandos

Co-Chief Executive Officer, Chief Content Officer, Director

Spencer Adam Neumann

Chief Financial Officer

Gregory K. Peters

Chief Operating Officer, Chief Product Officer

Bozoma Saint John

Chief Marketing Officer

統計

2.11 mean rating - 45 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2018

15.8K

2019

20.2K

2020

25.0K

2021(E)

29.6K
EPS (USD)

2018

2.680

2019

4.130

2020

6.080

2021(E)

10.457
株価売上高倍率(過去12カ月)
61.66
株価売上高倍率(過去12カ月)
9.35
株価純資産倍率(四半期)
18.61
株価キャッシュフロー倍率
16.45
総負債/総資本(四半期)
112.71
長期負債/資本(四半期)
107.67
投資利益率(過去12カ月)
13.73
自己資本利益率(過去12カ月)
11.02

最新ニュース

最新ニュース

米地裁、アップルにアプリ課金ルールの緩和命令

米カリフォルニア州の連邦地裁は10日、アップルに対し、アプリ開発業者に課している課金ルールを緩和するよう命じた。開発業者は今後、ユーザーを外部の決済システムに誘導することが可能となる。

アップル、エピックの韓国でのアカウント復活要求を拒否

米アップルは9日、人気ゲーム「フォートナイト」の開発元エピック・ゲームズが求めた、アプリ販売サイト「アップストア」の同社アカウントを韓国で復活させることを拒否した。

NY市場サマリー(7日)S&P下落、ドル上昇、利回り上昇

<為替>  ニューヨーク外為市場ではドルが上昇した。欧州中央銀行(ECB)理事会を週内に控える中、米国債利回りの上昇を受け、ドルのユーロに対するショートポジションを減らす動きが広がった。

米国株式市場=S&P下落、ハイテク株買われナスダックは最高値

米国株式市場はS&P総合500種が下落した一方、ナスダック総合は過去最高値を更新して取引を終えた。経済回復ペースの鈍化を巡る懸念と米連邦準備理事会(FRB)による緩和的な政策維持への期待とが交錯している。

NY市場サマリー(2日)ドル軟調、S&Pとナスダック最高値

<為替> 雇用関連の経済指標が堅調だったことで、米連邦準備理事会(FRB)によるテーパリング(量的緩和の縮小)が意識される中、ドルが軟化した。ユーロは欧州中央銀行(ECB)当局者のこのところの発言を受け、対ドルで約1カ月ぶりの高水準を維持した。

米国株式市場=S&Pとナスダック最高値、エネルギー株堅調

米国株式市場はS&P総合500種指数とナスダック総合指数が最高値を更新。ダウ工業株30種も上昇した。商品(コモディティー)価格の値上がりでエネルギー株が堅調だったほか、新規失業保険申請件数の改善も相場を後押しした。

NY市場サマリー(2日)ドル軟調、S&Pとナスダック最高値

<為替> 雇用関連の経済指標が堅調だったことで、米連邦準備理事会(FRB)に よるテーパリング(量的緩和の縮小)が意識される中、ドルが軟化した。ユーロは欧州中 央銀行(ECB)当局者のこのところの発言を受け、対ドルで約1カ月ぶりの高水準を維 持した。 労働省が朝方発表した8月28日までの1週間の新規失業保険申請件数(季節調整済 み)は34万件と、前週から1万4000件改善し、2020年3月中旬以来の低水準と なった。このほか、雇用コンサルティング会社チャレンジャー・グレイ・アンド・クリス マスが発表した統計によると、8月の米企業の人員削減数...

アップル、決済システムの義務付け緩和 日本の公取と合意

米アップルは1日、アプリ開発業者に課していた決済システムの利用義務を一部緩和すると発表した。開発業者の事業を制限している疑いがあるとして調査を進めていた日本の公正取引員会は、審査の終了を発表した。

米アップル、アップストア集団訴訟で和解 開発者の規則緩和へ

米アップルは26日、アプリ配信システム「アップストア」を巡り、小規模な開発業者が起こした集団訴訟で和解案がまとまったことを明らかにした。

NY市場サマリー(4日)ドル上昇、ダウ・S&P下落

<為替> ドルが上昇。市場予想を大幅に下回る米ADP民間雇用を受け、朝方は最大0.3%下落したものの、米連邦準備理事会(FRB)当局者によるタカ派的な発言を手掛かりに上昇した米債券利回りに追随し、最大0.3%上昇した。

米国株式市場=ダウ・S&P下落、ADP雇用報告が予想大幅に下回る

米国株式市場はまちまち。ダウ工業株30種とS&P総合500種が下落する一方、ナスダック総合指数は小幅高で取引を終了した。民間部門雇用者数の伸びが予想を大幅に下回ったことが嫌気された。

米ディスカバリー、コンテンツ投資拡大へ 四半期売上高は予想超え

米メディア会社ディスカバリーは3日、今年のコンテンツおよびマーケティング関連投資が過去最高を更新するとの見通しを示した。発表を受けて株価は下落した。

NY市場サマリー(3日)S&P最高値、ドル底堅い

<為替> 米経済成長鈍化や新型コロナウイルス変異株「デルタ」を巡る懸念がリスク選好を抑制し、ドルが円やスイスフランに対して下落したものの、底堅く推移した。

米国株式市場=S&P最高値、アップルやヘルスケア株が高い

米国株式市場は上昇し、S&P総合500種は終値での最高値を更新した。新型コロナウイルス変異株「デルタ」感染拡大を巡る懸念はくすぶるものの、アップルやヘルスケア銘柄が上昇し、相場を押し上げた。

NY市場サマリー(3日)S&P最高値、ドル底堅い

<為替> 米経済成長鈍化や新型コロナウイルス変異株「デルタ」を巡る懸念がリス ク選好を抑制し、ドルが円やスイスフランに対して下落したものの、底堅く推移した。 ドル/円は一時0.4%安となり109円を下回ったものの、その後は109 .1円まで下げ幅を縮小。対スイスフランでは一時0.3%安となったが、0.1 %安まで切り返した。 スイスフランは対ユーロでも上昇し、9カ月ぶりの高値を付けた。 一方、オーストラリア準備銀行(RBA、中央銀行)およびニュージーランド(NZ )準備銀行(中央銀行)の当局者の比較的タカ派な発言を受け、豪ドルとNZドル...

米国株式市場=続伸、好決算や経済回復巡る楽観で

米国株式市場は続伸して取引を終えた。堅調な企業決算や米経済回復を巡り新たに楽観的な見方が広がったことがリスクオンにつながった。

NY市場サマリー(21日)長期金利上昇、株高・ドル安

<為替> ドルが下落。インフレ高進や新型コロナウイルスのデルタ変異株の感染拡大を巡る懸念はくすぶるものの、株高を追い風にリスク選好の動きが高まり、安全資産とされるドルや円に売りが出た。

米ネットフリックス、7─9月期の契約伸び見通し低調 一時株価下落

米動画配信サービス大手ネットフリックスが20日に発表した7─9月期の契約件数の増加見通しは市場予想を下回り、時間外取引で株価が一時1.6%下落したが、その後は戻した。

NY市場サマリー(20日)10年債利回りが切り返す、米株反発

<為替> 新型コロナウイルスのデルタ変異株の感染拡大で世界的な経済成長が頓挫するとの懸念から、安全資産と見なされるドルに買いが入った。一方、リスク選好度の影響を受けやすい資源通貨の豪ドルやニュージーランドドルなどは下落した。

米国株式市場=反発、好決算が追い風 景気再び楽観視

米国株式市場は反発。一連の企業の好決算に加え、景気を巡る楽観的な見方が再び強まる中、リスクオン取引となった。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up