for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ナイキ・インク

NKE.N

現在値

104.53USD

変化

1.16(+1.12%)

出来高

2,049,125

本日のレンジ

103.36

 - 

104.55

52週レンジ

77.07

 - 

104.55

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
103.37
始値
103.58
出来高
2,049,125
3か月平均出来高
127.54
高値
104.55
安値
103.36
52週高値
104.55
52週安値
77.07
発行済株式数
1,557.37
時価総額
162,792.20
予想PER
34.59
配当利回り
0.94

次のエベント

Q3 2020 Nike Inc Earnings Release

適時開示

その他

Michael Avenatti's Nike extortion trial is delayed

Nike Says Subsequent To Nov. 30, 2019, Tax Laws In One Of Co's Foreign Jurisdictions Changed - SEC Filing

Nike Reports Q2 Earnings Per Share Of $0.70

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ナイキ・インクとは

ナイキ(NIKE, Inc.)は運動靴、アパレル、機器、アクセサリー及びサービスの設計・開発・マーケティング・販売に従事する。【事業内容】同社は北米事業、西欧事業、中・東欧事業、中国事業、日本事業及び新興市場事業を運営する。同社のポートフォリオブランドは「NIKE Brand」、「Jordan Brand」、「Hurley」及び「Converse」を含む。「NIKE」ブランドの製品はランニング、「NIKE」バスケットボール、「ヨルダンブランド」、サッカー、メンズトレーニング、レディーストレーニング、アクションスポーツ、スポーツウェア(スポーツにインスパイアされたライフスタイル製品)及びゴルフの9つのカテゴリーに分ける。メンズトレーニングにはその野球とアメリカンフットボールの製品が含まれる。また、クリケット、ラクロス、テニス、バレーボール、レスリング、ウォーキング及びアウトドアアクティビティなど、他のスポーツとレクリエーションの用途だけでなく、子供用に設計された製品を販売する。同社は「NIKE」ブランド名で多様なパフォーマンス機器および付属品を販売する。

業種

Footwear

連絡先

1 SW Bowerman Dr

+1.503.6713173

https://news.nike.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Mark G. Parker

Executive Chairman of the Board

John Joseph Donahoe

President, Chief Executive Officer, Director

Andrew M. Campion

Chief Financial Officer, Executive Vice President

Elliott Hill

President - Consumer and Marketplace

Eric D. Sprunk

Chief Operating Officer

統計

2.09 mean rating - 32 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2017

34.4K

2018

36.4K

2019

39.1K

2020(E)

42.4K
EPS (USD)

2017

2.510

2018

2.390

2019

2.490

2020(E)

3.022
株価売上高倍率(過去12カ月)
36.62
株価売上高倍率(過去12カ月)
3.99
株価純資産倍率(四半期)
17.43
株価キャッシュフロー倍率
30.74
総負債/総資本(四半期)
40.30
長期負債/資本(四半期)
37.02
投資利益率(過去12カ月)
27.10
自己資本利益率(過去12カ月)
18.56

最新ニュース

最新ニュース

ホットストック:アシックスが大幅続伸、世界陸連が厚底シューズ禁止と報道

アシックスが大幅続伸。人気を集めているナイキの厚底ランニングシューズが世界陸連の新規則によって禁止されるとの報道があり、これまでシェア低下への警戒から売られていた同社株に買いが入っているもよう。

アマゾン、偽造品対策を強化 直ちに通報へ=関係筋

関係筋によると、米アマゾン・ドット・コム<AMZN.O>は偽造品対策を強化し、当局に提供する偽造品に関するデータを増やす方針だ。

米株は最高値更新、米中協議巡る楽観・好調な経済指標が押し上げ

米国株式市場は、株価が最高値を更新して取引を終えた。米中通商協議を巡る楽観的な見方が継続する中、米個人消費支出が堅調に伸びたことが押し上げ要因となった。

NY市場サマリー(20日)

<為替> ドルが上昇。底堅い米指標を受け、短期的な米利下げの公算は小さいとの見方が広がった。週間では11月初旬以来の大幅な伸びを記録した。

米株続伸、堅調な雇用統計や通商合意巡る楽観的見方で

米国株式市場は続伸。堅調な米雇用統計や米中通商合意を巡る楽観的な見方を追い風にリスク選好の動きが強まった。

米国株は小幅高、米中通商協議の進展待ち

米国株式市場は小幅に上昇して取引を終えた。米国が対中追加関税の発動を予定する12月15日が迫る中、米中通商協議の行方について見極めようと様子見ムードが広がった。

NY市場サマリー(5日)

米商務省が5日公表した10月の米貿易赤字が2018年5月以来、約1年半ぶりの低水準となったほか、11月30日終了週の新規失業保険申請件数(季節調整済み)も4月中旬以来、約7カ月ぶりの低水準となったが、ドルへの影響は限られた。[nL4N28F3CI][nL4N28F3JI]

アリババ「独身の日」、華為技術・小米・ユニクロなどが10億元超え

中国の電子商取引大手アリババ・グループ<BABA.N>のデータによると、同国でネット通販最大の商戦日とされる11月11日の「独身の日」に特によく売れたのは健康補助食品や美容パック、粉ミルクなどで、仏ロレアル<OREP.PA>やスイスのネスレ<NESN.N>などが勝ち組となった。

アリババ「独身の日」、ロレアルやネスレが勝ち組に

中国の電子商取引大手アリババ・グループのデータによると、同国でネット通販最大の商戦日とされる11月11日の「独身の日」に特によく売れたのは健康補助食品や美容パック、粉ミルクなどで、仏ロレアルやスイスのネスレなどが勝ち組となった。

アディダス、第3四半期は主力スニーカー不振 サッカー効果見込む

独スポーツ用品大手アディダス<ADSGn.DE>が6日発表した第3・四半期決算は売上高が市場予想を上回ったものの、米歌手カニエ・ウエストさんとの共同企画「Yeezy(イージー)」ブランドのスニーカー販売がいまひとつの結果に終わった。

米中、通商関係が向かうべき方向を理解=クシュナー氏

トランプ米大統領の娘婿であるクシュナー大統領上級顧問は29日、開始から1年4カ月余りが経過している米中貿易戦争について、両国は2国間通商関係がどの方向に向かうべきか理解に至ったとの認識を示した。

米中、通商関係が向かうべき方向を理解=クシュナー氏

トランプ米大統領の娘婿であるクシュナー大統領上級顧問は29日、開始から1年4カ月余りが経過している米中貿易戦争について、両国は2国間通商関係がどの方向に向かうべきか理解に至ったとの認識を示した。

米副大統領、対中演説で香港デモ支持を表明 ナイキとNBAを批判

ペンス米副大統領は24日の演説で、中国が香港市民の「権利や自由」を奪っているなどと批判した。中国外務省は25日、ペンス副大統領の発言に極めて強い憤りを感じるとし、断固抗議すると表明した。

中国・香港株式市場・前場=上海株横ばい、米中貿易交渉や4中全会を控え

中国 前場終値 前日比 % 始値 上海総合指数 2,940.6055 - 0.3160 - 0.01 2,940.4741 前営業日終値 2,940.9215 CSI300指数<.CSI30 3,873.721 + 3.053 + 0.08 3,871.769 0> 前営業日終値 3,870.668 香港 前場終値 前日比 % 始値 ハンセン指数 26,678.92 - 119.03 - 0.44 26,795.64 前営業日終値 26,797.95 ハンセン中国株指数<.HSC 10,473.61 - 59.24 - 0.56 10,527.73...

米株小幅高、決算不振もボーイング・キャタピラーに買い

米国株式市場は小幅に上昇して取引を終えた。ボーイング<BA.N>やキャタピラー<CAT.N>が発表した四半期決算は低調な内容となったものの、売りにはつながらなかった。

ナイキのパーカーCEO退任へ、後任はサービスナウのドナヒュー氏

米スポーツ用品大手ナイキ<NKE.N>は22日、マーク・パーカー最高経営責任者(CEO)が来年退任すると発表した。後任にはクラウドサービス企業サービスナウ<NOW.N>のジョン・ドナヒューCEOを起用する。

米国株市場は小幅安、米中通商協議巡る不透明感で

米国株式市場は、小幅安で取引を終えた。米中通商協議を巡る不透明感がセンチメント低下につながったほか、15日から本格化する第3・四半期の米企業決算に市場の注目がシフトした。

NY市場サマリー(14日)

<為替> ドルが上昇。米中通商合意や英国の欧州連合(EU)離脱を巡る先行き不透明感から、安全資産としてのドルの投資妙味が高まった。円やスイスフランの買いも膨らみ、対ドルで小幅上昇した。

ダウ162ドル高、米大統領の弾劾リスク響かず ナイキ上昇

米国株式市場は上昇し、ダウ平均株価<.DJI>が162ドル値上がりしたほか、S&P総合500種指数<.SPX>の上げ幅は過去2週間で最大となった。民主党によるトランプ大統領弾劾に向けた動きはあまり材料視されなかった。スポーツ用品大手ナイキ<NKE.N>が好決算を手掛かりに買いを集めた。

NY市場サマリー(25日)

<為替> ドルが全般的に上昇。前日はトランプ米大統領に対する弾劾機運の高まりからドルが売られたものの、この日は買い戻しが入った。英国の欧州連合(EU)離脱(ブレグジット)を巡る不透明感からポンド売りが目立った。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up