for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ナイキ・インク

NKE.N

現在値

83.23USD

変化

-1.07(-1.27%)

出来高

3,417,377

本日のレンジ

79.51

 - 

85.73

52週レンジ

60.00

 - 

105.61

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
84.30
始値
81.68
出来高
3,417,377
3か月平均出来高
197.34
高値
85.73
安値
79.51
52週高値
105.61
52週安値
60.00
発行済株式数
1,559.00
時価総額
129,620.10
予想PER
--
配当利回り
1.18

次のエベント

Q4 2020 Nike Inc Earnings Release

適時開示

その他

Nike Is Closing All Of Its Stores In The U.S. Because Of The Coronavirus Outbreak - CNBC

Nike Inc Says Matthew Friend Becomes Chief Financial Officer

Nike Inc Declares $0.245 Quarterly Dividend

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ナイキ・インクとは

ナイキ(NIKE, Inc.)は運動靴、アパレル、機器、アクセサリー及びサービスの設計・開発・マーケティング・販売に従事する。【事業内容】同社は北米事業、西欧事業、中・東欧事業、中国事業、日本事業及び新興市場事業を運営する。同社のポートフォリオブランドは「NIKE Brand」、「Jordan Brand」、「Hurley」及び「Converse」を含む。「NIKE」ブランドの製品はランニング、「NIKE」バスケットボール、「ヨルダンブランド」、サッカー、メンズトレーニング、レディーストレーニング、アクションスポーツ、スポーツウェア(スポーツにインスパイアされたライフスタイル製品)及びゴルフの9つのカテゴリーに分ける。メンズトレーニングにはその野球とアメリカンフットボールの製品が含まれる。また、クリケット、ラクロス、テニス、バレーボール、レスリング、ウォーキング及びアウトドアアクティビティなど、他のスポーツとレクリエーションの用途だけでなく、子供用に設計された製品を販売する。同社は「NIKE」ブランド名で多様なパフォーマンス機器および付属品を販売する。

連絡先

1 SW Bowerman Dr

BEAVERTON, OR

97005-6453

United States

+1.503.6713173

https://news.nike.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Mark G. Parker

Executive Chairman of the Board

John Joseph Donahoe

President, Chief Executive Officer, Director

Andrew M. Campion

Chief Financial Officer, Executive Vice President

Elliott Hill

President - Consumer and Marketplace

Eric D. Sprunk

Chief Operating Officer

統計

2.06 mean rating - 33 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2017

34.4K

2018

36.4K

2019

39.1K

2020(E)

39.6K
EPS (USD)

2017

2.510

2018

2.390

2019

2.490

2020(E)

2.667
株価売上高倍率(過去12カ月)
30.80
株価売上高倍率(過去12カ月)
3.14
株価純資産倍率(四半期)
14.35
株価キャッシュフロー倍率
32.27
総負債/総資本(四半期)
38.43
長期負債/資本(四半期)
38.29
投資利益率(過去12カ月)
25.72
自己資本利益率(過去12カ月)
17.57

最新ニュース

最新ニュース

米投資適格級社債の発行額、過去最高に FRBの無制限QE決定で

米連邦準備理事会(FRB)が23日に無制限の量的緩和(QE)を行う方針を決定したことを受け、米国企業による投資適格級債券発行を通じた資金調達額は27日までの週に過去最高の1091億ドルに達した。

米ナイキ、12─2月の売上高が予想上回る ネット販売好調

米スポーツ用品小売りのナイキ<NKE.N>が24日に発表した第3・四半期(2月29日まで)決算は、売上高が市場の予想を上回った。新型コロナウイルスの感染拡大を受けて店舗閉鎖を余儀なくされた中国では、売上高が約6年ぶりに減少したが、オンラインでの売り上げ増が補った。ただ同社は、新型コロナを理由に今後の業績予想は示さなかった。

米ギャップとニーマン・マーカス、新型コロナで店舗を一時閉鎖

は、新型コロナウイルス感染拡大の影響で2週間店舗を閉鎖する。

情報BOX:新型コロナウイルスを巡る海外の状況(16日現在)

スウェーデンのファストファッション大手へネス・アンド・マウリッツ(H&M)は16日、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて業務内容を見直し、欧州の12市場で一時閉鎖する店舗をさらに追加する、と発表した。また、2019年12月─2020年2月(第1・四半期)の中国での売り上げが24%減少したことを明らかにした。

〔情報BOX〕新型コロナウイルスを巡る海外の状況(16日現在)

オーストラリア政府は、新型コロナウイルス感染拡大に対応し、景気刺激策第2弾を検討している。政府の検討に詳しい関係筋3人が明らかにした。同国では新型コロナ感染による死者が5人に達し、当局は感染拡大防止の取り組みを加速している。

米議員、ウイグル強制労働防止法案を公表

米有力議員は11日、中国・新疆ウイグル自治区の少数民族ウイグル族の強制労働で製造された商品の対米輸入を防ぐ「ウイグル強制労働防止法案」をまとめた。

NY市場サマリー(11日)

<為替> 米国株の大幅な値下がりに伴いドルが円やスイスフランに対し下落。新型コロナウイルスへの懸念が引き続き市場心理を圧迫した。

米株大幅反落、ダウは08年以来初めて弱気相場入り

米国株式市場は大幅反落。世界保健機関(WHO)が新型コロナウイルス感染拡大は「パンデミック(世界的な大流行)」に相当すると表明する中、ダウ平均は1460ドル超下げ、2008年の金融危機以来初めてベア相場入りした。

米上院議員、新疆の強制労働対策求め商務長官に書簡

米上院外交委員会幹部のボブ・メネンデス議員(民主党)が10日、ロス商務長官に書簡を送付し、米企業は中国の新疆ウイグル自治区における「おぞましい」強制労働を故意に黙殺していると糾弾した。そのうえで、米国の企業と消費者に強制労働で生産された商品の購入を止めさせるよう求めた。

ナイキ、欧州本社を一時閉鎖 従業員が新型ウイルスに感染

米スポーツ用品大手ナイキ<NKE.N>は、従業員1人が新型コロナウイルスに感染したことを受けて、オランダにある欧州本社を今月2、3日の両日閉鎖する。

独アディダス、中国で店舗多数を一時閉鎖 新型肺炎受け

独スポーツ用品大手アディダス<ADSGn.DE>は5日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、中国で展開する一部店舗を一時的に閉鎖すると発表した。一時閉鎖する店舗は「かなり」の数に及ぶとしている。

〔情報BOX〕新型肺炎、各国企業への影響

中国湖北省武漢市で発生した新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大を受けて、世界各地の企業が対応に追われている。これまでに判明している各社の業績への影響をまとめた。

米国株式市場は反発、IT株の上昇や製造業データが支援

米国株式市場は上昇して取引を終えた。前週には新型コロナウイルスの感染拡大による影響への懸念から大幅下落していたが、大型IT(情報技術)株の上昇や予想外に強い内容となった米製造業データに支援され、反発した。

事故死のコービー・ブライアント氏関連商品、ナイキ通販で完売に

米スポーツ用品大手ナイキ<NKE.N>によると、ヘリコプター事故で死亡した米プロバスケットボール協会(NBA)の元スーパースター、コービー・ブライアント氏に関連した商品が、同社の公式通販サイトで完売となった。

ホットストック:アシックスが大幅続伸、世界陸連が厚底シューズ禁止と報道

アシックスが大幅続伸。人気を集めているナイキの厚底ランニングシューズが世界陸連の新規則によって禁止されるとの報道があり、これまでシェア低下への警戒から売られていた同社株に買いが入っているもよう。

アマゾン、偽造品対策を強化 直ちに通報へ=関係筋

関係筋によると、米アマゾン・ドット・コム<AMZN.O>は偽造品対策を強化し、当局に提供する偽造品に関するデータを増やす方針だ。

米株は最高値更新、米中協議巡る楽観・好調な経済指標が押し上げ

米国株式市場は、株価が最高値を更新して取引を終えた。米中通商協議を巡る楽観的な見方が継続する中、米個人消費支出が堅調に伸びたことが押し上げ要因となった。

NY市場サマリー(20日)

<為替> ドルが上昇。底堅い米指標を受け、短期的な米利下げの公算は小さいとの見方が広がった。週間では11月初旬以来の大幅な伸びを記録した。

米株続伸、堅調な雇用統計や通商合意巡る楽観的見方で

米国株式市場は続伸。堅調な米雇用統計や米中通商合意を巡る楽観的な見方を追い風にリスク選好の動きが強まった。

米国株は小幅高、米中通商協議の進展待ち

米国株式市場は小幅に上昇して取引を終えた。米国が対中追加関税の発動を予定する12月15日が迫る中、米中通商協議の行方について見極めようと様子見ムードが広がった。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up