for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ナイキ・インク

NKE.N

現在値

108.00USD

変化

1.56(+1.47%)

出来高

2,416,101

本日のレンジ

105.09

 - 

109.69

52週レンジ

105.04

 - 

179.10

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
106.44
始値
108.95
出来高
2,416,101
3か月平均出来高
160.50
高値
109.69
安値
105.09
52週高値
179.10
52週安値
105.04
発行済株式数
1,573.76
時価総額
167,511.80
予想PER
28.48
配当利回り
1.15

次のエベント

Dividend For NKE.N - 0.3050 USD

適時開示

その他

Nike Reports Q3 EPS Of $0.87

Nike Reports Q2 EPS Of $0.83

Nike Inc. Acquires RTFKT

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ナイキ・インクとは

ナイキ(Nike Inc)は、スポーツおよびフィットネス活動用の運動靴、アパレル、機器、アクセサリーの設計、マーケティング、および流通を行う。【事業内容】事業セグメントには、北米、ヨーロッパ、中東およびアフリカ(EMEA)、中華圏、アジア太平洋およびラテンアメリカ(APLA)が含まれる。ランニング、ナイキバスケットボール、「ジョーダン」ブランド、サッカー、トレーニング、スポーツウェアなどのカテゴリで「ナイキ」ブランドの製品を提供する。また、子供向けだけでなく、アメリカンフットボール、野球、クリケット、ゴルフ、ラクロス、スケートボード、テニス、バレーボール、ウォーキング、レスリング、その他の屋外アクティビティなど、その他の運動およびレクリエーション用途向けに設計された製品も販売する。バッグ、ソックス、スポーツボール、アイウェア、時計、デジタル機器、バット、手袋、保護具、その他のスポーツ活動用に設計された機器など、「ナイキ」ブランド名で一連のパフォーマンス機器およびアクセサリーを販売する。

業種

Footwear

連絡先

1 SW Bowerman Dr

BEAVERTON, OR

97005-6453

United States

+1.503.6713173

https://about.nike.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Mark G. Parker

Executive Chairman of the Board

John Joseph Donahoe

President, Chief Executive Officer, Director

Matthew Friend

Chief Financial Officer, Executive Vice President

Heidi O'Neill

President - Consumer and Marketplace

Andrew M. Campion

Chief Operating Officer

統計

2.05 mean rating - 37 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2019

39.1K

2020

37.4K

2021

44.5K

2022(E)

46.8K
EPS (USD)

2019

2.490

2020

1.600

2021

3.560

2022(E)

3.737
株価売上高倍率(過去12カ月)
28.13
株価売上高倍率(過去12カ月)
3.58
株価純資産倍率(四半期)
11.33
株価キャッシュフロー倍率
24.31
総負債/総資本(四半期)
63.60
長期負債/資本(四半期)
63.60
投資利益率(過去12カ月)
21.44
自己資本利益率(過去12カ月)
16.36

最新ニュース

最新ニュース

ロシア、「並行輸入」を認可 世界的ブランドの販売停止に対応

ロシアのミシュスチン首相は30日、国内小売業社に対し、商標権者の許可なしに商品を輸入することを認可したと発表した。ウクライナ侵攻を受けて世界のブランドがロシアでの販売や輸出の停止に動く中、混乱している小売セクターを支援する狙いがある。

NY市場サマリー(22日)ドル小幅安、米債利回り上昇 米株反発

<為替> ドルが小幅安となった。前日の米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長のタカ派発言を受けたドル高が一服する中、株価上昇を背景に市場心理がリスクオンに傾いた。

米国株式市場=反発、ハイテク株に買い

米国株式市場は反発して終了した。ハイテク株に買い戻しが入り、ナスダック総合が約2%高と上げを主導した。米国債利回りの上昇を受けて金融株が買われ、S&P銀行株指数も2.5%高と大きく上昇した。

米国株式市場=ダウ201ドル安、FRB議長のタカ派発言嫌気

米国株式市場は下落。ダウ工業株30種は201ドル値下がりして取引を終えた。ウクライナ情勢を巡って不透明感が根強い中、米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長が従来の予想よりも積極的な金融引き締めを示唆したことが嫌気された。

ナイキ、12─2月決算予想上回る 北米でシューズ販売好調 株価5%高

米スポーツ用品大手ナイキが21日発表した第3・四半期(2月28日まで)決算は、売上高と利益が市場予想を上回った。サプライチェーンの問題から中国の販売は低迷したものの、2021年の年末商戦で北米でのスポーツシューズやアパレルの販売が好調だった。

米、中国・李寧の輸入差し止め 北朝鮮の強制労働など関与か

米税関・国境警備局(CBP)は、中国のスポーツ用品メーカー、李寧の製品輸入を港で差し止めたと明らかにした。同社のサプライチェーン(供給網)に北朝鮮の労働力が使われていたことが判明したため。

再送-ロシア、侵攻受け操業停止した外資系工場の国有化提案

ロシアのウクライナ侵攻を受けて操業を停止したロシア国内の外資系工場について、ロシア与党・統一ロシアの幹部アンドレイ・トゥルチャック氏が国有化を提案した。

ユニクロ、ロシアの店舗営業継続へ 侵攻後も供給網に影響なし

衣料品店「ユニクロ」を展開するファーストリテイリングは、ロシアでの店舗営業を継続すると表明した。

NY州年金基金、国際的企業にロシア事業停止を求める書簡

ニューヨーク州年金基金を監督するトーマス・ディナポリ州会計監査役は4日、マクドナルドやペプシコ、エスティローダーなど世界的なブランド企業にロシア事業の停止を促す書簡を送った。

ナイキ、ロシア全店舗を一時閉鎖へ 救援支援に100万ドル寄付も

米スポーツ用品大手・ナイキは3日、ロシア国内の全店舗を一時閉鎖すると発表した。自営店・直営店の双方が対象という。

米ナイキ、ロシア向けオンライン販売を停止

米スポーツ用品大手・ナイキが、オンラインストアやアプリを通じたロシアからの受注を停止した。ロシアの顧客への商品配送を保証することができないためとしている。

コラム:注目されるNFTとは何か、経済と市場を激変させる潜在力=大槻奈那氏

昨年12月、Pakと称する作家による「The merge」というNFT(Non-fungible Token=非代替可能なトークン)とデジタル作品をドッキングさせた「NFTアート」が、生存するアーティストとして最高値の9180万ドル(104億円)で販売された。

米フィットネス機器ペロトン、アマゾンが買収に関心 ナイキもか

フィットネス機器の米ペロトン・インタラクティブの買収に、アマゾン・ドット・コムなど複数の買い手候補が関心を寄せていることが分かった。事情に詳しい関係者が明らかにした。

コラム:メタバースの損益分析、仮想空間は現実的なビジネスか

マーク・ザッカーバーグ氏は、自社の名前をフェイスブックからメタ・プラットフォームズに変えるほどメタバースに入れ込んでいる。「ディセントラランド」など、次にブレイクしそうなメタバースプラットフォームも産声を上げている。投機家であれば、メタバースで不動産などに投資してもうけることもできる。

日経平均は小幅続伸、方向感欠く動き 売買代金は2兆円割れ

東京株式市場で日経平均は小幅続伸。前日の好地合いを引き継いだものの、市場参加者が少ないこともあって、方向感を欠く動きとなっている。東証1部の売買代金は7月27日以来の2兆円割れとなった。

今日の株式見通し=強含み、米株の上昇が支え 買い一巡後はもみあいに

きょうの東京株式市場で日経平均株価は、強含みの展開が想定されている。米国の主要3指数が上昇したことを支えに、買いが先行しそうだ。ただ、日本株は前日に大幅高だったこともあり、買い一巡後は利益確定や戻り待ちの売りが上値を抑え、高値圏でのもみあいに移行するとみられる。

米国株式市場=急反発、ナイキやマイクロンの上昇が支援

米国株式市場は主要株価3指数が急反発して取引を終えた。前日には新型コロナウイルスのオミクロン変異株を巡る懸念から1%超下落していた。この日は旅行関連株やテクノロジー株が買われたほか、決算を受けてナイキとマイクロン・テクノロジーも上昇した。

UPDATE 1-NY市場サマリー(21日)株式急反発、ドル軟調

(表を更新しました) [21日 ロイター] - <為替> リスク選好度がやや回復したことで豪ドルや英ポンドなどが買われた一方 、ドルはやや軟調に推移した。 主要6通貨に対するドル指数は一時96.336まで低下した後、終盤の取引 で0.03%安の96.47。 前日の取引では、民主党穏健派のジョー・マンチン上院議員が週末の間にバイデン大 統領の看板政策である大型歳出法案を支持しないと表明したことを受け、リスク選好度が 低下。新型コロナウイルスのオミクロン変異株の感染拡大への懸念も影響し、円や スイスフランなどの安全通貨に資金が流れていた。...

NY市場サマリー(21日)株式急反発、ドル軟調

<為替> リスク選好度がやや回復したことで豪ドルや英ポンドなどが買われた一方 、ドルはやや軟調に推移した。 主要6通貨に対するドル指数は一時96.336まで低下した後、終盤の取引 で0.03%安の96.47。 前日の取引では、民主党穏健派のジョー・マンチン上院議員が週末の間にバイデン大 統領の看板政策である大型歳出法案を支持しないと表明したことを受け、リスク選好度が 低下。新型コロナウイルスのオミクロン変異株の感染拡大への懸念も影響し、円や スイスフランなどの安全通貨に資金が流れていた。 ただこの日はリスク選好度が回復し、米株価が上昇したほか...

米国株式市場=急反発、ナイキやマイクロンの上昇が支援

米国株式市場は主要株価3指数が急反発 して取引を終えた。前日には新型コロナウイルスのオミクロン変異株を 巡る懸念から1%超下落していた。この日は旅行関連株やテクノロジー 株が買われたほか、決算を受けてナイキとマイクロン・テクノ ロジーも上昇した。 テクノロジー株ではマイクロソフトやアマゾン・ドット・ コムが上昇し、指数を押し上げた。エネルギーなど景 気敏感セクターも買われた。 旅行関連株ではクルーズ船運航大手カーニバル、カジノ大 手ラスベガス・サンズ、オンライン旅行代理店エクスペディア ・グループなどが値上がりした。 アメリプライズ・フィナンシャル...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up