for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ノースロップ・グラマン・コーポレーション

NOC.N

現在値

483.69USD

変化

9.55(+2.01%)

出来高

229,525

本日のレンジ

464.48

 - 

485.81

52週レンジ

345.91

 - 

514.90

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
474.14
始値
474.98
出来高
229,525
3か月平均出来高
15.40
高値
485.81
安値
464.48
52週高値
514.90
52週安値
345.91
発行済株式数
154.71
時価総額
73,390.40
予想PER
19.09
配当利回り
1.46

次のエベント

Q3 2022 Northrop Grumman Corp Earnings Release

適時開示

その他

Northrop Grumman - On Aug 23, 2022, Entered Into A Five-Year Senior Unsecured Revolving Credit Facility In An Aggregate Principal Amount Of $2.5 Billion

Northrop Grumman Says QTRLY Sales Of $8.80 Billion Versus $9.15 Billion

Northrop Grumman Announces Expiration And Final Results Of Registered Exchange Offer For Notes Issued In Connection With Prior Private Exchange Offer

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ノースロップ・グラマン・コーポレーションとは

ノースロップ・グラマン(Northrop Grumman Corp)は、世界的な航空宇宙・防衛企業である。【事業内容】航空システム、防衛システム、ミッションシステム、宇宙システムの4つのセグメントで事業を展開する。航空システム事業は、戦闘管理、攻撃、情報・監視・偵察(ISR) に使用される自律型および有人型航空機システムの設計、開発、生産、統合、製造に従事する。防衛システム事業は、軍および民間機関の顧客向けに、兵器およびミッションシステムの設計、開発、製造、統合、維持、近代化に従事する。ミッションシステム事業は、航空用多機能センサー、海上・陸上用システムおよびセンサー、ナビゲーション、ターゲティング、サバイバビリティ、ネットワーク情報ソリューションの提供に従事する。宇宙システム事業は、宇宙、ミサイル防衛、発射および戦略ミサイルシステムの設計、開発、統合、製造および運用に従事する。

業種

Aerospace & Defense

連絡先

C/O NORTHROP GRUMMAN CORP

2980 FAIRVIEW PARK DRIVE

FALLS CHURCH, VA

22042

United States

+1.703.2802900

https://www.northropgrumman.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Kathy J. Warden

Chairman of the Board, President, Chief Executive Officer

David F. Keffer

Chief Financial Officer, Corporate Vice President

Ann M. Addison

Chief Human Resource Officer, Corporate Vice President

Michael A. Hardesty

Chief Accounting Officer, Corporate Vice President, Controller

Sheila C. Cheston

Corporate Vice President, General Counsel

統計

2.25 mean rating - 20 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2019

33.8K

2020

36.8K

2021

35.7K

2022(E)

36.3K
EPS (USD)

2019

21.210

2020

23.650

2021

25.630

2022(E)

24.736
株価売上高倍率(過去12カ月)
13.21
株価売上高倍率(過去12カ月)
2.10
株価純資産倍率(四半期)
5.38
株価キャッシュフロー倍率
10.56
総負債/総資本(四半期)
94.12
長期負債/資本(四半期)
94.02
投資利益率(過去12カ月)
17.07
自己資本利益率(過去12カ月)
13.50

最新ニュース

最新ニュース

欧州宇宙当局、スペースXのロケット利用検討 「ソユーズ」代替で

欧州宇宙機関(ESA)は、米実業家イーロン・マスク氏が率いるスペースX社との間で暫定的な協議を始めた。ロシアのウクライナ侵攻の影響で西側諸国がロシアのロケット「ソユーズ」を利用できなくなっており、協議はESAによるスペースXの打ち上げ用ロケットの一時的な使用につながる可能性がある。

焦点:ロシア離脱のISS、米が密かに対策 ウクライナ侵攻前から

米航空宇宙局(NASA)と米ホワイトハウスが昨年終盤から密かに国際宇宙ステーション(ISS)の緊急時対応計画を練っていたことが分かった。事情を知る関係者9人が明らかにした。ロシアのウクライナ侵攻前に対ロシア関係が悪化し始めていたことを踏まえた動き。

NY市場サマリー(2日)ドル/円急伸、株式続落

<為替> ドル/円が急伸。米利上げが当面継続する可能性を示唆する連邦準備理事会(FRB)当局者の発言を受けた動き。

UPDATE 2-米国株式市場=続落、ペロシ氏訪台で地政学的緊張高まる

(個別銘柄や出来高を追加しました) [2日 ロイター] - 米国株式市場は不安定な地合いの中、続落 して取引を終了した。ペロシ米下院議長の台湾訪問を受け、地政学的な 緊張が高まった。 2日夜に台湾に到着したペロシ氏は声明で、台湾に対する米国のコ ミットメントがこれまで以上に重要だと強調。一方、中国は台湾海峡の 平和と安定を著しく損なうと非難した。 大型株のマイクロソフトが1.1%、ビザも2.4 %、それぞれ下落し、S&P総合500種を圧迫。S&P500の主要 11セクターは全て下落し、不動産や金融の下げが目 立った。 中国へのエクスポージャー...

米レイセオンの極超音速弾、今月の実験成功=国防総省

米国防総省は18日、米防衛大手レイセオン・テクノロジーズの「極超音速吸気式兵器コンセプト」(HAWC)のミサイル発射実験が今月成功したと発表した。同極超音速ミサイルの開発ではレイセオンと米ロッキード・マーチンが最終的な契約獲得を目指して競っている。昨年9月以降の米国として4度の発射実験ではレイセオンは今回を含め、2度とも成功した。

米国防総省、防衛機器8社と13日会合 ウクライナ武器供給巡り

米国防総省は13日に米防衛機器製造大手8社の首脳を招き、ロシアの侵攻が数年に及んだ場合に備え、ウクライナ向け武器供給に対応する業界の能力について協議すると、関係筋2人が12日明らかにした。

焦点:米政権、ウクライナ危機で国防費に膨張圧力

ホワイトハウスと議会を握った以上、2000年から140%も膨張した国防費を抑制し、不遇だった社会福祉関連の支出を増やす機会が訪れた――。米民主党内ではこうした意見が多数派だった。ところが、ウクライナにロシアの戦車がなだれ込み、米国防費を大幅に拡大させる圧力になりつつある。しかも、それは単年度に限った話ではない。

米国株式市場=ダウ201ドル安、FRB議長のタカ派発言嫌気

米国株式市場は下落。ダウ工業株30種は201ドル値下がりして取引を終えた。ウクライナ情勢を巡って不透明感が根強い中、米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長が従来の予想よりも積極的な金融引き締めを示唆したことが嫌気された。

米国株式市場=大幅安、ウクライナ危機巡る不安で

米国株式市場は大幅に下落して取引を終えた。ウクライナ危機を巡る不安が高まり、前日に続き金融株の売りが目立った。

NY市場サマリー(1日)株式大幅安、ドルに安全買い

<為替> ロシアによるウクライナに対する攻撃が激化しする中、ユーロが対ドルで2020年6月以来の安値を付けたほか、ロシアルーブルが不安定な取引の中で下落した。

米国株式市場=S&P反落、西側の対ロシア制裁強化で

米国株式市場は、先行き不透明感を背景に不安定な展開となる中、S&P総合500種が反落して取引を終えた。ウクライナ侵攻を続けるロシアへの西側の強力な制裁を受け、銀行株が下落した。

NY市場サマリー(28日)ダウ・S&P500下落、ルーブル急落

<為替> ロシアの通貨ルーブルが急落。ユーロ/ドルも弱含んだものの、終盤にかけて下げ幅を縮小した。西側諸国が対ロシア制裁を強化する中、高リスクへの投資を手じまう動きが強まっている。

米大統領、議会に7700億ドル超の国防予算要請へ=関係筋

バイデン米大統領は、2023年度(22年10月─23年9月)の国防予算として7700億ドルを超える資金を議会に要請する見通しで、トランプ前大統領が求めた過去最大の予算を上回るとみられる。予算協議に詳しい関係筋が明らかにした。

NASA、商業宇宙ステーション開発で3社選定 ベゾス氏企業など

米航空宇宙局(NASA)は2日、民間が運営する商業宇宙ステーションの開発企業に、ジェフ・ベゾス氏のブルー・オリジン、防衛・宇宙大手ノースロップ・グラマン、新興ナノラックスの3社を選定した。契約規模は4億1560万ドルに上る。

米、超音速兵器を迎撃へ システム開発にノースロップら3社選定

米国防総省は19日、超音速兵器を迎撃するミサイルシステムの研究開発に向け、ノースロップ・グラマン、ロッキード・マーチン、レイセオンを選定したと発表した。

米国防総省、極超音速滑空体ブースターロケット実験に成功=海軍

米海軍は、極超音速(ハイパーソニック)滑空体に動力を供給するブースターロケットの実験に成功したと発表した。実験は国防総省がユタ州で28日に行った。

ベゾス氏、NASAに20億ドル拠出を提案 月面着陸船受注なら

米アマゾン・ドット・コム創業者ジェフ・ベゾス氏は26日、米航空宇宙局(NASA)のネルソン長官に書簡を送り、宇宙飛行士を月面に着陸させる宇宙船の製造をベゾス氏の率いる宇宙開発ベンチャーのブルーオリジンに委託すれば、NASAのコストを最大20億ドル負担すると表明した。

スイス、次期戦闘機にF35選定 米国製の迎撃ミサイルも購入へ

スイス政府は30日、次期戦闘機に米ロッキード・マーチン製ステルス戦闘機「F35Aライトニング2」を選定したと発表した。55億ドルで36機購入する計画で、F35を採用する15番目の国となる。

米政権の国防予算要求、中国抑止に向けた核兵器近代化も=関係筋

バイデン米大統領が2022年度(21年10月─22年9月)の予算教書で求めた国防総省の予算7150億ドルについて、中国抑止に向けた核兵器の近代化などに充てられるとの見方を、予算の内容に詳しい複数の関係筋が示した。

マスク氏のスペースX、NASAの有人月着陸機受注 29億ドル規模

米航空宇宙局(NASA)は16日、有人月飛行の「アルテミス計画」で、宇宙飛行士を月面に運ぶ宇宙船の建造をイーロン・マスク氏のスペースX社に委託すると発表した。29億ドル規模の契約。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up