for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ノースロップ・グラマン・コーポレーション

NOC.N

現在値

344.41USD

変化

1.20(+0.35%)

出来高

247,752

本日のレンジ

342.00

 - 

345.05

52週レンジ

223.83

 - 

383.87

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
343.21
始値
344.67
出来高
247,752
3か月平均出来高
22.94
高値
345.05
安値
342.00
52週高値
383.87
52週安値
223.83
発行済株式数
168.53
時価総額
57,842.13
予想PER
16.86
配当利回り
1.54

次のエベント

Q4 2019 Northrop Grumman Corp Earnings Release

適時開示

その他

Northrop Grumman Says In Oct Received A Civil Investigative Demand From The FTC - SEC Filing

Northrop Grumman Q3 Earnings Per Share $5.49

Northrop Grumman Sets Quarterly Dividend Of $1.32 Per Share

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ノースロップ・グラマン・コーポレーションとは

ノースロップ・グラマン(Northrop Grumman Corporation)はグローバルセキュリティ会社である。【事業内容】同社は、自律システム、サイバー、コマンド、制御、通信およびコンピュータ、知能、監視および偵察(C4ISR)、ストライキ、物流と近代化における製品、システム、ソリューションを提供する。同社のセグメントには、航空宇宙システム、ミッションシステム、技術サービスが含まれる。航空宇宙システム部門は、有人航空機、自律システム、宇宙船、高エネルギーレーザーシステム、マイクロエレクトロニクスおよびその他のシステム/サブシステムの設計・開発・統合・生産に従事している。ミッションシステム部門は、国防総省(DoD)、情報機関、国際連合、民間および民間の商用顧客向けのミッションソリューションと多機能システムを提供する。技術サービス事業は、グローバル防衛および連邦市民の顧客向けにプラットフォームおよびシステムの完全なライフサイクルをサポートする物流ソリューションを提供する。

業種

Communications Equipment

連絡先

2980 Fairview Park Dr

+1.703.2802900

http://www.northropgrumman.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Kathy J. Warden

Chairman of the Board, President, Chief Executive Officer

Kenneth L. Bedingfield

Chief Financial Officer, Corporate Vice President

Ann M. Addison

Chief Human Resource Officer, Corporate Vice President

Patrick M. Antkowiak

Corporate Vice President and Chief Strategy and Technology Officer

Michael A. Hardesty

Chief Accounting Officer, Corporate Vice President, Controller

統計

1.85 mean rating - 20 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2016

24.5K

2017

25.8K

2018

30.1K

2019(E)

34.0K
EPS (USD)

2016

12.190

2017

13.280

2018

21.330

2019(E)

20.353
株価売上高倍率(過去12カ月)
17.73
株価売上高倍率(過去12カ月)
1.74
株価純資産倍率(四半期)
5.95
株価キャッシュフロー倍率
13.43
総負債/総資本(四半期)
146.64
長期負債/資本(四半期)
142.08
投資利益率(過去12カ月)
10.65
自己資本利益率(過去12カ月)
8.42

最新ニュース

最新ニュース

NATO、早期警戒管制機の電子装備強化 ボーイングに発注

北大西洋条約機構(NATO)は27日、米ボーイング<BA.N>に対して、同社製の早期警戒管制機「AWACS」の電子装備を強化する10億ドルの契約を発注した。

米ブルー・オリジン、月着陸船開発でロッキードなど3社と提携

米アマゾン・ドット・コム<AMZN.O>のジェフ・ベゾス最高経営責任者(CEO)は22日、同氏の宇宙開発ベンチャー「ブルー・オリジン」が月着陸船の開発でロッキード・マーチン<LMT.N>など3社と契約したと明らかにした。

ダウ142ドル安、サウジ攻撃嫌気 エネルギー株は堅調

の石油施設が攻撃を受けたことで、投資家の間で地政学的リスクや世界経済の減速に対する懸念が広がり、全般的に売りが優勢となった。一方、原油価格の急騰に伴いエネルギー株は堅調となった。

米国防総省、国内レアアース生産能力を調査 安定供給に向け

米国防総省がレアアース(希土類)の安定供給確保に向け、国内のレアアース生産能力を調査している。ロイターが政府文書を入手した。

米上院、国防権限法案を公表 中国対策に主眼

米議会上院軍事委員会は23日、国防予算の大枠を定める国防権限法(NDAA)案を公表した。中国に対する米国の軍事的な優位性の回復のほか、中国の世界各国に対する影響力の拡大への対抗策など、対中問題への対策に主軸を置いたものとなっている。

スペースX、空軍の打ち上げロケット契約巡り提訴=裁判所資料

米宇宙ベンチャーのスペースXが、米空軍が打ち上げロケット選定の入札で同社以外の3社と契約締結を決めたのは不服として、裁判所にやり直し命令を求めて訴訟を起こしたことが22日に裁判所に提出された資料で明らかになった。

英国防省、日本のF35戦闘機墜落で事態注視

航空自衛隊の最新鋭ステルス戦闘機「F35A」墜落を受けて日本が同型機の飛行を一時停止したことについて、英国防省は米当局と連携しながら事態を注視しているとの見解を示した。

焦点:北朝鮮弾道ミサイルをF35で撃墜、米防衛構想の勝算

米国防総省は、北朝鮮の弾道ミサイルを発射直後に食い止める方法として、ある短期的なオプションを検討している。北朝鮮周辺の空域に最新鋭のステルス戦闘機F35を待機させ、発射されたばかりのミサイルを撃墜するという構想だ。

NY市場サマリー(17日)

こうした中、ドルはユーロ<EUR=>に対し1.1367ドルと、約2週間ぶりの高値に上昇した。

米株は続伸、米中通商問題の解決期待で工業株に買い

米国株式市場は、続伸した。米中通商問題の解決期待が高まる中、投資家心理が上向き、工業株が買われた。

18年度米兵器輸出は前年比13%増、規制緩和などで

米国務省は8日、2018会計年度(9月末まで)における外国政府への兵器輸出が前年度比13%増加し、1923億ドルとなったと明らかにした。規制緩和と、契約調印に向けた高官レベルの支援努力の結果とみられている。

18年度の米軍装備品輸出、前年度比33%増の556億ドル=当局者

2018会計年度(9月末まで)における米軍装備品の外国政府への輸出額が、前年度比33%増の556億ドルとなった。当局者が9日、ロイターに明らかにした。

米国株式はダウ最高値更新、ハイテク株が上げ主導

米国株式市場は上昇し、ダウ工業株30種<.DJI>は過去最高値で終了した。貿易問題を巡る懸念が和らぎ、買いが優勢となった。ハイテク株がナスダックとS&P総合500種の上げを主導。S&P総合500種は終値ベースで最高値を付けた。マイクロソフト<MSFT.O>は1.7%、アップル<AAPL.O>は0.8%それぞれ上昇した。

米大統領、NATO加盟国の米国からの武器購入を支援する方針

トランプ米大統領は12日、北大西洋条約機構(NATO)加盟国が米国から武器を購入する場合に支援する用意があることを明らかにした。

米ノースロップが参画を模索、空自のF2後継機=関係者

米防衛大手ノースロップ・グラマン<NOC.N>が、約30年ぶりに戦闘機開発への復帰を目指している。米空軍の主力機選定でロッキード・マーチン<LMT.N>に敗れて以降は戦闘機製造から遠ざかっていたが、航空自衛隊の「F2」後継機開発への参画を模索している。

米政権、英航空ショーに高官級使節団派遣 輸出拡大へ=関係筋

米ホワイトハウスは米国の航空機・武器輸出拡大を目指して「バイ・アメリカン」政策を推し進めるため、今月16─22日に英国で開かれるファーンボロ・エアショーに高官級使節団を派遣する。業界関係筋が明らかにした。

米上院が国防権限法案可決、ZTE巡り米政権と対立する可能性

米連邦議会上院は18日、2019会計年度の国防権限法(NDAA)案を賛成85、反対10で可決した。総額7160億ドル規模で、トランプ大統領が求める軍の強化を後押しする。ただ中国通信機器大手の中興通訊(ZTE)の扱いを巡り、ホワイトハウスの考えとは異なる内容も含まれている。

米国株式市場は小幅高、米中貿易摩擦巡る懸念が後退

米国株式市場は不安定な値動きとなる中、小幅高で終了。ディフェンシブ銘柄が軟調となったものの、米政府の制裁措置によって主力事業が停止に追い込まれている中国通信機器大手の中興通訊(ZTE)<0763.HK><000063.SZ>について、トランプ米大統領が制裁緩和を示唆したことを受け、米中貿易摩擦を巡る懸念が和らいだ。

米、同盟国への武器輸出拡大へ 軍用ドローン輸出規制も緩和

米トランプ政権は19日、同盟国への米国製武器の輸出拡大に向けた新方針を発表した。米防衛産業を支え、国内の雇用創出につなげたい考え。

焦点:「バイ・アメリカン」の内側、武器輸出増狙うトランプ氏

トランプ米大統領は1月、クウェートのサバハ首長との電話会談で、100億ドル(約1兆円)規模に上る戦闘機の購入契約を進めるよう圧力をかけた。同契約は1年以上、頓挫していた。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up