for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Nokia Oyj

NOKIA.HE

現在値

3.25EUR

変化

-0.05(-1.55%)

出来高

8,535,170

本日のレンジ

3.22

 - 

3.30

52週レンジ

2.08

 - 

4.84

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
3.30
始値
3.30
出来高
8,535,170
3か月平均出来高
382.84
高値
3.30
安値
3.22
52週高値
4.84
52週安値
2.08
発行済株式数
5,610.43
時価総額
19,118.62
予想PER
15.32
配当利回り
--

次のエベント

Q3 2020 Nokia Oyj Earnings Release

適時開示

その他

Nokia Oyj - Former WRC-19 Ambassador Grace Koh Joins Nokia North America

Nokia To Deploy Its Airscale 4G Base Stations In Azerbaijan

Nokia To Provide Solution For High-speed Internet Services In Nigeria

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Nokia Oyjとは

ノキア(Nokia Corporation)はモバイル・ブロードバンド、技術開発と免許取得を中心とするネットワーク・インフラストラクチャと関連サービスのグローバルなプロバイダーである。【事業内容】同社の事業はノキア・ネットワークスとノキア・テクノロジーズを含む。同社は4つの事業区分により構成される。ブロードバンド事業はラジオとコア・ビジネス・ラインを通じてモバイル音声向けのネットワーク・ソリューションとデータ・サービスを含むモバイル・オペレーターを提供する。グローバル・サービス事業はネットワークを構築・維持するサービスを有するモバイル・オペレーターを提供する。ノキア・ネットワーク等の事業はネット・セールスと販売関連コスト、ノンコア事業の営業費用を含む。ノキア・テクノロジーズ事業は技術開発・免許取得に従事する。ラジオ・ビジネスは第2(2G)と第5世代(5G)技術を含む。コア・ビジネスは移動交換ポートフォリオ及び音声・パケットコアソリューションを含む。

業種

Communications Equipment

連絡先

Karakaari 7

02610

Finland

+358.7.18008000

https://www.nokia.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Pekka Ilmari Lundmark

President, Chief Executive Officer

Sari Maritta Baldauf

Independent Non-Executive Vice Chairman of the Board

Marco Wiren

Chief Financial Officer, Member of the Group Leadership Team

Raghav Sahgal

President, Nokia Enterprise

Stephanie Werner

Chief Human Resource Officer, Member of the Group Leadership Team

統計

2.14 mean rating - 29 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, EUR)

2017

23.1K

2018

22.6K

2019

23.3K

2020(E)

22.6K
EPS (EUR)

2017

0.330

2018

0.230

2019

0.220

2020(E)

0.247
株価売上高倍率(過去12カ月)
30.39
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.85
株価純資産倍率(四半期)
1.24
株価キャッシュフロー倍率
9.33
総負債/総資本(四半期)
45.23
長期負債/資本(四半期)
38.78
投資利益率(過去12カ月)
2.34
自己資本利益率(過去12カ月)
1.62

最新ニュース

最新ニュース

スペインのテレフォニカ、楽天とオープン5Gネットワークを共同開発へ

スペインの通信大手テレフォニカと楽天は16日、携帯電話の高速大容量規格「5G」を用いた通信システムをめぐり提携したと発表した。高価な専用機を使わず、データ・音声通信をクラウド上で制御する「仮想化」と呼ばれる技術や、人工知能(AI)を用いる。

UPDATE 1-サムスン電子、米ベライゾンから通信機器関連の受注獲得 66億ドル

韓国のサムスン電子は7日、同社の米国部門が米通信大手ベライゾン・コミュニケーションズから66億4000万ドル相当の通信機器関連の受注を獲得したと明らかにした。次世代通信規格「5G」市場での大きな前進となる。

サムスン電子、米ベライゾンから通信機器関連の受注獲得 67億ドル

韓国のサムスン電子は7日、同社の米国部門が米通信大手ベライゾン・コミュニケーションズから7兆9000億ウォン(67億ドル)相当の通信機器関連の受注を獲得したと明らかにした。

仏、5G戦略は欧州の主権に基づき決定=マクロン大統領

を含むいかなる企業も第5世代(5G)移動通信システム市場から排除しないが、欧州の主権に基づいた戦略を進めると述べた。

コラム:容易でないファーウェイ排除、5G特許が覇権の切り札

西側諸国が自国の通信インフラから中国通信機器大手の華為技術(ファーウェイ)製品をむしり取るのは容易ではない。ファーウェイは第5世代(5G)移動通信の特許を宝の山のように抱えているからだ。5Gを巡る何らかの世界統一基準が出現するとき、ファーウェイの技術は通信業者にとって必要不可欠になるかもしれないのだ。

欧州市場サマリー(31日)

イタリア国債とドイツ国債の利回り格差は3bp上昇し160.6 5bp。復興基金の合意当初は3月時点の水準にまで縮小していた。 ドイツ10年債利回りはマイナス0.5%近辺。 ロイター調査によると、世界のファンドマネジャーは7月に、株式保有を4年ぶりの 水準に引き下げ、債券保有は6月の水準を維持するよう推奨した。 第2・四半期のユーロ圏域内総生産(GDP)速報値は、統計開始以降で最大の落ち 込みを記録。一方、7月のインフレ率は予想に反して伸びが加速した。 ユーロ圏金融・債券市場: <為替> 欧州終 アジア市 コード 盤 場終盤 ユーロ/ドル...

欧州株式市場=続落、月間ベースで3月以来初のマイナス

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 STOXX欧州600 356.33 -3.19 -0.89 359.52 種 FTSEユーロファー 1385.00 -14.43 -1.03 1399.43 スト300種 ユーロSTOXX50 3174.32 -33.88 -1.06 3208.20 <.STOXX50 種 E> 欧州株式市場は続落して取引を終えた。新型コロナウイルスの危機から世界経済が回 復することに懐疑的な見方が広がる中、月間ベースでは3月以来初めて落ち込んだ。 米国株式市場ではテクノロジー大手のアマゾンやアップル...

ノキアの第2四半期は予想外の増益、コロナで売上高は減少

フィンランドの通信機器メーカー、ノキア<NOKIA.HE>が発表した第2・四半期決算は、売上高が減少したものの実質利益は予想外に増加した。最高経営責任者(CEO)交代を前に利益率の低い事業を縮小したことが背景。

コラム:「飢餓」が迫るファーウェイ、頼みの資産売却も望み薄

中国通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)は英米両国から新たな締め付けを受けており、創業者の任正非最高経営責任者(CEO)は知的財産の売却を検討している。しかし海外にはファーウェイの知財、あるいは携帯機器や通信設備事業の買い手はほとんどいない。中国政府も英米への屈服と受け取られるような売却を認めないだろう。ファーウェイは海外での資産売却が進まず、「飢餓状態」に陥りそうだ。

仏、5Gからファーウェイ事実上排除 免許更新せず=関係筋

から次世代通信規格「5G」に関連する機器を調達する場合、使用免許の更新はできないと非公式に通達したことが複数の関係筋の話で明らかになった。ファーウェイ製品の事実上の排除に当たるとみられる。

中国、EUもファーウェイ排除ならノキアとエリクソンに報復=報道

製品の第5世代(5G)移動通信システムからの排除を決定した場合、中国は欧州の通信機器大手、ノキア<NOKIA.HE>とエリクソン<ERICb.ST>に対する報復措置を検討している。米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)が関係筋の話として報じた。

エリクソン第2四半期、5G好調で予想上回る営業利益 財務目標据え置き

スウェーデンの通信機器大手エリクソン<ERICb.ST>が発表した第2・四半期決算は、営業利益(調整後)が予想を上回った。第5世代(5G)通信事業やソフトウエアの収入が寄与した。同社は2020年と2022年の財務目標を据え置いた。

エリクソン第2四半期、予想上回る営業利益 財務目標据え置き

スウェーデンの通信機器大手エリクソンが発表した第2・四半期決算は、営業利益(調整後)が予想を上回った。通信設備の販売で利益率が上昇した。

英、ファーウェイの5G製品排除へ 限定容認から一転 中国反発

の製品を第5世代(5G)移動通信システムから2027年までに完全に排除すると発表した。当初は同社の限定的な参入を容認する姿勢だったが、方針転換した。

英、5G整備からファーウェイ排除へ 限定参入容認から転換

英国のジョンソン首相は14日、中国通信機器大手の華為技術(ファーウェイ)の製品を第5世代(5G)移動通信システムから2027年までに完全に排除すると発表した。当初は同社の限定的な参入を容認する姿勢だったが、方針転換した。

テレコム・イタリア、ファーウェイを入札排除へ 5G通信網巡り

イタリアの通信大手テレコム・イタリア(TIM)<TLIT.MI>が、イタリアとブラジル両国で構築を準備している携帯電話の次世代通信規格「5G」用の機器を巡り、今月実施行う入札から中国通信機器最大手・華為技術(ファーウェイ)を排除する方針であることが10日、分かった。2人の関係者が明らかにした。

欧州市場サマリー(8日)

<ロンドン株式市場> 続落して取引を終えた。新型コロ ナウイルスの感染件数が世界で再び急増し、景気回復への期待が後退した。 FTSE350種銀行株指数と輸送株指数の値下がりが目 立った。 鉄道・バス大手ファーストグループは23.1%急落。乗客が急減したこと で3月までの通期決算は1億5300万ポンド(1億9200万ドル)の損失を出したほ か、軟調な見通しを示した。 アジア市場で広く事業展開するHSBCホールディングスは2.9%安だっ た。トランプ米大統領の一部のアドバイザーが、香港ドルの米ドル連動(ペッグ)制を弱 体化させる案を検討していたとする...

欧州株式市場=続落、HSBCとノキア売られる

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 STOXX欧州600種 366.48 -2.48 -0.67 368.96 FTSEユーロファース 1428.42 -8.68 -0.60 1437.10 ト300種 ユーロSTOXX50種 3286.09 -35.47 -1.07 3321.56 <.STOXX50E > 欧州株式市場は続落して取引を終えた。英金融大手HSBCホールディングス<HSBA. L>とフィンランドの通信機器大手ノキアが売られ、全体水準を押し下げた。 HSBCは2.9%安だった。トランプ米大統領の一部のアドバイザー...

仏通信各社の5G、ファーウェイ採用をあえて奨励はしない─当局=新聞

の通信機器採用を全面的には禁止はしないが、現在同社製品を使っていない場合は、あえて採用すべきでないとの考えを示した。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up