for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Northern Star Resources Ltd

NST.AX

現在値

10.61AUD

変化

0.03(+0.28%)

出来高

2,471,030

本日のレンジ

10.40

 - 

10.66

52週レンジ

6.60

 - 

11.59

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
10.58
始値
10.44
出来高
2,471,030
3か月平均出来高
126.62
高値
10.66
安値
10.40
52週高値
11.59
52週安値
6.60
発行済株式数
1,163.13
時価総額
12,265.36
予想PER
30.88
配当利回り
2.03

次のエベント

Half Year 2023 Northern Star Resources Ltd Earnings Release

適時開示

その他

Northern Star Resources Announces Exploration Update

Northern Star Resources Says Maintain FY23 Guidance Of 1,560-1,680 KOz Gold Sold

Northern Star Resources Announces Final Dividend Of 11.5 Au Cents Per Share

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Northern Star Resources Ltdとは

ノーザン・スター・リソーシズ(Northern Star Resources Ltd)はオーストラリアを拠点とする金鉱会社である。【事業内容】主に金鉱床の探査、開発、採掘、加工、精製金の販売に従事する。プロジェクトは、オーストラリアと北米の有望かつソブリンリスクの低い地域に所在する。カルグーリー事業、ヤンダル事業、ポゴ事業、KCGMジョイントベンチャー事業、探鉱事業の5つのセグメントを通じて事業を展開する。カルグーリー事業は、カルグーリーの北東約18kmに位置する西オーストラリア州東部金鉱区のカノーナ・ベル鉱山が含まれる。南カルグーリーの資産は、イースタン・ゴールドフィールド超地質帯に位置し、842平方キロメートルのテネメントは、クールガーディ、オラ・バンダ、カンバルダ、ブーララの各鉱区を縦断する。ヤンダル事業は、ジュンディー事業、サンダーボックス事業及びブロンズウィング金鉱が含まれる。ポゴ鉱区は、アラスカ州の南東約145kmに位置する。

業種

Gold & Silver

連絡先

The Colonnade Corporate Centre

L 1 388 Hay St

SUBIACO, WAS

6008

Australia

+61.8.61882100

https://www.nsrltd.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Michael Alfred Chaney

Non-Executive Independent Chairman of the Board

Stuart Tonkin

Chief Executive Officer, Managing Director, Executive Director

Ryan Gurner

Chief Financial Officer

Simon A. Jessop

Chief Operating Officer

Steven Mcclare

Chief Technical Officer

統計

1.73 mean rating - 15 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, AUD)

2020

2.0K

2021

2.8K

2022

3.7K

2023(E)

4.1K
EPS (AUD)

2020

0.420

2021

0.412

2022

0.234

2023(E)

0.352
株価売上高倍率(過去12カ月)
28.77
株価売上高倍率(過去12カ月)
3.28
株価純資産倍率(四半期)
1.50
株価キャッシュフロー倍率
7.96
総負債/総資本(四半期)
6.23
長期負債/資本(四半期)
4.76
投資利益率(過去12カ月)
4.13
自己資本利益率(過去12カ月)
3.84

最新ニュース

最新ニュース

アジア株式市場サマリー:中盤(24日)

午前のソウル株式市場の株価は続伸。国内外で金融引 き締めペースが減速するとの期待感に支えられた。 韓国銀行(中央銀行)はこの日、政策金利を0.25%引き上げた。利上げ幅は前回 から縮小した。同時に来年の成長率予想を2.1%から1.7%に引き下げた。 米連邦準備理事会(FRB)が1─2日に開催した連邦公開市場委員会(FOMC) の議事要旨では、大多数の参加者が利上げペースの減速が近く適切になる公算が大きいと 判断したことが示された。 主要銘柄のうち、半導体大手のサムスン電子は0.33%高、同業SK ハイニックスは1.29%高。電池メーカー...

アジア株式市場サマリー:中盤(17日)

午前のソウル株式市場の株価は続落。総合株価指数( KOSPI)は約1%下落している。半導体銘柄が下げを主導。前日の米国市場で関連株 安となった流れを引き継いだ。 未来アセット証券のアナリストは「景気減速懸念を背景とした米株安に追随した。外 国人投資家による半導体株売りが響いた」と話した。 主要銘柄のうち、半導体大手のサムスン電子は1.75%安、同業SK ハイニックスは4.15%安。 このほか、現代ロテムは一時4.70%高。サムスンC&T028260.KS> は一時2.01%上昇したものの、下げに転じた。 取引された925銘柄のうち、上昇...

アジア株式市場サマリー:中盤(28日)

午前のシドニー株式市場は反落。産金株や鉱業株が下 げを主導した。 鉱業株指数は2.9%安。鉄鉱石相場の下落が響いた。BHPグループ<BHP. AX>やリオティント、フォーテスキュー・メタルズは2.9─5.2% 安。 産金株指数は金相場の下落に追随し、2%安となった。ニュークレスト・マ イニングは1.4%安、ノーザン・スター・リソーシズは1.2%安。 IT株指数は前日の米国市場で関連株が下落した流れを引き継ぎ、約2%安 。米決済サービス大手ブロックの豪上場株は1%安、会計ソフトのゼロ は2.8%安。 半面、金融株指数は0.6%上昇している...

アジア株式市場サマリー:中盤(26日)

午前のソウル株式市場は上昇している。米連邦準備理 事会(FRB)による金融引き締めペースの減速期待で続伸した米市場につれ高となった 。 未来アセット証券のアナリストは、米株式先物の軟調が響き、上値は重いと分析した 。 主力銘柄は半導体大手のSKハイニックスが1.39%高。7─9月期 決算がインフレ高進の影響で60%減益となり、「未曽有の業績悪化」に直面していると の見解を表明したものの、株価に響かなかった。同業のサムスン電子は1. 56%高。 電池メーカーのLGエナジー・ソリューションは1.76%高。電気自 動車(EV)向け電池の堅調な...

アジア株式市場サマリー:中盤(24日)

ソウル株式市場は4営業日ぶりに反発。債券と短期金 融市場の信用収縮懸念を和らげようと韓国政府が金融支援策を打ち出したことで、投資家 に安心感が広がった。 主要銘柄のうち、半導体大手のサムスン電子は2.50%高、同業SK ハイニックスは1.88%高。電池メーカーのLGエナジー・ソリューショ ンは1.40%高。 韓国政府は23日、国営銀行による社債買い入れの上限を2倍の16兆ウォン(11 0億ドル)に引き上げると発表した。 ケープ・インベストメント・アンド・セキュリティーズのアナリストは、投資家は政 府の対策を好感したと指摘。一方、米連邦準備制度理事会...

アジア株式市場サマリー:中盤(17日)

17日午前のシドニー株式市場の株価は反落した。鉄 鉱石安や原油安を受け、鉱業株とエネルギー株が下げを主導している。世界的な景気後退 をめぐる懸念も圧迫要因。 S&P/ASX200指数は0018GMT(現地時間午前11時18分、 日本時間同9時18分)時点で、前営業日終値比1.6%安の6651.4。14日は1 .8%高で引けていた。 鉱業株指数は2.9%安。リオティント、BHPグループ 、フォーテスキュー・メタルズ・グループは2.8%安─3.2%安。 建材メーカーのアドブリは19%安。同社はミラー最高経営責任者(CEO )の辞任を発表するとともに...

アジア株式市場サマリー:中盤(14日)

14日午前のソウル株式市場の株価は前日の米株高を 受け、IT株主導で反発している。 総合株価指数(KOSPI)は0053GMT(日本時間午前9時53分) 時点で、前日終値比44.76ポイント(2.07%)高の2207.63。 注目されていた9月の米消費者物価指数(CPI)は前年同月比8.2%上昇と市場 予想を上回る伸びとなり、米株は一時下落したものの、大幅高で引けた。 サムスン証券のアナリストは「米国やソウル市場は最も警戒していたイベントを通過 した安心感から反発した」と話した。 主要銘柄のうち、半導体大手サムスン電子は1.45%高、同業...

アジア株式市場サマリー:中盤(4日)

休場明けのソウル株式相場は反発し、総合株価指数(K OSPI)は2%超上昇した。主力銘柄の半導体メーカーが上げをけん引してい る。 米半導体大手マイクロン・テクノロジーは先週、今後の見通しは厳しいとして 、投資を削減すると発表。日本のキオクシアも半導体製造向けのウエハーの投入を削減す ると決めた。 未来アセット証券のアナリストは「半導体株の買いが優勢だ。低調な半導体需要が生 産減で相殺されるとの観測が背景だ」と話した。一方で、米経済統計は高インフレに加え 、製造関連の伸び鈍化を示唆しており、マクロ経済的状況は引き続き弱いとの見方を示し...

アジア株式市場サマリー:引け(30日)

(配信時間に応じて内容を更新します。) [30日 ロイター] - 中国株式市場は国慶節(建国記念日)に伴う大型連休を前に続落して終 了した。米株安が重しとなったほか、低調な購買担当者景気指数(PMI)も地合いの悪化につながった。 香港株式市場は反発して引けた。 第3・四半期はCSI300が15.2%下落し、下げ幅は2015年以来の大きさとなった。ハンセ ン指数は21.2%安で11年以来の大幅な落ち込み。 モルガン・スタンレーはリポートで「投資家心理は回復していない。米連邦準備理事会(FRB)の利 上げに対するタカ派姿勢、新型コロナウイルス...

アジア株式市場サマリー:引け(29日)

(配信時間に応じて内容を更新します。) [29日 ロイター] - 中国、香港両株式市場は続落して終了した。前場は上昇していたが、後場に下げに転 じた。 前場の本土市場は、前日の米株回復や、中国人民銀行の口先介入を受けた人民元の反 発を支援材料に上昇した。 しかし、海外の金利上昇が人民銀の一段の金融緩和の障害になっているとの懸念 が台頭し地合いが悪化した。 エネルギー株とヘルスケア株が1.5%超上昇する一方、銀 行株と不動産株は1.2%、1.8%それぞれ下げた。 観光株や酒造株も、国慶節の連休を前に新型コロナウ イルスを巡る懸念に圧迫された...

アジア株式市場サマリー:中盤(21日)

午前のソウル株式市場の株価は反落した。投資家は米連邦 公開市場委員会(FOMC)の金融政策決定に注目している。 総合株価指数(KOSPI)は一時1.05%安と、日中ベースで7月15日以来、 約2カ月ぶりの安値を付けた。 米連邦準備理事会(FRB)はFOMCで少なくとも0.75%利上げすると見込ま れている。FOMCの結果は21日発表される。 サムスン証券のアナリストは「利上げ自体より、FRBの政策スタンスの方が重要だ 。さまざまな解釈が考えられるためで、株式市場では先行き不透明感が強い」と分析した 。 主力銘柄は、半導体大手のサムスン電子...

アジア株式市場サマリー:中盤(16日)

午前のソウル株式市場は、米国の積極利上げ観測が高まり 、3日続落している。 8月の米小売売上高がプラスに転じ、市場予想を上回ったほか、最新の米週間新規失 業保険申請件数が減少したため、米連邦準備理事会(FRB)が積極的な金融引き締めを 継続するとの見方が強まった。 シドニー株式市場は反落している。米国の経済指標が市場予想より堅調だったことか ら、米連邦準備理事会(FRB)が来週の米連邦公開市場委員会(FOMC)で大幅な利 上げを決めるとの警戒感が強まった。 金融株を除く全セクターがマイナス圏で取引されている。エネルギー株指数 は2%安。...

アジア株式市場サマリー:中盤(9日)

午前のシドニー株式市場は続伸した。商品相場高が資源株を 押し上げた。ただ、世界経済成長の減速をめぐる懸念から、投資家の間には警戒感がみら れた。 投資家は、米連邦準備理事会(FRB)によるインフレ抑制に向けた積極的な利上げ が、米国や他の主要経済国を景気後退に押しやる可能性を懸念している。 パウエルFRB議長は8日、FRBが引き続きインフレ押し下げに取り組むと述べた 。 市場参加者はFRBの利上げ軌道に関するさらなる手掛かりを求め、来週の米消費者 物価指数(CPI)統計を待っている。 シドニー市場では鉱業株指数が2.1%高と、株価全般の...

アジア株式市場サマリー:中盤(5日)

午前のソウル株式市場の株価は反発した。良好な内容だった 米雇用統計が支援材料となったが、欧州のエネルギー危機をめぐる懸念が上値を抑えた。 未来アセット証券のアナリストは、韓国の株式市場が欧州のエネルギー問題よりも、 成長や金融政策に関する米マクロ経済の大きな流れを注視しており、不透明感は極めて高 いと分析した。 主力銘柄は、半導体大手のサムスン電子が0.17%安、同業のSKハ イニックスは0.55%安。電池メーカーのLGエナジー・ソリューション< 373220.KS>は0.10%高。 海外勢は351億ウォン(約2564万ドル)相当の買い...

アジア株式市場サマリー:引け(1日)

(配信時間に応じて内容を更新します。) [1日 ロイター] - 東南アジア株式市場はまちまちで引けた。ドル高と米連邦準 備制度理事会(FRB)の利上げ懸念で東南アジア株投資意欲は落ち込んでいる。 タイ市場は1%下落。内需と輸出が減退する中、観光業に依存するタイの7月の景気 回復ペースが鈍化したことを示すデータが響いた。 中国・香港株式市場は下落。他のアジア株に連れ安した。本土の新型コロナウイルス 流行で世界経済の見通しが一段と悪化した。 上海総合指数終値は17.1581ポイント(0.54%)安の3184. 9797。上海と深センの株式市場...

アジア株式市場サマリー:中盤(12日)

午前のソウル株式市場は、ほぼ横ばい。インフレ圧力の緩 和による買い安心感はあったが、利益確定売りに押された。3連休を控え、取引は低調だ った。 総合株価指数(KOSPI)は0221GMT(日本時間午前11時21分)時点で 、前日終値比2.23ポイント(0.09%)高の2526.01。 主力銘柄は、半導体大手のサムスン電子が0.83%高、SKハイニックスが0.7 5%高。一方、電池メーカーのLGエナジー・ソリューションは2.54%安。 外国人投資家は52億ウォン(約399万ドル)相当の買い越し。 午前のシドニー株式市場は反落した。前日の米株安...

アジア株式市場サマリー:中盤(5日)

ソウル株式市場は3営業日続伸。バイオ製薬株の上昇と海外 勢の継続的な買いで、約7週間ぶりの高値を付けた。 KOSPI<.KS11は一時6月16日以来の高値水準まで上昇した。週間ではこれまで のところ0.8%高で、3週連続の上昇となる方向。  未来アセット証券のアナリストは、堅調な企業決算や市場予想より良好だった米貿易 収支を背景に、海外資金の流入が強まったと分析した。  投資家は、この日発表される米雇用統計に注目している。  主力銘柄は、半導体大手のサムスン電子<005930.Kが0.16%高、同業のSKハイニ ックスが0.51%高。電池...

アジア株式市場サマリー:引け(29日)

(配信時間に応じて内容を更新します。) [29日 ロイター] - 東南アジア株式市場は大半が下落して引けた。 香港株はテクノロジー株を中心に売られ、大幅続落となった。月間で約1年ぶりの下げ幅を記録した。 ハイテク企業への締め付けに対する投資家の懸念が再燃した。中国株も下落した。 中国株式市場は、上海と深セン市場に上場する有力企業300銘柄で構成するCSI300指数<.CSI3 00>が55.571ポイント(1.32%)安の4170.102で終了した。月間では7%安と3月以来 の下げ幅となった。 上海総合指数終値は29.3376ポイント(...

アジア株式市場サマリー:中盤(22日)

22日午前のソウル株式市場の株価は半導体株の軟調に圧 迫され、3営業日ぶりに反落した。ただ、週間ベースでは約半年ぶりの大幅高となる見込 み。 総合株価指数(KOSPI)は0114GMT(現地、日本時間午前10時 14分)時点で、前日終値比12.45ポイント(0.52%)安の2396.71。 週間ではこれまでのところ3%上昇しており、2月初旬以来の上昇率となる見通し。 写真・動画共有アプリ「スナップチャット」を運営する米スナップは21日 、さえない四半期決算を発表し、不透明な先行きに警告を発した。 未来アセット証券のアナリストは、これが来週公表...

アジア株式市場サマリー:引け(15日)

(配信時間に応じて内容を更新します。) [15日 ロイター] - 東南アジア株式市場は大半が下落。 中国、香港株式市場はともに下落。中国の弱い国内総生産(GDP)統計が地合いを 圧迫した。 週間ではCSI300指数が4.1%安と4月22日までの週以来、最大の下落。ハ ンセン指数は2020年3月以来、最大となる6.6%の下げとなった。 中国では住宅開発プロジェクトで物件の引き渡しができず、購入者がローンの支払い を拒否する事態が発生。銀行住宅融資の不良債権化が懸念されている。 本土市場では不動産開発株が5%下落、銀行株は2.4% 下落した...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up