for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Novavax, Inc.

NVAX.O

現在値

39.37USD

変化

-3.51(-8.19%)

出来高

5,805,433

本日のレンジ

39.26

 - 

42.65

52週レンジ

34.88

 - 

277.80

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
42.88
始値
42.10
出来高
5,805,433
3か月平均出来高
155.92
高値
42.65
安値
39.26
52週高値
277.80
52週安値
34.88
発行済株式数
78.22
時価総額
3,353.86
予想PER
1.57
配当利回り
--

次のエベント

Novavax Inc at SVB Securities Vaccine Forum (Virtual)

適時開示

その他

Novavax submits application to The U.S. FDA for Emergency Use Authorization for Novavax Covid-19 Vaccine, adjuvanted as a booster in adults aged 18 and older

Novavax, Serum Institute Of India Receive Expanded EUA For Novavax’ Covid-19 Vaccine In Thailand

Novavax Announces Initiation Of Phase 2B/3 Hummingbird Global Clinical Trial For The Novavax COVID-19 Vaccine In Children Aged Six Months Through 11 Years

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Novavax, Inc.とは

ノババックス(Novavax Inc)は、完全所有子会社であるNovavax ABおよびNovavax CZとともに、バイオテクノロジー会社である。【事業内容】重篤な感染症を予防するためのワクチンの発見、開発、商品化を通じて、世界の健康増進を推進する。その組換え技術プラットフォームは、遺伝子工学の力と速度を利用して、緊急の世界的な健康ニーズに対応するように設計された免疫原性ナノ粒子を生成する。短期パイプラインのワクチン候補には、コロナウイルスワクチン候補「NVX-CoV2373」と季節性4価インフルエンザワクチン候補「NanoFlu」の両方を含む。これらは、疾患の病因に重要な組換えタンパク質の遺伝子操作された3次元ナノ構造である。「NVX-CoV2373」は、「Covovax」のブランド名で、または「Nuvaxovid COVID-19 Vaccine」(SARS-CoV-2 rS [組換え、アジュバント添加])として販売される。

業種

Biotechnology & Drugs

連絡先

21 Firstfield Road

GAITHERSBURG, MD

20878

United States

+1.240.2682000

https://www.novavax.com/

エグゼクティブリーダーシップ

James Francis Young

Independent Chairman of the Board

Stanley C. Erck

President, Chief Executive Officer, Director

James Patrick Kelly

Chief Financial Officer, Executive Vice President, Treasurer

Gregory M. Glenn

President - Research and Development

Rick Crowley

Chief Operations Officer, Executive Vice President

統計

2.38 mean rating - 8 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2019

0.0K

2020

0.5K

2021

1.1K

2022(E)

2.3K
EPS (USD)

2019

-5.510

2020

-7.270

2021

-23.440

2022(E)

2.944
株価売上高倍率(過去12カ月)
--
株価売上高倍率(過去12カ月)
2.60
株価純資産倍率(四半期)
--
株価キャッシュフロー倍率
--
総負債/総資本(四半期)
--
長期負債/資本(四半期)
--
投資利益率(過去12カ月)
-188.62
自己資本利益率(過去12カ月)
-54.94

最新ニュース

最新ニュース

米ノババックス、FDAにコロナワクチンの追加接種承認申請

米バイオ医薬品会社ノババックスは15日、メーカーを問わず新型コロナウイルスワクチンの接種を済ませている人に同社ワクチンを追加接種する承認を米食品医薬品局(FDA)に申請したと発表した。

UPDATE 1-NY市場サマリー(8日)ナスダック下落、ドル小幅高

(株式の内容を追加しました) [9日 ロイター] - <為替> ドルが小幅高。7月の米消費者物価指数(CPI)の発表を10日に控え リスク選好度が低下する中、ドルの安全通貨としての投資妙味が増し、序盤の下げから切 り返した。 終盤の取引で、主要通貨に対するドル指数は0.047%高の106.38 ロイターのエコノミスト調査によると、7月のCPIは前年比8.7%上昇すること が予想されている。6月は9.1%上昇していた。 オアンダのシニアマーケットアナリスト、エドワード・モヤ氏は、CPIが予想を上 回る伸びとなれば、「ドルが対ユーロで再びパリティ...

UPDATE 2-米国株式市場=ナスダック下落、マイクロンの見通し受け半導体株に売り

(内容を追加しました) [ニューヨーク 9日 ロイター] - 米国株式市場はナスダック 総合が下落して取引を終えた。米半導体大手マイクロン・テク ノロジーが発表した軟調な業績見通しを受け、半導体株やハイテ ク株が売られた。 市場では10日の消費者物価指数(CPI)発表が待たれている。 強い内容となれば先週発表された雇用統計が堅調だったこともあり、連 邦準備理事会(FRB)が近く引き締め姿勢を軟化させる見込みはなく 、6月半ばの安値からの株価上昇はストップする可能性がある。 9日発表されたデータでは第2・四半期単位労働コストの伸びが1 0...

米ノババックス、通年見通し大幅下方修正 コロナワクチン需要低迷

[8日 ロイター] - 米バイオ医薬品会社ノババックスは8日、自社で開発した新型コロナウイルスワクチンの需要低迷を受け、通年の売上高見通しを大幅に下方修正した。世界的にワクチンの供給過剰感が強まる中、米国では年内に新規売り上げは見込めないとした。

米ノババックス、通年見通し大幅下方修正 コロナワクチン需要低迷

[8日 ロイター] - 米バイオ医薬品会社ノババックスは8日、自社で開発した新型コロナウイルスワクチンの需要低迷を受け、通年の売上高見通しを大幅に下方修正した。

欧州医薬品庁、ノババックスにワクチン副反応の警告表示を勧告

[ロンドン 3日 ロイター] - 欧州連合(EU)の欧州医薬品庁(EMA)は3日、バイオ医薬品会社・ノババックスの新型コロナウイルスワクチンについて、副反応として心筋炎と心膜炎が起きる可能性に関し警告を表示するよう勧告したと明らかにした。

仏バルネバのコロナワクチン、EUが発注ほぼ全量取り消し

欧州連合(EU)欧州委員会は20日、フランスのバイオ薬品会社バルネバに発注していた新型コロナウイルスワクチン6000万回分について、購入するのはごく一部になると発表した。

ノババックス製コロナワクチン、18歳以上への使用推奨=米CDC

米疾病対策センター(CDC)は19日、バイオ医薬品会社ノババックス製の新型コロナウイルスワクチンについて、18歳以上への使用の推奨すると発表した。

ノババックス製コロナワクチン、18歳以上への使用推奨=米CDC諮問委

米疾病対策センター(CDC)の「予防接種の実施に関する諮問委員会(ACIP)」は19日、バイオ医薬品会社ノババックス製の新型コロナウイルスワクチンについて、18歳以上への使用の推奨を全会一致で決定した。

欧州医薬品庁、ノババックス製ワクチンで重度アレルギーを警告表示

欧州連合(EU)の欧州医薬品庁(EMA)は14日、バイオ医薬品会社ノババックスの新型コロナウイルスワクチンに関する安全性の警告表示で、副反応として重度のアレルギー症状が起きる可能性を追加した。

米、ノババックス製コロナワクチンの成人向け使用を承認 4種類目

[13日 ロイター] - 米国食品医薬品局(FDA)は13日、バイオ医薬品ノババックス製の新型コロナウイルスワクチンの18歳以上の成人向け使用を承認した。

米ノババックス、オミクロン派生型対応ワクチンは第4四半期に

米バイオ医薬品会社ノババックスは1日、新型コロナウイルスワクチンのオミクロン変異株の派生型「BA.4」と「BA.5」に対応するワクチンの開発を加速しており、第4・四半期に提供できるとの見通しを示した。

ビオンテック、多様なコロナウイルス対応ワクチンの治験開始へ

新型コロナウイルスワクチンで米ファイザーと提携している独ビオンテックは29日、さまざまな種類のコロナウイルスに対応できる次世代ワクチンの臨床試験(治験)を今年下半期に開始すると発表した。

米FDA諮問委、ワクチンの見直し勧告 オミクロン株に対応へ

米食品医薬品局(FDA)の諮問委員会は28日、今秋に行う新型コロナウイルスワクチンのブースター接種(追加接種)を巡り、オミクロン変異株に対応させるよう勧告した。

米FDA、ノババックス製コロナワクチンの心筋炎リスクを懸念

米食品医薬品局(FDA)は3日公表した文書で、ノババックスの新型コロナウイルスワクチンについて、接種した人が心筋炎を発症するリスクがあると懸念を示した。

再送-コロナワクチン各社、縮小する追加接種市場でさらに競争激化へ

これまでできるだけ多くの新型コロナウイルスワクチンをできるだけ早く供給しようとしてきたメーカー各社がペースを落とし、市場規模がより小さく競争のより厳しい追加接種市場向けの戦略を練るようになっている。

米ノババックス製ワクチンの承認、安定供給や多様性確保につながる=官房長官

松野博一官房長官は19日の閣議後会見で、米ノババックスが開発した新型コロナワクチンが薬事承認されたことについて、ワクチンの安定供給や多様性を確保できることは望ましいとの認識を示した。

BRIEF-松野官房長官:供給の安定性確保につながる=米ノババックス製ワクチンの承認で

松野博一官房長官は19日の閣議後会見で以下のように述べた。 * 松野官房長官:ワクチン供給の安定性確保につながる=米ノババックス製ワクチンの承認で * 松野官房長官:19日開催のウクライナ支援の同盟国オンライン会合、岸田首相が参加予定 *この記事の詳細はこの後送信します。新しい記事は見出しに「UPDATE」と表示します。

EUでの新型コロナワクチン接種者減、流行懸念薄れ

欧州疾病予防管理センター(ECDC)のデータによると、欧州連合(EU)で2月27日までの1週間に新型コロナウイルスワクチンの接種を受けた人は400万人未満となり、2021年1月以降で最低となった。新型コロナのパンデミック(世界的大流行)に対する懸念が薄れ、各国政府が制限を緩和し、国民の関心がウクライナ危機に移ったことが背景にある。

仏サノフィ・英GSK、コロナワクチン承認申請へ

仏製薬サノフィと英グラクソ・スミスクライン(GSK)は23日、共同開発する新型コロナウイルスワクチンについて、近く規制当局に承認申請すると発表した。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up