for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

エヌビディア・コーポレーション

NVDA.O

現在値

462.56USD

変化

4.84(+1.06%)

出来高

9,160,904

本日のレンジ

457.62

 - 

468.19

52週レンジ

147.39

 - 

468.87

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
457.72
始値
461.20
出来高
9,160,904
3か月平均出来高
244.13
高値
468.19
安値
457.62
52週高値
468.87
52週安値
147.39
発行済株式数
615.00
時価総額
281,497.80
予想PER
56.22
配当利回り
0.14

次のエベント

Q2 2021 NVIDIA Corp Earnings Call

適時開示

その他

Nvidia Sets Quarterly Cash Dividend Of $0.16/Share

Nvidia Sees FY2021 GAAP Operating Expenses $5,700 Million

Nvidia Corp Says Announce Plan To Acquire Cumulus Networks

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

エヌビディア・コーポレーションとは

エヌビディア(Nvidia Corporation)はパーソナル・コンピューター(PC)グラフィックス、グラフィックス処理ユニット(GPU)及び人工知能(AI)を中心とする会社である。【事業内容】同社はGPUとTegraプロセッサーという2つの事業区分により構成される。同社のGPU製品ブランドはゲーマー向けのGeForce、デザイナー向けのQuadro、AIデータ科学者とビッグ・データ研究者向けのテスラとDGX、ビジュアル・コンピューティング・ユーザーむけのGRIDを含む。Tegraブランドはコンピュータ全体をシングル・チップに統合し、GPUとマルチコア中央処理装置(CPU)を搭載して、モバイル・ゲームとエンターテイメント・デバイス、自律型ロボット、ドローン、車のスーパーコンピューティングを推進する。同社のプロセッサはゲーム、プロフェッショナル・ビジュアライゼーション、データセンター、自動車という4つの市場に対応するプラットフォームを開発する。同社の製品はNVIDIA DGX AIスーパーコンピュータ、NVIDIA DRIVE AIカー・コンピューティング・プラットフォーム、GeForce NOWクラウド・ゲーム・サービスを含む。

業種

Computer Hardware

連絡先

2788 San Tomas Expy

SANTA CLARA, CA

95051-0952

United States

+1.408.4862000

https://www.nvidia.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Jen-Hsun Huang

President, Chief Executive Officer, Co-Founder, Director

Colette M. Kress

Chief Financial Officer, Executive Vice President

Ajay K. Puri

Executive Vice President - Worldwide Field Operations

Debora C. Shoquist

Executive Vice President - Operations

Timothy S. Teter

Senior Vice President, General Counsel, Secretary

統計

2.05 mean rating - 41 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2018

9.7K

2019

11.7K

2020

10.9K

2021(E)

14.7K
EPS (USD)

2018

4.820

2019

6.640

2020

5.790

2021(E)

8.144
株価売上高倍率(過去12カ月)
85.45
株価売上高倍率(過去12カ月)
23.90
株価純資産倍率(四半期)
21.49
株価キャッシュフロー倍率
75.75
総負債/総資本(四半期)
53.13
長期負債/資本(四半期)
53.13
投資利益率(過去12カ月)
19.42
自己資本利益率(過去12カ月)
17.81

最新ニュース

最新ニュース

サムスン電子、ソフトバンクG傘下アームに関心との報道否定

韓国のサムスン電子<005930.KS>は4日、同社がソフトバンクグループ<9984.T>傘下の英半導体企業アーム・ホールディングスの少数株式取得を検討しているとの報道を否定した。

コラム:ソフトバンクG、英アーム売却に立ちはだかるハードル

ソフトバンクグループ<9984.T>の孫正義会長兼社長が2016年に英半導体設計アーム・ホールディングスを320億ドルで買収したのは、アームの価値に比べて高過ぎる買い物だった。

米インテル、7ナノ技術開発が6カ月遅延 外部生産委託拡大も

米半導体大手インテル<INTC.O>は23日、回路線幅7ナノ(ナノは10億分の1)メートルの半導体技術の開発が予定より6カ月遅れていると明らかにし、外部への生産委託拡大を検討する方針を示した。これを受け、取引終了後の時間外取引で株価は9%下落した。

米インテル、7ナノ技術開発が6カ月遅延 株価9%安

米半導体大手インテルは23日、回路線幅7ナノ(ナノは10億分の1)メートルの半導体技術の開発が予定より6カ月遅延していると明らかにした。これを受け、取引終了後の時間外取引でインテル株は9%下落した。

ソフトバンクG傘下のアーム、エヌビディアが買収に関心=BBG

ソフトバンクグループ<9984.T>傘下の英半導体企業アーム・ホールディングスについて、米半導体大手エヌビディア<NVDA.O>が買収に関心を示していると、ブルームバーグが22日、関係筋の話として報じた。

ソフトバンクG傘下のアーム、エヌビディアが買収に関心=BBG

ソフトバンクグループ傘下の英半導体企業アーム・ホールディングスについて、米半導体大手エヌビディアが買収に関心を示していると、ブルームバーグが22日、関係筋の話として報じた。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、5日線が下値サポート

<15:52> 日経平均・日足は「小陰線」、5日線が下値サポート 日経平均・日足は上下にヒゲを伴う「小陰線」。投資家心理は気迷い。5日移動平均線(2万2526 円10銭=14日)が下値支持線として機能した半面、2万2700円台を上抜けていくほど上昇の勢いは みられない。一方、騰落レシオ(東証1部、25日平均)は72%台と売られ過ぎ圏に近づいている。好材 料が出た際はアップサイドリスクも意識されそうだ。 <15:44> 新興株市場は軟調、マザーズ指数は3日ぶり反落 利益確定売り  新興株市場で、日経ジャスダック平均は反落、東証マザーズ指数...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は軟調、マザーズ指数は3日ぶり反落 利益確定売り

<15:44> 新興株市場は軟調、マザーズ指数は3日ぶり反落 利益確定売り  新興株市場で、日経ジャスダック平均は反落、東証マザーズ指数は3日ぶり反落した。市場からは「米 国株市場でハイテク中心のナスダック総合が下落し、東証1部でも東京エレクトロンやソニー、TDKなど が安かった。きょうの日本株はグロース株からバリュー株に資金が向かいやすい地合いで、個人投資家も成 長株が多いIT系の新興株を買いづらかった。その中で利益確定売りが出たようだ」(国内証券)との声が 聞かれた。 マザーズ指数は1.57%安。高値圏に上昇していたBASE 、フリー...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は後場軟調、南シナ海巡る米中対立に関心

<13:06> 日経平均は後場軟調、南シナ海巡る米中対立に関心  日経平均は後場軟調。前引けの水準からやや下げ幅を拡大し、2万2500円台前半に下落した場面が あった。「ランチタイム中に特段の材料は出ていないが、香港ハンセン指数や上海総合指数の軟調推移をみ て短期筋が日経先物を売ったようだ」(国内証券)との声が出ていた。 市場では、南シナ海を巡る米中対立に関心を寄せる向きもいた。中国は南シナ海で、ブルネイ、マレー シア、フィリピン、台湾、ベトナムと領有権を争っている。米国のポンペオ国務長官は13日、南シナ海の 海底資源を巡る中国の権利主張...

再送-〔マーケットアイ〕株式:前場の日経平均は反落、191円安 利益確定売り強まる

(見出しを更新して再送します) [東京 14日 ロイター] - <11:45> 前場の日経平均は反落、191円安 利益確定売り強まる 前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比191円47銭安の2万2593円2 7銭となり、反落した。オーバーナイトの米国株式市場が軟化したほか、前日の日経平均 が大幅高となった反動もあり、利益確定売りに押される展開となった。ただ、下げは限定 的で、前場の上下の値幅はおよそ83円となった。 13日の米国株式市場は、S&P総合500種とナスダック総合が下落。直近の米国 株の上昇をけん引してきたアマゾン・ドット・コム...

米テスラ株が反落、連日の大幅上昇にストップ

米電気自動車(EV)大手テスラ<TSLA.O>の株価が13日、3.1%安で終了し、過去2週間の40%を超える上昇が止まった。

今日の株式見通し=弱含み、米国株式の軟化を受け利益確定が先行

きょうの東京株式市場で日経平均株価は、弱含みが想定されている。前日の米国株式市場が軟化したほか、急な戻りによる利益確定売りが出そうなことから、売りが先行する展開になりそうだ。為替相場が円高に振れていることも気にされている。ただ、押し目買いのニーズも強いとみられ、大きな崩れもなさそうだ。

NY市場サマリー(13日)ドルほぼ横ばい、S&Pとナスダック下落

<為替> ニューヨーク外為市場ではドルがほぼ横ばい。市場は間もなく始まる米企 業の決算発表、週内の小売指標などに注目している。 主要6通貨に対するドル指数は序盤の下げを取り戻し、終盤は0.07%安の 96.538。 ドルは先週まで3週連続下落。新型コロナウイルスの最悪期は過ぎたとの見方から、 投資家はリスク通貨に向かっている。 ただこの日は、カリフォルニア州のニューソム知事が州内の感染拡大に歯止めがかか らないこと受け、全州のバーやレストランの屋内営業停止のほか、感染拡大が深刻な地域 での教会、ジム、美容院などの閉鎖を再び指示した。 この...

S&Pとナスダック下落、ハイテク大手の下げ重し

米国株式市場はS&P総合500種とナスダック総合が下落して取引を終えた。アマゾンやマイクロソフトなど直近の米国株の上昇をけん引してきた大型株が値下がりした。ただ、日中にはS&P500が2月25日以来の高値を付ける場面があった。

米半導体業界へ228億ドル支援の法案、超党派議員ら提出

超党派の米議員グループは10日、半導体セクターに228億ドル超の支援を提供する法案を提出した。戦略的技術分野で中国との競争が激化する中、米国内で半導体工場の建設を促すのが狙い。

NY市場サマリー(22日)株式は高安まちまち、ドルに安全買い

中国政府は、香港に国家安全法の制定を義務付ける新たな法案を全国人民代表大会(全人代、国会に相当)に提出。これについてポンペオ米国務長官は「横暴かつ破滅的」で、香港の自治の「終えんの前兆」と非難した。前日にはトランプ米大統領が、中国が香港に国家安全法を導入すれば米国は「極めて強硬に対応する」と警告していた。

米株は高安まちまち、米中間の緊張見極め

米国株式市場は、主要株価指数が高安まちまちで取引を終了した。米中間の緊張を見極めたいとのムードが広がったほか、新型コロナウイルス流行からの経済回復ペースを巡る不透明感も続いた。

エヌビディア、今期売上高見通しが予想上回る データセンター用好調

米半導体大手エヌビディア<NVDA.O>が21日発表した第2・四半期(5─7月)の売上高見通しは、アナリスト予想を上回った。新型コロナウイルス流行で在宅業務が増加していることなどを背景に、データセンターで使用される半導体チップの需要が急増した。

米エヌビディア、第2四半期売上高見通しが市場予想上回る

米半導体大手エヌビディアが21日発表した第2・四半期の売上高見通しはアナリスト予想を上回った。新型コロナウイルス流行で在宅業務が増加していることなどを背景にデータセンターで使用される半導体チップの需要が急増した。

ホットストック:半導体関連が軟調、インテルのさえない業績見通しを嫌気

半導体関連が軟調に推移している。東京エレクトロン、信越化学工業は一時2%超、アドバンテストは一時3%超それぞれ下落した。米半導体大手インテルがさえない業績見通しを発表し時間外取引で下落したことなどが嫌気されている。SCREENホールディングス、SUMCO、ルネサスエレクトロニクスなども売られている。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up