for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

エヌビディア

NVDA.O

現在値

576.00USD

変化

3.32(+0.58%)

出来高

4,879,272

本日のレンジ

567.00

 - 

576.32

52週レンジ

257.00

 - 

614.90

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
572.68
始値
568.56
出来高
4,879,272
3か月平均出来高
164.29
高値
576.32
安値
567.00
52週高値
614.90
52週安値
257.00
発行済株式数
620.00
時価総額
357,120.00
予想PER
42.79
配当利回り
0.11

次のエベント

NVIDIA Corp Investor Day

適時開示

その他

NVIDIA Reports Q4 NON-GAAP EPS Of $10.00

Nvidia Reports Q4 Non-Gaap Earnings Per Share $3.10

UK And EU To Open In-Depth Probes Into Nvidia's $40 Bln Acquisition Of Arm - FT

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

エヌビディアとは

エヌビディア(Nvidia Corporation)はパーソナル・コンピューター(PC)グラフィックス、グラフィックス処理ユニット(GPU)及び人工知能(AI)を中心とする会社である。【事業内容】同社はGPUとTegraプロセッサーという2つの事業区分により構成される。同社のGPU製品ブランドはゲーマー向けのGeForce、デザイナー向けのQuadro、AIデータ科学者とビッグ・データ研究者向けのテスラとDGX、ビジュアル・コンピューティング・ユーザーむけのGRIDを含む。Tegraブランドはコンピュータ全体をシングル・チップに統合し、GPUとマルチコア中央処理装置(CPU)を搭載して、モバイル・ゲームとエンターテイメント・デバイス、自律型ロボット、ドローン、車のスーパーコンピューティングを推進する。同社のプロセッサはゲーム、プロフェッショナル・ビジュアライゼーション、データセンター、自動車という4つの市場に対応するプラットフォームを開発する。同社の製品はNVIDIA DGX AIスーパーコンピュータ、NVIDIA DRIVE AIカー・コンピューティング・プラットフォーム、GeForce NOWクラウド・ゲーム・サービスを含む。

業種

Computer Hardware

連絡先

2788 San Tomas Expy

SANTA CLARA, CA

95051-0952

United States

+1.408.4862000

https://www.nvidia.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Jen-Hsun Huang

President, Chief Executive Officer, Co-Founder, Director

Colette M. Kress

Chief Financial Officer, Executive Vice President

Ajay K. Puri

Executive Vice President - Worldwide Field Operations

Debora C Shoquist

Executive Vice President - Operations

Timothy S. Teter

Senior Vice President, General Counsel, Secretary

統計

2.00 mean rating - 41 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2019

11.7K

2020

10.9K

2021

16.7K

2022(E)

22.2K
EPS (USD)

2019

6.640

2020

5.790

2021

10.000

2022(E)

13.396
株価売上高倍率(過去12カ月)
83.64
株価売上高倍率(過去12カ月)
21.42
株価純資産倍率(四半期)
21.14
株価キャッシュフロー倍率
65.77
総負債/総資本(四半期)
41.22
長期負債/資本(四半期)
35.30
投資利益率(過去12カ月)
21.45
自己資本利益率(過去12カ月)
18.79

最新ニュース

最新ニュース

アングル:半導体が世界的に不足する事情と、大問題になる理由

自動車の納車遅延から家電製品の供給不足、さらには高額スマートフォンに至るまで、世界各地の関連企業や消費者が前代未聞の半導体不足の打撃に直面している。

UPDATE 2-米国株式市場=S&P4000ポイント突破、マイクロソフトやアマゾンが高い

(内容を追加しました) [1日 ロイター] - 米国株式市場は上昇し、S&P総合500 種は初めて4000ポイントを上抜けた。マイクロソフト<MSFT. O>やアマゾン・ドット・コム、アルファベットなど が上昇を主導したほか、米景気回復を巡る楽観的な見方も追い風となっ た。 マイクロソフト、アマゾン、アルファベット、エヌビディア<NVDA. O>はいずれも2%超上昇。これらの成長株はここ数週間、経済再開によ る恩恵を受けるとみられるバリュー株をアンダーパフォームしてきたが 、このところ持ち直しの兆しを見せている。 アルファベットは3.3...

NY市場サマリー(1日)S&P4000ポイント突破、長期金利低下

<為替> 終盤のニューヨーク外為市場ではドルが下落。第1・四半期に約3年ぶり伸びで付けた水準で値固めする形になったが、バイデン米政権による2兆ドル超の景気刺激策を背景にした見通し改善を受け、先行きは引き続き明るい。

自動車技術のECARX、7ナノメートルチップ供給へ TSMCが生産

自動車技術のスタートアップ企業ECARXは、安謀中国(アーム・チャイナ)との合弁会社を通じて、早ければ来年にも7ナノメートル(nm)チップを供給する計画だ。同社の沈子瑜最高経営責任者(CEO)がロイターに明らかにした。

TikTok運営のバイトダンス、半導体を自社開発へ

動画投稿アプリ「TikTok(ティックトック)」を運営する北京字節跳動科技(バイトダンス)は、半導体の自社開発を計画している。同社の求人募集や関係者の話で分かった。

コラム:「金融工学好き」ソフトバンク、グリーンシル投資が裏目

ソフトバンクグループ傘下で1000億ドルの規模を誇るビジョン・ファンドは、ハイテクと同じぐらい金融イノベーションが大好きだ。しかし、グリーンシル・キャピタルの破綻は、複雑怪奇な資金調達構造が持つ危うさを如実に物語っている。

ダウ上昇、追加経済対策の採決控え ナスダックは調整入り

米国株式市場は、ダウ工業株30種が上昇して取引を終えた。1兆9000億ドル規模の新型コロナウイルス追加経済対策法案の最終的な議会採決を週内に控え、経済再開による恩恵を受けるとみられる銘柄が上げを主導した。一方、大型テクノロジー関連株が売り込まれ、ナスダック総合は2月12日に付けた終値での最高値を約10.5%下回り、調整局面入りした。

コラム:半導体不足、自動車など一部業種の早期解消は期待薄か

世界的な半導体の品薄状態に対して、一部の企業は、ある程度慣れっこになる必要が出てくるだろう。新型コロナウイルスのパンデミックに起因する需要の急減とその後の急増、さらに以前からの貿易戦争のため、世界各地の工場が半導体不足に悩まされている。

焦点:一気に動いた米の半導体業界支援、供給網の現状に危機感

バイデン米大統領は24日、マイクロチップを手に会見に臨み、国内の半導体製造業者に370億ドルの支援を行う方針を明らかにした。米国の自動車メーカーが半導体不足で生産休止に追い込まれたことが契機となり、半導体産業に対する米政府の支援は業界関係者も予想しなかったスピードでまとまった。

米エヌビディア、2─4月期売上高は堅調見通し 半導体需要好調

米半導体大手エヌビディアは24日、第1・四半期(2─4月)について、市場予想を上回る売上高見通しを示した。ゲーム機器やデータセンター向けのグラフィックス用半導体需要が強いと見込む。

米エヌビディア、2─4月期売上高は堅調見通し 半導体需要好調

米半導体大手エヌビディアは24日、第1・四半期(2─4月)について、市場予想を上回る売上高見通しを示した。ゲーム機器やデータセンター向けのグラフィックス用半導体需要が強いと見込む。

NY市場サマリー(17日)ドル上昇、ナスダック続落

<為替> ドル指数が上昇。底堅い経済指標がドル買いを後押しした。暗号資産(仮想通貨)のビットコインは最高値を更新した。

ナスダック続落、IT株への売りやインフレ警戒で

米国株式市場ではナスダック総合が続落し、S&P総合500種がほぼ横ばいで取引を終えた。IT(情報技術)株への売りやインフレを巡る警戒感が重しとなった。

NY市場サマリー(17日)ドル上昇、ナスダック続落

<為替> ドル指数が上昇。底堅い経済指標がドル買いを後押しした。暗号資産(仮 想通貨)のビットコインは最高値を更新した。 経済指標では小売売上高や鉱工業生産、卸売物価がそろって予想を上回り、回復の足 取りを示す格好となった。 午後に発表された連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨では、景気回復には時間 がかかる可能性があるものの、今後のインフレ上昇局面に備え、どのように下地を整える かを巡り討議されたことが分かった。 底堅い経済指標にもかかわらず、国債利回りはこの日一時上昇後に低下。ドルは通貨 バスケットに対し0.25%高の90.933...

米国株式市場=ナスダック続落、IT株への売りやインフレ警戒で

米国株式市場ではナスダ ック総合が続落し、S&P総合500種がほぼ横ばいで 取引を終えた。IT(情報技術)株への売りやインフレを巡る警戒感が 重しとなった。 一方、ダウ工業株30種は上昇。著名投資家のウォーレン・ バフェット氏が率いる米投資会社バークシャー・ハザウェイが株式取得 を明らかにしたベライゾン・コミュニケーションズやシェブロン の上げなどが寄与した。 アップルやペイパル・ホールディングス、エヌビ ディアが売られ、ナスダックとS&P500を圧迫。 半面、寒波の影響でテキサス州の石油施設が操業を停止したことで 原油価格が上昇し、エネルギー...

米連邦取引委員会、エヌビディアのアーム買収計画を調査=BBG

米半導体大手エヌビディアによる英半導体設計企業アームの買収計画を巡り、米連邦取引委員会(FTC)が調査に乗り出した。ブルームバーグが12日、複数の関係者の話として伝えた。

日経平均は反落、高値警戒感から上値重い展開に

東京株式市場で日経平均は反落。休み中の米国株式市場が堅調だったことを受けて買い優勢で始まったものの、きょうの朝方まで直近の上昇幅が約2000円と急な上げに対して高値警戒感が生じ、全体的に上値が重い展開となった。飛び石連休の谷間となる週末であることから、徐々に見送りムードが広がった。ただ、トヨタ自動車をはじめ、大型株が堅調となったことでTOPIXはプラスで引けた。

ナスダックとS&P小幅高、追加刺激策への期待で

米国株式市場はナスダック総合とS&P総合500種が小幅高で取引を終えた。追加財政刺激策への期待に支援された。ただ、市場全般が最高値圏にある中、バイデン米大統領がインフラ計画に関連し、中国の勢いに警戒を示したことが重しとなった。

UPDATE 1-NY市場サマリー(11日)ナスダック上昇、ビットコイン最高値

(表を更新し株式の内容を追加しました) [11日 ロイター] - <為替> ドル指数が小幅安。朝方発表された週間の米新規失業保険申請件数が市場 予想ほど改善しなかったことが重しとなった。 終盤の取引でドル指数は90.393。今週は週間ベースで昨年12月半ば以 来の大幅な下げを記録する見通し。 ユーロ/ドルは約0.1%高の1.2134ドル。 欧州委員会が域内の今年の経済成長率見通しを下方修正したものの、市場の反応は限 定的だった。しかし、アクション・エコノミクスのロン・シンプソン氏は「現時点で欧州 の景気回復見通しは芳しくなく、ドルが今後...

NY市場サマリー(11日)ナスダック上昇、ビットコイン最高値

<為替> ドル指数が小幅安。朝方発表された週間の米新規失業保険申請件数が市場 予想ほど改善しなかったことが重しとなった。 終盤の取引でドル指数は90.393。今週は週間ベースで昨年12月半ば以 来の大幅な下げを記録する見通し。 ユーロ/ドルは約0.1%高の1.2134ドル。 欧州委員会が域内の今年の経済成長率見通しを下方修正したものの、市場の反応は限 定的だった。しかし、アクション・エコノミクスのロン・シンプソン氏は「現時点で欧州 の景気回復見通しは芳しくなく、ドルが今後ユーロに対し堅調に推移する」と予想した。 オーストラリアドルも0....

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up