for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

エヌビディア

NVDA.O

現在値

713.01USD

変化

16.01(+2.30%)

出来高

10,407,691

本日のレンジ

697.75

 - 

717.57

52週レンジ

348.13

 - 

717.57

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
697.00
始値
699.18
出来高
10,407,691
3か月平均出来高
179.74
高値
717.57
安値
697.75
52週高値
717.57
52週安値
348.13
発行済株式数
623.00
時価総額
444,205.20
予想PER
45.22
配当利回り
0.09

次のエベント

NVIDIA Corp at Nasdaq Investor Conference (Virtual)

適時開示

その他

Nvidia Says Has Agreed To Acquire Deepmap, A Startup Dedicated To Building High-Definition Maps For Autonomous Vehicles

Softbank Seeks $7.5 Bln Loan Secured By Future Arm Proceeds - Bloomberg News

Nvidia Asks Chinese Regulators To Approve $40 Billion Arm Deal - FT

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

エヌビディアとは

エヌビディア(Nvidia Corporation)はパーソナル・コンピューター(PC)グラフィックス、グラフィックス処理ユニット(GPU)及び人工知能(AI)を中心とする会社である。【事業内容】同社はGPUとTegraプロセッサーという2つの事業区分により構成される。同社のGPU製品ブランドはゲーマー向けのGeForce、デザイナー向けのQuadro、AIデータ科学者とビッグ・データ研究者向けのテスラとDGX、ビジュアル・コンピューティング・ユーザーむけのGRIDを含む。Tegraブランドはコンピュータ全体をシングル・チップに統合し、GPUとマルチコア中央処理装置(CPU)を搭載して、モバイル・ゲームとエンターテイメント・デバイス、自律型ロボット、ドローン、車のスーパーコンピューティングを推進する。同社のプロセッサはゲーム、プロフェッショナル・ビジュアライゼーション、データセンター、自動車という4つの市場に対応するプラットフォームを開発する。同社の製品はNVIDIA DGX AIスーパーコンピュータ、NVIDIA DRIVE AIカー・コンピューティング・プラットフォーム、GeForce NOWクラウド・ゲーム・サービスを含む。

業種

Computer Hardware

連絡先

2788 San Tomas Expy

SANTA CLARA, CA

95051-0952

United States

+1.408.4862000

https://www.nvidia.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Jen-hsun Huang

President, Chief Executive Officer, Director

Colette M. Kress

Chief Financial Officer, Executive Vice President

Ajay K. Puri

Executive Vice President - Worldwide Field Operations

Debora C Shoquist

Executive Vice President - Operations

Timothy S. Teter

Senior Vice President, General Counsel, Secretary

統計

1.93 mean rating - 44 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2019

11.7K

2020

10.9K

2021

16.7K

2022(E)

24.8K
EPS (USD)

2019

6.640

2020

5.790

2021

10.000

2022(E)

15.788
株価売上高倍率(過去12カ月)
84.50
株価売上高倍率(過去12カ月)
23.07
株価純資産倍率(四半期)
23.66
株価キャッシュフロー倍率
67.31
総負債/総資本(四半期)
37.09
長期負債/資本(四半期)
31.77
投資利益率(過去12カ月)
22.13
自己資本利益率(過去12カ月)
19.71

最新ニュース

最新ニュース

米エヌビディア、アーム買収巡り中国当局に承認申請=FT

米半導体大手エヌビディアは英半導体設計企業アームを400億ドルで買収する計画について、中国競争当局の承認を求めて審査申請書類を提出した。英紙フィナンシャル・タイムズ(FT)が8日、事情に詳しい複数の関係筋の話として伝えた。

米エヌビディア、アーム買収巡り中国当局に承認申請=FT

米半導体大手エヌビディアは英半導体設計企業アームを400億ドルで買収する計画について、中国競争当局の承認を求めて審査申請書類を提出した。英紙フィナンシャル・タイムズ(FT)が8日、事情に詳しい複数の関係筋の話として伝えた。

グラスルイス、シーゲル氏のソフトバンクG取締役就任に反対を推奨

米議決権行使助言会社グラス・ルイスが、ソフトバンクグループの株主に対し、弁護士ケン・シーゲル氏の社外取締役就任に反対するよう推奨していることが分かった。

NY市場サマリー(27日)株式小幅高、利回り上昇

<為替> ドル指数が狭いレンジ内の値動きにとどまった。ただ、ドルは対ユーロで横ばいとなった一方、対ポンド、対カナダドルでは下落、対円では上昇するなどまちまちの展開となった。

米国株式市場=小幅上昇、失業保険申請の改善受け

米国株式市場は小幅に上昇して取引を終えた。労働市場の改善を示す経済指標を受け景気回復への期待感が高まり、回復の恩恵を享受する可能性が高い銘柄が買われた。

米エヌビディア、堅調な第2四半期売上高見込む マイニングは不透明

米半導体大手エヌビディアは26日、第2・四半期の売上高について、アナリスト予想よりも堅調な見通しを示した。ただ、変動の大きい暗号資産(仮想通貨)マイニング(採掘)市場が最近の売上高をどの程度押し上げたのか具体的に示せなかったため、株価は引け後の時間外取引で1%下落した。

米エヌビディア、第2四半期売上高の好調見込む 半導体需要継続

米半導体大手エヌビディアは26日、第2・四半期の売上高について、アナリスト予想よりも堅調な見通しを示した。ゲーム機器や人工知能(AI)向け半導体需要の好調が続くと見込んでいる。

米エヌビディア、株式分割を発表 株価急伸

米半導体大手エヌビディアは21日、1対4の株式分割を発表した。投資家が同社株を買いやすくするのが狙いで、株価は2.6%急伸し、この日の取引を599.67ドルで終えた。

NY市場サマリー(21日)ドル上昇、株はまちまち

<為替> ドルが主要通貨バスケットに対し上昇。堅調な米製造業指標が追い風となった。しかし、米連邦準備理事会(FRB)による緩和縮小(テーパリング)を巡る懸念が和らぐ中、週間では下落する見通し。

米国株式市場=まちまち、ボーイング買われダウ上昇

米国株式市場はインフレ懸念がくすぶる中、まちまちの展開となった。個別銘柄では米ボーイングが買われ、ダウ工業株30種が上昇した。

焦点:日の丸半導体、TSMC巻き込み描く復活 見劣る支援が壁

長く存在感を失ってきた日本の半導体産業の復権に向けたラストチャンスをものにしようと、日本政府が動き始めた。ファウンドリー(半導体受託製造)世界最大手の台湾積体電路製造(TSMC)なども巻き込む青写真を描くが、海外の競合相手は政府からの巨額の支援をテコに投資合戦に臨む。米中問題の狭間で身動きが取れず、政府サポートが見劣りする日本企業のつけ入る隙は大きくはない。

インテル、第2四半期利益見通しが市場予想下回る 株価下落

米半導体大手インテルは22日、通期の売上高見通しを引き上げた。ただ、第1・四半期のデータセンター向け半導体事業の売上高や第2・四半期の利益見通しがアナリスト予想を下回った。インテルは半導体の高速化により競合他社に対し巻き返しを図ろうとしているが、前途の厳しさが示された。

インテル、第2四半期利益見通しなどが市場予想下回る 株価下落

米半導体大手インテルは22日、通期の売上高見通しを引き上げた。ただ、第1・四半期のデータセンター向け半導体事業の売上高や第2・四半期の利益見通しがアナリスト予想を下回った。インテルは半導体の高速化により競合他社に対し巻き返しを図ろうとしているが、前途の厳しさが示された。

NY市場サマリー(19日)米国株反落、ドル6週ぶり安値 長期金利1.6%台に上昇

<為替> 終盤のニューヨーク外為市場では、ドルが主要通貨に対して6週ぶりの安値に下落した。市場では21日の20年債入札やカナダ銀行(中央銀行)の金融政策決定に注目が集まる。

米株は反落、企業決算に注目 テスラは衝突事故で売り

19日の米国株式市場は、バリュエーションの高まりが正当化されるか第1・四半期の企業決算が注目を集める中、反落して終了した。

米エヌビディアのアーム買収、英政府が安全保障上の影響調査へ

英政府は19日、米半導体大手エヌビディアの英半導体設計企業アーム買収に伴う国家安全保障上の影響を調査すると発表した。

エヌビディアがサーバー向けCPU製造、インテルの牙城に挑戦へ

米半導体大手エヌビディアは12日、サーバー向け中央演算処理装置(CPU)の製造に乗り出す計画を発表した。エヌビディアがソフトバンクグループから買収することで合意している英アームの技術を利用し、この分野でインテルに真っ向から勝負を挑む。

米エヌビディア、2─4月期売上高は従来予想から上振れ見込む

米半導体大手エヌビディアは12日、第1・四半期(2─4月)の売上高が従来予想の53億ドルから上振れるとの見通しを示した。データセンターや暗号資産(仮想通貨)のマイニング(採掘)向け半導体の需要が堅調なため。

米国株は、ダウが55ドル安、CPIや企業決算の発表待ち

米国株式市場は小幅安となり、ダウ工業株30種が55ドル安で取引を終えた。米消費者物価指数(CPI)や企業決算の発表待ちとなった。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up