for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

エヌビディア・コーポレーション

NVDA.O

現在値

265.59USD

変化

0.00(0.00%)

出来高

41,022

本日のレンジ

--

 - 

--

52週レンジ

132.60

 - 

316.32

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
265.59
始値
0.00
出来高
41,022
3か月平均出来高
272.52
高値
--
安値
--
52週高値
316.32
52週安値
132.60
発行済株式数
612.00
時価総額
154,670.80
予想PER
--
配当利回り
0.25

次のエベント

Q1 2021 NVIDIA Corp Earnings Release

適時開示

その他

Nvidia Corp Files For Potential Mixed Shelf Offering, Size Not Disclosed - SEC Filing

Nvidia Qtrly Gpu Business Revenue $2,774 Mln Vs $1,980 Mln

NVIDIA Reports Q4 Non-Gaap Earnings Per Share $1.89

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

エヌビディア・コーポレーションとは

エヌビディア(Nvidia Corporation)はパーソナル・コンピューター(PC)グラフィックス、グラフィックス処理ユニット(GPU)及び人工知能(AI)を中心とする会社である。【事業内容】同社はGPUとTegraプロセッサーという2つの事業区分により構成される。同社のGPU製品ブランドはゲーマー向けのGeForce、デザイナー向けのQuadro、AIデータ科学者とビッグ・データ研究者向けのテスラとDGX、ビジュアル・コンピューティング・ユーザーむけのGRIDを含む。Tegraブランドはコンピュータ全体をシングル・チップに統合し、GPUとマルチコア中央処理装置(CPU)を搭載して、モバイル・ゲームとエンターテイメント・デバイス、自律型ロボット、ドローン、車のスーパーコンピューティングを推進する。同社のプロセッサはゲーム、プロフェッショナル・ビジュアライゼーション、データセンター、自動車という4つの市場に対応するプラットフォームを開発する。同社の製品はNVIDIA DGX AIスーパーコンピュータ、NVIDIA DRIVE AIカー・コンピューティング・プラットフォーム、GeForce NOWクラウド・ゲーム・サービスを含む。

連絡先

2788 San Tomas Expy

SANTA CLARA, CA

95051-0952

United States

+1.408.4862000

http://www.nvidia.in/page/home.html

エグゼクティブリーダーシップ

Jen-Hsun Huang

President, Chief Executive Officer, Co-Founder, Director

Colette M. Kress

Chief Financial Officer, Executive Vice President

Ajay K. Puri

Executive Vice President - Worldwide Field Operations

Debora C. Shoquist

Executive Vice President - Operations

Timothy S. Teter

Senior Vice President, General Counsel, Secretary

統計

2.12 mean rating - 41 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2018

9.7K

2019

11.7K

2020

10.9K

2021(E)

13.0K
EPS (USD)

2018

4.820

2019

6.640

2020

5.790

2021(E)

7.622
株価売上高倍率(過去12カ月)
55.89
株価売上高倍率(過去12カ月)
14.17
株価純資産倍率(四半期)
12.69
株価キャッシュフロー倍率
48.68
総負債/総資本(四半期)
16.31
長期負債/資本(四半期)
16.31
投資利益率(過去12カ月)
20.34
自己資本利益率(過去12カ月)
18.27

最新ニュース

最新ニュース

ソフトバンク、5G商用サービスを27日開始 使用料は月1000円

ソフトバンクは5日、次世代通信網「5G」の商用サービスを3月27日から開始すると発表した。月額使用料は月1000円。5Gサービスの詳細を発表するのは国内で初めて。

ホットストック:半導体関連が堅調、米SOX指数2%超高を好感

半導体関連株が堅調。東京エレクトロン、アドバンテスト、信越化学工業、SUMCOが一時2%超、ルネサスエレクトロニクス、SCREENホールディングスが一時3%超の上昇となっている。

米S&Pとナスダックが最高値、中国刺激策への期待で

米国株式市場はS&P総合500種<.SPX>とナスダック総合<.IXIC>が最高値を更新して取引を終えた。中国の追加刺激策への期待から新型コロナウイルスの感染拡大による経済への影響を巡る懸念が後退した。

韓国サムスン、米クアルコムのモデムチップを受託生産へ=関係筋

韓国サムスン電子<005930.KS>の半導体製造部門が米クアルコム<QCOM.O>から次世代通信規格「5G」対応モデムチップ「X60」の受託生産契約を取り付けたことが、事情に詳しい関係者2人の話で明らかになった。

NY市場サマリー(14日)

<為替> ユーロが対ドルで横ばい。米株安が支えとなる一方、欧州の成長率を巡る懸念が引き続きユーロの重しになると見込まれている。

米国株はおおむね上昇、企業決算や税制控除巡る報道が支援

米国株式市場はダウが小幅安で終了したものの、S&Pとナスダックは上昇して引けた。新型肺炎を巡る懸念や低調な米経済指標が取引時間の大半は相場の重しとなっていたものの、半導体大手エヌビディア<NVDA.O>の決算が好調だったことや、トランプ政権が株式投資に対する税制控除を検討していると伝わったことが支援要因となった。

米エヌビディア、2-4月売上高見通しが予想超え 新型肺炎で打撃でも

米半導体大手エヌビディア<NVDA.O>が13日発表した第1・四半期(2─4月)の売上高見通しは、新型コロナウイルス感染拡大による1億ドルの押し下げを想定しているものの、市場予想を超えた。これを受け株価は時間外取引で一時7%近く急伸した。

シスコ・FB・スプリントも参加見送り、バルセロナMWC 新型肺炎で

米ネットワーク機器大手シスコシステムズ<CSCO.O>、フェイスブック<FB.O>、携帯電話大手スプリント<S.N>は11日、新型コロナウイルス感染拡大を踏まえ、スペインのバルセロナで24─27日に開催される世界最大級のモバイル機器の展示会「モバイル・ワールド・コングレス(MWC)2020」への参加を見送ると表明した。

バルセロナMWC、ソニーとドコモ参加取りやめ 中国勢は参加

NTTドコモ<9437.T>とソニー<6758.T>は10日、スペインのバルセロナで24─27日に開催される世界最大級のモバイル機器の展示会「モバイル・ワールド・コングレス(MWC)2020」への出展と参加を取りやめると発表した。新型コロナウイルスの感染拡大の動向を踏まえる。

米エヌビディアのメラノックス買収、EUが無条件で承認へ=関係筋

関係筋によると、米半導体大手・エヌビディア<NVDA.O>は、イスラエルの半導体設計会社メラノックス・テクノロジーズ<MLNX.O>を68億ドルで買収する計画について、欧州連合(EU)の規制当局から無条件で承認を得る見通しだ。

NY市場サマリー(25日)

<為替> ドルが対円で1週間ぶり高値に上昇。米中通商協議を巡る前向きな報道で、リスク選好度が高まった。

米国株式市場は3指数が最高値、米中協議の進展期待膨らむ

米国株式市場は続伸し、主要3指数がいずれも終値での最高値を更新した。米中通商協議を巡り「第1段階」の合意が近いとの期待が高まったほか、複数の買収合意が市場心理を支えた。

米グーグル、米欧でクラウドゲームのサービス開始

米アルファベット<GOOGL.O>傘下のグーグルは19日、クラウド技術を活用したゲーム「スタディア」を北米と欧州14カ国で開始した。

NY市場サマリー(15日)

<為替> ドルが下落した。米中通商協議を巡る楽観的な見方を背景に、ユーロやポンドなど貿易関連の材料で変動しやすい通貨が上昇した。

米株最高値、米中協議への楽観で ヘルスケア株高い

米国株式市場は主要3株価指数が最高値を更新。米中通商合意を巡る楽観論が追い風になったほか、ヘルスケア株の大幅上昇が寄与した。

米S&Pとナスダック小幅高、トランプ氏通商問題で詳細語らず

米国株式市場は、S&P総合500種<.SPX>とナスダック総合<.IXIC>が取引時間中に過去最高値を更新した後、小幅高で終了した。トランプ米大統領はこの日の講演で米中の「第1段階」の通商合意署名は間近だと表明したものの、通商交渉の詳細については明らかにしなかった。

米S&Pとナスダック反落、貿易巡る懸念で ダウは横ばい

米国株式市場はS&P総合500種<.SPX>とナスダック総合<.IXIC>が下落して取引を終えた。トランプ米大統領の発言を受け、米中通商協議を巡る懸念が再燃した。ダウ工業株30種<.DJI>は、ボーイング株<BA.N>の上昇に支援され、ほぼ変わらずだった。

コラム:巨額債務のソフトバンク、資産下落時に逆回転リスク

孫正義氏が会長兼社長として率いるソフトバンクグループ<9984.T>は、ハイテク分野の巨大投資マシーンであり、気前よく重ねた借金が潤滑油の役割を果たしている。同社が抱える資産の価値が高まっていた局面では、借り入れによる経営がうまく機能した。しかし、今後は資産価値が下がって、借金が問題になりかねない。

アングル:ソフトバンクG、巨額ファンドの成績は

ソフトバンクグループ<9984.T>の1000億ドル規模の「ビジョン・ファンド」は、自動運転や医療、金融といったさまざまな分野で、不採算のスタートアップ企業に投資し、わずか2年余りで資本の大部分を使い尽くした。

台湾TSMC、米GFと特許訴訟取り下げで合意 相互に使用許可

半導体受託生産の世界最大手、台湾積体電路製造(TSMC)と同業米グローバル・ファウンドリーズ(GF)は28日、特許に関して相互に提起していた訴訟を取り下げることで合意した。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up