for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

NVIDIA Corporation

NVDA.O

現在値

233.74USD

変化

-7.76(-3.21%)

出来高

71,895,784

本日のレンジ

232.63

 - 

248.23

52週レンジ

115.67

 - 

346.47

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
241.50
始値
235.07
出来高
71,895,784
3か月平均出来高
985.32
高値
248.23
安値
232.63
52週高値
346.47
52週安値
115.67
発行済株式数
2,500.00
時価総額
603,750.00
予想PER
55.60
配当利回り
0.07

次のエベント

Q4 2022 NVIDIA Corp Earnings Release

適時開示

その他

AT&T Teams Exclusively With Nvidia To Give Gamers A 5G Boost With Geforce Now Offer

U.S. FTC Sues To Block Chip Supplier Nvidia Corp's $40 Billion Acquisition Of U.K. Chip Design Provider Arm

CMA's Coscelli Says Nvidia’s Arm Bid Sparks Weekly Talks With FTC - Bloomberg News

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

NVIDIA Corporationとは

エヌビディア(NVIDIA Corp)は、人工知能コンピューティング会社である。【事業内容】グラフィックスとコンピューティング、ネットワーキングの2つのセグメントで動作する。グラフィックスセグメントには、GeForceグラフィックスプロセッシングユニット(GPU)、GeForce NOWゲームストリーミングサービスと関連インフラストラクチャ、およびゲームプラットフォーム向けのソリューション、エンタープライズワークステーショングラフィックス用のQuadro、NVIDIA RTX GPU、クラウドベースのビジュアルおよび仮想コンピューティング用の仮想グラフィックスプロセッシングユニット(vGPU)ソフトウェア、インフォテインメントシステム用の自動車プラットフォームが含まれる。コンピューティングおよびネットワーキングセグメントには、人工知能(AI)、ハイパフォーマンスコンピューティング(HPC)、および高速コンピューティング用のデータセンタープラットフォームおよびシステム、Mellanoxネットワーキングおよび相互接続ソリューション、自動車用AIコックピット、自動運転開発契約、自動運転車ソリューション、ロボット工学およびその他の組み込みプラットフォーム用のJetsonが含まれる。プラットフォームは、ゲーム、プロフェッショナルビジュアライゼーション、データセンター、自動車などの市場に対応する。

業種

Computer Hardware

連絡先

2788 San Tomas Expy

SANTA CLARA, CA

95051-0952

United States

+1.408.4862000

https://www.nvidia.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Jen-hsun Huang

President, Chief Executive Officer, Director

Colette M. Kress

Chief Financial Officer, Executive Vice President

Ajay K. Puri

Executive Vice President - Worldwide Field Operations

Debora C Shoquist

Executive Vice President - Operations

Timothy S. Teter

Senior Vice President, General Counsel, Secretary

統計

1.93 mean rating - 46 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2019

11.7K

2020

10.9K

2021

16.7K

2022(E)

26.7K
EPS (USD)

2019

1.660

2020

1.448

2021

2.500

2022(E)

4.344
株価売上高倍率(過去12カ月)
74.55
株価売上高倍率(過去12カ月)
24.87
株価純資産倍率(四半期)
25.39
株価キャッシュフロー倍率
64.50
総負債/総資本(四半期)
45.99
長期負債/資本(四半期)
45.99
投資利益率(過去12カ月)
27.25
自己資本利益率(過去12カ月)
24.31

最新ニュース

最新ニュース

インタビュー:EV投入可否はスピード感持って判断、パートナー拡充も=ソニーG常務

ソニーグループで電気自動車(EV)事業を統括するAIロボティクスビジネス担当常務の川西泉氏は21日、ロイターのインタビューに応じ、EV市場投入の判断時期について「期待に応えられるスピード感で対応したい」と述べた。同時に、部品調達などのパートナー企業を今後拡充する考えも示した。

ナスダック総合指数、パンデミック以降で4回目の調整局面に

19日の米国株式市場でハイテク株の多いナスダック総合指数が下落し、昨年11月に付けた終値での最高値から約11%値を下げた。新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)がグローバル市場を揺るがして以来、約2年間で4回目の調整局面を迎えた。

焦点:ソニーEVは巨大aibo、車の再定義に挑戦 競合も固唾

ソニーグループの電気自動車(EV)戦略が次第に明らかになってきた。専門外である車両自体の開発・製造は他社と協業し、人工知能(AI)や半導体を使ったエレクトロニクスメーカーならではの自動運転技術で付加価値を高める。そこに映像などの自社ソフトや更新プログラムを流し、継続的に収益を得るというものだ。ソニーは犬型ロボットなどでも同様の事業構想を描いており、専門家の中にはソニーのEVを「巨大なaibo(アイボ)」と位置付ける向きもある。

訂正(6日配信記事)-米GM、新たな運転支援機能にクアルコム製チップを採用

(原文の訂正により、本文2段落目の「米国とカナダの道路の最大95%に対応し」を「米国とカナダにおける運転シーンで最大95%を占める、一般道路および高速道路の両方でハンズフリー運転を可能にし」に訂正します。)

アングル:米大型ハイテク株に潮目、FRBタカ派傾斜で割高イメージ

今週の米株式市場で、アップルの時価総額が3兆ドルの大台に到達した。そのことで昨年のS&P総合500種上昇の大部分をもたらした大型ハイテク株が、今年も株価を押し上げ続けるのかどうか、改めて投資家の注目が集まっている。

米インテル、ゲーム用GPU「Arc」でエヌビディアに対抗

米インテルは4日、ゲーム向けのGPU(画像処理半導体)「Arc」の出荷を開始したと発表した。競合米エヌビディアが独占する市場に対抗する。

米エヌビディア、メタバースでアーティスト支援 ソフト無償提供

米半導体大手・エヌビディアは4日、インターネット上の仮想空間「メタバース」向けコンテンツを制作するアーティストやクリエーターに同社のソフトウエアを無償提供すると発表した。

アマゾンなどがCESへの対面式参加見送り、オミクロン株巡る懸念で

米IT大手のアマゾン、メタ・プラットフォームズ(旧フェイスブック)、ツイッター、ピンタレストは21日、1月に米ラスベガスで開催するデジタル見本市「CES」への対面式参加を見合わせるとそれぞれ発表した。

メタなど米IT3社、デジタル見本市CESへの対面式参加取りやめ

米IT大手のメタ・プラットフォームズ(旧フェイスブック)、ツイッター、ピンタレストは21日、新型コロナウイルスのオミクロン株感染拡大を巡る懸念を受け、1月に米ラスベガスで開催するデジタル技術見本市「CES」に担当者を派遣する対面式参加を取りやめたとそれぞれ発表した。

アングル:米国株、堅調銘柄の「裾野」縮小 先行き警戒信号か

米株式市場で、堅調な銘柄の「裾野」が狭まるなど幾つかのリスク許容度低下につながる兆候が見られ、投資家が警戒している。

NY市場サマリー(17日)ドル上昇、債券利回り低下 株価下落

<為替> ドルが上昇した。各国中銀による利上げ観測の広がりや、新型コロナウイルスのオミクロン株の感染拡大への懸念を背景に、高リスク通貨からの逃避が進んだ。

米国株式市場=下落、大手ハイテク株に売り オミクロン株懸念

米国株式市場は下落して取引を終えた。パンデミック(世界的大流行)下で実施した景気刺激策を早期に終了させるとの米連邦準備理事会(FRB)の決定が消化され、新型コロナウイルスのオミクロン変異株を巡る懸念が広がる中で大手ハイテク株が売られた。

NY市場サマリー(16日)英ポンド上昇、ナスダック大幅安 利回り低下

<為替> 英ポンドが上昇し、対ドルで一時0.8%高となった。イングランド銀行(英中央銀行)は16日、新型コロナウイルス感染拡大以降、主要中銀として初めて利上げに踏み切った。

米国株式市場=ナスダック大幅安、FRBの引き締め姿勢で成長株に売り

米国株式市場はナスダック総合が大幅安で引けた。テーパリング(量的緩和の縮小)を加速するとした前日15日の米連邦準備理事会(FRB)の発表が、投資家の資金を大型ハイテク株から景気敏感株にシフトさせた。

NY市場サマリー(16日)英ポンド上昇、ナスダック大幅安 利回り低下

FRBが利上げサイクルに移行した場合、利上げ期待によって長期債利回りよりも短 期債利回りが上昇しやすくなるため、イールドカーブは通常フラット化する。 5・30年債の利回り差は一時70ベーシスポイント(bp)と11 月30日以来の水準に拡大。終盤は69.10bpだった。 2・10年債の利回り差は80.40bpに拡大した。 指標10年債利回りは2.8bp低下の1.4344%。2年債利回り< US2YT=RR>は6bp低下の0.6269%。5年債利回りは一時12月6日以 来の低水準を付けた後、終盤は1.1816%となった。 一方、30年債利回...

米国株式市場=ナスダック大幅安、FOMC受け成長株に売り

米国株式市場はナスダック総合が 大幅安で引けた。米連邦準備理事会(FRB)がテーパリング(量的緩 和の縮小)を加速すると発表したことを受け、大型ハイテク株が売られ 、景気敏感株にシフトする動きが見られた。 エヌビディア、アップル、マイクロソフト<MSFT. O>、アマゾン・ドット・コム、テスラが軒並み下落し 、ナスダックとS&P総合500種を圧迫した。 これらの大型グロース(成長)株の大方は今年の市場全般をアウト パフォームしており、エヌビディアは年初来100%超上昇している。 FRBは14─15日に開いた連邦公開市場委員会(FOMC)...

ホットストック:半導体関連株がしっかり、SOXが3%以上の大幅上昇

レーザーテック、東京エレクトロンなど半導体関連株がしっかりとなっている。15日の米国株式市場でアップルが2.85%高、エヌビディアが7.49%高となり、フィラデルフィア半導体指数(SOX)が3%以上の大幅上昇となったことを受けて、日本株も関連銘柄が幅広く物色された。

NY市場サマリー(15日)ドル上昇、米債利回り不安定 株式反発

<為替> ドルが上昇した。米連邦準備理事会(FRB)が14─15日に開いた連邦公開市場委員会(FOMC)で、パンデミック(世界的大流行)下で実施していた債券買い入れプログラムを来年3月に終了し、2022年末までに0.25%ポイントずつ3回の利上げを実施する方針を示したことを受けた。

米国株式市場=反発、FRBが3月に資産購入終了へ

米国株式市場は反発して取引を終えた。米連邦準備理事会(FRB)が14─15日に開いた連邦公開市場委員会(FOMC)で、パンデミック(世界的大流行)下で実施してきた債券買い入れプログラムを来年3月に終了する方針を示した。

NY市場サマリー(15日)ドル上昇、米国債利回り上昇 株式反発

<為替> ドルが上昇した。米連邦準備理事会(FRB)が14─15日に開いた連 邦公開市場委員会(FOMC)で、パンデミック(世界的大流行)下で実施していた債券 買い入れプログラムを来年3月に終了し、2022年末までに0.25%ポイントずつ3 回の利上げを実施する方針を示したことを受けた。 ドル指数はFOMCの結果発表直後に0.2%高の96.737となった。 FRBは新たな経済見通しで、来年のインフレ率を2.6%と9月時点の2.2%か ら上方修正したほか、失業率は完全雇用に近い3.5%に低下すると見込んだ。 FOMCの結果発表前はドルは狭...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up