for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

NVIDIA Corporation

NVDA.O

現在値

220.81USD

変化

-4.01(-1.78%)

出来高

21,622,421

本日のレンジ

218.61

 - 

221.49

52週レンジ

115.67

 - 

230.43

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
224.82
始値
220.70
出来高
21,622,421
3か月平均出来高
650.94
高値
221.49
安値
218.61
52週高値
230.43
52週安値
115.67
発行済株式数
2,500.00
時価総額
548,525.00
予想PER
53.17
配当利回り
0.08

次のエベント

Q3 2022 NVIDIA Corp Earnings Release

適時開示

その他

EU Set To Launch Formal Probe Into Nvidia's Takeover Of Arm - FT

UK's CMA Says NVIDIA/Arm Merger Should Be Progressed To Phase 2 Probe

Nvidia Posts Q2 EPS Of $0.94

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

NVIDIA Corporationとは

エヌビディア(NVIDIA Corp)は、人工知能コンピューティング会社である。【事業内容】グラフィックスとコンピューティング、ネットワーキングの2つのセグメントで動作する。グラフィックスセグメントには、GeForceグラフィックスプロセッシングユニット(GPU)、GeForce NOWゲームストリーミングサービスと関連インフラストラクチャ、およびゲームプラットフォーム向けのソリューション、エンタープライズワークステーショングラフィックス用のQuadro、NVIDIA RTX GPU、クラウドベースのビジュアルおよび仮想コンピューティング用の仮想グラフィックスプロセッシングユニット(vGPU)ソフトウェア、インフォテインメントシステム用の自動車プラットフォームが含まれる。コンピューティングおよびネットワーキングセグメントには、人工知能(AI)、ハイパフォーマンスコンピューティング(HPC)、および高速コンピューティング用のデータセンタープラットフォームおよびシステム、Mellanoxネットワーキングおよび相互接続ソリューション、自動車用AIコックピット、自動運転開発契約、自動運転車ソリューション、ロボット工学およびその他の組み込みプラットフォーム用のJetsonが含まれる。プラットフォームは、ゲーム、プロフェッショナルビジュアライゼーション、データセンター、自動車などの市場に対応する。

業種

Computer Hardware

連絡先

2788 San Tomas Expy

SANTA CLARA, CA

95051-0952

United States

+1.408.4862000

https://www.nvidia.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Jen-hsun Huang

President, Chief Executive Officer, Director

Colette M. Kress

Chief Financial Officer, Executive Vice President

Ajay K. Puri

Executive Vice President - Worldwide Field Operations

Debora C Shoquist

Executive Vice President - Operations

Timothy S. Teter

Senior Vice President, General Counsel, Secretary

統計

1.98 mean rating - 45 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2019

11.7K

2020

10.9K

2021

16.7K

2022(E)

25.8K
EPS (USD)

2019

1.660

2020

1.448

2021

2.500

2022(E)

4.134
株価売上高倍率(過去12カ月)
78.40
株価売上高倍率(過去12カ月)
25.05
株価純資産倍率(四半期)
25.90
株価キャッシュフロー倍率
66.63
総負債/総資本(四半期)
56.48
長期負債/資本(四半期)
51.75
投資利益率(過去12カ月)
24.85
自己資本利益率(過去12カ月)
22.18

最新ニュース

最新ニュース

英市場、企業の資本調達で魅力的な場所にすべき=スナク財務相

英国のスナク財務相は14日、英国を企業が資本を調達するのに魅力的な場所にしたいとの考えを示した。

米エヌビディア、英アーム買収をEUに承認申請

米半導体大手エヌビディアは8日、英半導体設計大手アームを540億ドルで買収する計画について、欧州連合(EU)に対して正式に承認申請した。

テスラCEO、米半導体エヌビディアのアーム買収に懸念=英紙

米電気自動車(EV)大手テスラのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)は、米半導体大手・エヌビディアによる英半導体設計大手・アーム買収計画について、競争上の懸念を示した。 英デイリー・テレグラフ紙が28日、複数の関係筋の話しとして報じた。

米エヌビディア、アーム買収で来月EUに承認求める方針=関係筋

関係筋によると、米半導体大手エヌビディアは540億ドルの英半導体設計大手アーム買収計画を巡り、来月初めに欧州連合(EU)に承認を求める見通しだ。

EU、エヌビディアのアーム買収巡り競争法調査を開始へ=FT

米半導体大手エヌビディアによる英半導体設計大手アーム買収計画を巡り、欧州連合(EU)が来月初めにも競争法上の正式な調査を開始する見通しだと、英紙フィナンシャル・タイムズ(FT)が27日に報じた。

NY市場サマリー(25日)S&P・ナスダック最高値、利回り上昇

<為替> ドルがほぼ横ばい。市場では米年次経済シンポジウム(ジャクソンホール会議)でのパウエル連邦準備理事会(FRB)議長の講演内容に関心が集まっている。

米国株式市場=S&Pとナスダック最高値、半導体・金融銘柄に買い

米国株式市場は、半導体や金融銘柄に買いが入り、S&P総合500種とナスダック総合が終値ベースで再び最高値を更新した。リスク選好を覆すマイナス要因が見当たらない中、主要3指数はそろって上昇した。

米エヌビディアのアーム買収は競争を阻害=英規制当局

英競争・市場庁(CMA)は20日、米半導体大手エヌビディアによる英半導体設計企業アーム買収について、競争を阻害し競合企業の弱体化につながる可能性があるとの見解を示した。

米テスラ、人型ロボットのプロトタイプを来年発表=マスク氏

米電気自動車(EV)大手テスラのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)は19日に開催したイベント「AI(人工知能)デー」で、人間がやりたくない危険かつ反復的で退屈な仕事を担う人型ロボット「テスラ・ボット」のプロトタイプを来年に発表できる見通しだと明らかにした。

米インテル、部品外部調達戦略の詳細を発表 TSMCとの提携も

米半導体大手インテルは19日、外部から部品を調達する戦略について新たな内容を明らかにした。競合する台湾積体電路製造(TSMC)とのパートナーシップの詳細についても示した。

米国株式市場=S&P小反発、ハイテク株に買い シクリカル銘柄の下げ相殺

米国株式市場は値動きの荒い展開となる中、S&P総合500種が小反発して取引を終えた。ハイテク株が上昇し、シクリカル(景気循環)銘柄の下げを相殺した。投資家は景気回復の兆しを見極め、米連邦準備理事会(FRB)の緩和策の縮小時期を探ろうとしている。

米エヌビディア、アーム買収協議が長期化 業績見通しは予想上回る

米半導体大手エヌビディアは18日、400億ドルでの英半導体設計企業アーム買収について、承認を得るための当局との協議が予想以上に時間を要していると明らかにした。

NY市場サマリー(12日)ダウ・S&P最高値更新、ドル上昇

7月の卸売物価指数(PPI)は前年比7.8%上昇。伸びは市場予想の7.3%を上回り、比較可能な2010年11月以降で最大となった。前月比でも1.0%上昇と、市場予想の0.6%を上回った。

米国株式市場=ダウ・S&P3日連続で最高値更新、ハイテク株が主導

米国株式市場はダウ工業株30種とS&P総合500種が3日連続で、終値ベースの最高値を更新。ハイテク大手が上昇を主導した。米新規失業保険申請件数の3週連続での改善も好感された。

NY市場サマリー(12日)ダウ・S&P最高値更新、ドル上昇

暗号資産(仮想通貨)のビットコインは2.6%安の4万434 8ドル。 NY外為市場: <債券> 期間が長めの債券利回りがほぼ変わらず。30年債入札は市場の方向性を 決める材料にはならなかった。 30年債利回りは入札後に一時2.035%まで上昇。ただ、終盤は2 .0048%となった。 指標10年債利回りも30年債入札を受け、1.379%に上昇したも のの、その後は1.3607%となった。 今週に入り、インフレ期待が高まっており、物価連動国債(TIPS)と通常の国債 の利回り差で、期待インフレを示すブレーク・イーブン・インフレ率(BEI)は...

英、米エヌビディアのアーム買収阻止検討 安全保障巡り=通信社

英政府が国家安全保障を巡るリスクを理由に米半導体大手エヌビディアによる英半導体設計企業アーム買収を阻止することを検討している。ブルームバーグ・ニュースが3日、事情に詳しい関係者の話として報じた。

NY市場サマリー(16日)米国株は下落、ドル小幅高

<為替> ドルが小幅高。週間では1カ月ぶりの大幅な値上がりとなった。小売売上高が予想外に伸びたことで、第2・四半期の成長拡大が意識された。

米国株式市場=下落、コロナ感染再拡大に警戒 アマゾンやアップル安い

米国株式市場は下落。アマゾン・ドット・コムやアップルなどのハイテク大手の下げが相場を圧迫した。感染力の強い新型コロナ変異ウイルス「デルタ株」が広がる中、新型コロナ感染拡大を巡る懸念も強まっている。

NY市場サマリー(15日)ドル上昇、債券利回り1週間ぶり低水準

<為替> ドルが上昇。米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長が引き続きハト派姿勢を維持する中、ドルは値下がりする場面も見られたものの、失業保険申請件数の改善が支えとなった。

米国株式市場=ナスダック続落、アップルやアマゾンなど安い

米国株式市場は、ナスダック総合が続落。アップルやアマゾン・ドット・コムなどのハイテク大手の下げが圧迫した。朝方発表された週間の新規失業保険申請件数が昨年3月以来の水準に改善したことを受け、インフレ高進を巡る懸念が強まった。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up