for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

エヌビディア・コーポレーション

NVDA.O

現在値

534.63USD

変化

0.00(0.00%)

出来高

466

本日のレンジ

--

 - 

--

52週レンジ

180.68

 - 

589.07

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
534.63
始値
0.00
出来高
466
3か月平均出来高
159.91
高値
--
安値
--
52週高値
589.07
52週安値
180.68
発行済株式数
619.00
時価総額
322,505.20
予想PER
53.61
配当利回り
0.12

次のエベント

Q4 2021 NVIDIA Corp Earnings Release

適時開示

その他

NVIDIA Introduces GeForce RTX 3060

UK Competition Watchdog To Investigate Nvidia's Takeover Of Arm

Nvidia Expects Q4 Revenue To Be $4.80 Bln, Plus Or Minus 2%

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

エヌビディア・コーポレーションとは

エヌビディア(Nvidia Corporation)はパーソナル・コンピューター(PC)グラフィックス、グラフィックス処理ユニット(GPU)及び人工知能(AI)を中心とする会社である。【事業内容】同社はGPUとTegraプロセッサーという2つの事業区分により構成される。同社のGPU製品ブランドはゲーマー向けのGeForce、デザイナー向けのQuadro、AIデータ科学者とビッグ・データ研究者向けのテスラとDGX、ビジュアル・コンピューティング・ユーザーむけのGRIDを含む。Tegraブランドはコンピュータ全体をシングル・チップに統合し、GPUとマルチコア中央処理装置(CPU)を搭載して、モバイル・ゲームとエンターテイメント・デバイス、自律型ロボット、ドローン、車のスーパーコンピューティングを推進する。同社のプロセッサはゲーム、プロフェッショナル・ビジュアライゼーション、データセンター、自動車という4つの市場に対応するプラットフォームを開発する。同社の製品はNVIDIA DGX AIスーパーコンピュータ、NVIDIA DRIVE AIカー・コンピューティング・プラットフォーム、GeForce NOWクラウド・ゲーム・サービスを含む。

業種

Computer Hardware

連絡先

2788 San Tomas Expy

SANTA CLARA, CA

95051-0952

United States

+1.408.4862000

https://www.nvidia.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Jen-Hsun Huang

President, Chief Executive Officer, Co-Founder, Director

Colette M. Kress

Chief Financial Officer, Executive Vice President

Ajay K. Puri

Executive Vice President - Worldwide Field Operations

Debora C Shoquist

Executive Vice President - Operations

Timothy S. Teter

Senior Vice President, General Counsel, Secretary

統計

2.05 mean rating - 39 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2018

9.7K

2019

11.7K

2020

10.9K

2021(E)

16.5K
EPS (USD)

2018

4.820

2019

6.640

2020

5.790

2021(E)

9.718
株価売上高倍率(過去12カ月)
85.13
株価売上高倍率(過去12カ月)
21.82
株価純資産倍率(四半期)
21.03
株価キャッシュフロー倍率
68.01
総負債/総資本(四半期)
45.40
長期負債/資本(四半期)
38.89
投資利益率(過去12カ月)
20.38
自己資本利益率(過去12カ月)
17.92

最新ニュース

最新ニュース

インテル、台湾TSMCにグラフィックス半導体製造委託=関係筋

米インテルは第2世代のパソコン用ディスクリート・グラフィックスチップ「DG2」の製造を台湾積体電路製造(TSMC)に委託することを計画している。関係者2人がロイターに述べた。

米サード・ポイント、インテルに事業見直し要求

アクティビスト(物言う株主)として知られる米ヘッジファンドのサード・ポイントが米半導体大手インテルに戦略上の選択肢を模索するよう求めたことが、ロイターが確認した書簡で分かった。半導体の設計と製造の双方を手掛けることが適切かどうかなど見直しを求めている。

マイクロソフト、半導体を自社設計へ サーバーやPCに=関係筋

米マイクロソフトが、クラウドサービス向けのサーバーとパソコンの「サーフェス」に、自社で設計・開発したCPU(中央演算処理装置)を搭載する計画を進めていることが分かった。事情に詳しい関係者が明らかにした。

ソフトバンクG、米ドアダッシュ上場で保有株の評価益112億ドルに

ソフトバンクグループは出資先の米料理宅配サービス最大手ドアダッシュが9日に株式上場を果たしたのを受け、保有する同社株の評価益が112億ドルに膨らんだ。

米有力2議員、対中半導体輸出巡りインテルとエヌビディアに書簡

米議会のマルコ・ルビオ上院議員(共和党)とジム・マクガバン下院議員(民主党)は8日、半導体大手のインテルとエヌビディアに書簡を送付し、中国が新疆ウイグル自治区でウイグル族を監視するために利用しているとされる先端半導体について輸出・販売情報の提供を求めた。

企業のクラウド導入加速、コロナ流行で=アマゾンAWSトップ

米アマゾン・ドット・コムのクラウドサービス「アマゾン・ウェブ・サービス(AWS)」を率いるアンディ・ジャシー氏は1日、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)が企業のクラウド導入を数年加速させたとの認識を示した。

エヌビディアとエピック、iPhoneでのフォートナイト復活へ協調

米半導体大手エヌビディア<NVDA.O>とエピック・ゲームズは19日、エピックの人気ゲーム「フォートナイト」を、近くアップルのiPhoneで再び利用できるようにするための取り組みを進めていると明らかにした。

米国株は反発、コロナ経済対策の協議再開で懸念後退

米国株式市場は反発して取引を終えた。新型コロナウイルスの感染拡大に伴う休業措置や解雇を巡る懸念が高まる中、追加のコロナ経済対策への期待から、取引終盤に投資家心理が上向いた。

UPDATE 1-NY市場サマリー(19日)株式反発、ドル続落

(表を更新し米株部分を追加しました。) [19日 ロイター] - <為替> ドルが6営業日続落。この日はほぼプラス圏で推移したが、米与野党が新 型コロナウイルス支援策を巡り協議を再開する見通しになったという報道を受け、下げに 転じた。 CNBCによると、民主党上院トップのシューマー院内総務は19日、追加の経済対 策法案を巡り、共和党上院トップのマコネル院内総務が協議再開に合意したと述べた。[n L4N2I542F] 報道を受けて株式は上昇し、ユーロが対ドルで取引時間中の高値に伸長。オーストラ リアドルやノルウェークローネなどの高リスク通貨...

エヌビディア、11─1月期はデータセンター部門の減収見込む 株価下落

米半導体大手エヌビディアは18日、第4・四半期(11─1月)について、市場予想を上回る売上高見通しを示した。ただ、同社幹部がデータセンター向け半導体について若干の減収になると予想したのを受け、株価は時間外取引で3%近く下落した。

エヌビディア、11─1月期売上高見通しが市場予想上回る

米半導体大手エヌビディアは18日、第4・四半期(11─1月)について、市場予想を上回る売上高見通しを示した。ゲームとデータセンター向けのグラフィックス用半導体の需要が強いと見込む。

ソフトバンクG、現金800億ドル確保 投資や自社株買いに=孫氏

ソフトバンクグループ<9984.T>の孫正義会長兼社長は17日、投資機会と自社株買いなどに向けて約800億ドルの現金を確保していると明かし、テクノロジー企業への投資を続ける考えを示した。

ナスダック続落、バリュー株などにシフト

米国株式市場はナスダックが続落し、S&P500も小反落して取引を終えた。新型コロナウイルス感染症ワクチンが景気回復を支えるとの期待感から、ロックダウン(都市封鎖)の恩恵を受けたハイテク株が売られ、コロナ禍による打撃が大きかった銘柄への乗り換えが進んだ。

NY市場サマリー(10日)円横ばい105円前半、ナスダック続落

<為替> ニューヨーク外為市場では、円が対ドルで105円台前半と横ばいで推移。前日の大幅な下げが一服した。米ファイザー<PFE.N>などが開発する新型コロナウイルスワクチンに90%超の予防効果があると伝わり、コロナワクチンへの期待感が根強い。

フォートナイト、アップル製品に復帰か エヌビディア経由で=BBC

英BBC放送は5日、米画像処理半導体大手エヌビディア<NVDA.O>のクラウドゲームサービスを通じ、アップル<AAPL.O>のスマートフォン「iPhone(アイフォーン)」などのユーザーが、エピックゲームズの人気ゲーム「フォートナイト」を再びプレーできる可能性があると報じた。

英アームの真価はエコシステムそのもの=米エヌビディアCEO

米半導体大手エヌビディア<NVDA.O>のジェンスン・フアンCEO(最高経営責任者)は29日、ソフトバンクグループ(SBG)<9984.T>から買収する英半導体設計企業アーム・ホールディングスについて「真の価値はエコシステムそのもの」と述べた。オンラインのイベントでSBGの孫正義会長兼社長との対談で語った。

エヌビディアへのアーム売却、演算能力向上をけん引へ=孫正義氏

ソフトバンクグループ<9984.T>の孫正義会長兼社長は22日、英半導体設計大手アーム・ホールディングスを米半導体大手エヌビディア<NVDA.O>に売却する計画について、演算能力の向上をけん引することになるとの見方を示した。

エヌビディアのアーム買収、中国テクノロジー企業が懸念=BBG

など複数の中国テクノロジー企業が中国当局に懸念を伝えた。ブルームバーグが20日報じた。

コラム:SKハイニックスのNAND事業取得、防御が最大の攻撃

韓国の半導体大手SKハイニックス<000660.KS>による米インテル<INTC.O>のNANDメモリー事業取得は、半導体セクターがまさに必要としていた措置だった。

NY市場サマリー(25日)ドル上昇、米株続伸

<為替> ドルが上昇。週間では4月上旬以来の大幅な値上がりとなった。経済回復の鈍化懸念や欧州での新型コロナウイルスの感染拡大、米追加刺激策を巡る不透明感、米大統領選が近づいていることなどを受けた。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up