for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Oversea-Chinese Banking Corp. Limited

OCBC.SI

現在値

8.72SGD

変化

-0.08(-0.91%)

出来高

8,140,200

本日のレンジ

8.62

 - 

8.76

52週レンジ

7.80

 - 

11.23

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
8.80
始値
8.75
出来高
8,140,200
3か月平均出来高
169.86
高値
8.76
安値
8.62
52週高値
11.23
52週安値
7.80
発行済株式数
4,405.24
時価総額
38,443.43
予想PER
10.70
配当利回り
5.03

次のエベント

Dividend For OVCHY.PK - 0.2319 USD

適時開示

その他

OCBC Sees FY20 Gross NPL Ratio At 2.5% - 3.5%

Oversea-Chinese Banking Corporation Posts Q2 Net Profit Of S$730 Mln, Down 40%

Oversea-Chinese Banking Corp Says NIM Compression Expected In Subsequent Qtrs

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Oversea-Chinese Banking Corp. Limitedとは

オーバーシー・チャイニーズ・バンキング・コーポレーション(Oversea-Chinese Banking Corporation Limited)は、金融サービスを提供するシンガポールの会社である。【事業内容】銀行、生命保険、損害保険、資産管理、資産管理、投資保有、先物および株式仲買の事業を行う。5つの事業セグメントを通じて運営する。グローバルコンシューマー/プライベートバンキングセグメントは、個人顧客に製品とサービスを提供する。グローバルコーポレート/インベストメントバンキングセグメントは、大企業や公共部門から中小企業までの機関顧客にサービスを提供する。グローバルトレジャリーアンドマーケッツセグメントは、外国為替活動、マネーマーケットオペレーション、債券およびデリバティブ取引を行い、ストラクチャードトレジャリー商品および金融ソリューションを提供する。保険セグメントは、生命保険と一般保険を提供する。OCBC Wing Hangセグメントは、各商業銀行と関連金融サービスを提供する。

業種

Regional Banks

連絡先

65 Chulia Street, #29-08 Ocbc Centre

049513

Singapore

+65.6.3187222

https://www.ocbc.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Sang Kuang Ooi

Independent Non-Executive Chairman of the Board

Wei Hong Ching

Deputy President, Chief Operating Officer

Pik Kuen Wong

Deputy President - Global Wholesale Banking

Nag Tsien

Group Chief Executive Officer, Executive Non - Independent Director

Siew Peng Tan

Chief Financial Officer, Executive Vice President

統計

2.37 mean rating - 19 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, SGD)

2017

9.6K

2018

9.7K

2019

10.9K

2020(E)

10.3K
EPS (SGD)

2017

0.974

2018

1.062

2019

1.140

2020(E)

0.808
株価売上高倍率(過去12カ月)
10.07
株価売上高倍率(過去12カ月)
1.44
株価純資産倍率(四半期)
0.80
株価キャッシュフロー倍率
8.55
総負債/総資本(四半期)
49.28
長期負債/資本(四半期)
49.28
投資利益率(過去12カ月)
--
自己資本利益率(過去12カ月)
0.80

最新ニュース

最新ニュース

東南アジア株式・引け=おおむね下落、ジャカルタは上昇

東南アジア株式市場は、おおむね下落した。米連邦準備理事会(FRB)が金融政策を維持したことで、投資家は株価の新たな上昇要因にならないと判断した。

アジア株式市場サマリー:引け(30日)

上海と深センの株式市場に上場する有力企業300銘柄で構成するCSI300指数<.CSI300>終値は22.857ポイント(0.49%)安の4656.151。

東南アジア株式・中盤=シンガポールが大幅安、銀行株が売られる

30日中盤の東南アジア株式市場の株価は、シンガポール市場が大幅安となり、2カ月ぶり安値を付けた。新型コロナウイルスの感染拡大に伴う過去最悪規模の景気後退を受け、同国通貨庁(MAS、中央銀行)が金融機関に今年の配当抑制を要請したことから、銀行株が売られた。

東南アジア株式・引け=ホーチミン2%高、経済回復期待 マニラは下落

東南アジア株式市場はホーチミン市場が2%超上伸した。ベトナムの新型コロナウイルスからの経済回復が他の大半の国々よりも早くなることを示すニュースが好感されている。一方、マニラ市場は通信株に押し下げられた。

情報BOX:新型コロナウイルスを巡る海外の状況(8日現在)

複数の関係筋によると、新型コロナウイルスの発生源を調べる「独立調査」を求めているオーストラリア政府が、米国の対応に困惑している。

シンガポールのOCBC、第1四半期は43%減益 引当金追加計上で

シンガポール第2位のオーバーシー・チャイニーズ銀行<OCBC.SI>が発表した第1・四半期決算は、純利益が前年同期から43%減少し、7年ぶりの低水準に落ち込んだ。新型コロナウイルスの世界的流行を受けて貸倒引当金を大きく積み増したことが響いた。

ムーディーズ、シンガポールの銀行の格付け見通し「ネガティブ」に

米格付け会社ムーディーズは2日、シンガポールの銀行セクターの格付け見通しを「安定的」から「ネガティブ」に変更した。

東南アジア株式・中盤=マニラ暴落、その他も下げる

中盤の東南アジア株式市場は、3日ぶりに取引を再開したマニラ市場が24%安まで下げた。その他の域内市場も、新型コロナウイルスが経済に及ぼす悪影響への警戒感から大幅安となっている。

東南アジア株式・中盤=軒並み下落、新型コロナが重し

中盤の東南アジア株式市場は軒並み下落した。新型コロナウイルスの感染拡大で中国以外でも経済的な影響が深刻化するとの懸念が広がった。シンガポール市場は景気後退懸念が出る中、1年超ぶりの低水準で推移している。

アジア株式市場サマリー:引け(25日)

(配信時間に応じて内容を更新します) [25日 ロイター] -  終値 前日比 % 始値 高値 安値 コード 中国 上海総合指数 3013.0501 - 18.1832 - 0.60 2982.0696 3016.9458 2943.7168 前営業日終値 3031.2333 中国 CSI300指 4123.854 -8.985 -0.22 4066.302 4126.708 4020.908 数 前営業日終値 4132.839 香港 ハンセン指数 26893.23 +72.35 +0.27 26722.39 26914.05 26667.04...

東南アジア株式・引け=大半が小幅上昇、新型肺炎懸念は継続

25日の東南アジア株式市場の株価は大半が小幅上昇。一方で、新型肺炎の感染拡大をめぐる懸念は、依然として広がっている。

中国の独立系石油精製業者、一部に対し銀行が融資凍結=関係筋

中国の独立系の石油精製業者の一部に対して、銀行が融資を停止している。石油精製業界でデフォルト(債務不履行)への懸念が高まっていることや、新型コロナウイルスの感染拡大で精製業者の売り上げが打撃を受けていることが背景。

東南アジア株式・中盤=まちまち、新型肺炎懸念に一服感

25日中盤の東南アジア株式市場の株価は売り相場だった前日から持ち直し、まちまちとなっている。新型肺炎が中国以外にも急拡大するとの懸念が引き続き上値を抑えている。

再送-東南アジア株式・中盤=おおむね下落、新型肺炎拡大でリスクオフ

中盤の東南アジア株式市場はおおむね下落。新型コロナウイルスによる肺炎が中国以外で急拡大しており、アジア諸国でリスク選好が薄れている。

シンガポール大手行、第4四半期は増益 新型ウイルスで見通し厳しく

シンガポールの大手銀オーバーシー・チャイニーズ銀行(OCBC)<OCBC.SI>は21日、市場予想を上回る10─12月期決算を発表した。ユナイテッド・オーバーシーズ銀行(UOB)の決算は小幅増益だった。しかし両行はいずれも、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて先行きについて慎重な見通しを示した。

シンガポールDBS、第4四半期は増益 新型ウイルスの影響見込む

シンガポールの銀行大手DBSグループ・ホールディングス<DBSM.SI>が13日発表した第4・四半期決算は、市場予想を上回る14%増益となった。2020年については、中国で発生した新型コロナウイルスの感染拡大が収入を小幅ながら押し下げるとの見通しを示した。

東南アジア株式・引け=ほぼ変わらず、新型肺炎への懸念根強い

7日の東南アジア株式市場の株価は、ほぼ変わらず。新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大が続く中、死亡者数が増加し経済に悪影響を与えるとの懸念が高まっている。これを受け、各国市場は狭いレンジでの取引が続く結果となった。

東南アジア株式・中盤=大半が下落、新型肺炎の死者増で

中盤の東南アジア株式市場は、大半が下落。新型コロナウイルスによる肺炎の死者が増加し、世界経済への影響に警戒が強まっている。ただ中国の感染対策を好感し、週間ベースでは4%上昇している。

東南アジア株式・中盤=おおむね反発、クアラルンプールが大幅高

7日中盤の東南アジア株式市場の株価は、おおむね反発している。米国とイランの間に新たな威嚇の応酬がないことから、投資家の間で地政学的対立が広がるとの見方が後退している。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up