for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Oversea-Chinese Banking Corp. Limited

OCBC.SI

現在値

12.00SGD

変化

0.10(+0.84%)

出来高

3,195,500

本日のレンジ

11.92

 - 

12.00

52週レンジ

8.40

 - 

12.77

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
11.90
始値
11.97
出来高
3,195,500
3か月平均出来高
104.71
高値
12.00
安値
11.92
52週高値
12.77
52週安値
8.40
発行済株式数
4,505.00
時価総額
54,177.16
予想PER
10.98
配当利回り
3.41

次のエベント

Q3 2021 Oversea-Chinese Banking Corporation Ltd Earnings Release

適時開示

その他

Oversea-Chinese Banking Corporation Appoints Tan Teck Long As Head Of Global Wholesale Banking

Capallianz Says Unit Entered Settlement Agreement With OCBC

Oversea-Chinese Banking Says Cessation Of Ching Wei Hong As Deputy President

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Oversea-Chinese Banking Corp. Limitedとは

オーバーシー・チャイニーズ・バンキング・コーポレーション(Oversea-Chinese Banking Corporation Limited)は、金融サービスを提供するシンガポールの会社である。【事業内容】銀行、生命保険、損害保険、資産管理、資産管理、投資保有、先物および株式仲買の事業を行う。5つの事業セグメントを通じて運営する。グローバルコンシューマー/プライベートバンキングセグメントは、個人顧客に製品とサービスを提供する。グローバルコーポレート/インベストメントバンキングセグメントは、大企業や公共部門から中小企業までの機関顧客にサービスを提供する。グローバルトレジャリーアンドマーケッツセグメントは、外国為替活動、マネーマーケットオペレーション、債券およびデリバティブ取引を行い、ストラクチャードトレジャリー商品および金融ソリューションを提供する。保険セグメントは、生命保険と一般保険を提供する。OCBC Wing Hangセグメントは、各商業銀行と関連金融サービスを提供する。

業種

Regional Banks

連絡先

65 Chulia Street, #29-08 Ocbc Centre

049513

Singapore

+65.6.3187222

https://www.ocbc.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Sang Kuang Ooi

Non-Executive Non-Independent Chairman of the Board

Pik Kuen Wong

Group Chief Executive Officer

Siew Peng Tan

Chief Financial Officer, Executive Vice President

Wu Beng Na

Chief Executive Officer - OCBC Wing Hang Bank

Eng Bin Ong

Chief Executive Officer - OCBC Bank Malaysia

統計

1.90 mean rating - 20 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, SGD)

2018

9.7K

2019

10.9K

2020

10.1K

2021(E)

10.7K
EPS (SGD)

2018

1.062

2019

1.140

2020

0.800

2021(E)

1.093
株価売上高倍率(過去12カ月)
11.21
株価売上高倍率(過去12カ月)
1.63
株価純資産倍率(四半期)
1.04
株価キャッシュフロー倍率
9.81
総負債/総資本(四半期)
41.00
長期負債/資本(四半期)
41.00
投資利益率(過去12カ月)
--
自己資本利益率(過去12カ月)
0.97

最新ニュース

最新ニュース

シンガポール中銀、対マネロンのデジタル基盤導入へ 各行と協力

シンガポール金融管理局(MAS、中央銀行)は1日、各行が顧客や取引の情報を共有することができるデジタルプラットフォームを2023年上半期に導入すると発表した。マネーロンダリング(資金洗浄)や犯罪活動への資金供給を防ぐ取り組みの一環。

アジア株式市場サマリー:引け(4日)

(表は本文の下に表示しています。配信時間に応じて内容を更新します。) [4日 ロイター] - 東南アジア株式市場は大半が上昇した。ただクアラルンプール市場は政治不安の高ま りを背景に約9カ月ぶりの安値に下落した。総合株価指数KLCIは0.60%安の14 91.33で終えた。 一時は1%以上下げ、昨年11月以来の安値を付けた。新型コロナウイルス感染が続 いているほか、政治的な不透明感が強まっている。 マレーシアのムヒディン首相は4日、辞任の要求が強まる中、拒否する姿勢を示し議 会で過半数の支持を維持できると述べた。先週の王室による異例の政権批判...

アジア株式市場サマリー:引け(7日)

(配信時間に応じて内容を更新します) [7日 ロイター] -  終値 前日比 % 始値 高値 安値 コード 中国 上海総合指数 3418.8741 - 22.4085 - 0.65 3446.4070 3457.8924 3416.7755 前営業日終値 3441.2826 中国 CSI300指 4996.053 -65.072 -1.29 5073.455 5093.747 4996.037 <.CSI30 数 0> 前営業日終値 5061.124 香港 ハンセン指数 28610.65 -26.81 -0.09 28721.13 28884.03...

東南アジア株式・中盤=総じて上昇、中国統計が支援材料

東南アジア株式市場はおおむね上昇。良好な中国の統計が支 援材料になった。  シンガポール市場ではOCBC銀行とUOBの力強い四半期決算 を受けて大手銀行株が上昇している。 時間 現在値 前日比 % シンガポ ST指数 14:13 3197.79 +24.79 +0.78 ール 前営業日終値 3173.00 マレーシ 総合株価指数 <. 14:13 1579.64 +1.31 +0.08 ア KLSE> 前営業日終値 1578.33 インドネ 総合株価指数 <. 13:30 5945.93 -24.308 -0.41 シア JKSE> 前営業日終値...

MUFGなど、シティのアジア個人金融の部分買収提案へ=関係筋

米シティグループのアジア個人金融事業の一部について、DBSグループ、三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)、OCBC、スタンダード・チャータード(スタンチャート)などの銀行が買収案を提示しようとしている。事情を直接知る複数の関係筋がロイターに明らかにした。売却プロセスは2週間以内に始まる見込みという。

EXCLUSIVE-MUFGなど、シティのアジア個人金融の部分買収提案へ=関係筋

米シティグループのアジア個人金融事業の一部について、DBSグループ、三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)、OCBC、スタンダード・チャータード(スタンチャート)などの銀行が買収案を提示しようとしている。事情を直接知る複数の関係筋がロイターに明らかにした。売却プロセスは2週間以内に始まる見込みという。

アジア株式市場サマリー:引け(24日)

(インド市場の終値を更新しました) [24日 ロイター] -  終値 前日比 % 始値 高値 安値 コード 中国 上海総合指数 3564.0799 - 72.2774 - 1.99 3638.9359 3645.6474 3531.5936 前営業日終値 3636.3573 中国 CSI300指 5437.568 -142.100 -2.55 5591.480 5598.828 5379.728 数 前営業日終値 5579.668 香港 ハンセン指数 29718.24 -914.40 -2.99 30702.65 30792.88 29532.68...

東南アジア株式・引け=大半が下落、米国債利回り上昇を材料視

東南アジア株式市場は大半が下落して引けた。高値警戒感が根強かった他、米国債利回りの上昇が地合いを弱めた。

東南アジア株式・中盤=まちまち、高値警戒感やインフレ懸念が重し

東南アジア株式市場はまちまち。引き続き高値警戒感が広がっているほか、インフレ加速見通しが重しとなっている。

シンガポールDBS、第4四半期は33%減益 見通しは楽観的

シンガポールの銀行大手DBSグループ・ホールディングスが発表した2020年第4・四半期決算は、純利益が前年同期比33%減少した。市場予想とおおむね一致した。新型コロナウイルス危機への対応で、不良債権引当金を積み増したことが背景。

東南アジア株式・中盤=まちまち、シンガポールは輸出減で下落

東南アジア株式市場はまちまち。シンガポール市場のストレーツ・タイムズ指数(STI)は、0453GMT(日本時間午後1時53分)時点で0.49%安。11月の国産品輸出(石油を除く)が前年同月比4.9%減となったことを受けて下落した。

アジア株式市場サマリー:引け(5日)

(配信時間に応じて内容を更新します) [5日 ロイター] -  終値 前日比 % 始値 高値 安値 コード 中国 上海総合指数 3320.1333 + 42.6931 + 1.30 3305.5798 3320.4080 3291.6000 前営業日終値 3277.4402 中国 CSI300指数 4885.112 +71.455 +1.48 4861.338 4885.112 4838.000 前営業日終値 4813.656 香港 ハンセン指数 25695.92 +809.78 +3.25 25500.91 25695.92 25343.44...

東南アジア株式・中盤=総じて上昇、バイデン氏優位を好感

中盤の東南アジア株式市場は総じて上昇した。激戦の米大統領選で民主党候補のバイデン前副大統領がトランプ大統領より優位に立ち、当選が射程に入ったことが好感された。

東南アジア株式・引け=おおむね下落、ジャカルタは上昇

東南アジア株式市場は、おおむね下落した。米連邦準備理事会(FRB)が金融政策を維持したことで、投資家は株価の新たな上昇要因にならないと判断した。

アジア株式市場サマリー:引け(30日)

上海と深センの株式市場に上場する有力企業300銘柄で構成するCSI300指数<.CSI300>終値は22.857ポイント(0.49%)安の4656.151。

東南アジア株式・中盤=シンガポールが大幅安、銀行株が売られる

30日中盤の東南アジア株式市場の株価は、シンガポール市場が大幅安となり、2カ月ぶり安値を付けた。新型コロナウイルスの感染拡大に伴う過去最悪規模の景気後退を受け、同国通貨庁(MAS、中央銀行)が金融機関に今年の配当抑制を要請したことから、銀行株が売られた。

東南アジア株式・引け=ホーチミン2%高、経済回復期待 マニラは下落

東南アジア株式市場はホーチミン市場が2%超上伸した。ベトナムの新型コロナウイルスからの経済回復が他の大半の国々よりも早くなることを示すニュースが好感されている。一方、マニラ市場は通信株に押し下げられた。

情報BOX:新型コロナウイルスを巡る海外の状況(8日現在)

複数の関係筋によると、新型コロナウイルスの発生源を調べる「独立調査」を求めているオーストラリア政府が、米国の対応に困惑している。

シンガポールのOCBC、第1四半期は43%減益 引当金追加計上で

シンガポール第2位のオーバーシー・チャイニーズ銀行<OCBC.SI>が発表した第1・四半期決算は、純利益が前年同期から43%減少し、7年ぶりの低水準に落ち込んだ。新型コロナウイルスの世界的流行を受けて貸倒引当金を大きく積み増したことが響いた。

ムーディーズ、シンガポールの銀行の格付け見通し「ネガティブ」に

米格付け会社ムーディーズは2日、シンガポールの銀行セクターの格付け見通しを「安定的」から「ネガティブ」に変更した。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up