for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

フランス・テレコム SA

ORAN.PA

現在値

9.20EUR

変化

-0.12(-1.28%)

出来高

1,348,272

本日のレンジ

9.19

 - 

9.28

52週レンジ

8.93

 - 

11.94

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
9.32
始値
9.28
出来高
1,348,272
3か月平均出来高
137.49
高値
9.28
安値
9.19
52週高値
11.94
52週安値
8.93
発行済株式数
2,658.77
時価総額
25,254.58
予想PER
8.46
配当利回り
7.37

次のエベント

Q3 2022 Orange SA Earnings Release

適時開示

その他

Grolleau Signs Order With Orange In Liberia

Orange Business Services Reinforces Its Cloud-Centric Capabilities By Combining Affiliates Under A United Brand

Orange Polska To Merge With Wholly-owned TP Teltech

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

フランス・テレコム SAとは

オレンジ(Orange SA)は、フランスに本拠を置くマルチサービス通信事業者である。【事業内容】フランス、スペイン、ヨーロッパ、アフリカ・中東、エンタープライズ、国際キャリア・共有サービス、Orangeバンクの7つのセグメントで構成される。フランス事業は、消費者や企業へのすべての固定及びモバイル通信サービス、並びにキャリア向けサービスを提供する。スペイン事業は、固定回線、携帯電話及びファイバーを含む。ヨーロッパ(ポーランド、ベルギー、ルクセンブルク、ルーマニア、スロバキア、モルドバ)事業は、高速の固定ブロードバンド及びモバイルブロードバンドを提供する。アフリカ・中東事業は、主にモバイル市場で事業行い、電話と固定インターネットサービスも提供する。エンタープライズ事業は、デジタル変換のサポートを提供する。国際キャリア・共有サービス事業は、国際キャリア、並びにコンテンツにおけるOCS及びOrange Studioの事業を含む。Orangeバンク事業は、モバイル金融サービスを提供する。Orange SAは、Orangeグループの親会社である。

業種

Communications Services

連絡先

111

quai du President Roosevelt, Cs 70222

92449

France

+33.1.44442222

https://www.orange.com

エグゼクティブリーダーシップ

Jacques Aschenbroich

Independent Chairman of the Board

Christel Heydemann

Chief Executive Officer, Director

Ramon Fernandez

Delegate Chief Executive Officer, Executive Director Finance, Performance and Europe, Member of the Executive Committee

Gervais Pellissier

Delegate Chief Executive Officer, Group Transformation and Chairman of Orange Business Services, Member of the Executive Committee

Nicolas Guerin

Senior Executive Vice-President, Group General Secretary and Secretary of the Board of Directors, Member of the Executive Committee

統計

2.19 mean rating - 26 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, EUR)

2019

42.2K

2020

42.3K

2021

42.5K

2022(E)

43.3K
EPS (EUR)

2019

1.110

2020

1.750

2021

0.000

2022(E)

1.113
株価売上高倍率(過去12カ月)
6.27
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.59
株価純資産倍率(四半期)
0.77
株価キャッシュフロー倍率
1.98
総負債/総資本(四半期)
146.99
長期負債/資本(四半期)
123.09
投資利益率(過去12カ月)
6.32
自己資本利益率(過去12カ月)
4.56

最新ニュース

最新ニュース

再送-通信網コストの巨大IT企業負担案は消費者に悪影響=米グーグル

米アルファベット傘下のグーグルは26日、欧州の通信事業者が巨大IT企業に対して通信網コストの一部負担を求めようとする動きに関し、消費者に悪影響がある10年前の考えだと反発した。その上で、グーグルはインターネットのインフラ構築に既に多大な投資をしてきたと訴えた。

欧州通信事業者、GAFAにインフラコストの一部負担を要求

ドイツテレコムやBTグループをはじめとする欧州通信事業者が、「GAFA」と呼ばれる米巨大テック企業に通信網運営コストの一部負担を求める声明を発表した。

EU、IT大手の通信網コスト負担を検討 グーグルやメタなど

欧州連合(EU)のベステアー欧州委員(競争政策担当)は2日、米アルファベット傘下グーグル、メタ・プラットフォームズ、ネットフリックスなどのIT大手が、欧州の通信網のコストの一部を負担する必要がある可能性があると表明した。EU通信運営会社からの苦情申し立てが背景にある。

フランスで大規模ネット接続障害、破壊行為の疑いとの報道

フランスのデジタル担当長官は27日、パリを含む「イルドフランス」地域圏でインターネットの接続障害が発生していると明らかにした。これに先立ち、複数の報道機関が国内の通信インフラに組織的な攻撃を受けていると報じていた。

欧州通信網コスト、米IT大手も負担を ドイツテレコムなど要望

ドイツテレコム、英ボーダフォンなど欧州通信大手13社の最高経営責任者(CEO)は29日、データ通信量の多いサービスを提供している米IT大手に対し、欧州の通信網開発コストの一部を負担するよう呼び掛けた。

バルセロナで通信見本市、各社から欧州規制の見直し求める声

スペインのバルセロナで28日に開幕した世界最大級の通信関連見本市「モバイル・ワールド・コングレス(MWC)」では、通信各社のトップから欧州の規制枠組みを全面的に見直すべきだとの声が上がった。

スペインで通信見本市MWC開幕、3万人の来場見込む

スペインのバルセロナで28日、世界最大級の通信関連見本市「モバイル・ワールド・コングレス」が開幕する。医療用マスクおよび接触者追跡用デジタルバッジの着用が義務付けられるほか、入場前に新型コロナウイルス検査を受ける必要はあるものの、3日間の会期中に世界143カ国から3万人以上の来場者を見込んでいる。

英ボーダフォン、5G設備の調達先にサムスン電子を選定

英通信大手ボーダフォン・グループは、英国内の5G(第5世代通信)網設備の調達先に韓国のサムスン電子を選定した。

英ボーダフォン、5G設備の調達先にサムスン電子を選定

英通信大手ボーダフォン・グループは、英国内の5G(第5世代通信)網設備の調達先に韓国のサムスン電子を選定した。

欧州市場サマリー(18日)

<ロンドン株式市場> 続落して取引を終えた。約3週 間ぶりの大幅下落となった。軟調な決算を受け新型コロナウイルスのパンデミック(世界 的大流行)による企業への打撃が際立った。また、ポンド高が輸出銘柄の重しとなった。 ポンドはユーロとドルに対して値を上げ、ほぼ1年ぶりの高値を付けた。 英銀大手のバークレイズは4.4%安。2020年の利益が半減したことが 不安視された。 医療機器のスミス・アンド・ネフュー(S&N)は5.9%安だった。昨年の 通期利益が減り、パンデミックの影響が2021年上半期も続くとの見通しを示したこと が嫌気された。 製薬会社...

欧州株式市場=3日続落、軟調な決算と物価急上昇懸念で

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 STOXX欧州600 412.70 -3.40 -0.82 416.10 種 FTSEユーロファー 1590.61 -12.39 -0.77 1603.00 スト300種 ユーロSTOXX50 3681.04 -18.81 -0.51 3699.85 <.STOXX50 種 E> 欧州株式市場は3日続落。1次産品の値上がりやユーロ高による物価急上昇に関する 不安に加え、軟調な企業決算が相場の重しとなった。 原油が値上がりしたものの、STOXX欧州600種石油・ガス株指数は2 .20...

アングル:コロナ拡大のアフリカでオンライン送金が急増

経済危機のジンバブエから脱出したブライトン・タカウィラさんは、南アフリカで創業した小さな香水事業で得た収入の一部を、母国で暮らす母親に渡して支援してきた。

仏、5Gからファーウェイ事実上排除 免許更新せず=関係筋

から次世代通信規格「5G」に関連する機器を調達する場合、使用免許の更新はできないと非公式に通達したことが複数の関係筋の話で明らかになった。ファーウェイ製品の事実上の排除に当たるとみられる。

仏通信各社の5G、ファーウェイ採用をあえて奨励はしない─当局=新聞

の通信機器採用を全面的には禁止はしないが、現在同社製品を使っていない場合は、あえて採用すべきでないとの考えを示した。

パリで人種差別抗議デモ、機動隊が催涙ガス発射

フランスの首都パリ中心部で13日、人種差別に反対する抗議デモが行われた。機動隊は暴徒化した一部のデモ隊と衝突、催涙ガスを発射した。

ファーウェイ、仏で欧州初の5G工場建設へ 各国の対応割れる

の梁華会長は27日、欧州で初めてとなる第5世代移動通信システム(5G)向け製品の製造工場をフランスに建設すると発表した。

MWC見本市中止で広がる波紋、地元経済に打撃 独自対応の企業も

スペイン・バルセロナで今月開催される予定だった世界最大級の通信関連見本市「モバイル・ワールド・コングレス(MWC)」は、新型コロナウイルス感染拡大の影響で中止が決まった。

新型肺炎、第1四半期のスマホ販売に打撃=中国シャオミCEO

中国のスマートフォンメーカー、小米科技(シャオミ)<1810.HK>の雷軍最高経営責任者(CEO)は13日、最新主力機種「Mi10」シリーズの正式発表イベントで、新型コロナウイルス感染拡大について「第1・四半期のスマホ販売は影響を受けるだろうが、第2・四半期と第3・四半期に販売が回復すると信じている」と語った。

スペイン通信見本市が中止に、新型肺炎で出展見送り相次ぎ

携帯電話通信の国際業界団体GSMAは12日、スペインのバルセロナで24─27日に開催される予定だった世界最大級のモバイル機器の展示会「モバイル・ワールド・コングレス(MWC)2020」を中止すると発表した。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、複数の企業が参加を見送ったためという。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up