for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

フランス・テレコム SA

ORAN.PA

現在値

9.78EUR

変化

0.07(+0.74%)

出来高

2,840,168

本日のレンジ

9.66

 - 

9.79

52週レンジ

8.84

 - 

15.38

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
9.70
始値
9.73
出来高
2,840,168
3か月平均出来高
168.01
高値
9.79
安値
9.66
52週高値
15.38
52週安値
8.84
発行済株式数
2,658.27
時価総額
25,813.19
予想PER
9.37
配当利回り
5.15

次のエベント

Q3 2020 Orange SA Earnings Release

適時開示

その他

Orange To Update Markets On 2020 Dividend In November Or December - CEO

Orange Reports Q2 EBITDAal Down At EUR 3.31 Billion, Confirms FY Targets

Orange CFO Says Banking Unit To Fully Migrate To Mastercard From Wirecard By Fall Of This Year

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

フランス・テレコム SAとは

オレンジ(Orange SA)は、フランスに本拠を置くマルチサービス通信事業者である。【事業内容】フランス、スペイン、ヨーロッパ、アフリカ・中東、エンタープライズ、国際キャリア・共有サービス、Orangeバンクの7つのセグメントで構成される。フランス事業は、消費者や企業へのすべての固定及びモバイル通信サービス、並びにキャリア向けサービスを提供する。スペイン事業は、固定回線、携帯電話及びファイバーを含む。ヨーロッパ(ポーランド、ベルギー、ルクセンブルク、ルーマニア、スロバキア、モルドバ)事業は、高速の固定ブロードバンド及びモバイルブロードバンドを提供する。アフリカ・中東事業は、主にモバイル市場で事業行い、電話と固定インターネットサービスも提供する。エンタープライズ事業は、デジタル変換のサポートを提供する。国際キャリア・共有サービス事業は、国際キャリア、並びにコンテンツにおけるOCS及びOrange Studioの事業を含む。Orangeバンク事業は、モバイル金融サービスを提供する。Orange SAは、Orangeグループの親会社である。

業種

Communications Services

連絡先

78 rue Olivier de Serres

75015

France

+33.1.44442222

https://www.orange.com

エグゼクティブリーダーシップ

Stephane Richard

Chairman of the Board, Chief Executive Officer, Member of Executive Committee

Ramon Fernandez

Delegate Chief Executive Officer, Executive Director Finance, Performance and Europe, Member of the Executive Committee

Marie-Noelle Jego-Laveissiere

Deputy Chief Executive Officer, Chief Technology and Innovation Officer, Member of the Executive Committee

Laurent Paillassot

Deputy Chief Executive Officer, Chief Executive Officer of Orange Spain, Member of the Executive Committee

Gervais Pellissier

Delegate Chief Executive Officer, Group Transformation and Chairman of Orange Business Services, Member of the Executive Committee

統計

2.07 mean rating - 29 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, EUR)

2017

41.1K

2018

41.4K

2019

42.2K

2020(E)

42.1K
EPS (EUR)

2017

1.090

2018

1.122

2019

1.110

2020(E)

1.017
株価売上高倍率(過去12カ月)
9.96
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.61
株価純資産倍率(四半期)
0.80
株価キャッシュフロー倍率
2.37
総負債/総資本(四半期)
146.35
長期負債/資本(四半期)
118.46
投資利益率(過去12カ月)
4.19
自己資本利益率(過去12カ月)
2.97

最新ニュース

最新ニュース

仏、5Gからファーウェイ事実上排除 免許更新せず=関係筋

から次世代通信規格「5G」に関連する機器を調達する場合、使用免許の更新はできないと非公式に通達したことが複数の関係筋の話で明らかになった。ファーウェイ製品の事実上の排除に当たるとみられる。

仏通信各社の5G、ファーウェイ採用をあえて奨励はしない─当局=新聞

の通信機器採用を全面的には禁止はしないが、現在同社製品を使っていない場合は、あえて採用すべきでないとの考えを示した。

パリで人種差別抗議デモ、機動隊が催涙ガス発射

フランスの首都パリ中心部で13日、人種差別に反対する抗議デモが行われた。機動隊は暴徒化した一部のデモ隊と衝突、催涙ガスを発射した。

ファーウェイ、仏で欧州初の5G工場建設へ 各国の対応割れる

の梁華会長は27日、欧州で初めてとなる第5世代移動通信システム(5G)向け製品の製造工場をフランスに建設すると発表した。

MWC見本市中止で広がる波紋、地元経済に打撃 独自対応の企業も

スペイン・バルセロナで今月開催される予定だった世界最大級の通信関連見本市「モバイル・ワールド・コングレス(MWC)」は、新型コロナウイルス感染拡大の影響で中止が決まった。

新型肺炎、第1四半期のスマホ販売に打撃=中国シャオミCEO

中国のスマートフォンメーカー、小米科技(シャオミ)<1810.HK>の雷軍最高経営責任者(CEO)は13日、最新主力機種「Mi10」シリーズの正式発表イベントで、新型コロナウイルス感染拡大について「第1・四半期のスマホ販売は影響を受けるだろうが、第2・四半期と第3・四半期に販売が回復すると信じている」と語った。

スペイン通信見本市が中止に、新型肺炎で出展見送り相次ぎ

携帯電話通信の国際業界団体GSMAは12日、スペインのバルセロナで24─27日に開催される予定だった世界最大級のモバイル機器の展示会「モバイル・ワールド・コングレス(MWC)2020」を中止すると発表した。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、複数の企業が参加を見送ったためという。

欧州市場サマリー(4日)

<ロンドン株式市場> 5営業日ぶりに反発して取引を終 えた。米中が貿易協議の第一段階の合意に近づいているとの報道でリスク志向が高まった 。 ブルームバーグは、米中が第1段階の協定文書を巡り、これまでに発動した追加関税 の引き下げ規模で合意に近づいていると報じた。アジアへのエクスポージャーが高い金融 大手HSBCやFTSE350種鉱業株指数の値上がりが目立った 。 ただ、OANDAのアナリスト、クレイグ・アーラム氏は市場心理が好転したことに ついて「他に材料がなかった」ためだろうと指摘。他のアナリストは合意内容の具体的な 詳細が明らかでないとした...

欧州株式市場=反発、米中通商合意に期待

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 STOXX欧州600 403.19 +4.71 +1.18 398.48 種 FTSEユーロファー 1575.15 +17.67 +1.13 1557.48 スト300種 ユーロSTOXX50 3660.02 +49.03 +1.36 3610.99 <.STOXX50 種 E> 欧州株式市場は反発して取引を終えた。米中通商協議が合意に近づいているとの報道 が買い材料だった。 ブルームバーグは、第一段階の合意文書を巡りこれまでの追加関税の引き下げ規模に ついて両国が合意に近づいていると...

欧州市場サマリー(27日)

<ロンドン株式市場> 4営業日続伸して取引を終えた 。トランプ米大統領が中国との通商交渉について「第1段階」の合意は近いと発言したこ とで買い意欲が強まった。好調な業績見通しを示したブリティッシュ・アメリカン・タバ コ(BAT) も大幅高だった。 アジアへのエクスポージャーが高い金融大手HSBCは0.4%上昇した。 BATは3.1%上昇した。通期の売り上げが、長期的な目標範囲の上半分に達する見通 しを示したことが好感された。 中型株で構成するFTSE250種指数は0.43%上昇し、昨年7月以来 の高値。12月の総選挙で英国の欧州連合(EU...

欧州株式市場=上昇、M&A期待で通信株買われる

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 STOXX欧州600 409.81 +1.32 +0.32 408.49 種 FTSEユーロファー 1602.97 +5.11 +0.32 1597.86 スト300種 ユーロSTOXX50 3712.85 +7.30 +0.20 3705.55 <.STOXX50 種 E> 欧州株式市場は上昇して取引を終えた。合併・買収(M&A)期待で通信株が買われ た。また、トランプ米大統領が中国との通商協議について前向きな発言をしたことで市場 心理が好転した。 通信大手ドイツテレコムは1.3...

5G通信網整備からファーウェイ排除せず=仏副経済相

フランスのパニエリュナシェ経済・財務副大臣は25日、同国は米国の後追いはせず、次世代通信規格「5G」の通信網整備から中国通信機器大手・華為技術(ファーウェイ)<HWT.UL>を排除することはしないと述べた。その一方で、政府は安全保障上の脅威に関して全ての通信機器メーカーを入念に調べる権限を持つ見込みだと付け加えた。

欧州市場サマリー(29日)

<ロンドン株式市場> 反落して取引を終えた。英国で 12月に総選挙が行われる可能性から投資家は慎重な姿勢を示した。軟調な決算が嫌気さ れた石油大手BPも相場を押し下げた。 また、米中通商協議を巡る「第1段階」の合意について、来月の署名が実現しないか もしれないとするロイターの報道を受け売りが加速した。 BPは3.8%値を下げた。原油安と生産減少によって第3・四半期利益が大 幅に減ったことが嫌気された。 EUは28日、英国の離脱期日を最長3カ月間延期することで合意したが、議会は英 国がどのような条件で離脱するのか、いつ離脱するか、離脱するべきか...

欧州株式市場=7営業日ぶり反落、軟調な決算を嫌気

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日 コード 終値 STOXX欧州600種 398.37 -0.62 -0.16 398.99 FTSEユーロファース 1561.87 -3.00 -0.19 1564.87 ト300種 ユーロSTOXX50種 3622.09 -3.60 -0.10 3625.69 <.STOXX50E > 欧州株式市場は7営業日ぶりに反落して取引を終えた。軟調な決算 が相場を押し下げた。 フィンランドの製紙会社ストラエンソは5.1%下落し た。四半期利益が減ったほか、地政学的な先行き不透明感があると述べ たことが不安視...

仏大統領、IT企業アトスのブルトンCEOを欧州委員候補に推薦

フランス大統領府は、IT企業アトス<ATOS.PA>のティエリー・ブルトン最高経営責任者(CEO)を、産業政策を担当する次期欧州委員候補に推薦したと発表した。

5G事業者、安全保障と技術力の観点から判断=仏経財相

フランスのルメール経済・財務相は、次世代通信規格5G通信網整備について、安全保障と通信網のパフォーマンスに基づき決定し、特定の事業者を排除しない方針を示した。

5G事業者、安全保障と技術力の観点から判断=仏経財相

フランスのルメール経済・財務相は、次世代通信規格5G通信網整備について、安全保障と通信網のパフォーマンスに基づき決定し、特定の事業者を排除しない方針を示した。

焦点:ファーウェイ排除に乗じるか、韓国サムスンの「5G勝負」

を排除する米国などの動きに乗じようという狙いだ。サムスン関係者や業界幹部の取材で明らかになった。

ファーウェイ5G参入、英当局は全面的な禁止支持せず=関係筋

の次世代通信規格「5G」参入を全面的に禁止することは支持していない。

ドイツテレコム、通信機器調達計画を見直し ファーウェイ問題受け

ドイツの通信大手ドイツテレコムは29日、米国が次世代高速通信規格「5G」関連で中国通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)排除に動いていることを受け、通信機器調達計画を見直していることを明らかにした。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up