for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

オラクル・コーポレーション

ORCL.N

現在値

82.90USD

変化

0.60(+0.73%)

出来高

1,842,371

本日のレンジ

81.94

 - 

83.23

52週レンジ

50.91

 - 

85.02

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
82.30
始値
81.98
出来高
1,842,371
3か月平均出来高
260.41
高値
83.23
安値
81.94
52週高値
85.02
52週安値
50.91
発行済株式数
2,883.54
時価総額
239,045.00
予想PER
18.46
配当利回り
1.54

次のエベント

Q4 2021 Oracle Corp Earnings Call

適時開示

その他

Google Will Stop Using Oracle's Finance Software And Adopt Sap Instead - CNBC

Oracle Issues Statement On Rimini Street

Oracle Posts Q3 EPS Of $1.68

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

オラクル・コーポレーションとは

オラクル(Oracle Corporation)はアプリケーション、プラットフォーム及びインフラを含む全ての企業の情報技術(IT)環境に処理する製品とサービスを提供する。【事業内容】同社の事業はクラウドとオンプレミスのソフトウェア、ハードウェア、およびサービスを含む。そのクラウドとオンプレミスのソフトウェア事業はサービスとしてのソフトウェア(SaaS)及びサービスとしてのプラットフォーム(PaaS)を含むクラウドソフトウェアとオンプレミスソフトウェア事業、クラウドインフラストラクチャ(IaaS)事業、並びにソフトウェアライセンスの更新と製品サポート事業を含む。ハードウェア事業はハードウェア製品とハードウェアサポート2つの事業区分を含む。同社のサービス事業は同社の事業の残りの部分を含む。同社のサービス事業はコンサルタントサービス、強化されたサポートサービス及び教育サービスなどの活動を含む。

業種

Software & Programming

連絡先

500 Oracle Pkwy

REDWOOD CITY, CA

94065-1677

United States

+1.650.5067000

https://www.oracle.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Lawrence J. Ellison

Executive Chairman of the Board, Founder, Chief Technology Officer

William Corey West

Executive Vice President, Chief Accounting Officer, Corporate Controller

Dorian E. Daley

Executive Vice President, General Counsel

Edward Screven

Executive Vice President, Chief Corporate Architect

Safra A. Catz

Chief Executive Officer, Director

統計

2.81 mean rating - 31 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2018

39.9K

2019

39.5K

2020

39.1K

2021(E)

40.3K
EPS (USD)

2018

3.120

2019

3.520

2020

3.850

2021(E)

4.459
株価売上高倍率(過去12カ月)
19.80
株価売上高倍率(過去12カ月)
6.02
株価純資産倍率(四半期)
26.97
株価キャッシュフロー倍率
15.21
総負債/総資本(四半期)
778.64
長期負債/資本(四半期)
713.94
投資利益率(過去12カ月)
14.46
自己資本利益率(過去12カ月)
11.95

最新ニュース

最新ニュース

コラム:TikTok禁止撤回、バイデン政権「客観的」判断へ

中国系動画投稿アプリ「TikTok(ティックトック)」に対して米国が締め付けを続けるとしても、もはやそれはティックトックにこだわり過ぎることはなくなる。バイデン米大統領は9日、トランプ前大統領が発出したティックトックと中国の通信アプリ「微信(ウィーチャット)」の利用禁止命令を撤回。米政府は今後、こうした特定企業を狙い撃ちにするのではなく、外国の敵対勢力が所有しているかどうかなど、より客観的な基準で安全保障上の脅威を判断していくことになる。

グーグル、OS著作権訴訟でオラクルに勝訴 米最高裁が判断

米ソフトウエア大手オラクルが、アルファベット子会社グーグルにプログラミング言語に関する著作権を侵害されていたとして起こした訴訟で、連邦最高裁は5日、グーグルは著作権法を侵害していないとの判断を示した。

米株はS&Pとダウが最高値更新、経済対策法案の成立などで

米国株式市場は主要株価3指数が上昇して取引を終えた。S&P総合500種とダウ工業株30種は最高値を更新。インフレ懸念が緩和する中、新規失業保険申請件数の減少や新型コロナウイルス追加経済対策法案の成立を受け、景気回復への期待が強まった。

米オラクルの12─2月期、クラウド売上高が予想下回る 競争激化

米ソフトウエア大手・オラクルが10日発表した第3・四半期(2月28日まで)決算は、クラウド部門の売上高が市場予想に届かなかった。在宅勤務が広がる中、アマゾン・ドット・コムやマイクロソフトとの競争が激化した。

米オラクル、12─2月期は売上高が予想上回る クラウド需要好調

米ソフトウエア大手オラクルが10日発表した第3・四半期(2月28日まで)決算は、売上高が市場予想をやや上回った。在宅勤務の広がりを受け、クラウドコンピューティングやライセンスサービスへの需要が好調だった。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「大陰線」、5日線と25日線は「デッドクロス」

<15:49> 日経平均・日足は「大陰線」、5日線と25日線は「デッドクロス」 日経平均・日足は上下に短いヒゲを伴う「大陰線」、弱気な投資家心理を表している。5日移動平均線 (2万9100円99銭=8日)が25日線(2万9323円61銭=同)を上から下に突き抜け、株価が 下落に転じるサインの「デッドクロス」となっている。 交差の角度が緩やで、「強い売りのサイン」とはいえなさそうだが、目先としては不安定な動きが続き そうだ。 <15:27> 新興株市場はまちまち、直近IPOや時価総額大きい銘柄で売り先行 新興株市場はまちまち、日経ジャスダック...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場はまちまち、直近IPOや時価総額大きい銘柄で売り先行

<15:27> 新興株市場はまちまち、直近IPOや時価総額大きい銘柄で売り先行 新興株市場はまちまち、日経ジャスダック平均はほぼ横ばい、東証マザーズ指数は4日続落した。米長 期金利の動向を巡り市場には警戒感が広がる中、マザーズ市場では直近IPO銘柄や時価総額の大きい銘柄 で利益確定売りが広がった。 日経ジャスダック平均は0.09%高。個別では、エコミック が一時ストップ高となったほ か、シンバイオ製薬 もしっかり。一方、リバーエレテック 、室町ケミカル 、アピ リッツ などはさえない。 マザーズ指数は1.72%安。個別では、イグニス が...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は軟調、米長期金利の動向に警戒続く 

<14:27> 日経平均は軟調、米長期金利の動向に警戒続く  日経平均は前営業日比160円ほど安い2万8700円台近辺で軟調に推移している。前場はしっかり した値動きが続いていたが、後場に入ってからはさえない展開となっている。市場からは「特段、新規材料 はないが、米長期金利の動向を巡って不安定な相場環境が続く中、(日経平均は)上昇すると利益確定売り も出やすい状況だ」(国内証券)との声が聞かれた。 東証1部の騰落数では、値上がり銘柄が約4割、値下がり銘柄が約5割と、相場全体が総崩れしている 状況ではない。ただ、指数寄与度の高い半導体関連株...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均はマイナス転化、米株先物やアジア株軟調が重し

<13:04> 日経平均はマイナス転化、米株先物やアジア株軟調が重し 後場に入り、日経平均はマイナス転化。前営業日比140円ほど安い2万8700円台前半で推移して いる。アジア株や米株先物が軟調に推移し、相場の重しとなっている。市場からは「鉱業や鉄鋼、石油・石 炭製品など素材やエネルギー関連は堅調な一方、半導体関連やハイテク株の売りが相場を押し下げている。 また、新型コロナウイルスの新規感染者数が世界的に減少傾向にある中、サービス消費の盛り上がりを市場 が織り込み始め、巣ごもり関連銘柄では利益確定売りが先行しているようだ」(国内証券)との...

午前の日経平均は反発、米株上昇と円安好感 後半伸び悩む

8日午前の東京株式市場で、日経平均は前営業日比61円71銭高の2万8926円03銭となり、反発した。前週末の米株上昇や円安を好感して買い先行で始まったものの、時間外取引で米株先物が軟化するにつれ、前場後半から全体は伸び悩んだ。

NY市場サマリー(5日)米株反発、10年債利回り一時1年ぶり高水準

<為替> 雇用統計が好調だったことで、米国債利回りの上昇は景気見通しの改善を反映したものとする連邦準備理事会(FRB)の見方が裏付けられ、ドルが上昇した。

米国株反発、ダウ572ドル高 ハイテク株に買い戻し

米国株式市場は荒い値動きの中、大幅に反発して取引を終えた。ナスダック総合は今週、最高値から約10%落ち込んだが、この日は約1.5%高となった。

米司法省、TikTok使用禁止巡る控訴審の一時停止要請

米司法省は10日、2カ所の連邦控訴裁判所に、トランプ前政権の中国短編動画投稿アプリ「TikTok(ティックトック)」使用禁止措置を巡る裁判の審理一時停止を要請した。

TikTok米事業売却延期に、バイデン政権が見直し=報道

米ソフトウエア大手オラクルと小売大手ウォルマートによる中国短編動画投稿アプリ「TikTok(ティックトック)」の米事業取得計画が無期延期になったと、米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)が10日、関係筋の情報として報じた。

TikTok米事業売却延期に、バイデン政権が見直し=報道

米ソフトウエア大手オラクルと小売大手ウォルマートによる中国短編動画投稿アプリ「TikTok(ティックトック)」の米事業取得計画が無期延期になったと、米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)が10日、関係筋の情報として報じた。

米オラクル、本社をシリコンバレーからテキサス州に移転

米ソフトウエア大手のオラクルは11日、本社をカリフォルニア州レッドウッドシティからテキサス州オースティンに移転する方針を公表した。

米オラクル、9─11月期は利益と売上高が予想上回る クラウド好調

米ソフトウエア大手オラクルが10日発表した第2・四半期(11月30日まで)決算は、利益と売上高がともに市場予想を上回った。新型コロナウイルス感染拡大を受けた在宅勤務の広がりを背景に、クラウドサービスやソフトウエアライセンス事業が好調だった。

コラム:イエレン氏、中国の米企業投資で厳しいM&A仲介者に

イエレン前連邦準備理事会(FRB)議長の履歴書に、「M&A(買収・合併)の厳しい仲介者」という新たな項目が加わりそうだ。イエレン氏は次期財務長官への起用が決まっており、就任すれば米国の安全保障に関わる買収を管轄することになる。M&Aアドバイザーを務める金融機関は覚悟した方がいい。

米ズーム、売上高見通しが予想上回る 第3四半期は利益率低下

ビデオ会議サービスの米ズーム・ビデオ・コミュニケーションズが30日に示した第4・四半期(11─1月)の売上高見通しは市場予想を上回った。ただ、第3・四半期に粗利益率が低下したほか、一部の成長指標が鈍化を示したことから同社の株価は引け後の時間外取引で5.2%下落した。

トランプ政権、TikTok米事業の売却期限を延長 12月4日まで

トランプ米政権は25日、今月27日となっている、中国系動画投稿アプリ「TikTok(ティックトック)」の米事業売却期限について、さらに12月4日までの延長を認めた。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up