for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

オライリー・オート・パーツ

ORLY.O

前日終値

391.57USD

変化

--(--)

出来高

--

本日のレンジ

--

 - 

--

52週レンジ

314.14

 - 

414.63

As of on the NASDAQ ∙ Minimum 15 minute delay

価格

前日終値
391.57
始値
--
出来高
--
3か月平均出来高
12.21
高値
--
安値
--
52週高値
414.63
52週安値
314.14
発行済株式数
76.51
時価総額
29,108.53
予想PER
21.68
配当利回り
--

次のエベント

Q3 2019 O'Reilly Automotive Inc Earnings Release

適時開示

その他

O’Reilly Automotive Inc To Acquire Mayasa Auto Parts Headquartered In Guadalajara, Mexico

O’Reilly Automotive Inc. Q2 Earnings Per Share $4.51

O’Reilly Automotive Inc Announces Additional $1 Bln Share Repurchase Authorization

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

オライリー・オート・パーツとは

オライリー・オートモティブ(O'Reilly Automotive, Inc.)は米国系の自動車アフターマーケット部品、工具、用品、機器および付属品の専門小売業者であり、日曜大工(DIY)顧客と専門サービス・プロバイダー向けに製品を販売する。【事業内容】同社の製品ラインには、オルタネータ、スタータ、燃料ポンプ、ウォーターポンプ、ブレーキシステム部品、バッテリ、ベルト、ホース、温度制御、シャーシ部品、ドライブライン部品、エンジン部品などの新しく再製造された自動車用ハード部品、及びオイル、不凍液、液体、フィルター、ワイパーブレード、照明、エンジン添加剤および外観製品などのメンテナンス品、並びにフロアマット、シートカバー、トラックアクセサリーなどのアクセサリーが含まれる。同社の店舗は、使用済みオイル、オイルフィルター、バッテリーリサイクル、バッテリ診断テスト、電気およびモジュール試験、チェックエンジンライトコード抽出、loanerツールプログラム、カスタム油圧ホース、機械工場などサービスとプログラムを顧客に提供する。

業種

Auto & Truck Parts

連絡先

233 S Patterson Ave

+1.417.8295878

https://corporate.oreillyauto.com/corporate/

エグゼクティブリーダーシップ

David E. OReilly

Chairman of the Board

Gregory D. Johnson

Co-President, Chief Executive Officer

Jeffrey Mack Shaw

Co-President, Chief Operating Officer

Gregory L. Henslee

Executive Vice Chairman of the Board

Larry P. O'Reilly

Vice Chairman of the Board

統計

2.14 mean rating - 21 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2016

8.6K

2017

9.0K

2018

9.5K

2019(E)

10.1K
EPS (USD)

2016

10.730

2017

12.050

2018

16.100

2019(E)

17.550
株価売上高倍率(過去12カ月)
22.69
株価売上高倍率(過去12カ月)
2.97
株価純資産倍率(四半期)
201.66
株価キャッシュフロー倍率
18.19
総負債/総資本(四半期)
2,615.21
長期負債/資本(四半期)
2,615.21
投資利益率(過去12カ月)
27.38
自己資本利益率(過去12カ月)
14.92

最新ニュース

焦点:米中貿易協議見守る米企業、影響を最小限に留める計画も

今回の米決算シーズンでは、幅広い業種の企業から米中貿易戦争を懸念する声が数多く聞かれた。ただ、影響を乗り越えるための対処法を示した企業も多かった。

アングル:移民政策恐れ外出控えるヒスパニック、米小売りに影

トランプ氏が米大統領選に勝利して以来、ヒスパニック系米国人が移民当局や法執行当局から嫌がらせを受けるのを警戒し、生活必需品以外の買い物に出るのを控えている。大手小売店から自動車部品メーカーまで、ただでさえ不振を続ける消費者向け企業にとって新たな悩みの種だ。

米国株式市場はハイテク株が押し上げ、エネルギー株は安い

5日の米国株式市場は、ハイテク株が堅調でナスダック総合指数<.IXIC>とS&P総合500種<.SPX>が上昇した一方、原油価格の急落を嫌気してエネルギー株は下げ、ダウ工業株30種<.DJI>は下落した。

NY市場サマリー(5日)

<為替> 終盤のニューヨーク外為市場では、米連邦公開市場委員会(FOMC)議 事要旨から米金融政策当局者の間で今後の利上げペースを巡って意見が分かれていること が分かり、ドル指数が横ばいとなった。 円は、北朝鮮が大型核弾頭が搭載可能な新型大陸間弾道ミサイル(ICBM)の実験 を実施したと発表したことを受けてアジアの取引時間に一時的に買われ、対ドルで112 円台を付ける場面もあった。米取引時間の終盤には113円台前半で取引された。 ドル指数は1週間ぶりの高値を付けた後、終盤は横ばいの96.237。ドル /円は0.1%安の113.14円。ユーロ...

米国株式市場は小幅高、トランプ米大統領の予算教書が支援

米国株式市場は小幅高。トランプ米政権の予算教書公表を受けて買いが優勢となったが、自動車部品小売りなど一般消費財株は軟調だった。

米株は下落、金利敏感株・一般消費財株に売り

米国株式市場は、ヘルスケア関連株に買いが入ったものの、金利敏感株のほか一般消費財関連株が売られたことで、不安定な取引のなか下落して終了した。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも15分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up