for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

オクシデンタル・ペトロリアム・コーポレーション

OXY.N

現在値

17.41USD

変化

--(--)

本日のレンジ

--

 - 

--

52週レンジ

9.01

 - 

54.05

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
17.41
始値
--
出来高
--
3か月平均出来高
990.38
高値
--
安値
--
52週高値
54.05
52週安値
9.01
発行済株式数
900.01
時価総額
16,470.33
予想PER
-4.83
配当利回り
0.22

次のエベント

Q2 2020 Occidental Petroleum Corp Earnings Release

適時開示

その他

Occidental Announces Distribution Of Warrants To Purchase Common Stock

Occidental Petroleum Corp Files For Potential, 3-Part Senior Notes Offering; Size Not Disclosed

Occidental Petroleum Anticipates It Will Recognize Impairment To Its Oil & Gas Proved & Unproved Properties In Q2

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

オクシデンタル・ペトロリアム・コーポレーションとは

オクシデンタル・ペトロリウム(Occidental Petroleum Corp)は、国際的な石油及びガスの探査及び生産会社である。【事業内容】同社は、米国、中東及びラテンアメリカで事業を展開し、3つのセグメントで構成される。石油及びガスセグメントは、石油及びコンデンセート、天然ガス液体(NGL)及び天然ガスの探査、開発及び生産を行う。化学(OxyChem)セグメントは、主に基本的な化学薬品及びビニルの製造及び販売を行う。また、ポリ塩化ビニル(PVC)樹脂、塩素、苛性ソーダも製造し、米国、カナダ及びラテンアメリカに製造施設がある。ミッドストリーム及びマーケティングセグメントは、石油、コンデンセート、NGL、天然ガス、二酸化炭素及び電力の購入、市場化、収集、処理、輸送及び保管を行う。子会社のOxy Low Carbon Ventures, LLCを通じて、人工二酸化炭素の生産ために炭素回収、利用及び貯蔵プロジェクトを開発する。

業種

Oil & Gas - Integrated

連絡先

5 Greenway Plz Ste 110

HOUSTON, TX

77046-0521

United States

+1.713.2157000

http://www.oxy.com

エグゼクティブリーダーシップ

Stephen I. Chazen

Non-Executive Independent Chairman of the Board

Vicki A. Hollub

President, Chief Executive Officer, Director

Robert L Peterson

Chief Financial Officer, Senior Vice President

Edward A. Lowe

Group Chairman - Middle East

Marcia E. Backus

Senior Vice President, Chief Compliance Officer, General Counsel

統計

3.24 mean rating - 25 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, USD)

2017

13.3K

2018

18.9K

2019

21.2K

2020(E)

19.0K
EPS (USD)

2017

0.890

2018

5.010

2019

1.450

2020(E)

-3.792
株価売上高倍率(過去12カ月)
--
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.72
株価純資産倍率(四半期)
0.76
株価キャッシュフロー倍率
4.40
総負債/総資本(四半期)
123.09
長期負債/資本(四半期)
115.22
投資利益率(過去12カ月)
-4.69
自己資本利益率(過去12カ月)
-4.06

最新ニュース

最新ニュース

英BP、メキシコ湾で生産縮小 熱帯性低気圧が接近

英石油大手BP<BP.L>は3日、熱帯性低気圧が接近していることから、メキシコ湾北部の製油所3カ所で生産を縮小し、一部の従業員を避難させていると明らかにした。

バークシャー、米オキシデンタルから配当に代わり株式取得へ

米著名投資家ウォーレン・バフェット氏の投資会社バークシャー・ハザウェイ<BRKa.N>は、米エネルギー大手オキシデンタル・ペトロリアム<OXY.N>から第1・四半期配当の代わりに同社普通株を受け取ることで合意した。オキシデンタルの財務負担軽減につながる。

FRBの企業支援策、市場はジャンク債ETF購入を評価

米連邦準備理事会(FRB)が打ち出した地方政府・一般企業に対する総額2兆3000億ドルの支援策について、市場では、特に低格付け債に投資する上場投資信託(ETF)購入を評価する声が上がっている。

米大統領、国内石油企業幹部と会談 石油価格の急落巡り協議

トランプ米大統領は3日午後、ホワイトハウスで国内石油企業の幹部と会談し、新型コロナウイルスの発生やサウジアラビアとロシアの価格戦争によってもたらされた石油価格の急落について協議した。

NY市場サマリー(2日)

<為替> 終盤のニューヨーク外為市場では、ドルが主要通貨に対して続伸。世界的なリセッション(景気後退)不安でドルの逃避買いが続いた。

ダウ469ドル高、減産合意期待で原油急騰 石油株に買い

米国株式市場は上昇し、ダウ平均株価<.DJI>は469ドル値上がりした。トランプ米大統領の発言をきっかけにサウジアラビアとロシアが大幅減産で合意するとの期待が高まり、原油価格が急騰。石油株に買いが入り、朝方発表された週間新規失業保険申請件数急増の影響が相殺された。

トランプ米大統領、石油業界への支援巡り幹部と会合へ

トランプ米大統領は、新型コロナウイルスの感染拡大やサウジアラビアとロシアの価格競争で打撃を受ける石油業界への支援について話し合うため、業界幹部をホワイトハウスに招くと明らかにした。

トランプ米大統領、石油業界への支援巡り幹部と会合へ=関係筋

トランプ米大統領は、新型コロナウイルスの感染拡大やサウジアラビアとロシアの価格競争で打撃を受ける石油業界への支援について話し合うため、業界幹部をホワイトハウスに招く。複数の関係筋が1日、明らかにした。

米オキシデンタル、CEO報酬・従業員給与をカット 原油安で

米エネルギー大手オキシデンタル・ペトロリアム<OXY.N>は、エネルギー価格が急落する中で現金を確保するため、従業員の給与を最大30%カットするほか、最高経営責任者(CEO)の報酬も大幅に削減する。ロイターが確認した内部メモで明らかになった。

米石油掘削リグ稼働数、2週連続で増加=ベーカー・ヒューズ

エネルギーサービス会社ベーカー・ヒューズが発表した3月13日までの週の米国内石油掘削リグ稼働数は、原油・天然ガス価格が大幅に下落したものの、前週から1基増加して683基と昨年12月以来の高水準となった。増加は2週間連続。

原油先物8%上昇、景気刺激策に期待

米国時間の原油先物は約8%上昇した。各国政府による景気刺激策への期待のほか、米大手石油会社が原油価格の急落を受け支出削減策を発表したことが押し上げ要因となった。

米石油大手、原油急落で投資見直し 安値続けば北米操業継続も疑問

原油価格の急落を受け、シェブロン<CVX.N>を含む大手米石油会社の間で設備投資を削減する動きが相次いでいる。

米シェール企業、原油急落で設備投資・生産削減を加速

原油価格の急落を受け、米シェールオイル生産企業が設備投資の抑制を加速させている。将来の生産削減の可能性もある。

米シェール企業、来年も設備投資を削減 生産の伸びも大幅鈍化へ

米シェール産業は今年に続き、来年も設備投資を絞り込む方針だ。生産量の伸びも大幅に鈍化する見通し。石油・ガスの増産によって価格が下がり、利益が圧迫されていることが背景。

UBSなどが人員削減、シェール業界のM&A低迷で=関係筋

関係筋によると、スイスの金融大手UBSグループ<UBSG.S>と、米パイパー・ジャフレー・カンパニーズ<PJC.N>のエネルギー部門シモンズ・エナジーは、石油・ガス分野の投資銀行チームで人員削減を実施した。

仏トタル、アナダルコのモザンビークLNG事業の取得完了 三井物産出資

フランスの石油・ガス大手トタル<TOTF.PA>は30日、米エネルギー大手アナダルコ・ペトロリアム<APC.N>が主導するモザンビーク液化天然ガス(LNG)事業の権益26.5%の取得を完了したと発表した。取得額は39億ドル。債務問題を抱えるモザンビークの収入増加につながるとみられる。

米著名投資家アイカーン氏、NYからフロリダに拠点シフトへ=関係筋

米著名投資家のカール・アイカーン氏は、来年初めにニューヨークからフロリダにオフィスを移転して従業員の半数以上を再配置し、自身も移住する計画という。関係筋が12日、明らかにした。

焦点:米エネルギー株、長期低迷からの出口なお見通せず

米エネルギー株の投資家にとって、先行き安心できる要素は乏しいかもしれない。米国株の強気相場が続く中でも、かつて人気を集めたエネルギー株は今や値動きが最もさえないセクターに転落し、世界経済の減速に直面しているほか、地球温暖化に伴って化石燃料産業に投資することへの疑念が浮上するという逆風にもさらされている。

コラム:米企業の大型M&Aが過熱、後悔に終わりかねない理由

米企業による大型の合併・買収(M&A)が過熱している。今年上半期は欧州とアジアでM&Aが減ったのに対し、米国では前年同期比19%増えて過去最高の1兆1000億ドルを記録した。多くの株主は企業の経営最高責任者の決断を悔やむことになりそうだ。

米シェブロン、アナダルコ買収断念 オキシデンタルに軍配

米石油メジャーのシェブロン<CVX.N>は9日、米石油・ガス開発大手アナダルコ・ペトロリアム<APC.N>の買収を断念した。シェブロンを上回る買収案を提示していた米エネルギー大手オキシデンタル・ペトロリアム<OXY.N>に軍配が上がった。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up