for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

PETRONAS CHEMICALS GROUP BHD

PCGB.KL

現在値

6.56MYR

変化

-0.07(-1.06%)

出来高

5,016,400

本日のレンジ

6.52

 - 

6.62

52週レンジ

4.00

 - 

8.65

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
6.63
始値
6.54
出来高
5,016,400
3か月平均出来高
79.45
高値
6.62
安値
6.52
52週高値
8.65
52週安値
4.00
発行済株式数
8,000.00
時価総額
53,040.00
予想PER
26.58
配当利回り
2.71

次のエベント

Q2 2020 PETRONAS Chemicals Group Bhd Earnings Release

適時開示

その他

Petronas Chemicals Group Posts Qtrly Net Profit Of 506 Mln RGT

Petronas Chemicals Group Bhd Updates On Incident Within The Pengerang Refinery Complex

Petronas Chemicals Group Posts Qtrly Net Profit Of 340 Mln RGT

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

PETRONAS CHEMICALS GROUP BHDとは

ペトロナス・ケミカルズ・グループ(Petronas Chemicals Group Berhad)は投資持株会社。【事業内容】同社はマレーシアの総合化学品メーカーである。同社はオレフィン・誘導体、肥料・メタノール及びその他の3つの事業区分により構成される。オレフィン・誘導体事業はその他製品の基本的な原料として使用されるエチレンとプロピレン、エチレンオキシド、エチレングリコールとブタノール化学物質などの中間製品を含む各種オレフィンとポリマー製品、並びに基本的な高機能化学品などの酸化エチレン誘導体の供給、取引、製造、販売及び輸送を行う。肥料・メタノール事業はメタノール及び窒素、リン酸と複合肥料の生産・販売を行う。その他事業は石油化学製品業務の支援などを行う。同社はグルン、ビンツルとラブアンに位置する、肥料とメタノール製品を生産する3カ所の製造コンビナートを所有する。

業種

Chemical Manufacturing

連絡先

Tower 1 PETRONAS Twin Towers

Kuala Lumpur City Centre

50088

Malaysia

+60.3.20515000

http://www.petronaschemicals.com.my/

エグゼクティブリーダーシップ

Md Arif Bin Mahmood

Non-Independent Non-Executive Chairman of the Board

Sazali Bin Hamzah

Chief Executive Officer, Managing Director, Executive Director

Rashidah binti Alias

Chief Financial Officer

Guan How Chng

Chief Technology and Chief Innovation Officer

Ujang Jamilah

Head - Human Resource Management

統計

3.43 mean rating - 23 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, MYR)

2017

17.4K

2018

19.6K

2019

16.4K

2020(E)

16.3K
EPS (MYR)

2017

0.520

2018

0.620

2019

0.350

2020(E)

0.249
株価売上高倍率(過去12カ月)
21.07
株価売上高倍率(過去12カ月)
3.29
株価純資産倍率(四半期)
1.74
株価キャッシュフロー倍率
12.83
総負債/総資本(四半期)
10.43
長期負債/資本(四半期)
9.78
投資利益率(過去12カ月)
7.35
自己資本利益率(過去12カ月)
6.48

最新ニュース

最新ニュース

アジア株式市場サマリー

東南アジア株式市場は軒並み大幅に上昇して引けた。バンコク市場は2カ月超ぶりの高水準。新型コロナウイルスのワクチン開発をめぐり、初期段階の治験で有望なデータが得られたことが好感された。

東南アジア株式・引け=軒並み大幅高、ワクチン開発期待で

東南アジア株式市場は軒並み大幅に上昇して引けた。バンコク市場は2カ月超ぶりの高水準。新型コロナウイルスのワクチン開発をめぐり、初期段階の治験で有望なデータが得られたことが好感された。

東南アジア株式・引け=大半が上昇、大統領の謝罪受けマニラが高い

東南アジア株式市場は大半が上昇して引けた。新型コロナウイルスの感染拡大の打撃を強く受けた一部の国々での段階的な経済活動の再開が好感された。6市場のうちマニラが特に値上がりした。フィリピンのドゥテルテ大統領が、アヤラ・コープを所有するアヤラ家とメトロ・パシフィック・インベストメンツのマニュエル・パンギリナン会長に、自身の発言を謝罪したことが支援材料となった。

東南アジア株式・引け=軒並み急落、新型コロナ警戒と原油安で売られる

東南アジア株式市場は、シンガポール市場が約11年ぶりの大幅な下落率となるなど、軒並み急落して引けた。新型コロナウイルスによる経済への悪影響をめぐる警戒感や、原油相場の大幅な落ち込みが売りを誘発した。

東南アジア株式・中盤=軒並み急落

東南アジア株式市場は、軒並み急落している。新型コロナウイルスの感染拡大が経済に与える打撃への懸念に加え、サウジアラビアが石油販売価格を引き下げ、増産計画を示したことで原油価格が急落していること響いた。

東南アジア株式・引け=大半が上昇、新型肺炎の新たな感染者が減少

東南アジア株式市場の株価は大半が上昇。中国で発生した新型コロナウイルスによる肺炎の新たな感染者が減少した。

東南アジア株式・中盤=大幅安、イランの米軍攻撃受けリスク回避

8日中盤の東南アジア株式市場の株価は大幅下落した。イランがイラクにある駐留米軍基地に弾道ミサイルを発射したことを受けて中東の緊張が高まり、投資家がリスク回避に転じた。

アジア株式市場サマリー:引け(23日)

(配信時間に応じて内容を更新します) [23日 ロイター] -  終値 前日比 % 始値 高値 安値 コード 中国 上海総合指数 2962.7513 - 42.1863 - 1.40 2999.0357 3009.3380 2960.4350 前営業日終値 3004.9376 中国 CSI300指 3967.096 -50.157 -1.25 4014.693 4032.172 3964.380 数 前営業日終値 4017.253 香港 ハンセン指数 27906.41 +35.06 +0.13 28024.62 28024.62 27830.08...

東南アジア株式・引け=上昇、マニラ市場がけん引

東南アジア株式市場は年末の休暇シーズンを控えて薄商いとなる中、上昇して引けた。マニラ市場が上昇をけん引。米中貿易合意をめぐる楽観的な見方が相場を支えた。

東南アジア株式・中盤=小動き、バンコクは利下げ観測で上昇

東南アジア株式市場はおおむね小動き。バンコク市場では、タイ中央銀行総裁の発言が追加利下げ観測を呼ぶ形となり、13日以来の高値を付けた。クララルンプール市場は、タイ国営の電力企業がマレーシアから液化天然ガス(LNG)を輸入する計画を中止すると発表したことが手掛かりとなり下落した。

東南アジア株式・引け=大半が上昇、マニラも大幅反発

東南アジア株式市場は大半が上昇して引けた。第1段階の米中通商合意を巡る動きが好感された。マニラ市場も約1年ぶり安値から大幅反発して終了した。

東南アジア株式・引け=軒並み下落、米中合意めぐり不透明感

東南アジア株式市場は軒並み下落して引けた。米中貿易協議の進展をめぐり不透明感が漂う中、リスク資産の売りが優勢となった。香港のデモ激化も嫌気された。

東南アジア株式・中盤=大半が下落、米中貿易合意めぐり警戒感

中盤の東南アジア株式市場は、大半が下落している。中国が米国との長期的な貿易合意の締結に疑問を表明したとのブルームバーグの報道が要因。輸出依存度が高いインドネシアやマレーシア、台湾、ベトナムの製造業データが弱い内容だったことも、市場心理を圧迫している。

東南アジア株式・中盤=小動き、米中緊張緩和も地合い改善せず

中盤の東南アジア株式市場は小動き。マニラ市場などが下落している。予測不可能な米中貿易摩擦の一時的な緩和は投資家心理改善につながらなかった。

東南アジア株式・引け=下落、貿易戦争激化を嫌気

東南アジア株式市場は軒並み下落して引けた。アジア株安につれた。先週末に米中が関税で報復合戦を演じ、長引く貿易戦争が一段と激化したことが背景。

東南アジア株式・午前=軒並み上昇

14日午前の東南アジア株式市場は、世界的な株高を反映し、バンコク市場を筆頭に軒並み上昇している。米政府が対中制裁関税の拡大を一部製品について延期すると発表したことが追い風になっている。

東南アジア株式・引け=軒並み下落、地政学的な緊張で

13日の東南アジア株式市場は軒並み下落し、海外市場に足並みをそろえた。香港での抗議活動や米中貿易摩擦をめぐる地政学的な緊張が地合いを圧迫した。

東南アジア株式・午前=軒並み下落、世界的な貿易緊張の高まりで

13日午前の東南アジア株式市場は軒並み下落。米中貿易協議が行き詰まり、9月1日に追加関税の発動を控える中、貿易をめぐる世界的な緊張が高まっている。域内市場はニューヨーク市場の株安に追随した。

アジア株式市場サマリー:引け(18日)

(配信時間に応じて内容を更新します) [18日 ロイター] -  終値 前日比 % 始値 高値 安値 コード 中国 上海総合指数 2901.1766 - 30.5160 - 1.04 2921.7387 2921.7387 2901.1766 前営業日終値 2931.6926 中国 CSI300指数 3768.402 -36.237 -0.95 3793.189 3793.392 3767.996 前営業日終値 3804.638 香港 ハンセン指数 28461.66 -131.51 -0.46 28393.04 28511.65 28376.50...

東南アジア株式・引け=クアラルンプールが3日続落、他市場は商い低調

東南アジア株式市場はクアラルンプール市場が3営業日続落し、1カ月ぶり安値で引けた。一方、米中貿易摩擦をめぐる懸念が再び台頭し、地合いを圧迫。大半の市場で商いは低調だった。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up